2015
10.02

JGPログローニョ 1日目 女子SP・男子SP

なんて見づらいスケジュールなんだ。

女子SP
1 Alisa FEDICHKINA(ロシア)66.16 PB
2 Yura MATSUDA(日本)65.71 PB
3 Yuna SHIRAIWA(日本)62.51 PB
4 Serafima SAKHANOVICH(ロシア)60.10
5 Anni JÄRVENPÄÄ(フィンランド)58.30 PB
6 So Hyun AN(韓国)55.72 PB
7 Brynne MCISAAC(アメリカ)53.43 PB
8 Kailani CRAINE(オーストラリア)50.80 PB
9 Tessa HONG(アメリカ)50.38 PB
10 Anastasia GALUSTYAN(アルメニア)46.95
11 Michaela DU TOIT(南アフリカ)46.84 PB
12 Loena HENDRICKX(ベルギー)46.58
13 Maria-Katharina HERCEG(ドイツ)46.02
14 Sara CASELLA(イタリア)43.91 PB
15 Danielle HARRISON(イギリス)43.76
16 Shuran YU(シンガポール)41.59
17 Fruzsina MEDGYESI(ハンガリー)40.40 PB
18 Juni Marie BENJAMINSEN(ノルウェー)39.20
19 Kristina SHKULETA-GROMOVA(エストニア)38.20
20 Aleksandra RUDOLF(ポーランド)36.46
21 Regina Andrea RODRIGUEZ LEAL(メキシコ)35.89 PB
22 Julie FROETSCHER(フランス)35.55
23 Andrea ANLIKER(スイス)34.68 PB
24 Maeva GALLARDA ROSSELL(スペイン)33.96
25 Deimante KIZALAITE(リトアニア)33.18
26 Maria MARTINEZ GARCIA(スペイン)31.16 PB
27 Darija SHATIBELKO(ラトビア)29.82 PB
28 Gabriella VINOKUR(イスラエル)29.45
29 Tania MARGARIDO(アンドラ)27.38 PB
30 Karen GHEBBARI(マレーシア)26.74 PB
31 Priscilla June CHAU(香港)25.88 PB
32 Mara WAGNER(ルクセンブルク)22.95 PB
33 Elisa TSUJI(インドネシア)18.94 PB
34 Alexandra DE HANOVRE(モナコ)12.86

アシュリーのジュニア時代のコーチ、シャーリー・ヒューズが!!!!!アシュリー以来の!!!久しぶりだー。今大会で1番の盛り上がりになる予感。

シャーリー


サハノヴィッチ
3Lz so 3F tano 2A
スケーティングが猛烈に上達しています。踊りも上手くなったなー。今シーズンも後半3つにジャンプを入れる構成なのに、全く前半で飽きないどころか「これじゃないと」と思わされました。それぐらい上手。ステップアウト&2Aがいつもの感じでこれだけなので、67、8ぐらいまでいけるかも。

ソヒュン
3Lz-2T 3F 2A
韓国おなじみ普通にきれいな衣装。僕の好きなジャンプ構成。順番も理想的。これぞ女子シングル。1戦目は感想を書いていませんでした。なかなかの演技でした。墓場でお化けたちが踊っているとまではいかなくても、墓場を駆け回る少女の霊みたいな感じ。昨シーズンのヴォロノフさんの演技を考えると、いかに3拍子をシングルで滑るのが難しいかが・・・。

なんか最近ツギハギ編曲でヴォロノフさん褒めた気がする。まるで僕がヴォロノフさん大好き星人みたいじゃないですか。べ、別にお前のことなんて好きでもなんでもないんやからな!

