2015
09.06

JGPコロラドスプリングス 3日目 アイスダンスリザルト・ペアリザルト・女子リザルト

アイスダンスFD
1 Lorraine MCNAMARA / Quinn CARPENTER(アメリカ)93.06 PB
2 Mackenzie BENT / Dmitre RAZGULAJEVS(カナダ)78.39 PB
3 Sofia POLISHCHUK / Alexander VAKHNOV(ロシア)76.55 PB
4 Ksenia KONKINA / Georgy REVIYA(ロシア)76.06 PB
5 Chloe LEWIS / Logan BYE(アメリカ)74.68 PB
6 Payten HOWLAND / Simon-Pierre MALETTE-PAQUE(カナダ)74.66 PB
7 Ho Jung LEE / Richard Kang In KAM(韓国)71.37
8 Sarah Marine ROUFFANCHE / Geoffrey BRISSAUD(フランス)68.64
9 Angelina SINKEVYCH / Yegor YEGOROV(ウクライナ)68.52 PB
10 Eliana GROPMAN / Ian SOMERVILLE(アメリカ)64.57 PB
11 Ria SCHWENDINGER / Valentin WUNDERLICH(ドイツ)61.06 PB
12 Gweneth SLETTEN / Elliot VERBURG(イギリス)60.28 PB
13 Kimberly WEI / Illias FOURATI(ハンガリー)53.46 PB
14 Matilda FRIEND / William BADAOUI(オーストラリア)51.34 PB

アイスダンスリザルト
1 Lorraine MCNAMARA / Quinn CARPENTER(アメリカ)159.31 PB
2 Mackenzie BENT / Dmitre RAZGULAJEVS(カナダ)133.27 PB
3 Sofia POLISHCHUK / Alexander VAKHNOV(ロシア)129.83 PB
4 Ksenia KONKINA / Georgy REVIYA(ロシア)129.01 PB
5 Chloe LEWIS / Logan BYE(アメリカ)128.25 PB
6 Payten HOWLAND / Simon-Pierre MALETTE-PAQUE(カナダ)124.36 PB
7 Ho Jung LEE / Richard Kang In KAM(韓国)121.62
8 Sarah Marine ROUFFANCHE / Geoffrey BRISSAUD(フランス)116.25 PB
9 Angelina SINKEVYCH / Yegor YEGOROV(ウクライナ)114.08 PB
10 Eliana GROPMAN / Ian SOMERVILLE(アメリカ)109.09 PB
11 Ria SCHWENDINGER / Valentin WUNDERLICH(ドイツ)105.32 PB
12 Gweneth SLETTEN / Elliot VERBURG(イギリス)99.90 PB
13 Matilda FRIEND / William BADAOUI(オーストラリア)86.57 PB
14 Kimberly WEI / Illias FOURATI(ハンガリー)83.08

ルイス&バイ
タンゴのプログラムでした。フリーレッグを見ていて女性が足を体の後ろ側に持ってくるときに力を入れていないからかプラプラして見えるんですよね。サーペンタインステップでは目立ちましたし、ダイアゴナルでも見られました。最後はコレオツイズルでした。でも女性がきれいに回れずにマイナスをつけているジャッジもいました。本来なら女性がきれいに回っているのを男性が囲むようにして滑るというような振付なんでしょうね。ちょっと締まりが足りない感じでした。同じ国でパーソンズがタンゴ滑るから比べられてしまうだろうなあ。

ベンラザ
女性が膝をついて止まった状態からのダンススピンなかなかないエレメンツで新鮮でした。ベントさんは立ち止まるときの方向転換でさえ雰囲気があるのですねさすがベントさん。点数にも出ていますが他のカップルよりも相対的にトランジションが低めなんですよね。僕のプログラムの好みは置いておいても緩めのプログラムに見えました。ステップがんばれ。

ポリヴァク
ロシア人はとりつかれたようにヴァネッサ・メイの剣の舞を滑るけど普通のを使ったら死んでしまうのか?この音源NHK教育の夕方にやってそうなんだよなー。丁寧に丁寧にエレメンツを行っていました。まだ若いのでそれでいいのです。

コンキナ&レヴィヤ
迫力のある冒頭のローテーショナルリフトは+3をつけているジャッジもいました。おなじみの原曲蹂躙代表月光様。1シーズンに複数見ないとフィギュアスケート見てる感じがしませんからね。サーペンタインの後のトランジションのアハッウフフッ俺を捕まえて見ろよっ!な振付はよかった。なんせ女の子が本当に子供みたいな細さなので、大人っぽくしすぎても非合法感が際立ってしまいます。

