2012
10.28

ニース杯 3日目 女子SP・男子リザルト・アイスダンスリザルト

長いYo!YEAH!

女子SP
1 Isabelle OLSSON(スウェーデン)56.30
2 Natalia POPOVA(ウクライナ)52.73
3 Fleur MAXWELL(ルクセンブルク)51.78
4 Léna MAROCCO(フランス)50.94
5 Juuli TURKKILA(フィンランド)49.77
6 Lénaëlle GILLERON - GORY(フランス)49.25
7 Kristina ZASEEVA(ロシア)46.86
8 Dasa GRM(スロベニア)45.99
9 Polina AGAFONOVA(ロシア)45.71
10 Anna AFONKINA(ブルガリア)45.70
11 Polina KOROBENYKOVA(ロシア)44.48
12 Patricia GLESCIC(スロベニア)43.61
13 Katie POWELL(イギリス)43.00
14 Nika CERIC(スロベニア)42.80
15 Victoria HUBLER(オーストリア)42.61
16 Reyna HAMUI(メキシコ)42.38
17 Anita Anderberg MADSEN(デンマーク)40.80
18 Belinda SCHONBERGER(オーストリア)39.78
19 Mimi Tanasorn CHINDASOOK(タイ)38.95
20 Tina STURZINGER(スイス)38.69
21 Chaochin LIU(中華民国)37.14
22 Alexandra KUNOVA(スロバキア)36.47
23 Angelika DUBINSKI(ドイツ)36.05
24 Carol BRESSANUTTI(イタリア)33.59
25 Kelly HARRISON(イギリス)33.28
26 Ilaria NOGARO(イタリア)33.01
27 Chelea Rose CHIAPPA(ハンガリー)26.44
28 Clara PETERS(アイルランド)26.41
29 Mary ro REYES(メキシコ)24.44
30 Priscila ALAVEZ(メキシコ)23.38

ザセーワ
1F 3Lo-2T tano 2A
フリップは抜けてしまいましたが、やはり素敵な雰囲気のプログラムでした。アップライトスピンの時の加速とポジションがプログラムを表現できていて何とも言えない美しさです。

ゲルム
3T-3T 1Lz 2A
今日初めての3-3でした。これぐらいの選手でも3T-3T入れてくるんですね。時代は変わった。もう3F-2Tちゃんや3Lz-2Tちゃんは死んでしまったのや。ゲルムどんどん上手くなっていて嬉しい。

レナエル
3T-3T 3F hd 2A
綺麗に3-3が入って、3Fはお手つきでした。すごく高さがあるジャンプだったのでお手つきさえなければというところなんですけども。衣装は背中をざっくり開けてなかなかに色っぽい。

マロコ
3Lz-2T 3F 2A
ジャンプの軸が怖かったですががんばりました。昨シーズンと同じプログラムですね。そうですね、感想はそれほどです。

アガフォノワ
3S-3T fall 3Lz df 2A
2つのジャンプでミス、3Lzは回転も足りません。JPGSを欠場してどうしていたのか心配でしたがジャンプ以外はそれほど変わった点は見当たらず悪くも思えませんでした。

マクスウェル
3S-2T 3T 2A
マクスウェルがジャンプを3つ降りた。それだけで何か感動すら覚えてきます。回転不足をとられることが非常に多いので今日の出来はかなりいい方かと。スピンはいつもみたいに良かったですしね。初の50点超えおめでとう!

コロベイニコワ
2T df 3Lo-2T 1A
これはアカンニコワ。

オルソン
3Lo 3Lz-2T 2A
ノーミスの演技でした。この曲なんだったかな。兵隊さんだか海兵さんのやつ。忘れてしまいました。大きなジャンプと安定した滑り。無駄に背中の開いた衣装。そして北欧ブロンド。素晴らしいです。

トゥルッキラ
3T-3T 3S 2A
良い出来でした。疾走感のある滑りはさすがのスオミクオリティー。ちょっと爽やか過ぎたかもしれませんけどね。彼女は3Sまでの選手なので、とにかくジャンプはきちんと降りなければいけません。それが出来た演技。でも点数はそれほど伸びませんでした。

ポポワ
3F 3T-2T 2A
ジャンプはソリッドに。滑りやポジションが他の東欧選手には無い安定感があるのは、カナダで練習していたことが大きいのでしょうね。フィンランディアでも良い演技だったので彼女には期待しています。

オルソン、ポポワ、マクスウェル、上3名はノーミスの演技でそれぞれ良かったです。そしてロシアは3人とも最終グループ漏れでまさかの第3グループでの滑走です。ポリーナといい、ポリーナといい、スケカナでのポリーナといい・・・・・ポリーナ。今調子良いポリーナはアメリカのポリーナ・エドモンズぐらいですね。oh, Polinas.

