Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-2015シーズン 宇野昌磨

2

宇野昌磨

アジアンオープン 優勝
JGPメ~テレ杯 2位
JGPクロアチア杯 優勝
全日本ジュニア選手権 優勝
ジュニアグランプリファイナル 優勝
四大陸選手権 5位
世界ジュニア選手権 優勝

SP:ヴァイオリンソナタ第9番
LP:ドンファン

今シーズンはジュニアとシニアの掛け持ちのシーズンを送りました。シニアでは4TをSPに入れていたのでエレメンツの順番が違います。ジュニアは3A CSSp FCSp 3Lz 3F-3Tで、シニアは4T 3A CSSp 3F-3T FCSpの順番です。最後の2つのステップとコンビネーションスピンは順番は同じなのですがステップは始まる位置が違います。ジュニアの方はリンクの左から始まって右で終わりますが、シニアは右から始まって左で終わります。なのでフィニッシュの位置が真反対になっています。僕はどちらかというとジュニアの構成の方が好きです。ジャンプが前半に1つな分、トランジションがありますので。今シーズン会得して、全日本ジュニアあたりでも不安定だったのにジュニアグランプリファイナルから強烈に安定し始めました。それのみならず今シーズンの彼は世界ジュニアLPの冒頭の4Tが3Tになった以外、回転不足はあれどジャンプが抜けることが全くなかったわけです。ダブルやシングルに一つも抜けてないんですよ。これはね、今のルールでは大大大アドバンテージです。超安定していました。
ということでジュニアの構成でプログラムを振り返ります。イーグルからの3Aをピアノのチャーンに合わせて着氷。ディフィカルトエントリーからのシットスピン美しいです。3Lzも苦手ながら今シーズンはエッジ矯正を力づくで成功させまして。こういうところを見ると、いくら上背がなかろうが男だなあと感じさせられます。彼の腕の動きには非常に特徴があるので、オーケストラを指揮しているようにも見えます。もはや右腕で重心とってるんじゃないかっていうぐらいの腕の動きですから。17歳とはいえジュニア選手でここまでクラシックの音色で滑りきれるというのは大したもんです。ジュニアの歴代最高を8点も更新したSPなので、SPで4回転が解禁されない限り超えるのは無理ではないだろうか。

LPもジュニアのプログラムでのレビューを。シニアのプログラムでは全後半の間にトランジションが増えて、ジャンプを後ろにずらしています。さすがにシニアの選手と比べると前半の高難度ジャンプのところはガンガン走っているんですけど、リンキングフットワークがいいし、何しろ氷へのタッチのよさがシニアのトップ10あたりの選手と変わらないどころか、彼の方がいい場合もありますしね。だからそんなに気にならないです。シーズン後半になると3Aの前にステップを入れるなど工夫をしてきているので、点数をとろうという意欲が感じられます。2A-1Lo-3Fの後に音楽に合わせて動きが速くなるのがいいなあ。キャメルスピンをやってそれがさらに強くなって、ジャンプを降りる度にその勢いを増して行く。でも決してゴリゴリ滑っていくのではなくて、その持ち味のタッチの柔らかさは失わないという。一番最後に3-3を入れて、トゥステップからバタフライ、ディフィカルトエントリーみたいなプチコレオシークエンスのような振付が素晴らしい。スピンのディフィカルトエントリーは単なるレベル上げの要件に留まらず、SPに続き表現へと繋がっているのがいいですね。今シーズン、バックエントランスをレベル上げの要件から外して、ディフィカルトエントリーをレベル上げの要件へ加えましたが、数少ない成功したルール変更だと思います。ディフィカルトエントリー大好き。このプログラムでは表情が男でしたし、演技も少年ではなく男。とても男でした。「なんてかわいいんだ」ではなく、もう男。

今シーズン入れ始めた4Tは7大会で成功が7/13と半分以上はプラスでした。抜けが世界ジュニアのLPだけだったので得点力としてはかなり高いです。3Aは11/18でこれもなかなかの成功率でした。3Lzは6/11でした。アテンションがついたものはありますがeマークは一つもなしでした。軽度な減点で済んでいるものがほとんどです。シーズン後半にはレベルもほとんど取りこぼしがないし、改善しまくり、進化しまくり、点とりまくりといった感じですね。今シーズン男子で最も飛躍した選手と言い切ってしまってもいいでしょう。半年後どんなスケーターに成長しているのかが非常に楽しみです。

それでもやっぱり

-2 Comments

6番 says..."匿名のDさんへ"
匿名のDさんへ

めざましい活躍でしたね。わずか半年で3Lzに3A、4Tを習得してしまうなんて、末恐ろしいです。彼の年齢でこれだけの種類のジャンプを跳べる選手は存在はしますが、表現やスケート技術とのバランスを考えると、そうそうは出てこないレベルですので、世界の中でも一目置かれる存在になっていくかもしれません。僕も彼のおかげで今シーズン楽しかったです。
2015.04.18 11:53 | URL | #q2p5Nno. [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.04.16 12:52 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。