Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

JGPオーストリア杯 3日目 ペアリザルト・アイスダンスリザルト・男子リザルト

4

八木沼さんのファミリーヒストリー見たけど家柄が良過ぎて震え上がる。歴史の授業のようだ。

ペアLP
1 Amina ATAKHANOVA / Ilia SPIRIDONOV(ロシア)106.39 PB
2 Anna DUSKOVA / Martin BIDAR(チェコ)102.95 PB
3 Renata OGANESIAN / Mark BARDEI(ウクライナ)99.75 PB
4 Anastasia POLUIANOVA / Stepan KOROTKOV(ロシア)89.05
5 Lindsay WEINSTEIN / Jacob SIMON(アメリカ)88.55
6 Justine BRASSEUR / Mathieu OSTIGUY(カナダ)86.54 PB
7 Ying ZHAO / Zhong XIE(中国)84.61 PB
8 Elena IVANOVA / Tagir KHAKIMOV(ロシア)84.58
9 Chelsea LIU / Brian JOHNSON(アメリカ)81.36 PB
10 Irma CALDARA / Edoardo CAPUTO(イタリア)66.40 PB
11 Ye Ri KIM / Alex Kang Chan KAM(韓国)65.66
12 Yue HAN / Ziyu KANG(中国)65.57 PB

ペアリザルト
1 Amina ATAKHANOVA / Ilia SPIRIDONOV(ロシア)162.50 PB
2 Anna DUSKOVA / Martin BIDAR(チェコ)158.71 PB
3 Renata OGANESIAN / Mark BARDEI(ウクライナ)152.92 PB
4 Anastasia POLUIANOVA / Stepan KOROTKOV(ロシア)135.46
5 Justine BRASSEUR / Mathieu OSTIGUY(カナダ)135.11 PB
6 Elena IVANOVA / Tagir KHAKIMOV(ロシア)131.28
7 Ying ZHAO / Zhong XIE(中国)129.71 PB
8 Chelsea LIU / Brian JOHNSON(アメリカ)128.73
9 Lindsay WEINSTEIN / Jacob SIMON(アメリカ)128.55 PB
10 Irma CALDARA / Edoardo CAPUTO(イタリア)103.80 PB
11 Yue HAN / Ziyu KANG(中国)102.35 PB
12 Ye Ri KIM / Alex Kang Chan KAM(韓国)98.55

中国は今シーズン他国選手の振付だの衣装だのパクりすぎじゃないか・・・国際大会では止めようや。

ポルコノ
ボヘミアンラプソディーはよく聞くヴァイオリンのやつよりも、この溜めがしつこいピアノ音源の方がいい気がする。でもヴァイオリンのはとにかく滑りやすそうで、選びたくなる気持ちは分かる。スロー1つ転倒、2つ目はふんわりと投げて成功でした。プレッシャーリフト上げるのとても上手でポジションが2人とも安定しました。

エレーナ滾る組
ダルタニアン←分かる
ジュスイマラード←無理やり分かる
ダルタニアン←こんなお話がありました・・・ってしたいのね、無理やり分かる。
ダルタニアンポップな音源←wwwwwwww???wwwww
改めてパンチありすぎる。滾るさんがソロジャンプでも失敗したし、スローもよくなかった。

リュウジョンソン
スローがダブルなのは痛い。ペア感はとてもある演技でした。ワンハンドでキャリーしてそのまま回転をかけるという、腕がプルプルしそうなリフトをしていました。フィギュアスケートでは珍しい美女と野獣でした。普通なら黄色のドレスを選ぶところでしょうが、女性がアジア系なのでおそらく似合わないでしょう。紫で正解。

オガバル
3Sで堪えスローで堪え、女性が堪えた演技でした。大きくマイナスは食らわないでしょう。スローはとても高さがあったので成功さえすれば+2もらえそうです。ジュニアで軽々とリバースラッソーを上げてしまうのは力のある証拠ですね。普通に上手。蛍光色幼女ヴァンパイアになるのか。

ブラスール姪組
これは素人編曲であって欲しいぐらいの散らかった編曲だ。アランフェスからドンファン・・・うん・・・。何を表現の主題にしているんだろう。スローがとにかく苦手なようなので高さを出せるようにがんばれ。あの高さで3回転はまぐれでも回れる気がしないです。

