FC2ブログ
2020
06.30

アヴォンリー・ニューエン&ワジム・コレスニク 解散

この投稿をInstagramで見る

Avonley and I have an announcement to make. We have achieved quite a lot in just three years but we have decided it’s time to go in different direction. We would like to say thank you everybody for your support especially our great coaches! Avonley...Skating with you changed my life a lot. I am who I am today because of you. Thank you for all you have done for our partnership, through all the ups and downs. You are one of the most talented people I know and I admire your passion in figure skating. I wish you all the best in your future. I’m pretty sure you will reach the top in whatever you decide to do in your life. To our fans and supporters...Thank you for all of the opportunities you’ve given us and thank you for believing in us. We would never have accomplished what we did without your support!

vadymkolesnik(@vadym____kolesnik)がシェアした投稿 -

アメリカのアヴォンリー・ニューエンワジム・コレスニクが解散を発表しました。まさに青天の霹靂です。

アヴォンリー・ニューエンのコメント
様々な感情が入り混じっていますが、ワジムとのパートナーシップの解消を発表します。コーチングチーム、私たちの家族、アメリカフィギュアスケート協会、私たちの旅を支えてくれたすべての皆さんに感謝したいと思います。昨シーズンは、世界ジュニア選手権で優勝するという夢を達成した最も成功したシーズンとなりました。ワジムとは3年間の楽しい思い出がたくさんあり、今でも大切にしています。それぞれ別の道を歩むことになるワジムの成功を願っています。私はアイスダンスでの夢を叶えることを楽しみにしており、これからも私と同じようにスケートに対する興奮、情熱や献身を共有できるパートナーを探していきたいと思います。

ワジム・コレスニクのコメント
アヴォンリーと僕には発表しなければならないことがあります。僕たちはこの3年間でたくさんのことを成し遂げてきましたが、別々の道に進むことを決めました。僕たちを支えてくれた皆さん、特に素晴らしいコーチたちには感謝しています!
アヴォンリー…君のスケートは僕の人生を大きく変えてくれた。今日の僕があるのは君のおかげです。浮き沈みの激しい時期もありましたが、僕たちのパートナーシップのためにしてくれたことに感謝しています。君は僕が知っている中で最も才能のある人の一人で、君のフィギュアスケートに対する情熱を尊敬しています。君の将来の成功を願っています。君が人生で何をしようか決めたとしても、きっとトップになれると確信しています。
僕たちのファンやサポーターの皆さん、今でチャンスを与え、僕たちを信じてくれたことに感謝しています。皆さんの支えがなければ僕たちは決して成し遂げることができなかったでしょう!

プライベートでも仲良くしていたし、カップルとしてのバランスもとても良かったので、解散するなんて思ってもみませんでした。今シーズンはジュニアグランプリファイナル優勝間違いなしと目されていた中でシーズンが始まり、まさかの2位に終わりました。世界ジュニア選手権はRD3位スタートで同じ結果になることが脳裏をかすめましたが、FDで逆転優勝を果たしました。空から舞い降りてきたエアリー天女ステーショナリーリフトは誰にも真似できない彼らのトレードマークです。これを二度と観ることができないのは惜しいです。

女性は現役続行の意向をすでに表明しています。男性はどうするのか定かではありません。それぞれの道を応援したいと思います。はぁ……シュピルバンドのお仕事減っちゃう……。

パーソンズが解散し、マクカーが解散し、ニューコレまで解散してしまいました。アメリカのアイスダンス界は世界最高の選手層を誇っている思っていたけれど、この1年で一気に中堅どころがいなくなってしまいました。カップル競技というのは難しいものですね。

もおおおおおおおおおおおおやだああああああああああああああああああああああああああああ!!!
2020
06.29

ISUスケーティングアワードの最終ノミネートが発表

https://www.isu.org/figure-skating/news/news-fsk/13203-nominees-of-the-inaugural-isu-skating-awards-2020-are-revealed?templateParam=15

