Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

フィンランディア杯リザルト

8

アイスダンスリザルト
1 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)161.67
2 Isabella TOBIAS / Ilia TKACHENKO(イスラエル)150.89 PB
3 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN(デンマーク)147.65
4 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER(アメリカ)132.86
5 Cecilia TÖRN / Jussiville PARTANEN(フィンランド)131.08 PB
6 Cortney MANSOUR / Michal CESKA(チェコ)127.31 PB
7 Brianna DELMAESTRO / Timothy LUM(カナダ)127.12
8 Olesia KARMI / Max LINDHOLM(フィンランド)117.75
9 Barbora SILNA / Juri KURAKIN(オーストリア)114.55
10 Carter Marie JONES / Richard SHARPE(イギリス)111.48 PB
11 Jennifer URBAN / Sevan LERCHE(ドイツ)97.47 PB

ウィバポジェ
今回はポジェがSDでもFDでもツイズルを乱しました。元々得意ではないけれど大きく乱れることは珍しいです。FDではリフトの失敗もあり、これまた珍しい。ストレートラインリフトだけではなく、ローテーショナルリフトも消化不良。ダイアゴナルステップは全く滑れていないです。2人の技術力、というかポジェの技術力がエレメンツの難しさに達していないから。ジャッジの真ん前に来てから、反対側に行ってまた戻ってくるところは、音楽に遅れないように必死という感じ。元々ウィバポジェっていうのはレベルを取りこぼさず、ミスをせず、その確実性とプログラムの滑り込み、表現を極限まで高めることによって評価を高めてきました。

男性の技術レベルでいうと1番がディープさでいうとベイツさんで、柔らかさでいうとシゼロン。ここは個人の好みかな。その次にターンは得意じゃないけどラノッテ、ディープエッジのバックランド。スケーティングは同国のポールさんの方が滑るし、ソロビエフが完全復活したら抜かれかねない。

で!今シーズンのプログラムなのです。FDはチェルニシェフに振付をしてもらって、今のままじゃヤバいというのをきちんと理解した上での構成。これを完璧に滑ったときには、世界選手権の金メダル争いはできるようなものです。いい作品だとは思うので。ここでレベルを落としてしまうようであれば、多分地元のチョクベイに負ける。格付けも逆転される。正念場ですよ。SDのプレスリーは合ってないですけど、ルックスにはピッタリなので滑りこなせるようになって欲しい。あとFDのケイトリンのドレスものすごい素敵ですよ、黒だから見えにくいですけどね。

書くこといっぱいあったわー。

トビトカ
アロハシャツ着た遊び人みたいな髪型だったトカチェンコさんが髪の毛を切ってくれました。遊び人なプリンスチャーミングなんて嫌だった。SDは男女がずっと手を繋いでいるので、男女の技術力の差がモロに出ます。特にパーシャルはトビアスさんが置いていかれ気味。それと同時にトカチェンコさんってやっぱうめえという感想。トカチェンコさんってしんどそうにしないんですよーそれがねーすごいねー。FDはスタミナ切れで動きが小さくなり尻すぼみになってしまったでしょうか。韃靼人の踊りはスケール大きく大きく派手にドカアアアアアアアアアアアンと演じるものですし、後半頑張って欲しい。トカチェンコさんも疲れてたなあ。青系統のイメージにされていたこの曲ですけど、黒でゴージャスに。すごくお金がかかっていそうです。さすがお金持ちトビアスさん。今大会で楽々ミニマムを超えたので、ワールドに出場できます。

フルソレ
マリーさんの振付する曲がことごとく懐メロ化しているんですけど、マリーさんの親世代の曲でしょう。深夜の懐メロCDの通販とか見ていたか、親野カーステレオパターンですね。僕はカーステレオパターン。昨シーズンのプログラムがよかっただけにちょっと地味なんですよねえ・・・特にFDはウルディアの昨シーズンのものの焼き直しっぽくて。

ホワベイ
ホワベイとニコヒルが使うので、博士と彼女のセオリーを予習しておいたんですけど、いい音楽でスケートに合いそうだなと思いました。ジャンリュックさんがリフトで尻餅をついてしまったのが残念。スピンの前の倒れこむような振付は歩けなくなったところ、手を曲げているのは指が動かなくなってきたところ。映画の場面を直接的に表現しています。これぐらいがバランスがいいと思います。あまりに映画やバレエの動きをプログラムに反映させすぎると、やりすぎで安っぽく見えてしまうことがあるんです。「どうにでも取れる」という振付もすごく大切です。ステップは2人の過去の思い出をサーーーーーーっと振り返る映画の最後のシーンかな。ジャンリュックさんは今なぜその髪型なんだろう。くるみ割り人形にも合わないし。でも切らないでそのままでいい、だってジャンリュックだから。

