2017
09.30

JGPクロアチア杯 2日目 アイスダンスSD・ペアリザルト・男子リザルト

アイスダンスSD
1 Marjorie LAJOIE / Zachary LAGHA(カナダ)62.89 PB
2 Ksenia KONKINA / Grigory YAKUSHEV(ロシア)60.16 PB
3 Sofia SHEVCHENKO / Igor EREMENKO(ロシア)59.97 PB
4 Natacha LAGOUGE / Corentin RAHIER(フランス)53.43
5 Eliana GROPMAN / Ian SOMERVILLE(アメリカ)52.16
6 Ellie FISHER / Simon-Pierre MALETTE-PAQUE(カナダ)49.08 PB
7 Chiara CALDERONE / Pietro PAPETTI(イタリア)47.52 PB
8 Olga GIGLAVA / Yegor YEGOROV(ウクライナ)47.08 PB
9 Ria SCHWENDINGER / Valentin WUNDERLICH(ドイツ)46.89
10 Emily ROSE BROWN / James HERNANDEZ(イギリス)45.58 PB
11 Villö MARTON / Danyil SEMKO(ハンガリー)44.39 PB
12 Wanqi NING / Chao WANG(中国)40.49 PB
13 Sophia ELDER / Christopher ELDER(アメリカ)37.17 PB
14 Megumi TSUTSUMI / Devin DICKEY(メキシコ)33.86 PB
15 Malene NICHITA-BASQUIN / Jaime GARCIA(スペイン)30.72 PB

ナタコレ
男性が191cmもあるので、パターンダンスの時に体を持て余してますよね。長身でもきちんと処理できてるポジェって偉大だわ。初戦では女性のふともも見せすぎスカートに気を取られていたけど、細かいリズムを取る事にも苦労が見えます。何気に女性も167cmもあるので大変。北米選手の小型化で、これからそれが進行していく気もするので、長身ユーロ勢には頑張って欲しい。リヨンとは思えないツイズルは堪えました。

イタリアからカップルが!!!!!!!!!!頼むからもっと増えて!少子化に負けないで!

チェンコメンコ
変態ツイズルチームの変態ツイズルじゃないカップル。プログラムの内容を、滑らか回転上げリフトで思い出しました。グレープフルーツのように健康的なパッションのチェンコさん、その後ろで動きが少しねちっこいメンコさん。バランスいいよいいよ。グレープフルーツがまだ甘くなかった時代に砂糖かけて食べてたじゃないですか。多分メンコさんはそんな感じですよ。

グロサマ
ノットタッチの滑り出しで男性が本域で滑ってしまったのか、女性との移動距離の差が半端なかったです。コントロール大事。男の子って大変。

コンヤク
曲のチェンジが2回あって、その2回目で最初に戻るのは過去2シーズンの流行りだったわけですが、この組は最初と最後の雰囲気を変えているのがいいと思います。同じになっちゃうと、ただルールで必要だから変えただけに見えますもん。最初はサンバなのにツルツルと滑って技術アピール。最後のサンバでは、近年珍しいシンプル高速ツイズルで元気さアピール。いいよー。

ラジュラガ
深瀬も似たようなバフバフスカートだったけど、先生こういのが好きなの?ラガのニヒルな笑みからスタート、アイライン引いたのか?ってぐらいに目力倍増。演技中に笑顔が伝わってくるよ。昨シーズンまでなぜ笑わなかったの。おもしれえ。点数出たときに足を小突くラジュワさんを見て「あ、この人もカナダの姉貴だ」と察しました。

カナダ2番手の男の子はモデルらしい。178cmでモデル出来るのか?


ペアLP
1 Polina KOSTIUKOVICH / Dmitrii IALIN(ロシア)105.80 PB
2 Yumeng GAO / Zhong XIE(中国)104.97 PB
3 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII(ロシア)101.98
4 Evelyn WALSH / Trennt MICHAUD(カナダ)101.20 PB
5 Laiken LOCKLEY / Keenan PROCHNOW(アメリカ)90.51
6 Daria KVARTALOVA / Alexei SVIATCHENKO(ロシア)86.59 PB
7 Sarah FENG / Tommy-Jo NYMAN(アメリカ)83.56 PB
8 Yuyao ZHANG / Ziqi JIA(中国)80.14 PB
9 Jiaying SUI / Yunzhi GUO(中国)80.02 PB
10 Olivia BOYS-EDDY / Mackenzie BOYS-EDDY(カナダ)77.03 PB
11 Isabella GAMEZ / Ton CONSUL(スペイン)70.33 PB
12 Chloe CHOINARD / Mathieu OSTIGUY(カナダ)66.13

ペアリザルト
1 Polina KOSTIUKOVICH / Dmitrii IALIN(ロシア)165.48 PB
2 Yumeng GAO / Zhong XIE(中国)164.96 PB
3 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII(ロシア)163.21 PB
4 Evelyn WALSH / Trennt MICHAUD(カナダ)150.32
5 Laiken LOCKLEY / Keenan PROCHNOW(アメリカ)141.99
6 Daria KVARTALOVA / Alexei SVIATCHENKO(ロシア)138.97 PB
7 Yuyao ZHANG / Ziqi JIA(中国)129.85 PB
8 Sarah FENG / Tommy-Jo NYMAN(アメリカ)125.98 PB
9 Jiaying SUI / Yunzhi GUO(中国)124.50 PB
10 Olivia BOYS-EDDY / Mackenzie BOYS-EDDY(カナダ)123.42 PB
11 Isabella GAMEZ / Ton CONSUL(スペイン)113.21 PB
12 Chloe CHOINARD / Mathieu OSTIGUY(カナダ)108.08

ウォルミショ
男性の3T-2Tの間にターンが入ったのと、ソロスピンのチェンジフットで男性がミス。でもLPは得意で、今回も100点を超えてきました。ピンクを着たっていいじゃない16歳だもの。

クバスビ
美しい宇宙衣装でエクソジェネシス。懺悔っぽくはないです。何もない宇宙を旅して、遥か彼方の未開の星に何十年もかけて旅をする過程のよう。ツイストのキャッチミス、スローフリップ転倒、3Sシンクロ転倒、3T-2Tステップアウトなど冒頭4連続ミス。コレオシークエンスでは男女が大きく距離をとって演じました。女性はスパイラル、男性はイーグルです。でも2人ともそれほどポジションが美しくはないです。この構成はもっとそれらに自信がある人がやらないと。ミス多発の演技でした。

コスイア
トリプルツイスト並みの軽いキャッチでクワドツイスト。クワドってこんなに簡単に決めていいのか!スローループは転倒。3S-1Lo-3Sでも転倒ですが、攻めまくった構成。転倒してディダクションを受けても、成功した3T-2Tよりも点数が高いです。3Tも失敗しましたが、圧倒的な基礎点!大正義基礎点!つえええええええええええええええ。パンツ衣装とはいえ、股を開いたフィニッシュは品が・・・。

ガオシエ
ソロジャンプで2Aが入れられないので、3Sと2T-2T。ソロジャンプの基礎点だけで、コスイアとは8点もの差があります。一歩ずつですね。ジャンプ以外のパートは素晴らしかったです。投げ技は伝統の質。そしてコレオシークエンスがよかった。男性に抱きつきながらの女性のイナバウアーが、何ともロマンティックでした。ジュニアのペアでコレオシークエンスが見せ場にするとは、やりおるな!男性が女性のおでこにキス。ちうごくの抒情性がロシアやカナダの上になる時代。今更だけど、兄さんがコーチなのに帯同ボー・ルアン先生じゃん。元生徒だから他の子のついでに見てもらってるのかな。

ボイコズ
3Loはステップアウト、3連続は決まりました。その次がツイストです。このエレメンツは冒頭に集められがちで、コンパルソリーみたいなもんですけど、ソロジャンプとツイストの間に素敵なダンスリフトを加えて、テンプレ防止を図っています。そういったところからもコンポジションの評価の高さが窺えます。スローで足をつくミスもありましたが、将来性はすごく感じます。解散しないでね?

パンリロがすでにファイナルを決めており、ここではボイコズが確定させました。次週は初戦優勝のパブホディとコスイア、2位のガオシエとポルソポ、4位のアレウィンが出場します。ファイナルが確実になるのは優勝組は4位以内、2位組は3位以内、アレウィンは2位以内です。その他にも条件がありますが、ロシアいっぱい!には変わりはないですね。

男子LP
1 Makar IGNATOV(ロシア)147.22 PB
2 Alexei KRASNOZHON(アメリカ)145.22
3 Joseph PHAN(カナダ)144.98 PB
4 Mitsuki SUMOTO(日本)134.36
5 Koshiro SHIMADA(日本)131.87
6 Yan HAO(中国)130.54 PB
7 Basar OKTAR(トルコ)127.31 PB
8 Artur DANIELIAN(ロシア)127.05 PB
9 Adam SIAO HIM FA(フランス)122.18 PB
10 Nika EGADZE(ジョージア)109.09
11 Geon Hyeong AN(韓国)105.97 PB
12 Nik FOLINI(イタリア)105.81
13 Davide LEWTON BRAIN(モナコ)99.51 PB
14 Guko ENDO(アメリカ)94.08 PB
15 Micah Kai LYNETTE(タイ)91.08 PB
16 Josh BROWN(イギリス)87.44
17 Charles Henry KATANOVIC(クロアチア)76.93
18 Aleix GABARA(スペイン)74.97
19 Chadwick WANG(シンガポール)71.00 PB
20 James THOMPSON(オーストラリア)68.31 PB
21 Jakub KRSNAK(スロバキア)63.41
22 Elliot JANG(中華民国)61.38 PB
23 Muhammad Dwi Rizqy APOLIANTO(インドネシア)51.91 PB

男子リザルト
1 Alexei KRASNOZHON(アメリカ)225.48 PB
2 Joseph PHAN(カナダ)221.07 PB
3 Makar IGNATOV(ロシア)219.22 PB
4 Mitsuki SUMOTO(日本)207.54 PB
5 Koshiro SHIMADA(日本)196.72
6 Basar OKTAR(トルコ)194.39 PB
7 Artur DANIELIAN(ロシア)188.36 PB
8 Yan HAO(中国)187.48 PB
9 Adam SIAO HIM FA(フランス)183.46 PB
10 Geon Hyeong AN(韓国)164.33 PB
11 Nik FOLINI(イタリア)157.46
12 Davide LEWTON BRAIN(モナコ)154.25 PB
13 Nika EGADZE(ジョージア)153.17
14 Guko ENDO(アメリカ)147.38 PB
15 Micah Kai LYNETTE(タイ)141.64 PB
16 Josh BROWN(イギリス)133.56
17 Charles Henry KATANOVIC(クロアチア)119.95
18 Aleix GABARA(スペイン)114.90
19 Chadwick WANG(シンガポール)108.93 PB
20 James THOMPSON(オーストラリア)106.97 PB
21 Jakub KRSNAK(スロバキア)106.52
22 Elliot JANG(中華民国)98.26 PB
23 Muhammad Dwi Rizqy APOLIANTO(インドネシア)77.59 PB

ヤンハオ
3A so 3Lz-3T 3Lo-2T 3Lz 3F 3Lo 3S 2A-1Lo-2F shaky
3A以外はしっかりと。柔らかいスケーティングが持ち味。SPではハンヤンっぽい気がしましたが、LPではそうは思わなかったです。プログラムによって変わるんですね。カラーを変えられるのはいい事です。中国のエースさんかあ。

ダニエリアン
3A fall 3Lz tano 3F-1Lo-3S 2A 3Lz -2T 3F-3T 3Lo 2A
こんなにかわいいぼくがノートルダムドパリだなんて。3Lzは片手タノを入れていて、着氷してから両手を上げました。腕をバタンと下ろすのは美しくないので、こういった振付の工夫はいいですね。こんな美少年もゴツゴツする日がやってくるのかな。

アダム
4T fall 3Lz-1Lo-3S 3T-3T 3Lo so 3Lz hd-2T shaky 3F hd 2A 2A
ああ~~~~~ハーフループ上手い~~~ルンルンハーフループ。ルンルンしているから4回もリピートしちゃいました。コフトゥンも使ったスピーチの存在感の強い曲。ロシアよりもフランスっぽい選曲だったのかもしれないコフトゥン。この演技はハーフループに尽きる。ジュベールの指抜き手袋。こういうの小学校の時に使ってましたわ。男子小学生あるある。

島田
3S 3Lz-3T 3Lo 2A-2T 3F 3S-2T 3Lz 2A
ステップ中の片膝をつく振付はいかにもランビエール。体の入れ方がランビっているので、立派なランビチルドレンさ。3Aや4Sが入っていないために振付を入れやすいのはありますが、ジャンプ1本ごとに何かしらのトランジションが間に入っているので、ジャンプが続いてもダラダラして見えない。終盤には荘厳な音楽へとチェンジしますが、しっかりと音楽を感じ取って演じ分けられています。5項目の評価が横並びの珍しい点数の出方です。いい出来。ランビに「お疲れ様でした」通じるの。

オクタル
3A hd 3Lz-3T 3F-2T-2Lo 3Lz 3Lo fall 3S ot-2T 3F 2A
ルッツフリップが得意なのか自信を持って跳んでいます。前半は表情に緊張が見えました。ステップとチェンジシットを終えてから表現する余裕が出てきました。ジャンプで曲想表現をし、GOEとPCSの一挙両得を狙うタイプかな。衣装はフォーマルな方が華麗なるギャツビーっぽい。

イグナトフ
4T 3A 3Lz 3Lo 3A-1Lo-3S 3Lz hd 3F-2T 2A
ロシア人なのにロシア人作曲家の曲を蹂躙せずに滑る異端児。世が世なら宗教裁判にかかって火あぶりですよ。前回は演技半分超えないぐらいでスタミナがなくなり、後半でアンダーローテーション判定を受け点数が伸ばしきれませんでした。今回はスタミナが切れる地点が少し後ろにきたので、バテてはいたもののまとめられました。スタミナ!ロシア男子たちスタミナ!

須本
3A so 3A so 3F shaky 3Lz-3T 3Lo to 2A-1Lo-3S 2A-2T 3Lz
3Aとは友達になれず同じようなステップアウトに。3Aでつけられなかったコンビネーションは、きちんとリカバリーしています。今の時代に織田信成さんがいたらきっと結果を残せていただろう・・・。ファイナルを確実にするには失敗出来ないポジションでしたが、イグナトフの構成強いですおおん。

ジョセフ
4T fall 3A 3Lz 3Lz-3T 2A-1Lo-3S 3F 3T 3Lo
4Tは回転不足で転倒。カナダの敵はクリーン。カナダの敵は降りられればガッツリ加点なので2本に増やせればですね。マフィアの脱税工作の肩棒を担がされる税理士の悲哀を演じているっぽくてよかったです。清涼感のあるカナダスケーティングでした。カナダ選手が活躍するとテッドおじさんが饒舌になります。

クラスノジョン
4Lo td 3S 3A-3T 3F-2T-2Lo 3A 3Lz fall 3Lz-3Lo 2A
USA応援団が元気。USA応援団の中から、後半の3A着氷でサンシャイン池崎が降臨。4Loはアンダーローテーション。2本目の3Lzは着氷が前のめったのに力技で3Loをつけました。これもアンダーローテーションではあるのですが、この力技感がかえってグラディエーターっぽさを増幅させました。連勝でファイナル確定です。今シーズンはケイン夫妻の生徒大活躍。

ここまで唯一の連勝でクラスノジョンがファイナル確定。須本1位+4位、イグナトフ2位+3位、ジョセフ4位+2位なので須本がクラスノジョンに次いでポイント2位に立ちました。

6戦目は初戦優勝のエローホフとプルキネン、2位のエコノミデス、3位のエフィンチュク、おまけにリッツォも出てきます。最終戦には初戦2位のトルガシェフ、3位のヒワタシとムラショフ、連戦でリッツォが出場します。来週出場する選手が潰し合うので、もったいない気もしますね。

リ ッ ツ ォ の 酷 使

1位+4位の須本のポイントを上回る選手が5名以上出る組み合わせは存在します。ですから須本のファイナル確定は出ません。彼がファイナル進出の確率・・・今のところ20%といったところでしょうか。

ネーベルホルン杯の展開で脳汁溢れ出してしまい、ジョリヘンの演技終了と共に一切の感情を喪失しました。スーパー賢者タイムですね。JGPの映像を見ても何も感想が出てこなかったので諦めて寝て、起きて復活。賢者タイムが長かったので、ブログ閉鎖してパソコン壊して外に飛び出しそうでしたね。あぶねえ。
2017
09.30

ネーベルホルン杯 2日目 女子SP・ペアリザルト・男子リザルト

今日から決まっていくぜえええええええええいオッシャオラアアアアアアアアアアアアア

女子SP
1 Kailani CRAINE(オーストラリア)58.02 PB
2 Matilda ALGOTSSON(スウェーデン)56.91 PB
3 Nathalie WEINZIERL(ドイツ)55.48
4 Anna KHNYCHENKOVA(ウクライナ)55.05 PB
5 Viveca LINDFORS(フィンランド)53.75
6 Alexia PAGANINI(スイス)53.59 PB
7 Isadora WILLIAMS(ブラジル)53.44 PB
8 Anne Line GJERSEM(ノルウェー)50.75
9 Shuran YU(シンガポール)49.94
10 Amy LIN(中華民国)49.50
11 Kristina SHKULETA-GROMOVA(エストニア)48.56
12 Alisson Krystle PERTICHETO(フィリピン)46.75
13 Kerstin FRANK(オーストリア)46.73
14 Joanna SO(香港)46.02 PB
15 Anastasia GALUSTYAN(アルメニア)45.57
16 Kim CHEREMSKY(アゼルバイジャン)42.84
17 Pernille SORENSEN(デンマーク)41.51
18 Aleksandra GOLOVKINA(リトアニア)40.98
19 Elzbieta GABRYSZAK(ポーランド)40.69 PB
20 Natasha MCKAY(イギリス)40.50
21 Elizaveta UKOLOVA(チェコ)40.14
22 Dasa GRM(スロベニア)40.01
23 Antonina DUBININA(セルビア)38.50
24 Sila SAYGI(トルコ)38.10
25 Niki WORIES(オランダ)37.74
26 Presiyana DIMITROVA(ブルガリア)34.43
27 Sofia DEL RIO(メキシコ)34.16
28 Romana KAISER(リヒテンシュタイン)32.63
29 Kathryn WINSTANLEY(南アフリカ)32.60
30 Aimee BUCHANAN(イスラエル)32.42
31 Thita LAMSAM(タイ)30.46
32 Aina Sorfina MOHD AMINUDIN(マレーシア)24.21 PB
33 Dimitra KORRI(ギリシャ)22.88
34 Zahra LARI(アラブ首長国連邦)21.63 PB
WD Julia SAUTER(ルーマニア)