乳首弟組
うわあああああああああああああああああああああああああ3Tお手つきとスロールッツで足ついたぐらいでミス留めたああああああああああああああああああああああ課題のスローがんばったあああああああああああぴょぴょぴょ!!!変な曲だけど何でもいいよおおおおおおおおおおおおおおうっしっしっしっし。

アタスピ
略しやすい名字ありがとう。2人が手を繋いで男性が女性を引っ張らなくても2人の動きが合ってしまうというね。ペアスケーティングの完成度がこのシリーズの中では抜けているかなと。フライングシットの入り方がすごかったけど、あれは一体何なんだろう。3Sとスローサルコウでちょっとずつ失敗したけど、ロシアの1番手の座はここで確定っぽい。とにかくうめえ。女の子13歳、男の子17歳だから4シーズンジュニアで行ける!楽しみすぎる。

ペアでこんなに面白かったのはジュニアでは久しぶり。ファイナルが確定したのはオガバルだけですが、次戦で5組が2位4位の組み合わせを超えることが非常に考えにくいです。乳首弟組もよほどのことがなければファイナルです。

アイスダンスFD
1 Alla LOBODA / Pavel DROZD(ロシア)91.91 PB
2 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)84.85 PB
3 Julia BIECHLER / Damian DODGE(アメリカ)82.73 PB
4 Elliana POGREBINSKY / Alex BENOIT(アメリカ)81.55 PB
5 Sofia EVDOKIMOVA / Egor BAZIN(ロシア)81.05
6 Haley SALES / Nikolas WAMSTEEKER(カナダ)75.11 PB
7 Nicole KUZMICH / Alexandr SINICYN(チェコ)74.96
8 Ashlynne STAIRS / Lee ROYER(カナダ)69.03 PB
9 Guoste DAMULEVICIUTE / Deividas KIZALA(リトアニア)65.76 PB
10 Rikako FUKASE / Aru TATENO(日本)62.57 PB
11 Darya POPOVA / Volodymyr NAKISKO(ウクライナ)61.87 PB
12 Olga GIGLAVA / Aleksandr SIROSHTAN(ウクライナ)61.60 PB
13 Emilia KALEHANAVA / Uladzislau PALKHOUSKI(ベラルーシ)61.01
14 Julia WAGRET / Mathieu COUYRAS(フランス)59.71 PB
15 Hannah Grace COOK / Temirlan YERZHANOV(カザフスタン)58.73 PB
16 Valentina SCHÄR / Carlo RÖTHLISBERGER(スイス)57.82 PB
17 Polina GORLOV / Eduard VISHNJAKOV(ドイツ)54.04 PB
18 Francesca RIGHI / Pietro PAPETTI(イタリア)53.33 PB
19 Hanna JAKUCS / Daniel ILLES(ハンガリー)50.94 PB
20 Mina SVAJGER / Michael CHRASTECKY(スロベニア)44.91 PB

アイスダンスリザルト
1 Alla LOBODA / Pavel DROZD(ロシア)153.64 PB
2 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)144.35 PB
3 Julia BIECHLER / Damian DODGE(アメリカ)142.32 PB
4 Elliana POGREBINSKY / Alex BENOIT(アメリカ)140.11 PB
5 Sofia EVDOKIMOVA / Egor BAZIN(ロシア)137.60 PB
6 Haley SALES / Nikolas WAMSTEEKER(カナダ)122.87 PB
7 Nicole KUZMICH / Alexandr SINICYN(チェコ)116.30
8 Ashlynne STAIRS / Lee ROYER(カナダ)116.03 PB
9 Guoste DAMULEVICIUTE / Deividas KIZALA(リトアニア)109.49 PB
10 Emilia KALEHANAVA / Uladzislau PALKHOUSKI(ベラルーシ)104.04 PB
11 Rikako FUKASE / Aru TATENO(日本)103.60 PB
12 Olga GIGLAVA / Aleksandr SIROSHTAN(ウクライナ)102.15 PB
13 Darya POPOVA / Volodymyr NAKISKO(ウクライナ)102.08 PB
14 Julia WAGRET / Mathieu COUYRAS(フランス)99.76 PB
15 Hannah Grace COOK / Temirlan YERZHANOV(カザフスタン)96.52 PB
16 Valentina SCHÄR / Carlo RÖTHLISBERGER(スイス)95.91 PB
17 Francesca RIGHI / Pietro PAPETTI(イタリア)93.30 PB
18 Polina GORLOV / Eduard VISHNJAKOV(ドイツ)90.53 PB
19 Hanna JAKUCS / Daniel ILLES(ハンガリー)88.84 PB
20 Mina SVAJGER / Michael CHRASTECKY(スロベニア)76.07 PB
WD Xibei LI / Guangyao XIANG(中国)

