Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

ISUコミュニケーション1944

4

http://static.isu.org/media/207718/1944-sptc-sov-communication-2015-2016.pdf

アサイン前に基礎点・レベル要件の変更が発表です。出たかと思っておっとっとっとってなりました。

*主な基礎点の変更
3T 4.1→4.3
3S 4.3→4.4
3A< 6.0→5.9
4T< 7.2→8.0
4S< 7.4→8.1
グループ3~5のリフト全て 0.5アップ
ダブルツイスト~クワドツイスト 0.2~0.5アップ
スロー3A 7.5→7.7
スロー4T、4S 8.0→8.2
スロー4Lo 8.5→8.7

*今までのV1がV、V2がV1の表記になった(要件に変化はない)

*ステップのレベル4の用件となると難しい3つのターンの組み合わせを2種類やるというのは、別々の足でやらなくてはいけなくなった。
*ターン(スリー、ツイズル、ブラケット、ループ、カウンター、ロッカー)とステップ(トゥステップ、シャッセ、モホーク、チョクトー、エッジの変更を伴うカーブ、クロスロール)という分け方によるレベルの上げ方から、難しいターンとステップ(ツイズル、ブラケット、ループ、カウンター、ロッカー、チョクトー)という分け方によるレベルの上げ方に変更
レベル1 5個のターンと2個のステップ→5個の難しいターンとステップ
レベル2 7個のターンと4個のステップ→7個の難しいターンとステップ
レベル3 9個のターンと4個のステップ→9個の難しいターンとステップ
レベル4 異なる5種類のターン(全てを両方向)と3種類のステップ(全てを両方向)→11個の難しいターンとステップ、そのうち5種類は両方向を
に変更。スリー、トゥステップ、シャッセ、モホーク、チェンジエッジ、クロスロールはレベル上げ要件には含まれなくなり、難しいターン、ステップのみを正確に行われないとレベルが上げられなくなった。

*ツイストリフトの難しいテイクオフがレベル上げ要件から削除
*ペアのステップのレベル上げのステップの要件がシングルと統一(今シーズンまではツイズルが使えなかった)

こんなものでしょうか。ダブルジャンプのザヤ対策については追加で7月あたりに出てくるんじゃないかと思います。

今回のルール変更で点数が伸びやすくなるのはペアです。3T、3S、リフト・ツイスト・スローの基礎点が上がりましたから。ツイストのレベルが取りにくくなった分、そこはひとつ下のレベルになるでしょうが。

クワドのコケまくり対策に乗り出したので、GOEの減点が1.0、2.0、3.0だったのが1.2、2.4、4.0となりました。妥当なところで落ち着いたと思います。-3されるってことは転倒や複合エラーでジャンプの体を成していないので、これぐらい引いていいと思います。昨シーズンと例えば4Tを比較すると。
4T fall 10.3-3.0-1.0=6.3 → 10.3-4.0-1.0=5.3
4T< fall 7.2-3.0-1.0=3.2 → 8.0→4.0-1.0=3.0
4T<< fall 4.1-2.1-1.0=1.0 → 4.3-2.1-1.0=1.2
このようになります。転倒しても3Lzの基礎点よりも高いスコアをもらえるのは「こりゃねえな」と思っていたので、これは嬉しいルール改正です。ものすごーーーく厳しくなったわけでもないですし。僕はジャンプのディダクション1.5というのを導入して欲しかったですけど、これならいらないな。

ステップは簡単なものがレベル上げに使えなくなった分、しっかりと踏むことが要求されます。必要となる数自体は減ったのでダラダラと長いステップがひょっとしたら減るかもしれない。レベル4は「両足で」という文言が加わって、レベル4連発の締め上げだと推察できます。

不満なのが3Tと3Sの基礎点の差で、3Sをペアで入れている選手に全く利点がないところなのです。これは男子のクワド乱発の煽りを受けて、ダウングレード時のトゥやサルコウの基礎点を下げきれないというところでこうなったんだろうなと思います。ペアとシングルの基礎点分けちゃえばいいのに。あとはよかった。

訳し間違えてるかもしれないけれど、参考程度にどうぞ。

4 Comments

6番 says..."megumiさんへ"
megumiさんへ

項目の中でGOEのマイナスが「これでなければならない」と指定されているのはSPのコンビネーションジャンプが単独になったときの-3だけですね。「プラスにしてはいけない」と書いていないのだから、プラスでもいいと思います。そうなると、実質今シーズンまでと変わりはないのではないかと思います。ただ厳しいジャッジはめちゃくちゃ厳しく取るようになるだろうし、自国の選手が出ていたらめちゃくちゃ甘いGOEをつけるジャッジは出てきそうだなと思います。より各々の裁量に重きを置かれるようにり、正確な運用が求められますね。
2015.06.16 19:17 | URL | #q2p5Nno. [edit]
megumi says...""
来季の変更点についてですが

エラー項目に関して従来まであった
「最終GOEは±に制約されないエラー」と
「最終GOEが必ず-になるエラー」の表記が無くなったようですね。

エラー項目に関して
「『GOE-3』と指定されているもの以外は加点に相当する項目があれば加味して良いことになっていたと思うのですが
今後はエラー項目が1つでもあれば最終GOEは必ず-評価になるという事なのでしょうか?

女子は難度の高い3-3をプログラムに入れる選手がいる一方でURでも判定を受ける選手は多くいますし
ルッツ、フリップに関しては正しく跳びわけできる選手は数えるほどしかいないという現状です
!判定や<判定でもGOEで減点となってしまうと
ちょっと厳しいなぁ…と思います
e判定を受けているジャンプを回避する選手も既に出てきているので
今回のルール変更で、またセカンド3回転、踏切違反を受けるジャンプを回避する選手が続出してしまうのではないかとも思うのですが
2015.06.16 16:12 | URL | #djnh.SQU [edit]
6番 says..."匿名のYさんへ"
匿名のYさんへ

それもありますかね。セカンドやサードに3Tと3Sを入れる機会が増えましたものね。こうなると来シーズンはさらに-1Lo-3S連発の予感が。
2015.06.15 22:47 | URL | #q2p5Nno. [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.06.15 21:59 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。