白岩
3F 3Lz-3T 2A
3Lzと2Aの着氷が慎重な感じになりましたが、マイナスはもらわない感じでした。ステップで前コケてしまったので、そこも慎重だったかも。スピードに乗ってかわいいドロシーでした。かわいらしいけど女性らしさもあるところがいい。

フェディチキナ
2A 3Lz-3T 3F
小鳥ちゅんちゅんプログラム。彼女は演技に流れが生まれればさらに評価が高まりそうです。へっぴり目のイーグルがもっときれいになれば嬉しい。ツァッツァッツァッと割と男前に滑っていきますね。

ヤルヴェンパー
3T-3T 3F 2A
ほぼキーラ・コルピさんのような演技。酸欠状態の池から口出して息する鯉みたいな顔の上げ方も昔のコルピさん。美人だけどたくましい背中。恋人が戦争に行って子供産んでも、男手玉にとって資産運用しそう。

アメリカンテッサの演技の芝居がかり度数。オーバーなのがいいわ。

松田
3F 3Lo-3Lo 2A
幼女の松田の記憶しかないから、違和感が尋常じゃない。縦にビヨーーーンと伸びているではありませんか。2Aは入りからしっかりと音楽に合わせていました。ステップも丁寧にそうしようとしているのが分かりました。もっと低いジャンプで、のぺっとした演技をする選手だったのに、成長を感じました。美穂子おもしろすぎる。反応がおもしろいから4回見返しました。

これでこの順位キープならファイナルが混沌とします。ロシアと日本のスポット数は?そして・・・明日いよいよ関西以外の日本人がメダルを獲得できるのか?

男子SP
1 Nathan CHEN(アメリカ)77.94 PB
2 Daniel SAMOHIN(イスラエル)67.96
3 He ZHANG(中国)63.93
4 Vladimir SAMOILOV(ロシア)61.63 PB
5 Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)59.34
6 Matteo RIZZO(イタリア)58.89 PB
7 Niko ULANOVSKY(ドイツ)56.79
8 Andrei LAZUKIN(ロシア)54.24
9 Se Jong BYUN(韓国)52.69
10 Aleix GABARA(スペイン)52.20 PB
11 Yuto KISHINA(日本)51.25 PB
12 Ton CONSUL(スペイン)50.88 PB
13 Hector ALONSO SERRANO(スペイン)50.30 PB
14 Denis MARGALIK(アルゼンチン)48.98
15 Daniel Albert NAURITS(フランス)48.77
16 Taichiro YAMAKUMA(日本)48.17
17 Irakli MAYSURADZE(ジョージア)47.75
18 Nicola TODESCHINI(スイス)45.20
19 Josh BROWN(イギリス)44.79 PB
20 Jegor ZELENJAK(エストニア)41.54
21 Darian KAPTICH(オーストラリア)36.57 PB
22 Timothee MANAND(ベルギー)34.07 PB
23 Ancio VAN TONDER(南アフリカ)32.37
24 Davide LEWTON BRAIN(モナコ)31.31 PB

木科
3F fall 3T-3T 2A shaky
これは美の世界一決定戦()が浮かんでくる危険な曲。まだジュニア1年目の年齢なんですね。キャメルスピンさんがんばれ。無良崇人フェイバリットカラーのオレンジの無良タオルじゃないですか!ファンならマストアイテムですね!(宣伝)

山隈
1A<< 3Lz-3T 2F
抜け、eマーク&アンダーローテーション、抜け&アテンション。これは・・・。同じプログラムなのに雰囲気が違うと思ったら衣装が変わっていました。前は銀色ジャケットで、今回は白いジャケット。体が相当大きくなったので入らなくなってしまったのかな。

ネイサン
3A 3Lz-3T 3F
演技はきれいなので言うことがないです。髪形を遊ばせてきたこと以外は何も気にならない。美容院に行って「おしゃれなパーマかけてください」とオーダーしたのかな。

マルガリク
3A so 3Lz-3T 1F
3Aがダウングレード、3Tがアンダーローテーション、1Fはノーバリューでシットスピンは腰が高すぎてカウントしてもらえず。これはアカンやつ。

ふーちゃん
3A so 3Lz so 3F
変じゃない雨に唄えば。3Aは失敗はしたけれど高さが出ていたので、タイミング次第で成功できそうな感じでした。コンボなしでこれだけのスコアが出たので上出来でしょう。ステップの最後で指差し確認。今シーズンがジュニアラストイヤーなのか、そりゃ大きくなりますわな。

