Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユニバーシアード 2日目 ペアSP・男子リザルト

時々不安になる。僕は昔と変わらず、くだらないエントリーをアップし続けられているか。ためになるブログ?勉強になるブログ?そんなものは目指していない。くだらなさを常に追求している。真面目に不真面目かいけつゾロリ。

ペアSP
1 YU Xiaoyu / JIN Yang CHN 64.75
2 ASTAKHOVA Kristina / ROGONOV Alexei(ロシア)59.88
3 BAZAROVA Vera / DEPUTAT Andrei(ロシア)59.07
4 JAMES Vanessa / CIPRES Morgan(フランス)57.28
5 WANG Wenting / ZHANG Yan(中国)54.59
6 PALIAKOVA Maria / BOCHKOV Nikita(ベラルーシ)49.62

四大陸代表からあぶれてしまったユージンが順当に1位になりました。レベルの取りこぼしはありますがなかなかいい感じですね。アスロゴとバザデプは点差が近接しております。TESはアスロゴ、PCSはバザデプの方が上です。バザデプが3Tを-0.70で済んでいるのは嬉しい。ワシリエフの「わしがジャンプを直す!」ってやつは実現しつつあるというのか。アスロゴやバザデプに4点台をつけているジャッジがいるけど、何がお気に召さなかったのだろう。

そして大問題作ワンジャンが

パクっている。衣装だけではなく曲まで同じ。こういうのはジュニアだけにしとこうで。

カーズ29



男子LP
1 LIEBERS Peter(ドイツ)150.51
2 GACHINSKI Artur(ロシア)142.81
3 KOZUKA Takahiko(日本)140.55
4 KVITELASHVILI Moris(ロシア)138.27
5 GORSHKOV Gordei(ロシア)136.85
6 SONG Nan(中国)135.93
7 LAM Ronald(香港)131.37
8 HINO Ryuju(日本)127.38
9 PONSART Romain(フランス)123.58
10 LIU Jiaxing(中国)120.80
11 KASKA Pavel(チェコ)117.43
12 WALKER Stephane(スイス)114.65
13 RAYA Javier(スペイン)114.37
14 SPIEGL Ondrej(スウェーデン)112.56
15 RAKIMGALIEV Abzal(カザフスタン)110.61
16 VIRTANEN Valtter(フィンランド)110.18
17 BJORK Marcus(スウェーデン)105.33
18 IONIAN Mario-Rafael(オーストリア)103.06
19 FORGO Kristof(ハンガリー)101.87
20 ZANDRON Maurizio(イタリア)100.09
21 MONTOYA Felipe(スペイン)96.60
22 ARTAN Engin Ali(トルコ)93.24
23 KOLL Manuel(オーストリア)82.28
24 LEUNG Kwun Hung(香港)71.85

男子リザルト
1 LIEBERS Peter(ドイツ)223.74
2 KOZUKA Takahiko(日本)217.70
3 GACHINSKI Artur(ロシア)216.59
4 SONG Nan(中国)209.41
5 GORSHKOV Gordei(ロシア)203.16
6 LAM Ronald(香港)196.57
7 KVITELASHVILI Moris(ロシア)193.34
8 HINO Ryuju(日本)186.30
9 PONSART Romain(フランス)182.73
10 LIU Jiaxing(中国)181.98
11 RAYA Javier(スペイン)180.26
12 KASKA Pavel(チェコ)173.87
13 WALKER Stephane(スイス)173.65
14 SPIEGL Ondrej(スウェーデン)166.78
15 VIRTANEN Valtter(フィンランド)165.41
16 RAKIMGALIEV Abzal(カザフスタン)161.52
17 BJORK Marcus(スウェーデン)158.43
18 ZANDRON Maurizio(イタリア)154.22
19 IONIAN Mario-Rafael(オーストリア)151.33
20 FORGO Kristof(ハンガリー)148.76
21 MONTOYA Felipe(スペイン)145.92
22 ARTAN Engin Ali(トルコ)144.76
23 KOLL Manuel(オーストリア)137.02
24 LEUNG Kwun Hung(香港)119.69

リーベルスが優勝でした。冒頭の4Tを3Tにしました。3A-2Tのセカンドがシングルになった以外予定していたジャンプは全て成功しています。4Tまで戻っていないのだと思いますが、それよりもフリップにeマークがつかなくなったのに驚き。昨シーズンまで全弾命中というぐらいにeマークだったのに、アテンションすらついておりません。ユーロのSPでもつきませんでした。怪我したのにいつの間に矯正をしたのだ。

がっちゃんは新しく入れた4Sの方が4Tよりも少ないマイナスで済んでいるのか。こづはポロポロと失敗が出ましたがそれでもレベルはほとんど4ですし、苦手なループも入っているし、これはプラスに捉えておきましょう。ナンソンはそんなにミスしたわけでもないのにSPと同じく伸びない点数。加点が少ない、少ないよう。ポンサールは3A2本の構成に上げてきました。1本は降りられたので調子はいいのかもしれない。

そして大注目、ワールドのミニマムスコアが懸かっていたハビエル・ラヤさんは・・・・・TE52.77。ああああああああああああああああああああ遠い。まだ他の試合にエントリーはしているのでしょうか。

今大会12位になったパベル・カスカは今シーズン限りで引退をするようです。ルチエちゃんと滑って欲しかったんですけどね。もうベテランの年齢ですし、これからの人生がありますものね。どこで引退なのか分からないけど、おつやで!

現在ロシアジュニア選手権も開催されております。そちらの方は全日程が終了してからまとめてということで。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。