Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

クリスティーナ・ガオ 引退

2

http://web.icenetwork.com/news/2015/06/17/131001090

クリスティーナ・ガオが引退を発表しました。フェードアウトではなく、きちんとコメント出してくれてよかった。2014年の全米選手権の後引退も考えたが、これでまだ終わりじゃないと考え今シーズン続ける決意。上海でのインターンシップで練習ができなくなる可能性があったけれど、リンクを見つけ8月に振付をし、シーズンに間に合わせました。2つのグランプリシリーズは「自分ではない」と思えるほどの出来だった。全米のフリーは滑走順が早くて、映像が見られないかもしれないけれど、でも自分にとっては特別で「これが私なんだ」と思うことができた。とガオーさん。この夏には銀行でインターンシップをして、最高学府ハーバードに戻るガオーさん。優秀な彼女には無限の可能性があることでしょう。

ソトニコワやリーザとともにジュニアを牽引していた2010-2011シーズン、ジャンプ力のある2人とは違い、シャープで大人な雰囲気の彼女にはまた違った魅力があり、彼女たちに対抗できる唯一の存在とも感じておりました。オーサーのところにいたときはスピードやジャンプ力がついたけれど、どこかユナのコピーのような雰囲気もありました。しかし進学のためにアメリカに戻ってきてからは、カナダで得たものを個性に変えノーブルな雰囲気のスケーターに成長しました。2012年のスケートアメリカで銀メダルを獲得しましたが、それよりも彼女が変わったのはその次のエリック・ボンパール杯からじゃないかと思います。全米選手権では5位が4回で、結局メダルをとることはできませんでした。細いスタイルの彼女ですら、体系変化に苦しんだこともありました。でも最後の全米選手権は笑顔で終えました。素敵な衣装でも楽しませてくれました。さようならガオーさん。

2 Comments

6番 says..."匿名のIさんへ"
匿名のIさんへ

間違いなくスタイル番長でした。ただ細いだけならすごくはないですけど、彼女はスポーツ選手ですからね。それであのスタイルをキープしていたのは奇跡的でした。

衣装も大好きでした。アメリカらしい元気元気元気!なものとは違ってモードっぽさもある品もある素敵な衣装の数々でした。
2015.06.22 07:36 | URL | #q2p5Nno. [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.06.21 15:55 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。