2012
10.13

JGPブラエオン・シュベルター杯 2日目 アイスダンスSD・女子リザルト・ペアリザルト

更新をしていないから、6番死んだ説はNOでした。

アイスダンスSD
1 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)60.28
2 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER(アメリカ)58.66 PB
3 Noa BRUSER / Timothy LUM(カナダ)50.84 PB
4 Daria MOROZOVA / Mikhail ZHIRNOV(ロシア)50.33 PB
5 Cagla DEMIRSAL / Berk AKALIN(トルコ)49.64 PB
6 Marieve CYR / Benjamin BRISEBOIS GAUDREAU(カナダ)43.40 PB
7 Lisa ENDERLEIN / Hendrik HILPERT(ドイツ)41.86 PB
8 Ria SCHIFFNER / Julian SALATZKI(ドイツ)41.78 PB
9 Anastasia CHIRIYATYEVA / Sergei SHEVCHENKO(ウクライナ)40.94 PB
10 Jana CEJKOVA / Alexandr SINICYN(チェコ)38.67 PB
11 Viviane ROSCHER / Kevin GASSNER(ドイツ)34.52 PB
12 Eugenia TKACHENKA / Yuri GULITSKI(ベラルーシ)31.49
13 Victoria-Laura LOHMUS / Andrei DAVODOV(エストニア)26.11

ステブキは圧倒的ですね。彼らの勢いというのは見ていて清清しい。そして今シーズンはロシアチームの中でシニアも入れてプログラムが一番ハマっていると僕の中で専らの噂。前は荒ぶる鷹リフトはI字でしたけど、今回は肩に足を乗せて、艶かしいハニワみたいなポーズになっていました。僕はこのハニワの方が好きです。無理無く「ドヤ!」感が出るので。FDは最終滑走と、JGPSのダンスを締めくくるに相応しい滑走順です。

2位のホウェーク&ベイカー。やっぱり男性の動きの機敏さはとても魅力があります。惜しかったのはパターンの2つ目ですね。チェックポイントはクリアしていたのでレベルはとれていますが、音楽には合っていなくてこなしている感満天でした。

カナダは今回も3位に。もう前回で3位の法則は敗れたので残念ながらもう3位は熱望はしていないのですよ。でもぜひぜひがんばって点差がデカいのでこの順位をキープして欲しいと思います。技術的にはまあまあだと思いましたが、有力カップルが少ないせいか少し高めに点数が出たように思えます。カナダ男子ってアジア系ばかりですね。カナダってアメリカ以上にアジア系移住してきますもんね。

トルコの組が5番に。彼らのはスケートというよりもダンスです。動きがキビキビしまくっています。振付をたくさん入れて印象的にしているのは、ジュニアのカップルとしては正解だと思います。こういうのをシニアの上の方のカップルがやってしまうと「ちゃんと滑ってよ!」ってなっちゃうんです。この組の方がシニアの1番手の組よりスコア高いですよね。派遣変わったりして。

女子LP
1 Anna POGORILAYA(ロシア)106.71 PB
2 Miyabi OBA(日本)93.02
3 Miu SATO(日本)91.74
4 Monika SIMANCIKOVA(スロバキア)87.36
5 Maria STAVITSKAIA(ロシア)86.45
6 Gabrielle DALEMAN(カナダ)86.33
7 Leah KEISER(アメリカ)86.01
8 Elizaveta UKOLOVA(チェコ)81.79 PB
9 Lenaelle GILLERON-GORRY (フランス)79.90
10 Nathalie WEINZIERL(ドイツ)77.69
11 Gerli LIINAMÄE(エストニア)77.26
12 Anne Line GJERSEM(ノルウェー)74.86 PB
13 Lutricia BOCK(ドイツ)73.40 PB
14 Kyeongwon PARK(韓国)72.62 PB
15 Giada RUSSO(イタリア)72.15 PB
16 Natasja REMSTEDT(スウェーデン)70.23 PB
17 Amani FANCY(イギリス)67.20 PB
18 Maria-Katharina HERCEG(ドイツ)64.94 PB
19 Yeun Su LEE(韓国)62.86 PB
20 Julia GRETARSDOTTIR(アイスランド)60.18 PB
21 Seidi RANTANEN(フィンランド)57.45
22 Sabrina SCHULZ(オーストリア)56.54
23 Elena MANGAS(スペイン)55.21
24 Isabella SCHUSTER(ギリシャ)51.48
25 Joyce DEN HOLLANDER(オランダ)47.37
26 Michelle QUINTERO(メキシコ)41.80
27 Daniela STOEVA(ブルガリア)39.03
28 Maria Andrea AN(アルゼンチン)37.12 PB
29 Maral-Erdene GANSUKH(モンゴル)28.83

