Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

2014-2015シーズン 宮原知子

2

宮原知子

ロンバルディアトロフィー 優勝
スケートカナダ 3位
NHK杯 3位
全日本選手権 優勝
四大陸選手権 2位
世界選手権 2位

SP:魔笛
LP:ミス・サイゴン
EX:Let Her Go
EX:The Man I Love

大先生のSPは今シーズン確率の高くなった3Lz-3Tから。コンビネーションスピンではレベル上げのための得意の逆回転を入れています、これが曲想に合いますし、アップライトのポジションもとてもいいです。キャメルの出方も素敵です。音楽が変わって表情も一気に変化させ、単に助走してジャンプに入るのではなくリンクをできるだけ広く使ってステップを入れて、スパイラルを入れての流れが自然で素晴らしい。そしてまた陽気な音楽に戻って、ここでも表情や滑りの変化が明確で分かりやすいです。ステップはそれほど伸びていく感じではないですけど、すごく丁寧に演じています。観客サイドで一瞬だけ止まる振付の首を横にスッと向けるのが雰囲気があってとても上手です。後ろ向きでのホップもきれい。ステップは完全に終わっているけれど、直後にトゥステップでトトトトトと駆け出して、ジャッジにアピールする体をよじらせた美しいバレエジャンプ、そして柔らかな着氷。このステップからの流れは素晴らしいと思います。アピールのみならず、リンクカバーの見栄えをよくするための役割も担っています。特段リンキングフットワークに問題があるプログラムではないですけど、ないよりはあった方がいい。さすがローリーといったところでしょうか。ロンバルディアで着ていた1つ目のバナナがいっぱい書いてあるような衣装じゃなくなってよかった。あれはアカンやつ。モロバナナナ。

全日本から後半に2A-3Tを2本の構成にしたミス・サイゴン。振付自体はほとんどいじっていないようです。2つ目の2A-3Tを入れるためにコレオシークエンスの最後のところを助走に費やしたぐらいです。3Fの前後のクロスロールが雄大さをアピールしていて、のどかで雄大なベトナムの情景に戦火が迫るような様子を表現できているように感じました。ステップでの音楽にピッタリハマった×を手でやりながらのブラケットいいなあ。今シーズンのボーカルがうるさくないボーカル入りプログラム部門第1位のトランジション~2A-3T~レイバックスピンの流れが素晴らしい。ジャンプ3つも4つにも渡ってボーカルを入れると歓声と相まってかなわんときがありますけど、ジャンプ1つだけなら曲の助けを借りて効果的に盛り上げられます。それまでのパワーを空に解き放ったかのような優しいスパイラルの入ったコレオシークエンスから、2A-3Tのこの流れもいいですね。ジャンプの配置の必然性があるプログラムで、ダラダラと後半のボーナスをもらうために入れているわけではないです。特に2A-3T2本と3Sは絶対あそこじゃないとダメだし、プログラムを表現するためには欠かせないものです。主人公のキムは17歳でシーズン終盤の大先生と同じわけか。この年齢だからこそ説得力のあるプログラムと言えるのかもしれない。愛した男が国に帰って幼い息子と帰りを待っていたのに、最後は息子を託して命を絶つというね。あらすじを聞いただけでプログラムを見るとストーリーが流れてくる。

すっぽ抜けが今シーズンは1度もないようです。NHK杯のLPで3Lz-3Tを3Lz-2Tにしたのと、国別の3Lzで失敗して3F-2Tにリカバリーを入れたぐらいです。抜けはコケより~ですからね。そのコケも四大陸で1度だけですし。意外と言っては失礼ですがダウングレードも今シーズン1度もありません。3Lz、特にLPの2つ目でアンダーローテーションが目立つので、この課題を解決することがさらに点数を伸ばす近道ですね。LPの基礎点が57点台~62点台の間で非常に安定しており、これが大先生が大先生であるための信頼感を支えました。

彼女の僕が一番いいと思うところはインタビューで「そうですね」と言わないところ。修造に懐柔されないところ。いつもブレずにマイペース。これからもメディアに気を使うことなく、ずっとマイペースでいていただきたいです。今一番知りたいこと、彼女が日常生活でテンションの上がることは何か。そもそもテンションは上がるのか。

2 Comments

6番 says..."highaimsさんへ"
highaimsさんへ

ジャンプを一時期高くするようにがんばっていましたが、元の高さに戻ってしまった感じがします。成長期もくるので、さらによくしていくにはそれが落ち着いてからということになるのでしょうか。背は伸びて欲しいですね。他の選手と10cm差があるとさすがに目立ちますものね。
2015.04.30 23:49 | URL | #q2p5Nno. [edit]
highaims says...""
今シーズンから飛躍的に顔の表現が良くなりましたね。パッチリ目で訴えることがすごく上手くなった気がします。
ただ国別で現地で見た時、テレビではそれほど気にならないが一定の場所から同じ条件で見るとやはり他の選手に比べてジャンプが小さい…高難度なのに印象的にもったいないな~と思ってしまいました。リンク全体をスピードに乗って素晴らしいスケーティングなんですが、体格の不利を感じてしまいます。せめて背がもう少し伸びてくれれば、と切に願ってしまう所でした。
でも本当に今季は頑張りましたね!ガッツポーズ、あまりにも意外で最高でした!
2015.04.30 11:41 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。