2012
12.10

NRW杯 5日目 女子リザルト・男子リザルト

遅くなりました。
今年は足きり無いんですね。

女子LP
1 Yuna KIM(韓国)129.34
2 Satsuki MURAMOTO(日本)107.34
3 Viktoria HELGESSON(スウェーデン)105.65
4 Nathalie WEINZIERL(ドイツ)102.95
5 Maé-Bérénice MEITE(フランス)101.83
6 Xenia MAKAROVA(ロシア)99.46
7 Kristina ZASEEVA(ロシア)96.81
8 Natalia POPOVA(ウクライナ)96.32
9 Sonia LAFUENTE(スペイン)92.30
10 Joshi HELGESSON(スウェーデン)89.61
11 Kerstin FRANK(オーストリア)88.37
12 Sarah HECKEN(ドイツ)88.06
13 Monika SIMANCIKOVA(スロバキア)87.56
14 Inga JANULEVICIUTE(リトアニア)86.05
15 Anne Line GJERSEM(ノルウェー)82.99
16 Sera VÄISTÖ(フィンランド)82.30
17 Kaat VAN DAELE(ベルギー)82.16
18 Fleur MAXWELL(ルクセンブルク)80.55
19 Alisa MIKONSAARI(フィンランド)79.34
20 Isabel DRESCHER(ドイツ)78.18
21 Katharina ZIENTEK(ドイツ)76.75
22 Caterina ANDERMARCHER(イタリア)76.61
23 Lejeanne MARAIS(南アフリカ)72.32
24 Romy BÜHLER(スイス)70.48
25 Michelle COUWENBERG(オランダ)70.44
26 Alina FJODOROVA(ラトビア)69.45
27 Katie POWELL(イギリス)69.13
28 Belinda SCHÖNBERGER(オーストリア)68.16
29 Crystal KIANG(中華民国)66.38
30 Anna KHNYCHENKOVA(ウクライナ)65.49
31 Marina SEEH(セルビア)63.18
32 Mimi Tanasorn CHINDASOOK(タイ)62.72
33 Reyna HAMUI(メキシコ)61.60
34 Kelly HARRISON(イギリス)60.52
35 Victoria MUNIZ(プエルトリコ)59.66
36 Joyce DEN HOLLANDER(オランダ)51.97

女子リザルト
1 Yuna KIM(韓国)201.61
2 Xenia MAKAROVA(ロシア)159.01
3 Viktoria HELGESSON(スウェーデン)158.93
4 Maé-Bérénice MEITE(フランス)156.39
5 Satsuki MURAMOTO(日本)154.98
6 Nathalie WEINZIERL(ドイツ)154.41
7 Kristina ZASEEVA(ロシア)148.22
8 Natalia POPOVA(ウクライナ)144.95
9 Joshi HELGESSON(スウェーデン)144.03
10 Sonia LAFUENTE(スペイン)138.10
11 Monika SIMANCIKOVA(スロバキア)136.21
12 Kerstin FRANK(オーストリア)135.49
13 Anne Line GJERSEM(ノルウェー)131.25
14 Inga JANULEVICIUTE(リトアニア)129.35
15 Sarah HECKEN(ドイツ)129.15
16 Kaat VAN DAELE(ベルギー)126.27
17 Alisa MIKONSAARI(フィンランド)123.07
18 Sera VÄISTÖ(フィンランド)121.70
19 Fleur MAXWELL(ルクセンブルク)121.61
20 Isabel DRESCHER(ドイツ)116.36
21 Caterina ANDERMARCHER(イタリア)115.31
22 Katharina ZIENTEK(ドイツ)112.75
23 Katie POWELL(イギリス)109.87
24 Romy BÜHLER(スイス)109.05
25 Michelle COUWENBERG(オランダ)106.31
26 Lejeanne MARAIS(南アフリカ)105.51
27 Belinda SCHÖNBERGER(オーストリア)104.67
28 Anna KHNYCHENKOVA(ウクライナ)101.44
29 Alina FJODOROVA(ラトビア)99.62
30 Mimi Tanasorn CHINDASOOK(タイ)99.36
31 Crystal KIANG(中華民国)99.09
32 Marina SEEH(セルビア)96.08
33 Reyna HAMUI(メキシコ)92.05
34 Kelly HARRISON(イギリス)91.95
35 Victoria MUNIZ(プエルトリコ)88.81
36 Joyce DEN HOLLANDER(オランダ)78.84

