FC2ブログ
2015
01.27

四大陸選手権エントリー

http://www.isuresults.com/events/fsevent00051600.htm

台湾じゃねえ、ソウルだ。時差なくて体に優しい四大陸。

男子
1 Denis MARGALIK ARG 1
2 Andrew DODDS AUS 2
3 Brendan KERRY AUS 2
4 Liam FIRUS CAN 3
5 Nam NGUYEN CAN 3
6 Jeremy TEN CAN 3
7 Yuhang GUAN CHN 4
8 Yi WANG CHN 4
9 Han YAN CHN 4
10 Jui-Shu CHEN TPE 5
11 Chih-I TSAO TPE 5
12 Ronald LAM HKG 6
13 Harry Hau Yin LEE HKG 6
14 Takahito MURA JPN 7
15 Daisuke MURAKAMI JPN 7
16 Shoma UNO JPN 7
17 Abzal RAKIMGALIEV KAZ 8
18 Denis TEN KAZ 8
19 Julian Zhi Jie YEE MAS 9
20 Michael Christian MARTINEZ PHI 10
21 Se Jong BYUN KOR 11
22 Jin Seo KIM KOR 11
23 June Hyoung LEE KOR 11
24 Jason BROWN USA 12
25 Joshua FARRIS USA 12
26 Adam RIPPON USA 12
27 Misha GE UZB 13

さてデニス・テンくんさんは今大会こそメダル獲得なるか?GPSのメダル獲得という第一の壁を壊したので、ここで第二の壁を壊していただきたい。ドルジさんはシーズン前半の試合に出ていなくて引退しちゃったのかな?と思っていて、ナショナルに出場し、今回無事に出てまいりました。ハンヤン元気かなー?それから注目なのがアルゼンチンのマルガリクさんへアルゼンチン国旗がたくさん上がるかですね。

女子
1 Kailani CRAINE AUS 1
2 Brooklee HAN AUS 1
3 Isadora WILLIAMS BRA 2
4 Alaine CHARTRAND CAN 3
5 Gabrielle DALEMAN CAN 3
6 Veronik MALLET CAN 3
7 Zijun LI CHN 4
8 Rika HONGO JPN 5
9 Satoko MIYAHARA JPN 5
10 Yuka NAGAI JPN 5
11 Reyna HAMUI MEX 6
12 Melissa BULANHAGUI PHI 7
13 Alisson Krystle PERTICHETO PHI 7
14 Song Joo CHEA KOR 8
15 Hae Jin KIM KOR 8
16 So Youn PARK KOR 8
17 Samantha CESARIO USA 9
18 Polina EDMUNDS USA 9
19 Gracie GOLD USA 9

ミニマムの影響を最も受けている女子。かつての半分まで参加人数が減りました。新興国の掘り起こしは永久に無理なのか・・・・・いやでもほとんど在米の移民2世だけど・・・・・でも寂しい。タイとかいないの寂しいわけ。一番驚いたのはメリッサ・ブランヘイギーの名前があったこと。全く試合に出ておらず既婚者で、夫が軍人なので転勤うんぬんとかあるだろうし、てっきり引退したのかとばかり。ちうごく・・・・・一人?

ペア
1 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD CAN 1
2 Lubov ILIUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH CAN 1
3 Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO CAN 1
4 Qing PANG / Jian TONG CHN 2
5 Cheng PENG / Hao ZHANG CHN 2
6 Wenjing SUI / Cong HAN CHN 2
7 Narumi TAKAHASHI / Ryuichi KIHARA JPN 3
8 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER USA 4
9 Tarah KAYNE / Daniel O SHEA USA 4
10 Alexa SCIMECA / Chris KNIERIM USA 4

ほいテンプレー。333の1のテンプレー。パントンが復帰してどのような順位、中国の中でどのようなPCSのつけられ方になるのかに注目です。どこまで体のキレが戻っているでしょうか。スイハンは再びスロークワドの練習をしているみたいですが、勝つためには必要なことだと思うのでぜひ成功させて欲しいです。スロークワドやクワドツイストがいっぱいだー。

アイスダンス
1 Piper GILLES / Paul POIRIER CAN 1
2 Alexandra PAUL / Mitchell ISLAM CAN 1
3 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE CAN 1
4 Shiyue WANG / Xinyu LIU CHN 2
5 Yiyi ZHANG / Nan WU CHN 2
6 Yue ZHAO / Xun ZHENG CHN 2
7 Emi HIRAI / Marien DE LA ASUNCION JPN 3
8 Cathy REED / Chris REED JPN 3
9 Karina UZUROVA / Ilias ALI KAZ 4
10 Pilar MAEKAWA MORENO / Leonardo MAEKAWA MORENO MEX 5
11 Rebeka KIM / Kirill MINOV KOR 6
12 Madison CHOCK / Evan BATES USA 7
13 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER USA 7
14 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI USA 7

北米に次ぐ位置にくるのはリード組かそれともワンリュウか。国際評価はどちらが上になるのでしょう。キムミノも直接対決初めてか。そうかそうか。かなヒロはユニバーシアード代表から外れて、こちらに入ることに一縷の望みを持っていましたが残念です。そうですね・・・・・カップル競技なんていろいろありますものね。韓国の新しいカップルは何で出ないんだ。ホジュン・リーは前に韓国で世界ジュニアやってた時に女子シングルに出た女の子だ。韓国はカップル競技がんばってるなー。ペアの方は1組ナショナルに来なかったけどなー。

明日からはユーロです。早いです。間隔が狭いです。
back-to-top