フランク
3Lz fall 3T-2T 2A
オリンピックシーズンなので必殺キングダムハーツ復活あると思ったのにSing Sing Singだとは。3Lzの転倒で手首が体の下に入ったのか、痛めてしまったようです。3Sでまとめる事も多い彼女が攻めてきたのですが。

ヴァインツィアール
3Lz-2T 3Lo fall 2A
初めから3Lz-2Tの予定だったようです。3Lz-3Tや3T-3Tも跳べる選手ですけど、ここのところジャンプの調子が上がらないです。女声でのCarusoスッキリしてるー。

ウィリアムズ
3Lz-2T tano 3Lo 2A
定番曲の1つではありますが、オリンピックにしっとりさせたい人が多いのでハレルヤ注意報発令中。美人が美しい旋律で滑るという、何の文句もないプログラム。ジャンプは3本ともクリーンに入りました。大事な時に結果を出す女イサドラ。キスクラには元コーチ欄に名前を連ねるフレルカが。ルカニンだけはよく見ますが、今大会はフレイザーも帯同しています。アゼルのルーポラヴァーのコーチでもあります。

ヤシェム
3Lo so 3S-2T 2A
汎用性のある衣装に定評のあるヤシェム。双子のもう片方のカミラは結構攻めるタイプだし、もっとパキッとした色を着ます。彼女はこういったシリアス路線が得意なので、エレメンツが曲に合うように・・・と計算されています。1ミスだけど、しっかりまとめたので50点に乗りました。Siaの曲で滑り、場内BGMでもSiaが流れるミラクル。

ヴィヴェカ
3T-3T 3Lz fall 2A
今シーズンも青衣装のイメージだったけど、普通のオペラ座の怪人。記憶が曖昧。この顔ぶれだと3T-3Tはまさに必殺技。降りられる選手がほとんどいませんから。転倒はあるもののTES30点台は立派。

ガルスチャン
1Lz 3F-2T 2A
回転不足に悩んでいるけれど、なんだかんだで安全圏かと思われていたガルスチャンが痛恨の抜け。6点が飛ぶ。スケーティングスキルとインタープリテーションの差が0.5もあります。たしかに曲を思い出せない。

クレイン
3Lo-2T 3F 2A tano
待望のノーミスきたあああああああああああああああああ!得意な種類のジャンプで固めて、クリーンにランディング。安定感に関しては今日滑る中で1番ですね。緊張もまったく見えず、いつも以上に弾けたスウィング背中ざっくりミニスカナース。男らしいガッツポーズ。

パガニーニ
3T ot-3T 3Lo 2A
アメリカ人。170cm近い長身です。オーバーターン入りではありますが、3-3が入ったのは大きいです。ここの先生はニコル・ライチョヴァーも教えている先生。なんとなく路線が似ていません?自分の生徒からオリンピアンが2人も出たらえらいこっちゃですね。

フニチェンコワ
2A 3T-3T 3Lz hd
ペアもやっていたのに3Lzも3T-3Tも入れられる不思議女子。でも昨シーズンはあまり調子がよくなくて、あまり結果を残せなかった。それでこの大会!冷静な演技でした。フラメンコの選曲も大人な彼女にマッチしています。なんせ順位と点数が出ても微動だにしていませんから。強い。

グルムさん26歳は3ミスで頭を抱えました。人生が懸かっているもんなあ・・・。

アリガットさん
3Lz-2T 3F 2A
ヨシ子さんと入れ替わっての出場。ロンバルディアでの好調をそのままに、今回もいい演技でした。このプログラムはジャンプさえ降りてしまえば、爽快で気持ちのいい物に仕上がるのですね。スウェーデンの大自然をバックにザリガニが食べたくなりますね。アリガットさん田中眞紀子に似てる。

結局お馴染みの顔ぶれが上位に並ぶという結果に。スイス所属になったパガニーニは意外かもしれないですけど、元々力ありましたもんね。失敗してしまったのがフランク、ガルスチャン、グルムの3人。出場圏内までは5点差なので、フランクやガルスチャンはまだ分からないかな。フランクはクリスの彼女だから、日本の嫁みたいなもんですよ。嫁がんばれ嫁。

ドイツは枠を持っているので、上位6カ国はオーストラリア、スウェーデン、ウクライナ、フィンランド、スイス、ブラジルです。次点にノルウェー。北欧勢健闘しています。

ペアLP
1 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)140.94
2 Aliona SAVCHENKO / Bruno MASSOT(ドイツ)138.09
3 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR(オーストラリア)125.80 PB
4 Annika HOCKE / Ruben BLOMMAERT(ドイツ)123.61 PB
5 Ashley CAIN / Timothy LEDUC(アメリカ)120.88 PB
6 Tae Ok RYOM / Ju Sik KIM(北朝鮮)119.90 PB
7 Paige CONNERS / Evgeni KRASNOPOLSKI(イスラエル)115.76 PB
8 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER(オーストリア)115.51 PB
9 Anna DUSKOVA / Martin BIDAR(チェコ)110.86
10 Camille RUEST / Andrew WOLFE(カナダ)109.71 PB
11 Tatiana DANILOVA / Mikalai KAMIANCHUK(ベラルーシ)97.54
12 Zoe JONES / Christopher BOYADJI(イギリス)97.36 PB
13 Laura BARQUERO / Aritz MAESTU(スペイン)95.32 PB
14 Sumire SUTO / Francis BOUDREAU-AUDET(日本)94.06
15 Su Yeon KIM / Hyungtae KIM(韓国)88.25
16 Darja BEKLEMISCSEVA / Mark MAGYAR(ハンガリー)71.87 PB

ペアリザルト
1 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)218.46
2 Aliona SAVCHENKO / Bruno MASSOT(ドイツ)211.08
3 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR(オーストラリア)190.31 PB
4 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER(オーストリア)180.60 PB
5 Annika HOCKE / Ruben BLOMMAERT(ドイツ)180.37 PB
6 Tae Ok RYOM / Ju Sik KIM(北朝鮮)180.09 PB
7 Ashley CAIN / Timothy LEDUC(アメリカ)176.35 PB
8 Paige CONNERS / Evgeni KRASNOPOLSKI(イスラエル)171.61 PB
9 Anna DUSKOVA / Martin BIDAR(チェコ)169.66
10 Camille RUEST / Andrew WOLFE(カナダ)169.11 PB
11 Sumire SUTO / Francis BOUDREAU-AUDET(日本)148.42
12 Tatiana DANILOVA / Mikalai KAMIANCHUK(ベラルーシ)147.50
13 Laura BARQUERO / Aritz MAESTU(スペイン)145.10 PB
14 Zoe JONES / Christopher BOYADJI(イギリス)142.54
15 Su Yeon KIM / Hyungtae KIM(韓国)129.00
16 Darja BEKLEMISCSEVA / Mark MAGYAR(ハンガリー)114.14 PB

ゾーイ親父
ゾーイさん37歳、3T+2Tシークエンスと3Sを降りる!!!すげええええええええええええええ。スローフリップもスローループもクリーンに降りたああああああああああああすごいいいいいいいいいいいいいこの大会でキャリアハイの演技!ファンシー親父時代よりも全然いい演技ですよ。キスクラでテレビ電話をしていました。ワロ。

すみオデ
3Sと3Tとスローサルコウで転倒。リバースラッソーが上げられないなどミスを連発しました。上げられたリフトも動きが止まったりしていましたし、近年の中ではかなり悪い出来。澄玲ちゃん泣いてますけど、彼らは世界選手権で結果を残すのが目標のはず。まだ9月だからここから上げていけばいいんです。枠は気にしないで。失敗は抜きにしてビートルズメドレーはちょっと・・・。

クラスノポルスキーと新しい幼女
3連続で近づきすぎてモニャモニャっとなっただけで、ソロジャンプは3Tも3Sも入りましたし、スローもOK。クリーンに近い出来で115点が発表された時に女性が大騒ぎ。1年前にはオリンピックに出られるなんて思ってもみなかったでしょうしね。夢掴んだなー。

髭の組
3S-2T-2Loと3Loはちょっと怪しいけど降りました。スローの安定感はまだまだですけど、華麗なるギャツビーのガチャガチャ賑やかで鮮やかな世界観は2人にピッタリです。ルックスが華やかだし、髭も華やかだから。大満足の演技だった模様。姉妹のようでかわいい。ニーナ先生がコーチングしている効果?120点出てアニメのように喜ぶケイン。

ホッケ組
まず、ホッケさんのお尻が丸見えじゃない!布多くてよかった。マリブロの時にはまったく決まらなかったソロジャンプが両方入りました!ブロマールトのスローイングは改善していないけれど、スローも降りられましたし、ドイツの2番手争い過熱しますね。ハセジーゲルトもメキメキ力をつけていますから。ホッケさんの頭の花飾りかわいい。

乳首弟組
3Sが抜け、スロールッツでお手つき、リフトが途中で落下、コレオシークエンスで足を持てないなど、演技としてはボロボロの部類。衣装がドイツ国旗カラー。ボロボロだけど結構出た!滑りの勝利ぞなもし。

リョムキム
ジュリー・マルコット印のフランス語歌謡曲プログラム。将軍様プログラムよりは幾分マシであります。3Sが2回転になりましたけど、2人とも2回転だから予定通り?スローは中国っぽく、リフトはカナダっぽく上手なペアです。何度もガッツポーズ。

ルエウル
はいはいレミゼレミゼ・・・え、マイコープロ?と100人中70人がなる衣装。スローサルコウが小さいのに、ルーエさんが自分の力で着氷。カナダ女子の自分で吹っ飛んで回る力の秘密はどこに。曲に変化はありますが、展開が物足りないです。まだエレメンツ中心の演技な印象。

アレウィン
ジュニアグランプリのボロボロはどこへやら、ノーミスのクリーンプログラムです!ふぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!なお、マスクのプログラムには全く乗り切れておりません!ウィンザーのスタミナも底を尽く直前!あとはエカテリーナ・アレクサンドロフスカヤさんの国籍を取得するだけ。

白鳥組
3Tは転倒しましたけど!しましたけど!!!!!すごい上達してるうううううううううううううう。ずっと振付に追われて追われて、せっかく素敵な振付でもこなせずに終わっていたんですもん。それがこんなに上手になるなんて。

サフマソ
スタートのポーズが∞でした。変でいい!ツイストリフトが普通でした。極めて高くない!すごく高いレベル。スローアクセルはSPで外に傾いたので、今日は内に傾いた。そして転倒。3T+3Tと3Sはどちらもマッソーのミス。これは珍しい。変態リフトのオンパレードで、最後もどんだけ上げ続けるんだよという長さでした。得意なリフト使いまわすペアばかりなのにすごいなー。はよ国籍取得してー。試験官に船場吉兆の女将みたいな事してもらうしかないのか?

タラモロ
テストスケートよりもクワドツイストがよくなかった。なかなか安定させられないです。高く上がるからキャッチの衝撃も強いんでしょうね。3連続で失敗はありますが、スローも降りてエレメンツはなかなかの出来。演技というか芝居の振付がとにかく不自然ですので、そこを重点的に練習して、曲の繋ぎ目で表情や振付が分かりやすいパートをきれいに見せていきましょう。たのんます。

サフマソは失敗したジャンプエレメンツ以外、各エレメンツで1点以上の加点をもらっています。GOE+1じゃないですよ、1点です。すご。

4枠+返上1枠なので
オーストラリア、オーストリア、北朝鮮、イスラエル、チェコが出場枠を獲得しました。チェコは危なかったですね。補欠は日本、ベラルーシ、スペインの順です。ドイツ委員会が鬼のような派遣設定をすれば2枠目が回ってくる可能性がありますが、今のところはそれはないかな?韓国は開催国枠で実質決定。ロシア、カナダ、アメリカ、中国、フランスが揃って出場辞退し、団体戦の規定であぶれる事がない限りは。

男子LP
1 Jorik HENDRICKX(ベルギー)167.91 PB
2 Matteo RIZZO(イタリア)150.30
3 Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)148.74 PB
4 June Hyoung LEE(韓国)148.52 PB
5 Alexander MAJOROV(スウェーデン)148.03
6 Alexander JOHNSON(アメリカ)143.49 PB
7 Yaroslav PANIOT(ウクライナ)141.08
8 Igor REZNICHENKO(ポーランド)128.06
9 Michael Christian MARTINEZ(フィリピン)124.24
10 Graham NEWBERRY(イギリス)123.88
11 Stephane WALKER(スイス)123.74
12 Donovan CARRILLO(メキシコ)121.83 PB
13 Chih-I TSAO(中華民国)120.64
14 Slavik HAYRAPETYAN(アルメニア)119.73
15 Thomas KENNES(オランダ)117.38 PB
16 Nicholas VRDOLJAK(クロアチア)116.41
17 Valtter VIRTANEN(フィンランド)112.23
18 Harrison Jon-Yen WONG(香港)110.36 PB
19 Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)107.84
20 Aleksandr SELEVKO(エストニア)106.43
21 Larry LOUPOLOVER(アゼルバイジャン)100.99
22 Burak DEMIRBOGA(トルコ)99.07
23 Yakau ZENKO(ベラルーシ)98.60
24 Conor STAKELUM(アイルランド)92.87
25 Nicky OBREYKOV(ブルガリア)88.03
26 Luc MAIERHOFER(オーストリア)83.93

男子リザルト
1 Jorik HENDRICKX(ベルギー)253.06 PB
2 Alexander JOHNSON(アメリカ)226.04 PB
3 Alexander MAJOROV(スウェーデン)225.04
4 Matteo RIZZO(イタリア)223.27
5 June Hyoung LEE(韓国)222.89 PB
6 Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)220.67 PB
7 Yaroslav PANIOT(ウクライナ)208.76
8 Michael Christian MARTINEZ(フィリピン)191.74
9 Stephane WALKER(スイス)190.54
10 Graham NEWBERRY(イギリス)188.71
11 Igor REZNICHENKO(ポーランド)186.20
12 Slavik HAYRAPETYAN(アルメニア)179.98
13 Thomas KENNES(オランダ)178.20 PB
14 Donovan CARRILLO(メキシコ)177.66 PB
15 Chih-I TSAO(中華民国)177.61
16 Nicholas VRDOLJAK(クロアチア)172.26
17 Valtter VIRTANEN(フィンランド)171.85
18 Aleksandr SELEVKO(エストニア)167.06
19 Harrison Jon-Yen WONG(香港)164.84 PB
20 Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)163.21
21 Larry LOUPOLOVER(アゼルバイジャン)155.62
22 Burak DEMIRBOGA(トルコ)153.61
23 Yakau ZENKO(ベラルーシ)151.65
24 Nicky OBREYKOV(ブルガリア)144.85
25 Conor STAKELUM(アイルランド)139.97
26 Luc MAIERHOFER(オーストリア)130.45

レズニチェンコ
4T hd 3A 3Lo 3A-2T 3F-2T 2Lz 3F 2A-1Lo-3S shaky
3Aと3Fのコンビネーションジャンプから見える気合い。これを!降りなきゃ!俺は!オリンピックに!行けない!と、コミカルな演技を忘れて力強く踏み切る。この順位・点差でも気持ちの強さを見せてくれました。

チーイー
3A so 4T fall 3S-3T 3F-2T-2Lo shaky 3Lz fall 3F-2T 2Lo 3S so
チャレンジの2本を前半に、コンボ含め6本を後半にして攻めました。助走と踏み切りに慎重になるため前半の表現がお留守になっているかなと。優しい雰囲気が、強い音楽に呑まれてしまってもいました。終わりに近づくにつれてそれは改善されたように思います。緊張していたのでしょう。3Sや3Fは高さがあってかっこいい.

