2015
05.01

2014-2015シーズン ジェイソン・ブラウン

Category: レビュー
ジェイソン・ブラウン

ネーベルホルン杯 優勝
スケートアメリカ 2位
ロステレコム杯 5位
全米選手権 優勝
四大陸選手権 6位
世界選手権 4位

SP:Juke
LP:トリスタンとイゾルデ
EX:コットンアイジョー
EX:ヒップホップミックス

モンスタートランジション度数が昨シーズンよりもさらに増したSP。僕はこちらの方が好きです。スタートしてリンクの右奥に行くまでの振付や方向転換がおしゃれ。彼のプログラムで一番難しい3Aの前ですら、ほとんどクロスをしなくなりました。スピンの足換えをウインドミルをしながらやるなんて化け物か。そのシットスピンの出方にも余裕があり、ヒゲダンスもして、お股パッカパカーもやってクドいぐらいの動きの鮮やかさです。3Fの後とステップの途中には「変なおじさん」もやってますから、これはひょっとして志村けんリスペクトプログラムなのでしょうか。一番クロスを入れているのが3Lzの前のバレエジャンプをやるための助走ですね。それ以外はもうパンパン。コンビネーションスピンの最後はヒックスさんの専売特許トゥイックスプレッツェルのような動きをしておりました。この昔のアメリカっぽい雰囲気が大好きなんです。30年代や40年代みたいな匂いがしてきます。

落ち着いた雰囲気から入るLP。3Aが終わってキャメルスピンに入ってもそれを保つのですが、音楽の盛り上がりと共に美しいキャッチフットのポジションで空気を一変させてギアを上げ2つ目のジャンプに入る、本当に構成が上手だなあと思います。コンビネーションスピンの回転のまま小さなジャンプをして、まるでステップのようにスピンを扱い、助走もほとんどなく3Loに入るのがすごい。SPもそうなんですけど、ステップが少し進まない感じはあります。足元見れば分かると思うんですけど、彼はインサイドエッジにほとんど体重をかけていないんです。だからトランジションの滑りも体重をかけるのはほとんどアウトサイドで、残りはフラット気味に滑っています。これが彼が多くの人から「スケーティングスキルがなあ・・・・・」と言われてしまう一番大きな要因ではないかと。僕もそう思います。これでインアウト両方使えるようになれば9点台に乗ってくるでしょう。プログラムの展開がさらにつけやすくなるし、もちろんスケーティングスキルの項目そのものが上がります。もちろんトップ選手に比べると~というレベルの話なんですけどね。後半のジャンプを一つ降りる度に、物語のページがめくられていく感じです。コレオシークエンスは彼に今までなかったような勇猛さや荒々しさを感じるいいものだったと思います。繊細なトランジションとも対比が出ていて効果的です。僕は衣装はどちらも好きです。2つ目のネイビーのパンツの方がスタイルがよく見えるかもしれませんが。ワールドではトランジションに10.00を出したジャッジがいました。点数が出にくいこの項目で出すのは素晴らしいことです。ジャンプの難易度が低いから入れやすいなんてのは分かりますけど、これも戦い方の一つですもの。4回転を除けば3Aと3Lz2回、3-3と3-1-3でジャンプ後半に6つのやりきった構成ですもの。4回転を2本3本入れているような選手でも、3Aを1つ抜いたり難しいトリプルを抜いていけば基礎点は下がっていきます。その上失敗が出ているわけですから、点数が出ないのは当たり前。それなのにクワドレスだからといって、それらの選手より点数が出ることに文句を言うなんてね・・・。演技とプロトコル見ろよって話。あのトランジションやタノ入れまくったジャンプで点数出なかったら、それこそ不正を疑います。入れられるレベルになってから、4回転を入れればいいんです。入れまくってグダグダになったワールドみたいなケースはこれからも起こり得ますよ。

3AはがSPで5/7、LPで8/14だったので成功率は61%でした。昨シーズンの成功率が47%だったので、だいぶ上がってきたということが分かります。来シーズンは7割に届いて欲しいなあ。

エキシビションも全く手を抜いておりません。コットンアイジョーといい、スーパーハビアメリカバージョンといいどこまでもアメリカな選曲でした。ブラウンの髪型の全貌を理解することもできました。来シーズンはこのアメリカンメドレーがスーパーハビのごとく「飽きた、もう飽きた」と言われることになるのでしょうか。
コメント
匿名のCさんへ

コメントありがとうございます。彼のジャンプは他の選手に比べると流れが足りないのかもしれませんね。それでもジュニア時代の止まりそうな着氷よりは、かなり改善してきたように思えるのですけど。さらに筋力がつけば変わってくるかもしれないので楽しみにしましょう。点数としては頭打ちの感ありますね。4回転を入れると2A→4Tで基礎点が7点上がって、また天井が変わってくるので、入れてこられる日を楽しみにしたいです。

うっかりしておりました。成績のところ訂正してきおました。ありがとうございます。
6番dot 2015.05.01 14:50 | 編集
highaimsさんへ

評判のいい振付師だからちょいちょいーっと依頼したというパターンでは、振付がしっくり来ないことが時々ありますから、知り尽くしているというのはいいですね。世界選手権やオリンピックのメダルを自力で取るとなると90+180=270ぐらいがラインになってくるでしょうから、クワドレスではこの点数は無理なので必要となってくるでしょうね。まだ3シーズンありますから気長に見守りたいです。
6番dot 2015.05.01 14:46 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2015.05.01 13:09 | 編集
連投で申し訳ない。毎回共感することが多くてついつい、です(^_^;)
ジェイソンの技術力を知り尽くしているからこそ彼の魅力を最大限に引き出すことができ、なおかつシーズンごとに色んなジャンルの作品を送り出しているロヒーン・ワード、彼の影の力はすごいですね。来シーズンはどんな作品を作り上げてくれるのか、今から楽しみでしょうがないスケーターの一人です!

作品的にはクワド無しでも十分なんですが、今後ワールド表彰台やオリンピック上位を狙うにはやはりクワドは今後は必要条件なんでしょうね。そのため最初の内は多少トランジションが犠牲になるかな?的な覚悟で見ていくつもりです。


highaimsdot 2015.05.01 10:26 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top