リカアル
かわいいプログラムをかわいく演じてくれました。歳相応でいいですね。レベルのあるローテーショナルリフトはよく見る形だけど、回転速度が速くて加点がたくさんもらえそうな感じ。2人はやったーって言ってるし、アグノエルも喜んでいるから満足な出来だったのでしょう。

カナダさん1組目映画とバレエのスパルタクスを混ぜていた。カレーのルウじゃないんだから、混ぜればいいってもんじゃないのよ。

ポグブノ
ブノワさんがツイズル失敗しなくて戸惑った。スピンでもリフトでもビールマンをやっていました。ホフロワのクドさには負けるけど。長身のリフトはかっこいいなー。真ん中に挟んだのが普通の曲すぎて、あまりロミジュリには見えなかったけど、現代劇だからそれでいいのか。

ロボドロ
スピンをムーブメントから入るなかなかの難易度。ジャンプっぽい動きからシットポジションに入るからそのままコケそう。SDもFDもどうして後半で台無しにしてしまうんだろう。んー・・・・・解せない。ヴァイオリンの動きに合わせたクイックイックイッとした足の動きなんて、滑りながらだから音楽に合うはずもないし、振付した意図が理解できない。

マリロマ
名字では略しようがない。若いカップルはみなさんツイズルが上手なので、彼らのあまり上手じゃないツイズルを見ると落ち着きます。男性が非常に膝を柔らかく使えていました。あまりインパクトはないけれど、評価される理由はあります。コンビネーションリフトは股の下から通してグイーンと回るポジションに迫力がありました。

ジュリアさんとデイミアンさん
あああああ・・・うめえ。緩急のつけ方が絶妙。男性がフリーレッグを振り上げて下げるとき、引くときの処理の仕方に無駄がなく美しい。んでたくさん動ける。ジュニアのカップルは序盤・中盤・終盤ぐらいの曲の演じ分けでしょうけど、彼らはひとつのステップの中でそれができてしまうから、すごく演技が大きく見えます。実にいい。TESがとれなくて残念です。

エフバジ
バジンさんは張り切るのはよしとしよう、体力切れるのもしょうがないとしよう、でも演技開始3秒で前傾姿勢になるのはどうかと思うのです。プログラムのスタイルどうこうではなく、常に前傾になっているのがもう暴れているように見えてしまうから。今日はバジン比で体力の消費を相当隠せていたと思います。

今大会でロボドロがダンス勢では1番乗りでファイナル確定。ファイナルの顔ぶれ見えてきました。4強のうちのポポブラ、パーソンズ、マクカーも決まりとして残り2席。
アンルイスは5戦目でパーソンズ、ポポブラのハードゲーム。アンルイスは3位以下ならファイナル不可で、アメリカの3組目ファイナルの可能性が発生する。
6戦目は2位ベントさん組とマリロマ、4位カレポノとポグブノ。2位の組は次も2位以上でファイナル確定になるからアメリカが3組目ファイナル派遣を狙うには、1位2位がアメリカじゃないといけない。優勝した方がファイナル。それ以外のパターンはありえない。アメリカはこれ以上派遣は触れない。
7戦目は大きな壁マクカーが優勝確定だとして、あと出るのが・・・・・うーん。顔ぶれに欠ける。シュピレワヤさんたちが引くほど上達していたらファイナルの可能性もある。2位を狙うのであればマリロマかベントさん組は7戦目に移動した方が可能性はある。

当選確定ラインは2位2位の26ポイント。1位4位の24でもわずかながらチャンスはあり。2位3位の24ポイントではファイナルは無理。こんな感じです。ちなみに5戦目に仮にアンルイスが2位以内に入った場合、24ポイントでファイナルに行ける可能性は消えます。26ポイント必須になります。