トルン&パルタネン
今まで1回も感想を書いたことがなかった2人。今回の嬉しいサプライズでした。ものすごく上達しています。ダイアゴナルでのミラーツイズルは曲想を反映して素敵でした。曲名にLifeとあって、緑色の衣装を着ているから葉緑素でも演じているのかな?もしくは1曲目がGravityだから、宇宙から見た地球とか?何にせよいいですね。バイオ見たら作曲家がルドヴィコ・エイナウディと書いてありました。ウィバポジェもそうだし、ホックスタインもです。ジュニアでも今シーズンいたような。しかもみんな曲が違う。流行ってるのかな。

男子リザルト
1 Konstantin MENSHOV(ロシア)230.10
2 Adam RIPPON(アメリカ)224.18
3 Sergei VORONOV(ロシア)213.34
4 Timothy DOLENSKY(アメリカ)210.55 PB
5 Michal BREZINA(チェコ)205.06
6 Ryuju HINO(日本)203.42 PB
7 Liam FIRUS(カナダ)200.27 PB
8 Alexander MAJOROV(スウェーデン)198.72
9 Michael Christian MARTINEZ(フィリピン)190.54
10 June Hyoung LEE(韓国)172.97
11 Matthias VERSLUIS(フィンランド)163.02
12 Valtter VIRTANEN(フィンランド)154.60
13 Roman GALAY(フィンランド)140.98
14 Viktor ZUBIK(フィンランド)139.75 PB
15 Alexander BJELDE(ドイツ)134.70
WD Iassen PETKOV(ブルガリア)
WD Graham NEWBERRY(イギリス)

マルティネス
3Lz-2T 3A-2T 2F 1A 3Lz 2A-1Lo-3S 1A 3Lo
スタミナが切れてしまったのもあるんですけど、後半に展開を作れなかったので、あまり演技が盛り上がっていかなかったかな?と思います。ずっと同じ感じだったので。

ドレンスキー
3A hd-1T 3S 3Lz 2A 3Lz-2T-2Lo 3Lo+2A 3F 3T
なかなかよかったのではないでしょうか。ジャンプはほとんどクリーンに決まっておりました。巨乳と逆三角形が目立つわー。

フィルス
4T df 3Lo 3A so 3F 3Lz-1Lo-3S 3F-1T 2A-3T so 3Lz shaky
Pさんっぽさがなくなって本当によかった。あれじゃスタミナが切れやすいPさんだったから。角がとれて演技が見やすくなりました。昨シーズンと同じムーランルージュだけど全然違って見えるなあ。

マヨロフ
3Lz-3T 3A-2T 3F ot 2Lo 3A 3T-2T-1Lo 3S 2A
怪我をしてから4Tは入れていませんが、今回はループでミスが出たぐらいでいい演技でした。SPのタンゴアモーレを見ていても思ったんですけど、動きが洗練されて無駄がなくなってきました。タンゴアモーレを真面目な顔して滑っている時点でおもしろいんですけど、よくなっていて嬉しかった。

ヴェルスルイス
4T fall 2A 3Lz 3F hd 2Lz-2T 3Lo fall 3T 2A
オンドレイネペラで見たときは、後半のジャンプパートあたりの振付が雑に見えていたので、それを思えば今回はよかったです。気合入れてキビキビと動いておりました。

ヴォロノフ
4T df 1A 3T-2T 3Lz df 3A-2T 3S 3Lo df 2A-3T-1T
映像途切れ途切れだったけれど、ジャンプがボロボロで漕いで跳んで漕いで跳んでを繰り返しているということは分かりました。近年稀に見る悪い出来でした。エテリの髪型が普通になってる。ソバージュじゃないとやだーーー。

ミハル
3A 3T 3S shaky 4S fall 3A-2T 3Lz 3Lo 3F fall
ジャンプが決まらない。滑らないというか滑れない?ランビ振付が難しすぎて滑れない。疲れるから消化できない滑れない。滑れないの無限ループ。

メンショフ
4T-3T 4S 2A 3Lz 3T ot 3A so 3Lo-2T-1Lo 2A
クワドが2つきれいに入ったのに抜けがいくつか。抜けてしまうと一気に構成が弱くなってしまうからなあ。クワドは大変だ。昨シーズンも言ったけれど、スピン中のジャンプはプログラムの前の方に入れて欲しい。必ず荒れるし、スピンがマイナスになってしまうのがもったいない。ジャンプ4つ終わった時点でバテバテでした。一昨シーズンより昨シーズン、昨シーズンより今シーズン、スタミナ切れが前に前に来ています。年齢の問題は避けられません。

