Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーロッパ選手権 4日目 女子リザルト

男子の時の10倍ぐらい調子いい。

女子LP
1 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)141.38 PB
2 Elena RADIONOVA(ロシア)139.08 PB
3 Anna POGORILAYA(ロシア)125.71
4 Joshi HELGESSON(スウェーデン)109.52 PB
5 Angelina KUCHVALSKA(ラトビア)107.09 PB
6 Viktoria HELGESSON(スウェーデン)106.02 PB
7 Roberta RODEGHIERO(イタリア)102.73
8 Nicole SCHOTT(ドイツ)101.60 PB
9 Mae Berenice MEITE(フランス)100.63 PB
10 Laurine LECAVELIER(フランス)99.85
11 Nathalie WEINZIERL(ドイツ)97.98
12 Nicole RAJICOVA(スロバキア)95.66
13 Eliska BREZINOVA(チェコ)95.65
14 Anastasia GALUSTYAN(アルメニア)95.40
15 Eveline BRUNNER(スイス)91.97 PB
16 Natalia POPOVA(ウクライナ)89.06
17 Aleksandra GOLOVKINA(リトアニア)86.46
18 Sonia LAFUENTE(スペイン)83.07
19 Kerstin FRANK(オーストリア)82.98
20 Camilla GJERSEM(ノルウェー)81.28
21 Gerli LIINAMÄE(エストニア)79.85
22 Fleur MAXWELL(ルクセンブルク)77.11
23 Elene GEDEVANISHVILI(グルジア)73.68

女子リザルト
1 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)210.40 PB
2 Elena RADIONOVA(ロシア)209.54 PB
3 Anna POGORILAYA(ロシア)191.81
4 Joshi HELGESSON(スウェーデン)169.07 PB
5 Viktoria HELGESSON(スウェーデン)166.39 PB
6 Mae Berenice MEITE(フランス)156.47
7 Angelina KUCHVALSKA(ラトビア)156.37 PB
8 Roberta RODEGHIERO(イタリア)154.52 PB
9 Nicole SCHOTT(ドイツ)153.63 PB
10 Laurine LECAVELIER(フランス)151.43 PB
11 Nicole RAJICOVA(スロバキア)149.44
12 Nathalie WEINZIERL(ドイツ)148.78
13 Anastasia GALUSTYAN(アルメニア)147.18
14 Eveline BRUNNER(スイス)143.97 PB
15 Eliska BREZINOVA(チェコ)143.05
16 Natalia POPOVA(ウクライナ)138.27
17 Kerstin FRANK(オーストリア)133.72
18 Sonia LAFUENTE(スペイン)131.60
19 Aleksandra GOLOVKINA(リトアニア)131.47
20 Fleur MAXWELL(ルクセンブルク)128.47
21 Camilla GJERSEM(ノルウェー)128.10
22 Gerli LIINAMÄE(エストニア)124.31
23 Elene GEDEVANISHVILI(グルジア)122.88
WD Kiira KORPI(フィンランド)

キーラが出ていればもっと調子がよかったですけどね。発熱と腹痛で棄権となりました。はあ・・・。

ゲデ子
3Lz shaky-2T A-2T 3S df 3Lz df 3T-2T 3T 2A fall
ジャンプおうふ・・・ザヤ・・・。ゲデ子は結構ザヤ多い気がする。

ラフエンテ
3F fall 2A fall 3Lo-1Lo-2S 3Lo 2A 3T-2T 3T-2T
転倒が2つあるけれど、パンクがなかった分あまり悲壮感はありませんでした。いつもにも増して淡々とした動きだったのが曲調と相まって悲しい。

ゴロフキナさんとヤシェムさん連続でピアノ協奏曲。ふう。

レカヴェリエ
2A-1Lo-3S shaky 3Lz-2T 3Lo so 3F 3Lz shaky 3T 2A fall
後半にバタバタバターと失敗が続くことが多い選手ですが、今日は転倒が最後に出てしまったもののがんばりました。SPに比べると少し表現が分かりにくいかもしれない。

ポポワ
3F so 3Lo ot 3F-2T 3T fall 3S shaky 3S-1T 2A
バイオはラ・バヤデールになっているのに滑っている曲はサムソンとデリラのままなんです。これは何?並行世界に飛んだの?