優勝はもちろんユナ。前半はジャンプを結構降りられましたが2本目の3Lzあたりからスピードが落ちて、ジャンプの失敗が連続して出ました。でも初戦でこれだけできれば上出来でしょう。プログラムとしてはやや物足りないです。ミス・サイゴンみたいな路線なんでしょうけど、そうとしてもインパクトが足りないし、ピアノコンチェルトみたいな盛り盛りトランジションも無いですし。ネームバリューでそれなりに点数は他の大会でも出るかもしれませんが、密度はもう少し高めて欲しいところです。今回の点数は、男子でミーシャに7.9とか出ているので、ギャースカギャースカ騒ぐほどの物では無いんのですが・・・普段国際Bを見ていらっしゃらないのかもしれませんね、騒がれる方々は。今大会通じての課題はやっぱりスピードというととで。

村元は一人のジャッジが-1をつけている以外あとは綺麗なジャッジングスコアになりました。LP2位で総合5位まで順位を上げています。彼女は今回が最後の国際大会で、今シーズン限りで引退となっています。全日本がまだありますが本当に「有終の美」を飾りました。

ヴァインツィアールがこの所力をつけていて、今回はヘッケンを大きく引き離したので、チャンピオンシップスには彼女が来る可能性が大いにありますね。ヘッケンのLP好きなんですけど、どうなるでしょうかナショナルは。

タイのミミちゃんはミニマムスコアをクリアできず、シーズンがここで終わりらしい・・・。今から早急に下げるんだ。マカロワはワールドのミニマムスコアをまだクリアできていません。4年連続最終滑走のためにも何としてもというところでしょうけども、あとはユーロとかしか。しかも出るためにはナショナルでトップ3に入らないといけませんしね。

男子LP
1 Konstantin MENSHOV(ロシア)158.90
2 Misha GE(ウズベキスタン)145.65
3 Peter LIEBERS(ドイツ)143.98
4 Chafik BESSEGHIER(フランス)143.12
5 Michael BREZINA(チェコ)142.80
6 Alexander MAJOROV(スウェーデン)132.92
7 Jin Seo KIM(韓国)124.03
8 Paul FENTZ(ドイツ)123.14
9 Mark SHAKHMATOV(ロシア)122.67
10 Ryuichi KIHARA(日本)121.73
11 Dmitriy IGNATENKO(ウクライナ)115.61
12 Franz STREUBEL(ドイツ)113.73
13 Denis WIECZOREK(ドイツ)111.83
14 Javier RAYA(スペイン)111.69
15 Valtter VIRTANEN(フィンランド)108.36
16 Saverio GIACOMELLI(イタリア)107.95
17 Igor REZNICHENKO(ウクライナ)107.87
18 Michael Christian MARTINEZ(フィリピン)107.52
19 Harry MATTICK(イギリス)107.36
20 Petr COUFAL(チェコ)107.30
21 Victor BUSTAMENTE(スペイン)105.42
22 Felipe MONTOYA(スペイン)105.06
23 Matthias VERSLUIS(フィンランド)101.84
24 Matthew PARR(イギリス)92.96
25 Viktor KREMKE(ドイツ)77.83
26 Saulius AMBRULEVICIUS(リトアニア)73.40
27 Florian GOSTELIE(オランダ)68.28