マクカー
マクナマラさんクネクネしてるううううううううううううううクドいクドいクドいいいいいいいいいよおおおおおおおおおおお!!!スタート10秒で分かる他のカップルとは比較にならないぐらいのスピードとリンキングフットワーク。前半のスピードがあるからこそ中盤のスローパートが際立ちます。やっぱスローパートってスピードがある選手だからこそ存在させて意味があるんですね。ローテーショナルリフトの後のトランジション好きだー。マクカーにしては変化球じゃない正統派プログラムなんですけど、やっぱり演技の仕方はマクカーのねちっこさが出てて初見の印象から随分よくなりました。ダンスのカルメンだとスカートはもっと長いことが多いですがマクナマラさんには短いのがぴったり。

今シーズンの4強マクカー、パーソンズ、ポポブラ、ロボドロを見てきてマクカーは一歩リードという感じ。パーソンズも洗練されています。ポポブラはちょっとウェイト的な問題がありそうな。ロボドロはプログラムが変わってるから滑り込みに期待。

ペアLP
1 Anastasia GUBANOVA / Alexei SINTSOV(ロシア)91.92 PB
2 Elena IVANOVA / Tagir KHAKIMOV(ロシア)88.35 PB
3 Joy WEINBERG / Maximiliano FERNANDEZ(アメリカ)87.89 PB
4 Bryn HOFFMAN / Bryce CHUDAK(カナダ)84.10 PB
5 Anastasia MISHINA / Vladislav MIRZOEV(ロシア)83.79 PB
6 Ye Ri KIM / Alex Kang Chan KAM(韓国)78.10 PB
7 Sarah ROSE / Joseph GOODPASTER(アメリカ)77.24 PB
8 Gabriella MARVALDI / Cody DOLKIEWICZ(アメリカ)74.79 PB

ペアリザルト
1 Anastasia GUBANOVA / Alexei SINTSOV(ロシア)140.16 PB
2 Joy WEINBERG / Maximiliano FERNANDEZ(アメリカ)136.62 PB
3 Elena IVANOVA / Tagir KHAKIMOV(ロシア)134.07 PB
4 Bryn HOFFMAN / Bryce CHUDAK(カナダ)129.34 PB
5 Anastasia MISHINA / Vladislav MIRZOEV(ロシア)128.01 PB
6 Ye Ri KIM / Alex Kang Chan KAM(韓国)124.56 PB
7 Sarah ROSE / Joseph GOODPASTER(アメリカ)120.89 PB
8 Gabriella MARVALDI / Cody DOLKIEWICZ(アメリカ)115.84 PB

ホフマン&チュダク
スターリフト上げるのがめちゃくちゃ上手い男の子。でも女性の空中のポジションはいただけない。カナダの女子シングルの選手はポジションきれいなことが多いのに、ことペアの女子に関してはリフトのポジションが世界の中でも目立って悪いという。これは何かあるのか。2Aのコンボはカウンターとロッカーから?ペアでもこういうことしなくちゃいけないのか。デススパイラルの前にわちゃわちゃしてから唐突なフィニッシュ。マイナスついてる。

グバノワ&シンツォフ
スロージャンプの投げ方が衝撃なんですけど、この組のスロー女性が腰落としすぎて座る勢いじゃないですか。ツイストはロシアペアにしてはそんなにかな?リバースラッソーの回転変えるときに落としそうだったから空いている方の手で押し戻したの笑ってしまった。あれは減点として捉えるジャッジはいるのだろうか。最後ポゥ!ポゥ!ポゥ!うるさかったけどマイコーの曲を1曲だけで通してしまう珍しいパターンでした。こんなの日本人でもやらないですよ。

エレーナ滾る組
男の子はタギルさん。滾るという感じをたぎると読むのを初めて知った。デススパイラルはアーチになってから2回転完全にしていないから点数もらえなかったのかなあ。かなり高かったですしね、やっぱりバックアウトは地獄。ダルタニアンでジュスイマラード挟んでる。変な組み合わせだけどいいかなー・・・・・メリハリも効いているし・・・・・と思ったら何だ最終盤のポップな音源。尺が超余ってしまった。グバノワさんたちと同門なのかー。

