FC2ブログ
2015
01.31

ヨーロッパ選手権 3日目 男子リザルト

あまりにもミスが多すぎて、感想に全然気持ちが乗っていない。自分で言うのもあれだけど読む価値は全くない。

男子LP
1 Javier FERNANDEZ(スペイン)173.25
2 Maxim KOVTUN(ロシア)157.47
3 Sergei VORONOV(ロシア)151.99
4 Alexei BYCHENKO(イスラエル)146.59 PB
5 Ivan RIGHINI(イタリア)143.30
6 Adian PITKEEV(ロシア)141.09
7 Michal BREZINA(チェコ)139.25
8 Peter LIEBERS(ドイツ)138.09
9 Daniel SAMOHIN(イスラエル)137.28 PB
10 Florent AMODIO(フランス)136.05
11 Alexander MAJOROV(スウェーデン)134.47
12 Petr COUFAL(チェコ)130.35 PB
13 Franz STREUBEL(ドイツ)121.73
14 Javier RAYA(スペイン)119.90
15 Pavel KASKA(チェコ)109.23
16 Justus STRID(デンマーク)108.77
17 Phillip HARRIS(イギリス)108.51
18 Yaroslav PANIOT(ウクライナ)107.99
19 Valtter VIRTANEN(フィンランド)106.49
20 Patrick MYZYK(ポーランド)103.61
21 Pavel IGNATENKO(ベラルーシ)100.62
22 Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)99.54
23 Larry LOUPOLOVER(アゼルバイジャン)88.28 PB

男子リザルト
1 Javier FERNANDEZ(スペイン)262.49
2 Maxim KOVTUN(ロシア)235.68
3 Sergei VORONOV(ロシア)233.05
4 Alexei BYCHENKO(イスラエル)220.22 PB
5 Michal BREZINA(チェコ)220.11
6 Peter LIEBERS(ドイツ)213.57
7 Adian PITKEEV(ロシア)210.87
8 Ivan RIGHINI(イタリア)210.75
9 Florent AMODIO(フランス)210.11
10 Daniel SAMOHIN(イスラエル)209.93 PB
11 Alexander MAJOROV(スウェーデン)202.57
12 Petr COUFAL(チェコ)187.82 PB
13 Franz STREUBEL(ドイツ)186.18 PB
14 Javier RAYA(スペイン)173.70
15 Phillip HARRIS(イギリス)173.67
16 Yaroslav PANIOT(ウクライナ)171.24
17 Pavel KASKA(チェコ)166.06
18 Valtter VIRTANEN(フィンランド)164.80 PB
19 Justus STRID(デンマーク)162.05
20 Patrick MYZYK(ポーランド)159.73 PB
21 Pavel IGNATENKO(ベラルーシ)156.41
22 Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)155.27
23 Larry LOUPOLOVER(アゼルバイジャン)139.29 PB
WD Chafik BESSEGHIER(フランス)

ベセギエさんはヒザの怪我で棄権となりました。ワールドまでには治してくれー。

ラヤ
3A ot 3F-2T 3A-2T 3Lz fall 3F 3T+2A 3S shaky 2A so
ルッツの転倒と同時に「ハッ!」て聞こえて笑い声が聞こえる。めちゃくちゃ行儀の悪い観客いるのかと思ったけど効果音だ。シェイキーな着氷が多かったです。あと少しでミニマムを超えられたのですが、なかなか難しいものです。マリーアマリーアとラブソングなのにコワモテ。2Aのあたりはスピードがなくて失敗してしまいそうな感じです。

イグナテンコ
3A so 3A 2F 2Lo 3Lz-2T 3Lz so 3T 2A+2A
ジュニアグランプリに比べれば、これはもういい演技と言って差し支えないと思います。滑りが昔よりも悪くなっていると思います。樋口先生風に言うと「いい練習ができていないんですかね~。」DJイグナテンコはこういう曲が好きなのでしょうね。ポッドキャストを配信しているのでIgnatenkoで検索するアル。

保護監察官ルカニンって感じ。

ストリード
3A 3F 3Lz so 3S shaky+2A 3T-2T 3F so 3T fall 2A shaky
3Aは成功するぞーっていうスッキリとした助走でした。コーチたちも大ジャンプ。ステップとコレオシークエンスは素晴らしかったです。ミスは多かったけれど、とても気持ちの入った演技でもありました。スウェーデンでこのプログラムを演じられてよかった。

ミュジックさんのプログラムの中盤でおっさんの喘ぎ声みたいなのが流れておりました。イヤホンをつけているから耳にダイレクトアタック食らってしまった。

シュトロイベル
4T 3A ot 3Lz 3Lo ot 3F so 3S-1T 3Lo fall 2A
大きな4Tを成功させたけれど、後半のジャンプで失敗してコンビネーションが入りませんでした。簡単に言うと悪いやつらを皆殺しにしちゃうぞ!っていう映画で気持ちがいいので、スカッとしたい方にはおすすめです。

クーファルは大技はありませんが全てのジャンプを降りました。淡々としていたのでもっとアピールできるようになっていけばいいですね。ほんの少し足りていなかったミニマムをクリアできたので、これでチェコは枠を無駄にせずに済みます。

ピトキーエフ
2T 3A-3T 3A 3Lz-2T 3Lo 3S-1T-2Lo 3Lz 2A so
お気づきだろうか。ピトキーエフサラバンド!モンハリサラバンド!タラモロサラバンド!ロシアの3番手がサラバンドを滑りまくっている。ということはサラバンドをプログラムに据えればユーロ代表になれるのか。スケアメと同じように計算力の高さを発揮しました。カルキュレーターアディアン。髪型が元に戻ってしまった。演技の感想はそうだなあ、がんばれー。
そ!し!て!!!!!トゥトベリーゼがデニムのファーコートを!!!!!!!!!!!!やったあああああああああああああああついにきたあああああああああああああああああああああああああ代名詞!!!むしろあれが本体!落ち着く。

