FC2ブログ
2012
10.27

スケートカナダ 1日目 アイスダンスSD

今大会スイッチャー下手くそ?

アイスダンスSD
1 Tessa VIRTUE / Scott MOIR(カナダ)65.09
2 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)65.08
3 Ekaterina RIAZANOVA / Ilia TKACHENKO(ロシア)55.80
4 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)54.84
5 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)53.71 PB
6 Pernelle CARRON / Lloyd JONES(フランス)51.67
7 Julia ZLOBINA / Alexei SITNIKOV(アゼルバイジャン)50.92 PB
8 Kharis RALPH / Asher HILL(カナダ)50.00

パイポー
こんなに上手な1番滑走のダンスカップルがいただろうか、いやいない。ぐらいに上手でした。パイパーは練習中には赤いジャケットを羽織っていたような気がしましたが、競技になったら脱ぐというこだわり。ミッドライン良かった。にしても全て6点台とは信じられない。

ズロシト
変な曲だけど良い演技でした。ミッドラインで2人の距離が近いのが良かった。パターンは変なアレンジのやつで滑っていました。でも楽しそうだからオッケー。ロシア人は変なアレンジをかまさないといけないのか?衣装のカラフル部分が小学生が絵画コンクールに出展した作品みたい。

ラルヒル
とても楽しいサーカスのようなプログラムでした。ラルフのドレスがカラフルで可愛らしい。ラルフのオレンジシャツとのバランスもよろしいです。今シーズンのベストコスチューム候補にノミネートされました。おめでとうございます。最後は運動会の徒競走こと、オッフェンバックのカンカンでミッドラインからローテーショナルリフトで畳み掛けました。これは絶対盛り上がります。ラルフが股パッカーン、ヒルも股パッカーンでのフィニッシュ良かった。

ハベドノ
マディソンの衣装、体格がゴツく見えます。スカートをまくりあげる振付が真ん中にありますが、とてもタイタニックとは思えないような、田舎の娘感。すごく荒々しい・・・・・。雰囲気の荒さと滑りの荒さがプログラムとぶつかりあって何とも言えない仕上がり。

リャザトカ
明るいピンクのリャザノワと落ち着いたピンクのトカチェンコさん(新婚)。とても楽しいプログラムでした。いやヤンキーポルカで楽しく無いなんて滑ってはいけないか。やっぱり上手いトカチェンコさん。ツイズルはリャザノワの方が2倍ぐらい移動距離ありましたけどね。

キャロジョン
ジョーンズは髪を切って顔の小ささが露に。8頭身ぐらいあるじゃないですか。キャロンより顔小さいじゃないですか。マスターズのFDを見て覚醒した感があったのに、パターンからキャロンに付いて行くのに必死で足元がおぼつかない状態でした。プログラム全体滑りが締まらないまま終わってしまいました。ちょっと残念。

カペラノ
映像 wad dead.

テサモエ
よくストーリーが見えませんがなんかシリアス風。でもヤンキーポルカは楽しそう。そのヤンキーポルカのレベルが違い過ぎた。あそこまで自然に深いパターンを踏めるとはさすがです。最後のリフトはかなり無理がありました。ただの失敗だとは思いますけども。あれが完成品なら明らかな構成ミスですもん。低いTESですねえ。

どの組もかなりレベルを取りこぼしています。
1番滑走のパイポーの点数を出し渋ったせいか、全体的にPCSが出ませんでした。テサモエ、あのツイズルで2が並んで3まで出るとはせめて1でしょうて。ローテーショナルもてっきり0が並ぶと思ったのに1がほとんど。ネームバリュー加点止めて欲しい。本気で。

おやすみなさい。
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top