ジョイさん&マキシミリアーノさん
メガネコーチのバレエ趣味(があるかは知らないけど)プログラム。男の子がめっちゃジャンプした。1番ペアっぽいというか大会で見る感じのペア。全米選手権での情景が浮かぶ。キャリーリフトはこのチームのドヤりには欠かせないからジュニアでも入っているんですね。でもドヤりポイントはそこではなくてスロージャンプのところみたい。ミスは多くはなかったけれど基礎点が届かなかったです。グバノワさんたちとは9点も違いました。女の子が15歳かーーーまだ大きくなるかなーーー。男の子がペア男子としては驚異の169cm(と正直に書いているのが偉い)という小ささなのでどこまで持つのかと考えてしまいます。

女子LP
1 Yuna SHIRAIWA(日本)108.24 PB
2 Valeriya MIKHAILOVA(ロシア)101.59 PB
3 Vivian LE(アメリカ)98.71
4 Marin HONDA(日本)95.39 PB
5 Anni JÄRVENPÄÄ(フィンランド)94.80 PB
6 Ekaterina MITROFANOVA(ロシア)91.68 PB
7 Paige RYDBERG(アメリカ)90.44 PB
8 Na Hyun KIM(韓国)88.07
9 Amy LIN(中華民国)79.86 PB
10 Kailani CRAINE(オーストラリア)76.59
11 Anastasia GALUSTYAN(アルメニア)72.85
12 Ha Nul KIM(韓国)72.00 PB
13 Nina OUELLETTE(アメリカ)69.03 PB
14 Alizee CROZET(フランス)68.44 PB
15 Lea Johanna DASTICH(ドイツ)67.95
16 Emy DECELLES(カナダ)67.63 PB
17 Chloe ING(シンガポール)66.81
18 Kathryn WINSTANLEY(南アフリカ)63.74 PB
19 Anna LITVINENKO(イギリス)62.55 PB
20 Joanna SO(香港)60.73 PB
21 Sofia DEL RIO(メキシコ)59.96 PB
22 Gabriella VINOKUR(イスラエル)59.30 PB
23 Minglu ZHAO(中国)57.12 PB
24 Promsan RATTANADILOK NA PHUKET(タイ)54.84 PB
25 Preeya LAUD(ニュージーランド)47.99 PB
26 Florencia LIN(アルゼンチン)31.43
27 Rachel Jia En LEONG(マレーシア)31.16 PB
28 Shreya SAHA DALAL(インド)31.07 PB
29 Tasya P. P. SETIABUDIAWAN(インドネシア)30.12 PB

女子リザルト
1 Yuna SHIRAIWA(日本)164.50 PB
2 Marin HONDA(日本)156.44 PB
3 Vivian LE(アメリカ)156.08
4 Valeriya MIKHAILOVA(ロシア)152.22 PB
5 Paige RYDBERG(アメリカ)149.12 PB
6 Ekaterina MITROFANOVA(ロシア)149.02 PB
7 Anni JÄRVENPÄÄ(フィンランド)142.86 PB
8 Na Hyun KIM(韓国)137.69
9 Nina OUELLETTE(アメリカ)120.00 PB
10 Amy LIN(中華民国)119.61 PB
11 Anastasia GALUSTYAN(アルメニア)118.96
12 Kailani CRAINE(オーストラリア)118.60
13 Ha Nul KIM(韓国)118.41 PB
14 Emy DECELLES(カナダ)112.11 PB
15 Lea Johanna DASTICH(ドイツ)106.83
16 Chloe ING(シンガポール)106.74
17 Alizee CROZET(フランス)100.81 PB
18 Kathryn WINSTANLEY(南アフリカ)98.59 PB
19 Sofia DEL RIO(メキシコ)98.45 PB
20 Anna LITVINENKO(イギリス)97.67 PB
21 Joanna SO(香港)95.61 PB
22 Gabriella VINOKUR(イスラエル)95.30 PB
23 Minglu ZHAO(中国)91.31 PB
24 Promsan RATTANADILOK NA PHUKET(タイ)83.31 PB
25 Preeya LAUD(ニュージーランド)73.55 PB
26 Shreya SAHA DALAL(インド)51.70 PB
27 Rachel Jia En LEONG(マレーシア)51.51 PB
28 Florencia LIN(アルゼンチン)50.89
29 Tasya P. P. SETIABUDIAWAN (インドネシア)47.39 PB
WD Samantha CABILES(フィリピン)