女子リザルト
1 Anna POGORILAYA(ロシア)160.52 PB
2 Miyabi OBA(日本)144.51
3 Maria STAVITSKAIA(ロシア)143.52 PB
4 Leah KEISER(アメリカ)141.15
5 Gabrielle DALEMAN(カナダ)138.33
6 Miu SATO(日本)130.01
7 Monika SIMANCIKOVA(スロバキア)126.44
8 Lenaelle GILLERON-GORRY (フランス)124.53 PB
9 Gerli LIINAMÄE(エストニア)120.77
10 Nathalie WEINZIEREL(ドイツ)118.72
11 Elizaveta UKOLOVA(チェコ)118.47 PB
12 Kyeongwon PARK (韓国)115.82 PB
13 Giada RUSSO(イタリア)115.47 PB
14 Anne Line GJERSEM(ノルウェー)112.26
15 Lutricia BOCK(ドイツ)110.88 PB
16 Natasja REMSTEDT(スウェーデン)108.33 PB
17 Amani FANCY(イギリス)104.48 PB
18 Maria-Katharina HERCEG(ドイツ)96.80 PB
19 Yeun Su LEE(韓国)94.55 PB
20 Sabrina SCHULZ(オーストリア)93.79
21 Seidi RANTANEN(フィンランド)90.69
22 Julia GRETARSDOTTIR(アイスランド)88.32 PB
23 Elena MANGAS(スペイン)81.61
24 Isabella SCHUSTER(ギリシャ)81.42
25 Joyce DEN HOLLANDER(オランダ)73.30
26 Michelle QUINTERO(メキシコ)66.82
27 Daniela STOEVA(ブルガリア)63.81
28 Maria Andrea AN(アルゼンチン)51.98 PB
29 Maral-Erdene GANSUKH(モンゴル)48.30
WD Samantha CESARIO(アメリカ)

毎回毎回エンコードしてリーナマエの名前を表示させるのめんどくさいんご。

優勝は逆転ハイパーぶっちぎり劇を演じたポゴリラヤでした。ポゴリラヤが覚えられない人は真ん中にゴリラを挟んでるっていうことを覚えておけば大丈夫です。3Sがシェイキーに3Fにeがついて以外はミスはありませんでした。シェレペニズムを感じる演技でしたが、同じぐらいの時と比べると滑りはポゴリラヤの方が上。細いので脚を上げるとかっこいいですねえ。

大庭は2位!今回も3Sでミスがありました。1本は成功しましたけど、少し軸が曲がっていたように見えたので危ないですね。3Fは一時期の超低空から脱し、低空ぐらいに収まりました。回転が綺麗なので問題は無いです。3Lzもeは付きますが着氷できたのでOKです。いよいよ大庭も復活ですか。

3位にはスタビツカヤ。衣装はとってもかわEんですけども、演技が少し荒い。ロミオとジュリエットというよりも、「私はジュリエット、とある田舎町に住む普通の女の子よ」感がありました。ステップ、エッジ使いが荒くて曲の雰囲気が・・・・・。

カイザーのLP崩れるパターン全然直ってなかった・・・・・前だけだった・・・・・。この衣装はキミーのベルキスのようなガリシアフラメンコのような感じ。あれだけミスがあった割りに最後まで元気よく動けていたのは◎

女子は今回のカイザー、ポゴリラヤに加え、すでに決定している宮原、ミラー、アンジェラ、ラスボスラジオノワの6人となりました。3Lz-3Tが5人ね。ジュニアとはいえすごいわ。

