2015
03.08

世界ジュニア選手権 4日目 男子リザルト・ダビダビ

あああ・・・あああああ・・・ああああああああああああああ!!!!!

男子LP
1 Boyang JIN(中国)156.85 PB
2 Shoma UNO(日本)147.67
3 Sota YAMAMOTO(日本)145.46 PB
4 Nathan CHEN(アメリカ)143.98
5 Daniel SAMOHIN(イスラエル)135.39
6 Andrew TORGASHEV(アメリカ)133.96 PB
7 Adian PITKEEV(ロシア)133.77
8 Deniss VASILJEVS(ラトビア)132.78 PB
9 Alexander SAMARIN(ロシア)131.09 PB
10 Alexander PETROV(ロシア)130.95
11 Jin Seo KIM(韓国)127.82
12 Denis MARGALIK(アルゼンチン)124.83
13 He ZHANG(中国)119.42
14 Hiroaki SATO(日本)116.72 PB
15 Ivan PAVLOV(ウクライナ)115.92
16 Irakli MAYSURADZE(グルジア)114.35 PB
17 Roman SADOVSKY(カナダ)111.63
18 Niko ULANOVSKY(ドイツ)108.05
19 Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)102.74
20 Graham NEWBERRY(イギリス)100.38
21 Matteo RIZZO(イタリア)99.01
22 Kevin SHUM(アメリカ)97.00 PB
23 Nicola TODESCHINI(スイス)96.51
24 Slavik HAYRAPETYAN(アルメニア)80.11

男子リザルト
1 Shoma UNO(日本)232.54
2 Boyang JIN (中国)229.70 PB
3 Sota YAMAMOTO(日本)215.45 PB
4 Nathan CHEN(アメリカ)213.85
5 Adian PITKEEV(ロシア)210.71
6 Alexander PETROV(ロシア)206.23
7 Deniss VASILJEVS(ラトビア)202.73 PB
8 Daniel SAMOHIN(イスラエル)202.39
9 Jin Seo KIM(韓国)202.25
10 Andrew TORGASHEV(アメリカ)201.74 PB
11 Alexander SAMARIN(ロシア)201.70 PB
12 Denis MARGALIK(アルゼンチン)187.26
13 He ZHANG(中国)186.91
14 Roman SADOVSKY(カナダ)177.99
15 Hiroaki SATO(日本)176.66 PB
16 Ivan PAVLOV(ウクライナ)171.02
17 Niko ULANOVSKY(ドイツ)170.37
18 Irakli MAYSURADZE(グルジア)168.45 PB
19 Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)160.20
20 Kevin SHUM(アメリカ)158.61
21 Graham NEWBERRY(イギリス)154.94
22 Matteo RIZZO(イタリア)154.62
23 Nicola TODESCHINI(スイス)152.56 PB
24 Slavik HAYRAPETYAN(アルメニア)135.06

パブロフ
3A 3Lz-3T 3F 2Lz-1Lo-3S 3F-2T 3Lo 2A 2A
本来第1グループで滑らないような選手なので、ミニマムを超えるようなTESになるジャンプを決めてきました。跳んで走ってのプログラムなので、そこから次のステップに進めますように。

マイスラーゼ
3F-3T 3A 3Lz-2T wall 3Lo 3Lz 2A-1Lo-3S 3F fall 2A
ノダリじゃないよイラクリだよ。148cmとかいうリアル子供。イラクリじゃなくていがぐり坊主じゃないか。壁激突と転倒以外ジャンプの質がいいことなんの。年齢的には来年シニアに上がれますね。ユーロはゲデ子(26さい)とマイスラーゼ(15さい)のチームでよろしく。そしてそしてそして。ダビダビがキスクラにいましたよおおおおおおおおおおおおおおおおおおお。ダビダビは今何しているのエントリーをして去る幾月。ようやくダビダビを目にすることができた。小熊みたいでかわいいよ!中年太りじゃなくて小熊だから!

