FC2ブログ
2011
12.28

ロシア選手権 3日目 ペアリザルト・女子リザルト

ロシアもおしまいなり。

ペアリザルト
1 Vera Bazarova - Yuri Larionov MPAs 194.86
2 Ksenia Stolbova - Fedor Klimov SPB 182.13
3 Anastasia Martiusheva - Alexei Rogonov MOS 179.94
4 Katarina Gerboldt - Alexander Enbert SPB 174.39
5 Vasilisa Davankova - Andrei Deputat MOS 168.79
6 Lubov Iliushechkina - Nodari Maisuradze MOS 167.74
7 Ekaterina Petaikina - Maxim Kurdyukov MOS 157.46
8 Tatiana Novik - Andrei Novoselov MOS 155.96
9 Tatiana Tudvaseva - Sergei Lisiev PfP 142.78
10 Maria Vygalova - Egor Zakroev PfP 135.98
11 Oksana Nagalaty - Konstantin Bezmaternikh SPB 122.98
12 Jana Volkova - Alexei Petryanin PfP 114.34

この結果予想した人、世界中に誰1人としていないのではないでしょうか。いたら預言者レベル。
バザラリがLPも1位、完全優勝を果たしました。ヨーロピアン、ワールドでは昨シーズン以上の活躍を期待しています。あとは衣装を変えてくれればもっと嬉しい。ロシアのアカンところ凝縮したような古臭い衣装なので。

2位はストクリ。GPSでは2人がとても仲が悪そうで解散コースに突入するかなと思いきやの今回の素晴らしい結果でした。解散しないでください。

3位にはマルティウシェワ&ロゴノフ。この組が表彰台に上るとは全く予想もつきませんでした。
表彰台確実と思われていたゲルエンとイリマイ。特にイリマイは6位ということで・・・。
テクニカルが全組で一番なのが5位に入ったデワンコワ組。全く知らない組なので、僕の中ではどちらさんですか状態です。きちんとチェックしないとですね。

代表はヴォロトラ、川スミ、バザラリということになると思いますが、出場したのですから2位のストクリはヨーロピアンに出して欲しいなと。出る意味無いやないですかってことになりますし。


女子リザルト
1 Adelina Sotnikova МОС 193.71
2 Julia Lipnitskaya МОС 191.65
3 Alena Leonova СПБ 178.15
4 Ksenia Makarova СПБ 175.49
5 Elena Radionova МОС 174.81
6 Elizaveta Tuktamisheva СПБ 174.40
7 Polina Korobeynikova МОС 165.57
8 Evgenia Medvedeva МОС 161.74
9 Sofia Biryukova МОС 156.11
10 Polina Shelepen МОС 154.78
11 Anna Shershak МОС 152.11
12 Evgenia Gerasimova СПБ 152.02
13 Maria Artemyeva СПБ 148.44
14 Polina Agafonova СПБ 148.14
15 Alexandra Deeva МОС 144.50
16 Sofia Mishina МОС 143.74
17 Anna Ovcharova МОС 134.67
18 Maria Stavitskaya СПБ 130.72

このような結果になりました。演技は見ていないのでどうとも言えませんが。

ソトニコワがSPのリードを生かして優勝。3度目の優勝ですね。テクニカルでは4番目だったので何かしらミスがあったでしょうが、コンポーネンツの高さで逃げ切りました。優勝できて本当に良かった。おめでとう!

リプニツカヤがテクニカル68点というすさまじい得点を出しました。もう加点にまみれているんでしょうね。ロシアはプロトコルが紙を写真にとってアップという方法がとられるのが基本なので、なかなか見つからないですが、ぜひプロトコルを見てみたいと思います。もし年齢があと1つ、2つ上だったら優勝していたでしょうね。

レオノワは表彰台3位。3年連続の表彰台です。ミスがあったようですが彼女は安定していますね。もちろんコンポーネンツの高さがあってなんですけど、それでもすごいです。

マカロワはテクニカルが47点という低さですが、コンポーネンツが全体で2番目の高い評価でこの順位に留まりましたが普通ならばタクタミシェワの下ぐらいには行っていたかもしれませんね。

リプニツカヤ13歳、ラジオノワ12歳、メドベージェワ12歳という低年齢の3人がいずれも60点台のテクニカルをマーク。やはり年齢が低いとジャンプに強いですね。ここからどれだけ維持できるかです。リプニツカヤだって来シーズンこれを保てるとは限りませんから。

そして注目のシニアの年齢の順位ですが
3位レオノワ、4位レオノワ、7位コロベイニコワ、9位ビリュコワ、10位シェレペンという結果になりました。ビリュコワのすさまじい急ブレーキがありましたが、シェレペンも本来の力を出しきれた点数ではありませんでした。このまま上から3人が代表となるのではないでしょうか。

ユース五輪とジュニアワールドの代表はどうなるんでしょうか。ロシアどうするのー?

ちなみに僕が大会前に予想していたのは1位タクタミシェワ、2位リプニツカヤ、3位レオノワでした。タクタミシェワは国内選手権デビュー次年以降は全て表彰台に乗っていたので意外でした。
コメント
そうですね。
もうすでにばっちり録画予約してありますよ。
どれだけの選手が放送されるのか楽しみですね。
6番dot 2011.12.29 00:00 | 編集
リピート放送で多分カットされた方達の演技も放送されると思いますリピート放送は1月1日からBSフジで14時00分あたりから予定されていますね
dot 2011.12.28 15:07 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top