FC2ブログ
2019
06.25

2026年冬季オリンピック開催地決定

https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000157915.html

2026年冬季オリンピックの開催地が決定しました。イタリアのミラノとコルティナ・ダンペッツォで共同開催することになります。イタリアでの開催は2006年トリノオリンピック以来20年ぶり、コルティナ・ダンペッツォでの開催は1956年以来60年ぶりとなります。イタリアは夏季もあわせると4度目のオリンピックです。

投票はスウェーデンのストックホルムとオーレ共同開催との一騎打ちとなり、イタリアが47票VS34票で勝利しました。イタリアは歴史があり文化も優れた国ですから開会式の演出には期待しています。7年後のことですから今では想像できないような技術も使われるんだろうなあ。

そしてフィギュアスケートの競技時間に関してですが、これはNBCにとっての頭痛の種です。NBCは超高額で放映権を獲得しているため、視聴率が取れる種目をアメリカ東海岸のゴールデンタイムにスタートさせます。ところが、イタリアと東海岸の時差は6時間なので、夜6時にテレビ放映しようとすると現地で深夜12時に競技を始めなくてはなりません。そんな横暴はNBCにも許されません。ピョンチャンオリンピックのように朝10時に始めたところで、アメリカは朝4時になるだけで無意味です。アメリカ人は朝が早いので一番盛り上がる時間帯にはとっくに出勤してしまっているでしょう。

結局、トリノオリンピックと同じ現地夜7時競技開始という選択肢しか残されていないのです。イタリアと日本との時差は8時間ですから、日本時間の深夜3時に始まって7時過ぎに終わります。日本のテレビ局としては視聴率の望めない昼間にされるよりもよっぽどいいと思います。

2030年が札幌開催になってもどうせ朝10時に始まるんだろうなーーーHAHAHAHA。

何オリンピックなんだろう。ミラノコルティナダンペッツォオリンピック?ミラノコルティナオリンピック?ミラコルオリンピック?
2019
06.21

2019-2020シーズン グランプリシリーズ 男子シングルアサイン

https://www.isu.org/docman-documents-links/isu-files/event-documents/figure-skating-4/2019-20/grand-prix/series-files-27/entries-4/21486-entries-men-2019-20-all-6-events/file

GPSのピークってアサインが出た瞬間ですよね。

スケートアメリカ
キーガン・メッシング(カナダ)
ボーヤン・ジン(中国)
ミハル・ブレジナ(チェコ)
ロマン・ポンサール(フランス)
島田高志郎(日本)
友野一希(日本)
ジュンファン・チャ(韓国)
ドミトリー・アリエフ(ロシア)
ロマン・サヴォシン(ロシア)
ジェイソン・ブラウン(アメリカ)
ネイサン・チェン(アメリカ)
TBD(アメリカ)

スケートカナダ
ブレンダン・ケリー(オーストラリア)
ニコラ・ナドー(カナダ)
ナム・ニューエン(カナダ)
ロマン・サドフスキー(カナダ)
パウル・フェンツ(ドイツ)
マッテオ・リッツォ(イタリア)
羽生結弦(日本)
田中刑事(日本)
デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)
ミハイル・コリヤダ(ロシア)
アンドレイ・ラズーキン(ロシア)
カムデン・プルキネン(アメリカ)

フランス国際
ニコラ・ナドー(カナダ)
ケヴィン・エイモズ(フランス)
ロマン・ポンサール(フランス)
TBD(フランス)
モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)
ダニエル・サモヒン(イスラエル)
宇野昌磨(日本)
アレクサンドル・サマリン(ロシア)
アントン・シュレポフ(ロシア)
セルゲイ・ヴォロノフ(ロシア)
ネイサン・チェン(アメリカ)
樋渡知樹(アメリカ)

中国杯
キーガン・メッシング(カナダ)
ボーヤン・ジン(中国)
ハン・ヤン(中国)
TBD(中国)
チーイー・ツァオ(台湾)
マッテオ・リッツォ(イタリア)
田中刑事(日本)
ジュンファン・チャ(韓国)
アンドレイ・ラズーキン(ロシア)
ロマン・サヴォシン(ロシア)
カムデン・プルキネン(アメリカ)
ヴィンセント・ジョウ(アメリカ)

ロステレコム杯
ウラジミール・リトヴィンツェフ(アゼルバイジャン)
ナム・ニューエン(カナダ)
ミハル・ブレジナ(チェコ)
モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)
友野一希(日本)
宇野昌磨(日本)
デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)
ドミトリー・アリエフ(ロシア)
アレクサンドル・サマリン(ロシア)
TBD(ロシア)
アレクセイ・クラスノジョン(アメリカ)
ヴィンセント・ジョウ(アメリカ)

NHK杯
コンラッド・オーゼル(カナダ)
ロマン・サドフスキー(アメリカ)
ケヴィン・エイモズ(フランス)
アレクセイ・ビチェンコ(イスラエル)
羽生結弦(日本)
山本草太(日本)
TBD(日本)
アルトゥール・ドミトリエフ(ロシア)
ミハイル・コリヤダ(ロシア)
セルゲイ・ヴォロノフ(ロシア)
ジェイソン・ブラウン(アメリカ)
樋渡知樹(アメリカ)