ヴィルタネン
4T fall 2A 3Lo 3Lz-2T 3T-3T fall 1Lz 3S-2T ot 2A
チーイー挟みーの再び道。ここで練習しているので歓声が大きいです。後半までジャンプの調子をキープ出来ませんでした。ドクターヴィルタネンの雄姿見せてもらいました。医師免許取って、競技30歳まで続けるなんてやろうと思って出来る事ではありませんもの。

ハイラペティアン
3A 3A so 3F 2Lz 3F hd-2T 3S 3T 2A+2A
3Aはなかなか2本揃わない。2本目が鬼門。ジャンプのミスは3本だったので、眉毛ペティアンとしてはいい方だったかと。特に後ろ3本のジャンプで失敗せず。勇壮なコレオシークエンスからフィニッシュまで持っていけたのはPCSにもプラスに作用するでしょうし。会場からGOE低めの手拍子をもらいました。

ケネス
3S-3T 3Lz-2T-2Lo df 2A 3Lz 3Lo 1F 2A 3S-2T
あああああああああああああああああああああああああああついにきたあああああああああああああああああああああああああゴーストのプログラムで「ヘイユー!」のセリフ入り!待ってた、これをずっと待っていたんです。ヘイユー!うるさいよヘイユー!ヘイユーヘイユーヘイユー!深夜にテンション爆上がり。とヘイユーはさておき、ジャンプが絶好調で、GOEでプラスがもらえる物がたくさん。覚醒ですか。

ニューベリー
3A-3T 3A fall 3F-1Lo-2S 3Lo ot-2Lo 3Lz 3Lo so 2A ot 2A ot
着氷が迷子に。最初は素晴らしかった。スピードを出して欲しいところでそれが出ないので、勇敢なグラディエーターの人物像を読み取りづらい。上体の振付と、足元の

パニオット
4F fall 4T-3T so 2A 4T shaky 3A-2T 3Lz tano-2T-2Lo 3F 3Lo
高難度ジャンプを成功させるために集中した演技でした。3人目のクワドフリッパーとなった彼ですが、今回は転倒。後半の3A-2Tまではトランジションはほとんどありません。TESは高いですが、PCSはスケーティングスキル偏重となりました。これが功を奏するでしょうか。

マルティネス
3Lz-3T so 3A-2T 3F 3A 2A 1Lz 3S 3Lo
滑りが重いです。押せども押せどもスピードが出ない状態。スピードが出ないので、せっかくのクリムキンイーグル→スプレッドイーグル→2Aも迫力が出なかったかな。怪我か病気をしているのでしょうか、今大会の彼は彼ではなかったです。

ウォーカー
3A fall 3Lo 3Lz 3F 3Lo-2T tano 2A-1Lo-3S shaky 3Lz-2T 3T
スイスの宿敵は転倒。3Fはオーバーターンになりそうなのをスパイラルを入れて誤魔化す。大きなミスはあまりしませんが、彼はジャンプの回転不足判定が多いので、うーーーーーーーん。あああああああ・・・支援募ったり、練習拠点移して頑張っていたのが分かるから悲しい・・・・・・・。

ジュンヒョン
3A-2T 3A 3Lo 3F 3F-3T 2A-2T-2Lo 3S 3Lz hd
刈り上げ&キューティクル。今大会のジュンヒョンは一味違う。ジャンプ降りたああああああああああああああああプレッシャーに勝ちました!最後のジャンプはeマークがつくので、どっちみちあまり点数はもらえないんです。気にしない気にしなーい。プログラムはな、な、なんとオリジナル音源のボヘミアンラプソディー。奇をてらわない。枠ゲッツおめでとう。

ジュリアン爺
3A-2T 3A 3F-3T 3S 3Lz 3F 3Lo hd 2A+2A
前半に6本をポンポンスポポンと着氷。ガッチリTESを確保しておいてから、他のエレメンツに。会場を味方につけました。オリンピック出場確定で感涙。アジア勢少ないから出場してくれて嬉しい!不毛の地からオリンピックに出場するのがどれだけ大変な事か。

リッツォ
3Lz-3T 3A-1T 3Lz 3A 3F 3Lo-1Lo-3S 2A 2A
ロンバルディアで覚醒したリッツォ、ここでも力を発揮しまくる。最後の2Aを降りてガッツポーズしました。質のいいジャンプとスピード感があるから、繋ぎがわやくそなビートルズメドレーなんて気にならないいいいいいいいいいいよかったねえええええええええええ。今日も父ちゃんの方が大喜び。

マヨロフ
4T 3A-2T 3Lz 3F fall 3A 2A-2T-1Lo 3T-3T 3S shaky
ローソンのバイトから正社員登用されたマヨロフ。ほら、衣装が変わっているでしょう?バイトの気持ちが分かる社員か、バイトをいびり倒すのか。少しシェイキーな部分はありますが、得点源はしっかりと押さえています。トゥループ1回転から4回転までコンプしなかったか。

ジョリヘン
3A-2T tano 3A shaky 3S 3Lz-3T-2Lo 3Lz 3F 3Lo-2T tano 2A
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおお前がチャンピオンだああああああああああああああああああああああああ滑らかスイスイスケーティング&滲み出る男!男!男という名の汁。かっこよかった。感動で乙女のように泣く。そしてコーチを抱え上げる。

ジョンソン
3A so 3A ot-2T 3Lz-1Lo-3F 2A-2T 3Lo 3F shaky 3S 2A
ジョリヘンまでで盛り上がったので、気が抜けてしまった。2人連続のアランフェス。ステップはかっこいいし、男子選手ならではの筋肉の存在を感じられるしなやかなスパイラルも素敵。でもSPがよすぎた分、なんか・・・?うん?とも思います。でもジョンソンだから仕上げてくれるはず。

25歳、27歳、26歳のベテラン表彰台になりました。良演技が続く興奮の最終グループ最高でした。

出場枠獲得はベルギー、スウェーデン、イタリア、韓国、マレーシア、ウクライナです。補欠はフィリピン、スイス、イギリス・・・と。パニオットとマルティネスの差が17点ついたので、200点台に乗った6名が枠を順当に持っていったという形。マレーシアはフィギュアスケートで初めての出場を決めました。マレーシアはアルペンスキーでも出場を決めた選手もいますが、冬季大会初参加は一緒という事で。

体力を使い果たし真っ白に燃え尽きた。
2017
09.29

ネーベルホルン杯 1日目 アイスダンスSD・ペアSP・男子SP

オリンピック最終予選が始まります。ここで決定するのは男女シングル6枠、ペア4枠、アイスダンス5枠です。ただし2枠を持つフランスペアが1枠を返上したので、ペアは+1枠となります。アイスダンスも枠返上がある(デンマーク?)ので+1枠です。

今週はネーベルホルン優先でいきます。

アイスダンスSD
1 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND(イギリス)71.79 PB
2 Kana MURAMOTO / Chris REED(日本)62.67
3 Kavita LORENZ / Joti POLIZOAKIS(ドイツ)61.09
4 Allison REED / Saulius AMBRULEVICIUS(リトアニア)58.34 PB
5 Cecilia TÖRN / Jussiville PARTANEN(フィンランド)56.32
6 Lucie MYSLIVECKOVA / Lukas CSOLLEY(スロバキア)55.97
7 Yura MIN / Alexander GAMELIN(韓国)55.94
8 Tina GARABEDIAN / Simon PROULX-SENECAL(アルメニア)55.05 PB
9 Cortney MANSOUR / Michal CESKA(チェコ)54.94
10 Haley SALES / Nikolas WAMSTEEKER(カナダ)53.59 PB
11 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV(ベラルーシ)53.27
12 Karina MANTA / Joseph JOHNSON(アメリカ)51.91
13 Olga JAKUSHINA / Andrey NEVSKIY(ラトビア)50.76
14 Anna YANOVSKAYA / Adam LUKACS(ハンガリー)49.49 PB
15 Anastasia GALYETA / Avidan BROWN(アゼルバイジャン)46.57
16 Viktoria SEMENJUK / Artur GRUZDEV(エストニア)45.49
17 Kimberley HEW-LOW / Timothy MCKERNAN(オーストラリア)38.46
18 Malin MALMBERG / Thomas NORDAHL(スウェーデン)34.24 PB

ミンガメ
自国枠での保証がありますが、男子とアイスダンスで枠を獲らないと団体戦に出場出来ないというプレッシャーがあるのか、ユラミンさんが固そう。ガメリン兄はいつも通りに思えますが、ラテンという感じではないので、ユラミンさんのチャーミングな雰囲気出せないと物足りないかなと。でも55点だと合格ラインには乗せられたのではないかと。

ペニコラ
すんばらしいカムバックでした。ある恋の物語でルンバ、そこからリミックスで同じ曲でサンバ。ツイズルの多少のよろけなんてね、もうね気にならないですよ。どれだけリハビリを頑張ったのか、どれだけ練習を積んだのか、その努力は計り知れないです。カーブがギュンッ!と入るから、ペタペタとリンクの外周を滑らず迫力が生まれます。テンプレで飽き飽きとしていたサンバフィニッシュでしたけど、ペニコラのはいいですね。ルンバと同じ曲だから関連性があってナチュラルに入ってきます。キンキラキンブロンドに染めたクームスの気合いも見えました。復帰戦でパーソナルベスト!わあああああああい。

かなクリ
欧米人に負けない哉中ちゃんのアピール力。クリスツイズル頑張った!4年前は膝の痛みと戦いながらの試合でしたが、今回はクリスが絶好調に見えます。こんなに頼りがいのある男らしい滑りをするなんて。昨シーズン差を見せられたミンガメを逆転しました。かなクリの方が上手くなっている。

トルパル
ロンバルディアでは昨シーズンよりも下手になっているように見えた2人でしたが、2週間で大挽回。絶対にラテンのタイプではないのに、粘っこさを出そうとしているのが見えました。オリンピック候補圏外に落ちたと思っていたのにがんばったあああ。

アリソンたちの映像見られなかったけど、ハイスコアでびっくりだー。兄の順位の次に入ったー。

元彼組
シュピルバンドからズエワのチームに移り、プログラムが一気に垢ぬけました。シュピルバンドはストーリーのあるプログラムは上手に作るのですが、舞踊系になると途端にモサモサ。だからズエワでよかった。シングルスケーターっぽさがかなり消えてきました。

ユーリ・ビエリャイエフさんの過剰な胸チラは誰に対してのアピールなんだ。お腹も見えるから、シャツが止まっているゾーン20cmほどしかないでしょ。

ペニコラは余裕を持っての1位。FDで転倒してもまだ余裕があります。かなクリは当落線上に約7点の差をつけました。PCSが高評価で、ライバル&地元のドイツよりも上にいったのでよほどの事がなければ大丈夫。5位から11位が激戦でFD次第です。アリソンたちが枠を獲っても、リトアニアが行使出来るかは疑問です。

ペアSP
1 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)77.52
2 Aliona SAVCHENKO / Bruno MASSOT(ドイツ)72.99
3 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER(オーストリア)65.09 PB
4 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR(オーストラリア)64.51 PB
5 Tae Ok RYOM / Ju Sik KIM(北朝鮮)60.19
6 Camille RUEST / Andrew WOLFE(カナダ)59.40
7 Anna DUSKOVA / Martin BIDAR(チェコ)58.80
8 Annika HOCKE / Ruben BLOMMAERT(ドイツ)56.76 PB
9 Paige CONNERS / Evgeni KRASNOPOLSKI(イスラエル)55.85 PB
10 Ashley CAIN / Timothy LEDUC(アメリカ)55.47
11 Sumire SUTO / Francis BOUDREAU-AUDET(日本)54.36
12 Tatiana DANILOVA / Mikalai KAMIANCHUK(ベラルーシ)49.96
13 Laura BARQUERO / Aritz MAESTU(スペイン)49.78 PB
14 Zoe JONES / Christopher BOYADJI(イギリス)45.18
15 Darja BEKLEMISCSEVA / Mark MAGYAR(ハンガリー)42.27
16 Su Yeon KIM / Hyungtae KIM(韓国)40.75

サフマソ
スケーティング技術、ペア技術、芸術性、創造性全てが最高レベルなので、ポカーンとなってしまいますね。ツイストはこれぞ+3ですよ。+5導入でも+5にせざるを得ないと思いますね。史上最高ですから。スロートリプルアクセルは豪快に転倒。そこからすぐに復帰して3Sステップアウト。グループ3は女性を回転させながら上げる意味不明な物で、あっという間にポジションチェンジして終わっていく。これも+3つけるしかないと思います。2ミスで72.99ですから80は軽く出せるのでしょう。おそろしい。マッソーはよ国籍取ってくれ。

乳首弟組
枠が懸かっているので、続行プロですがかなりの緊張感が漂っておりました。3Tで転倒、スロールッツでは手をつきました。焦ったまま演技が終わりました。2人の滑りを堪能出来たとは言えないです。

ブロマールトの新しいパートナーは17歳には見えない。衣装のお尻の布はいくらなんでもアカン・・・増やさなきゃ。

リョムキム
続行プロでしたけど、超上手くなってるううううううううううううううううううううううう!スロー前のダンスリフトで客席に向けてアピールするのがかわいい。そんでもってスピード感が出て瑞々しい。スローの軸が細くて美しかった。思ったよりもTESが出なかったけど、乳首弟組よりPCS高い!夏のカナダ修行の成果?

タラモロ
世界駄編曲選手権、不完全燃焼部門でグランプリを受賞出来る編曲。ストリーミングがちょいちょい死ぬので何をやっていたかはさっぱり分かりませんが、生きていたし流血もしていないので大丈夫です。

白鳥組
3Tと思われるソロジャンプを、歓声から判断するに成功。スロールッツもクリーンに降りました。ちょいうるさいボーカル入りですが、明るいプログラムが2人にめちゃ合ってます。キーファーさんガッツポーズ。65点でお祭り騒ぎ。

すみオデ
今年もさくら。3Sは女性がクリーンで男性がお手つき。スローはクリーンに入りました。同じプログラムですがリフトは毎年指定が違います。ダンスリフトで膝に乗せてから空中に上げました。工夫は素敵。でも、空中姿勢のディフィカルトエビフライはいまひとつ。ここもきれいに流れればなあ。思ったよりPCSが出ず残念。なんでーーー。

クラスノポルスキーさん
新たに若い子と結成したペア。ツイストが少し怖いですが、ソロジャンプはピッタリだし、スローも降りられるし、ペアとして必要な基本的な物はすでに揃えています。今シーズンが終わって解散とかしないかな。パートナーさすらってるから。

スペインのバルクエロ3S降りた!!!!!一歩前進。ゴーストプロ連続キツい。

髭の組
3Fを入れています。スロールッツは転倒でした。他のアメリカのペアとスローとソロジャンプの成功率をひっくり返したような感じ。髭さんの衣装はわずかに紫が入っていたのかー!初見では気づかなかった。

ルエウル
ツイストはビターンと男性に引っ張られて張りつくようにキャッチされたけど、落下しなかったからセーフ。リチャードチームのツイストはなかなかなあ・・・デュハラドでさえ移籍してからツイストよくなったからメソッドがないのかも。男性だけが上手いならまだしも、この組は女性もスケーティングが美しく、歩幅もピッタリなわけです。だから結成してから日が浅くてもすごくしっくりときています。ミラーがミラーになってる!

アレウィン
JGPでは不調だった2人が息を吹き返す!3Tもスローフリップもクリーンに入りました。まだ硬い部分はあるけれど、今日はこれでいいんです。問題は2人のカラーにマッチしていないマスクのLP。料理出来たのでしょうか。

タラモロはリフトのレベル取りこぼしだけでタイムバイオレーションがありました。リョムキムは3Tのアンダーローテーションとステップレベル2が影響。すみオデは3Sがアンダーローテーション、リフトはレベル3、ステップはレベル2で加点が少なめ。終盤小さくなっていたかもです。

現時点でオーストリア、オーストラリア、北朝鮮、チェコ、イスラエルが枠獲得圏内です。すみオデはイスラエルまで1.49点差です。2人がオリンピックに出場出来るわけではないので、気負わず思い切って滑って欲しいです。

男子SP
1 Jorik HENDRICKX(ベルギー)85.15 PB
2 Alexander JOHNSON(アメリカ)82.55 PB
3 Alexander MAJOROV(スウェーデン)77.01
4 June Hyoung LEE(韓国)74.37 PB
5 Matteo RIZZO(イタリア)72.97
6 Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)71.93
7 Yaroslav PANIOT(ウクライナ)67.68
8 Michael Christian MARTINEZ(フィリピン)67.50
9 Stephane WALKER(スイス)66.80
10 Graham NEWBERRY(イギリス)64.83
11 Thomas KENNES(オランダ)60.82 PB
12 Aleksandr SELEVKO(エストニア)60.63
13 Slavik HAYRAPETYAN(アルメニア)60.25
14 Valtter VIRTANEN(フィンランド)59.62
15 Igor REZNICHENKO(ポーランド)58.14
16 Chih-I TSAO(中華民国)56.97
17 Nicky OBREYKOV(ブルガリア)56.82 PB
18 Nicholas VRDOLJAK(クロアチア)55.85
19 Donovan CARRILLO(メキシコ)55.83 PB
20 Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)55.37
21 Larry LOUPOLOVER(アゼルバイジャン)54.63
22 Burak DEMIRBOGA(トルコ)54.54
23 Harrison Jon-Yen WONG(香港)54.48 PB
24 Yakau ZENKO(ベラルーシ)53.05
25 Conor STAKELUM(アイルランド)47.10
26 Luc MAIERHOFER(オーストリア)46.52

ジョリヘン
3A 3Lz-3T 3Lo
第1滑走でノーミスのクリーンプログラム&パーソナルベスト。従来のしなやかさに力強さが加わり、Je Suis Maladeのスーパーめんどくさいメンヘラ具合が強調されました。ったく、そんな女々しいから振られるんだよって言ってやりたいですね!トランジションも増やしてレベルアップしました。兄妹でオリンピックに一歩近づく。

ウォーカー
3A 3Lz-3T 3F fall
それはもうそうれはもうジャンプ!とにかくジャンプですよ。とりぷるううううううううアクセル!とりぷるううううううルッツ3T!とりぷるうううううううううフリップあああああああ。という感じ。助走が長めで、他の部分への注意がいかなくなっていますね。かなり緊張していました。最後のスピンは速かったです。1番簡単なジャンプを転倒するのは彼によく起こる事件です。ブレンダン・ケリーと同じです。

マルティネス
3Lz-3T 3A 3Lo
トランジションがほぼ入っていませんが、ジャンプをしっかりと降りました。でもこれはプログラムの中身がなさすぎに見えます。3Aまでの選手はいかに個性や密度で魅了するかという時代ですから。

マヨロフ
4T 3A 3T-2T
今シーズン好調のマヨロフ。要注意の最後のコンボが3-2になりました。無理に3Tにすると転倒していたでしょうから、2Tにしてよかったんです。

ハイラペティアンの眉毛を見て心の平穏を取り戻す。

リッツォ
3A 3Lz-3T shaky 3F so
ロンバルディアの結果を受けてか、リギーニと入れ替えられました。2本のジャンプは着氷が乱れるもどうにか堪えました。出場枠を何としても勝ち取る気合いが感じられます。スケールの大きなステップが気持ちいい。山の上から港町を見下ろしているような感覚です。点数に安心したのは本人よりお父さん。この間も喜んでいたのは本人よりお父さん。

パニオット
4T hd 3A 3Lz so
NOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO3Lzにコンボをつけるために2T等回避したのにまさかのステップアウト。3Lzのタノは抜いて3Tをつけるのが考えられる最善の策でしたのに。3Aは高くてよかった。モロゾフっぽいけど、振付はピレイらしい。4F入れて逆転だー。

ジュリアン爺
3A to 3Lz 3F-3T
パパシゼも滑ったTo Build A Homeです。これを使うとシゼロンの膝が演技の後押しをしてくれます。予定していた物はほぼ入った演技です。

ジュンヒョン
3A ot 3Lo 3F-3T
髪色も髪形も普通のジュンヒョン。胸板厚くなったなあ。高さのある3Aはオーバーターン。後半のコンボ残し、自国開催の出場枠(団体戦は地元枠じゃ出られない)を狙うとなると失敗フラグ立ちまくりだったわけですが、へし折ってくれました。ジュンヒョンお決まりの止まりそうなコンビネーションスピンもなかったですし、まずは第一関門クリア。ジュンヒョンの音の取り方は地味だけど上手。パブロフとかマイナーとか、最近地味上手いスケーターに偏愛が。がんばれ地味!