ぐぱぐぱ

シャム
3F-3T 3Lz 2A 3Lz-2T wall 3Lo-2T tano 3Lo df 3S shaky 2A df
前半のジャンプやステップはものすごく情感込めてできていました。3Lz-2Tは壁に近付きすぎてもう1個付けられずでした。2つ目の3Loから急激にスピードが落ちて滑りきるのが精一杯という感じ。スタミナが課題のようです。

サドフスキー
3S 2A 3Lz so 3Lo 3F 2A-3T so 3Lz 3S-2T-2Lo tano
表現が乗っていなくて、クロスをカサカサカサーとするのが目立ってしまう演技でした。ナショナルが本当にいい調子だったからなあ。カナダの男子選手はナショナルでジャンプを決められるのに、世界ジュニアになると上位と競ることなく沈むというこの数年のパターンと同じになっている。北米選手にとっては2月からはゲームクリア後のボーナスステージに過ぎないのか。スピンはSPより上手でした。

ニコちゃん大王
4T fall 3Lz-3T-2T 2A 3F 3S 3Lo-2T 3F so 2A shaky
がんばってクワドに挑んだけれど転倒でした。前半と後半とのジャンプの間が空白に近いほど印象に残らないので、もう少し表現の方もがんばってください。プリビエット言ってたから親がウクライナとかロシアとかそういう系なんですね。

佐藤
3A 3F-3T shaky 3Lz 3F 3Lo<< 3Lz-2T tano 3S-1T 2A shaky
一体日本から何万人観戦に行ってるんだろうか。ステップ始まって即座に手拍子始めるなんて鍛錬積みすぎ。僕の知っている衣装じゃなかった・・・・・あれじゃないといかんのだよ。動きにくかったんですかね。

ジュリアン
3A 3F so 3Lz so 3Lo df 3Lz so 3F-3T so 3S 2A+2A
3Aを成功させて「今日はいい演技くるか?」と思わせてのズコー。四大陸もこのパターンだった。トゥジャンプは全弾ステップアウトという。2007年ぐらいのポンちゃんみたいです。スピードも高さもあるけど、制御ができなくて失敗しまくるというやつ。

マルガリク
2A-3T 3Lz-2T 3F-2T-2Lo tano 3Lz tano 3S 3F tano 3Lo 2A
ことLPに関しては実に実に安定しているマルガリクさん。ブロンドに青色は正義というのをよく分かっているんでしょうね。ああ、竹内まりやが聴きたくなった。家にベスト版みたいなやつあったかなあ。

ふーちゃん
4T fall 4S 3Lz-1Lo-2S 3F-3T 2Lz 3Lo 3F 2A-2T
クワド2種類入れてきました。これで3A2本の選手よりは基礎点が高くなりますね。ランビ方式。止まるところが気になったのと、スピードが足りないように思えました。SPもそうでしたけど、表情をつけて滑って欲しいです。

ヴァシリエフス
2A 3Lz 3F 2Lo fall 3Lz-2T tano 3S-1Lo-3S 3T-2T tano 2A
3Aはありませんが素晴らしいボディムーブメントでした。腕や脚だけじゃなくて、首から肩から尻からもう体がグネグネに関節外れたかのように動くので、予期できなくて楽しい。イーグルからの2Aすごかったー。ヘンテコシットスピンも、この変な衣装の変なプログラムのフィニッシュでは映えるなあ。PCS3項目が7点台に乗ったのも分かる気がする。

ネイサン
4T so 4T shaky-2T 3Lz-2Lo-2Lo 3F-3T 3Lo 3Lz 2A 3S
スピン2つ繋ぐところの流れが美しい。その後のトランジション~ステップへの移行、体の芯の入り方がすばらしい。SPのPCSの低評価が嘘のような滑りをしていました。最後の方のジャンプは少し苦しかったかもしれませんが、でもよくがんばりました。SPのマイコーは全然彼に合っていなかったので、こういうクラシカルなもの方がいいわ。不服そうなアルトゥニアンである。

トルガシェフ
3Lz-2T tano 2A-1Lo-3S 3Lo fall 3F-2T tano 3Lz 3F 3T 2A
マートンのアランフェスの最後のちゃららーリピートからのジャン。「ジャン!じゃねえよ!」と思ってしまう。これを使っていいのはプルだけなんですよ?一般人は真似しちゃいけません。タンゴアモーレもダメですよ。腕の使い方が本当に上手です。小さく音を取るところと、腕をサーっと振り下ろして大きく音を取るところメリハリがあって印象に残ります。衣装が近未来人っぽいから、きっとこれは環境汚染で荒廃した地球を捨て脱出し、コールドスリープから目を覚ました宇宙船から地球を懐かしんでいるんでしょうね。3000年経った地球の環境は元に戻ったけれど、もう俺の知る奴は誰も生きちゃいないんだ。とね -fin-