クレイン
3F 3Lz-2T 3Lo-1Lo-3S 3Lz fall 2A-2Lo 3Lo 2A
クレインさんのルッツの跳び方はヘンテコで癖があります。足を突き出してトゥをつかないでスケーティングレッグの近くにガスッと突き刺すような感じ。そんなので跳べるのか。3Fも同じようにトゥをつく位置がスケーティングレッグに近すぎて幅が出ずに回りきれないで降りてきちゃう感じ。これから体系変化がやってくると回転不足が常態化してきそうな。ロミジュリ多いわー。

ハヌル
3Lz so 3S 2A 3F 3Lo fall 2Lz<< 2A-2T<<
3Lz-3Loを予定していましたが入れられずでした。後半の3つのジャンプにコンボを入れようとしていたのですが力んで、力んで、最後も3Tにしようとしてまた力んで結局全て失敗してしまいました。若いからこれも経験でしょう。韓国女子なのに衣装がキメキメじゃなくてジュニアっぽいところがいいね。しっとり系女子じゃないのも韓国スタンダードから外れている。

ヤルヴェンパー
3Lz 2A-3T shaky 3S-2T-2Lo 1F 3S hd 3T 2A-2Lo
3Loが跳べないキーラ・コルピさんのような。背中の水着の跡が目立つ。若い。フラフラしてる感じも若い頃のキーラ・コルピさんのよう。いい演技で喜んででかわいい。

ミハイロワ
3F-3T 3Lo 3Lz 2A-1Lo-3S 3F-2T tano 3S 2A
ジャンプは全て入りました。スケートが進んで行かないのは問題ではあるのですが失敗しないのは大事。ガッツポーズも出ていました。PCSは出ないなーでもスケーティングスキルが1番上なのか。よく分からん。

ナヒュン
3Lo-3Lo 3F 2A-3T 2F 3S-2T 3Lz 2A
テンポが気になる華麗なるギャツビーでした。体が細すぎて心配になる。韓国選手は細い選手たくさんいるけど他とは違う薄幸感が・・・1960年代のドラマに出てきそうなキャラクター。そういうプログラム演じましょうか。

エイミーさん
3Lz fall 3F fall 3S fall 1F 3T 1A<< 3T-2T
プログラムどうこうではなくて最初の3連続転倒が強烈でした。そして突発的に曲が終了。なんだったんだこの3分半は。

ガルスチャン
3Lz fall 3F-2T 3Lo 1A 3Lz 3F 3S fall
謎衣装。なんかいろいろ間違えている気がする。コーチのおっさんたちにアドバイスを求めるのは酷だろう。ステップの表現とか頑張っているのに何か足りない。気持ちはすごく伝わってくるし、点数出て欲しい!って思うのに。

ヴィヴィアン
3Lz fall 3Lo 2A-3T 3Lz-2T 3F 2Lz 2A fall
豪快で高さのある・・・転倒。2Aも豪快な転倒だけど復帰も早かった。高地での転倒は体力を使ってしまうのか前のような動きのよさはなかったです。残念。確実に跳べるトリプルの種類が少ないから失敗すると点数は出ないですね。

ミトロファノワ
3Lz hd 3F 3Lo 3Lz fall 2A-3T so 2A-2T tano 3S
タンゴにエレキギターが入ってくるというさすがロシアな音源。抹茶色のドレスに赤い花。ジプシー音楽ということもなくタンゴなんですよね。こういう変な感じは嫌いじゃないですけど。もうちょっと滑らないとなあ・・・ダビダビの生徒みんな滑らないなあ。

ウェレット
3Lz-3T 2A-3T fall 3F fall 2Lz 3Lz fall 3S 1A df
あああ・・・ミスサイゴン失敗たくさん。彼女もヴィヴィアンと同じでルッツ3回の構成でした。回転足りないところもありましたし厳しいねえ。こういう雰囲気押しのプログラムはとにかくジャンプ決めないと点数が出づらいと思います。

真凛
3Lz 2A-3T 2A 3F df 3S 3Lo to 3F to
演技途中でタイツがめくれあがっていました。これは演技に影響したでしょうか。失敗していないジャンプも堪えたような形が多かったのでGOEでプラスは望めなさそう。コンボをつけようとしていて失敗をしたのかもしれませんね後半のジャンプさんたち。このパターンさっきもあったぞ。なんでビートルジュースなんだろう。0.32点差でヴィヴィアンかわした。あぶい。

