Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JGPオーストリア杯 1日目 アイスダンスSD・女子SP

0

フランス選手のリリースを求める署名1200人突破!やってくださった方ありがとうございます。紹介してよかった。フォンタナ、アビトボル、コイア、クラキン、ジャネットの元/現役スケーターも署名しておりました。

アイスダンスSD
1 Alla LOBODA / Pavel DROZD(ロシア)61.73 PB
2 Julia BIECHLER / Damian DODGE(アメリカ)59.59 PB
3 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)59.50 PB
4 Elliana POGREBINSKY / Alex BENOIT(アメリカ)58.56 PB
5 Sofia EVDOKIMOVA / Egor BAZIN(ロシア)56.55 PB
6 Haley SALES / Nikolas WAMSTEEKER(カナダ)47.76 PB
7 Ashlynne STAIRS / Lee ROYER(カナダ)47.00 PB
8 Guoste DAMULEVICIUTE / Deividas KIZALA(リトアニア)43.73 PB
9 Emilia KALEHANAVA / Uladzislau PALKHOUSKI(ベラルーシ)43.03 PB
10 Nicole KUZMICH / Alexandr SINICYN(チェコ)41.34
11 Rikako FUKASE / Aru TATENO(日本)41.03 PB
12 Olga GIGLAVA / Aleksandr SIROSHTAN(ウクライナ)40.55 PB
13 Darya POPOVA / Volodymyr NAKISKO(ウクライナ)40.21 PB
14 Julia WAGRET / Mathieu COUYRAS(フランス)40.05 PB
15 Francesca RIGHI / Pietro PAPETTI(イタリア)39.97 PB
16 Xibei LI / Guangyao XIANG(中国)39.80
17 Valentina SCHÄR / Carlo RÖTHLISBERGER(スイス)38.09 PB
18 Hanna JAKUCS / Daniel ILLES(ハンガリー)37.90 PB
19 Hannah Grace COOK / Temirlan YERZHANOV(カザフスタン)37.79 PB
20 Polina GORLOV / Eduard VISHNJAKOV(ドイツ)36.49 PB
21 Mina SVAJGER / Michael CHRASTECKY(スロベニア)31.16 PB

なんとかさんとルギャックさん
女の子の名字読めない。非常に丁寧な演技でした。ツイズルはリヨン組の伝統を引き継いだ速度。カナダの大会見たときも速くなかったからこれでデフォルトなんですね。デススパイラルのようなものをしたり、肩より上に上げるリフト(支持は肩より下)をしたし、ペアのようなエレメンツが見られました。あまり抑揚がないと感じたけど高評価でした。僕の目は節穴タイム。


ロボドロ
優雅な舞踏会から戦火に飛び込む将校とお嬢さんとのカップルみたいなのを演じているのでしょうか。転調が唐突なので笑ってしまいます。ミッドラインの勇ましい動きはいくら荒々しさを表現させたいとはいえ女性の雰囲気に似合わなさすぎな気も。女性の状態がブルンブルンしておりました。

ポグブノ
ポグレビンスキーさんのフリーレッグきれい。身長173cmもあるだけあって長いです。世界ジュニアでのツイズル失敗前科があったので心配されたブノワさん。スタンブルしました・・・ああ・・・。男の子の衣装はグレーの燕尾でした。まるで結婚式で新婦の友達に一目惚れして、余興のダンスで恋に落ちて駆け落ちしちゃうみたいですね。コレオグラフィーとインタープリテーション高評価でした。

フカタテかリカアル
ここもモントリオールで練習しているのね。流行の最先端だし世界中から選手が集まっているから刺激は大いにあるでしょう。フリーレッグと女性と男性のテンポが少しズレているのは気になりましたが、デビュー戦で大きなミスなく滑りきれてよかったです。ポルカの表現は明朗で素敵でした。

ジュリアさんとデイミアンさん
メーガン・トレイナーのえらくポップなワルツを滑る組だと覚えておりましたが、こんなに上手かったかな?と思うぐらいに1戦目とは印象が違いました。ミッドラインはよく進んでいて気持ちがよかったです。若さがないのは衣装の色ぐらい(衣装そのものは素敵)で素敵でした。クリーンでした。フローレスでした。高得点で先生も大喜び。オーマイガー。

エフバジ
バジンの体力持たないのがネタで済ませられればいいんですけど、まあ持たないんですよね。今日はミッドラインの中盤で足が止まっていて。ポルカは滑っているというか暴れているように見えました。でも本人が嬉しそうだからいいや、1戦目は体調が悪そうに見えたのでそれよりは全然よかったですし。

今日は軍服着た方4人もいらっしゃったんですが一体・・・大会運営に軍服フェチでもいるのか?

