2015
08.06

グレイシャーフォールズの感想

毎シーズン新プロがたくさん見られるグレイシャーフォールズ。

グレイシー・ゴールド
SP:エル・チョクロ
LP:火の鳥

すでにインスタグラムでプログラムは発表していたゴールド。

ネットで見た衣装はSPの方でした。またお高そうなやつをお召しに。胸に花束をそのまま持ってきました?スカートがシングルとしては長めなんですけど左右で長さを変えているから動きにくさはないのかもしれない。ステップからのジャンプは3Fに変えました。ステップからじゃない3Loは看過できないレベルだったから嬉しい。腕をバサッと開くのはかっこいいけれど、今は体が振り回されているように見えます。素敵になる余地は十分にあります。

LPの火の鳥は今までの彼女よりも洗練されて流れが生まれたように見えました。スタートのところの単にスリーターンをするところでも雰囲気が出せています。3Loの後の緩急の出し方もいい。ステップでガニマタをする箇所があるんですけどローリーはガニマタ好きなの?カロリーナの素敵なピアノ協奏曲のガニマタ思い出します。ステップはスパイラルで出る工夫をしていました、んでもって2A。2つ目のコンビネーションの方の2Aの前の体を傾ける鳥さん風振付はもう少し綺麗にこなせそう。ジャンプに意識があってやっつけ感が。3Fのエッジはアウトサイドになっています。昨シーズンの後半の方がいいエッジだったけどまだ8月だからオッケー。コレオシークエンスでの肩から腕の動き上達してます。こんなに上手にできるとは。今まで見てきた彼女の5つのLPの中で一番いいと思います。シーズンのこの時点ですでにその印象。火の鳥>(オペラ座全米)>>ミッション>>>オペラ座>ライフイズビューティフル>>>眠れる森の美女。こんな感じ。フリーレッグを常にピンピン伸ばすんじゃなくて動きが小洒落てきました。ゴールドがアメリカの田舎の高校のクイーンビー感消してきた。わーいわーい。

ということで今シーズンの彼女のプログラムはすでに昨シーズンを超えましたので。はい。ローリーがいい仕事をした。

コートニー・ヒックス
SP:The feeling begins
LP:エリザベス・ゴールデンエイジ

アルビノーニのアダージョじゃなくてフィーリングビギンズでした。間違えていましたごめんなさい。衣装はまだ出来上がっていないようです。3Fの後にターンが入ったのに問題なく3Tをつけられるジャンプ力。男子かよ。3Lz~アウトサイドイーグル~インサイドイーグル~キック!~2A~キャッチフットツイズル~即座にステップシークエンス。ここはすごい。まだ前半のトランジションやステップなんかが消化できていないので滑り込みはこれから。インサイドイーグルはカサーっぽいなと思いました。はい、これはカサーの振付です。

LPで新たに3Aに挑戦してきました。ダウングレードレベルではありますが抜けじゃないってのはテンションが上がります。挑まないと成功しない!元々4Sを試合で挑戦していたジャンプ力のある選手ですからね。昨シーズンのアンナ・カレーニナからのエレガントな路線は続きます。でもこちらの方がドラマティック強めです。完璧さ聡明さだけではなく、映画の中で描かれていた侍女への嫉妬・横暴さを見せる人間臭さ、スペインとの戦争への苦悩、決意、弱さを見せながらも自己に打ち勝つ強さ、いろんなものを含めた表現をしようとしているんじゃないかと思います。割と見やすい映画なので歴史物苦手でも大丈夫です。でもこんな暗い色の衣装でいいんかな。オレンジはーーー肌の色に合わないか。

ダニエル・サモーヒン
SP:Still Loving You(続行)

すでにフィラデルフィアの試合に出てこれで2試合目。昨シーズンのユーロから急激に上手になりました。SPは2クワドで行くんでしょうか。ジャンプに高さがあって安定感があります。衣装は変えないか?SPのやつ。衣装センスは北米で練習してもユーロなんだなー。

リチャード・ドーンブッシュ
SP:Come what may

SPだけに出場したドンブー。この曲はこの曲はムーランルージュじゃないですか!もおおおおおおおおおおおおおおおおムーランルージュの呪縛ううううううううううううううううう!でもYour songとロクサーヌじゃないのが救い。もうこれ以上受付できませーん。ポテンシャル厨的観点で見るとドンブーの滑りはたまらないし、曲の押し付けがましいぐらいの壮大で普通の歌詞にもよく合います。ジャンプさえ決まってくれれば。ああ全米。

グラント・ホックスタイン
SP:Due Tramonti
LP:レ・ミゼラブル

SPの3Aからイナバウアー、レンジからキャメルスピンの流れ美しいなあ。ジュニア時代からスピンが上手でキャメルがやっつけ要素にならないのは男子ではデカい。

LPでは昨シーズン、スウィートハートキャロライン・ジャンさんが滑っていたレミゼを滑るホルスタインさん。ブリンヒームホームとワンデイモーの2つです。物語としては順番逆なんですけど、そんなこと言ってたらフィギュアスケート見ていられない。3Fがシングルになった以外はミスがありませんでした。3連続の最後は3Sにするのかもしれませんが大きなミスではありませんね。ほぼ完璧な状態で体力も浪費していない演技だったのですが、ホルスタインさんジュニア時代からスケーティングの進歩が見られないところはうーん。キャロラインもそうだけどオペガードはそこは教えられないコーチなのか能力の限界なのか。エッジを倒してもすぐにフラットに戻ってしまう。