サモイロフ
2A 3F 3Lz-3T
首がカクンカクンと落ちてくるのが気になりました。歯切れのいい滑りから首から切り離されたような演技でした。がんばってね首。

リッツォ
2A 3Lz-3T df 3F
踊るパート、雄大に滑るパート、ポーズを決めるパート、演じ分けが非常に明確で分かりやすかったです。僕としてはコレオグラフィーとインタープリテーションは6点行くかな?と思ったので意外と低くてびっくり。8番ジャッジの点数を支持しよう。

サモーヒン
3F 3A 3Lz-3T shaky
フリップがガッツリeなので、ジュニアではそこで大きく遅れをとってしまいます。基礎点も下がるのでシニアの試合とでは7点~8点ほどスコアが違ってきます。スピンがんばれ。

ラズーキン
3A 2Lz-3T fall 3F
キャメルスピンは足換え後の回転数を満たしていない?コンビネーションスピンでもキャメルを失敗していたので、キャメルが嫌いなのかな。ジャンプでGOEをもらえない、ステップでもGOEをもらえない。これはアカン。ある意味眠れなくなる演技。

イラクリは転倒2回に加え、コンビネーションスピン中に衣装のフリンジが、バラバラと外れてしまって減点。

演技が崩れる選手が多かったのに、ネイサンは微動だにしない。これがKKZの力です。信じる者は救われる。さあ祈りなさい、崇めなさい。

オンドレイネペラはリザルトが出るのが遅いので、全日程が終わってからまとめて出します。
コメント
ゆりあさんへ

僕も最初に思ったのは「生きてたか!!!!!!!!!」でしたよ。ブログに書くときには柔らかくしたんですけど。

そうですそうですアリエフとラブラブです。あんな可愛い子を、おとなしそうな顔して・・・・・チッ ビジュアル加点はありそうですよね。だって可憐なんですもの。
6番dot 2015.10.02 22:23 | 編集
ゆふぉさんへ

北米はKKZもしくは東欧系になって、アングロサクソン系が壊滅しつつありますね。それぐらいに今シーズンは男女ともに偏っていて。資金的に厳しいからこそ・・・ってのもありそうですね。もしくは超絶お金持ちだから余裕を持てるか両極端なんだろうなあ。

チョックさんのおぱんつ!そうです赤の方が絶対いいです!ピンクはあれにしか目が行かなくて・・・。あれを変えずにGPSに出てこようものなら、またあそこに目が行ってしまい演技に集中できなくなります。
6番dot 2015.10.02 22:18 | 編集
匿名のYさんへ

プロクロワ!そうですよ!本当に見たかったです。でもプロクロワが出ていたらフェディチキナはここにはいないという。ロシアは国内でファイナルの枠を取り合っているわけですよね。

スピンが皆一緒ではなく、ビールマンなしでレベルを取るのもいいですね。全員が上手にできるわけではないし、自分の得意なことで点数がもらえるのが一番いいし、自分をよく分かってもいます。
6番dot 2015.10.02 22:15 | 編集
わ~ご存命でしたか!シャーリー・ヒューズ女史
年齢不詳で、化石(←失礼)か人間国宝級の方ですよねー

アリーサはまさに天使降臨って感じで愛らしくて、アリエフ君は幸せ者です(ラブラブなんですよね?)
冒頭と最後は原曲(ピアノ)に小鳥ピヨピヨ
中盤はアレンジ版(弦楽器)と素敵な編成です。
ジュニアに多い横っ飛びアクセルでジャンプは低空だけど、スピンがうまいですよね、
あと、ビジュアルでGOEプラスしょうか(笑)
ゆりあdot 2015.10.02 20:52 | 編集
北米ではアジア系KKZ強いですね。
やはりスケートを始めるにあたっての資金的な環境とかもあるのでしょうか??
フランク・キャロルコーチが東洋系の家庭の教育環境ゆえに選手が練習に真面目だからみたいな事を言ったとか言わないとか…?


KKZ繋がりで…チョックさんは厳密にはKKZには入らないかもしれませんが、衣装のレオタード部分、ピンクじゃなくて同色の赤にした方がいいですよね!
この記事へのコメントではありませんが、私も衝撃でした…
ショートの衣装は素敵なんだし、
めくれなくできる方法ってあるのかな。
ゆふぉdot 2015.10.02 19:12 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2015.10.02 17:26 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top