マクスウェル
3S fall 3T-2T-1Lo 3Lo fall 1A 1S 2A 3T-2T
ジャンプの失敗が3つ出てしまいました。ワールドのミニマムを獲得するにはノーミス必須だったと思うので残念です。コンビネーションスピンのポジションは美しくて会場も沸いておりました。ああうつくしやマクスウェルさん。

フランク
2Lz 2S-2T 3T hd 3S 3T-2T 2A 2A
2Lzがビッグなのでトリプルにはならなかったけれど、たくさん加点をもらっておりました。ウィーンの高校生はみんなパーティーでウィンナーワルツを踊るためにレッスンを受けるらしいから、ウィーン出身のフランクさんも踊れるのかもしれない。この曲は入りやすいところがあるのでしょう。ジャンプの失敗はありましたが踊りやすそうでした。

ヴァインツィアール
3F 3S 3Lz fall 2Lo 3Lz-2T 3T 1A-2T
太鼓<ドンドンドンドンドン 少しジャンプで失敗はありましたがやっぱり上手になっているなあと思いました。中盤~終盤バタついてしまったけれど、芋臭さがなくなって本当によくなった。どこがどうとは言いにくいけど、前の彼女の演技って動きがベターっと張り付く感じだったのが、シュッシュシュシュとしているのですよ。でもSPもLPもショーガールっぽい路線にしてしまったのはなぜー。

クチヴァルスカ
3F-2T 3Lz ot 2A-3T 3T shaky 3S-2T-2Lo 3S 2A
ジャンプをしっかりと降りてきました。ロクサーヌとロミジュリのおかしな曲の組み合わせでした。これはどういうことなのか。ロクサーヌとジュリエットでロミオを取り合って、最終的にはジュリエットを裏切ってロクサーヌと駆け落ちするのかな?コレオシークエンスはスパイラルだけドーーーンで物足りなかったので、もう少し何か欲しかったです。サルコウの入りがループっぽいから騙された。コーチのおばちゃん嬉しそう。

ガルスチャン
3F-3T 3Lz 3Lo 3F 3S-2T-2Lo 1A 1A-2T
ジャンプの着氷はギリギリでしたが回転不足の方は大丈夫みたいです。最後の最後でアクセルに失敗が出ました。2つ目のアクセルなんて止まりそうなスピードからだったので、そりゃ降りられないよ。ジャンプをしっかり降りるというプログラムでした。

今大会の客あんまり手拍子しないなーって思ってたんですけど、やたらめったら手拍子するのはフィンランドでした。同じ北欧でもスキルが全く違う。

メイテ
2A 3Lz fall 3F hd 2A-3T shaky 2A-3T shaky 3Lo so 3S
彼女はビールマンスピンそれほど得意ではないですけど、腕のポジションで綺麗に見せることができています。お団子が不思議に見えたけど、これは編み上げたものをお団子にしているのかな?だから頭の位置が高いけど、そんなにカーチャン感が出ない。フランスチーム応援の日本人のお姉さん連日お疲れ様です。

ラジコワ
3Lz-2T 3T 2Lo df 3Lz 3Lo fall 2A-2T-2Lo 2A
ステップはSPの方が良かったと思います。SPのステップはよくフレーズを拾って表現できていたからこそプラスが並びました。スケーティングがまだまだなので、やはり表現でアピールして表現を稼いで欲しかったです。コレオシークエンスでバランスを崩して表現が削がれてしまったのが残念。最後のポーズからは精神的に「ああああああ」となってしまうのを表していると思うので、おっとっとという失敗でクライマックスがなかったですもの。というかジュニア選手はやっぱりこの曲やらんでくれやー。

ショット
3T so 3T-1Lo-3S hd 2A 3Lo so 3S-2T tano 2A 3T-2T
ジャンプの助走が長めで曲の表現ができていない箇所があるのは気になるところでした。ボーカルだけの曲でLPを通すとは思わなかったです。ボーカルありのところとなしのところを分けないと厳しい。時々一つの楽器だけで滑るスケーターがいるんですけども、よっぽどのトップの力がある選手でなければ、ダルーンとしたプログラムになってしまうので、編曲の力を使うのは大事だと思います。