男子リザルト
1 Konstantin MENSHOV(ロシア)238.63
2 Michael BREZINA(チェコ)213.09
3 Peter LIEBERS(ドイツ)211.75
4 Chafik BESSEGHIER(フランス)210.75
5 Misha GE(ウズベキスタン)210.66
6 Alexander MAJOROV(スウェーデン)193.74
7 Jin Seo KIM(韓国)193.68
8 Paul FENTZ(ドイツ)181.63
9 Mark SHAKHMATOV(ロシア)173.32
10 Franz STREUBEL(ドイツ)172.29
11 Denis WIECZOREK(ドイツ)171.31
12 Dmitriy IGNATENKO(ウクライナ)169.33
13 Michael Christian MARTINEZ(フィリピン)167.42
14 Valtter VIRTANEN(フィンランド)167.15
15 Igor REZNICHENKO(ウクライナ)164.16
16 Ryuichi KIHARA(日本)162.34
17 Javier RAYA(スペイン)162.28
18 Felipe MONTOYA(スペイン)162.23
19 Petr COUFAL(チェコ)161.81
20 Victor BUSTAMENTE(スペイン)161.16
21 Saverio GIACOMELLI(イタリア)158.18
22 Harry MATTICK(イギリス)157.25
23 Matthias VERSLUIS(フィンランド)150.31
24 Matthew PARR(イギリス)137.27
25 Viktor KREMKE(ドイツ)120.43
26 Florian GOSTELIE(オランダ)106.60
27 Saulius AMBRULEVICIUS(リトアニア)105.54

メンショフ優勝です。4回転の安定感素晴らしいです。後半の構成が少し弱いですが苦手な3Fですし、2Aを3Fにするぐらい、あとは3-1-3のシークエンスにするぐらいしか無いので、構成としては現状がベストでしょう。今シーズンはプログラムが良いので、後半まで力を持たせて、プログラムを演じきっと欲しいです。

ミハルは2位。冒頭の4Sは綺麗に降りました。続く3Aも成功。またこの3Aの成功記録を伸ばしましたよ。中盤では得意な3Fで転倒し、3Tを付けられませんでした。レベル4のエレメンツが1つも無く、かなりの取りこぼしがあります。最後まで体力もってないですねえ。アメリカには革靴みたいな肉いっぱい売ってるし、もっと食べるといいよ!おいしくはないよ!

リーベルスは4Tをこちらでも決めることはできませんでした。最後のフリップがダブルになりましたが、6トリプルを降りました。J1がすさまじい加点をしていて、かなり気に入られているご様子。エッジジャンプ2つのあたりから徐々に高揚していく感じがいいです。いきなりならないで、本当にちょっとずつなんですけど。

ベセギエはおそらく彼史上最高の演技だったのではないかと。1クワド7トリプルを降りました。フリップをモホークから堂々と跳んでeマークを付けられるのがジュベっぽい。そんなところは見習わなくて良かったのよ。

ミーシャはLP2位で総合5位。パフォーマンスで7.94をつけられています。9.00を付けたジャッジがいますからね。トランジションは6.00をつけていますが。でも分かります。すごく楽しいですけど、このプログラムは上半身の動きや表情メインで足元は寂しい。3Aがアンダーローテーションで両足着氷した以外はミス無しで、マイナスのGOEも受けていません。ちょっと音楽変えましたけど、全然歌詞入ってるじゃないですか。なぜ減点されておらぬ・・・解せぬ。K-POP大好きなミーシャで、度々ライブに行ったことやダンス動画もアップしているので、韓国人のファンも大勢なのでしょうね。
コメント
四大陸は出ないみたいですね。残念です。ゴールデンスピンにエントリーされていますが、NRW杯でミニマムスコアはクリアしましたし、そちらの方も無しということで。ナショナルが来月頭で、ワールドが3月ですから、それまでに仕上げられるかですね。
6番dot 2012.12.13 14:11 | 編集
FSはミスがありましたがそれでもユナの復帰は非常にうれしかったです
お帰り!ユナちゃん。
FSではスタミナ不足からいくつかミスが出て尻すぼみとなってしまいましたが
プログラムも衣装も彼女に合っていると思いました。
「オン・マイ・オウン」は「レ・ミゼラブル」の中でも最も名曲ですし
プログラムでも一番盛り上がる部分なので
なんとかこの曲のパートだけはミスなく乗り切ってほしい。

ユナにはできれば大阪開催の4CCにも出場してほしいところですが
どうも平昌開催のスペシャル・オリンピックスとは日程が二日余りしかなく、
ユナはその広報大使になっているので
彼女の演技を見るのはワールドまでお預けということになってしまいそうですね。(ん~…残念)