ISUスケーティングアワードの最終ノミネートが発表されています。ISUスケーティングアワードの授賞式は、日本時間7月11日午後11時からオンラインで開催されます。司会はチャーリー&タニス・ホワイト夫妻です。

最優秀選手賞
フィギュアスケートのファン層、メディアの注目度、スポンサーからの評価など、フィギュアスケートの人気を高めることに最も寄与したシングルスケーター、ペア、アイスダンスカップルを表彰する。
*ネイサン・チェン(アメリカ)
*ガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン(フランス)
*羽生結弦(日本)

最優秀衣装賞
創造性、現代的な実装、ファッション、スタイル、独創性を反映したコスチュームを持つシングルスケーター、ペア、アイスダンスカップルを表彰する。
*マディソン・チョック&エヴァン・ベイツ(アメリカ) フリーダンス"エジプシャンスネークダンス"
*アンナ・シェルバコワ(ロシア) フリースケーティング"火の鳥"
*羽生結弦(日本) フリースケーティング"Origin"

最優秀作品賞
選曲、表現力、創造性、現代的な実装、独創性、総合的なパフォーマンスが最も優れていたシングルスケーター、ペア、アイスダンスカップルを表彰する。
*ケヴィン・エイモズ(フランス) ショートプログラム"The Question Of U"
*エフゲーニャ・メドベージェワ(ロシア) フリースケーティング"SAYURI"
*ガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン(フランス) リズムダンス"The Fame"

最優秀新人賞
才能あるシングルスケーター、ペア、またはアイスダンスカップルの中から、初めてのシーズンにシニアレベルでISUイベントに出場し、非常に優れた成績を収めた者を表彰する。
*アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)
*アレクサンドラ・トゥルソワ(ロシア)
*ヨン・ユー(韓国)

最優秀振付師賞
シングルスケーターやペア、アイスダンスのカップルにインスピレーションを与えることに成功した振付師の作品を表彰する。
*シェイ=リーン・ボーン
*マリー=フランス・デュブレイユ
*ローリー・ニコル

最優秀監督賞
プロフェッショナルで効率的な仕事をし、1人または数人のシングルスケーターやペア、アイスダンスカップルなどで優れた成果を上げたコーチを表彰する。
*ラファエル・アルトゥニアン
*ブライアン・オーサー
*エテリ・トゥトベリーゼ

生涯功労賞
フィギュアスケート界のお手本とされ、大きな成功と人気を獲得したフィギュアスケート界のレジェンドに敬意を表する。
受賞者は授章式中に発表。

全部で7つの賞が授与されます。国籍やチームをバラけさせるはずなので、選手賞と作品賞はネイサン&羽生か、羽生&シェルバコワになると思います。シングルまみれにするわけにはいかないので、パパシゼには作品賞が割り当てられるでしょう。新人賞はコストルナヤで監督賞はエテリ、これは決まりかなーと思います。振付師賞はシングルもペアもダンスも振付してるマリーさんかな。

この賞は、グランプリシリーズに出場した選手しかノミネートされない上に、投票が2月上旬に締め切られてしまいます。これは明らかな欠陥なので、候補者発表は四大陸選手権後ぐらいが妥当だと思います。世界選手権のエキシビションを潰してまで授賞式をやるのは素直に諦めて、2年に1回国別対抗戦の後にやるとか、ジャパンオープンの後にやるとか、そんな感じでいいと思います。

来シーズンもアワードをやりたいなら、フィギュアスケートファンが楽しめるイベントにしてほしいです。別のジャンルからの新しいスケートファンを増やしたいんだろうけど、世界選手権のエキシビションを観るのってスケートファンだけだからな。一般人は有料のサイトに登録したり、YouTubeでジオブロックかいくぐってまでエキシビション観ないからな。世界のほとんどの国でテレビ放映されないんだから、テレビをザッピングしてたら釘付けになってファンになっちゃった!なんて土俵にも立ててないからな。

