Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

ヘルムート・ザイブトメモリアル リザルト

男子リザルト
1 Michal BREZINA(チェコ)230.45
2 Alexander MAJOROV(スウェーデン)211.62
3 Petr COUFAL(チェコ)196.50
4 Philip HARRIS(イギリス)192.29
5 Javier RAYA(スペイン)191.90
6 Matteo RIZZO(イタリア)177.20
7 Harry MATTICK(イギリス)172.51
8 Maurizio ZANDRON(イタリア)168.64
9 Alexander BJELDE(ドイツ)162.29
10 Manuel KOLL(オーストリア)158.78
11 CHIH-I TSAO(中華民国)157.74
12 Aliaksei MIALIOKHIN(ベラルーシ)143.04
13 Albert MÜCK(オーストリア)129.88
WD Stephane WALKER(スイス)

ミニマムトリオ出場のはずがストリードさんは出場しませんでした。そのミニマムトリオの残りの2人ハリスさんとラヤさん。59.38と61.65・・・足りぬ、足りぬのじゃ。ラヤさんは前回と同じようにジャンプを1つパンクさせてしまって届かないという。ハリスさんSPでは全部成功したのになあ。アンドリュー・ラネルズに似てるハリスさん残念だよ。

ミハルはちょいミスながら3Aと4Sを2本ずつ、抜けずに入りました。マイナスがなければ3クワドでなくともTESが90点に乗るので、他の上位勢とも十分に戦えます。マヨロフは3Aが2本入るまで戻って来ているようで何よりです。ワールドSP落ちはもうしないでください。

女子リザルト
1 Dasa GRM(スロベニア)148.66
2 Roberta RODEGHIERO(イタリア)143.30
3 Laurine LECAVELIER(フランス)142.26
4 Viveca LINDFORS(フィンランド)139.25
5 Eliska BREZINOVA(チェコ)133.42
6 Hanna KIVINIEMI(フィンランド)131.80
7 Micol CRISTINI(イタリア)130.90
8 Kerstin FRANK(オーストリア)130.20
9 Fruzsina MEDGYESI(ハンガリー)129.78
10 Jana COUFALOVA(チェコ)125.11
11 Inga JANULEVICIUTE(リトアニア)124.76
12 Karly ROBERTSON(イギリス)124.31
13 Aleksandra GOLOVKINA(リトアニア)119.35
14 Elzbieta KROPA(リトアニア)118.10
15 Yanina MAKEYENKA(ベラルーシ)115.02
16 Fleur MAXWELL(ルクセンブルク)114.57
17 Anneli KAWELKE(ドイツ)112.34
18 Isabella SCHUSTER-VELISSARIOU(ギリシャ)110.49
19 Anna OVCHAROVA(スイス)103.38
20 Belinda SCHÖNBERGER(オーストリア)99.43
21 Nina-Larissa WOLFSLAST(オーストリア)88.90
22 Laura RASZYKOVA(チェコ)88.41
23 Levana WU(中華民国)77.95
24 Lena WU(中華民国)75.28
25 Ines WOHLMUTH(オーストリア)
26 Christina GRILL(オーストリア)
27 Michaela KOCKOVA(チェコ)
28 Victoria KAFOL(オーストリア)
29 Clara PETERS(アイルランド)
30 Sarah HECKEN(ドイツ)

優勝のゲルムさん。必須要素のアクセル以外はトリプルはトゥ系のジャンプしか跳ばない素晴らしく偏った構成。ゲルムさんは何気にミニマムを満たす試合は複数あって安定している部類に入る選手なのですよね。

ロデギエーロさんは3Lzにeがつきませんでした。今大会、いつもeや!をもらう選手がもらっていないケースが多かったので、パネルが甘めなのかもしれないです。

みんな大好きフルール・マクスウェルさんはここでもミニマムを満たせませんでした。ただ競技前に発熱をしたそうなので、今回はしょうがないです。最後まで滑りきっただけでも立派でありますな。ルクセンブルクでやるプランタン杯には出場してくるかな?多分。

30位にサラ・ヘッケンの名前があります。ユニバーシアードに続きジャンプを3本とも失敗したばかりか、レベルは1か2ばかりという内容でした。依然として非常に厳しい状態が続いております。もう21歳になったので、いつ引退すると言っても驚かないですよね。怪我のせいではあるのですが、ここまで成功しないと心が折れてしまいそう。

女子ジュニアで優勝したリア・ヨハンナ・ダスティシュさんは今シーズン、国際Bのジュニア部門でよく名前をお見かけします。サルコウ以外のトリプルがいける選手のようです。非常に細い、まだジュニアの女の子でありました。僕は細いゲルマン系少女には期待をしすぎないと心に決めているので、温かく見守ろうと思います。

さて、来週いや明々後日からは世界ジュニアがスタートするわけです。カンテーレは生放送しないわけですが、いいんです、もうそれは。去年はどうしてたか、朝起きて普通に映像チェックしてましたわ。世界ジュニアは2010年までストリーミングが全くなかったわけですよ。今年を2010年と思えばいいんだ。羽生と佳菜子1枠だけど大丈夫かな?ドキドキ。はいオッケー。さいたまワールドの時ぐらいのナタリーぐらいやさぐれるから、もうそれでいい。

該当の記事は見つかりませんでした。