今季は国内選手権にも出場されるそうなので調整を経て
ワールドでいい演技を期待したいですね。

megumidot 2012.12.13 12:31 | 編集
まずは6番さん
質問に応じてくださり本当にありがとうございました
答えが出るような議論ではないので6番さんの考えを聞いてみたかっただけなのですが
配慮にかけた言い方でイライラさせてしまっていたら申し訳ありません

まるがおさんも旧採点のときの事など大変興味深いお話をありがとうございました
共感できる部分も多々あって、ここしばらく考えすぎて凝り固まっていた頭がほぐれていったような気がします

あれこれと疑問を投げかけてしまいましたが
それを解消するのが目的ではなく、人の意見を聞いて自分とは違った視点からの見方を理解したかったので
こうしてお二人の意見を伺うことができてよかったです

稚拙な質問にも関わらず真摯にお答えくださって本当にありがとうございました
nakadot 2012.12.12 21:09 | 編集
そんなわけで、大会ごとのばらつきはあるもんですから、違う大会を比較して最高点がどうのっていうことは、ほんとは意味がないんですよね。

こういう採点の問題と陰謀を一緒にしてる人が多いのがニコニコなんかだと思ってます。
まるがおdot 2012.12.12 13:44 | 編集
横スレ失礼します、いい加減辟易していらっしゃるかもしれませんが、なかなか興味深い内容だったものでちょっとだけ。

Nakaさんがおっしゃっている採点への不満とかは私ももっともだと思います。見ている側と採点の隔たりはやはり問題ですし、プロトコルを見て、更にはその選手の過去の成績、最近の得点傾向等を考えないと、妥当な点数が出たかどうか分からないことはいかがなものか。
また、大会毎に得点にばらつきがある、というのもおかしな話ではありますが、色々不思議がある、それがフィギュアスケートなんですよ、きっと。

古い話ですが、旧採点時代、佐藤有香さんとスルヤ・ボナリーの間で、高難度ジャンプを決めたがスケーティングに問題のあるボナリーが負け、ジャンプの難易度はボナリーには及ばなかったものの、スケーティングは素晴らしかった佐藤さんが勝ったことがあり、これまた問題になったんです。
もちろん現在の採点の問題とこの件は比較が難しいのですが、フィギュアスケートは昔から色々と議論が交わされているんです。

旧採点でも問題があったので、今の採点方式になったわけですが。個人的な意見としては、私はフィギュアスケートはあくまで滑ってこそ、と考えているので、今のスケーティングとつなぎが重視されている方式には賛成です。だからパトリック・チャンには得点が出ていいと思いますし、逆にジェレミー・アボットはもっと得点を!とも思います。

しかしおっしゃる通り、ミスもまたジャッジされてしかるべきとも考えていますので、スケーティング重視の採点になるならば、PCSからスケーティングスキルを独立させるしか、方法はない気がします。

おそらく今後も問題が提議され、議論になることと思いますし、私も得点にイライラすることはありますが、これは!という演技をみることが、フィギュアスケートの楽しみですよ。報道のまずさもあって嫌なこともありますが、選手の演技を楽しみにしていきたいです。 

長々と失礼しました。
まるがおdot 2012.12.12 12:54 | 編集
楽しみですね。東京開催は絶対無理ですけど、福岡は頑張ったら行けないことも無いですが、チケットがとれないからやっぱり無理です!
6番dot 2012.12.12 12:50 | 編集
男子すごかったですね。上位勢は良演技、特にベセギエは今までで一番と言って良い様な演技だったので何よりです。ナショナル前で仕上がってきている感じがするので、シーズン後半も楽しみになりました。
6番dot 2012.12.12 12:44 | 編集
来シーズンも日本で競技を観られる機会がたくさんありますね。NHKTは東京開催で、11月の第4戦になりますね。日程は11月8日~10日になる予定ですね。グランプリファイナルは福岡になりますし、12月5日~8日の予定です。世界選手権は暫定で日本開催で東京かさいたま市になるみたいですね(^-^)
dot 2012.12.12 12:28 | 編集
彼女だけが高いからと言って、だからどうだということは個人的に無いです。結局彼女が8点台前半だろうと、今回の点数だろうと1位は変わっていませんし。他のケースはあれが0.25変わっていたら、順位にも大きく影響していたからですし、そもそもISU主催の公式大会ですしね。彼女のスコアに対しても疑問に思うことは時々ありますよ。2011年のワールドSPの時とか。

