Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

四大陸選手権 4日目 女子リザルト

女子LP
1 Polina EDMUNDS(アメリカ)122.99
2 Satoko MIYAHARA(日本)116.75
3 Rika HONGO(日本)116.16
4 Zijun LI(中国)115.64
5 Gracie GOLD(アメリカ)113.91
6 Gabrielle DALEMAN(カナダ)111.84 PB
7 Samantha CESARIO(アメリカ)111.81
8 Yuka NAGAI(日本)111.15 PB
9 So Youn PARK(韓国)110.28
10 Alaine CHARTRAND(カナダ)102.72
11 Song Joo CHEA(韓国)96.93 PB
12 Hae Jin KIM(韓国)95.89
13 Kailani CRAINE(オーストラリア)94.25 PB
14 Veronik MALLET(カナダ)87.23
15 Melissa BULANHAGUI(フィリピン)84.65 PB
16 Alisson Krystle PERTICHETO(フィリピン)74.24
17 Brooklee HAN(オーストラリア)73.34
18 Isadora WILLIAMS(ブラジル)71.28
19 Reyna HAMUI(メキシコ)66.01

女子リザルト
1 Polina EDMUNDS(アメリカ)184.02
2 Satoko MIYAHARA(日本)181.59
3 Rika HONGO(日本)177.44
4 Gracie GOLD(アメリカ)176.58
5 Zijun LI(中国)175.92
6 Yuka NAGAI(日本)168.09
7 Gabrielle DALEMAN (カナダ)167.09 PB
8 Samantha CESARIO(アメリカ)166.76
9 So Youn PARK(韓国)163.75
10 Alaine CHARTRAND(カナダ)161.22
11 Hae Jin KIM(韓国)147.30
12 Kailani CRAINE(オーストラリア)142.16 PB
13 Song Joo CHEA(韓国)139.09 PB
14 Veronik MALLET(カナダ)130.15
15 Melissa BULANHAGUI(フィリピン)126.32
16 Alisson Krystle PERTICHETO(フィリピン)115.87
17 Brooklee HAN(オーストラリア)114.02
18 Isadora WILLIAMS(ブラジル)113.96
19 Reyna HAMUI(メキシコ)105.94

カリアニ・クレインさんいろいろ成功をしていました。ハンナ・ミラーさんが昨シーズン使っていた曲ですね。あれ好きだったから曲も覚えている。

シャルトラン
3Lz shaky 3F 3Lo-2T 2A-1Lo-3S 3Lz shaky-2T ot 3Lo ot 2A
最初に入れられなかったシークエンスを後半に持ってきました。しかし得点源である得意の3Lzが両方決まらずでした。調子はよくもなく悪くもなくでした。

ソヨン
3Lz shaky 3S-3T so 3F shaky 3Lz-2T-2Lo 3Lo fall 2A-3T 2A
年齢的にジャンプは難しいのでしょうが堪えましたし、終盤立て直しました。韓国選手らしく上手な表現、ちゃんと死ぬジュリエットでありました。

セサリオ
3Lo-1Lo-3S 3T 3F 3Lz 3Lo 3F-2T 2A+2A
本日も予定していたジャンプは全ておりました。ミスはルッツでeがつくぐらいしか思い当たらないです。もう少し滑って行かないと点数は出にくいですよね。

永井
3Lz-1T 3Lz-3T 3F 2A-3T-2T 1Lo 3S 2A
彼女の三大イメージ デカいルッツ・パンク癖・コーチがりんごほっぺ 最初のコンボが抜けたから上手くリカバリーをしましたがループまで抜けました。抜けたらもう基礎点が0点いくつになるからどうしようもない。成功したジャンプの質はとてもよかったので爆加点がいただけそうです。見た目は大人びているけれど、シニアに混ざればまだまだジュニアの演技なんだなあと感じさせられます。

デールマン
3Lz-2T-2Lo 2A-3T 2Lz 3S 3Lo 2A 3Lo-2T tano
コンビネーションは全て入りました。後半のルッツは入りませんでしたが、かなりまとまった出来でありました。ローリー効果がモリモリ出ている感じです。とてもオフアイスの彼女からは想像できない哀愁である。キスクラでは「まあええわ、あと1位まで1ポイントやったのう。惜しいわ」と話してらっしゃいました。

本郷
3F-3T 3Lz 3Lo 3S 2A-1Lo-3S 3F 2A-2T tano
クイーンオブカルメンとの直接対決と相成りました四大陸選手権。りカルメンも負けてはおりません。ルッツでの原点はあるでしょうが、溌剌と若々しい演技はシニア1年目にいいです。多少トランジションが少なくとも勢いのアピールは大切だー。

エドモンズ
3Lz-3T 3F-1Lo-3S 2A 3Lz 3F 3Lo-2T 2A
他の北米選手が国内選手権より調子を落としている中、彼女は全米よりもジャンプが軽くなっているように見えました。彼女の問題はジャンプに注視するがあまり、音楽からそれが外れているところにあります。だからエレメンツがぶつ切りになって繋がっていかないという。これ全米の時も書いた気がする。PCSしぶちんの大会で5点台半ばまで伸びれば上出来ですね。

宮原
3Lz-2T-2Lo 3F so 3Lo 3Lz fall 2A-3T 3S 2A-3T
大先生が転倒するとは。でもこんなこともありますわな。今大会はシーズンで一番音楽に乗れていない印象を受けるので、調子の谷に入ってしまったのかもしれません。それでもきちんとジャンプを回ろうとがんばっていました。

ジジュン
3F-3T 2A-3T 3Lz 3Lo 3F 3S 2A
すげえ人気のジジュンさん。だって可愛いんだもの。最終2グループの中で一番ジャンプが成功するか心配でしたが、予定していたものが全て降りられてよかったです。ワイプの向こうのエドモンズに手振るジジュンかわいいいいいいいいいいいいいいいいい。加点が得られるところが少ないから点数が伸びないのはしゃーない。これを足がかりにまた上に行って欲しいです。

ゴールド
1Lz-2T 2A-2T df 3Lo 3F 3Lz 3S-1T-1Lo 2A
得点源の2つのコンビネーションので15点ほど失いました。ザヤるぞーザヤるぞーと思いながら後半見ておりましたが計算できる賢い子でした。信用していなくてごめんなさい。3Fは珍しく成功しました。直前までホップして、エッジをなんとかアウトにしないようにしているんですね。ゴールドに菓子与えんな!!!!!全米から、これまでの僕におけるゴールドの評価は一変したので、他選手比でPCS出てねーぞ。と思う反面、今回の演技はジャンプのミスで焦ったのか動きがガクガクだったのでしょうがないとも思います。トランジションがぶち抜いて高いのは納得です。一人だけリンクの使い方が全然違いますもん。

本郷のルッツ認定もらったのか。ゴールドのフリップも認定もらったのか。宮原もeついていないけど、他のテンプレでeや!がつく人は食らっているのが多いから、これはイエーーーーーイって喜べばいいのね。

今シーズン序盤のエドモンズの調子からこの結果を想像できた人はいないでしょうね。何が起こるか本当に分からないものです。四大陸選手権が終わり、ワールドに向けて国際Bが続いて行きます。リーザはババリアンオープン3Aで転倒でも1位、棄権はしましたがさらにもう1試合出るとの噂も聞きますがこれは本当なのでしょうか。ハイパークレイジーですね。今週末は3大会の国際Bが行われておりますが、その結果は明朝か明晩にでも。

該当の記事は見つかりませんでした。