アリーナ・ザギトワはどの賞の最終ノミネートにも入っていないのに、世界選手権のエキシビションにゲストとして呼ばれていたんですね。運営はどのような意図を持っていたのだろう。呼ぶならノミネートに入れろし。
2020
06.25

全日本選手権の開催地は長野に決定

https://www.chunichi.co.jp/article/77787

全日本選手権の開催地が長野市のビッグハットに決定しました。長野での開催は2014年以来6年ぶりとなります。12月23日~27日の開催で、クリスマス時期と重なってしまいますし、人の多い東京で開催するよりは安全そうです。長野に入ってくんな!という意見はあるかもしれませんが、それを言い始めると日本のどこでもスポーツイベントを開催できません。選手や関係者の健康が第一なので、それさえ守られれば無観客でも構いません。フジテレビが例年以上に放送がんばってくれるはずですよね(圧力)。2020年はロシア選手権の日程と被ってしまうので、全日本選手権の最終グループを優先するのか、ロシア選手権を優先するのか、左右の目と耳で分担するのか選びましょう。

NHK杯は既報通り大阪で、東和薬品RACTABドーム(なみはやドーム)での開催となります。3年前のNHK杯は大阪市立中央体育館での開催でした。札幌→大阪→広島→札幌→大阪ときているので、来年は広島のターンのはずなんですけど、そろそろ名古屋でやってやれよ。10年間飛ばされ続ける名古屋の気持ち考えてみろよ!この10年間、グランプリファイナルとジュニアグランプリ1回ずつしかやってないんだぞ!

現時点での決定事項であり、COVID-19の感染状況によっては見直されるとのことです。
2020
06.25

アナ・ドゥシュコヴァー 引退

この投稿をInstagramで見る

Dear friends, I’ve been thinking the past several weeks and I’ve made probably the toughest decision of my life. I decided to no longer continue my skating career. The reason for that have been my struggles with many injuries for the past 2 years. After all my knee surgeries other injuries started chaining up slowly and it became impossible to train regularly. I felt like my health hasn’t been at its 100% ever since my first surgery although I’ve been trying to fight for what I love for over 2 years. But everything has to end at some point, right? . I would like to thank my amazing coaches, my supportive family, my partner @radek_jakubka and my former partner @martinbidar13 for taking this journey with me!❤️ . “Every ending is a new beginning.”✨

Anna Duskova(@aninka_duskova)がシェアした投稿 -

チェコのアナ・ドゥシュコヴァーが引退を発表しました。引退の理由は膝の怪我です。これは、ピョンチャンオリンピックのシーズンの前半を欠場するに至らしめたもので、膝の手術をしてからも、体のどこかしらが連鎖的に怪我するようになり満足に練習を積めなかったそうです。

シングル競技を並行していたこともあり、ペア選手としてはとてもソロジャンプが得意な選手でしたし、スケーティングスキルも光るものを持っていました。ビダージュとのペアでは、世界ジュニア選手権において、チェコペアとして初めてのISUチャンピオンシップスの優勝という輝かしい記録を打ち立てました。学業優先でチェコに残ることを優先しペア解消ということになりましたが、もし怪我をしていなければ、もしビダージュとのペアを続けていれば……きっと世界選手権のトップ5に入るペアになっていたと思います。

その学業優先というのも、チェコの最高学府であるカレル大学に通っているので、外国での練習を固辞したのも当然だと言えます。彼女は薬学部で学んでいるので、外国からレポートだけ出すわけにもいきませんからね。名門大学に入るだけの賢明さと彼女の美貌があれば、スケート界ではなくてもどんな世界でもやっていけると思います。怪我の痛みやストレスから解放されて、楽しい学生生活を送りつつ、素晴らしい未来を切り開けるように願っています。
2020
06.19