ブレンダン・ケリー
LP:ベートーヴェンの5つの秘密

インスタグラムで練習映像をアップしているのを見たとき、「これはスケーティング上手になってる系美青年?」と思っていましたが本当にタッチがきれいになっているとは。しっかりと滑っているのをジャッジにアピールする戦法で行くのかいいぞいいぞ・・・と思ったら安定のスピンと後半バテバテ。ああやっぱり彼だなあ。トゥループ3回、アクセル4回というとても偏った構成でした。

ジェイソン・ブラウン
SP:Love is blindness
LP:ピアノレッスン

フェイスブックで見た映像で密度の濃さがえげつなかったSP。ジャンプを3つとも転倒してしまったので本来の動きが見られませんでしたが、ステップどんだけ動かせるんだ、どんだけひねらせるんだ、どんだけ方向転換させるんだ。というぐらいにいろいろなことをさせていました。鬼。

LPは今シーズン2回目。シャツにパンツに・・・みたいな衣装を用意すると思っていましたが、ミスコンのたすきみたいなもののついた寒色のひらひら衣装。ストーリーではなくてもっと精神的なものを演じているのか?リズムが取り辛くて演じるのが難しそうな曲だけど彼の美しいスパイラルやスピンがそれをカバーします。ジャンプがおまけみたいな。ほんと別の競技を見ているような気持ちにさせられます。表現の格が一つ上がったような。点数がたくさんもらえそう。

ポリーナ・エドモンズ
SP:月光

SPの衣装は露出度がいつもより高めの黒。8月だけど体は締まっております。昨シーズンのGPSのときの下半身よりも締まってます。どんだけ食事制限してるんだろう。3Fのエッジは今回よかったんじゃないかと思います。多分とられないやつ。ステップになると動きが緩慢になるので振付として止まりかけるけど止まらないみたいな構成にしたのは正解だと思います。彼女のステップでずっと滑り続けていると終盤で間延びした印象になると思うので。

ネイサン・チェン
SP:マイケルメドレー
LP:交響曲第3番

KKZ(kantanna kao zoku)アメリカ支局局長補佐ネイサン。

ネイサンに3Aが戻ってきたのは嬉しい。んでもってクワドも入れられています。全米のときは理解のできないクソプロだと思っていたマイコーメドレーでしたが前半のスマイルのときの体の動かし方なんか、やっぱりすごく素敵で力が抜けて見ていて気持ちがいいです。スムースクリミナルは一転踊りまくっています。こちらもきちんとできています。この2曲を組み合わせる必然性が理解できないのは以前そうなんですけど、まあ、いいか。昨シーズンより断然いいから。

4T-3T 4T 1A-2T 3A 3Lz-2Lo-2Lo 3Lo 3F 3S
すでにバキバキにジャンプが仕上がっていたLPでした。アクセルが一つ抜けた以外全て成功しました。全米選手権でこれぐらいやったら世界選手権の代表なっちゃうんじゃないかと思います。公判の3Lz以下のトリプルはステップのようにポンポコポンと降りてゆきました。刺身のつまとタンポポみたいなものですね。

ティモシー・ドレンスキー
SP:ニューシネマパラダイス

Pさんのネームバリューが圧倒的だからあれなんですけど、ドレンスキーさんはPさんを凌駕する巨乳の持ち主で左右の胸板の間にくっきりと谷間が存在します。右乳と左乳が板チョコみたいになってるんです。自分で作曲する、いいとこの男ばかり4人兄弟のドレンスキーさん。自作自演お坊ちゃん巨乳キャラ定着させよう。

ドレンスキーさんのSP見るのすでに3回目なんですが。8月で3回目て。ドレンスキーさん癖がなくてノーブルな滑りをする選手なんですけど、何か指摘をするとすればどこだろうなあ。指先まで伸ばしきる前に腕が次の動きに移行しているから"決まった"感がないのかなあ。それとも僕がジョシュ・グローバンに飽きてしまったからそう見えるのか?

カレン・チェン
SP:誰も寝てはならぬ

今シーズン三大禁止曲登場。膝にいつぞやクリスがつけていたようなサポーターをつけていますが大丈夫でしょうか。5ヶ月の間に一気に体系変化が訪れて体が丸くなりました。ただでさえセカンドトリプルの回転が足りていない状態だったので今シーズンは厳しい戦いが予想されます。2Aで転倒してレイバックスピンが回りきれませんでした。プログラムが普通すぎる気も。

あと2週間でJGPS始まります。バイオも今シーズン用への更新が始まっています。クイーン、プッチーニ、ロミジュリの監視しないといけないです。
コメント
さくさくさんへ

年々参加する選手が豪華になってきて楽しいですよね。ここ数年見逃せない試合へとなりました。アメリカのトップ選手がうろうろだなんて・・・そこにワープしたいです。
6番dot 2015.08.08 17:37 | 編集
娘(ちびっこ)がグレイシアに参加したことがありますが、すごく楽しい試合です。エリートスケーターたちが普通にうろうろしています。スケート好きな方にはたまらない試合だと思います。
さくさくdot 2015.08.08 16:50 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top