山本
3A-2T 3A 3Lz-3T 2A-1Lo-3S 3Lo 3Lz 3F 2A
あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ3A2本入れるなんて聞いてないよおおおおおおおおおおおおおおおすげええええええええええええええええええすっぽ抜けじゃない!!!!!!!!!!前に滑った選手たちには後半項目は劣るかもしれないけど、すごく流れとスピードがあってよかったよおおおおおおおおおおおおおうおうおうおうおうおうおうおうおうおうおうおうお。すげえトランジション5点台。

doappu.jpg

サモーヒン
4T-3T 4T fall 3A 3Lo fall 3Lz-2T 3Lz 3S-2T-2Lo shaky 2A
ユーロから別人の選手のように変わりました。それまでの彼は大技に挑むけど、他がボロボロで動けてもいないという選手という印象がありました。転倒が2つあっても諦めずにきちんとジャンプを回って、体もよく動いておりました。

ボーヤン
4S 4T hd 3A 4T-2T 3Lz-3T 3F-1Lo-3S 3Lo 3Lz
ぴゃああああああああああああああああああああああああああああああああ全部降りたあああああああああああああ割くシーズンに比べると全後半の間のスカスカがかなり緩和されているように思いました。それでもトリプルが続くところは少し漕いでいるとは思いますが、年々表現が上手になっているのであまり気にならなくなってきました。最後のルッツとかあの助走の遅さで跳べるのはクワド練習してるからですよねー。

サマリン
3A-1Lo-3S 3A 3Lz-3T 3Lo shaky 3F-2T 3Lz to 2A 2A
3A-1Lo-3Sとかいうキモめのジャンプすげえ。少しシェイキーだったところはありますがジャンプをまとめてきました。ジャンプの前半部分でかなり漕いでいたのが目立ちました。PCSインフレすると思ったのに、いきなりシビアになった。いやフェアにつけるのはいいんですけど、スッと現実に戻された。

ぶたさん

ぶたさん(世界ジュニアチャンピオン)


ジンソ
3A-2T 3Lz 3T-3T 3A td 1Lo 2A-2T-2Lo 3S 2A
2つ失敗はありましたがまずまずまとめられたのではないかと思います。四大陸に比べると少し後半が抑え目だったのかなあと感じました。誰かの誕生日おめでとー言ってる。

ピトキーエフ
4T fall 3A-3T 1A 3Lz-3T 3Lo 2S-2T-2Lo 3Lz 2A
1コケ2抜けという演技でした。そこはいつもと言ってはあれですが慣れていると思うので、その後がねえ・・・というところ。後半のスタミナも削がれてしまいました。表現が上手な選手がグループ2に3人出てきて、その中で最終グループの後半項目の厳しさ。やはり例外なく評価が下がりました。シニアからジュニアに戻るのは評価や格付けが下がる恐れもあって、それを本人やチームも分かっていたと思います。これをバネに来シーズンですね。

昌磨
3T df 3A 3A-2T 2A-1Lo-3F 3Lo 3Lz 3S 3F-2T
4Tが3Tになった瞬間思ったことは「ああああああああああああああああああああああああザヤるううううううううううううううううううううううううううううう」でした。3Aどうこうよりも最後の3-3を3-2にしてくれええええええええええええと思っておりました。よかった。

ペトロフ
3A-3T 3A fall 3F-1Lo-3S 3Lz fall 3Lz-1T 3Lo 2A 2A
ノイズ四季もこれで見納めか・・・もう見られなくなるのは寂しくもないな。ノイズだからなあ。ジャンプの転倒があって元気がなくなってしまったように見えました。

荒れまくりました。でも統計通りの結果とも言える。SP1位の選手が圧倒的に有利。ジュニアはLP上位が有利で逆転が多いというやつ。表彰台は昌磨、簡単な顔族1、簡単な顔族2で、4位簡単な顔族3という簡単な顔族が上位を席巻しました。簡単な顔時代到来か。今大会のピークはダビダビでした。

来シーズンの枠は
3枠 日本・ロシア
2枠 中国・アメリカ・ラトビア・イスラエル・韓国
となります。アメリカはネイサンの頑張りでJGPSの出場枠最大枠を獲得することになります。

来年はハンガリーのデブレツェンでお会いしましょう、それではみなさんごきげんよう。
back-to-top