2015
11.21

ロステレコム杯 2日目 アイスダンスリザルト

ハヤク、ファイナルノヤツ、セイシキハッピョウセンカイ。

アイスダンスFD
1 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)104.09
2 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)103.79
3 Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV(ロシア)103.77 PB
4 Elena ILINYKH / Ruslan ZHIGANSHIN(ロシア)98.55
5 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)92.96
6 Rebeka KIM / Kirill MINOV(韓国)83.12
7 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV(ベラルーシ)68.72

アイスダンスリザルト
1 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)173.58
2 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)171.61
3 Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV(ロシア)167.40 PB
4 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)153.54
5 Elena ILINYKH / Ruslan ZHIGANSHIN(ロシア)153.01
6 Rebeka KIM / Kirill MINOV(韓国)134.95
7 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV(ベラルーシ)110.32
WD Ksenia MONKO / Kirill KHALIAVIN(ロシア)

誕生日なのに怪我で棄権をしてしまったピカチュウ・ハリャーヴィンさん、お大事に。ナショナルでは元気にピカピカしてくださいね。

キャプ翼組
鎧が少ない鎧プリント衣装のビエリャイエフさん。腋の処理が女子選手より上手。膝を使って滑ろうという姿勢が見えてきました。ジョシュ・グローバン的なボーカル・・・。

キムミノ
ジャズとかスウィングとかブルースとか結構苦手な僕でも、このプログラムはかなり好き。ステップでキックする方向が男女で反対だったりするんですけど、それがめっちゃかっこいいんです。コレオツイズルめっちゃいいなー。フリーレッグがバラバラなのさえ改善してくれれば、もっともっと評価が高くなると思います。

イリジガ
中国杯では黒鳥使いまわしリフトが頂点で、尻すぼみな演技になりましたが、今日はミッドラインがよく滑って表現もできていて、前のようにはなりませんでした。サーキュラーの方がよくなかったです。イリニフの課題はチェンジエッジ後の2歩目の伸びなさなんだよなーと。だからある程度の自由がある、ミッドラインの方が生き生きしています。演技終了直後にイリニフが泣いて、ジガンシンの衣装の顔つき太陽がアップに。感動が殺がれる。PCSのつけ方からジャッジのメッセージを感じます。

ギニャファブ
直前までムーブメントをしてから行うスーパーツイズル。見たかロシア人!これがツイズルだ!演技開始直後からすでに音楽のフレーズをよく拾って音楽を表現していました。ミッドラインも女性が男性を引き寄せるような、女性が男性にすがるような、そんな振付でドラマティックさを増させていました。ギニャールさんはメイク薄い方がチャーミング。

シニカツ
曲をいじりすぎてワヤクソだけど、今に始まったことじゃない。ズエワもロシア人だったということだ。シニツィナの存在意義を全く感じさせない、カツラが95%は目立っていたプログラム。リフトすら土台のカツラの方が目立っているという、もうわけ分かんない状態。ローテーショナル回すのでカツラが回す方ばっか見ちゃう。サーキュラーなんて明らかにメインがカツラで、俺の技術を見よ!!!!!みたいな感じでしたしね。実際上手いですしねものすごく。このままカツラメインで、シニツィナはちょっとずつ上手くなってね。

カペラノ
今週もお乳がぷるんぷるん。でも襦袢で覆っているから出ないんですよ?すごくないですか、これ胸のところに襦袢あるんですよ。今週もいつものカペラノ、安定したカペラノ、かわいいカペラノ。プレゼントの中身をキスクラで漁るラノッテ。

ウィバポジェ
フィンランディアよりスケカナ、スケカナより今回。着実にプログラムをものにしていく過程を見せてもらっている。まだまだ完璧ではないですよ?プログラムが難しい分、こっちだって要求するレベルをずっと高くしていきます。背中に丸太を乗せるようなカーブリフトは、何かを決意して強く気持ちを持とうとする様を表現しているように感じました。でも、それにくじけてしまう。感情が行ったり来たりする中で、最後に導き出した結論、そこに明るい未来は待っているのか・・・-END-みたいなね。

7組全員仲良くディダクションを受けました。リフトの時間オーバーと思いきや、ギニャファブとキムミノはタイムバイオレーションでした。

ウィバポジェとカペラノがファイナル確定。シニカツの運命はボブソロやステブキに委ねられます。そうです、ロシアで1つの枠を食い合うのです。
back-to-top