白岩
3F-3T 3S-3Lo 3Lz fall 2A 3Lo 3Lz-2T-2Lo 2A
ぴやあああああああああああああああああああああああセカンドトリプルマスタアアアアアアアアアアアアア3Lzの転倒はあれだったけど後半の3Lzコンボはちゃんと入りました。3Loの助走テラ短い。あれだなーディクソンはやっぱり音源選択センスが抜群だわ。アメリカ人選手よりも日本人選手に振付してる方が合ってる気がします。喜んでる。

ライドバーグ
2A 3F-2T-2Lo 2A fall 3Lo 3T-2T 3S 3F so
応援するキャップをかぶった姐さん。まとめれば優勝行けるぞってところでしたが今日のリンクは安定している選手でさえ失敗が出るのでね。3Lzもセカンドトリプルもない構成で失敗してしまうとねえ。抑え気味にしてジャンプに集中した演技でした。それにしても美人だ。美人に生まれると人生楽しいんだろうなあ。

女子大爆発大会。ジュニアは水物ですけどここまでは近年ではなかなか見ないです。その中でチームハマコーがワンツーですよ。2人ともディクソンから振付してもらっているのでコロラドでやることにそんなに苦労はしなかったのかもしれない。ただコロラドはもういいですわ。ずっとトレーニングスペースであり続けてください。

しらいわ

かわいいにんげん


今季初の自撮り

今季初めて見た自撮り(ラザグリアエフのやつ)


さーて来週の顔ぶれは?アリエフ、ネイサン、樋口、三原、ソツコワ、ロボドロだよ!ファイナルに向けての激しい潰し合いがいよいよ本格化するよ!ダンスはどこの組が2番に入るかでこれからの戦いが大きく変わるよ!サハノヴィッチ他の大会に行ったよ!オーストリアは大会規模が一番大きいよ!
コメント
ゆりあさんへ

ディクソンの振付丁寧で素敵ですよね。

タイツにはそういうものがあるんですか。タイツがズレても演技に影響はしないでしょうが視線に入ってしまうと気になって集中ができないかもしれませんね。
6番dot 2015.09.09 07:47 | 編集
ねねさんへ

日本女子も次から次へと出てきますね。ちょうどフィギュアスケートブームのときに始めた子たちがジュニアに出てくる時期ですね。これから数年楽しめそうです。
6番dot 2015.09.09 07:40 | 編集
ディクソンの振り付け昔から好きですよ~
アメリカって結構アームスや上半身の動きが大雑把なんだけど、ディクソンはそこを綺麗に見せるような気がします。
古いけど、アボット兄さんのエイト・シーズンズとか仮面舞踏会もすっごい素敵な振り付けでした!キムヨナのロクサーヌのタンゴ(ジュニアからシニアに上がった時)もそうじゃなかったかな?

まりんちゃんのタイツ
オーバーブーツ型はマジックテープ付きのと単に被せるタイプのがありますが、彼女のは後者で、選手はぬかりなく被せてるはずですが、サイズや足首等の屈伸で練習中でも上がってくることがあります。
ただ、今回はスタート時点で既に左足が浅かったので、被せ方が甘かったかな?右はスパイラル時に手で踵を持ち触った時に外れましたね
点に響いたか不明ですが、印象良くないのは確かかも
バッジテスト時でも、ジャッジが目の前で審査するので「靴のキズは白く塗って来い」「タイツは汚れや小さな穴でもNG」と指示するコーチはいますから。
ゆりあdot 2015.09.06 15:11 | 編集
6番さま、こんにちは。

動画サイトで2人の演技観ました。白岩さんすごいですね!3S-3Lなんてコンビ初めて見たかも…。ルッツで転倒はしましたが、苦手感はないように思えました。
真凜ちゃんは、SPが素晴らしかったのでFSは少し残念でしたが、両方揃えられれば次はきっと!それにPCSは一番取れていたので、これは次の武器にもなると思います。

次々と選手が出てくるロシアを評して「恐ロシア」って言うことが多いですが(ホントに恐ろしい…)、他の国から見たら日本も十分恐ろしいかも(笑)
特に今年になってまた選手が増えてますし。

今年も苦しくも楽しみな季節が始まりましたね。
6番さまの感想UP楽しみにしております。
ねねdot 2015.09.06 15:04 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top