24名がLPを滑ることができます。

男子LP
1 Zhan BUSH(ロシア)144.91
2 Keegan MESSING(アメリカ)144.33
3 Max AARON(アメリカ)143.67
4 Ivan BARIEV(ロシア)142.44
5 Peter LIEBERS(ドイツ)137.23
6 Jorik HENDRIX(ベルギー)135.90
7 Chafik BESSEGHIER(フランス)129.45
8 Mark SHAKHMATOV(ロシア)128.63
9 Vladislav SEZGANOV(ロシア)123.66
10 Zoltan KELEMEN(ルーマニア)116.74
11 Christopher BERNECK(ドイツ)116.56
12 Vitaly LUCHANOK(ベラルーシ)115.77
13 Denis WIECZOREK(ドイツ)113.96
14 Patryk MYZYK(ポーランド)112.20
15 Valtter VIRTANEN(フィンランド)99.88
16 Justus STRID(デンマーク)98.91
17 Pavel IGNATENKO(ベラルーシ)97.26
18 Jamie WRIGHT(イギリス)95.89
19 Yakov GODOROZHA(ウクライナ)94.92
20 Ondrej SPIEGL(スウェーデン)92.99
21 Nicolas DUBOIS(スイス)88.60
22 Daniel AGGIANO(イギリス)83.83
23 Saverio GIACOMELLI(イタリア)78.38
24 Mario Rafael IONIAN(オーストリア)56.06

男子リザルト
1 Keegan MESSING(アメリカ)224.44
2 Max AARON(アメリカ)219.62
3 Peter LIEBERS(ドイツ)204.09
4 Jorik HENDRIX(ベルギー)202.06
5 Ivan BARIEV(ロシア)200.71
6 Zhan BUSH(ロシア)195.50
7 Vladislav SEZGANOV(ロシア)191.02
8 Mark SHAKHMATOV(ロシア)187.74
9 Chafik BESSEGHIER(フランス)187.38
10 Zoltan KELEMEN(ルーマニア)180.92
11 Christopher BERNECK(ドイツ)169.95
12 Vitaly LUCHANOK(ベラルーシ)169.05
13 Denis WIECZOREK(ドイツ)166.72
14 Patryk MYZYK(ポーランド)163.52
15 Valtter VIRTANEN(フィンランド)149.71
16 Ondrej SPIEGL(スウェーデン)144.42
17 Jamie WRIGHT(イギリス)143.67
18 Justus STRID(デンマーク)143.15
19 Pavel IGNATENKO(ベラルーシ)141.94
20 Yakov GODOROZHA(ウクライナ)135.70
21 Nicolas DUBOIS(スイス)134.33
22 Daniel AGGIANO(イギリス)128.66
23 Saverio GIACOMELLI(イタリア)124.38
24 Mario Rafael IONIAN(オーストリア)102.32

ブッシュ
3A 4T 3F-3T 3Lo 3Lz-2T 3S 3Lz-2T-2Lo 3T
ジャンプはほぼノーミス第2グループからのまくしたてんごwwwwwwwww

べセギエ
4T df 3A fall 3Lz 3Lo 3A-2T 1F 3S 3T-2T
4回転なかなか成功しません。ジャンプはさておきコレオシークエンスが気になりました。すごく移動距離があってかっこいいは良いですけど。動かしているのが腕ばかりで足元はただ漕いでいるだけ。あくまでフィギュアスケートなので、足元を使った動きもっともっと見せて欲しかったです。ここが残念なところ。

バリエフ
3A hd 3A 3Lz tano 3Lo 3F tano shaky 3Lz tano-2T-2Lo 2A-3T 3S shaky
タノの押し売り攻撃っ!昨シーズンもオペラ座だったかと存じます。SPといいLPといい高橋大輔さんに似た路線をこうも続けてくるとはさすがモロゾフ様。

アーロン
2S 3T-2T 3A-1T 3Lz 3A 3Lz-1Lo-3S 3F 3Lo
クワドは両方とも入らずでした。セカンドトリプルも入りませんでした。3連から3つのジャンプの質は良かったです。後半にジャンプを6つ入れているので、前半はもちろんスカスカなんですが、後半もそれに負けずトランジションが無いです。本当にジャンプ跳ぶぞ!なプログラム。後半の勢いはすごかったです。