所詮といえば頑張っている選手に対して大変失礼にあたりますが、やはり国際Bですから、インフレはあります。ましてや彼女ぐらいの選手なら点数は出てしまいますし、同じぐらいのミスがあっても他の選手と差をつけたくなる気持ちも分からんではないです。何度も言いますけど、今回点数はかなり高めに出ていますけど、もうしょうがないとしか片付けるしかないです。そうじゃないと、この話は終わりません。
6番dot 2012.12.12 12:27 | 編集
ユナさん復帰で女子ばかり騒がれていますが
割とこの大会男子も熱かったと思います

メンショフさんの安定感は流石ですし
ブレジナも久々に4S降りて
ベセギエもショートフリー共にノーミスでしたし
Adot 2012.12.12 12:20 | 編集
どうも荒れているという印象を与えてしまったようで申し訳ありません
今まで疑問に感じていた事が顕著に現われた大会だったので、つい熱く語ってしまいました…

えーゆーさんもおっしゃられているニコ動などの件は自分も見ていてとても不快感を覚えますし
反則をしているわけでもなくただ演技をこなした選手が、採点のせいでああいうふうに批判を受けるのは間違っていると思います

ですが6番さんは以前にも何度かPCSに対して疑問を呈していらっしゃる記事を書かれていたので
何か共感できる部分があるのではないかと思い、つい思いのたけをぶちまけてしまいました

今回のNRW杯の女子の結果でPCSが高いといえるのはキムヨナ選手だけなので、一括りにインフレ大会だと言ってしまってもいいのでしょうか?

また、以前パトリック・チャン選手の結果に対して、インフレ大会と言っても9.50は出しすぎだというような旨の発言をされていましたが
その時からどういう心境の変化があって今回の結果を納得されているのでしょうか?

個人の批判に走る事で完結しているフィギュア関連のブログが多い中
比較的中立でフィギュア全般に深い造詣をお持ちであると伺える6番さんが、どういった解釈をされてフィギュアを楽しまれているのか、いち観戦者としてとても興味があるので
もしよろしければお聞かせ頂ければ幸いです

私個人としては、これはこういうものだからと無理矢理納得させるか、点数は見ずに演技そのものだけを楽しむという形で今までこの競技と向き合ってきたのですが
どうしても拭い切れない違和感のようなものがいつも頭の片隅にあって
フィギュアで素晴らしい演技に立会い、フィギュアというものを好きになるにつれ
その一方で採点システムに対する疑問が日に日に膨らんでいます

我ながら呆れるほど鬱陶しい質問だとは思うのですが
これっきりにしますので、どうかご返答よろしくお願いします
nakadot 2012.12.12 07:31 | 編集
嫌悪感を発しまくって、このスポーツ見て楽しいのかな?って思います。もっと楽しんで見ればいいのに。ユナに親でも殺されたのか?と思ってしまうほどです。
6番dot 2012.12.12 03:00 | 編集
こんばんは

調べてみると、あの時カロリーナは9点台を出していたんですね。もちろん良い滑りだったのでということはありますが、やはり国際BはPCSがインフレーションする、これはもう分かりきっていることなので、特に気にはなりません。ジャンプは維持できているようなので、後はスタミナとスピードを戻して欲しいですね。

ニコ動は嫌韓の方も相まって、酷いことになっていますね。ヤフコメとかも。転倒したのに加点ふじこふじことか、プロトコル見ればいいのに・・・って思います。1回転ジャンプだってLPではきちんと、そのものとして評価されるのに。
6番dot 2012.12.12 02:59 | 編集
ユナアレルギーに対しては確かに煽り過ぎのアレルギーは大きいですね。韓国の事に関しては全て煽り過ぎがアレルギー反応に繋がっている感じなんで。