昔の地味3は誰も残っていないし、新・地味3を結成する時が来たのかもしれない。マイナーは引退するから入れられない。

ニューベリー
3A 3Lo-3T hd 3Lz
3Aは前傾姿勢になりながらも手はツイテナーイ。体をどこにどうやればいいのか見失ってしまいそうなステップでスタンブル。もったいない。でも悪くはなかったし、この点差ならまだ分からない。

カリーヨ
3F-2T 2A 3Lz so
笑顔で銃撃する振付。サイコパスかな?アニメや映画ではこういったかわいい顔した子供がサイコパスっていうのありがちですもんね。コンビネーションスピンが速かった!3Lzはタノって失敗。

ジョンソン
3A 3Lz-3T 3F
ジョンソンがああああああああああああああああかっこよく締めくくりましたああああああああああああ!曲は昌磨がジュニアラストイヤーのSPでも使った不思議なやつ。ジョンソンクネクネ。クネクネを極めし者。ヘビっぽいクネクネ、妖艶なクネクネ、異世界っぽいクネクネ、ありとあらゆるクネクネを使いこなします。国際大会で失敗し通しのセカンドトリプルも降りられました。キャメルスピンは出まで神経行き届いています。これかっこいいわー。よき!

ジョリヘンが1番滑走から首位を守り抜きました。これが本来の漬物石です。20番滑走で26番まで・・・なんてのは漬物石に入らない。

アメリカは3枠持っているので、トップ6に入ったのはベルギー、スウェーデン、韓国、イタリア、マレーシア、ウクライナです。ジョリヘンはかなり堅いと思いますが、あとは10位のイギリスニューベリーあたりまでは可能性がありそうです。誰が出られないのも嫌だなあ。
2017
09.29

JGPクロアチア杯 1日目 男子SP・ペアSP・女子SP

男子SP
1 Alexei KRASNOZHON(アメリカ)80.26 PB
2 Joseph PHAN(カナダ)76.09 PB
3 Mitsuki SUMOTO(日本)73.18 PB
4 Makar IGNATOV(ロシア)72.00 PB
5 Basar OKTAR(トルコ)67.08 PB
6 Koshiro SHIMADA(日本)64.85
7 Artur DANIELIAN(ロシア)61.31 PB
8 Adam SIAO HIM FA(フランス)61.28 PB
9 Geon Hyeong AN(韓国)58.36 PB
10 Yan HAO(中国)56.94 PB
11 Davide LEWTON BRAIN(モナコ)54.74 PB
12 Guko ENDO(アメリカ)53.30 PB
13 Nik FOLINI(イタリア)51.65
14 Micah Kai LYNETTE(タイ)50.56 PB
15 Josh BROWN(イギリス)46.12
16 Nika EGADZE(ジョージア)44.08
17 Jakub KRSNAK(スロバキア)43.11
18 Charles Henry KATANOVIC(クロアチア)43.02 PB
19 Aleix GABARA(スペイン)39.93
20 James THOMPSON(オーストラリア)38.66 PB
21 Chadwick WANG(シンガポール)37.93 PB
22 Elliot JANG(中華民国)36.88 PB
23 Muhammad Dwi Rizqy APOLIANTO(インドネシア)25.68 PB

この大会やけに男子選手偏ってないか。最終予選の裏でなく普通の週に味わいたかった。

ジョセフ
3F-3T 3A 3Lz tano
3Aは着氷の流れが完璧ではなかったです。初戦があまりよくなかったので、ここでリベンジ。衣装も振付もいかにもジェフリー・バトルだし、カナダだし。ジャンプさえ降りられれば点数は出る選手だったので当然のスコアです。

ヤンハオ
3A fall 3T-3T fall 2Lz
巷で噂のフー・ジャンのいとこ。顔は似ていない。3Aの踏み切りがハンヤンっぽい。ついでに振付もハンヤンっぽい。どれとは特定出来ないけれど。3ミスでこれだけ出せたのはスケーティングスキルの高さですね。14歳ですでに178cmもあるので、成長に追いついていないのかも。

イグナトフ
3A 3Lz 3F-3T
びゅーりほー3Aから。ロシアにしてはあまりにも普通すぎて驚くジョシュ・グローバンのプログラム。しかもきれいに滑ってしまうから突っ込めない。突っ込ませて!!!んんんんんサマリンみたいに突っ込ませてえええええ。ノーミスなのにパフォーマンスが低いという変わった点数の出方。ネタ抜きに面白みという点は足りないかもです。タイムバイオレーションを取られました。

須本
3A 3Lz 3F-3T
雄大な3A成功。3Lzはバランスを崩しかけたけど、フリーレッグが残ったのが逆に曲想表現っぽくオシャレに見えました。かと言ってもう一度やってくれとは思わないですけどね。次はクリーンに。端正さは十分に評価されているでしょうから、笑顔で楽しく滑り後半の3項目を上げていきませう。終始端正ですからね。あそべあそべー!

ダニエリアン
3A so 3F-3T fall 3Lz tano
かわいいフラメンコでした。まだ13歳のジュニア最初のシーズンですので、子供ー!という演技ではあるのですが、今のロシアの流行りに乗った感じ。一瞬エテリかと思いましたけど、違いました。

島田
2A 3F-3T 3Lz
身長は伸び続けていますが、肩幅が出てきたのでアンバランスさは解消されました。腕長い。演技がワープしてしまったので分かりませんでしたが、プロトコルを見るとフライングシットで2人のジャッジから、チェンジキャメルで8人のジャッジからマイナス評価を受けています。TESが伸び悩んだのはスピンのせいですか。ランビエール先生に教えてもらおう。ステップは表情や音の捉え方が多彩になっていて、これまでの直線的な表現から抜け出せたのではないかと。

クラスノジョン
3Lz 3A 3F-3Lo
テッドおじさんの大好きなクラスノ3A成功。2シーズン前からしきりに褒めているのであります。後半で3F-3Loが決まるの気持ちいい。女子で散々3Lz-3Loを見ていたとしても気持ちいい。SPではイラッとさせる表情も含め、ノっているから、これをLPでも出して欲しい。昨シーズンのカウボーイが良すぎたから、グラディエーターはしっくりきていないように見えます。80点で大喜び。

ジュベール顔が丸くなったけど元気そう。

アメリカ代表にごくうくん。いや、悟空さ!「お母さんこんな夜遅くまで見てくれてありがとう」がかわいい。反抗期とは無縁。

オクタル
3A 3F-3T 3Lz
おおおおおおおおおおおおおおおおおおお前回から粗が緩和されてさらにいい演技!トルコ男子でワールドレベルのスケーターが出るのは喜ばしい事。

ペアSP
1 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII(ロシア)61.23
2 Yumeng GAO / Zhong XIE(中国)59.99 PB
3 Polina KOSTIUKOVICH / Dmitrii IALIN(ロシア)59.68 PB
4 Daria KVARTALOVA / Alexei SVIATCHENKO(ロシア)52.38 PB
5 Laiken LOCKLEY / Keenan PROCHNOW(アメリカ)51.48
6 Yuyao ZHANG / Ziqi JIA(中国)49.71 PB
7 Evelyn WALSH / Trennt MICHAUD(カナダ)49.12
8 Olivia BOYS-EDDY / Mackenzie BOYS-EDDY(カナダ)46.39 PB
9 Jiaying SUI / Yunzhi GUO(中国)44.48 PB
10 Isabella GAMEZ / Ton CONSUL(スペイン)42.88 PB
11 Sarah FENG / Tommy-Jo NYMAN(アメリカ)42.42 PB
12 Chloe CHOINARD / Mathieu OSTIGUY(カナダ)41.95 PB
WD Hailey Esther KOPS / Artem TSOGLIN(イスラエル)

ウォルシュ&ミショー
大人びたペアに思えますが、ジュニアラストイヤーの男性に引っ張られているだけで、女性まだまだ幼いです。そう考えると優秀な次世代のマリナロ。カナディアンツイスト、2Lzのeマーク、そしてスローループの転倒がありました。得意のペアスピンではVがつきましたし、もったいない演技。PCSは高いのでLP次第。上位に入って、ドキッロシアだらけのGPFを阻止出来るでしょうか。LPは得意だから期待。

コステュコビッチ&イアリン
また長い名前で覚えづらい。ツイストがすさまじい高さです。女性の第二次性徴が始まっていないので、これからは分かりませんが現状世界のトップ10に入るツイストかと。スローループはダブルに見える余裕の回転。立ち止まりがちになるのは気になるかなというぐらい。

ガオシエ
2Lzでアテンション評価を受けた以外マイナスのエレメンツはありません。欲張りすぎない編曲のナイスなシカゴ。男性はワンリウのシンユー・リウをたどたどしくさせたような雰囲気。もっと笑顔で!この女性脚長い。男くんとの長さ比べたら分かりやすい。

クバルタロワ&スヴィアチェンコ
覚える自身が持てない名前のペアが。シンクロナイズドツイズルからのデススパイラルという鬼のようなエントリー。そしてデススパイラルのポジションを確定出来ず手をついてノーバリュー。ああ・・・。ペアスピンは遅めの回転。ロシアペアのペアスピン、特にアップライトの苦手率の高さはどうして。男性のお腹を出すデザインの衣装は、ちょっと古いと思ふ。

ボイコズ
エレキサラバンド。ロシアの通常運転。スロループでフリーレッグを引くタイミングを僅かに逃しただけで、全体的にはいい出来でした。ペアスピンのアップライトはこの組も苦手。ポジションチェンジには、ややもたつきが。この組は今シーズン入れて、あと4シーズンもジュニアにいられるので、上がいなくなるまでゆっくり育成するよろし。

女子SP
1 Anastasia TARAKANOVA(ロシア)66.58
2 Mako YAMASHITA(日本)65.22 PB
3 Sofia SAMODUROVA(ロシア)62.43 PB
4 Lea Johanna DASTICH(ドイツ)54.41 PB
5 Young YOU(韓国)53.81 PB
6 Elisabetta LECCARDI(イタリア)48.87
7 Sofia SULA(フィンランド)47.70 PB
8 Kaitlyn NGUYEN(アメリカ)47.28
9 Emily BAUSBACK(カナダ)46.96 PB
10 Hyun Soo LEE(韓国)46.52
11 Akari MATSUOKA(日本)45.86
12 Stefanie PESENDORFER(オーストリア)45.65 PB
13 Silvia HUGEC(スロバキア)44.61
14 Noemie BODENSTEIN(スイス)42.92 PB
15 Anastasia VAIPAN-LAW(イギリス)42.90 PB
16 Hongyi CHEN(中国)39.48 PB
17 Amelia Scarlett JACKSON(オーストラリア)38.51
18 Andrea MONTESINOS CANTU(メキシコ)38.18
19 Tsin Nam Nicole CHAN(香港)35.23 PB
20 Hana CVIJANOVIC(クロアチア)34.82 PB
21 Katarina KITAROVIC(クロアチア)34.76 PB
22 Eliza PANCHEVA(ブルガリア)34.54 PB
23 Elif ERDEM(トルコ)33.37
24 Xin Yi LOKE(シンガポール)32.91 PB
25 Leona ROGIC(セルビア)31.62 PB
26 Nina POLSAK(スロベニア)31.50
27 Emma JANG(中華民国)31.36
28 Ana Maria ION(ルーマニア)29.77 PB
29 Patricia SKOPANCIC(クロアチア)29.20 PB
30 Savika Refa ZAHIRA(インドネシア)29.05 PB
31 Gemma MARSHALL(ルクセンブルク)28.10 PB
32 Margret Sol TORFADOTTIR(アイスランド)24.23 PB
33 Polina USTINOVA(キプロス)22.93
34 Teekhree SILPA-ARCHA(タイ)22.06 PB
35 Angela PRILEPCHANSKA(マケドニア)17.58 PB

タラカノワ
3F-3T 3Lz tano 2A tano
個人的には宝船と呼んでいるタラカノワ。3Lz少し詰まっても、ブレードキャッチまで持っていくパワー。こんなに悲しげな曲なのにパワーに満ち溢れています。2A着氷からのイーグルも強い。パワーに満ち溢れています。強すぎるのが問題なのかもしれない。今週の引率はグレイヘンガウス。

山下
3F-3T 3Lz 2A
ジャンプの戦闘力ではタラカノワと戦えます。バシュンッ!な3Lz素晴らしい。スピードのあるいい演技でしたが、今回はどうしてもリンクサイドに目を奪われますね。山下の衣装に負けない美穂子先生のピンク!ピンクのダウンに、ピンクのマフラー、そしてピアスもピンク。これこれ~~~~~~~美穂子先生はこうじゃないと。地味なのはダメですよ。

3番滑走に超レアなマケドニアの選手がいました。ISUの大会で見るの初めてかも。

ヨンユー
3F-1T 3Lz 2A
小学生で国内選手権を制した天才でお馴染みヨンユー。13歳とは思えないキスから演技が始まりました。中身25歳なのでは。3-3のセカンドが抜けたのでGOE-3の痛手。ディーバな演技で終始魅せられました。滑りがあまり進んでいくタイプではないので、そこは点数に反映されてしまいましたかね。

サモドゥロワ
3F tano ot-3T tano 3Lz tano 2A tano
賑やか改めしつこいハバナギラ。全編にわたってボーカルが入っております。競技プロとは思えない音源選択でした。コンビネーションの間にオーバーターンが入ってもタノを入れてくるタノ根性お見逸れいたしました。

ダスティヒ
3F-3T 3Lz 2A tano
すでに今シーズン3戦目。僕が見るのも3回目。黄色衣装も見慣れました。ジャンプはいつもの安定感。2Aのタノはアクセントになっています。タノは少ない方がいい。けどそうも言っていられないこの時代。

中国ちゃんの衣装派手派手レインボー。これをラテンSDで誰かに着てもらおう!

