2014
10.26

スケートアメリカ 2日目 女子SP

女子SP
1 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)67.41 PB
2 Elena RADIONOVA(ロシア)65.57
3 Gracie GOLD(アメリカ)60.81
4 Samantha CESARIO(アメリカ)58.96 PB
5 So Youn PARK(韓国)55.74
6 Elene GEDEVANISHVILI(グルジア)55.39
7 Mae Berenice MEITE(フランス)53.98
8 Haruka IMAI(日本)53.79
9 Natalia POPOVA(ウクライナ)50.70
10 Mirai NAGASU(アメリカ)49.29
11 Brooklee HAN(オーストラリア)47.38

ゲデ子
3Lz-2T 3T shaky 2A
ヴィッキー、レオノワと並びベテラントップ3になったゲデ子様。ロシア→アメリカ→カナダ→アメリカ→カナダとえらく練習拠点が変わっておりましたが再びアメリカ・ハッケンサックに参りました。振付がモロゾフということで、いかにもな振付でありましたがゲデ子にはモロゾフ合っているからいいのではないでしょうか。レベルが全然取れていないところもゲデ子らしい。レベルを求めるなんて無粋という域ですもの。

ソヨン
3S-3T 3Lz so 2A
オフの間に丸々となっていたら・・・という不安は払拭された。パキッパキッとした演技でした。彼女は他の韓国女子とは一線を画した正統派だからこそ余計に目に入ってしまうのかもしれない。僕は彼女のこのプログラムのステップはよく音を拾えていて好きなのですけど、加点があまりついていなくて残念でした。エッジはちょっと浅かったから仕方ないかな。インタープリテーションこんなもんか。

ポポワ
3F 3S-2T 2A
昨シーズンと同じプログラムです。オリンピックの時にも思ったことですが余韻、抑揚、哀愁の表現が足りないのですよね。特にステップに注目しておりました。そしてこれは彼女だけの問題ではないということも思いました。ステップで常にターンをしているので、やらなければいけないこと意外の振付がほとんどない。つまりこれは振付側・コーチの戦略がいかんのだ!このステップだったらアランフェスじゃなくてもいいんです。もっとシリアスな曲の方がこのステップに合うはず。

ブルックリー
3Lz-2T 2A 3Lo so
僕の大好物のドーナツスピンがハイパーにパッとしない。いつもならGOE+2あげちゃう!なスピンなのに、GOE±0あげちゃう・・・な出来に。レイバックはトラベリング以外はよかった。体の動かし方に関してはいいものを持っている選手ですので、もう少しグッと滑りが伸びればですね。

ミライ
3F fall 3Lo-1T 2A
最初の転倒が次のキャメルスピンにまで影響してしまい加点がとりきれませんでした。じっくりと動きを見せる振付が目立つような気がします。りっぽんぽんの振付で、これが彼の特徴なのかもしれませんが、やはり競技ですので、ポージングを決めてアピールばかりすると滑っていないと判断されても仕方ないかと。こういう振付はエキシビションでこそ映えるなって思います。実際咲くシーズンのエキシビションは素晴らしかったし。キスクラのザクライチェクとミライという組み合わせに違和感すげえ。

セサリオ
3F-3Lo 2A 3Lz
カルメン姐さんのカルメンじゃない方。セカンドループは回転が足りていませんが、それでも基礎点が8.90もありまして、3F-2Loの加点つきよりも点数が美味しいです。3Lzはアテンションすらつきませんでした。スローで見てみました。僕にはインに見えてしまうのです。アテンションはもらうレベルかな・・・と。まあどっちでもいっか、つかなかったことを喜ぼう。ジュニア最終年まで残って、エロいエロいってイメージを残せたのは正解だったのかもしれない。13歳や14歳のセクシーなんてのは演じているセクシーに過ぎぬから、シニアに上がれば比べられて埋没してしまうからねえ。育まれたエロさには勝てないのだ。

