FC2ブログ
2021
02.02

ISUコミュニケーション2370 世界選手権のミニマムスコア

https://isu.org/inside-isu/isu-communications/communications/25474-2370-tes-video-evaluation-isu-world-championships-2021/file

2020-2021シーズンの競技会の数に限りがあることを考慮し、世界選手権のミニマムスコアに関して特別な規定が設けられることになりました。

ミニマムスコアの特別規定
ISU選手権のエントリー数はこれまでと同じ範囲とする。2021年世界選手権に出場する選手は以下に該当するミニマムスコアに達していなければならない。
男子シングル SP:34.00 LP:64.00
女子シングル SP:30.00 LP:51.00
ペア SP:27.00 LP:44.00
アイスダンス RD:33.00 FD:47.00

*ミニマムスコアの有効期限を3シーズンに延長し、2018-2019シーズン、2019-2020シーズン、2020-2021シーズンのいずれかでクリアしていればよい。
*ジュニアスケーターが、2020-2021シーズンにシニアクラスに移行した場合、この3シーズンの間に国際ジュニア競技会で達成したミニマムスコアが有効となる。
*ミニマムスコアを持っていない/達していないスケーターがいる国は、そのスケーターのプログラムのビデオを送付してバーチャル評価を行うことができる。ビデオはそれぞれのISU技術委員会が任命したオフィシャルパネルによって評価される。
**テクニカルパネルのメンバーは異なるISUメンバーの出身者でなければならず、ISUジャッジパネルの資格を持っていなければならない。ジャッジパネルは5名から成り、異なるISUメンバーの出身者でなければならない。録画された演技を技術要素スコアのみで評価し、ミニマムスコアを達成した場合に2021年世界選手権に出場することができる。
*ビデオ評価の結果を受けて国際大会に出場した場合は、どちらかいい方の成績を考慮する。
*ビデオ評価によって得られたミニマムスコアは、2021年世界選手権のみに有効で、大会後には記録が削除される。

ビデオ評価を受けられるスケーターは、この3シーズンの間にミニマムスコアをクリアしていないか、今シーズンシニアクラスに移行したもののジュニアクラスでもミニマムスコアをクリアしていない選手だけとなる。世界選手権1枠のみのISUメンバーは、1人のみ(補欠を含む)のエントリー。世界選手権が2枠または3枠あるISUメンバーは、2名のみ(補欠を含む)エントリーが許される。

ビデオ評価は2月5日にエントリーを開始し、2月16日23時59分に締め切られる。エントリーしたスケーターは72時間以内にビデオを提出して評価を受けることができる。ビデオはミニマムスコア未達のプログラムについてのみ提出すればよい。提出できるビデオは1プログラムにつき1本のみとなる。両方のプログラムで未達の場合は、72時間以内にそれぞれのビデオを提出しなければならない。提出されるビデオは、事前に指定された時間帯に1回のみ行われたプログラムでなければならない。評価結果は2021年世界選手権のエントリー締切日である3月1日に間に合うよう、3月1日12時までに通達される。

-------
ミニマムスコアの適応範囲が3シーズンに広がり、シニアデビューシーズンの選手は、ジュニア時代の点数でも出場できることになりました。一番大きなのはビデオ評価の導入ですね。これで今シーズンに新チームを結成したカップル競技の選手たちも世界選手権出場が可能となります。シメフレが出られないなんてフィギュアスケート界の大損失なので、特別規定が設けられてよかったです。1人でも多くの選手、1組でも多くのチームがミニマムスコアを獲得できますように。判定はゴールデンスピンやトルン杯ぐらいガバガバでお願いします。
back-to-top