男子も女子もダンスも事前の評判通りには行っていませんから、どの顔ぶれになるか分かりません。だからこそ見る意味があるのです。

男子LP
1 Dmitri ALIEV(ロシア)150.33 PB
2 Vincent ZHOU(アメリカ)145.37 PB
3 Ivan PAVLOV(ウクライナ)128.30 PB
4 Matteo RIZZO(イタリア)119.08 PB
5 Tangxu LI(中国)116.76 PB
6 Niko ULANOVSKY(ドイツ)113.77 PB
7 Oleksiy MELNYK(アメリカ)113.00 PB
8 Roman GALAY(フィンランド)111.72 PB
9 Yunda LU(中国)106.94 PB
10 Shu NAKAMURA(日本)103.70
11 Luc MAIERHOFER(オーストリア)101.90 PB
12 Geon Hyeong AN(韓国)100.15 PB
13 Edrian Paul CELESTINO(カナダ)97.89 PB
14 Aleix GABARA(スペイン)95.89 PB
15 Yakau ZENKO(ベラルーシ)94.07 PB
16 Jiri BELOHRADSKY(チェコ)91.29 PB
17 Taichi HONDA(日本)90.08
18 Nicola TODESCHINI(スイス)87.17
19 Kai Xiang CHEW(マレーシア)78.17 PB
20 Michel TSIBA(オランダ)71.86 PB
21 Artur PANIKHIN(カザフスタン)70.71 PB
22 Simon FUKAS(スロバキア)65.04 PB
23 Johannes MAIERHOFER(オーストリア)64.11 PB
24 Davide LEWTON BRAIN(モナコ)59.07 PB

男子リザルト
1 Dmitri ALIEV(ロシア)225.94 PB
2 Vincent ZHOU(アメリカ)211.96 PB
3 Ivan PAVLOV(ウクライナ)195.73 PB
4 Tangxu LI(中国)175.17 PB
5 Matteo RIZZO(イタリア)172.45 PB
6 Roman GALAY(フィンランド)171.31 PB
7 Oleksiy MELNYK(アメリカ)170.39 PB
8 Niko ULANOVSKY(ドイツ)165.85
9 Yunda LU (中国)160.90 PB
10 Shu NAKAMURA(日本)159.54
11 Luc MAIERHOFER(オーストリア)151.78 PB
12 Geon Hyeong AN(韓国)150.04 PB
13 Edrian Paul CELESTINO(カナダ)144.44 PB
14 Aleix GABARA(スペイン)143.33 PB
15 Nicola TODESCHINI(スイス)140.36
16 Yakau ZENKO(ベラルーシ)139.72 PB
17 Taichi HONDA(日本)139.42
18 Jiri BELOHRADSKY(チェコ)139.31
19 Kai Xiang CHEW(マレーシア)119.96 PB
20 Artur PANIKHIN(カザフスタン)114.94 PB
21 Michel TSIBA(オランダ)105.46
22 Simon FUKAS(スロバキア)98.22 PB
23 Johannes MAIERHOFER(オーストリア)95.77 PB
24 Davide LEWTON BRAIN(モナコ)88.69 PB

やっぱ見た。

太一
3F 3Lz 3S 3F-2T 3Lo fall 2A-1Lo-2S 3T-1T 2A
ジャンプは頑張りましたが助走の影響でほとんど表現をできていない・・・。

ニコちゃん
4T ot-3T 2A 3Lz-3T shaky 3S 3Lo 3F so 2Lz 2A so
3Aじゃなくて4T派の方。ちょっとずつミスは出たけれど上手くまとめられました。日曜日のお父さんのような服装のノートルダムドパリ。演技のよかったところは・・・うーんとなあ・・・顔とか?