男子の派遣は特に偏った感じもなくバランスがいいです。

スケアメにはもちろんネイサンが。ミハルもポンサールも出場するのでアルトゥニアン先生は大忙しです。ブラウンはついにアメリカ男子の最年長になりました。今年の12月で25歳になるのでベテランですね。ブラウンがベテランなんですよ。信じられます?男子の派遣はバランスいいですが、比較的ここがしんどいかな?と思います。ブラウンはトップ選手で派遣運が一番悪かったです。友野のミルズ振付プロがすごく楽しみです。TBDはクラスノジョンの2枠目か、うさぎさんのどちらかですかね。

スケカナには羽生が出場するので黄色い雨が降り注ぎます。今回はさすがにいけるだろーーーーーと思ってコリヤダが優勝したりするんですよね。フェンツさんがまだ現役を続けてくれるようで安心しました。

フランス国際はネイサンVS昌磨です。直接対決では昌磨が連敗しているのでそろそろ勝ってほしいぞ!普通にいけばロシア勢が3位に入ると思いますが、エイモズやサモヒンにもチャンスはあります。レオノワの夫シュレポフもエントリーがあります。フランスは3枠目を使うでしょうか。フランスだからなーーー返上するかなーーー。

中国杯にはハン・ヤン!!!!!!!!!本当に戻ってきました。コミカルではないプログラムを振付けてもらえますように。チーイーという意外なエントリーがありました。中国の試合だから客席で赤と青の国旗掲げたら怒られたり、しばかれたりするのだろうか。素朴な疑問。

ロステレコム杯には連戦でヴィンセントが出場。シニカツと宮原と4人でチーム中露連戦で記念撮影してください。昌磨はエテリのところに移ることになれば移動が少なくて済みますね。期待の若手リトヴィンツェフのエントリーもあります。ロシア勢よりもロシアスケーターっぽいイメージなんだよなあ。

コリヤダはシード選手なのに地元の大会ではなくNHK杯に。ロシア連盟のやることは毎度よく分からない。そして2大会とも羽生と当たってしまうという。みんな大好きなおじさんたちもいますよ!セルゲイ・ヴォロノフさんはNHK杯の頃には32歳!ビチェンコさん31歳!フォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!! 日本からは草太が出場します。表彰台あるぞ?あるぞあるぞ?TBDは島田なのかダイスケさんなのか。樋渡は、なんとかの部屋があれば絶対にインタビュー受けるでしょうね。そしてあのゴリゴリの関西弁が披露されるのだ。

北米勢は代替わりしました。ユーロ勢はおじさんたちががんばっています。若い子たちも早くおじさんになりましょう。おじさんスケーターは最高なんです。選手たちが4分間の演技に慣れて表現に費やす余裕が生まれてくると嬉しいです。Because I'm not a ジャンプ厨。
2019
06.21

2019-2020シーズン グランプリシリーズ 女子シングルアサイン

https://www.isu.org/docman-documents-links/isu-files/event-documents/figure-skating-4/2019-20/grand-prix/series-files-27/entries-4/21487-entries-ladies-2019-20-all-6-events/file

スケートアメリカ
ヴェロニク・マレ(カナダ)
樋口新葉(日本)
坂本花織(日本)
山下真瑚(日本)
エリザヴェート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)
ユンスー・リム(韓国)
スタニスラワ・コンスタンティノワ(ロシア)
アンナ・シェルバコワ(ロシア)
エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)
カレン・チェン(アメリカ)
ブレイディー・テネル(アメリカ)
TBD(アメリカ)

スケートカナダ
オーロラ・コトップ(カナダ)
ガブリエル・デールマン(カナダ)
TBD(カナダ)
紀平梨花(日本)
三原舞依(日本)
イェリム・キム(韓国)
ヨン・ユー(韓国)
エフゲーニャ・メドベージェワ(ロシア)
セラフィマ・サハノヴィッチ(ロシア)
アレクサンドラ・トゥルソワ(ロシア)
アレクシア・パガニーニ(スイス)
ブレイディー・テネル(アメリカ)

フランス国際
ルーナ・ヘンドリックス(ベルギー)
ロリーヌ・ルカヴァリエ(フランス)
マエ・ベレニス・メイテ(フランス)
TBD(フランス)
樋口新葉(日本)
坂本花織(日本)
白岩優奈(日本)
アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)
マリア・ソツコワ(ロシア)
アリーナ・ザギトワ(ロシア)
マライア・ベル(アメリカ)
ティン・シュイ(アメリカ)

中国杯
ガブリエル・デールマン(カナダ)
ホンギー・チェン(中国)
イー・ジュー(中国)
TBD(中国)
ヴィヴェカ・リンドフォース(フィンランド)
本田真凜(日本)
三原舞依(日本)
宮原知子(日本)
エリザヴェート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)
ソフィア・サモドゥロワ(ロシア)
アンナ・シェルバコワ(ロシア)
エリザヴェータ・トゥクタミシェワ(ロシア)

