Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

ロステレコム杯 2日目 ペアリザルト

ペアLP
1 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV(ロシア)139.25
2 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV(ロシア)136.32
3 Cheng PENG / Hao ZHANG(中国)124.94
4 Tarah KAYNE / Daniel O SHEA(アメリカ)122.45 PB
5 Natalja ZABIJAKO / Alexander ENBERT(ロシア)119.79
6 Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK(イタリア)115.76
7 Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO(カナダ)106.78
8 Hayleigh BELL / Rudi SWIEGERS(カナダ)83.93 PB

ペアリザルト
1 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV(ロシア)214.70
2 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV(ロシア)208.02
3 Cheng PENG / Hao ZHANG(中国)193.04
4 Tarah KAYNE / Daniel O SHEA(アメリカ)181.23
5 Natalja ZABIJAKO / Alexander ENBERT(ロシア)180.56
6 Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK(イタリア)178.19
7 Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO(カナダ)158.75
8 Hayleigh BELL / Rudi SWIEGERS(カナダ)130.46 PB

ベルスウィ
ありとあらゆるエレメンツが怖い。特にリフトが怖い。こんなに怖い演技をやったのに、キスクラは和気藹々といい雰囲気。今の自分たちの状況を理解しているということなのかも。

モーマリ
個人的にはハンヤンのロミジュリよりも酷いと思うロミジュリ。ペアとしては上手になっているんだけど、プログラムがしっちゃかめっちゃかで、何をどう見たらいいのか分からない。映画っぽくはあるけど、映画をそのまま持ってきてもしょうがない。ジャンプがわちゃわちゃしておりました。

ケイオシ
初回ウォッチを経て2回目見ると、やっぱりメガネコーチのテンプレートダンスリフト多様プログラムだなというところに行き着いてしまう。でもメガネコーチのテンプレが嫌いなわけでもないから、まいっかとなる。ソロジャンプでステップアウトありましたけど、大きくは崩れずまとめました。

ザビエン
だいたいモルドヴィアンと同じようになりました。スローは2Aを入れているし、ソロジャンプでは2S。この構成でも120点近く出るので、まだまだ点数の伸びしろがあります。ここからロシア選手権までにスロー3Aを習得できでしょうか。いきなりそれは難しいか。何も振付がなく、ズーーーンと経ったまま踊るところがあるのは、最初のシーズンだからそういうものか。

マルホタ
バーブラ・ストライサンドが2組ぶりに出てまいりました。追憶からサタデーナイトフィーバー。1970年代の名作映画をド下手に繋ぎ合せた、深夜に優しい突っ込みどころたっぷりのクソプロ様でございますね。2人が振り切って踊り狂うところは清清しかったのだけれど、まず音楽にエレメンツが合っていない。編曲がおかしいだけではクソプロ認定はしない。本当に変。

ペンジャン
スロークワドサルコウに挑んできましたが転倒でした。エリック杯とロステレコム杯の間に練習ができなかったようなので仕方ないという面があるでしょう。特に男性はそれをよく分かっているのではないかと。よく分からないまま演技が終わってしまいました。ローリーのプログラム難しい。四大陸ではいい演技になりますように。連戦派遣してやんなよ。どの選手もそうだけど。

客席で見守るリプさんがいた。

川スミ
ソロジャンプ2つオッケー、スロークワド両方ダッメー。ツイストはいつもの。見すぎて感想枯渇。キャリーリフトでスミルノフの足がぷるぷるしていたけど、落とさずに堪えられました。見すぎて頭の中でエレメンツ込みで演技流せそうな気がする。必勝おじさん世界選手権だか、ヨーロッパ選手権か忘れましたけどいましたよね?このおじさん何者?おじさん友達になろ?

ストクリ
3-3-2が3-3-1になりました。それでも入れられるのが信じられない。女子シングルかよ。ダンスリフトで終わる最後のリフトはせっかく工夫しているのに、もちゃーって潰れるようにキャッチしてしまうので、加点が得られなさそう。ストップアンドゴーが効いていて、技術技術とにかく技術が向上している。技術も極めれば芸術に等しくなる。Pさんが示してくれているから。

トランコフとコフトゥンが隣に並んで観戦。近くの席の人うるさくてかなわんな。

しっちゃかめっちゃかで見るのに体力を使うペアでありました。こういうときは氷のせいにしよう。川スミがファイナル確定。ストクリも多分確定。これでスイハン含めて3組が決まりました。

該当の記事は見つかりませんでした。