メッシング
3A 4T fall 3Lz-3T 3Lo shaky 3A so 3S-2T 3Lz 3F
ミスはありましたが、とても楽しいプログラムでした。前のハルクみたいに、音楽が変わっても滑りのタイプが変わらないから面白みが無いということもありませんでした。滑りはしないですけど、工夫があってコレオシークエンスは彼の得意な動きがたくさん。そこからSPでもやったバレエジャンプからの3Fで〆は良かったです。

ブッシュ15位と1位で6位とかSUGEEEEEEEEEEEEEE

アイスダンスFD
1 Ksenia MONKO / Kirill KHALYAVIN(ロシア)85.74
2 Valeria STARYGINA / Ivan VOLOBUEV(ロシア)81.11
3 Frederica BERNARDI / Christopher MIOR(イタリア)70.70
4 Lucie MYSLIVECKOVA / Neil BROWN(チェコ)69.24
5 Irina SHTORK / Taavi RAND(エストニア)68.61
6 Nadezhda FROLENKOVA / Vitaly NIKIFOROV(ウクライナ)68.55
7 Olesia KARMI / Max LINDHOLM(フィンランド)67.40
8 Charlotte AIKEN / Joshua WHIDBOURNE(イギリス)67.19
9 Anastasia ZVORYGINA / Maciej BERNADOWSKI(ポーランド)63.50
10 Ramona ELSENER / Florian ROOST(スイス)60.11
11 Corenne BRUNHS / Ryan VAN NATTEN(メキシコ)55.01
12 Sarah May COWARD / Georges KENCHADZE(ブルガリア)49.10
13 Natalia KALISZEK / Michal KALISZEK(ポーランド)48.97

アイスダンスリザルト
1 Ksenia MONKO / Kirill KHALYAVIN(ロシア)140.62
2 Valeria STARYGINA / Ivan VOLOBUEV(ロシア)137.60
3 Irina SHTORK / Taavi RAND(エストニア)118.69
4 Frederica BERNARDI / Christopher MIOR(イタリア)117.00
5 Lucie MYSLIVECKOVA / Neil BROWN(チェコ)115.24
6 Olesia KARMI / Max LINDHOLM(フィンランド)113.64
7 Nadezhda FROLENKOVA / Vitaly NIKIFOROV(ウクライナ)112.94
8 Charlotte AIKEN / Joshua WHIDBOURNE(イギリス)108.27
9 Anastasia ZVORYGINA / Maciej BERNADOWSKI(ポーランド)108.20
10 Ramona ELSENER / Florian ROOST(スイス)100.05
11 Corenne BRUNHS / Ryan VAN NATTEN(メキシコ)90.22
12 Natalia KALISZEK / Michal KALISZEK(ポーランド)85.59
13 Sarah May COWARD / Georges KENCHADZE(ブルガリア)83.79

ベルナルディ&ミオール
SDでは基礎点トップでしたが、FDでも基礎点はトップでした。プログラムはミュンヘン(だと思います多分)。静かな音楽で素敵に滑ってくれました。SDよりは加点もありました。こういう音楽ってアップリフティングでは無いとかの減点の対象になりそうなので心配はしているんですけど、今回はそれがありませんでした。そんなに気持ち上げなくても良いですから。イタリアは2番手からの争いが熾烈なので、そこに食ってかかれるぐらい上手になってもらいたいです。

シュトラン
タンゴ。思い出すバンクーバーのタンゴロマンチカ。あれはすごかったなあ。演技途中で無くなってしまいました。彼らがタンゴを滑るようになっただけでも感慨深い。それなりに力強い滑りができるようになっているも心強かった。ツイズルでしっかり足もって!

モンハリ
フラメンコ。今年全カテゴリーでフラメンコが大量発生してますね。プレシーズンで名前売りたい時は分かりやすいフラメンコ作戦なのかみんな。元々こういうパッショネイトな路線は得意なので、もちろんこれも綺麗には滑っているのですが、ジュニアから通じて3シーズンあまり変わり映えのしない選曲だなあと思います。エレメンツの質も良いのに、どうしても「またこういうのか・・・・・」って。なぜフラメンコなのにクリーム色みたいな、ひよこ色みたいな衣装なんだろう。

スタリギナ&ボロブエフ
ホフノビのODの衣装でのプログラム。最初のカーブリフトは昔ホフノビがストレートラインでやっていたやつに似ています。ツイズルの最後蹴り上げて出て行く工夫いいなあ。スピンの最後の男性が転倒してしまいましたが、エレメンツに入っているかいないかでジャッジの評価も分かれています。ステップのレベルはとれていませんが、他は全てレベル4。終盤の畳み掛けるような変態ポジションリフトなど、ジプシー音楽らしいプログラム。2代目ホフノビ。


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top