ロステレコム杯
エカテリーナ・リャボワ(アゼルバイジャン)
ルーナ・ヘンドリックス(ベルギー)
ホンギー・チェン(中国)
ロリーヌ・ルカヴァリエ(フランス)
宮原知子(日本)
白岩優奈(日本)
横井ゆは菜(日本)
スタニスラワ・コンスタンティノワ(ロシア)
エフゲーニャ・メドベージェワ(ロシア)
アレクサンドラ・トゥルソワ(ロシア)
アレクシア・パガニーニ(スイス)
マライア・ベル(アメリカ)

NHK杯
ヴィヴェカ・リンドフォース(フィンランド)
マエ・ベレニス・メイテ(フランス)
紀平梨花(日本)
山下真瑚(日本)
TBD(日本)
ユンスー・リム(韓国)
アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)
ソフィア・サモドゥロワ(ロシア)
アリーナ・ザギトワ(ロシア)
スター・アンドリューズ(アメリカ)
カレン・チェン(アメリカ)
ティン・シュイ(アメリカ)

ロシアはザギトワ、メドベージェワ、リーザ、コンスタ、サモドゥロワ、トゥルソワ、シェルバコワ、コストルナヤが2枠ずつ。ソツコワとサハノヴィッチが1枠で最大18枠。日本は坂本、紀平、宮原、三原、新葉、山下、白岩が2枠ずつ。真凜とゆは菜が1枠、地元のTBD枠で17枠です。ロシア勢はシェルバコワ&リーザ、トゥルソワ&メドベージェワ、コストルナヤ&ザギトワがセットでいずれかの大会にエントリーしています。地獄かな?

スケアメにはテネルとトゥルシンバエワがエントリー。ロシア勢と日本勢を含めて6戦でここが最激戦になりそうです。テネルは国別のような演技を披露すれば優勝まで考えられます。坂本はいいスタートを切られるでしょうか。スケアメは相性がいいので今年こそは優勝を狙ってほしいです。優勝もあれば6位もありますからね。こわいこわい。

スケカナには紀平と三原。唯一日本勢が2名しか出ない大会です。テネルは連戦なのでスケカナも地獄ということになってしまいます。三原は力を出し切れば十分にチャンスはあります。僕が2本目の3Lzの回転が足りる呪いをかけ続けているのできっと大丈夫。韓国のジュニア勢2人がシニアデビューです。これからはユンスーとの3本柱ですね。国内チャンピオンのシャルトランのエントリーが1大会もありません。TBDにさえ名前がないので心配です。嬉しかったのはサハノヴィッチのエントリー!!!GPSに帰ってきます。チャレンジャーシリーズでしっかり結果を残したのがこの派遣に繋がりました。よかったよかった。テレ朝が紀平とトゥルソワのジャンプを煽るでしょうね。

フランス国際にはコストルナヤとザギトワが登場します。新葉と坂本はGPS2戦目です。ここは日露戦争になるでしょうね。

中国杯ではシェルバコワ&リーザセットが登場。トゥルシンバエワはシードのおかげでザギメドとぶつかるのは避けられますが、結局ロシア勢と日本勢と当たらなければならないので大変です。三原は今年も大変なところに派遣されてしまいました。中国のお嬢さんはお名前を存じ上げないです。シャンニンはTBDに入ってきたりするのかな。

ロステレコム杯はトゥルソワ&メドベージェワのセットです。宮原はくじ運がよかったと思います。この大会ならどうにかGPFへの望みを掴めそうですから。日本勢で一番運がよかったのが宮原ですね。ロステレコム杯だけ全カテゴリーで際立って強豪が派遣されていない印象です。どのカテゴリーもロステレコム杯が穴場かなと。裏を返せばチャンスでもあります。

NHK杯のTBDは真凜かゆは菜の2枠目なのか別の選手なのか。ここにはコストルナヤ&ザギトワセットです。男子は羽生がシードなのでネイサンはNHK杯に出られませんが、女子シングル・ペア・アイスダンスは世界チャンピオンがすべてNHK杯にエントリーしました。NHK杯モテモテですね。紀平VSザギトワで煽るぞーーーーーとんでもなく煽るぞーーー!今年ザギトワが日本にいすぎ問題。一時のランビぐらいいるぜ?

今年も日露勢でGPF進出者が占められるのか、トゥルシンバエワやテネルが奮起するのか。というかトゥルシンバエワはGPSの初表彰台なるのか。テレ朝もNHKも煽りがいのありそうなアサインになりました。
2019
06.21

2019-2020シーズン グランプリシリーズ ペアアサイン

https://www.isu.org/docman-documents-links/isu-files/event-documents/figure-skating-4/2019-20/grand-prix/series-files-27/entries-4/21485-entries-pairs-2019-20-all-6-events/file