サモーヒン
4T-3T 4T so 3A so 2Lo 3Lz-2T 3Lz hd 3S ot 2A-2T
リアム・フィルスとミーシャ・ジーを足して情緒を漉し取ったような滑りでした。合っていないところもあるけど、もうオッケーです全然オッケーです。と岡部さんに言わせてしまう演技でした。最後まで動きが衰えなかったので小さなミスが重なっても、演技全体の印象が悪くもなりませんでした。最後のエレメンツがコレオシークエンスではなくてステップだというのはなかなか挑戦的ですね。

元バリエフ
3A 4T fall 3F tano-2T 3Lz tano 3Lz tano-1Lo-3S df 3Lo df 2A-2T 3T
タノるよりまず降りようぜルッツフリップ このプログラムはファーストインパクトが一番強くて、見る度にどうしてこんな組み合わせに・・・と思えてくる。でも観客受けは絶対いいし盛り上がる。難しいところですねえ。

ハリス
3A-2T 2Lz-2T 3A fall 2Lz 3Lo 2F 1S 2A fall
3Aの転倒で右手をついてしまって、中断になるかと思いましたが続行しました。しかしその後のジャンプはほとんど失敗でした。成功したトリプルが2本だけという厳しい結果です。なぜSPと同じく鎧なんだろう。脚が長くないから好感の持てる選手。

マヨロフ
3A 3Lz-3T 3Lo 3Lz fall 2F 3F hd 3S 2A
近未来SFっぽい紫衣装から骨衣装に。ハイパーに意味不明です。このプログラムの意味を教えてくださいお母様。怪我の影響はまだまだ見られます。前半からすでにスケートが浅いですし、後半のジャンプのところはしんどそうでしたし、コレオシークエンスは足が上がっていなくて一生懸命こらえていたという感じ。2つ立ち止まるところがありますが、長めで少し目立ちました。しかし自国開催の大会でよくがんばってくれました。

ビチェンコ
3A 4T 3Lz-1Lo-2S 3Lo 3F-3T 3Lz-2T 3F 2A
ビチェンコさんの4Tは今回の出場している選手だとヴォロノフに次ぐぐらい安心して見られます。なんですくんやコフトゥンよりもよっぽど安心して見られる。ルッツの方が怖い。トランジションやディープエッジなんて関係ない、とにかくジャンプ!決めたああああああああああああ!SPみたいにワルツじゃないからこんな荒々しさもハマっちゃう。インタープリテーションの低さが輝かしい。

なんですくん
4T 3S-3T 3A 4S fall 3F-1Lo-2S 3Lo 2Lz-2T 3T
この3クワド構成だとTESは105点ぐらい出るので失敗分のGOEや基礎点を引いても80点台で下げ止まります。ここまで転倒が点数に影響しないと、ディダクションそのものの減点変えていいかもしれません。1.5なり2.0にするとか、1回目は1.0、2回目は1.5、3回目は2.0にするとかね。

リーベルス
4T fall 3A-2T shaky 3Lz fall 3A so 3Lz-1Lo-2S 3S 3Lo 3T
万全ではない中で4Tに挑戦してきました。回転は足りているのでそれだけでもすごいなと思います。彼比でかなり単調な演技になっていたので、滑りきるのがやっとだったのかもしれません。LP4分半やりきるのはしんどいでしょうね。

アモディオ
3S df 3A ot-2T 3F 3A so 3Lz 2S-3T so 3Lz-1Lo-2S 2A
今日はジャンプが8回でした。闇が深い。2代目トラか。いやもっと深い。

ヴォロノフ
4T df-3T 3A-2T 3T 3Lz 3A so 1S 3Lo-2T-2Lo 2A
ジャンプのミスがいくつが出ました。大事なところでよくない出来でしたけど、今回はどの選手よりもミス増量なので仕方のない面もあります。耳に馴染んでしまっている変なきょくー変なきょくー。

コフトゥン
4S so 4T hd 3A so 3A df-2T 3Lz-3T 3Lz 3S-2T 2A
このプログラムの後半のジャンプが始まるところのボーカルがどうも合わなくて。コフトゥンの能力そのものが上がっていることはその滑りから測り知ることができるのですけどね。

ミハル
3A 3T 4S fall 4S fall 1A-2T 3Lz so 3Lo 3F-1Lo-2S
4回転を1本にして確実な構成で行くという戦法もありますが、彼はまんべんなくジャンプを失敗する族なので、確実に行ける保証がないです。4Sはスピードがなかったので失敗しそうだったので案の定でした。スケートは美しいけどなあ。

来シーズンの枠は
3枠 ロシア
2枠 スペイン・イスラエル・チェコ・ドイツ・イタリア・フランス
となります。イスラエルもうすぐで3枠というところでした。

ここまでジャンプの崩壊する大会もないですね。氷が滑りすぎて踏ん張りがきかないのか?ビチェンコさん来年の目標の5位どころか4位じゃないですか。表彰台の3人はみんなモロゾフが担当したことある・・・モロめ、名前だけ出てきおった。モロゾフはトランポリンなのか。

明日は女子だけ。どうか今日みたいな状態になりませんように。エンディングにストリードさんの映像を入れたところにJスポの愛を感じた。
back-to-top