キーラ・コルピ、アシュリー・ケイン、マディソン・ハベル、永井優香を融合したら出来上がりそうな美女アメリア・スカーレット・ジャクソンさん2戦目も見逃さない。よくこの名前でこの顔に育ちましたよね。

レッカルディ
3Lz fall 3T-3T 2A
3Lzは回転不足で転倒。3T-3Tもセカンドの回転が足りなさげした。見覚えがあるなというプログラムでしたが、昨シーズンのLPだったんですね。どおりで。音楽が急に切れて終わるのは、男性を好きなあまり命を絶ってしまったとか、そういった展開なのかも。所作が美しいよ。

松岡
3F hd 2A 3Lz fall
コンボ入らず、3Lzも転倒でTESが出ず・・・・・ああこれは仕方ない。11位スタートとなりましたが、ここから順位爆上げ狙いましょう。

タラカノワは当然オールレベル4。GOE±0がついたのは、詰まった3Lzだけです。山下はステップがレベル3でした。松岡の3Lzはダウングレード。GOEが引かれて1.41点、転倒のディダクションも引くとこのジャンプで得たのは0.41点です。本来の点数より6点ほど低いわけですね。
2017
09.24

オータムクラシック 3日目 女子リザルト・アイスダンスリザルト・ペアリザルト・男子リザルト

女子リザルト
1 Kaetlyn OSMOND(カナダ)217.55
2 Mai MIHARA(日本)199.02
3 Elizabet TURSYNBAEVA(カザフスタン)181.00
4 Courtney HICKS(アメリカ)174.16
5 Alaine CHARTRAND(カナダ)162.42
6 Rin NITAYA(日本)161.20
7 Brooklee HAN(オーストラリア)158.81 PB
8 Mae Berenice MEITE(フランス)141.41
9 Olivia Josephine SHILLING(アメリカ)134.78 PB
10 Chloe ING(シンガポール)130.55
11 Sarah TAMURA(カナダ)110.93
12 Hyunsu JANG(韓国)100.51 PB
13 Anastasia KONONENKO(ウクライナ)96.24
14 Natalie SANGKAGALO(タイ)91.61 PB
15 Michelle LIFSHITS(イスラエル)88.24 PB
16 Sung Hyun YUN(韓国)74.77
Withdrawn
Amanda STAN(ルーマニア)

メイテ
2A 3F-2T 3Lz 3S 2A-3T fall 3Lz-2T 3Lo fall
ノクターンで喪に服してから、カラスがカーっと飛んでHappyになる。SEでブーイングを入れ、不謹慎に楽しい演技後半へ。A.やっと死ねた!あの世では楽しむぞ。B.やっと死にやがった遺産で暮らすぞ! うーんブラック。

新田谷
3S fall 3F 3Lo 3Lz-2T 3Lz 2A-3T-2T tano 2A-3T
今シーズンもレジェンドオブフォール。衣装はオーロラ色。3Sはタノを入れて転倒。基礎点の高いジャンプを全て後半に。2A-3Tの安定感。2本目はヒヤリとしたけど、それでも3Tに繋げられました。丁寧さもいいけれど、キスクラで見せるような笑顔も演技でもっともっと出して欲しい。

シャルトラン
3Lz-3T 3F so 2A-1Lo-3S so 3Lz hd 3Lo 3S hd 2A-2Lo
全加が涙しそうな感動巨編。手をつくジャンプが多くありました。常に不安そうな表情なのが、見ているこちらが辛いのかと思えてきました。彼女の日ではなかった。

ブルックリー
3Lo 3Lz-2T-2Lo 2A+2A 3Lo fall 3F fall 3Lz 3T
3Loは腰に手をあてて。エテリよ、タノだけじゃなくて腰当てもあるから一考しておいてくださいね。ブロッコリーはん大復活祭とはなりませんでしたが、クレイン>>>ブルックリーとなっていた格付けを引き戻せたのではないかと。3Loと3Lz2本ずつの攻めの構成ですし、オージー1番手がどちらになるか読めなくなりました。

トゥルシンバエワ
3Lo 3Lz 3F tano-2T tano 3F tano 3S-3T tano 2A 2A-3T tano-2T tano
いつになくしっとりなトゥルシンバエワ。振付がそうだと言ってしまえば終わりですけど、忙しなさはありません。少し走っているように見えるのは、リーチの小ささが理由かな。タノがたくさん。昔のようなシェーではなく、頭の上で手を合わせるタイプ。昨日羽生がやっていたのと同じ。コーチが同じだとタノも同じ。

ヒックス
3F-3Lo fall 2A 3S 3Lz-2T-2Lo fall 3Lz 1T+1A 3F
セカンドループ決まらず。セカンドループは真上に跳び上がって転倒しました。幅が存在しない。ミスが連鎖してしまったなあ。

三原
3Lz-3T 2A 3F 2A-2T-2Lo 3Lo 3Lz-3T 2S
スパイラルを解く時の手の下ろし方が好き。乙女下ろし。2Aに3Tをつけられなかったので、後半の3Lzで鬼リカバリー。回転ちょっと怖かった。3Sは直前のターンが難しいので力んでしまったでしょうか。SPは挑戦、LPは得意の路線でミッション。132点でも低いと思えるようになりました。そんな事、昨シーズンが始まる頃には思いもしなかった。

オズモンド
3F-3T 2A-3T 3Lz ot 3Lo 3F 3S-2T 1A
モンドさん堪える。3Lzはオーバーターンで抑えました。何もないところで転倒して、その次のジャンプが鬼門の3Loのところを堪える。3連続は何かおかしかったので2つ目で止める。恐らく3つ目までいくと転倒していたかと。ステップも本域のスピードを出すと、また転倒してしまいそうで抑えて滑っていました。コントロールに意識がいった4分間。

モンドさんのスコアは自国開催だから大盤振る舞いですね。と言いつつも他の上位選手の加点も大概だった。モンドさんを適正値まで落とすと他の選手も落ちるという。

アイスダンスリザルト
1 Tessa VIRTUE / Scott MOIR(カナダ)195.76
2 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)173.56
3 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)172.26
4 Olivia SMART / Adria DIAZ(スペイン)155.56 PB
5 Lorraine MCNAMARA / Quinn CARPENTER(アメリカ)154.50
6 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)149.34
7 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN(デンマーク)147.56
8 Celia ROBLEDO / Luis FENERO(スペイン)129.44 PB
9 Nicole KUZMICHOVA / Alexandr SINICYN(チェコ)121.68
Withdrawn
Teodora MARKOVA / Simon DAZE(ブルガリア)

フルソレ
スカートをマントのようにして颯爽と登場するフルニエさん。ソレンセンは腋毛が見えるレベルで短い袖のシャツで腕っぷしをアピール。かっこいいスパニッシュキャラバンです。SDがある影響で、こういった舞踊系のFDを見ることはないので、新鮮です。

スマディア
パーティーにしか着ていけなさそうな不思議デザイン衣装。ハベドノの昨シーズンのFDを少し明るくした感じ。ってことはマリーさんプロだなーって話なんですけど、SDよりも音楽とのマッチがそうでもないなと。もう一展開期待したところで演技が終わってしまった。

マクカー
タンゴだーわーい。パーソンズのシャープなタンゴとは対照的な、嫉妬の念をはらんだ愛憎タンゴ。ツイズルは女性だけがサードツイズルを回って、男性が別の振付をする工夫。上手かったけどマクナマラさんが一方的に感情吐いてて、カーペンターが見えないぜ。

パイポー
泥棒の唐草模様風呂敷を擬人化したらパイパーになるのかもしれない。まったくストーリーが分からないし、ふんわりしているから、それはこれから噛み砕いていくとして、エレメンツは今シーズンもクリエイティブな物を創ってきました。2人で組んでイーグルするムーブメントの状態からそのまま持ち上げるリフト。そして、氷スレスレの状態で、一体どうやって体を保っているのか分からないステーショナリー。

テサモエ
ムーランルージュは意外な選曲ですが、前は気負いすぎてあのプログラムだったので、これぐらいがいいんだと思います。テッサがバックフリップ風に入るリフトは股間が顔の前にくるかなりお下品なスタートなので、ちょっとどうなんでしょう。カルメンならよかったけど、ムーランルージュだしなあ。定番の曲の組み合わせだけど、ひたすら美しいテッサと、とにかくキレキレに動いて展開を作りまくるスコットの役割分担が絶妙でした。技術の勝利ですね。プログラムそのものはピンとはこないけれど上手い。

ウィバポジェ
黒衣装でスパルタカス。うーーーーーんチョイスミス!そんなところで奇をてらう必要はなくて、それをするなら振付でやって欲しい。過去最高にしっくりこない。

テサモエは満加点が1つしかなかったです。FDも満点を目指す人たちですけど、まだ未完成ですしね。ここでいくつも満点ならいかんぞと思います。PCSはウィバポジェ>パイポー ひっくり返りません。

ペアリザルト
1 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)210.48
2 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)202.98
3 Julianne SEGUIN / Charlie BILODEAU(カナダ)189.64
4 Marissa CASTELLI / Mervin TRAN(アメリカ)176.38 PB
5 Kyueun KIM / Alex Kang Chan KAM(韓国)149.72 PB
6 Jessica CALALANG / Zack SIDHU(アメリカ)146.86
7 Paris STEPHENS / Matthew DODDS(オーストラリア)85.32

カストラ
3T-2T決まらず、3Sも決まらず、ソロジャンプは引き続き課題の模様。スローはフリップ入らず。サルコウは決まるんですけどね。でもそこからすごくよくて、デススパイラルは入りにも凝って素晴らしいです。曲はフルソレが前使ったWomanという曲です。ジャーニーとの高低差が。

セガビロ
3T-2Tはなんとかコンボをつけました。3Sは楽々。ツイストはSPよりも凭れが少なかったように見えました。と思ったけどスロー映像で見たらそんなこともなかった。ちょっと重い前半から、ギターが入って少し明るくなります。スローループはお手つき、コケるとコケないでは印象が違ってくるから堪えてよかった。イリモーに差をつけられかけたけど、滑りが上達して巻き返してきました。モーマリとの三つ巴胃がキリキリします。

ヴァネシプ
Say somethingで1曲通すにはシンプルすぎますが、編曲を入れてドラマティックな展開を作りました。モントリオールっぽいですけど、あそこはこんなにジャカジャカしないので少し違います。スロークワドは惜しかったです。両足ですけど一瞬成功に見える質でした。3連やスロールッツなどありますが、盛り上がるプログラムです。グループ3はプルプルして怖かった。昨シーズンと同じようなフィニッシュです。

デュハラド
3Lzと3Sでメーガン転倒。ソロジャンプは前半に続けて跳ぶようになりました。スロークワドサルコウも転倒。むずい。このプログラムはノーミスでないとまとまりが生まれにくいです。イケイケドンドンで押すプログラムですから。ラドフォードさんがバテてしまって、最後のリフトも勢いなかった。

さーてだいぶ感想がふわっとして参りましたよ。最後まで持つかな?

男子リザルト
1 Javier FERNANDEZ(スペイン)279.07
2 Yuzuru HANYU(日本)268.24
3 Keegan MESSING(カナダ)248.30 PB
4 Misha GE(ウズベキスタン)246.19 PB
5 Nam NGUYEN(カナダ)245.21 PB
6 Ross MINER(アメリカ)219.96
7 Peter LIEBERS(ドイツ)207.89
8 Daisuke MURAKAMI(日本)200.59
9 Mark GORODNITSKY(イスラエル)186.02 PB
10 Andrew DODDS(オーストラリア)164.07 PB
11 Jordan DODDS(オーストラリア)149.95
12 Harry MATTICK(イギリス)145.80
13 Meng Ju LEE(中華民国)140.32 PB
14 Tim HUBER(スイス)131.56 PB

またYour song。僕のYour songバケツは水が溢れているよ。せめて上手な人のを使って欲しいけど、ゲイの曲だから選択肢がないのか。

マイナー
4S 3A-2T 3Lz-3T 3A fall 3Lo 3Lz-1Lo-2S 2F 2A
4S抜けるし・・・と思っていてすみません。足りているっぽい4Sランディングきいいいいいとぅわあああああああああああ!ちょっとミスったけど、マイナーさんとしてはかなりよさげなシーズンの始まり。

ダイス
4S hd 4S 3A-2T 3Lo 3A fall 3Lz-1Lo-2S 3F hd 3T
本日のはアナウンスはDaisukoからDaisukuに。だいすく。ダイスは全てのジャンプを降りて印象を押し上げる事が大事。終盤動かなくなってしまいました。日本男子受難の日?

リーベルス
3T 3Lz 2A 3A 3Lz-1Lo-2S 3F 1Lo 2A
今シーズンもズドーンと重苦しいテーマのシンドラーのリスト。オリンピックシーズンまでこれにしてくるとは。たくさんの人の目に留まるから、極右に変な物送りつけられそうなのに。テーマは重いけど、音楽をミックスしているから、滑りにくそうではない。いい編曲。

メッシング
3Lz 4T 3A so 4T-2T 3S-3T 3A hd 3Lo so 3F
かわいいチャップリンです。ただただかわいいメッシングがさらにかわいくなります。4Tが2本入ったので点数としてかなり大きいです。トレードマークのバレエジャンプからの3Fも決まりました。ハマりプロ引き当てましたね。

ミーシャ
3A-1Lo-3S 3A so 3F 3Lz-3T 3Lz 3Lo 2A-2T 2A
コールされてからも熱心に3Aの踏み切りを確認。1本は決めました。ジャンプを終えてガッツポーズをしたのは、それが入ったからかもしれませんね。前半は静かに美しく演じ、最後にエネルギーを解放する近年のミーシャスタイルを踏襲するプログラムです。紅白の演歌歌手ぐらいの存在の安定感と安心感。

羽生
1Lz 3Lo 3F 4S-3T 2T-1Lo-2S 2T 3A fall 4T df
前半にトリプルをまとめ、後半に4回転と3Aを集める予定だったんですね。でもいきなり3Lzが抜けました。世界最高難度ジャンプの歴史をまた更新。抜けた2Tを4Tでリカバリーしようとしましたが、上手くいかず。ほろ苦いシーズンの始まりとなりました。やはり日本男子受難の日(壷井は逃れた)。

なんですくん
4T 3S<< fall 2A-2T 4S-3T shaky 3Lo 3A 3Lz 3F-1Lo-2S
ラ・マンチャの男でした。見果てぬ夢だけじぇなく、ラ・マンチャの男を滑るスケーターはなかなかいないんですよ。ソチ前の路線に戻った。コミカルプロじゃないだけでうおおおおおおおおおおおおおおおおおおおとなりました。スペインのプログラムですし、オリンピックシーズンに相応しい。衣装だけ見ると貴族か何かと思って、ヘンリー8世とかやるのかと。まだまだ仕上がっていないです。後半に向けて上げてくる男なので、現時点の滑りは当てになりませんね。

ニューエン
4S-3T 2T 3A 2S 4T 3A-2T-2Lo 3Lz 4S fall
最後の最後で4Sに挑みました。普通にやったら4Sと4Tと3Aが2本ずつになってしまうので、構成を変えながら演技をしたんですね。しかも2Tが重複になってしまう事も理解してコンボもつけなかった。スケーティングのスピードと移動距離、エッジの深さ。羽生となんですくんの次に滑るとウィークポイントが見えやすかったです。滑走順が悪い方に作用しました。

マイナーさんの4S回転足りてなかったああああああああああああああああぬおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお。e判定がかなりシビアでしたので、ここで大丈夫だった選手は他でも大丈夫でしょう。

javyuzkee.png

終わったあああああ!寝るううううううううううう!
2017
09.24

オンドレイネペラトロフィー 2日目 女子リザルト・アイスダンスリザルト・男子リザルト

リアルタイムに追いつけ追い越せレース。

女子LP
1 Evgenia MEDVEDEVA(ロシア)146.72
2 Rika HONGO(日本)123.49
3 Dabin CHOI(韓国)122.31
4 Elena RADIONOVA(ロシア)117.79
5 Alena LEONOVA(ロシア)115.98
6 Caroline ZHANG(アメリカ)114.47
7 Nicole RAJICOVA(スロバキア)108.26
8 Kailani CRAINE(オーストラリア)103.70
9 Silvia HUGEC(スロバキア)102.17 PB
10 Diana NIKITINA(ラトビア)97.93
11 Larkyn AUSTMAN(カナダ)94.31 PB
12 Eliska BREZINOVA(チェコ)91.29
13 Karly ROBERTSON(イギリス)88.24
14 Anastasia GOZHVA(ウクライナ)85.64
15 Danielle HARRISON(イギリス)84.00 PB
16 Lara ROTH(オーストリア)76.42
17 Sila SAYGI(トルコ)75.37
18 Ceciliane Mei Ling HARTMANN(シンガポール)70.70 PB
19 Aneta JANICZKOVA(チェコ)69.58 PB
20 Nina LETENAYOVA(スロバキア)67.26
21 Katie POWELL(イギリス)63.54
22 Birce ATABEY(トルコ)63.44
23 Seoyoung YOON(韓国)62.81 PB

女子リザルト
1 Evgenia MEDVEDEVA(ロシア)226.72
2 Rika HONGO(日本)189.98
3 Elena RADIONOVA(ロシア)182.21
4 Dabin CHOI(韓国)178.93
5 Alena LEONOVA(ロシア)170.68
6 Caroline ZHANG(アメリカ)167.95
7 Nicole RAJICOVA(スロバキア)161.13
8 Kailani CRAINE(オーストラリア)157.84
9 Silvia HUGEC(スロバキア)147.14 PB
10 Diana NIKITINA(ラトビア)146.30
11 Eliska BREZINOVA(チェコ)138.10
12 Larkyn AUSTMAN(カナダ)136.82 PB
13 Karly ROBERTSON(イギリス)133.18
14 Anastasia GOZHVA(ウクライナ)128.37
15 Danielle HARRISON(イギリス)125.62
16 Lara ROTH(オーストリア)119.18
17 Sila SAYGI(トルコ)115.32
18 Aneta JANICZKOVA(チェコ)106.95 PB
19 Ceciliane Mei Ling HARTMANN(シンガポール)103.87
20 Birce ATABEY(トルコ)103.48
21 Katie POWELL(イギリス)100.43
22 Nina LETENAYOVA(スロバキア)97.22
23 Seoyoung YOON(韓国)93.61 PB

キャロライン
3F-2T 3Lz 3T so 3Lo-3Lo 3F-2T-2Lo 2A 2A
今シーズンもミッションです。少し回転は怪しいところがありますが、後半の3Lo-3Loと3連は盛り上がりました。2AはSPよりいい質でした。コレオシークエンスのスパイラルも感動的。全米仕様なプログラムです。

ダビン
3Lz-2T 3F 2A-3T 3Lz-2T-2Lo 3Lo 3S 2A
ドヴォルザークのジプシーソング。ノーミスの演技でした。3Lz-3Tは今日も回避です。2A-3Tは入れられたので、3Lzにはつけられないのかな。元々エネルギッシュなタイプではないけれど、それでももう少し明るさが出せるといいなと思います。

レオノワ
3T-2T 3Lz 2A ot 3F-2T 3F 1S 2A+1Lo+2Lo
5シーズンぶりのボリウッドプログラムですが、過去の焼き直しではありません。前は緑衣装でしたが今回は紫。そうそうそう、レオノワはこういった一風変わった衣装と凝った髪形やらないと。ステップがめちゃくちゃよくて、コレオシークエンスかと思えるほどに動きまくっています。でもステップですよ。しかもレベル4ですよ。2Aからの3連続ですが、2Sではなく足をついて2Loを跳んでしまいました。なのでこれは3つのシークエンス扱いになります。ジャンプシークエンスは基礎点の高い2つのジャンプしか採用されないので、2A+2Loに後半ボーナス1.1とシークエンスの0.8をかけて基礎点が4.49になりました。レオノワらしくていいプロ。PCSが高いのも納得。

クレイン
3Lz-2T 3F 3Lz fall 3Lo-1Lo-3S 3Lo 2A-2T 2A
ムーランルージュです。たしかテサモエもムーランルージュ。Your songもたくさん聞いたし、今週末はムーランルージュ。パワフルなクレインにマッチしておりまして、16℃の冷房に扇風機強にしたぐらい強い。そしてクドい。これでもかというほどジャン!ジャン!ジャン!クドさが突き抜けているからオッケー。

本郷
3F-3T 3S tano 3Lz 2A-3T 3Lo fall 3F 2A-2T-2T
フリーダの衣装地味になってますかね。きれいにまとまって見えるのはこちらの方かも。忠実にやればいいって物でもないし。忠実にやろうとしたら頭のお花の量5倍にしないと。ステップの振付がこれまたかっこいい。今シーズンは2つのプロ、どちらもステップがいい。構えて影のあるように入るフライングキャメルもいいです。コンビネーションスピンの出からコレオシークエンス、スパイラルから3連続は繋ぎ目なく1つのエレメンツのよう。これはトランジションで評価してもらいたい。5項目中コンポジションが最も高くて8.35。トランジションはスケーティングスキルからガクッと下げられがちですけど、差は0.15しかないです。評価されてるー。守りに入っていないし、新鮮だし、僕は好きです。

メドベージェワ
2A 3F tano-3T tano 3F tano-2T tano-2T tano 3Lz ot 3Lo tano 3S tano-3T 2A tano
SP月光じゃねえやノクターン遺作だ。間違えてました。3Lzでオーバーターンがありました。eマークもついたので基礎点が下がり、GOEもマイナスです。この失点分を加算すると151点になります。メドベの唯一付け入る隙が3Lzのeです。回転不足を取られないので、ほんとここしかない。オズモンドがSPノーミス78点、LPノーミス150点なら勝てる!

