Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国別対抗戦 1日目 アイスダンスSD・女子SP・男子SP

0

シーズンのおまけらしい、みなさん緩めの滑りに頬も綻びます。それでいいのです。

アイスダンスSD
1 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)73.14 PB
2 Madison CHOCK / Evan BATES(アメリカ)72.17
3 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)70.86
4 Elena ILINYKH / Ruslan ZHIGANSHIN(ロシア)63.09
5 Shiyue WANG / Xinyu LIU(中国)55.32 PB
6 Cathy REED / Chris REED(日本)49.99

イリジガ
いつもより抑え目の優しい楽しそうな表情のカルメンさんであらせられるイリニフさん。シーズン中は気を張っていたと思うから、国別ぐらい楽しんで滑ってしまえばいいんですよ。TES出なかったけどかめへんかめへん。ちょっと細くなった気がする。ミーシンが無表情ではしゃいで応援していた。

ワンリュウ
シンユー・リュウさんの肩パッド?みたいなやつが絆創膏に見えてくる。いつも通りのいい演技だったと思います。オフモードという感じはしないです。中国はベテランと若手が混ざってバランス悪かったけど、最年長がナンソンで平均年齢下がってるから、前みたいなバラバラ盛り上がらない感はない。京劇の面みたいなの持ってきてるのか。

リード組
ツイズルが最近では一番ちゃんとツイズルをしていました。ちゃんと流れました。ミッドラインでキャシーがスタンブル。まあでも?コケる?よりはね?おとなしい子ばっかりだから盛り上げるオデ。すまないねえ。全項目ワンリュウより下かー。しょうがないかな。

パパシゼ
勝手に2年前の世界ジュニアチャンピオンにされたみたいだ。適当ワロチッチ。そんなに勢いのある滑りではなかったと思います。特にパターンダンスは。メリハリみたいなものがなくて、明らかにオフに突入したというそれでした。シゼロンは衣装に白サスペンダーなんてつけてたのか。全く気がつかなかった。アモディオはっぴ着て楽しそう。

チョクベイ
チョックさんはGPSでのショートカットよりもこのお団子の方がエロくて僕は好きです。リフト普通風なのに何度も見てると、しなってセクシーなんですよー。キーポイントでホールドしてる上半身ドアップにするって。マジ勘弁。パターンダンスでカメラをスイッチすると、リンクの使い方も分からないし頭おかしい。

ウィバポジェ
ミッドラインでケイトリンがターンをしながらではなく、ターンの直前にスカートをフワッと放すから翻ってそれがたいそう綺麗でございました。6組の中では一番シーズン中っぽい出来だったような気がします。PCS1位も納得です。デールマンさんは画用紙に"6.0"と書いておりました。この時代に6.0だと点数伸びないぜ。

女子
1 Gracie GOLD(アメリカ)71.26 PB
2 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)70.93
3 Elena RADIONOVA(ロシア)68.77
4 Ashley WAGNER(アメリカ)64.55
5 Kanako MURAKAMI(日本)62.39
6 Satoko MIYAHARA(日本)60.52
7 Zijun LI(中国)58.83
8 Gabrielle DALEMAN(カナダ)57.59
9 Alaine CHARTRAND(カナダ)54.64
10 Laurine LECAVELIER(フランス)52.84 PB
11 Mae Berenice MEITE(フランス)52.06
12 Ziquan ZHAO(中国)44.92

ジークァン
3T-3T 3Lo 2A fall
今シーズンは国際大会はユニバーシアードだけだったのか。演技は初めて見ました。中東っぽい音楽でした。ちょっとモッサリ気味に元気の足りない演技だったと思います。スイちゃん元気。

レカヴェリエ
3Lz-2T 3F 2A
2Tをつけられるか危なかったですががんばりました。3Fのエッジの問題はありますが、なかなかよかったのではないでしょうか。ファビアン・ブルザ氏の服が気を抜きすぎです。もっと変なTシャツを着てください。これは大会なんです。部屋じゃねえぞ!