メイテ
3T-3T 3Lo 2A
ヴァネッサ・ジェームスの天使衣装に似た感じ。ゴスペルのプログラムだから天使さんでもいい。ジャンプ3つとも成功したのに点数が出ない悲しいパターン。レベル取りこぼしが多かったのと、昨シーズンはインフレしてたからこれぐらいでしょうがないかなー。アメリカで練習しているので、アメリカ選手の滑りを学べたらいいなあ。LPのメドレーの中にあるのは、オオモリが今シーズンSPで使っている曲ですね。曲のこと調べたら、なるほどだった。

今井
2A 3S-3T 3Lo fall
オイヨイヨイヨイヨイ。3Loの転倒以外はまとめました。スピンの加点もなかなか多いし、スピードもあり、いい演技だと思いました。新潟に移って、コーチ不在のまま練習していると聞きましたが、常駐コーチは見つかったのだろうか。最初のうちは良くても自己流だと後半になるにつれて狂ってくると思うので、早く見つかって欲しい。

ラジオノワ
3Lz-3T 3Lo 2A
ギリタッチしたかしてないかという3Lzでした。3Tつけられるのがすごい。彼女は体の使い方が鮮やかで見ていてワクワクしてきますですね。好きなのは3Lo降りたあとのウィンドチャイムがシャラララランってなるところね。あのよじり方はたまらん。僕はよじり大好き。あとはさらにスケーティングが上達すればさらに評価が高まります。細いまま身長が伸びているから、服のデザイン画のマネキンが動いているみたいだ。ウスペンスキー今大会2度目の登場。いつまでかっこよさをキープできるんだろう。

超なつい

リーザ
3T-3T 3Lz 2A
リーザのSPは一つぐらい失敗があるイメージだったのに3T-3Tに落としたにしろ、今シーズンは抜群に安定しております。ルッツがパコーンって入るのは気持ちがいい。単にエレメンツの質の良さだけではなくて、PCSも押し上げそう。シーズン序盤にして見るのがすでに5回目だから言う事が尽き果てた。3T-3Tの構成でも70点以上は出るので、評価を安定させていくことが大切です。リプソトラジオで代表安定かと思われたけど、分からんよなあ。

ゴールド
3Lz-3T df 3Lo 2A
コンビネーションスピンは足換えで足付いて止まってしまいました。スピンとして認められずに3点以上を一気に失いました。それはともかくとして、3Lo前のステップはどうにか出来ないのかな・・・もっとマイナスつけるジャッジが出てきてもおかしくないぐらいだと思うのだけれど。地元だけどPCSで1番がもらえないのがスケアメっぽい。オリンピック後+レリゴーで注目されている中で結果残して欲しいなあ。今のアメリカのスケート人気の底上げはゴールドとブラウンに懸かっている。

iopiopi.jpg


コメント
highaimsさんへ

キャロルまっかっかでしたよね。そんなこと言ってたとは。おもしろい。
6番dot 2014.10.27 15:25 | 編集
匿名のYさんへ

ルッツは大きなアドバンテージですね、対するフリップはあんまりいらない子になりつつあるという。スケアメは大都市でやったというのが大きかったのかもしれませんね。
6番dot 2014.10.27 14:41 | 編集
cocoさんへ

ええそう思います。ロシアばかりだと面白くないですものね。にしても強すぎてお腹いっぱいになりつつあります。まず失敗しないから付け入る隙がないというね。
6番dot 2014.10.27 14:35 | 編集
ポポワ、あまりにも曲が表現されていなさ過ぎ。ソチから引き続き「は~」とタメ息でした。これじゃBGM過ぎますよね…
フランク・キャロル、しつはあの場面、口読したら「sh*t」と言ってました(笑)そりゃ真っ赤になって恥かしがるでしょうね(^_^;)
highaimsdot 2014.10.27 12:42 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2014.10.26 10:32 | 編集
いつも6番さんの記事を興味深く読ませていただいてます。
ありがとうございます。

やっぱりロシア勢強いですね。
明子ちゃんの引退、真央ちゃんの休養のなか、アメリカ勢、日本勢ががんばらないと、グランプリファイナルロジア勢独占になりかねない勢い。
フィギュアスケートを盛り上げるためにも、ロシア勢独占は阻止しないと。
cocodot 2014.10.26 09:56 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top