2015
10.24

スケートアメリカ 1日目 女子SP

左上がある。落ち着く。

女子SP
1 Evgenia MEDVEDEVA(ロシア)70.92 PB
2 Gracie GOLD(アメリカ)65.39
3 Satoko MIYAHARA(日本)65.12
4 Karen CHEN(アメリカ)62.28
5 Julia LIPNITSKAIA(ロシア)62.24
6 Alaine CHARTRAND(カナダ)59.40
7 Elizabet TURSYNBAEVA(カザフスタン)59.26
8 Miyu NAKASHIO(日本)57.01 PB
9 Haruka IMAI(日本)56.52
10 So Youn PARK(韓国)53.78
11 Mariah BELL(アメリカ)52.73
12 Nicole RAJICOVA(スロバキア)50.33

中塩
3T-3T 3F 2A
3Fの前のステップはあれでもいいのだろうか。でも失敗しないことが第一だから。オホホホホーのところで楽しそうにしているのがいいですね。それはもうオホホホホーって感じで。全くネットリしていないマンボです。千切りしたショウガぐらいシャキシャキ。ネットリの部分も欲しい。

ベルたそ
3F-3T 2A 3Lz fall
ベルたそは成長のピークは2シーズンほど前に超えましたでしょうか、ずっと細さをキープできています。背中を開けて、開けた背中に這わす部分まで衣装が凝られています。スリットからおまたが見えそうですけど、スカートを留めて、お下品に見えないようにしています。コンビネーションスピン前のウインドミルのところ、足を下ろすときに動きをゆっくりにして、ボトンと落とさないように最後まで気を使っていました。丁寧な演技。素敵なヘビのイヤリングはどこでお買い求めになったんですかロヒーンさん。

カレン
3Lz-3T 3Lo 2A
3Lzが高すぎてロシアの解説に「クオッッッ!」と言われる。でも3Tは安定して不安定。改善される日はやってくるのか。あああああああああああああああああああああああああああああああ正しいスパイラルううううううううううううううううううううううううう長いスパイラルって素晴らしいいいいいいいいいいいいいい正義!!!大抵のジュニア選手がシニアに上がると「はい、子供ですねやっぱり」みたいになるのに、カレンはシニアに混ざっても27歳のベテラン女子みたいな表現なんですね。

ソヨン
3S-2T 3Lz 2A
身のこなしが一気に女性らしく、美しくなりました。3S-3Tはなかなか入れられないのことが続いているのですけど、しなやかさにキビキビした動きが加わるからこそ、そのしなやかさがより際立つというね。いいね。ステップの前の立ち止まったところの振付とか、ステップの最初の足上げるところ、2Aの着氷からのポージングなんかかっこいい。インタープリテーションこんなもんかー。たか子コーチおはよう。

ラジコワ
3T-3T 2Lz 2A
ジェニファー・ハドソンのフィーリンググッドがクドくて演技が掻き消される。マイケル・ブーブレって優秀だったんですね。と言っても滑って欲しいわけではないです。キャメルスピンは歌詞に合わせてポジションを移行させていて、ステップで歌の調子が少し変わるとそれに合わせてきて、音楽表現はすごくいいです。衣装は何か違う気がする。

トゥルシンバエワ
3Lz shaky 3F-3T 2A
身長が子供とはいえ、体が細すぎる気がするのですけど、きちんとご飯は食べていますか?3Lzの着氷がシェイキーになって、そのすぐ後にスタンブルがあって、不安なスタートでした。3F-3Tの後からの展開が素晴らしかったです。一気にスピードを上げてトランジション、脳天で氷を削りそうなウインドミルから回転速度のあるアップライト、ゆったりとした2A、ふわっとフライングキャメル(スピンの質はよくなかったけれど)。そして最後のレイバックへと続く。怒涛の構成でした。

今井
2A 3S-3T 3F so
昨シーズンの黒衣装や、赤系統の衣装にマラゲーニャは偏りがちですが、ショッキングピンクを選ぶのは他に被らなくていいなあ。レイバックスピンの後の腕のグワワはジュンジュワーですね。スケート界のホリケンこと今井遥。スピンが元々上手なので、そのスピンをもっと表現に生かせたらなあと。ちょっと足りないかな?