シャルトラン
2A 3Lo 3Lz-3T fall
セカンドでの転倒でしたが、無理矢理セカンドに持っていったので回転は足りなさそうな感じです。いつもより滑っていなくて、縮こまった演技だったと思います。次の演技者のデールマンさんと手パンパンして大声で「ゴーキャナダアアアアアアアアアア」

デールマン
3T-3T ot 3Lz 2A
巨大な3Tでしたが上手く着氷ができませんでした。他の2つは大丈夫。ただガサガサとスピードを出すのではなくて、エッジの使い方がディープになって、手先の使い方もエレガントになって、今シーズン見る度に素敵になっていくデールマンさん。僕はたいへん評価したい。でもガサツなデールマンも嫌いじゃなくってよ。じゃあいざどちらか選べと言われたら、エレガントな方を選ぶけれど。

ジジュン
3F-3T 3Lo hd 2A
3Loはお手つきですが3-3が綺麗に入りました。伸び伸びと滑っていてよかったと思います。ステップの後半のテレテッテーのところはトゥステップじゃなくてスリップステップでしたか。どっちにしろ可愛いんだよなー。スイちゃんの応援がラリってるレベルに気合入ってる。強すぎ。

メイテ
3T-3T 3F fall 2A shaky
1. 日本に来てはしゃいだから疲れた
2. 応援で疲れてきた
3. シーズン終わりなんだから疲れてる
4. ショー続きで疲れてる
多分いろいろ疲れているんだな。演技にもそれが出ていたと思います。世界選手権のときはもっとステップがパキパキしていたのでね。

佳菜子
3T-3T 3F 2A
3Fの回転は足りていませんが、他はよかったと思います。現役続行を発表した中での演技だったので、こちらもちょっとうるうるとしてきました。魅せられる演技でした。亜美ちゃんがキスクラでの演出を指示しておりました。グイグイ行くのう。国別なのにPCS特盛じゃないとは意外なこって。

アシュリー
3Lz-3T 2A 3F so
せっかくエッジが微妙な3-3が入ったというのに3Fで失敗するとは。ちょっと勢いが足りなかったかもしれない。つなぎはあれだけど、身のこなしや間の取り方はとても上手なので、これでトントンになるのですね。ルッツは今回はeマークもアテンションもついておりません。

ゴールド
3Lz-3T 3Lo 2A
3Lz-3T壁にまたぶつかりそうになったけど、綺麗に止めました。普通のジャンプとして問題なく加点がもらえます。衣装を赤に戻して、髪型も戻しちゃったのは意味わかんないけど、ネイビーより赤の方がいいかな。とてもいい滑りでクリーンな演技でした。男らしいガッツポーズも見せてくれました。

ラジオノワ
3Lz-3T 3Lo 2A
このおかしな編曲のプログラムをもう見られないのかと思うと、特に悲しくもなくて悲しくもなくて涙も出ない。振付はとってもよかったんですけどね、本当に編曲だけがね。だってフラメンコをわざわざ消すボーカル入れるってありですか?あたしゃ許さないよ?

宮原
3Lz shaky 3F-2T 2A
珍しく3-3が入りませんでしたがきちんとカバーできました。彼女のPCSはノーミスを続けて築き上げてきたという側面もあるので、ミスが出れば点数が伸びにくいのも仕方ないでしょうか。それでもだいぶ出るようにはなりましたけどね。

リーザ
3A fall 3Lz 3T-3T
3Aは転倒しましたが転倒しても5.5点があって、後半に3-3もあるのでTESだけでは1位になりました。ディダクションがなければ1位だったという、改めて安定感の違いを見せ付けました。

エッジの判定がeつきそうだなーという人がアテンションで、アテンションがつきそうだなーという人が何もついてなくて。ちょっと緩そうな感じがする。むしろ厳しかったのはGPSだけでファイナルから緩いのか?全体的にそういう方向にしたのか?ん?