スケートアメリカ
エカテリーナ・アレクサンドロフスカヤ&ハーレー・ウィンザー(オーストラリア)
カミーユ・ルーエ&アンドリュー・ウルフ(カナダ)
チェン・ペン&ヤン・ジン(中国)
ダリア・パブリュチェンコ&デニス・ホディキン(ロシア)
ナタリア・ザビアコ&アレクサンドル・エンベルト(ロシア)
アシュリー・ケイン&ティモシー・ルデュク(アメリカ)
ヘイヴン・デニー&ブランドン・フレイジャー(アメリカ)
TBD(アメリカ)

スケートカナダ
リュボーフィ・イリュシェチキナ&シャルリ・ビロドー(カナダ)
カーステン・ムーア=タワーズ&マイケル・マリナロ(カナダ)
TBD(カナダ)
フェイヤオ・タン&ヨンチャオ・ヤン(中国)
アレクサンドラ・ボイコワ&ドミトリー・コズロフスキー(ロシア)
エフゲーニャ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ(ロシア)
ジェシカ・カララン&ブライアン・ジョンソン(アメリカ)
アレクサ・シメカ・クニエリム&クリス・クニエリム(アメリカ)

フランス国際
ミリアム・ツィーグラー&セヴェリン・キーファー(オーストリア)
ヴァネッサ・ジェームス&モルガン・シプレ(フランス)
ミルルヴァ・ファビアン・ハーゼ&ノーラン・ジーゲルト(ドイツ)
アナスタシア・ミーシナ&アレクサンドル・ガリャモフ(ロシア)
ダリア・パブリュチェンコ&デニス・ホディキン(ロシア)
ナタリア・ザビアコ&アレクサンドル・エンベルト(ロシア)
アシュリー・ケイン&ティモシー・ルデュク(アメリカ)
ヘイヴン・デニー&ブランドン・フレイジャー(アメリカ)

中国杯
リュボーフィ・イリュシェチキナ&シャルリ・ビロドー(カナダ)
チェン・ペン&ヤン・ジン(中国)
ウェンジン・スイ&ツォン・ハン(中国)
TBD(中国)
テオク・リョム&ジュシク・キム(北朝鮮)
ニコル・デラ・モニカ&マッテオ・グアリーゼ(イタリア)
アリサ・エフィモワ&アレクサンドル・コロヴィン(ロシア)
タラ・ケイン&ダニー・オシェイ(アメリカ)

ロステレコム杯
ミリアム・ツィーグラー&セヴェリン・キーファー(オーストリア)
イヴリン・ウォルシュ&トレント・ミショー(カナダ)
ミルルヴァ・ファビアン・ハーゼ&ノーラン・ジーゲルト(ドイツ)
レベッカ・ギラルディ&フィリッポ・アンブロジーニ(イタリア)
アレクサンドラ・ボイコワ&ドミトリー・コズロフスキー(ロシア)
エフゲーニャ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ(ロシア)
TBD(ロシア)
オードリー・ルー&ミーシャ・ミトロファノフ(アメリカ)

NHK杯
カーステン・ムーア=タワーズ&マイケル・マリナロ(カナダ)
ウェンジン・スイ&ツォン・ハン(中国)
ヴァネッサ・ジェームス&モルガン・シプレ(フランス)
ニコル・デラ・モニカ&マッテオ・グアリーゼ(イタリア)
TBD(日本)
アナスタシア・ミーシナ&アレクサンドル・ガリャモフ(ロシア)
タラ・ケイン&ダニー・オシェイ(アメリカ)
アレクサ・シメカ・クニエリム&クリス・クニエリム(アメリカ)

初戦のシード組はザビエンとペンジンです。この1年の伸び率を考えればペンジンが勝ってもおかしくないです。アレウィンおかえりなさい。ペアが少ないので戻ってきてくれて安心しましたよ。

スケカナではイリビロがデビューです。初戦から上手くいくと楽観視しているわけではありませんが、この2人の組み合わせなので期待せずにはいられません。ボイコズが大活躍してロシア勢1、2で会場ヒエヒエという可能性が無きにしも非ず。TBDはウォルミショ2枠目でしょうか。

フランス国際にはヴァネシプが登場。ヴァネッサがテレビ番組に出演するのでGPSは遅めのフランス国際とNHK杯に希望を出すと語っていましたがその通りになりました。この大会は3位争いが楽しみです。

中国杯なのでもちろんスイハンとペンジンです。中国連盟は国内のトップペアがぶつかることなんてまったく気にしません。デラモデルは最低でもここで2位いに入らないとGPF進出が厳しくなります。デラモデルもギニャファブと同じようにかなりしんどい派遣になりました。

ロステレコム杯は若手中心の派遣です。ロシア連盟はシードをどちらも地元に使いました。1、2を狙っていますね。ボイコズは去年絶対GPFに出られるという状況で失敗してしまいました。今年こそはと思っているでしょう。ロシアのTBDによってはロシア勢で表彰台独占できます。ストルボワは出ないのか?