中村
3A so 2A 3Lz 3F-2T 2A-1Lo ot-3S 3Lz hd 3Lo 3T shaky
うーん・・・・・ステップは結構好きなんですけどね。もうちょっとなんか、個性をうーん、うーん、うーーーーーん。

リッツォがイタリアの作曲家の一番有名な曲をそれぞれ繋げただけの酷いメドレーを滑っていた。イタリア人とは思えないぜ。

ガライ
3A fall 3Lz-3T 3F-2T-2Lo 3F カベアブネエ 3Lo 2A 3S+2A df 2Lo so
兵隊というより警察官もしくは警備員の制服。もっとシャツのトーン落とさねば。前半は溌剌としてジャンプの質がよかったですが、後半は相当なお疲れで2Aあたりから危なかったです。前半の調子で行ければよさげな選手に育ちそう。合計で40点もパーソナルベスト更新したんですねえ。

タンシュー
3Lz-3T so 3F-2T tano 3Lo 3Lz 3F 2A-1Lo-2S 3S 2A
淡々とジャンプを成功させる海賊さん。がんばれ表現。プログラムが誰かのじゃないからOK。

メレニク
2A 3Lz 3F so 3S-3T 3F-2T so 3Lo hd 1S 2A-2Lo
スーツ衣装なのに袖まくりをする謎。衣替え前の高校生かよ。北米らしく小技のきいたトランジションをしておりました。後半はジャンプのミスがポポポンと出てしまい残念。

ヴィンセント
4S 2A 3F td 3Lz-1Lo-3S 2A 3Lo 3F-2T tano 3Lz tano-3T
4Sはどうやら認定された感じ。と思ったのにアンダーローテーションか。PCSは上がったけれど1番低いのはスケーティングスキルでした。引き続き強化よろしくお願いします。ジュニアスケーターにゴッドファーザーを滑らせるのは、タンゴを滑らせるよりもよく分からないことなんですけど、若いなりの溌剌とした演技は気持ちがよかったです。

アリエフ
4T-2T 3A-1Lo-3S 3A 3Lz-3T 3F 2Lz 3Lo 2A
前半のジャンプつおい。後半失敗してしまうのは前回もそうですけどジャンプで力を使ってしまうからでしょうね。スタミナ強化は課題のひとつ。ではありますけどこれだけの演技続けられるのは強い。ライサ以来のガッツシットスピンを見せてくれました。

パブロフ
2A 3Lz-3T 3F-2T 3Lo 3F 3Lz-2T-2Lo 2A shaky 3S
着氷が流れない、距離が出ない、助走が死ぬ謎のジャンプを跳ぶパブロフさん。だから全てのジャンプが失敗しそうに見えてしまう。今日は頑張りました。後半お疲れモードでしたが、本人もステップが終わればメダルメダルメダル!と思いながら滑っていたのでしょう。相当な気合が入っておりました。

ラトビア、アルゼンチン、イスラエル、ウクライナ・・・と男子はいろんな国が表彰台に乗るから楽しい。アリエフ男子のファイナル1番乗りおめでとう。ファイナル1番乗りは4つともロシアが決めました。来週はジュニアグランプリシリーズお休みなので、溜まりまくった記事消化とテストスケート動画消化に充てます。

4 Comments

6番 says..."ogさんへ"
ogさんへ

最近のジュニア選手は大人びておりまして、ジュニアから見ごたえたっぷりですよ。なんといっても今年はアメリカのダンスがおもしろい!
2015.10.02 22:12 | URL | #q2p5Nno. [edit]
og says..."ダンスのジュニアが"
可愛いダンスの二人♪知りませんでした。応援しがいのあるカップルですね。楽しみ増えました。
2015.10.01 23:30 | URL | #- [edit]
6番 says..."ゆりあさんへ"
ゆりあさんへ

マルロゴもたしかにトランジションまで凝っていましたものね。同じコーチだということで納得です。あれはバックスクラッチというのですか。見たことなかったので衝撃でした。いろんなものを見せてくれるのは嬉しいです。
2015.09.16 20:00 | URL | #q2p5Nno. [edit]
ゆりあ says...""
ほんと、ジュニアペア面白くなってきました~

個人的には忍耐勝組が好きですが、フリーがイマイチなんですよね・・・
アタスピ組はユニゾンがいいし、スケーティングがうまい。
SPにはまりました(笑)パブロワコーチ好きですよ。マルちゃん組の時も美しく凝ったプログラム(振り付け)してました。
ただ、男性の衣装はロゴノフのお古じゃないかな?
スピンはバックスクラッチのエントリーからフライングシットに入ってます。バランス崩しやすいです。シングルで誰かやっていたかもしれませんが、珍しい。
2015.09.12 23:00 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。