男子SP
1 Yuzuru HANYU(日本)96.27
2 Han YAN(中国)87.13
3 Jason BROWN(アメリカ)86.48 PB
4 Takahito MURA(日本)82.04
5 Sergei VORONOV(ロシア)79.09
6 Nam NGUYEN(カナダ)77.42
7 Max AARON(アメリカ)76.08
8 Maxim KOVTUN(ロシア)74.83
9 Florent AMODIO(フランス)73.80
10 Jeremy TEN(カナダ)67.45
11 Romain PONSART(フランス)63.51 PB
12 Nan SONG(中国)62.43

ポンサール
3A shaky 3Lz-3T 3F
フランス連盟にはどうあがいても推されない男ポンサールさん。ジャンプは堪えました。ステップでめちゃくちゃ張り切り始めてからスタンブルしてしまいましたが、今シーズンは本当に安定しています。トランジションは何にもなかった。いい感じに老化してきました。体めちゃ厚くなってる。

Jテン
3A shaky 3Lz-3T fall 3F
ジャンプの着氷が乱れましたが滑りにはそれほど影響がない感じ。ワールドでSPよくてLPで崩れたから、今回はきっと逆のパターンを演じてくれるんですね。きっとそうだ。

ナンソン
4T fall 3A 2Lz
ナイトトレインとあって、ネクタイを緩めているから、きっと仕事帰りでお酒飲んだら終電逃してワッチャッチャーみたいなプログラムなんでしょう。きっと泥酔状態だからジャンプも降りられなかったんですね。この失敗はプログラムを忠実に表現するがあまりの悲劇だ。

アモディオ
4S df 2A so 3Lz-3T
4Sの助走がとても長かったので、これがもう少し短くなればですね。アクセルはよくダブルまでいけました、すごく軸が曲がっていました。どん底のときの彼の演技とは比べられないほどにキレが復活してきたと思います。この調子で上に行って欲しいです。トランジションもさすがの低さだわ。うん、気持ちいい。

ニュエン
3A 3Lz-3T 3F
3Aの入りが軽くなってジャンプに流れが生まれてきました。ステップも今回はよかったと思います。3-3は少し構えが長いですけれど、僕としてはこれがシーズンで一番の演技だったと感じました。シーズンベストに近い出来ですね。

ハンヤン
3A 4T so 3Lz-3T
今シーズンなかなか4Tが成功しない代わりに3Aが安定しています。あんまり得意ではない3-3がクリーンに成功して何より。4Tは別にして、あとのエレメンツは素晴らしかったし、上手に穴も掘れたし、表情がイっちゃうようにもなりました。ジャッジを見てフィニッシュするところ笑われてるぜ。

アーロン
映像が息を引き取りました。テレ朝でやった演技を見てみたら・・・・・うーん、滑り込みできていない感じ?トゥーランドットである必然性は分からなかったです。

ブラウン
3A 3F-3T 3Lz tano
前半の2つのジャンプは堪え気味の着氷になりました。ステップがいつもより勢いがないのはシーズンオフモードに入っているのだと思います。ちょっといつもより元気がなかったです。決して悪い出来ではありません。

むらむら
4T hd-3T 3A so 3Lz
ジャンプが抜けなかったからそれでいいんだ。もうあの惨劇を目の当たりにしたくはないから。父ではなくてハマコー先生なのは他の試合があるからなのか。

コフトゥン
4S so 3Lz-3T 3A fall
世界選手権よりは随分といいジャンプ・・・・・だけど・・・・・ね?うん・・・・。尻すぼみになってしまわないように明日期待しよう。チェルニシェフの髪とヒゲ消滅しちゃった。もったいない。

ヴォロノフ
3T-3T 3A 3Lo
世界選手権よりもさらに細くなったようにも見えるヴォロノフ夏毛バージョン。細いけれど世界選手権よりは元気なのではないかと推測されます。構成が低いので3-3になってしまうとTESはどうしてもねえ。でもPCSはコフトゥンより上だった。点数待ちなのに椅子に座らない斬新さ。

羽生
4T 3A 3Lz-3T fall
4Tが完璧で、今日はスピンの速度もとてもよくてこのまま行くかああああああああああ?行くのおおおおおおおおおおおおおお?ルッツウウウウウウウウウウウウウひええええええええええええええええええええええ。最後まで立ちはだかる壁であり続けました。シーズンで一番いい滑りだったのに。演技直前に変な声出したやつぶっ飛ばしたい。佳菜子、宮原、亜美ちゃんの真顔応援おもしろすぎる。

羽生の3Tはアンダーローテーションがついたので、基礎点が1.2点下がりました。なので3Lz-3Tをクリーンに成功させていればベストは楽々超えていたことでしょう。

香ばしいぐらいにgdgdでありますな。でも世界選手権のgdgdとは気楽具合が違います。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。