さあ、問題のNHK杯。ここがえらいことになりました。スイハンは移動が少なくて済むので省エネでNHK杯へ。ヴァネシプは希望通りの派遣です。世界選手権の1位と4位ですね。そしてカナダ1番手、フランス1番手、イタリア1番手、世界ジュニアチャンピオン、全米選手権優勝経験者たち。ロステレコム杯と足して2で割ってちょうどいいのに、いくらなんでもこの大会に偏り過ぎています。デラモデルよ……。日本はTBDとなっています。日本のペアはめっちゃいい経験になると思いますよ。

ステバーやスペインペアが解散しました。そしてお馴染みの名前がないですよね。ユージャンの派遣が1大会もありません。このままだとミニマムスコアがないから四大陸にも出られずシーズンが終わるのですが、チャレンジャーシリーズに派遣するのでしょうか。さすがに2シーズン空白を作ると世界との差が開いていくと思います。めちゃくちゃ体調が悪いとか?
2019
06.21

2019-2020シーズン グランプリシリーズ アイスダンスアサイン

https://www.isu.org/docman-documents-links/isu-files/event-documents/figure-skating-4/2019-20/grand-prix/series-files-27/entries-4/21484-entries-ice-dance-2019-20-all-6-events/file

はい出たああああああああ寝る前に出たあああああああああああああ!!!

スケートアメリカ
ロランス・フルニエ・ボードリー&ニコライ・ソレンセン(カナダ)
ホン・チェン&ズオミン・サン(中国)
マリー=ジャード・ローリオ&ロマン・ルギャック(フランス)
ソフィア・シェフチェンコ&イゴール・エレメンコ(ロシア)
アレクサンドラ・ステパノワ&イワン・ブキン(ロシア)
ティファニー・ザゴルスキー&ジョナサン・ゲレイロ(ロシア)
オリヴィア・スマート&アドリアン・ディアス(スペイン)
クリスティーナ・カレイラ&アンソニー・ポノマレンコ(アメリカ)
マディソン・ハベル&ザカリー・ダナヒュー(アメリカ)
TBD(アメリカ)

スケートカナダ
パイパー・ギルス&ポール・ポワリエ(カナダ)
マージョリー・ラジュワ&ザカリー・ラガ(カナダ)
ヘイリー・セールス&ニコラス・ワムスティーカー(カナダ)
ライラ・フィアー&ルイス・ギブソン(イギリス)
ソフィア・エフドキモワ&エゴール・バジン(ロシア)
ベティナ・ポポワ&セルゲイ・モズゴフ(ロシア)
サラ・ウルタド&キリル・ハリャーヴィン(スペイン)
キャロライン・グリーン&マイケル・パーソンズ(アメリカ)
ケイトリン・ホワイエク&ジャン=リュック・ベイカー(アメリカ)
マディソン・ハベル&ザカリー・ダナヒュー(アメリカ)

フランス国際
キャロラーヌ・スシース&シェーン・フィルス(カナダ)
マリー=ジャード・ローリオ&ロマン・ルギャック(フランス)
ガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン(フランス)
TBD(フランス)
シャルレーヌ・ギニャール&マルコ・ファブリ(イタリア)
ナタリア・カリシェク&マクシム・スポディレフ(ポーランド)
ティファニー・ザゴルスキー&ジョナサン・ゲレイロ(ロシア)
オリヴィア・スマート&アドリアン・ディアス(スペイン)
マディソン・チョック&エヴァン・ベイツ(アメリカ)
ロレイン・マクナマラ&クイン・カーペンター(アメリカ)

中国杯
ロランス・フルニエ・ボードリー&ニコライ・ソレンセン(カナダ)
ホン・チェン&ズオミン・サン(中国)
シーユエ・ワン&シンユー・リウ(中国)
TBD(中国)
小松原美里&ティム・コレト(日本)
ソフィア・エフドキモワ&エゴール・バジン(ロシア)
ヴィクトリア・シニツィナ&ニキータ・カツァラポフ(ロシア)
アナスタシア・スコプツォワ&キリル・アリョーシン(ロシア)
マディソン・チョック&エヴァン・ベイツ(アメリカ)
ケイトリン・ホワイエク&ジャン=リュック・ベイカー(アメリカ)

ロステレコム杯
パイパー・ギルス&ポール・ポワリエ(カナダ)
マージョリー・ラジュワ&ザカリー・ラガ(カナダ)
ユリア・トゥルッキラ&マティアス・ヴェルスルイス(フィンランド)
アデリナ・ガリヤビエワ&ルイ・トーロン(フランス)
アリソン・リード&サウリウス・アンブルレヴィチウス(リトアニア)
ナタリア・カリシェク&マクシム・スポディレフ(ポーランド)
ヴィクトリア・シニツィナ&ニキータ・カツァラポフ(ロシア)
アナスタシア・スコプツォワ&キリル・アリョーシン(ロシア)
TBD(ロシア)
サラ・ウルタド&キリル・ハリャーヴィン(スペイン)

NHK杯
キャロラーヌ・スシース&シェーン・フィルス(カナダ)
シーユエ・ワン&シンユー・リウ(中国)
ガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン(フランス)
ライラ・フィアー&ルイス・ギブソン(イギリス)
シャルレーヌ・ギニャール&マルコ・ファブリ(イタリア)
小松原美里&ティム・コレト(日本)
ソフィア・シェフチェンコ&イゴール・エレメンコ(ロシア)
アレクサンドラ・ステパノワ&イワン・ブキン(ロシア)
クリスティーナ・カレイラ&アンソニー・ポノマレンコ(アメリカ)
ロレイン・マクナマラ&クイン・カーペンター(アメリカ)