ラジオノワ
3Lz 3F 3Lz-1Lo-3S 3F-2T 2A Lo fall 2A 3Lo
冒頭の3Lzはクリーンですが、単独だからこそというのはありそうです。コンビネーションには繋げにくそう。入りで転倒したループを最後に跳び直してしまったので、8本目のジャンプとして判定されキックアウトになりました。それにしても3Lo入れてよくフィニッシュに間に合いましたね。スピンは2つともレベル4取れてますし。魔法か。ラジオさんの訴えかけてくるコテコテが足りない。天下一品みたいな演技してつかあさい。僕はそれが好きなんです。

アイスダンスFD
1 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)110.84
2 Betina POPOVA / Sergey MOZGOV(ロシア)100.94 PB
3 Rachel PARSONS / Michael PARSONS(アメリカ)95.66
4 Allison REED / Saulius AMBRULEVICIUS(リトアニア)86.66
5 Angelique ABACHKINA / Louis THAURON(フランス)85.38
6 Yura MIN / Alexander GAMELIN(韓国)85.12
7 Cortney MANSOUR / Michal CESKA(チェコ)81.48
8 Shari KOCH / Christian NÜCHTERN(ドイツ)78.94
9 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV(ベラルーシ)74.54
10 Olga JAKUSHINA / Andrey NEVSKIY(ラトビア)71.32
11 Yuliia ZHATA / Yan LUKOUSKI(ウクライナ)70.26
12 Aurelija IPOLITO / Malcolm JONES(ラトビア)54.56
13 Kimberley HEW-LOW / Timothy MCKERNAN(オーストラリア)46.98

アイスダンスリザルト
1 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)181.92
2 Rachel PARSONS / Michael PARSONS(アメリカ)163.14
3 Betina POPOVA / Sergey MOZGOV(ロシア)161.92 PB
4 Yura MIN / Alexander GAMELIN(韓国)141.78
5 Angelique ABACHKINA / Louis THAURON(フランス)140.86
6 Allison REED / Saulius AMBRULEVICIUS(リトアニア)138.40
7 Shari KOCH / Christian NÜCHTERN(ドイツ)136.98
8 Cortney MANSOUR / Michal CESKA(チェコ)133.76
9 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV(ベラルーシ)125.02
10 Olga JAKUSHINA / Andrey NEVSKIY(ラトビア)122.70
11 Yuliia ZHATA / Yan LUKOUSKI(ウクライナ)114.22
12 Aurelija IPOLITO / Malcolm JONES(ラトビア)93.14
13 Kimberley HEW-LOW / Timothy MCKERNAN(オーストラリア)82.16

アリソン&アンブルなんとかさん
天国への階段です。カップル結成を発表したのが7月初旬で、もちろんその前から練習はしていたはずですけど、これほどまで仕上がるとは。今までのアリソンは大抵がパートナーを引っ張る立場だったので、それに慣れているのかも。ポスチャーが決まるからかっこいい。選曲が背伸びしていないのも組み立てのカップルにいいなと思います。

アンルイス
Je Suis Maladeです。オリンピックシーズンですしフランスの曲ですよね。うんうん。え?ボーカルのララ・ファビアンはベルギー人?おいシュピル詰めが甘いぞおいシュピル。あまり滑り込めていないように思える演技。プログラムが進むにつれて全てが散漫に。コレオリフト転倒でフィニッシュ。

ミンガメ
オリンピックシーズンなのでFDはアリランです。張り上げるように歌う音源でして、ボーカルの存在感が2人のスケートを凌駕しています。選曲は変わっているけれど、振付がスタンダードだから、あまり必然性がない気が。

コホヌヒ
アイスダンスでIo ci saroを聞くと、リフトさているシニツィナより目立ち、ドヤ顔でスライドするカツラさんがログインしてきます。カーブリフトを失敗して、ただ背中に乗せているだけになりました。プログラムのかなり後ろの方だったので痛いです。コッホが24歳になったらしい。おめでとー。

ポポモズ
ツイズルは引きのカメラで見ても印象的。退行がかっこいい。ストレートラインリフトはじょうろみたいな形。じょうろリフトって呼ぼう。テストスケートでも気に入りましたけど、これやっぱりいいわ。ポポワたんが暴走して、それを自分の方に引き寄せて収めるという行為さえもカルメンの演技の一部に見えますもん。

パーソンズ
インカダンスでした。あの一番有名なやつね。テーテーテーテーテーテーテーテーテッテテテテーテッテテテテーってやつ。ステブキっぽいダンススピンだかコレオスピンは、ステブキと体の大きさが違いすぎて小さく見えます。ローテーショナルリフトは移動距離がながーい。フィギュアスケートでは有名だけど難しい曲でもあるので、これを滑りこなした際に、どれほど素晴らしくなるのか期待が高まります。

ボブソロ
盲目の女性であるボブロワが主人公のプログラムに見えます。盲目の女性はなんて素晴らしい事なんだろうかと思うわけですが、最後が不穏なフィニッシュ。ソロビエフがボブロワを捕まえられないのは、実際は盲目の女性なんて存在しておらず、存在していない女性の気持ちを変えられたあげた気になっていた男性が、ただ1人存在していただけなのです。なんてめんどくさい設定なんだろう。でもおもしろいストーリーなので滑り込みまくってキンキンに仕上げて欲しい。4年前のように迷走して昔のプログラムに戻したりしないで。

男子LP
1 Mikhail KOLYADA(ロシア)181.16
2 Sergei VORONOV(ロシア)153.22
3 Brendan KERRY(オーストラリア)146.50
4 Nicolas NADEAU(カナダ)139.22
5 Alexander SAMARIN(ロシア)137.73
6 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)137.54
7 Chafik BESSEGHIER(フランス)136.65
8 Jinseo KIM(韓国)122.27
9 Keiji TANAKA(日本)121.37
10 Ivan PAVLOV(ウクライナ)120.49
11 Ryuju HINO(日本)117.08
12 Slavik HAYRAPETYAN(アルメニア)116.32
13 Burak DEMIRBOGA(トルコ)116.28 PB
14 Chih-I TSAO(中華民国)115.41
15 Lukas BRITSCHGI(スイス)107.87
16 Michael NEUMAN(スロバキア)101.50 PB
17 Engin Ali ARTAN(トルコ)101.12 PB
18 Jan KURNIK(チェコ)96.48
19 Marco ZANDRON(イタリア)92.00
20 Alexander MASZLJANKO(ハンガリー)90.06
21 Marco KLEPOCH(スロバキア)88.90 PB
22 Jakub KRSNAK(スロバキア)78.24
23 Albert MÜCK(オーストリア)64.23

男子リザルト
1 Mikhail KOLYADA(ロシア)247.81
2 Sergei VORONOV(ロシア)234.07
3 Brendan KERRY(オーストラリア)221.21
4 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)217.52
5 Alexander SAMARIN(ロシア)213.67
6 Nicolas NADEAU(カナダ)205.97
7 Chafik BESSEGHIER(フランス)203.69
8 Keiji TANAKA(日本)197.18
9 Ivan PAVLOV(ウクライナ)187.16
10 Jinseo KIM(韓国)184.46
11 Ryuju HINO(日本)184.33
12 Burak DEMIRBOGA(トルコ)181.24 PB
13 Slavik HAYRAPETYAN(アルメニア)181.18 PB
14 Chih-I TSAO(中華民国)178.94
15 Lukas BRITSCHGI(スイス)162.06
16 Engin Ali ARTAN(トルコ)155.15 PB
17 Michael NEUMAN(スロバキア)147.58
18 Jan KURNIK(チェコ)146.58
19 Marco ZANDRON(イタリア)133.49
20 Alexander MASZLJANKO(ハンガリー)131.64
21 Marco KLEPOCH(スロバキア)130.96
22 Jakub KRSNAK(スロバキア)121.48
23 Albert MÜCK(オーストリア)102.22

コリヤダ
4Lz 4S fall 3A-2T 4T fall 3A 3Lz-1Lo-3S 3Lo 3Lz so
4Lz初成功!かなりクリーンでした。4Sは回転を始めるタイミングが僅かに遅れました。これは惜しかった。3Aはnotカナダで成功。テストスケートよりも後半がよくなっていて、ちゃんとプレスリーしていました。でも北米プレスリーではなくコリヤダ。

デミルボガ
3A 3Lz-3T 3Lo 3T 3F-1Lo-3S hd 2A 3Lz 2A to
ジャンプをがんばりました。ジャンプ中心というところはあるけれど、降りないとTESが稼げませんもの。パーソナルベスト38点更新しました。バイオを見るに、いつもシーズンの始まりが遅く、チャレンジャーに間に合っていないんですね。だからずっとジュニア時代のベストのままだったと。

ハイラペティアン
3A 3A so 3F 3Lz fall 3F-2T 2S 2T 2A+2A
眉毛のジャンプ成否の歴史を確認したところ、昨シーズンから急激に成功率が上がっている事が判明しました。ほぼ失敗していたルッツフリップが5割程成功するようになっています。やっぱり上手くなっているんだなー。中盤長く充電時間を設け、後半のジャンプに入りましたが抜け&抜け。コレオシークエンスは、会社に遅れそうで不自然な早歩きをする新入社員みたいでおもしろかったですよ。

ナドー
多分4回転多分失敗 3Lo 2T-3T 3A 3A-2T 3F fall 3S 2A+2A
気を抜いてカメラから手を離す、中心に映さない、頻繁にロストする。ひどいいいいいいいいい。もしかしたらカメラ素人が撮っているのかも。だとしたら上手い。コリヤダはコリヤダだったけど、ナドーのプレスリーは北米だなーのプレスリープロ。トゥステップいっぱいで楽しい。

ベセギエ
4T shaky 2S 3A 3T-3T 2A 3Lz 3A fall 2A-2T-1Lo
タキシードを着ているのに腕まくりして手袋をつけています。マフィアと高校生とDAIGOがフュージョンしたのかも。ズンチャカビート入りゴッドファーザーステップは思いのほかかっこいい。コレヲズンチャカシークエンスもいい。ステップ系統のエレメンツの時だけビートインします。2Aになって跳び直した3Aは回転不足で転倒。ベセギエが普通プロでは個性が死ぬので、これでいいのです。

パブロフ
3T 3A-2T 3A fall 2F-2T 3Lz-1Lo-3S shaky 2A 3Lz 2Lo
世界に13人ぐらいいるこのプログラム好きな僕としては、音楽とジャンプの配置が素晴らしいから、抜けずにクリーンに降りてもらいたいわけですよ。でも抜けてしまうんです。パニパニオットがクワドフリッパーになってウクライナ1番手レースで前に出たので、遅れを取らないでくれー。

美青年ケリー
4T fall 3S 3F 4T so 3A 3A-2T 3Lz-2T 3Lo
連戦疲れでボロボロに・・・ならない!トリプルジャンプには問題なしです。3A2本入れられたのは大きい。プログラムがジャンプパートその1、その2、その後に分断されている気はします。ドンブーはまた青年実業家風の格好。でも六本木には住んでなさそう。

デカ
4S fall 3T 3A 4S fall 3A fall 2F 2Lo 3Lz-2T
抜けとコケがああああああああああああああこれではTESが出ません。コンボゼロの危機は最後のジャンプで回避。あきめない、それ、いいこと。

リュージュ
4T df 3Lz fall 3A ot-2T 3Lo fall 3A 3Lz fall 3F fall 3S-3T
コケがああああああああああああああああああああこれではTESが出ません。最後に3Tをつけて少しでも点数を稼ぐ気持ちの強さを見せました。あきらめない、それ、いいこと。昨シーズンと同じシルクドゥソレイユ、コレオシークエンスの見応えが増しました。ピキピキと体が動いていました。

サマリン
4Lz fall 3T td 3A-3T 3Lz-1Lo-3F 3A fall 3Lz 2Lo 3S
コケ2本抜け2本。でもそれなりに見ていられるのはジュニアから成長したなと思います。すごく厨二でした。終盤スタミナ切れでエッジに乗って滑れておらず、スーパーフラットコレオシークエンスに。スタミナ!ついでにアリエフもスタミナ!

ヴォロノフ
4T ot 3A 4T so 3A-2T-2Lo 3Lz-2T 3S 3Lo-1T 2A
左胸に銀色の飾り。2本目の4Tは助走スピードが足りなかったので、踏み切る前からヤバいヤバいと思いました。案の定。プログラムはロシア的にスタンダードです。フィニッシュはガッツポーズ用に音を大きくしてあるのかもしれない。荒れた試合展開に呑まれなかった。OJS!OJS!

ホックスタイン
4T fall 1A-2T 4T td 1A 3Lz-1Lo-3S 3Lo 3F 3T-2T tano
Oh, They are Canadian axel. 4Tにつけられなかったコンボは最後できっちりとリカバリー。ホックスタインの美しいムーブがあれば、ボーカルなんていらないなーと思うんですよね。ボーカルなしの序盤の方が好きです。体が歌うのを見るのもフィギュアスケートの楽しみのひとつだったから。

nippon.png
狙っていない方がおもしろい
hutuu.png

rususarus.png

rusrusaus.png


2017
09.23

JGPミンスクアリーナ杯 3日目 ペアリザルト・男子リザルト

ペアLP
1 Daria PAVLIUCHENKO / Denis KHODYKIN(ロシア)109.95 PB
2 Anastasia POLUIANOVA / Dmitry SOPOT(ロシア)105.77 PB
3 Apollinariia PANFILOVA / Dmitry RYLOV(ロシア)97.63
4 Feiyao TANG / Yongchao YANG(中国)93.67 PB
5 Chloe PANETTA / Steven LAPOINTE(カナダ)80.68 PB
6 Audrey LU / Misha MITROFANOV(アメリカ)79.19 PB
7 Elizabeth Vasilevna KOPMAR / Jonah BARRETT(アメリカ)79.18 PB
8 Lori-Ann MATTE / Thierry FERLAND(カナダ)76.39
9 Irma CALDARA / Edoardo CAPUTO(イタリア)76.12 PB
10 Talisa THOMALLA / Robert KUNKEL(ドイツ)74.42
11 Anastasiia SMIRNOVA / Artem DARENSKYI(ウクライナ)70.05

ペアリザルト
1 Daria PAVLIUCHENKO / Denis KHODYKIN(ロシア)166.24 PB
2 Anastasia POLUIANOVA / Dmitry SOPOT(ロシア)162.14 PB
3 Apollinariia PANFILOVA / Dmitry RYLOV(ロシア)150.21
4 Feiyao TANG / Yongchao YANG(中国)147.67 PB
5 Audrey LU / Misha MITROFANOV(アメリカ)132.13 PB
6 Chloe PANETTA / Steven LAPOINTE(カナダ)123.30 PB
7 Elizabeth Vasilevna KOPMAR / Jonah BARRETT(アメリカ)123.02 PB
8 Lori-Ann MATTE / Thierry FERLAND(カナダ)122.08
9 Irma CALDARA / Edoardo CAPUTO(イタリア)119.57 PB
10 Talisa THOMALLA / Robert KUNKEL(ドイツ)117.75
11 Anastasiia SMIRNOVA / Artem DARENSKYI(ウクライナ)110.55

パンリロ
アリスというかアイドルのPVの衣装みたいなお召し物だよパンフィロワさん。リロフの色違いの靴下やっぱりおもろい。このアリスは戸惑う事なく冷静な対処出来そう。ソロスピンが崩壊してノーバリューになったのがもったいない。

タンヤン
中国のジュニアペアが!!!!!3Tを降りました!これはびっくり。みんなジャンプが苦手で2Fとかしか出来ないものとばかり。2A+2Aはセカンドがシングルになりました。スローループはステップアウトでスローサルコウは中国5000年の着氷。技術的に期待出来るペアです。BGMっぽくなりがちなので、まだまだ強化が必要。

ルー&ミトロファノフ
Memory (Phantom of the Opera) いやいや、なんですかこれは。同じミュージカルからの曲じゃないですよ。ジャーンジャジャジャジャジャーンじゃねえよ!スローは高さも飛距離もありません。このスローイングで跳んでいけるのは、自力でのジャンプ力のあるカナダ女子ぐらいです。ソロジャンプは男性が2度転倒。女性がお怒りあそばされている。

ポルソポ
安定の勝氏スロー。移動距離が気持ちいいいいいいいいいいいいいスカッとします。ソロジャンプは2人のタイミングが合わないのと、踏み切る位置が遠いです。バザラリだー!ペア結成してすぐにこれだけなんて、さすが愛/////バザラリも愛だったからな。

