2015
02.01

ヨーロッパ選手権 5日目 ペアリザルト

ペアLP
1 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV(ロシア)137.81
2 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV(ロシア)129.73
3 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)125.89 PB
4 Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK(イタリア)117.44 PB
5 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)107.34
6 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)107.16
7 Mari VARTMANN / Aaron VAN CLEAVE(ドイツ)100.91
8 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER(オーストリア)93.01
9 Alessandra CERNUSCHI / Filippo AMBROSINI(イタリア)83.49
10 Minerva Fabienne HASE / Nolan SEEGERT(ドイツ)79.16 PB
11 Elizaveta MAKAROVA / Leri KENCHADZE(ブルガリア)78.65
12 Amani FANCY / Christopher BOYADJI(イギリス)77.79
13 Maria PALIAKOVA / Nikita BOCHKOV(ベラルーシ)74.94
14 Caitlin YANKOWSKAS / Hamish GAMAN(イギリス)74.13

ペアリザルト
1 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV(ロシア)207.67
2 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV(ロシア)201.11
3 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)183.02 PB
4 Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK(イタリア)175.39 PB
5 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)167.29
6 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)155.77
7 Mari VARTMANN / Aaron VAN CLEAVE(ドイツ)155.27
8 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER(オーストリア)136.80
9 Caitlin YANKOWSKAS / Hamish GAMAN(イギリス)123.42
10 Alessandra CERNUSCHI / Filippo AMBROSINI(イタリア)123.19
11 Minerva Fabienne HASE / Nolan SEEGERT(ドイツ)121.29 PB
12 Amani FANCY / Christopher BOYADJI(イギリス)118.92
13 Elizaveta MAKAROVA / Leri KENCHADZE(ブルガリア)117.65 PB
14 Maria PALIAKOVA / Nikita BOCHKOV(ベラルーシ)117.52

パリアコワ&ボチュコフ
セルブロックタンゴからのSing Sing Singという暴挙に等しい編曲。セルブロックタンゴはボーカル入れないと意味ない曲の一つなので、これはいかんですわ。女性のジャンプのミスが多かったです。最後のリフトは上げるのは良かったのに上げてからスピードが急になくなり、落としそうで怖かった。女性は鼻にピアスつけてるのな。すげえ。

ヤンコウスカスたちはほぼ全てのエレメンツを失敗しておりました。ヒエー。

アーロン・ヴァン・クリーブさんの髪の剃り方が甘く見えるのはペアの開催が遅いから伸びてきちゃったのか。

タラモロ
リフトが一つシェイキーになった以外エレメンツはクリーンでした。それにしても全く印象に残らない振付である。振付として入っている動きも止まってのものとか、シンプルなイーグルとか、見ていて「おっ」と思うものとかハイライトとして頭に残るものがない。特に表現が得意というペアではないし、一皮剥けるようなものに挑戦して欲しいです。

デラモデル
モデルさんが今大会3つのジャンプを全て成功するという快挙を成し遂げました。反対にデラモニカさんはジャンプの調子を落としつつあります。というかもうモデルのスケーティングが上手になりすぎて、ホントどうしちゃったの?っていうぐらいの変化率。おべっかでの「徐々に上手になってるよ><」ってやつじゃなくて、マジに上手になってるやつですわ。

ヴァネシプ
ツイストはいつものやつで、3連続は素晴らしく、3Sは抜け。そこまでは別にいいけど、今日はリフトが上げられませんでした。このプログラムの後半に入ってからのモタモタ感というか動きの悪さは気になるところ。シプレが筋肉つけすぎて体重くなってるんじゃないかと思えてくる。ちぐはぐ。

ストクリ
SPでもよくなかったスローフリップが今日はステップアウト。そして一番の大きなミススローを投げる前に男性がコケてしまい丸々エレメンツが1つなくなってしまいました。あそこはすさまじく滑るランディングでドヤドヤアアアアアアアとアピールするところなので、転倒でのボヤボヤとしたフィニッシュはPCSから見てもかなり印象が悪いでしょうね。

マルホタ
ベルホタと打ち間違えないように確認しながら名前を打つ。3Lzに関してはデュハラドより余裕があってクリーンですな。スローはSPがめちゃ低空だったけど今日はきちんと余裕のあるものでした。3Sの失敗が惜しかったし、スピンもまだまだ息は合っておりませんが、ツイストもいずれトリプルにして行くでしょうし楽しみです。リフトがさらに音楽に合うようになればPCSももっと上がりそう。組んで1年足らずでこれは、男性が経験者の組といえどすごいなあ。

川スミ
ソロジャンプ2本成功でもギャアアアアアアアアアなのに、スロークワドも成功でさらにギャアアアアアアアアアアアアアアアア。ソロジャンプ2本入ったから安全策に走っても勝てるでしょうにファイターですよね。コレオシークエンスの体の側面に乗って脚伸ばすダンスリフトに大歓声。あれはいいダンスリフトの使い方。スローループとリフトあたりちょっとグチャグチャーとなったけれど、それでもすごかったあああああああああああああうわあああああああああああああああ。今シーズン一番の気迫でした。

キスクラでの悠子ちゃんのガッツポーズを見られて嬉しかった。優勝するような演技でもそういう事はしなかったからビックリしました。日本語でも「どうもありがとうございました」と悠子ちゃん。

来年の枠は
3枠 ロシア・イタリア
2枠 フランス・ドイツ・オーストリア・イギリス
です。フランスはポポワが国籍(いや市民権?)を獲得したので、晴れてフランス代表でノボセロフと一緒に試合に出られることになりました。だから来シーズンは2組で出てきてくれるでしょう。

川スミはシーズン経るごとにプログラムが板についてきたのでワールドも期待したいです。上海開催なのでロシアや日本から応援も着やすいでしょうし、いい結果を残すことができればと思います。今大会はイタリアの2組がとてもよかった。特にモデルさんの上達と、マルケイの奮闘とホタレックさんまだ3Lz跳べるのか!っていうことに対して拍手です。

fghfg_20150201213916027.jpg

いい笑顔です。


back-to-top