リュージュ
4T fall 3A-2T 3Lz-3T 3Lo 3A 3F 3Lz 3S-2T
いぇえええええええええええええええええええええええええええええええい降りたああああああああああああああああああああどぅるるるるるるるるるるるううううううううううう逃げちゃダメだあああああああああああああああ表彰台無理だったけどがんばったよ。

りっぽんぽん
2A 3A-1T 3Lz tano 3A 3F so 3Lo 3Lz-2T-2Lo 3S-2T
髪の色と衣装の色が神がかり的にミスマッチ。いつもに比べてスピードがなくて全然滑っていないので、立ち止まって踊って、漕いでジャンプみたいな。よく分かんない演技でした。シーズン明けモードって感じ。

女子リザルト
1 Rika HONGO(日本)187.45 PB
2 Julia LIPNITSKAIA(ロシア)172.33
3 Joshi HELGESSON(スウェーデン)164.28
4 So Youn PARK(韓国)159.93
5 Viveca LINDFORS(フィンランド)151.12 PB
6 Hannah MILLER(アメリカ)150.13
7 Lutricia BOCK(ドイツ)140.39
8 Anne Line GJERSEM(ノルウェー)134.29
9 Tanja ODERMATT(スイス)133.65 PB
10 Emmi PELTONEN(フィンランド)131.24 PB
11 Anni JÄRVENPÄÄ(フィンランド)130.34
12 Juulia TURKKILA(フィンランド)128.67
13 Camilla GJERSEM(ノルウェー)128.05
14 Eliska BREZINOVA(チェコ)126.59
15 Kristen SPOURS(イギリス)116.62 PB
16 Ilaria NOGARO(イタリア)105.57 PB

トゥルッキラ
3T-3T to 2F 1Lo-2T 2A 1Lo 2S-2T ot 2A
ミッションも愛の夢もすごくいいプログラムなのにジャンプが・・・入らない。

ヤンヴェルパー
3Lz 2A-3T so 3S fall 3F fall 3S-2T-2Lo 2T 2A ot
タンゴというよりも東欧の家出少女が世間の厳しさを知って、家に帰って行く様を演じているようでしたよ。最初は鋭い視線だったのに、すぐに解けてしまったから。

アンネ・リネ・ヤシェムさん
3Lo+2A 3F ot 3T hd 2Lo 3S-2T-2Lo 3S shaky 2A
昨シーズンより相当体を絞ったように見えます。脚が細い。淡々とした感じではありましたけど、大人の雰囲気を醸し出しておりました。後半の方が、よりアピールできていたと思います。素敵になってる素敵になってる。

リンドフォース
3T ot-3T 3Lz-2T tano 3F 3Lz to 2A-1Lo-2F 3S 2A
少しミスはありましたが回転が抜けることなく全て入りました。大統領夫人感の全くない、清清しい、潔いエレメンツをこなすプログラムでした。男らしい。

ヨシ子さん
3Lz-2T-2Lo 3F 3T-2T tano 3Lz 3Lo 2S+2A 3T
回転不足が怖い。でも抜け1個で抑えました。SPに比べると淡々として見えてしまうのがもったいない。

ソヨン
3Lz 3S-2T 3F so 3Lo 3Lz-2T-2Lo 2A 2A
ジャンプが仕上がっていないのか体型変化なのかセカンドトリプルは入らずでした。2Aに3Tをつけようとしましたが、構えで止めました。ここでやっても失敗するとふんだのでしょうか。アシュリーも滑ったレッドヴァイオリン。アランフェスじゃないやつね。すごく難しい曲だと思います。これはまだまだこれから。

本郷
3F-3T 3S tano 3Lz-2T tano 2A-3T-2T tano 1Lo 3Lz 2A
セカンドの回転不足とループの抜けはありますが、よかったと思います。音をよく拾って滑っていたと思うし、動きに余裕がありました。スタミナにも問題は感じませんでした。ステップがもうちょっとやりようがありそうだけど、コレオシークエンスはすごくいい。ルッツのエッジは直してきたのが分かりました。2回ルッツを入れられるのは大きい。SPの出来がすごくよくて、あっこちゃん鬼ですか?っていうぐらいの難しいステップを自分のものにして、ウニョウニョした変な動きをしていました。仕上がってるねー。

リプニツカヤ
3F 3Lz 2S 3F fall 2A 2A-2T 3T-1Lo-1S
ジャンプ構成を大幅に落とし、前半に固めてきました。それでも降りられない。体つきが大きく変わったので、今は精神的にキツいかもしれないけれど、スケートを続けるのであれば心を強く持つしかないし、周りのサポート、ファンの応援なしではできませんね。もうジャンプが跳べないからと言って、ここで諦めれば復活もない。みんな体型変化の時期はありますもん。ジャンプはさておき表現はいいし。うん。衣装は・・・SPもLPも・・・それでいい?SPの衣装は幼児用スパッツみたいな色していますが。

