2015
06.13

おい、ゲヤゲ

ブルーノ・マッソーのドイツのリリースがフランス連盟から拒否され、ティファニー・ザホルスキーもリリースが拒否され続けている問題。フランス連盟・ゲヤゲアンチの僕としてはこれは許せない。選手の利益にならない。リリースを拒否したところで選手がフランスにとどまるはずがない。若い選手の貴重な1年2年を潰していいのか。ここではフランス連盟とゲヤゲをひらすら批判します。だから世界に3人ぐらいいるゲヤゲファンのみなさんごめんなさい。

*世界選手権の出場者で見てみよう
外国出身・過去に他国代表になった経験のある選手がいる組数
2015年 ペア 8/19 アイスダンス 15/30
2014年 ペア 9/23 アイスダンス 15/33
2013年 ペア 8/18 アイスダンス 16/29
2012年 ペア 10/23 アイスダンス 20/38
2011年 ペア 9/22 アイスダンス 14/32
2010年 ペア 10/25 アイスダンス 10/27
2009年 ペア 11/25 アイスダンス 9/30
2008年 ペア 9/21 アイスダンス 14/31
2007年 ペア 10/22 アイスダンス 14/29
2006年 ペア 7/20 アイスダンス 14/30

一番割合の低いのが2009年のアイスダンス30%、一番高いのが2013年のアイスダンス55%。4割切ることはほぼなくて5割を超えたのが3度だったので、外国出身・移籍が占める割合は4割強となります。これがいかに高いかお分かり?ゲヤゲ。

*そもそもフランスも自前の選手じゃねえだろ
今シーズンのフランス選手権の結果を見ると・・・
ペア
1 Vanessa James & Morgan Cipres←女の子がカナダ人
2 Daria Popova & Andrei Novoselov←両方ロシア人
アイスダンス
1 Gabriella Papadakis & Guillaume Cizeron
2 Marie-Jade Lauriault & Romain Le Gac←女の子がカナダ人
3 Peroline Ojardias & Michael Bramante←男の子がアメリカ人
4 Lorenza Alessandrini & Pierre Souquet←女の子がイタリア人
5 Laureline Aubry & Kevin Bellingard

両方ロシア人のペア持っといてよく言えたもんだ。過去に目をやるとマリナ・アニシナはロシア人、ロイド・ジョーンズはイギリス人、ティファニー・ザホルスキーはイギリス人だったし、裸でアクロバットするあの子はウクライナ人。ゴッリゴリの輸入大国じゃねえか!ふざけんな!

*選手の母ちゃん憤怒
IFSに載っていたマッソー母ちゃんのコメントによると、フランス連盟はフランスで競技できるようになるまで一切の支援を提案することすらしなかったのに、ドイツ連盟はそれなしで支援をしてくれたとのこと。「試合に出てもいないんだから、強化指定受けられなくてあたりまえじゃーん」と言うのはね、ちょっと違うんですよね。彼らはアイスショーにも出られないわけです。去年の春一度アイスショーに出ただけで、その後フランス連盟がリリースを拒否したのでショー出演不可になりました。ショーに出るには引退するしかないです。食い扶持が奪われているんです。そりゃ母ちゃんとしては怒るでしょうよ。FSUではティファニー・ザホルスキーの母ちゃんも怒ってるし。どんだけだよフランス。本当に何がしたいの?

ではファンにできることは何か。何もないですねえ。母ちゃんたちがインターネット署名でも始めてくれればぜひ協力したいし、ブログでもガンガン呼びかけたいと思うのですけど。直筆署名がいるなら切手貼ってフランス連盟に送りつけます。

あああああああああああああああああああああああああああああゲヤゲえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
コメント
highaimsさんへ

フィギュアスケート自体の競技規模が小さいので、そういう組織を作っても形骸化してしまいそうなのがね。10代、20代の人間が集まってもできることには限界があるし、簡単に意見が変えられてしまいそう。2年間も無駄になるなんて本当にバカげています。ISUから「お前バカか?」ぐらい言ってもらえたらいいんですけど、それもないでしょうし。
6番dot 2015.06.14 01:12 | 編集
がぶりんちょさんへ

日本は大変厳しい状況ですね。外国から移籍してくれば日系でない限りはオリンピック出場はできないわけですから。そこは目指さないと割り切れる選手がどれだけいるか。
6番dot 2015.06.14 01:09 | 編集
名無しさんへ

本当ですよ。ペアは競技年齢が伸びてベテラン最盛期だというのに。しかも「フランス所属になるなら支援してやらなくもないけど?」的スタンスが腹立ちます。「終わった選手」なんて最低なこと言っておいてですよ。失脚祈願。
6番dot 2015.06.14 00:51 | 編集
ファンは何もできないけど、各国の他の選手やコーチ人たちも何もできないんでしょうか…スケーター達で各連盟から独立したユニオンを結成してフランスのスケ連に訴えるとかできれば良いのに…
ソチ後にほぼ一番早く結成を発表したペアが未だに試合に出れないなんて、馬鹿げた話ですよね。
highaimsdot 2015.06.13 23:49 | 編集
2割ぐらいかと思っていたので案外多くて驚きです。また、ペアは世界的に選手人口が少ないので相棒を外国にまで求めるのも分かりますが、アイスダンスも同じ割合なんですね。
今回はフランス連盟の対応の件ですが、こうして見ると、日本のペアダンスが普及しにくいのも分かります。国籍取得やリンク環境、言語などで外国人パートナーが制限される問題が多い。強豪国でも選手が国境越えてチームを模索するのに、日本はただでさえ他国よりカップル競技層が薄いのに厳しいですね。
がぶりんちょdot 2015.06.13 22:52 | 編集
今季のペアは、
ユーロの表彰台の真ん中には33歳と30歳、
四体陸は2位の女の子以外全員20代後半から35歳、
ワールドにいたっては、真ん中に29歳と30歳、3位には35歳と35歳、
ゲヤゲ聞いてるか!!!!さぁサフ子に言ったこと取り消すんだ!!!!!と叫んだものです。本当に何考えているのか分かりません(*`Д´*)
名無しさんdot 2015.06.13 19:49 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top