Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

JGPSの10大WOW

2

ジュニアグランプリファイナルの顔ぶれも決まりました。ここで個人的なジュニアグランプリシリーズの10大WOWを発表しようかと。そう、これはネタエントリー。やっぱりネタエントリーしないと僕じゃない。

1.リッツォ垢抜ける

12032027_1037234649634809_6751253706145751963_n.jpg

イタリアのマッテオ・リッツォさん(17)がわずか半年の間に垢抜けるという事件が発生。イタリアのいじめられっ子みたいだったのに、すっかりモテる感じになってしまった。見た目以上に演技も垢抜けました。成長期ってこわーい。

2.1戦目から2戦目の上達率

最も上達したで賞を贈呈したいのが、1戦目のブラチスラヴァと4戦目のリンツに出場した、アメリカのジュリア・ビークラーさんとデイミアン・ドッジさん。1戦目は「あっ、ふーん」という演技だったのが、4戦目になると「あばばばばぼぼぼぼぼすばばばばばば」という演技になっていました。素晴らしいスケーティングの上達でした。リニチュク先生の生徒だというのも嬉しい。ビークラーさん17歳、ドッジさん21歳でジュニアはラストシーズン。世界ジュニアの3枠目争いに絡んできそうです。

3.たか子多すぎ

たか子スペシャル

松たか子に似たコーチ、通称たか子コーチ。神妙な面持ちのたか子、驚くたか子、喜ぶたか子、微笑むたか子、渋いたか子、各種たか子を取り揃えてみました。たか子の活躍っぷりを紹介するときには、この画像使ってくださいね。たか子コーチのお名前はヒュンジュン・チー(チ・ヒョンジョン)さんです。こう見えて40代らしい。このシリーズは1戦目→2戦目→4戦目→6戦目に帯同するハードワーク。さらにはフィンランディア杯にも来ておりました。マイル溜まるわー。

4.あざとかわいい

あざとかわいい

ショタ界のテポドンこと、島田高志郎さん。世界中の人間をショタらせてしまう恐ろしい人間兵器である。きれいな顔に育つことが確約されているし、スケートは上手いし。なんて不平等な世の中なんだろう。

5.リズムにのるぜ

いろんなフランス男子のDNAを混ぜて出来上がったかのようなケビン・エイモズさん。踊るだけではなくてスケートも滑る選手です。フランス男子は次がねえぞ、次がねえぞ、やべえぞと思い始めると選手が成長します。シャツがビローンと伸びるのは、カザフのあの人のサスペンダーに通ずるものがあります。

6.猫、これはもう猫

ねこ

猫耳リボン、肉球、爪、体毛。ここまでしても変衣装にならず、着こなしてしまうロシアの天使アリサ・フェディチキナさん。人間が猫の格好をしているのではない、これは猫の擬人化である。

7.忍耐勝

a.jpg

日本人がザワついたエカテリーナ・ボリソワ&ドミトリー・ソポトのSPの衣装。曲は忍者で、衣装が忍耐勝。忍耐勝?忍耐勝?ザワつかせてくれてありがとうございました。でもこの衣装は行書体だからまだよかったと思うんです。これが楷書体だとしたら、Beyond 爆笑になりますからね。忍者なのに、金文字で忍んでないところがいいですね。

8.軍人まみれ

軍人

71人中5人がSDで軍人になっていました。シンデレラの王子様を軍人に入れるべきか迷いましたが、ここは純粋な軍人さんを選びました。
1.ソフィア・エフドキモワ&エゴール・バジン(ロシア)
2.キンバリー・ウェイ&イリアス・フーラティ(ハンガリー)
3.グオステ・ダムレヴィチウテ&デイヴィダス・キザラ(リトアニア)
4.ダリア・ポポワ&ボロジミール・ナキスコ(ウクライナ)
5.アッラ・ロボダ&パヴェル・ドロースト(ロシア)

どの軍人さんに国防して欲しいですか?

9.USA! USA! USA! USA!

USA.jpg

ネイサン・チェンさんの優勝を称えるアメリカ国歌で胸に手を当てるダニエル・サモーヒンさん。改めてこれを見て気づいたことは、コロラドのときは本人より先に胸に手を当てていることでした。USA魂ですね~。

10.頼りがいのある兄

パーソンズの存在を認知してから、早くも5シーズンが経ちますが、クロアチアでの演技で5年目にして始めて兄がかっこいいと思うようになりました。兄に身を委ねても何も心配はいらない。というぐらいの頼りがい。未だに3回に1回はダニエル・パーソンズと間違えて書いてしまうぐらいだけど、生まれる頼りがい。さようなら壊れそうな兄。壊れそうなものばかり集めてしまっていたガラスの10代が終わって、10月3日で20歳になったからでしょう。

みなさんのWOWは何でしたか?

2 Comments

6番 says..."ゆりあさんへ"
ゆりあさんへ

たえがたきをたえ、しのびがたきをしのび・・・玉音放送かっ!て。

ロシアは小細工すごいですよね。女子の演出は成功していると思います。時々とんでもないノイズのような古い音源を持ってくるのはご勘弁いただきたい。
2015.10.20 01:39 | URL | #q2p5Nno. [edit]
ゆりあ says...""
一体、どっから持ってきたんでしょう「忍耐勝」ってネーミング!
今時「耐え忍んで勝つ!」って、おいおい(笑)

アリーサの小鳥のさえずり、肉球もですが、ツルスカヤの掌のトランプ、ガラスの割れる音といい、ロシアは小細工が巧みで・演出がうまいですよね!
2015.10.17 23:31 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。