1 Mai MIHARA(日本)63.55 PB
2 Maria SOTSKOVA(ロシア)62.97 PB
3 Diana PERVUSHKINA(ロシア)58.26 PB
4 Da Bin CHOI(韓国)57.27 PB
5 Xiangning LI(中国)50.67 PB
6 Lutricia BOCK(ドイツ)47.99
7 Ivett TOTH(ハンガリー)46.76
8 Wakaba HIGUCHI(日本)46.55
9 Bradie TENNELL(アメリカ)46.35
10 Se Bin PARK(韓国)46.23 PB
11 Megan YIM(カナダ)45.51 PB
12 Lara ROTH(オーストリア)44.33 PB
13 Michaela-Lucie HANZLIKOVA(チェコ)42.75 PB
14 Anna Grace DAVIDSON(アメリカ)41.53 PB
15 Anita ÖSTLUND(スウェーデン)39.26
16 Kyarha VAN TIEL(オランダ)38.39 PB
17 Emmi PELTONEN(フィンランド)37.30
18 Chiara CALDERONE(イタリア)36.85
19 Katie PASFIELD(オーストラリア)36.28 PB
20 Natalie KLOTZ(オーストリア)35.03 PB
21 Ceciliane Mei Ling HARTMANN(シンガポール)34.72 PB
22 Bronislava DOBIASOVA(スロバキア)34.65
23 Deimante KIZALAITE(リトアニア)33.93
24 Daria BATURA(ベラルーシ)31.06
25 Zeynep Dilruba SANOGLU(トルコ)29.92
26 Alisa STOMAKHINA(オーストリア)28.44 PB
27 Vlada LAHA(ラトビア)27.89 PB
28 Romana KAISER(リヒテンシュタイン)27.64 PB
29 Zhansaya ADYKHANOVA(カザフスタン)27.02
30 Malene ANDERSEN(デンマーク)26.53
31 Jeromie REPOND(スイス)26.04 PB
32 Monika PETERKA(スロベニア)25.54
33 Andjela MILJEVIC(セルビア)22.39 PB
34 Ciara HOEY(アイルランド)18.68 PB
35 Alexandra DE HANOVRE(モナコ)14.02 PB

シンガポールちゃんのコーチ欄TBD。コーチに対してこの表記使うの初めて見ました。韓国は1週おいて再び松たか子コーチ復活。毎週見ないと落ち着かない。

シャンニン
3F 3S-2T 2A
この蛍光色。中国の伝統を引き継いでいますね。今のペアのトップ勢のようなオシャレ衣装ばかり着ているようでは中国とは言えないですもの。変わらないよさが、そこにある。大きなミスなくてよかった。

ダビン
3Lz-3T 3F 2A
一曲で滑っている&BGM感があるから、この演技はいつ終わるんだろうかという果てしない感じが愛おしい。前回よりも元気っぽいは元気っぽくなっていました。シーズン通してこの演技を見る度に僕は常にニヤニヤしてしまうのだろう。

ソツコワ
3Lz-3T 2A 3F
今シーズンにこの曲を選んだのは挑戦なんでしょうね。オリンピックの真ん中にあるシーズンですし、ジュニアも3シーズン目ですし来シーズンシニアに上がってオリンピックを目指すとすればできるのが今しかない。ジャンプ3つの前に少しクロスをするぐらいで常にステップを入れていて密度が濃いです。あとはそれを"らしく"できるかですね。

イヴェットさんデカくなってる。幼女から少女へ。

ペルブシュキナ
3Lz tano-3T tano 3F tano 2A
レオノワのアダージョの衣装なのか、それとも似ているだけなのか。同じルカヴィツィンがコーチだから借りたのかな。客席と衣装が同化して見えにくいけどおそらくジャンプはタノをしていた。こういう暗い系のプログラムは本来僕の好きなラインなんですけど、もうちょっと体の伸びがしっかりしないと本当にただ暗いだけ・・・みたいになってしまいがち。

ボック
3Lz-3T 2A 3F fall
ゲルマン遺伝子強烈。15歳前後でもれなく縦にも横にも巨大化するという。例外は一切ないのですね。あんなに可愛かった小さなボックさんが166cm・・・?スパイラル短いよーもうちょっとやってよーーー。長いスパイラルは今の振付に合わず間延びしてしまうのかもしれないけれど、時間短くて足をボトンと落とすスパイラルを見て美しいと思うのか?それなら入れなくていいと思います。振付師の方々ご一考ください。

ベラルーシのバトゥーラさんの死の舞踏、ドラムの主張が大きい。

三原
3Lz-3T 2A 3F
シュピーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!演技がシュピーーーーーーーーーーーーン!ってしてました。これはいいシュピーーーンですね。ビールマンでわずかに乱れがあった以外は、実にいい演技でした。ブレることなく最後まで研ぎ澄まされた動き。3Fでのフィニッシュも前回よりきれいにかっこよく決まりました。PCSがソツコワよりもわずかながら高いという。ロシアの3番手に勝てたというのはデカい。三原のリアクションは素直でおもしろいからリピートする。

メーガン
2A 3Lz hd 3F
3Lzはダウングレード、3Fはeつきアンダーローテーションとジャンプでは苦労しましたがそれ以上にジャンプ以外の体の動かし方が実に美しい。小柄ではありますが非常に洗練された動きで、失礼ながらとてもジョアン門下のジュニア選手とは思えない。もっと雑味のある演技をする選手が多いのに。スケーティングもジョアン門下っぽくない。ジャンプさえ決まってくれれば将来が非常に楽しみ。

樋口
2Lz 3F 2A
ジュニアグランプリのご意見番わかば先生。レイバックスピン調子よく回れていたのに突然止めてしまいました。穴にでもハマってしまったのか?そしてルッツで失敗。あああ・・・・・。乗り切れなかったからかPCSも低くなってしまって。ジュニアコワイジュニワコワイ。でもって改めて失敗せずに期待通りの結果残すロシアコワイ。

点差が点差なのでどうなるかなあ。樋口は表彰台まで12点です。ノーミスで120点以上出せばいけないことはないですが・・・男子では選手によって全然エレメンツが違うけど、女子はみんなほとんど同じ構成ですしね。ドキドキする。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。