村元は去年12位ということで、これと同じぐらいであればギリギリ放送圏内に入るのですが、どうでしょうね。去年のような宮原LP3位なのに放送ありませんショックが無いことを願いますが、同じ間違い起こしそう。
6番dot 2012.12.12 02:39 | 編集
B級大会の記事なのにコメント賑わってますね
それだけ良くも悪くもキム選手に皆さん注目してしまうのだろうけど。
嫌悪感丸出しなのにキム選手を無視出来ない人って、
見ていてストレスたまらないのかな~って毎度思います。
名無しさんdot 2012.12.12 01:01 | 編集
追加コメント失礼します。

村元選手、今シーズンで引退という事をはずかしながら初めて知りました。
毎回衣装がとてもおしゃれで、且つ品のあるスケートをする選手。
でもよく考えたら彼女ももう大学4年生だったんですね。
とても寂しいですが、最後の全日本、有終の美を飾ってほしいです。
哉中選手にもお姉さんの分まで頑張ってほしいな。
えーゆーdot 2012.12.12 00:57 | 編集
返信ありがとうございます。
日頃からスポーツ観戦が趣味なんですが、どうしてもフィギュアだけはルールを知れば知るほどふつふつとその採点システムに疑問が湧きでてしまって…

自分はあくまでその時の結果がすべてだという考えが根底にあるので
調子が悪いときは調子が悪いなりの結果を出さなければ競技としてフェアではないと思います
しかもその結果がその後の採点にも実績として影響するというのなら、なおさらその点が重要視されてしかるべきだと思うのですが…

大会別でジャッジの顔ぶれも変わることで点の出方が違うのは理解できるのですが
自分が疑問視してるのはそういう微妙な差異ではなく
難易度の高いジャンプに挑んでも、工夫した振り付けやステップをこなしても、それがそこまで結果を残していない選手であればなかなか評価がされにくいという点です

そういうものだと割りきって、観戦ではなく鑑賞として楽しめば、それはそれで大変素晴らしいものだと思うのですが
度々ジャッジと観客の間に温度差が生まれ、結果に波紋が広がるのは、その実績点のせいではないでしょうか

こういった採点システムのために、ジャッジでなく個人の選手に対して非難が向いているこの現状は、もっと内からも外からも問題視されるべきだと自分は思います。

楽しんで感想を書かれている個人のブログでするべきコメントではないかもしれませんが
いろいろと積もり積もっていた疑問だったので吐き出させていただきました

楽しみ方、考え方は個々に違うと理解しておりますので
6番さんに対する批判ではないものとして捉えて頂きますと幸いです
nakadot 2012.12.12 00:08 | 編集
こんばんは。

ははは。案の定、荒れとりますねえ。
アンチさんも水を得た魚の如く生き生きと仕出しました。
確かコストナーさんも昨季のワールド直前の国際Bの試合でこれに近いPCS出したこともありますし(うろ覚えですが)、トップ選手がこのランクの大会に出ると点数はポンっと上がりますよね。
(それを騒ぎ立てるマスコミも、煽られるアンチもどうかと思いますが)
ヨナさんはまだ明らかに調整段階の滑りですが、それでもこれだけジャンプを維持している所を見るとやっぱり稀有な選手だなあと思います。
2年近いブランクからこの状態に戻すのは相当な努力をしてきたんでしょうね。

