2015
04.12

2014-2015シーズン ポリーナ・エドモンズ

ポリーナ・エドモンズ

USクラシック 優勝
中国杯 4位
NHK杯 8位
全米選手権 4位
四大陸選手権 優勝
世界選手権 8位

SP:フラメンコファンタジー
LP:ピーターパン
EX:モダンタイムス
EX:Sixteen Going On Seventeen

「シングルまでショートダンスの後追いしなくていいんですよ。」と思わずにはいられなかったシングルでも多かったスパニッシュ。彼女はアメリカ人でありながらロシア系でもあるし、過去にはマリナ・クリモワが振付に携わっていただけあって、他のアメリカ女子にはない柔らかな雰囲気(ただし、キスクラと喋り方は完全にアメリカ人)を持っています。だからなんだか不思議で上品なスパニッシュ。レイバックスピンの後の音楽の変化で一気に雰囲気を変えられるところがまずプラス。彼女の持ち味の大きなヌヌッと進む動きと哀愁のある旋律が溶け込んでいます。3Fの着氷後のポーズもベタだけど素敵です。キャメルスピンの出のところで、左でスイスイックイッてやるのもいいし、2Aの着氷後のバレエジャンプのところで後ろに向かって手を出すのもいい。すごくオシャレなんですよスローパートが。ステップでまたアップテンポになるんですが、やはり長身であると1つ1つのポーズがかっこよく決まるなと思います。ただ、クイックの動きに弱いのか期待よりも後半に展開がない感じ。でも世界選手権の体の動きはかなりよかったんじゃないかと思います。昨シーズンのラテンダンスは良かったので、振付どうこうでいくらでもやり様がありそう。フィニッシュは彼女の上品さを前に出した立ち方だと思います。でも僕は思い切り蹴り上げて、その後に脚を引いて、片膝立てて、胸に手を当ててドラマティックに終えてもよかったのではないかと。あくまで僕の好みなんですが。例に出すとこういう感じ。僕はお花の衣装が好きなので、この衣装とてもいいと思うんです。ボディだけじゃなくて、スカートの部分もお花なんです。しかもスカート2段重ねなんです。これすごくいい。頭の飾りは白と青でこれもまたいい。こういう半端な袖の長さの衣装はスタイルがちんちくりんだと「おお・・・・・作ったやつ正気か・・・」と思う程に残念になることがありますが。彼女の長身とキープしている細さがあってこそです。

ティンカーベルを演じるというよりも、単に妖精さんを演じていると思われるLP。緑じゃなくてピンクでよかった。でもデカパンだけはいただけない。アメリカ女子なのに腕出してないんです。皮膚呼吸しなくて大丈夫?可愛いトゥステップを入れて飛び回る妖精さんのようなスタート。3Lz-3Tの後の腕伸ばして上下する振付のところ、カロリーナっぽい動き。ステップ序盤のブラケットカウンターロッカー?のところの音感がとてもいいです。もちろんステップ最後のツイズルもいいですね、ああいうのがあるとインパクトあります。数えてみたら6回転しておりました。8回転してしまうとスピンになっちゃうので、さすがにそこまではいかない。その直後のコンビネーションスピンで、そのツイズルのポジションと同じあぐらポーズのアップライトポジションを入れておりました。はい出ました、対称性アピール。はい僕好きです。後半のジャンプが続くところはトランジションを入れてはいるのですが、ジャンプの直前となるとそれに集中するために音楽からズレてしまうので、そこをどれだけ合わせられるようになるかが、今後PCSを伸ばして行けるようになる鍵でしょう。単にトランジションの話だけではなく、コレオグラフィーやインタープリテーションにも関わってきますもの。2A苦手なんでしょうけど、前後の流れはロシア選手に比べるとそれほど気になりはしないです。アンダーローテーションは今シーズン4度取られはしましたが。3Lz-3Tはシーズンが深まるにつれて確率が上がってきました。フリップに関しては全試合でアテンションないしeマークがつけられました。何にもつかなかったのが2回、アテンションが12回、eマークが3回、SPでのノーバリューが1回という内容でした。猛烈にフラットエッジという感じでしょうか。フラットぐらいで留めていれば大きな減点は現状ありませんが、今後あるかもしれないルッツフリップeマーク統一ルールに備えるに越したことはないです。シーズン前半のSPが壊滅的だっただけで、実はそんなに失敗をしていない今シーズンでした。やや下半身が重くなって女性的な体型になってきましたが、がんばってがんばってスタイルをキープしているのでしょう。体調は崩さないようにしてほしい。このプログラムは妖精さん(ルディ・ガリンド)が振付けただけあって、とても妖精さんでした。彼の振付を見たことがなかったので、こんなにいいのか!と思いました。もっといろんな生徒に振付をして欲しいです。

この年齢にしかできないシリーズのエキシビション、あいあむしっくすてぃーんごーいんごーんせぶんてぃーんをしてくださったエドモンズさん。おい大半のアメリカ人!こういうのがエキシビションって言うんだからな!ヒット曲で競技プロの振付そのままやればいいってもんじゃないからな。16歳の今だから滑ることができて、来シーズンは封印してしまのでしょうが、それもまたいい。実年齢相応プロは二重丸。昨シーズンの変なメドレーもよかったし、本当に手を抜かない。
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top