スウェーデンのヴィクトリア王女とそのご家族がいらしておりました。世界ふしぎ発見で見たから知っている。

ブルナー
3Lz ot-2T 3S-1Lo-2F 3Lo-2T 3Lo fall 2A 1S 2A
音楽が鳴らないトラブルから演技を始めました。でもコンビネーションはきちんと3つ入ったしなかなかがんばったのではないかと。音楽がBGMのようになっていたので、まだまだこれからですね。演技終了で次に滑るロデギエーロさんの音楽が流されました。ひでえ。

ロデギエーロ
3Lz 3F 3T+2A 3T-2T 3Lo 2A 3S so
強い強い強いエビータでした。どーんとくらいふぉーみーーあーじぇんてぃーーなー、とボーカルが始まったところでも顔が強張ったままだったのですが、ジャッジ前でようやく柔らかい表情になりました。すぐにまた戻ってしまったのですが。野望を持った強い女を演じたロデギエーロさんでした。

ポゴリラヤ
3Lz-3T 3Lo-1Lo-3S 3F hd 3Lz hd 2A 2A 3Lo-2T tano
普通の選手からしたら全然いい演技なんですけど、彼女としてはあまりよくない出来でした。スピン2つのトラベリングや、コレオシークエンスも少し元気がなかったかなと。でもGPFもそうでしたけど、彼女はそんなに元気がなさそうな時もジャンプだけはパンクさせずに降りてくるんですよねー。PCSはいつもより下になってもしょうがないです。

ラジオノワ
3Lz-3T 3F 3Lz 3Lo-1Lo-3S 2A 2A 3Lo-2T
ナショナルに比べるとキレは落ちますが、それでもこの質の高さです。彼女の後半のジャンプのパートは常に目まぐるしく方向転換を行っていて、その中でジャンプを降りているので、どんだけ難しいんだろうかと思います。その複雑でグチャグチャーとした中から、音楽が盛り上がってコレオシークエンスでゆったり滑り、必殺レイバックで締める。いい構成ですわ。

ヴィッキー
3Lo+2A 3F 3S hd 3Lo 3T fall 2S-2T 2A
3Fの後のトランジションの振付とその加速が素晴らしかった。ステップも今日は本当によかったです。地元の大歓声の中でいつもより良く見えたのはあるかもしれないけれど、全盛期の彼女の美しいタッチの滑りが戻ってきたし、スピードも全盛期のそれになってきたと感じられました。転倒とパンクなかったら間違いなく泣いてましたわ。

リーザ
3Lz-2T-2Lo 3Lz 3F 3T-3T 3Lo 3S+2A tano 2A tano
マダアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアム!!!完璧!!!!!ジャンプの出来はリーザの方が上でした。基礎点の分をGOEでカバーしきれたと思います。9thリーザなのによくもまあこんなに動けますわ。ラジオノワとどちらのPCSを上にするかはもうジャッジの好みですよね。リーザはババリアンオープンにも出るのか。来月もリーザだよ。

ヨシ子さん
3Lz-2T tano 3T 3Lo so 3Lz so 3T-2T shaky 1S+2A 2A
この魔女さんプログラムは彼女のマスターピースになるでしょうね(今シーズン2回目)。滑りが本当に大きくなりました。ステップでの体の動かし方が上背を生かしたダイナミックなもので、ロシアの子供たちには絶対できないものですから、別の方向にアピールができます。観客の手拍子スキルの低さは説教したい。

リーザが優勝。今シーズンとのラジオノワとの勝負はラジオノワ→リーザ→ラジオノワ→リーザと五分になりました。次はいよいよ世界選手権です。ポゴリラヤはどうなるでしょうね。3位でもソトニコワ次第で代表外されるのか???でも今シーズン結果出してるのに外されたら、ロシアといえど気の毒すぎる。また僕のロシア連盟アンチが悪化する。

ヴィッキーとヨシ子さんは自国でいい滑りを見せることができて本当によかった。会場も上の方まで入っていて大会を成功へと導きました。

来年の枠は
3枠 ロシア・スウェーデン
2枠 フランス・ラトビア・イタリア・ドイツ
となります。スウェーデンはまたオルソンさんと3人で出てきてくれることを楽しみにしております。

女子で浄化されました。中位の選手もいい演技が多かったし成長も見られたし、いいイベントになりました。いい大会になりました。さようならー。ではなくて、まだ明日ペアがあるよ!!!

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。