シャルトラン
3Lz-3T 3Lo 2A
袖なし&高い位置からの1本3つ網は、女子プロレス感を演出してしまう危険な組み合わせ。ましてやカナディアンマッスルがあるのに。3Loや2Aのあたりはどうしてもジャンプに集中しないといけないので、振付が少し抑え目になってしまいます。あそこを振り切ってできるかどうかが、この音楽を表現しきれるかのポイントになると思います。ステップの後半はよかったですが、前半の腕を振るところのルルルンルンルン花の子ルンルンするところは、もっとルンタッターラリパッパーぐらいしてくれると、さらに素敵になりそう。なんやかんやで上手にはなっている。

メドベージェワ
3F tano-3T 2A tano 3Lo
スタート直後の足のティロ・・・ティロティロティロとした動きは、ピアノを奏でているようです。画質が上がると気がつくこともある。後半のジャンプ3つのところに表現を乗せられるようになれば、もっともっとよくなると思います。こういうのはロシアではリプがすごく上手なので、同門なのでマネして欲しいです。この間は昨シーズンの衣装を着ていましたが、新しい衣装にしました。メドベージェワはパピヨンみたいな顔してるな。

リプニツカヤ
3T-3T 3F 2A
フィンランディアでは衣装のインパクトに気を奪われて、演技をきちんと見ていませんでしたが明るい曲で楽しそうに踊っているじゃないですか。それだけですでにおもしろい。え?リプがこの曲?とならないために編み出された策が、この90年代初頭のエアロビクスタイツ柄衣装なのかもしれない。気が散りますし。3Fの回転が足りないのはしょうがない。今は耐えるしかない。リプはだんだん遠野なぎこみたいになってきた。エテリよ、僕が見たいのはその服じゃない。

ゴールド
3Lz-3T 2F 2A
本格的にシーズンが始まるからか金髪がギラギラに染まっております。衣装がシンプルだから別の人の体に顔をはめ込んだみたい。ゴールドは派手衣装じゃないと似合わない主張の強い顔だからなあ。最初はゴテゴテのドレスを着ていて、それを見るのを楽しみにしていたのに。キャメルの後にストップして足クイクイした後の動き、何か惜しい気がする。抜くところなのに強さが滲み出ている。3Loは止めて3Fを入れるようにしました。スリーターンから入っているので、成功してeがつかなければ加点がもらえるはずです。確実に言えることは、ピアノ協奏曲よりはいいプログラムだということ。キャロルのオシャレハット。

宮原
3Lz-3T 3F 2A
ゴールドの横を颯爽と駆け抜けるフラワーガールがいたと思ったら、大先生でした。ハマコー先生「いってらっしゃいいってらっしゃいGO!」ステップの加点に1が並んでいたので、何かあったのか?と思いましたが、見てみると「あーーーこれはたしかに+1だわ」という質は悪くないけど、どうにもこうにもという物足りなさを感じるステップ。立ち止まってポーズをとってから後半に向かう展開にも広がりが足りなかった。まだまだ滑り込みは足らないですね。彼女は仕上がりが早い方なので、滑り込みが足りないなんてことは珍しい。演技の印象よりPCSは高かったですが、他の選手もやや高めなので、同じぐらい高めに出たんでしょう。

身長がビヨーンと伸びてもメドベージェワは強かった。リプ、ラジオ、メドベとシニア1年目の年齢はみんなすごいよなー。
コメント
拍手をくださったSさんへ

メドベージェワよくなっていますね。身長が伸びて女性らしい演技にもなりました。
6番dot 2015.10.24 22:55 | 編集
ゆりあさんへ

すげえええええええとかやったあああああああとか言う某稔氏よりは、言いたい放題の方が聞いていておもしろそうです。

ゴールドは常にキメキメなので、キスクラでも崩れることはプライドが許さないのでしょうね。
6番dot 2015.10.24 20:34 | 編集
匿名のYさんへ

ソトニコワも犬顔ですね。ロシアは猫顔の選手が多いのに。


ゴールドのプログラムはそうなんですよねー悪くはないし、点数は取れる構成なのにピンとこないと感じることが多いです。
6番dot 2015.10.24 20:24 | 編集
ロシアの解説の「クオッッッ!」← 吹きましたww
解説というより喉に何か物が詰まって吐いた?感じです。
どうしたんだお前!?って感じで笑いが止まらなかったですよ。
ロシア語ちょっとしかわからないんですが、男子でも結構言いたい放題言ってて、この解説者、自由でいいな。

ゴールドちゃん、キスクラで「あら、髪型が崩れちゃったわ」的な仕草して直してましたね。
こうしてみると顔に似合わず骨太がっちり体型なんですね。
ゆりあdot 2015.10.24 18:25 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2015.10.24 16:29 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top