ボックさん止まりすぎて見られなかったけど、後半の方にジャンプをちょいちょいミスっていたのは分かりました。かわいいけど淡々としているんですよねー。

ミラー
3F-1Lo-3S so 2A-3T shaky 3Lz fall 3Lz-2T 3Lo so 3F fall 2A
ほとんどのジャンプで回転が足りてなさそうな感じ。ミラーさん好きなんだけどなあ・・・身長が思った以上にデカくなりすぎてコントロールできないのかも。顔つきが一気に10歳ぐらい歳とってしまったみたい。いろんな曲組み合わせているから、難しそうなプログラム。平たく言うと変。

羽生が出ると思って放映権を購入したテレ朝は本郷が優勝してくれて助かりましたね。チャレンジャーシリーズ4戦目まできましたが、シングル勢はジャンプは置いておいても、プログラムの滑り込みができていない選手が多いように見えました。がんばれシニア。

8 Comments

6番 says..."愛犬さくらのママさんへ"
愛犬さくらのママさんへ

はじめましてコメントありがとうございます。

ファンのみなさんのブログも愛に溢れていて楽しいですけどね。やっぱり本当に素晴らしいときに「うわああああああああああああああぎやああああああああああいいいいいいいいいいい素晴らしいいいいいいいいいいいいいい」と言いたいので、そのときに取っていますよ。くだらないブログですが、またいつでもどうぞ。
2015.10.20 00:38 | URL | #q2p5Nno. [edit]
愛犬さくらのママ says...""
初めましてです。他のブログでこちらを知りました。本当に面白いと申し上げてはいけないでしょうか・・。的確な評価と文章に思わず笑いが・・・。フィギュア大好き人間ですが実はご多聞に漏れず羽生さんのファンです。ごめんなさい。でもファイギュアそのものが好きで誰が嫌いという選手もいません。今回は羽生選手の評価が本当にその通りだと思いコメントさせて頂いてます。普通のブログだと褒め過ぎているものが多いので・・・。いいえ、そういうブログも好きですけど。でも、ホントはどうなの?と私自身もわからなくなるのでこちらのようなブログがありますと自分にブレ-キもかかります。ありがとうございました。
ではまた寄らせて頂きます。
2015.10.17 13:14 | URL | #H9pMe4Rg [edit]
6番 says..."匿名のYさんへ"
匿名のYさんへ

本郷のルッツはすごいですよね、フラットでもなくかなり直してきたので。怪我もあったらしいのに、どんな練習をしたのか・・・と思います。
2015.10.14 00:29 | URL | #q2p5Nno. [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.10.13 22:49 | | # [edit]
6番 says..."chicconeriさんへ"
chicconeriさんへ

ウィバポジェのゴージャスさはたしかにそうですね。だからこそ、それ頼みにならないような成長を見せようという、今シーズンの戦略はすごく嬉しく思います。引退が出たから~カナダ1番手だから~というスコアではなくて、点数に見合ったカップルになってくれるのではないかとわくわくしています。ウィバポジェもシブタニズもとても難しいプログラムですけど、滑りこなせるときがその分楽しみです。
2015.10.13 21:31 | URL | #q2p5Nno. [edit]
6番 says..."ゆふぉさんへ"
ゆふぉさんへ

髪の色単体ではおフェイスがいいのでどうってことないですけど、衣装と合わせると合わないことなんの。宇宙人にでもなりたいのかな?ワンスアポンアタイムインアメリカで柔道ですか。タイムトリップ物かな?
2015.10.13 21:28 | URL | #q2p5Nno. [edit]
chicconeri says...""
こんにちは。ウィバポジェへの感想を心待ちにしておりました。生で見た時に、この二人のゴージャスさは群を抜いているので、もう本当に何とかてっぺんに到達してほしいです。

ベイツ氏は上手いのかもしれませんが、内にこもるというか放出される物、観客に訴えかけてくる何かを全く感じなかったんですよね。これはアレックス(シブタニ)の課題でもあるのですが、ネペラで見たらFDで覚醒しておりました。
結論、チェルニシェフの振付すごい!
2015.10.12 16:36 | URL | #- [edit]
ゆふぉ says...""
リプニツカヤさんのSPのキスクラでフラワーガールから花を受け取る態度と本郷さんの花を受け取る態度にそれぞれを感じました。
リッポンさんはSPの首から肩甲骨から指先の表現好きです。髪の色はあれ、何色というんでしょうか。
ぼろのふさん、FPの衣装のイメージは半分柔道着で半分スーツ…?SPのフィニッシュが端っこで驚きました。

2015.10.12 16:15 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。