ペアLP
1 Maria VIGALOVA / Egor ZAKROEV(ロシア)92.41
2 Brittany JONES / Ian BEHARRY(カナダ)87.16
3 Lina FEDOROVA / Maxim MIROSHKIN(ロシア)86.77
4 Natasha PURICH / Sebastien ARCIERI(カナダ)86.14 PB
5 Annabelle PRÖLSS / Ruben BLOMMAERT(ドイツ)85.64 PB
6 Britney SIMPSON / Matthew BLACKMER(アメリカ)85.49
7 Jessica PFUND / AJ REISS(アメリカ)82.10 PB
8 Shalena RAU / Phelan SIMPSON(カナダ)81.57
9 Vanessa BAUER / Nolan SEEGERT(ドイツ)71.94 PB
10 Marcelina LECH / Jakub TYC(ポーランド)68.17 PB
11 Kyong Mi KANG / Ju Sik KIM(北朝鮮)68.03 PB
12 Angelina EKATERININA / Philipp TARASOV(アゼルバイジャン)65.31 PB
13 Giulia FORESTI / Leo Luca SFORZA(イタリア)64.11
14 Anjelika ILIEVA / Pavel SAVINOV(ブルガリア)53.17
15 Veera KESTILA / Callum BULLARD(オーストラリア)45.14

ペアリザルト
1 Lina FEDOROVA / Maxim MIROSHKIN(ロシア)140.03
2 Maria VIGALOVA / Egor ZAKROEV(ロシア)138.18
3 Brittany JONES / Ian BEHARRY(カナダ)134.06
4 Annabelle PRÖLSS / Ruben BLOMMAERT(ドイツ)133.48 PB
5 Britney SIMPSON / Matthew BLACKMER(アメリカ)131.13
6 Natasha PURICH / Sebastien ARCIERI (カナダ)128.21 PB
7 Jessica PFUND / AJ REISS(アメリカ)123.07
8 Shalena RAU / Phelan SIMPSON(カナダ)116.53
9 Vanessa BAUER / Nolan SEEGERT(ドイツ)108.89 PB
10 Kyong Mi KANG / Ju Sik KIM(北朝鮮)108.62 PB
11 Angelina EKATERININA / Philipp TARASOV(アゼルバイジャン)100.89 PB
12 Marcelina LECH / Jakub TYC(ポーランド)98.15 PB
13 Giulia FORESTI / Leo Luca SFORZA(イタリア)96.59
14 Anjelika ILIEVA / Pavel SAVINOV(ブルガリア)84.03 PB
15 Veera KESTILA / Callum BULLARD(オーストラリア)69.07
WD Rachel EPSTEIN / Dmitry EPSTEIN(オランダ)

優勝はツイストレベル4モンスターのフェードロワ&ミロシキンでした。もちろん今回もトリプルでレベル4でした。ジェラシーやHernando's Hideawayを使っていますが、後半部分はそんなでもないかなあと。ホールドを組むと男女の身長差がありすぎて相当な違和感。でもエレメンツは上手。特にリフトが上手なのでこれからに期待。リフトが上手でない組は伸びないのでーす。男性が安定していないから。

2位もロシアのビガロワ&ザクロエフ。ザクロくん。彼らもトリプルツイストで4をとっていますけど、こちらは忙しそうでした。レベル用件に女性が空中に上がっている時に、男性が肩より下に腕を持って来るというのがあるのですが、黒い衣装だったので罠にかかったカラスか、鵜匠に引っ張られた鵜みたいな。

3位には前回優勝のジョーンズ&ベハリー。さすがのカナディアンクオリティーだったので、もう少しPCSで差はあっていいような気はしましたけど、身のこなしの美しさの割りにトランジションは力抜けています(悪い意味で)。だからその分の微妙な所勘案したら、これぐらいの差で納得かもしれません。

なぜカナダのツイストは低空なのにチリャードチームだけは高いのかという謎。

将軍様ソングに期待していた僕。始まりが壮大だったので交響曲形式なのかと思ったら、80年代の安っぽい電子音きたあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああだせええええええええええええええええええええええええやっぱり将軍様ソング裏切らないZEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE。サンキュージョンイル。

ペアのファイナルは今回の上位3組に加え、ユージン、パーディ&マリナロ、ダワデュプとなりました。
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top