Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

NHK杯 2日目 ペアリザルト

ねてた。ダンスは夜に見る。

ペアLP
1 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)131.68
2 Xiaoyu YU / Yang JIN(中国)124.02
3 Alexa SCIMECA / Chris KNIERIM(アメリカ)122.23
4 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)118.29
5 Vera BAZAROVA / Andrei DEPUTAT(ロシア)117.64 PB
6 Lubov ILIUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)116.83 PB
7 Jessica CALALANG / Zack SIDHU(アメリカ)95.07
8 Amani FANCY / Christopher BOYADJI(イギリス)83.28

ペアリザルト
1 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)202.72
2 Xiaoyu YU / Yang JIN(中国)191.02
3 Alexa SCIMECA / Chris KNIERIM(アメリカ)190.66
4 Vera BAZAROVA / Andrei DEPUTAT(ロシア)181.70 PB
5 Lubov ILIUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)180.63 PB
6 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)180.20
7 Jessica CALALANG / Zack SIDHU(アメリカ)150.26
8 Amani FANCY / Christopher BOYADJI(イギリス)125.80

ファンシー親父
スロー両方転倒になってしまいました。急遽の出場決定で地球の果てまでやってくるのは大変だったでしょう。ゴーストなのにヘイユーが入っていない。これはカツラの呪いで失敗したんだ。おい、カツラ!!!

カラシ組
ソロジャンプ決まらずなのはやはり男性の怪我の影響もあるのか?インタプリテーションが下げられてるというのは、明確に「表現が足りない」というジャッジの意思表示だと思うので、お互いを意識しないロミジュリから脱却して欲しい。

ヴァネシプ
曲は違えど続くロミジュリ。タイミングはズレましたが3T-3Tを入れてきました。ツイストはいつもの感じですが、リフトがとてもよくなっていて、特にいつも安定感に欠ける落下させかねないキャリーリフトがめちゃくちゃ上達していました。これからは安心して見られそう。ステップがないから、LPは安心して見られます。2番目のエレメンツにコレオシークエンスは珍しくていいな。

イリモー
このプログラムはとても好きなんですけど、ジャンプを失敗して、次のエレメンツ成功しなきゃ・・・とあせってしまうと、抽象的な分何やりたいのかさっぱり分からなくなることが問題。結局スローはフリップじゃなくてクワドもルッツにしたらしいです。今回はやってきませんでしたが。モスコビッチさんのヒゲちょっとなくなってる。

バザデプ
酷いプログラムだなあと思っていた夏でしたが、なんとか酷いから普通にもってこられてきた。バザロワちゃんがんばったなあ・・・。スローは上がってはないけど、回転はしきっているんですね。ツイストはSPより怖かった。上手いのか上手くないのか息合っているのか合っていないのか。イマイチよく分からないペアである。2Aはかろうじて合わそうという気が見えましたが、3Tはどうしてああなる。

ユージン
スローはクワドで転倒。今日はスピードがなく、いつものユージンの力は出せていませんでした。キャリーリフトはキャリーして進行方向を変える、難しいことしてましたけど、あれは「持ってます」感が出てしまいます。だからこそスピードと移動距離欲しかった。

シメクニ
クワドツイストキャッチした!と思ったら着氷ミスった。でも3Sを成功しました。3Tは邦衛さんがシェイキーでしたけど、なんとか2Tでシークエンス。表現うんぬんかんぬんはシメクニに対しては無粋なので、エレメンツをいかに美しくこなせるかですね。だいたい邦衛さんにワイルドな探検家の役なんて無理なのです。田舎の自動車修理工のプログラムにしましょう。そういう映画ないでしょうか。

デュハラド
スロークワドルッツを回避でトリプルにしました。足はつきました。スピンは素晴らしかったですが、今日はメーガンが大不調&ラドフォードさんも最初のリフトちょっと緩かったように思います。今大会は大変な不調に見舞われていた2人ですが、消化試合消化試合。キニスンナ。

NHK杯に出場のみなさん、プログラムの滑り込みは出来ているけど不調という。地方都市でやるから移動で疲れちゃったんですよきっと。ただでさえ日本は遠いのに。

デュハラド、川スミ、スイハン、シメクニ、ストクリ、ユージン。そして特例でセガビロの7組がファイナル進出を決めました。ヴァネシプはまさかの落選。1.51点及ばずでした。カオスな顔ぶれだなー。

該当の記事は見つかりませんでした。