パブホディ
ジュニアで3T+3Tと3Sの構成は強い。ツイストは高いし、スローはフリップとループを難なくランディング。高いTESで優勝をもぎ取りました。勝氏組の方がスケーティングスキルとトランジションが高いのは納得。幼女にシカゴって選曲は・・・うん・・・。

パンリロはファイナル確定。あっちもロシアこっちもロシア。ロシアロシアロシア。

男子LP
1 Alexey EROKHOV(ロシア)155.27 PB
2 Andrew TORGASHEV(アメリカ)138.37
3 Jiri BELOHRADSKY(チェコ)120.61
4 Igor EFIMCHUK(ロシア)119.53 PB
5 Tatsuya TSUBOI(日本)118.70 PB
6 Irakli MAYSURADZE(ジョージア)118.59 PB
7 Shuai FANG(中国)118.40 PB
8 Gabriel FOLKESSON(スウェーデン)110.01 PB
9 Larry LOUPOLOVER(アゼルバイジャン)104.62
10 Sihyeong LEE(韓国)96.67
11 Julian DONICA(フランス)94.02 PB
12 Yan TKALICH(ウクライナ)93.83 PB
13 Yakau ZENKO(ベラルーシ)92.57
14 Ryszard GURTLER(ポーランド)91.64 PB
15 Nicholas HSIEH(アメリカ)91.48 PB
16 James MIN(オーストラリア)88.13
17 Mihhail SELEVKO(エストニア)83.58
18 Vassil DIMITROV(ブルガリア)82.58 PB
19 Daniels ROSCIKS(ラトビア)78.99 PB
20 Mikalai KAZLOU(ベラルーシ)74.35 PB
21 Nikolaj Molgaard PEDERSEN(デンマーク)73.67 PB
22 Alp Eren OZKAN(トルコ)65.89 PB
23 Azizmurod SHABAZOV(ウズベキスタン)65.74 PB
24 Che Yu YEH(中華民国)49.45 PB

男子リザルト
1 Alexey EROKHOV(ロシア)232.79 PB
2 Andrew TORGASHEV(アメリカ)212.71 PB
3 Igor EFIMCHUK(ロシア)195.63 PB
4 Irakli MAYSURADZE(ジョージア)185.26 PB
5 Tatsuya TSUBOI(日本)185.19 PB
6 Jiri BELOHRADSKY(チェコ)184.17 PB
7 Shuai FANG(中国)180.10 PB
8 Gabriel FOLKESSON(スウェーデン)165.00 PB
9 Sihyeong LEE(韓国)157.31
10 Larry LOUPOLOVER(アゼルバイジャン)154.04
11 Julian DONICA(フランス)153.22 PB
12 Yakau ZENKO(ベラルーシ)150.37
13 Nicholas HSIEH(アメリカ)146.58 PB
14 Yan TKALICH(ウクライナ)142.13 PB
15 Mihhail SELEVKO(エストニア)135.31
16 Ryszard GURTLER(ポーランド)132.00 PB
17 James MIN(オーストラリア)131.05
18 Vassil DIMITROV(ブルガリア)124.32 PB
19 Daniels ROSCIKS(ラトビア)120.16 PB
20 Mikalai KAZLOU(ベラルーシ)114.52 PB
21 Nikolaj Molgaard PEDERSEN(デンマーク)112.17 PB
22 Azizmurod SHABAZOV(ウズベキスタン)97.07 PB
23 Alp Eren OZKAN(トルコ)96.30 PB
24 Che Yu YEH(中華民国)71.66 PB

シューアイ
3Lz-2T 3F 2A-3T 3Lz 3Lo-2T 3Lo fall 3S 2A
曲を知っている人しか何を演じているか理解出来ないインスト音源。からのユアン・マクレガー。この3日間で何度聞いたことか。トゥジャンプに高さと流れがあってとても美しいです。4T入れられたらきっと素晴らしい質になるんだろうなと想像。3Loで転倒し、フライングキャメルにも影響。中国だけどちゃんと育成&派遣してもらえるかな。いい物持ってるから頼む。

壷井
3F-3T 3A fall 3Lo-2T tano 3F 3Lz 2A-1Lo-3S 3Lo 2A
るろうに剣心でした。3Aは回転が足りませんが、まだ若いので積極的に挑戦する時期ですし、失敗しても大丈夫。その他のジャンプをしっかりとまとめました。失敗する気がしなかったですね。スピンも上手ですし、技術的にバランスの取れた選手です。先生めちゃ嬉しそう。

イラクリ
3A-2T 3A 3Lo-1Lo-3S 1Lz 3F fall 3Lo shaky 2A tano 2A shaky
途中まで素晴らしかったのに、1Lzから急にジャンプが小さくなり、傾き始め昨シーズンまでの質に戻りました。うるさい音源のSound of silenceで最後にシー!ポーズをしてフィニッシュ。シーでは騙されないぞ!

イジー
3Lz-2T tano 2A 3F 3T-1Lo-2S 3Lz 2Lo-2T tano 3Lo 2A so
月光の要素などほんの少ししかない、トマシュ・ベルネルさんの正気を疑うユーロプロを続行させて使っています。元気に変だったので大丈夫。PCS5項目はバランスの取れた出方をしています。

エフィンチュク
4T fall 3A-3T so 3A so 1Lz 3Lo 2Lz 3F 2A so
このご時世珍しいボーカルなしサム・スミス。ジャンプが降りられなかったのと、ボーカルも無かったのでハイライトを作れないまま薄く4分が終わっていった印象。というか印象に残らなかった。キスクラでガックリ。衣装の渦巻きは一体何を意味しているのでしょう。徳島県民?

トルガシェフ
4T 3Lz 2A so 3F-3T 2A 3F-1Lo-1S 3Lz-2T 1Lo
3Aが苦手なら4Tを跳べばいいじゃない方式。2Aはステップアウト、後半の2Aのランディングもバランスを崩しかねない感じだったのでコントロールが苦手なのでしょうね。ニースライドのかっこいいムーブメントで力余ってフラフラになったり、腕の動きがフニャフニャになっている部分もありました。コントロール&スタミナ。前半はかっこよかった。

エローホフ
4T ot 4S 3A-3T shaky 4T to 3Lz-1Lo-3S 3Lo 3F-2T 3Lz
1人だけジャンプ構成がシニア。年齢的にはシニアで活躍していてもおかしくないですけども。この構成なのでガンガンスタミナ削られていますけど、それを押し殺してコントロールされた演技を心がけていたのはイイネ。いい演技だったので先生の方を向いてニヤニヤ。エテリチームで男女二冠。

馬鹿みたいな感想ですけど、ジュニアはスタミナ配分をしっかりとして、最後まで元気に滑る事が最重要だと思いました。トランジションだのクソ編曲だの言ってますけど、やっぱり元気が最高。

俺金、あたし金、俺たち金、USA!USA!USA!USA!という優勝者になりました。これで折り返し4戦目を通過!うおおおおおおおおおおおおおおおお。

erotorefi.png

instabae.png
インスタ映えする顔面
truarakon.png
トルソワの髪がお尻まで到達。アフガンハウンドか。
masarushi.png

tachikata.png


2017
09.23

オータムクラシック 2日目 アイスダンスSD・ペアSP・男子SP

アイスダンスSD
1 Tessa VIRTUE / Scott MOIR(カナダ)79.96
2 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)69.32
3 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)68.80
4 Lorraine MCNAMARA / Quinn CARPENTER(アメリカ)62.00
5 Olivia SMART / Adria DIAZ(スペイン)61.68 PB
6 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)58.80
7 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN(デンマーク)54.90
8 Celia ROBLEDO / Luis FENERO(スペイン)51.82 PB
9 Nicole KUZMICHOVA / Alexandr SINICYN(チェコ)49.08
Withdrawn
Teodora MARKOVA / Simon DAZE(ブルガリア)

パイポー
金持ちの家のソファみたいな緑色の生地に金色のゴージャスな飾りをこれでもかとあしらったパイパーと黒一色でがっかりのポールさん。と思ったらマンボになったらモサモサの袖が出現wwwwwwwwww待ってましたよこういうの!ツイズルうめえ。トップカップルは質が違いますわ。首を揺らしながらジャンプする振付かわいい。ポール体絞りました?

ウィバポジェ
ケイトリンがスカート3枚穿きしてみましたな状態。すごく動きにくそう。前のルンバのシーズンにケイ虎ンという印象的なプログラムを滑ってしまったので、今回は斜めからきました。ねっとり系のしっかりとディープエッジで滑るプログラム。サンバに辟易としていたからありがたい。

マリロマ
妻のドレスがまぶしいライトピンク。ったく、本来ならロシア人が着なければいけないんですよ?妻はどちらかというと健康的なので、セクシーは夫担当。ものすごく頑張っていました。こういった物とは縁遠いと思っていたけれどやるもんだ。

スマディア
ファーストツイズルは両手でブレードを掴むので、バランスを取るのが難しそうです。セカンドからは揃えられたのですが。12121212じゃなくて少し変則的にリズムを取るからパーシャルが楽しかった。ノットタッチに入るとディアスが胸元を開いて胸毛をアピール。のけ反る振付でマジでフラつくお茶目。キスクラでは胸毛格納。

マクカー
マクナマラさん腰を振りまくる。パターン前まではとにかくスピードを出して元気さをアピール。スカートが短いので美脚が際立ちます。こんなに脚がきれいだなんて知らなかったです。終盤薄味なのがもったいないですね。パーソンズは最後まで味がしていましたので。パーソンズはトッポ。マクカーはポッキー。

フルソレ
ナロータイがうなぎに見える。固定しているせいですね。水産業者で働いて養殖うなぎの営業かけているサラリーマンではないですよね?力の抜けたオシャレラテンプロ。力が抜けっぱなしなのではなく、決めるところではキメッ!なんです。これはこれで味わい深い。フルニエさんがツイズルでコケてしもうた。

テサモエ
テッサが自分に似合う衣装を着るという快挙。腰回りをグレーにして、お尻と胸に黒を持ってくることで、お尻と胸が浮き上がって見えるというスンポーか。キレが段違い、滑りも段違い。ノットタッチすげえ。パーシャルは少し薄いかもだけれど、やっぱ上手い。強い。ノーミスのパパシゼ以外勝てぬ。

テサモエはノットタッチとパーシャルがレベル3でした。この組はTES満点を目指す次元にいますので、レベル1取りこぼしたらミスです。ウィバポジェはレベル4がツイズルのみ、パイポーはツイズルとリフトのみ。取りこぼしが目立つ内容でした。

ペアSP
1 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)77.14
2 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)73.48
3 Julianne SEGUIN / Charlie BILODEAU(カナダ)61.72
4 Marissa CASTELLI / Mervin TRAN(アメリカ)58.64
5 Jessica CALALANG / Zack SIDHU(アメリカ)56.22
6 Kyueun KIM / Alex Kang Chan KAM(韓国)55.02 PB
7 Paris STEPHENS / Matthew DODDS(オーストラリア)28.96

カストラ
昨シーズンと同じ情熱フォーリン。ツイストは凭れかかったキャッチ。3Sは転倒とステップアウト。リフトは頂点に達する時間が極端に短いです。ピーン!と上がるんですよ。トランのリフトは一級品。成功率が下がっていたスローサルコウは無事にランディング。

セガビロ
シリアスなプログラム。滑り始めから女性はフォア、男性はバックというトリッキーな入りでした。ミスは3Sがダブルに箇所。ペアスピンもデススパイラルも何かしらの動きを入れてから直ちにと心がけているようです。リフトに関しては今までよりサッと上げるようになりました。とにかく無駄に滑る時間を省く意識が見えました。ビロドーの長髪合わないけど、上達したからいいか。山下達郎ぐらいに伸ばしたら世界チャンピオンになれるかも。

デュハラド
メーガンが蓮舫のような髪形に。ゴツゴツとしたツイストがふんわりに変わったのは移籍効果でしょうね。メーガンがかつてないほど女性らしくて、ポワポワしちゃいました。急進的フェミニストっぽい見た目になったのに。さすがにエッジの深さまでは変わらなかったけど、ラドフォードさんが目立ちすぎずいいバランスを保っていました。3Lzも戻ってきました。

ヴァネシプ
ヴァネッサの新髪形がよく分からない。ツイストはまずまず。巨大3S、スロールッツは成功。6分練習ではストクリレベルに流れるスローを降りていたので、もっといい物も見られるかな?昔のシプレなら間違いなくスタンブルしているであろうクイックなターンの連続も難なくこなしました。シプレはフィニッシュでふらつきました。フィニッシュでミスるのはシプレあるある。

キムカム
ビッグネームが揃う第2グループで臆することなく演技。3Sもスローサルコウもきれいに入れられました。男性がハンくん風ヘアースタイルにしたからクリーンに出来たのかも。日本のライバルになりそう。55点も出て笑顔のキスクラ。

デュハラドのツイストに+3をつけたジャッジが。取りこぼしが多くてこのスコアなのでまだまだ点数伸ばせますよ。まずまずと思ったヴァネシプのツイストに加点たんまり。僕の見る目がなかったのか。

男子SP
1 Yuzuru HANYU(日本)112.72 PB
2 Javier FERNANDEZ(スペイン)101.20
3 Nam NGUYEN(カナダ)88.40 PB
4 Keegan MESSING(カナダ)86.33 PB
5 Misha GE(ウズベキスタン)83.64 PB
6 Peter LIEBERS(ドイツ)73.34
7 Daisuke MURAKAMI(日本)70.09
8 Ross MINER(アメリカ)69.84
9 Andrew DODDS(オーストラリア)62.69 PB
10 Mark GORODNITSKY(イスラエル)60.52 PB
11 Jordan DODDS(オーストラリア)50.48
12 Harry MATTICK(イギリス)50.25
13 Meng Ju LEE(中華民国)46.34
14 Tim HUBER(スイス)37.27

ニューエン
4S-3T 4T 3A
虹なんか到底見えそうもない虹の彼方に。ズドーンズドーンと重苦しい。厨二音源かよ。体つきがガッシリとしてきて。ジャンプに力強さが出ました。パーソナルベストだー。

なんですくん
4T-2T 4S 3A
コンボでは3Tをつけられそうでしたけど、調整のつもりなのか2Tで抑えました。アップライトスピンで腰を当てながら回るのがかわいすぎます。よろけてみたり、杖を回すマイムを入れてみたり、本当に小道具を使っているように見えるほどチャップリンになりきっていました。ベテランの成せる業。ドッズに挟まれたのでハビエル・ドッズ。

世界チャンピオンの直前に滑走し名前を覚えてもらおうと暗躍しているドッズ家。世界はドッズ家を中心に動いている。

羽生
4S 3A 4T-3T tano
右膝痛を理由に4Loを回避し4Sに変更。4-3のコンボでタノをつけるとは。そのうち3Aタノを成功させる選手も現れるんでしょうね。何の苦労もなく「こんなもんすよ」という表情でノーミス。そんでもって歴代最高更新。右膝痛さん息してます?お前ごときではハイスコアを阻止出来ないんだよなー。

ミーシャ
3A 3Lz-3T 3F
2014-2015シーズンのSPアヴェマリアを復活。正確に言うと音源が別ですし、振付も違うから別なんですけど、衣装が同じなので同じ。ステップの途中からヒートアップしていくミーシャ定番の構成。昔のプロはパワフルだけどイケイケンドンドンでアヴェマリアっぽさはあまり無かったので、酸いも甘いも噛み分けた今の彼の方がしっくりくるかも。

リーベルス
3F-3T 3A hd 3Lz
グッドなカムバックを果たしているリーベルス。何でカナダなんだろうと思ったんですけど、天野さんが振付師だったんだ。コーチの航空費節約出来るんですね。意識が飛びそうで演技きちんと見られなかった。ミーシャの点数をコールされた。

ダイス
4S fall 3A so 3F-2T
続行プロのBring him homeでした。コンビネーションでトリプルに繋げるのが苦手なので、確実に4回転と3Aを降りないと想定のTESから大きく下がる事になります。スピンは美しい回転でした。場内アナウンスにDaisukoと呼ばれる。すこ。

マイナー
2S 3A ot 3Lz-3T hd
環境音楽かと思いきやマックルモアがログイン。いつもの振付を早送りにしてキレを与えたような動き。フライングシットスピンの入りがめちゃかっこいい。マイナーさんかっこいい。続行&復活が多いから新プロというだけで目が覚める。でもLPは続行だけどな!ミッチェルの髪切ってた美容師はカット中に息を引き取ったのでしょうか。

メッシング
4T hd 3A 3Lz-3T
スピンは3つとも回転速度が際立っておりました。雨に唄えばの楽しいプログラム。傘を振り回すところなど、忠実に演じられていました。地元の友達の結婚式の二次会終わって帰る途中っぽかったです。

羽生はオールレベル4で加点は+2以上しかないです。過半数が+3で、4Sとチェンジシット、3Aは満点でした。10.00は9個ありました。採点システムが「もう天井だよー」と悲鳴を上げている。大丈夫ですよ採点システム。4Loでもっと高得点になりますから。あ、今大変な事に気づいてしまった。111.11超えているじゃないですか。僕の夢の111.11さようなら。1回は見たかった111.11。じゃあ次は333.33をお願いします。
2017
09.23

JGPミンスクアリーナ杯 2日目 ペアSP・女子リザルト・アイスダンスリザルト

今回の音楽係は会場のBGMに競技の禁止曲流してるんです。これは無能。

ペアSP
1 Anastasia POLUIANOVA / Dmitry SOPOT(ロシア)56.37 PB
2 Daria PAVLIUCHENKO / Denis KHODYKIN(ロシア)56.29 PB
3 Feiyao TANG / Yongchao YANG(中国)54.00 PB
4 Audrey LU / Misha MITROFANOV(アメリカ)52.94 PB
5 Apollinariia PANFILOVA / Dmitry RYLOV(ロシア)52.58
6 Lori-Ann MATTE / Thierry FERLAND(カナダ)45.69
7 Elizabeth Vasilevna KOPMAR / Jonah BARRETT(アメリカ)43.84 PB
8 Irma CALDARA / Edoardo CAPUTO(イタリア)43.45 PB
9 Talisa THOMALLA / Robert KUNKEL(ドイツ)43.33
10 Chloe PANETTA / Steven LAPOINTE(カナダ)42.62 PB
11 Anastasiia SMIRNOVA / Artem DARENSKYI(ウクライナ)40.50

