FC2ブログ
2015
01.30

ヨーロッパ選手権 2日目 女子SP

めとめがあったらーみーらくーる

女子SP
1 Q Elena RADIONOVA(ロシア)70.46 PB
2 Q Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)69.02 PB
3 Q Anna POGORILAYA(ロシア)66.10
4 Q Kiira KORPI(フィンランド)60.60
5 Q Viktoria HELGESSON(スウェーデン)60.37 PB
6 Q Joshi HELGESSON(スウェーデン)59.55 PB
7 Q Mae Berenice MEITE(フランス)55.84
8 Q Nicole RAJICOVA(スロバキア)53.78
9 Q Nicole SCHOTT(ドイツ)52.03
10 Q Eveline BRUNNER(スイス)52.00 PB
11 Q Roberta RODEGHIERO(イタリア)51.79 PB
12 Q Anastasia GALUSTYAN(アルメニア)51.78 PB
13 Q Laurine LECAVELIER(フランス)51.58
14 Q Fleur MAXWELL(ルクセンブルク)51.36 PB
15 Q Nathalie WEINZIERL(ドイツ)50.80
16 Q Kerstin FRANK(オーストリア)50.74 PB
17 Q Angelina KUCHVALSKA(ラトビア)49.28 PB
18 Q Natalia POPOVA(ウクライナ)49.21
19 Q Elene GEDEVANISHVILI(グルジア)49.20
20 Q Sonia LAFUENTE(スペイン)48.53
21 Q Eliska BREZINOVA(チェコ)47.40
22 Q Camilla GJERSEM(ノルウェー)46.82
23 Q Aleksandra GOLOVKINA(リトアニア)45.01
24 Q Gerli LIINAMÄE(エストニア)44.46
25 Birce ATABEY(トルコ)44.17 PB
26 Karly ROBERTSON(イギリス)43.91
27 Pernille SORENSEN(デンマーク)43.60 PB
28 Giada RUSSO(イタリア)43.13
29 Dasa GRM(スロベニア)43.10
30 Helery HÄLVIN(エストニア)43.10 PB
31 Niki WORIES(オランダ)42.53 PB
32 Netta SCHREIBER(イスラエル)42.45
33 Ivett TOTH(ハンガリー)39.16
34 Micol CRISTINI(イタリア)38.43
35 Julia SAUTER(ルーマニア)36.70
36 Daniela STOEVA(ブルガリア)35.70
37 Janina MAKEENKA(ベラルーシ)33.78
38 Agata KRYGER(ポーランド)29.34

リトアニアのゴロフキナさん美人。インガさんといい、スタグなんとかさんといい、アンブルレヴィチウスさんといい、リトアニア人はみなさんお顔が美しい。ブスは死する国なのか。

スイスのブルナーさん名字はドイツ系だけどお顔はアジア系だ。お母様がそちらの方なんだろうか。キスクラにゾルタンいない。残念。

マクスウェル
3S-2T 2A 3T
熱狂的なファンがいることで有名なフルール・マクスウェルさん。かなりジャンプの回転が怪しかったですが無事におりました。スピンのレベルを取りこぼすことも時々ありますががんばりました。最年長とは・・・いやはや時代が変わりました。美人だなあ。キスクラに座るルカニンがおじちゃんに。

エストニアのハルヴィンさん名前は知っているけど初めて見ました。ぴかぴかプラチナブロンドの超美人じゃないか。マークしとこ。

フランク
3T-2T 3S 2A
非常に力強いジャンプでありました。ユーロの10番台の選手に珍しくというか、全世界的に稀にジャンプ3つをプログラムの中に散らした構成なのがいいなって思います。全てに加点がもらえそう。いい太ももでした。

ゲデ子
3Lz-2T shaky 3S fall 2A
腕がガリガリで心配になるレベル。GPSより細くなっているではありませんか。途中に入れたスパイラルは素晴らしかったです。ステップで体が持っていかれることがしばしば見られますが今日はそれはありませんでした。脇処理は安定の甘さ。ワールド脇処理甘い選手権でメダル獲得できる。

ガルスチャンの低空ジャンプを見ると、あと何シーズン高難度のルッツフリップを入れられるか心配になってくる。

ラフエンテ
3F-2T 3Lo 2A
だあああああああああああああああああああああああああああああジャンプ復活きたああああああああああああああああああああああああよかったよおおおおおおおおおおおおおおおお!少し表現に物足りない部分はあったけれど、でも降りられてよかった。

クチヴァルスカ
3T-3T so 3Lz 2A df
昨日のグルグルして演技スタートする人たちのカルメンが浮かぶ。荒削りの演技ではありますが非常に躍動感があって若々しくて可愛らしかったです。チャキチャキとしていたので、もっとゆったりと女性らしさを見せるところがあってもよかったのかもしれない。コーチの反応かわいい。

ルッソー
3Lo fall 3S so 2A
連続カルメンでした。ジャンプ2つでの失敗のせいで点数は出ませんが、すごく素敵な雰囲気でした。クチヴァルスカさんと年齢が一つしか違わないのに、えらくこちらの方が年齢が上に見えました。ジャッジへのアピールすごかったー。

ブレジノワ
3T-2T shaky 3Lz 2A
フライングキャメルは抜群に安定しておりましたがその他のエレメンツの表現が気になるところ。音楽のリズムからエレメンツが乖離してしまっているように見えてしまうので。カメラを真っ直ぐに見据えてぶつぶつと呟く父怖いよ。