個人的には、彼女の点数よりも、「彼女にならどんな罵詈雑言を言ってもいい。むしろ言わなきゃいけない!」ていう風潮の方が物凄く胸糞悪いです。ニコ動なんか本当に酷いですよ。
(大体GPFだって女子と男子とペアの優勝者は皆ミスしてるんだぞー(^_^;))
疑問を持つのは別に悪い事ではないですし、それについて議論することも問題ないですが、選手への最低限の敬意は持っていてほしいものです。
えーゆーdot 2012.12.11 22:44 | 編集
ネームバリューというか、それだけ実力がある選手に点数が出るのは至極当然のことですよ。全く無名の選手と有名選手が同じぐらいの演技をしても、それはやっぱり今までの積み上げですから。今回は国際Bだけあって出過ぎだというのは誰にでも分かっていることですし、完全にどの大会も一緒の出方なんてのはありえないですよ。理想はもちろんそうなんで、言わんとしていることは分かるのですが・・・。
6番dot 2012.12.11 20:51 | 編集
6番さん こんばんは
やれやれ、やっぱりユナ選手が出るとあれこれと騒がしくなりますね。
本当に6番さんがおっしゃるとおり、大会の規模等を考慮に入れずに騒ぎすぎ、そして煽られすぎなんですよ。
日本国内におけるキムユナアレルギーは、マスコミにかなり責任がある(煽れば煽るほど逆効果)と常々思っておりますので。
それはさておき、村元さんは最後の国際大会だったのですね。
名残惜しい選手です。
全日本の放送は・・・期待なんて全く出来ないあの局ですからねえ(苦)
今週末からナショナルが目白押しですね。
リザルトチェックでドキドキしそうです(笑)
たれりんdot 2012.12.11 20:51 | 編集
はじめまして。

そうなんですか。別にIOCに興味は無いので、彼女が良い滑りをしてくれることだけを望みます。

男子はレベルが高すぎて目が回ってしまいそうです。ワールド代表すら決まって欲しくない気持ちです。
6番dot 2012.12.11 20:39 | 編集
返信ありがとうございました

うーん…ご祝儀とかネームバリューとかそういうので点が上下する競技ってやっぱりスポーツとしてどこか不健全なような気がしますね…

今の採点システムだと仕方がないのかもしれませんが
PCSに対するランク付けのようなものが適用されるのは、突然の上達があまり見込めないSSくらいに留めておいて
それ以外の要素…とくに工夫次第ですぐに変化が見込めるTRやCCなんかはその時の出来でフラットな状態から評価するようにしてほしいと個人的には思います

もしくはそのランク付けをはっきりと認識できるような公開されたランク制みたいなものがあれば、わかりやすく納得できると思うんですが…

どうもまだ不勉強な自分にはいろいろと疑問点が多すぎて…素人目に不可解だと思ってしまったことを書き連ねてしまってすみません

マカロワは…FPも揃えられるようになって、なんとかミニマムスコアをクリアして欲しいですね
nakadot 2012.12.11 16:42 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2012.12.11 14:32 | 編集
はじめまして、コメントありがとうございます。

今季世界最高得点というのも何だかおかしな表現ですよね。まだシーズン半分なのに。2人のジャンプ構成では真央の方が上ですし、真央よりジャンプ構成が上な選手もたくさんいる中、真央VSユナで3Aが~~~という報道には僕も辟易としています。もう少し広い目で見ていただきたいです。これだけ報道があるのに、全部真央ユナ真央ユナばっかりですもん。

ユナはバンクーバーぐらいのプレッシャーから解放されて、前よりも伸び伸びと滑られているように思います。これだけの演技を見せてくれたのは嬉しいです。ワールドまでに他の試合に出て、完成度を上げて欲しいですね。

日本の2選手もがんばってくれました。村元は22歳と引退のシーズンなのに、スタイルも技術もきちんと維持していますよね。全日本ではさらに素敵な滑りを見せてくれればと思います。女子は若い世代の底上げが今すさまじいですよ。5種7トリプルを入れている選手が全日本ジュニアでは8人とか9人ぐらいいたので、これからも期待できます。ただし、ほぼ全員がルッツにeマークが付きますけどね。
6番dot 2012.12.11 13:51 | 編集
僕なんかが言うこともおこがましいですけどね。

でも、国際Bとグランプリファイナルのスコアを比べて、今季最高~って煽りは違うと思います。

村元の最後の国際大会でこの滑りっていうのは本当に素晴らしいと思います。本当の有終の美は全日本で飾って欲しいですね。きっと熱心なファンの方はたくさん歓声を送られると思うので注目です。これでテレビ放映無かったら・・・・・悲しい。
6番dot 2012.12.11 13:44 | 編集
ユナの今回のスコアは確かにすごく高いですが、復帰お疲れーぐらいのスコアと捉えて流す方が精神衛生上いいかもしれません。今回の滑りだと、さすがに他のトップ選手には勝てないですしね。