タンヤン
ツイスト、スローループはさすがの中国クオリティーでした。2Lzは女性のジャンプがとても小さいので、ソロジャンプは苦手そう。リフトのエビフライポジションはシニアペアに匹敵します。ハイスコアで男の子が嬉しそう。

ペブホディ
ツイストはふんわり。ふんわりすぎてダブルに錯覚するトリプルでした。スローループは女性が堪えました。35cmも身長差があるので、スケーティングには差が見えました。幸か不幸か、男女が近づいても女性の一歩が小さいからぶつからない。これから成長期でどうなるか。

パンリロ
2戦目。前回はリボンが外れてしまうハプニングがありました。今日も同じ髪形でリボンつきです。田舎娘っぽさを出すにはおさげはマストですもんね。難しすぎる女性逆さまブレードキャッチリフトで失敗。シニアペアでも失敗しそう。

ポルソポ
ポルヤノワと忍耐勝氏が愛のペア結成!勝氏いいいいいいいいいいピンクと赤の衣装がミスマッチだよ!!!最高。10年前の中国でこんな衣装の選手よくいたよ!スローは前ペア時代の飛距離をキープ。少しタッチしましたけどデカかった。リフトの空中姿勢の変更はアクロバティックだけど、美しいかと問われるとうーむ。

イタリアの組がララランドの曲で道化師を演じていました。こういった曲への違ったアプローチいいよー。

最終滑走のアメリカの組の衣装きれい。いかにもメガネコーチの生徒の衣装という感じでタラダニっぽい。

女子LP
1 Alexandra TRUSOVA(ロシア)126.60
2 Stanislava KONSTANTINOVA(ロシア)122.13
3 Nana ARAKI(日本)120.02 PB
4 Riko TAKINO(日本)107.90
5 Ye Lim KIM(韓国)106.70
6 Lucrezia BECCARI(イタリア)93.47 PB
7 Tessa HONG(アメリカ)89.53
8 Ji hun TO(韓国)87.71 PB
9 Sofiia NESTEROVA(ウクライナ)86.63 PB
10 Selma IHR(スウェーデン)86.44 PB
11 Alexandra FEIGIN(ブルガリア)84.42
12 Morgan FLOOD(アゼルバイジャン)84.16 PB
13 Kristina SHKULETA-GROMOVA(エストニア)83.37
14 Ann-Christin MAROLD(ドイツ)80.75 PB
15 Dahyun KO(チェコ)75.90 PB
16 Linnea CEDER(フィンランド)75.73 PB
17 Oliwia RZEPIEL(ポーランド)75.24 PB
18 Elizabete JUBKANE(ラトビア)75.16 PB
19 Lizaveta MALINOUSKAYA(ベラルーシ)72.16 PB
20 Genevieve SOMERVILLE(イギリス)68.15 PB
21 Yixuan ZHANG(中国)65.84 PB
22 Alana TOKTAROVA(カザフスタン)64.76
23 Paulina RAMANAUSKAITE(リトアニア)63.63 PB
24 Aliaksandra CHEPELEVA(ベラルーシ)62.98 PB
25 Cheuk Ka Kahlen CHEUNG(香港)60.22 PB
26 Ekin SAYGI(トルコ)58.75 PB
27 Florencia CALDERON(メキシコ)57.58 PB
28 Anna IVANCENCO(モルドバ)56.54 PB
29 Hanna PAROSHYNA(ベラルーシ)54.67
30 Mariami MESHVELIANI(ジョージア)51.40 PB
31 Varvara PETROVA(キルギス)50.44 PB
32 Alyona MEZENTSEVA(ウズベキスタン)49.58 PB
33 Lucy Sori YUN(オーストラリア)48.21 PB

女子リザルト
1 Alexandra TRUSOVA(ロシア)196.32
2 Nana ARAKI(日本)183.00 PB
3 Stanislava KONSTANTINOVA(ロシア)181.98
4 Ye Lim KIM(韓国)163.49
5 Riko TAKINO(日本)162.86
6 Tessa HONG(アメリカ)149.14
7 Lucrezia BECCARI(イタリア)136.64 PB
8 Sofiia NESTEROVA(ウクライナ)136.03 PB
9 Selma IHR(スウェーデン)134.64 PB
10 Kristina SHKULETA-GROMOVA(エストニア)132.51
11 Ji hun TO(韓国)131.92 PB
12 Morgan FLOOD(アゼルバイジャン)125.54 PB
13 Alexandra FEIGIN(ブルガリア)124.32
14 Ann-Christin MAROLD(ドイツ)124.01 PB
15 Linnea CEDER(フィンランド)119.54 PB
16 Dahyun KO(チェコ)116.64 PB
17 Oliwia RZEPIEL(ポーランド)116.51 PB
18 Elizabete JUBKANE(ラトビア)112.30 PB
19 Alana TOKTAROVA(カザフスタン)107.29
20 Lizaveta MALINOUSKAYA(ベラルーシ)106.67 PB
21 Yixuan ZHANG(中国)103.18 PB
22 Genevieve SOMERVILLE(イギリス)100.76 PB
23 Aliaksandra CHEPELEVA(ベラルーシ)97.79 PB
24 Ekin SAYGI(トルコ)95.03 PB
25 Paulina RAMANAUSKAITE(リトアニア)93.97 PB
26 Cheuk Ka Kahlen CHEUNG(香港)90.12 PB
27 Florencia CALDERON(メキシコ)88.88 PB
28 Anna IVANCENCO(モルドバ)86.08 PB
29 Hanna PAROSHYNA(ベラルーシ)84.20
30 Lucy Sori YUN(オーストラリア)80.61 PB
31 Mariami MESHVELIANI(ジョージア)78.86
32 Alyona MEZENTSEVA(ウズベキスタン)74.86 PB
33 Varvara PETROVA(キルギス)73.55 PB
WD Josephine KAERSGAARD(デンマーク)

ベッカーリ
3Lz 3T-2T 3F so 3F-2T 3T 2A-1T-2Lo shaky 2A
シンドラーのリストから無伴奏チェロ。その無伴奏チェロの最後で銃声がバーン。イリカツといいこれビックリする。バイオにある128cmというのは本当でしょうか。ハンデありまくりな気がするのに、本当に素敵に滑りました。13歳でこれだけ出来るので、ぜひずっと競技を続けてイタリアのエースになってください。

イェリム
3Lz tano-3T fall 2A-3T 3Lo tano 3Lz shaky 3F tano 3S tano 2A-2T
ロシア方式の後半7本とタノ攻勢。切ない表情はお手の物。ジャンプを終えてここからどんな風に盛り上げてくれるのだろうと思ったら演技終了。ジャン!ジャンプをしながら曲想を表現する事の難しさが分かります。ロシアはやはりおかしい。オェリムは成美似。

アメリカンテッサ
3Lz-3T shaky 1Lo 3Lz 3F-3T shaky 3S fall A 2A ot
高い伊藤美誠度。ミスが連鎖する全米選手権と似たような結果に。後半にジャンプを続けるリスクの高さですよ。気持ちを立て直す時間がないんでしょうか。ステップの音楽表現はたおやかで素敵でしたのに、ミスが続くとそれもなくなってしまって。キャロル先生レザージャケットお似合いですよ。そんじょそこらの78、9の爺ちゃんには着こなせない。

滝野
3F-2T 3Lz 3Lo 1A-3T 3F-2T-2Lo 3S 2A
3F-3Tは回避でした。後半の2Aが抜けてしまっところ、予定通り冷静に3Tをつけたのは偉い!1ポイントでも多く稼ぎましょう。終盤は持ち味のスピードが落ちてきて、ターンが曖昧になってしまったでしょうか。力強いレミゼの音楽も表現出来ず、やや尻すぼみな印象に。

トルソワ
4S fall 3Lz tano-3Lo 3F tano-2T-2T 3Lz tano-3T tano 3F tano 3S 2A
4Sは半回転足らずに転倒。3Lz-3Lo以降のジャンプは1戦目に実際降りた物をコピペして貼り付けておいたんですけど、その通りにやってくれました。僕の手間を省いてくれるトルソワはいい子。寝起き10分でも3Lz-3Lo降りられそうな安定感。

コンスタンティノワ
3Lz tano-3T 2A 3F tano-1Lo-3S 2Lz tano 3Lo tano 2A shaky 3F tano-2T
2Aが慎重ティノワ。3Lzが1本抜けたぐらいで、その他はまとめました。とても楽しそうなアンナ・カレーニナでして、「わーい不倫楽しい!おじさんより若い将校の方がいい!」と春を謳歌しておりましたよ。最後だけシリアスになりました。シニアのプロだと、30秒でその急展開の箇所を掘り下げてくれるのでしょうか。シニアの大会で楽しみにしておきますね。PCSは全て7点台に乗せました。

荒木
3Lz-3T 3Lo 2A 3F 3Lz-2T-2Lo tano 2A-3T 3S
和プロじゃないよ韓国プロだよ。3Lz-3Tでロケットスタート。質が素晴らしいです。ヘアカッタースピンは微動だにしない軸での回転が圧巻でした。走って跳ぶプログラムに見えたので、その点はPCSに反映されてしまったでしょうか。現状このスコアが出せるので、2戦目も今回のようにしっかりと降りればファイナルに大きく近づきます。ジャパンジャージを着させ忘れていた事を注意される門奈先生。

エテリチーム破竹の4連勝。トルソワはファイナルを確定させました。ジュニアグランプリであたし金しか聞いていない。表彰台に乗れなかったらシーズン終了のお知らせになる恐れもある国はすごいですわ。

アイスダンスFD
1 Christina CARREIRA / Anthony PONOMARENKO(アメリカ)86.28
2 Arina USHAKOVA / Maxim NEKRASOV(ロシア)83.32 PB
3 Anastasia SKOPTCOVA / Kirill ALESHIN(ロシア)81.93
4 Ashlynne STAIRS / Lee ROYER(カナダ)71.39
5 Darya POPOVA / Volodymyr BYELIKOV(ウクライナ)67.86
6 Avonley NGUYEN / Vadym KOLESNIK(アメリカ)64.52 PB
7 Emiliya KALEHANOVA / Uladzislau PALKHOUSKI(ベラルーシ)64.10
8 Julia WAGRET / Mathieu COUYRAS(フランス)61.87
9 Gaukhar NAURYZOVA / Boyisangur DATIEV(カザフスタン)60.39 PB
10 Yuzhu GUO / Pengkun ZHAO(中国)60.31
11 Sasha FEAR / George WADDELL(イギリス)58.01
12 Nina MIZUKI / Veniamins VOLSKIS(カナダ)53.40 PB
13 Karina SIDARENKA / Maksim YALENICH(ベラルーシ)42.75 PB
14 Lucy BURTON / Thomas INGALL(チェコ)35.94 PB

アイスダンスリザルト
1 Christina CARREIRA / Anthony PONOMARENKO(アメリカ)150.05
2 Anastasia SKOPTCOVA / Kirill ALESHIN(ロシア)143.64
3 Arina USHAKOVA / Maxim NEKRASOV(ロシア)142.94 PB
4 Ashlynne STAIRS / Lee ROYER(カナダ)126.97 PB
5 Avonley NGUYEN / Vadym KOLESNIK(アメリカ)114.89 PB
6 Darya POPOVA / Volodymyr BYELIKOV(ウクライナ)114.70
7 Emiliya KALEHANOVA / Uladzislau PALKHOUSKI(ベラルーシ)108.87
8 Julia WAGRET / Mathieu COUYRAS(フランス)107.81
9 Yuzhu GUO / Pengkun ZHAO(中国)100.62
10 Sasha FEAR / George WADDELL(イギリス)98.82
11 Gaukhar NAURYZOVA / Boyisangur DATIEV(カザフスタン)96.06 PB
12 Nina MIZUKI / Veniamins VOLSKIS(カナダ)94.96 PB
13 Karina SIDARENKA / Maksim YALENICH(ベラルーシ)78.09 PB
14 Lucy BURTON / Thomas INGALL(チェコ)67.77 PB

ドア係のお兄さんのセーターの肘部分がツギハギ?戦時中の子供だ!

ニューエン&コレスニク
アルゼンチン出身でも、聖母でもない方のマリア。ベトナム系宮原知子のようなルックスの女性。ステップで転倒がありました。ステップが1つしかないので、レベル1になってGOEもマイナスになるとダメージが大きいです。男性の演技は無骨さが見えるかなと。アウルシティーみたいな顔だからすぐに覚えました。

階段組
SDに続きFDもいい演技でした。ゆったりとしたサーペンタインステップからダンススピン。一気に切り替えて笑顔の後半部分。リフトを美しく回せていました。パーソナルベストではないですが、昨シーズンだと78ぐらい出ていたと思うので、この組いいよ。男くんの顔はロイド・ジョーンズに似ています。だから見守りたくなるのかもしれない。ツバメの巣を見守るように。

スコアレ
ゴタンプロジェクトのタンゴは、パーソンズが刺すようにハラハラとさせてくれるかっこいいプログラムを滑ったので、どうしてもそれと比較してしまいます。トランジションではタンゴらしい動きがあるのですが、肝心のサーペンタインはレベル取りに必死で必須要素感が出ているのがタンゴ成分を薄める要因に。帳尻合わせに、タンゴらしく脚を巻き付けるコレオリフトでは、巻き返せないかなと。まだまだ滑り込みが必要なようです。

ウシャネク
ネクラソフを誘惑するウシャコワ。ソロでスピンを回ってからダンススピンに入りました。序盤からコッテリなビーイタリアン。ストレートラインリフトはテサモエが法事カルメンの時にやっていたような逆さまの物。退廃的なプログラムでは皆逆さまになりたいのか。でも自分で言っても何だけど楽しさの方が勝ってるかな。コレオリフトでブルンブルン回してましたけど、軽いから見る方も「変なリフトだなオイ」と思わずに済みます。女性がツイストリフトされながらローテーショナルしてると思ってください。通常考えれば異様です。いい演技&プログラム。ネクラソフの衣装は普段着っぽいけど、動きやすいようにTシャツの裾に切れ目入れてる。トランジションで滑らずに立ち止まって踊っていたからか、その部分少し引かれているようです。

カレポノ
安定した演技です。SDでもFDでもツイズルを失敗しないだなんて。僕の中で1戦目は優勝を逃していた事になっていたんですけど、バイオ見たら優勝をしておりました。改竄が行われたようだ。シュピルプロなので、突っ込みどころもそれほどないのですが、きれいに滑れたから問題なす。カレイラさんの衣装はポケモンのネオラントみたいだわ。

カレポノは連勝でファイナル確定。表彰式は明日。ペアと男子の後、エキシビションの前に4カテゴリーまとめてやります。ロシア方式。エキシビション埋まるのか?
2017
09.23

川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ 引退

http://tass.ru/sport/4585108

川口悠子アレクサンドル・スミルノフの引退が発表されました。驚きはありませんでした。ついにこの時がやってきてしまったか。そんな気持ちです。

長年に渡りロシアのフィギュアスケート界を引っ張ってきてくれました。ペア大国だったロシアが人材不足に悩んでいた時にロシアの1番手になったのが2人でした。2007年、2008年とロシア勢は世界選手権でのメダルを逃し不振にあえいでいました。そこで2009年の世界選手権でメダルを獲得。2010年のヨーロッパ選手権では当時無敵のサフゾルを破って優勝し、バンクーバーオリンピックの優勝候補として名乗りを上げました。惜しくも4位に終わりましたが、その名前は日本にも知れ渡りました。日本国籍を放棄してまでオリンピックに出場する事に対し「理解出来ない」との声も上がりました。でもそれは、悠子ちゃんがそれだけペア競技に情熱を持っていたという表れです。真似出来ない事だからこそ、畏敬の念を抱くのです。東京開催の2011年世界選手権が東日本大震災の影響で中止になった際は、モスクワで代替開催となった同大会で感動的な「いつも何度でも」を披露。その美しさは心に深く刻まれました。両者ともに怪我が続出するようになり、思いもよらないミスをする事もありました。引退を決めたソチオリンピックのシーズンには、スミルノフの怪我でシーズン全欠という苦渋の決断をせざるを得ない状況に陥りました。現役続行を決めてからは、そのシーズンに滑る予定だった「マンフレッド交響曲」で輝かしい復活を遂げました。なかなかクリーンな成功が出来なかったスロークワドサルコウをコンスタントに成功させ、高いアーティストリーで我々を魅了させてくれました。意味不明扱いされていた「I Finally Found Someone」でさえ、2人の手にかかればロマンティックな作品に仕上がりました。そしてスロークワドループにも積極に挑んでいた2015-2016シーズンに悠子ちゃんがアキレス腱を断裂してからは、復帰はしたもののなかなか思うような結果を残せなくなりました。そして9月22に引退。華やかな去り方ではありませんが、大ベテランの2人が残してきた数々の功績と作品はこれからも語り継がれていくことでしょう。

日本からアメリカ・ロシアに渡り練習を積み、大学も卒業した悠子ちゃん。ペア結成当初は悠子ちゃんに引っ張ってばかりだったのに、頼もしくなり、変な髪形になり、奇妙な青いスーツを着て立派なコーチにもなったスミルノフ。2人とも人間としても本当に素晴らしいです。タイスの瞑想曲、月の光、マンフレッド、Februaryをはじめとする素敵な作品。幼女を追いかける不審者、雄っぱいを露出する不審者マッチョなど数々のネタプロも提供してくれました。

本当に、本当にお疲れ様でした。
back-to-top