ISUコミュニケーション2332

https://www.isu.org/inside-isu/isu-communications/communications/24380-isu-communication-2332/file

6月15日のオンラインミーティングでの決定事項です。

*ジュニアグランプリシリーズ
ジュニアグランプリシリーズは8月末にカナダで開幕予定でしたが、頭の2試合が中止となりました。それに伴い新たにラトビア大会を加えてシリーズが再構成されました。

第1戦 ハンガリー・ブダペスト 9月9日~12日
第2戦 日本・横浜 9月16日~19日
第3戦 チェコ・オストラヴァ 9月23日~26日 ※ペア開催
第4戦 ウズベキスタン・タシュケント 9月30日~10月3日 ※ペア開催
第5戦 スロベニア・リュブリャナ 10月7日~10日
第6戦 ラトビア・リガ 10月14日~17日 ※ペア開催

シニアのグランプリシリーズはジュニアの最終戦の次の週に開幕予定なので、試合が被る心配はありません。

*ミニマムスコア
2020-2021シーズンのISUチャンピオンシップスにもミニマムスコアは適応されます。2019-2020シーズンまたは2020-2021シーズンの試合でクリアしなければいけないという決まりにも変更はありません。またミニマムスコア自体も据え置きになりました。ただし、COVID-19の影響で秋の試合の多くが中止になった場合、10月のミーティングで話し合われるそうです。

*ISUコミュニケーション2323と2324の停止
COVID-19の影響で、アイスリンクやトレーニングの再開が遅れている状況を鑑みて、ISUコミュニケーション2323と2324を停止することが決定されました。2020-2021シーズンの競技会はISUコミュニケーション2253と2254に基づいて運営されます。現在ISU協議会は、技術委員会と協力して、ISUコミュニケーション2253と2254の明確化と微調整が必要か、どの程度必要かを評定しており、必要となった場合は新しいISUコミュニケーションが発行されます。

ジュニアグランプリシリーズは6大会で再構成されることになりました。急遽試合をしてくれることになったラトビアには感謝ですね。6大会になったけれど、7大会分の出場枠を振り分けるのか、どの国も出場枠を削られるのか。次はそういったことが気になってきました。

ISUコミュニケーションの停止については試合に出る側もそうだし、判定する側も勉強をする機会があまりなくて、新規則に変えても批判を呼びそうなので停止でよかったと思います。この間ルールが発表されてから、1/4ピッタリの回転不足に適応される予定だったqマークについて考えていたのですが、眼球が分度器でできてる人がスーパースローで見ても、90.1度と90度と89.9度の違いなんて分からないと思うんですよね。機械で判定できるならまだしも、国内の地方大会でそんな技術が導入できるわけがないのだから、qマークはいらない!現行のルールでオッケー!ジャッジがんばれ!はいっ!大幅な改革は2022年によろしくお願いします。
2020
06.14

ブロック大会と全日本ノービス選手権 無観客での開催が決定

https://r.nikkei.com/article/DGXLSSXK60223_T10C20A6000000?s=5

9月~10月に開催予定のブロック大会6つと、全日本ノービス選手権が無観客で開催されることが発表されました。その後の大会は感染状況を見て判断するとのことです。

野球やサッカーをはじめとして、スポーツ界が徐々に動き始めました。フィギュアスケートは屋内競技ということもあり、少し事情は異なるかもしれませんが、無観客開催ですので、屋内や客席も余裕を持って利用できるはずですから、ソーシャルディスタンスに気を配りながら大会を運営してもらえればと思います。観客と一体になることもフィギュアスケートの魅力のひとつではありますが、今回ばかりは仕方がありません。仮に全日本選手権が無観客開催になったとしたら、ユーロの小国で全日本選手権やってると思うことにします。

中国で開催予定だったアジアントロフィーは延期が決まりました。テンションブチ上がる情報がここのところほとんどないでござるな。
back-to-top