2015
01.29

ヨーロッパ選手権 1日目 アイスダンスSD

バイブで起きられた。わし見た。

アイスダンスSD
1 Q Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)71.06 PB
2 Q Elena ILINYKH / Ruslan ZHIGANSHIN(ロシア)69.94 PB
3 Q Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)69.63
4 Q Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)64.95 PB
5 Q Federica TESTA / Lukas CSOLLEY(スロバキア)62.91 PB
6 Q Sara HURTADO / Adria DIAZ(スペイン)62.59 PB
7 Q Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)62.10
8 Q Nelli ZHIGANSHINA / Alexander GAZSI(ドイツ)61.98
9 Q Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN(デンマーク)61.69 PB
10 Q Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND(イギリス)60.16
11 Q Ksenia MONKO / Kirill KHALIAVIN(ロシア)58.34
12 Q Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN(ウクライナ)54.66
13 Q Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR(トルコ)53.27 PB
14 Q Irina SHTORK / Taavi RAND(エストニア)52.01
15 Q Natalia KALISZEK / Maksim SPODIREV(ポーランド)51.69 PB
16 Q Carolina MOSCHENI / Adam LUKACS(ハンガリー)51.44
17 Q Allison REED / Vasili ROGOV(イスラエル)49.74 PB
18 Q Barbora SILNA / Juri KURAKIN(オーストリア)49.27
19 Q Cortney MANSOUR / Michal CESKA(チェコ)47.33
20 Q Olesia KARMI / Max LINDHOLM(フィンランド)46.98
21 Jennifer URBAN / Sevan LERCHE(ドイツ)43.07 PB
22 Celia ROBLEDO / Luis FENERO(スペイン)42.89
23 Misato KOMATSUBARA / Andrea FABBRI(イタリア)42.83
24 Taylor TRAN / Saulius AMBRULEVICIUS(リトアニア)42.72 PB
25 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV(ベラルーシ)42.40
26 Olga JAKUSHINA / Andrey NEVSKIY(ラトビア)40.40
27 Tatiana KOZMAVA / Aleksandr ZOLOTAREV(グルジア)40.20 PB
28 Cecile POSTIAUX / Richard POSTIAUX(ベルギー)37.37 PB
29 Katarina PAICE / Yuri EREMENKO(スイス)30.32 PB
WD Olivia SMART / Joseph BUCKLAND(イギリス)

イリジガ
いい演技でした。このグループにいるので動きが段違いです。この派手さは分かりやすいし、安定した演技を繰り返してとにかくミスが少ないのはデカいです。ソイヤソイヤパーシャルの長さは人によっては気になるかもしれません。フィギュアスケートとフラメンコなんて対極にあるから余計に難しい。レベル取りこぼしまくってたイリニフがステップのレベル取れるようになったのが感慨深い。解散してよかったんだ。

フルソレ
マラゲーニャ過労気味。パーシャルの最後のパートはタイミング違反が取られやすいけど、振付を入れるならキーポイント2と3の間のところだから、持って行かれやすいのであろうか。スムースに行けない組が多い。70年代歌謡みたいなマラゲーニャでした。

ウチャルさん
今日は特にちゃんと演技を見てみました。このカップル男性がシングル出身だけあって、どうも動きがシングルから抜けていないのですよね。相手がいるというところまで注意が行っていなくて、まるでソロでダンスをしているよう。パターンダンスもそれぞれが滑っている感じがする。そして唐突に「オレ!」とフィニッシュになっても、え???となってしまう。男女の表現が向いているカップルではないとも思える。

シュトラン
ナショナルの演技を見ていなかったので久しぶりの彼らの演技でした。フラメンコは彼らというか「彼」には最も懸念があるテーマです。ツイズルの前とパターンダンスの前の漕ぎがものすごく気になります。ジュニアのペアがリフト上げるような大きな間でした。フリーレッグにバラつきがあってそれも相当目に入りました。そしてこの音楽、ジュベの悲劇のフラメンコじゃないフラメンコ思い出す。

ウルディア
ここにきてハマってきた感じがするスパニッシュ。スペイン人なのに外国人振付ならその意味がないのでナハロさんに振付してもらってよかった。彼はダンスの振付には親和性高いからいいですわ。スピードがあってよかった。ウルディアの顔がそれぞれマリパトに似てきた。マリーさんは老けないけど、パトリスはちょっと老け出した。

モンハリ
ツイズルで女性が失敗していきなり失敗からの出だし。パーシャルでレベルもとれませんでした。男性の動きと表情がいつも以上にキレキレだったのと反対に、女性はよくなかったように見えました。点数がああ・・・。

テスチェレ
セカンドツイズルでズレかけたけどサードで美しくまとめました。カーブリフトはいつも以上に落としたように見えました。とうとう失敗がきたかと思ったけどあれは成功だったようで。前の2組に比べると少し滑らないかなあと。特に女性の滑りが。ディダクションはあったけど60点を大きく超えた!!!

ナザニキ
大人たちの中に入ると子供感が際立つ。ロシア人はどうして白いマタドールにしたがるのだろう。いっっっっっっつも黒い衣装ばかり着せるのに。実にスタンダードなパソドブレの音源を使用しておりました。普通っていいですね。

ステブキ
GPSでレベルを取りこぼし続けていたシットツイズルは今回レベル4の認定がもらえました。大衆受けも非常に良好でした。こんなに脚の長さと細さを見せ付けることに特化しまくったプログラムもそうはない。10箇所ぐらいアピールするところがあるんですよー。ミッドラインもう少し滑ってくれたらさらによくなりそう。

カペラノ
白ドレスは挑戦的でよかったけど、いつものカペラノの赤と黒になりました。十分これも素敵ではあるんですけどね。最初のツイズル仕様のゆったりテンポのスペイン奇想曲は気になりました。エレメンツが終わった後はファンダンゴなんですね。選んでいるカップルが全然いないので初めてバイオで見ました。ホールド組んでねっとりじゃなくて、男女で楽しくカスタネット鳴らして踊るものらしいです。

ギニャファブ
ギニャールさんの衣装の背中部分はお花がギラギラでとっても素敵なんです。しかも背中の部分がストール風デザインで浮くようになっていてそれがなんともエロい。前髪カールさせて垂らしているのが、100年前の田舎の名家のお嬢さんみたいで、ダンサーと恋に落ちるみたいな妄想ストーリーが構築しやすくてありがたい。キレキレで調子が良さそうでした。

パパシゼ
他のカップルがパターンダンスがおまけのように見えるのに対して、この組はメインに見えます。それぐらい柔らかなタッチで気持ちいい滑りを見せてくれました。前のカップルと同じ曲なのにそれが全然気にならない。ってこともないけど、やっぱり魅せますわ。スケーティングスキルに関してはカペラノ抜いた感はある。

ペニコラ
ミッドラインの後加速が気持ちいい。知らぬ間にギアを一段上に入れておりました。クラッチ上手に踏めるんだなあ。パターンダンスでのホールドはかなり無理があるように見えます。ユーロと抜群の相性をほこっている彼らですがちょっと出遅れ。

ジガガジ
ツイズルでレベル4を獲得しました。最近ほとんど失敗していたので獲得できて何よりです。ミッドラインはエッジが不安定に感じました。2人とも年齢的な要因が大きいのでしょうか。初日の最終種目最終滑走だったのは、子供たちにこのストーリーを見せないための見えざる力が働いたのだな。

メダル争いは上位3組に絞られました。どの順番になるのか分からない。この氷はクワド向きじゃなくてダンス向きだったのか。大抵の選手がいつもよりいい滑りでしたもの。



back-to-top