スケアメにはハベドノとステブキが出場します。普通にいけばハベドノが勝つでしょうが、勝負の世界では何が起こるか分からないとハベドノがこの間の四大陸選手権で教えてくれました。3位がどうなるかですね。赤ゲレかフルソレのどちらかが濃厚です。美貌のチェンコメンコがシニアデビューとなります。

スケカナにもハベドノがエントリーしました。ハベドノはスケアメとスケカナの連戦が大好きで、2013年・2018年に続く3回目の連戦です。スケアメを開催するラスベガスと、スケカナを開催するケロウナは時差がないのでそういった点では楽だと思います。パイポーは世界選手権7位で、ウィバポジェがGPSに出ない分繰り上がってシードになりました。去年よりはかなーーーーーーーーり楽なドローになりました。そしてアサイン最大の衝撃グリーンズ妹とパーソンズ兄のカップル結成!!!知らなかったー。お互いにきょうだいカップルを解散してのカップル結成となりました。スケアメにTBDに入れそうなカップルがいないので新結成のきょうだいズが2戦派遣になるかも?

フランス国際にはもちろんパパシゼが登場します。チョクベイとギニャファブも出場します。ギニャファブは2018-2019シーズンGPSにおけるパイポー枠です。母国開催のGPFがあるのに強豪と当たりまくって進出に死ぬほど不利枠です。マジでこれは気の毒。フランスのTBDはアデルイの2枠目でしょう。昨年派遣運に恵まれた赤ゲレはかなりしんどいです。

中国杯でシニカツが初登場。チョクベイとの対決になります。チョクベイは連戦ですね。強豪カップルが連戦ばかりしてるわ。フランスから中国はしんどそう。ホワベイと中国杯……めっちゃ体調悪かったアレを思い出します。メダルが狙えるので今回はリベンジしてほしいです。フルソレはスケアメも中国杯も表彰台の可能性があります。エフバジはついにGPSで2枠もらえるようになりました。初の国外GPSへの参加です。連盟に推されないし、モスクワ勢と違って練習環境もよくないのに本当にがんばっています。ジュニアから解散せずに続けているのも嬉しい。

ロステレコム杯はシニカツが絶対的な優勝候補です。今年もNHK杯への派遣はありませんでした。ひょっとしてNHK杯の呪縛から解き放たれたから結果を出せたのか!?そうかそうか……もうNHK杯に戻ってくるんじゃないぞ。もっとデカい舞台で輝いてこい!TBDはシュピスミ?それともポポモズの2戦目?

NHK杯には今年もパパシゼがエントリー。君たち毎年エントリーしてないか?2015年は女性の脳震盪で、2018年は男性の怪我で出られなかったものの、2016年は出てますし、ここ5年で4回派遣されています。2017年以外はずっと第1シードなので本人が希望しているということになります。そんなにNHK杯がよいのか?今年は怪我なく来日してください。ギニャファブはステブキと当たってしまいます。マジ去年のパイポー枠。

普通にいけばパパシゼ、シニカツ、ハベドノ、ステブキ、チョクベイ、パイポーがGPFに進出することになると思います。

ドイツ勢、ナザニキ、バックランド弟組、テサフィオあたりが昨年のエントリーから名前が消えたカップルです。
2019
06.20

ウィーバー&ポジェ 年内の試合は欠場

https://skatecanada.ca/2019/06/kaitlyn-weaver-andrew-poje-stepping-away-from-competition/

ケイトリン・ウィーバーアンドリュー・ポジェがグランプリシリーズとチャレンジャーシリーズを欠場することを発表しました。競技から離れる間に将来の計画を評価し、シーズンの後半に発表するそうです。記事のタイトルに"stepping away"と書いてあったので引退発表かと思って焦りました。

2020年世界選手権がモントリオール開催なので、そこまで続けることに何の疑いもありませんでした。ですからとても驚きました。30歳と32歳ともなれば、若いカップルのように物事が簡単に進まないことは理解できます。国内選手権の前には決断を聞けると思うので、静かに待とうと思います。

でもねーーーーー今シーズンさらに素敵になったからもっと観たいよーーーーーーー有終の美飾ってほしいよーーーーーーー。
2019
06.16

2022年世界選手権はモンペリエ開催

https://www.isu.org/isu-news/news/145-news/12644-provisional-allotments-of-isu-championships-2021-and-2022?templateParam=15

4月にISUチャンピオンシップスの候補地が発表されましたが、その中から開催地が決定しました。

2021年四大陸選手権 オーストラリア・シドニー 2月8日~14日
2022年ヨーロッパ選手権 エストニア・タリン 1月10日~16日
2022年世界選手権 フランス・モンペリエ 3月21日~27日