マカロワはどちらも素敵なプログラムですよね。やはりジャンプのミス、後半の回転不足が今回も出てしまったので、いつもと同じような結果になってしまったのですが、ナショナルではこのパターンに嵌らず、LPでも良い滑りを見せて欲しいですね。バンクーバー以来クリーンなLPを見た覚えがないので。
6番dot 2012.12.11 13:41 | 編集
はじめまして、コメントありがとうございます。

そのような紹介のされ方だったんですね。ISU主催では無い~みたいな説明があれば良かったのでしょうが、それも分かりにくいでしょうしね。難しいところです。まあ、国際Bってこういうもんですよね。
6番dot 2012.12.11 13:38 | 編集
初めまして。
好きな選手の演技は冷静に見れないので、何時も6番さんの意見を参考にさせてもらっています。

ユナ選手にからむ陰謀説…確かになんでも陰謀と騒ぐのはおかしいですが、今季世界最高得点が独り歩きしているのも原因の一つかと…。
韓国マスコミは論外として、ユナ選手の得点と浅田選手のGPFの得点を並べて、ユナ選手が上、浅田選手はトリプルアクセルを飛ばないと勝てないみたいに報道する日本のマスコミには辟易します。

実際、GPFクラスの大会ではありえない高得点ですが、半ば引退に傾いていたユナ選手が2年近いブランクの後、これだけの演技を見せたのは素晴らしいと思います。
休養前はユナ選手の一人勝ちの様な雰囲気がありましたが、ユナ選手、浅田選手、鈴木選手、アシュリー選手他誰が勝つか分からない、その試合で一番ミスなく素晴らしい演技をした選手が勝利するそういう試合が見たいです。

それから日本の村元選手と木原選手、お疲れ様でした。
村元選手はフリーはユナ選手に続く2位、今シーズン限りの引退は残念な気がします。
日本のトップ女子は鉄板ですが、次の層が育っているのか心配です。
なみdot 2012.12.11 11:43 | 編集
>今回の点数は、男子でミーシャに7.9とか出ているので、ギャースカギャースカ騒ぐほどの物では無いんのですが・・・普段国際Bを見ていらっしゃらないのかもしれませんね

6番さんのアップを待ってましたよ。。何か世の中おかしいですよ。
昨日も朝の番組で元フィギュアスケーターが点数がおかしいと言ってましたが、彼女は「普段国際Bを見ていらっしゃらない」のでしょうか??TVも点ばっかり・・・
点数を煽る方もおかしいですが、ギャーギャー言う方もおかしいですよね。やれやれって感じです・・・
村元さんが今季引退で有終の美を飾る出来だったとか全く知りませんでしたしニュースにも引っかかってませんね。全日本注目ですね。

もう6番さんがフィギュアニュース発信のセンターになって下さい!
ステップ勉強中dot 2012.12.11 06:44 | 編集
更新お疲れ様です
うーん…国際Bの点の出方は確かにそこまで深刻に捉えるものじゃないかもしれないんですが
女子はちょっとキムヨナ選手だけ突出して出しすぎのような…
あの出来であのPCSを出すなら結構甘めなのかなと思いきや2位以下の選手は結構辛めにつけられてるんですよね

個人的には今季のマカロワ選手はSPもFSもいいプロ揃えてきてるしSSや表現力もかなり磨いてきてるので、もっと評価されてもいいと思いました
ロシア選手権でどこまで下の子達と戦ってくれるかが楽しみです
nakadot 2012.12.11 03:00 | 編集
はじめまして。いつも試合評、楽しく見させてもらってます!
キム選手についてはマスコミがグランプリ大会の次に位置する大会って感じで報道したから、点数がおかしいってさわぐ人が出たんじゃないかな?って思います。普段からネーベルホルンとか見てるとそれは違うだろうって突っ込めるけど、知らないと信じておかしいって思っちゃいますよね。
みーdot 2012.12.11 01:59 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top