Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界ジュニア選手権 2日目 ペアリザルト

ペアLP
1 Xiaoyu YU / Yang JIN(中国)116.23
2 Julianne SEGUIN / Charlie BILODEAU(カナダ)115.00
3 Lina FEDOROVA / Maxim MIROSHKIN(ロシア)96.06
4 Caitlin FIELDS / Ernie Utah STEVENS(アメリカ)91.78 PB
5 Anastasia GUBANOVA / Alexei SINTSOV(ロシア)90.03 PB
6 Ami KOGA / Francis BOUDREAU AUDET(日本)86.52
7 Mary ORR / Phelan SIMPSON(カナダ)84.52
8 Chelsea LIU / Brian JOHNSON(アメリカ)83.61
9 Anna DUSKOVA / Martin BIDAR(チェコ)83.29 PB
10 Shalena RAU / Sebastian ARCIERI(カナダ)82.48 PB
11 Bianca MANACORDA / Niccolo MACII(イタリア)78.20
12 Daria BEKLEMISHEVA / Maxim BOBROV(ロシア)77.53

ペアリザルト
1 Xiaoyu YU / Yang JIN(中国)178.79
2 Julianne SEGUIN / Charlie BILODEAU(カナダ)176.32 PB
3 Lina FEDOROVA / Maxim MIROSHKIN(ロシア)154.33
4 Anastasia GUBANOVA / Alexei SINTSOV(ロシア)140.39 PB
5 Caitlin FIELDS / Ernie Utah STEVENS(アメリカ)138.62 PB
6 Ami KOGA / Francis BOUDREAU AUDET(日本)134.97 PB
7 Chelsea LIU / Brian JOHNSON(アメリカ)133.57
8 Anna DUSKOVA / Martin BIDAR(チェコ)128.80 PB
9 Shalena RAU / Sebastian ARCIERI(カナダ)128.66 PB
10 Mary ORR / Phelan SIMPSON (カナダ)128.25
11 Daria BEKLEMISHEVA / Maxim BOBROV(ロシア)121.98
12 Bianca MANACORDA / Niccolo MACII(イタリア)118.27

フィールズ&スティーブンス
スティーブンスさんはしなやか系男子っぽい、コレオシークエンスのスパイラルが女性より品があるじゃないか。ジャンプは2Aが入っていないし、いくつかマイナスのつくエレメンツはあったけどスピードがあって嫌味のない演技なので受けがいいのは間違いない。

古賀オデ
女性がソロジャンプでステップアウトとオーバーターン。ツイストは抱えた形になりました。しかし得点源のスロージャンプは両方成功。スローが降りられるか降りられないかは点数を大きく左右するのです。ソロスピンは男性が足をついてしまいました。今回も曲余りしていた。2人に合う選曲でよかった。来シーズンからはシニアになります。NHK杯に出してもらえるでしょうか。NHK杯に日本のペア2組ってわくわくする。

グバノワ&シンツォフ
変な色の取り合わせなのはシルクドゥソレイユだからですか。ジャンプは2Loと2Fの構成。スローはスローフリップの高さが足りずに転倒でした。ジュニアでしっかりとリバースラッソーを入れられるだけでもすごいです。特別変わった動きはありませんが、やろうとしていたことはほぼ出来たのではないかと思います。

セガビロ
グングンとプログラムのスタートからスピードが出てきます。ボーカルがあるのにエキシビションっぽくならないのはすごいです。ミスはカナディアン低空ツイストぐらいで、3Sは綺麗だったし2Aは堪えたし、スローは2本入ったし。アクセルラッソーでの女性のフリーレッグがブラブラなのはこれから修正して欲しいです。このプログラムの振付は今シーズン全生徒が躍進しているマリパトなんですね。これも音楽に溶け込んだいい振付です。

フェドミロ
ソロジャンプは3Tと2Aで女性が転倒。デススパイラルでポジションを起こす時に女性がバランスを崩していたのでこれもマイナスです。演技というよりか、エレメンツやりましたよーという感じでした。ジャンプを失敗してでもバンバン跳んでいかないと埋もれてしまうので必要なことでした。ジュニアラストイヤーですし、シニアに上がれば国内9番手ないし10番手になりますから。

ユージン
安定しているんだかしていないんだか分からないソロジャンプ、今回は成功でした。そしてSPに続きなんと・・・・・・・ソロスピンが揃っているんですね。もうこれはホラーですね。中国比ではなくて、きちんと揃っているんです。1度獲ったタイトルではありますが、ジュニアに戻されてしまってセガビロと近接した中で、経験の差を見せ付けられたのは大きいです。来シーズンへ期待が持てます。

来シーズンの枠は
3枠 中国・カナダ・ロシア・アメリカ
2枠 日本・チェコ
となりました。果たしてどれだけの国が枠を使いきれるでしょうか。

表彰式でもらう花束でかすぎる。茎むき出し。これは2010年のユーロを彷彿とさせます。エストニア雑である。

2010EC2.jpg

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。