オセアニアでの四大陸選手権は初開催です。タリン開催のヨーロッパ選手権は12年ぶり、フランス開催の世界選手権は10年ぶりとなります。

ヨーロッパ選手権
2020年1月20日~26日 オーストリア・グラーツ ※全米選手権は裏被り
2021年1月25日~31日 クロアチア・ザグレブ ※全米選手権は2週違い
2022年1月10日~16日 エストニア・タリン ※全米選手権は1週違い

四大陸選手権
2020年2月3日~9日 韓国・ソウル
2021年2月8日~14日 オーストラリア・シドニー
2022年1月17日~22日 台湾・台北 ※唯一の候補地

世界ジュニア選手権
2020年3月2日~8日 エストニア・タリン
2021年3月1日~7日 中国・ハルビン
2022年3月7日~13日 ウズベキスタン・タシュケント ※唯一の候補地

世界選手権
2020年3月16日~22日 カナダ・モントリオール
2021年3月22日~28日 スウェーデン・ストックホルム
2022年3月21日~27日 フランス・モンペリエ

2021年四大陸選手権の開催候補地のひとつに北京がありましたが、オリンピックのプレイベントはグランプリファイナルになるようです。2022年世界選手権はフランス開催なのでパパシゼにとっては続けるモチベーションになるのではないかと思います。すでに世界選手権4度優勝していますので、連勝し続けると歴代最多7度の優勝になります。また、メダル獲得数アイスダンス歴代最多タイ記録、連覇数アイスダンス歴代最多タイ記録に並ぶことにもなります。

日本なら選手層が薄くても埋まるだろうって思われているから、世界選手権の開催がオリンピックシーズンがポストシーズンばかりに集中しています。次は盛り上がりそうな中間年かプレシーズンがいいです。さいたまへの移動は選手が大変だから代々木ね。2024年に代々木ね。はい偉い人よろしく!
2019
06.15

髙橋大輔 国際大会出場への意欲あり

https://www.nikkansports.com/sports/news/201906150000583.html

髙橋大輔が、2019-2020シーズンには制限を設けず、国際大会へ出場する可能性もあることを示しました。グランプリシリーズについても語っているのですが、彼ってグランプリシリーズ出ようと思えば出られますよね?

グランプリシリーズにはカムバック規定というものがあり、過去10年間の世界選手権でトップ6に入ったスケーターは、ミニマムスコアに関係なく2枠エントリーする権利を一度だけ行使することができます。僕は2009-2010シーズンにカムバック規定を使ったと勘違いしていたのですが、彼はワールドスタンディングで1枠確保でしたし、開催国枠でNHK杯に出場しました。ですから、2013年世界選手権で6位の彼のカムバック権利はまだ生きています。

国際Bは時期未定で挑戦する意志はあるそうです。全日本選手権で表彰台ともなれば、ISUチャンピオンシップス出場のためにミニマムスコア獲得は必須になりますからね。

とりあえず、このニュースを見て湧いてきそうなアンチ蹴散らしときますね。

アンチ:とっくに終わったスケーターなのに見苦しい!自己満足で競技会に出しゃばんな!
ぼく:現役スケーターは全員アマチュアだぞ。プロじゃないぞ。正当な権利行使して出場してるぞ。

アンチ:もう世界で戦えないおっさんは若手に枠譲れ!
ぼく:そんなおっさんに負けてるようじゃ国際大会に出ても勝てないぞ。

アンチ:国内だし連盟のお気に入りだから点数爆盛りされてる!表彰台に乗せるためだ!
ぼく:国内大会なんて世界共通で盛られてるぞ。この間の全日本での髙橋にならノーミスの演技で勝てるぞ。

ふぅ……やれやれだぜ。来シーズンはもっと長く彼の演技を観られるのか、それとも若手がISUチャンピオンシップスの出場権を勝ち取るのか。どちらにしてもおもしろくなりそうです。みんな健康で全日本選手権に出場してください。お願いします。
2019
06.11

ソヨン・パク 引退

この投稿をInstagramで見る

피겨를 시작한지 어느덧 15년이라는 세월을 지나 피겨의 맏언니가 되었네요😊 선수생활동안 희노애락이 참 많았지만 지금 이 순간 뒤돌아보면 너무 행복한 시간이었습니다. 그동안 변함없는 사랑과 응원,격려 덕분으로 힘든시간을 잘 견뎌 낼 수 있었습니다✨ 여기까지 저를 이끌어 주신 지현정 코치님 감사합니다. . 항상 힘들때 많은 조언과 도움을 주신 저의 우상 김연아 선배님 감사합니다. . 저에게 힘이 되고 열심히 할 수 있도록 응원과 박수를 보내주신 모든 팬분들께 감사합니다. . 그외, 도움주신 모든분들께 진심으로 감사드립니다. 저에게 앞으로 나아갈 수 있는 새로운 기회가 생겨 이번 아이스쇼를 마지막으로 인사드리게 되었습니다. 앞으로 또다른 박소연으로 여러분께 찾아 뵙도록 하겠습니다 사랑해요 여러분🥰✨ #나의새로운터전#태양의서커스#투어링#아이스쇼#cirquedusoleil#axel