ラジコワ
3Lz-2T 3Lo 2A
今シーズン見違えるほど上手になった選手の一人です。本当に女性らしくなりました。ジャンプの確率が上がったことが成績が上向きになった一つの要因ではありますが、ステップの緩急の付け方が音楽と非常にマッチしていて、自らが音を奏でているような美しさがありました。間の取り方もよかった。全ジャッジにプラスにしていただきたいステップでした。気になるのは最後の最後の編曲ぐらい。ユーロ、ワールドで毎年見る選手になって欲しいです。

ロデギエーロ
3T-2T 3F 2A
千鶴さん「レットイットゴー、レリゴーでしたね」そう、この映画のモデルはスウェー・・・・・ノルウェーでした。9割5分の人がナショナルチャンピオンになると思われていた裏1番手ロデギエーロさんが力を発揮してきました。この曲ですら強!強強強!最初から何も悲観していないぐらいの強さ。

レカヴェリエ
3Lz-2T 3F fall 2A
なんかスケーティングが上手になっているような気がする。ルッツの前の助走と、ステップの途中の右足左足と踏みかえる動作が対比になっている気がして、しかもそれが雰囲気たっぷりで素敵でした。フランス女子=粗いというのを壊してくれる。ジャンプ降りてー。

ヴァインツィアール
3F fall 3Lz-2T 2A
衣装がメガシンカしている。黒だったのにグレーとパープルになった。国際舞台に慣れてきたのがシュッとして垢抜けた印象も受けます。それに昨シーズンのこのプログラムでのセカセカ滑る感じが取れて、力を抜くような動きも見られるようになりました。怪我はあったけどシンカしてるぜナタリー。

キーラ
3F-2T 3Lo 2A hd
フライングシットスピン上手になりすぎて笑ってしまう。なんつー速さに成長しているんだ。その後の小さな音の拾い方も見事の一言。彼女の最大の課題である足首の硬さもかなり緩和されているように思いますし、肩の可動域の狭さも解消されておりました。すごく体を大きく使えていました。3T-3Tは今は跳べないのかもしれませんが、怪我をする前よりも何倍も魅力的なスケートをする選手へと変わっていました。涙の出る感動ではなく、いいものを見せてもらったという、心がポカポカする感動が生まれました。今回の演技で7点台中盤なんて笑ってしまうわ。

ポポワ
3F 3S-2T 2A ot
大きなミスはありませんでした。キーラの後に滑ると、どうしても滑りの軌道の真っ直ぐさが気になってしまいます。悪い演技ではなかったのですがね。

ポゴリラヤ
3Lz-3T 3Lo 2A
GPFあたりからおかしな2Aを跳ばなくなってきました。非常にジャンプは安定しておりました。体の使い方が非常に大きくて気持ちがいいです。表現はもう一枚殻を破る必要がありそうですか。

リーザ
3T-3T tano 3Lz 2A tano
3つのジャンプ全て+2以上という感じでした。というか全てのエレメンツで+2以上もらえそうな感じでした。本当に体がよく動いていたと思います。彼女に足りないところは一歩一歩をデカく滑る技術だと思うのですが、それを身に付けるにはどうしたらいいんだろう。

ヨシ子さん
3Lz 3T-2T tano 2A
さいたまワールドに並ぶヨシ子さんキレッキレパフォーマンスでした。彼女はセカンドジャンプが回転不足になりやすかった選手ですが、それは解消されてきたようです。ひとつひとつのタッチがかなりディープになって姉に負けないぐらいの滑りを見せてくれるようになりました。そしてステップのあの素早い動きの連続を余裕を持って、本当にかっこよかった。もし僕がジャッジなら+2は確実につけたいなって思います。上手になりました。

メイテ
3T-3T 3Lz hd 2A
3Lzはステップから長い助走に入らないようにすぐ跳ぼうとして、きちんと体勢を作れないまま踏み切ってしまったように見えました。でもきちんと「SPの要素」をこなそうとするところに非常に好感が持てます。ルッツやループで普通のジャンプやる選手多すぎるんですもん。このお団子の位置はミセス感、もしくは数年前の絢香感が出てしまうのでお嬢さん方には避けていただきたいですが、このプログラムにおいてはゴスペルシンガーっぽさを出すのにいいと思います。

ラジオノワ
3Lz td-3T 3Lo 2A
今回こそダメ・・・かと思いきや降りてしまう3Lz-3T。コケない。背中に貼ったテーピングの箇所の怪我は影響ないのでしょうか。常にぐるぐるぐるぐると描く軌道も体の動きも複雑で見ごたえがあります。このプログラムの穴はジェニファー・ロペスのみ。

ヴィッキー
3T-2T 3Lo 2A
ああ・・・スウェーデンに女神が微笑んだ。ノーミスなんて久しぶりで久しぶりで。全てに流れのある演技でした。転倒がなければこんなに綺麗にできる選手なんだなあと思います。地元で本当によかった。最終滑走+地元点はあると思いますが、それを差し引いても順位は妥当かと。

本日際立ってよかったのがキーラ。それからヨシ子さんも素晴らしかったし、ラジコワとヴァインツィアールは着実に上手になっていると思いました。残念ながらSP落ちですがジャダ・ルッソさんにはこれからも表現の部分で注目して行きたいです。

スウェーデンはこの調子で3枠に戻してくださいまし。そんでもって大会を盛り上げてください。
back-to-top