Soyoun Park (박소연)🇰🇷🎗さん(@f.skater_soyoun)がシェアした投稿 -

ソヨン・パクが引退発表です。この前の週末は、ユナ・キムのアイスショー"All That Skate"に参加しました。韓国のスケートファンの前でアマチュア生活最後の滑りを見せて、競技の場から去ることになりました。引退後はシルク・ドゥ・ソレイユでパフォーマンスをするそうです。この間、カリーナ・マンタ&ジョセフ・ジョンソンもシルク・ドゥ・ソレイユに行くことを発表しましたけど、才能あるスケーターたちの引退後の受け皿ができて嬉しいです。

彼女の演技で一番に思い出されるのが2014年世界選手権でのLPの演技です。ユナがオリンピックで引退してしまったため、韓国女子の出場枠は3枠から一気に1枠に減ってもおかしくない状況でした。当時、国際大会ではそれほど目立った成績を残してもいませんでしたしね。ふたを開けてみれば、嫌味のない選曲とエレガントな身のこなし、スピードを殺さない滑らかなジャンプでほぼノーミスの演技!韓国代表2人がLPに進んだので、12位以内で2枠確保でしたが、9位で余裕を残してのフィニッシュでした。

ルックスもキュートで、パンダっぽいのでずっとパンダちゃんと呼んでいました。オリンピックシーズン後も順調にキャリアを積んでいたので、ピョンチャンオリンピック代表が2枠ならソヨンとダビンで間違いないだろうという流れでしたが、プレシーズンでまさかの骨折。オリンピックシーズンに入っても手術箇所の炎症が治まらず、不完全な形でオリンピック代表レースがスタート。まさかの代表落ちを喫しました。勝負の世界に絶対なんてないことを思い知らされました。でも、オリンピックに1回出られるだけでも本当にすごいことです。そして、現役最後の試合となったユニバーシアードではミスのない美しい演技を見せてくれました。輝かしいキャリアだったと言えると思います。

まだ21歳で若いです。人生の第2章が素晴らしいものになりますように。

まったくの余談ですが、ヒョンジュン先生がたか子コーチ(※顔が松たか子に似ているから)と認知され始めたのはソヨンからでしょうか?ダビンですかね?僕のブログで検索かけると最古は2015年世界ジュニア選手権でのダビンの感想でした。ソヨンの引退はたか子コーチを目にする機会の損失でもあります。たか子~もっともっとジュニアを育てて~~~。
2019
06.09

新プロ情報3

マリア・ソツコワ
SP:To Build A Home 振付:ニコライ・モロゾフ
LP:Fifty Shades of Grey 振付:ニキータ・ミハイロフ

スケーターの持ち家志向が露わになる選曲。スケーターお家建てがち。

アレクサンドラ・ステパノワ&イワン・ブキン
RD:Sparkling Diamonds 振付:イリヤ・アベルブフ

2人のピッタリの選曲です。派手な振付で暴れ回るのが容易に想像できます。2019-2020シーズンのパターンダンスの課題はフィンステップ。フィンステップは、弾けるシャンパンの香りがするダンスとされていますから、それにも合っています。

ヴィンセント・ジョウ
LP:クラウド アトラス 振付:ローリー・ニコル

ムーブメントやフットワークの振付にはカート・ブラウニングも協力したそうです。

マッテオ・リッツォ
LP:フラメンコスタイルのもの 振付:マッシモ・スカリ

なんと!!!!!!!!!!!!!!メドレーではありません!!!!!!!!!!!!!!!!!キャアアアアアアアアアアアアアア

ニコル・デラ・モニカ&マッテオ・グアリーゼ
LP:Pilgrims on a Long Journey、Saturn by Sleeping at Last 振付:マッシモ・スカリ

1曲目の方はテサモエが2016-2017シーズンFDの冒頭で使用していました。

ヘイヴン・デニー&ブランドン・フレイジャー
LP:ライオンキング 振付:レネー・ロカ

5シーズンぶりにライオンキングを滑ります。振付は一新するそうです。ライオンキングの実写映画が公開されるので、そのタイミングに合わせたのでしょう。

本郷理華
SP:キル・ビル(続行)
LP:ゴースト・イン・ザ・シェル 振付:シェイ=リーン・ボーン

イェリム・キム
SP:ブラックスワン 振付:ギュヒョン・リー
LP:ある愛の詩 振付:ジェフリー・バトル

アレクセイ・クラスノジョン
SP:Runaway by Ramin Djawadi、Freedom by Pharrell Williams 振付:アレクサンダー・ジョンソン
LP:Prelude from Fahrenheit 451 by Bernard Herrmann、インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア、ドラキュラ、Archangel by Two Steps from Hell 振付:アレクサンダー・ジョンソン

要するにドラキュラな!

セラフィマ・サハノヴィッチ
SP:Megapolis 振付:アンゲリーナ・トゥレンコ
LP:シェルブールの雨傘

ロシア女子は曲目の発表が早いですねえ。グランプリシリーズのアサイン発表まであと2週間足らずですわよ。ヤダーハヤイー。
back-to-top