2017
08.31

オータムクラシックエントリー

http://www.isuresults.com/events/fsevent03111449.htm

油断していました。

男子
1 Andrew DODDS AUS 1
2 Jordan DODDS AUS 1
3 Elladj BALDE CAN 2
4 Keegan MESSING CAN 2
5 Nam NGUYEN CAN 2
6 Meng Ju LEE TPE 3
7 Kevin AYMOZ FRA 4
8 Peter LIEBERS GER 5
9 Harry MATTICK GBR 6
10 Alexei BYCHENKO ISR 7
11 Yuzuru HANYU JPN 8
12 Daisuke MURAKAMI JPN 8
13 Javier FERNANDEZ ESP 9
14 Javier RAYA ESP 9
15 Tim HUBER SUI 10
16 Ross MINER USA 11
17 Vincent ZHOU USA 11
18 Misha GE UZB 12

やはりドッズ家はスロバキアでなくこちらになりましたね。ドッズ!ドッズ!ドッズ!ドッズ!日本からは羽生とダイス。なんですくんやヴィンセントも出るのでとてもレベルが高い大会になりそうです。エイモズの派遣マジ謎。そういえば去年フランス同じようにオータムにフランスチーム送ってましたかね。

女子
1 Brooklee HAN AUS 1
2 Alaine CHARTRAND CAN 2
3 Kaetlyn OSMOND CAN 2
4 Sarah TAMURA CAN 2
5 Mae Berenice MEITE FRA 3
6 Michelle LIFSHITS ISR 4
7 Netta SCHREIBER ISR 4
8 Mai MIHARA JPN 5
9 Rin NITAYA JPN 5
10 Anastassiya KHVAN KAZ 6
11 Elizabet TURSYNBAEVA KAZ 6
12 Amanda STAN ROU 7
13 Chloe ING SGP 8
14 Natalie SANGKAGALO THA 9
15 Anastasia KONONENKO UKR 10
16 Courtney HICKS USA 11
17 Olivia Josephine SHILLING USA 11
18 Megan WESSENBERG USA 11

三原と新田谷が出場。オズモンドが始動します。今シーズンは合計230点超えも射程圏内に入っているでしょうし、新プロとても楽しみです。この猫さんがもう24歳になってる。未だに10代のイメージなのに。

ペア
1 Paris STEPHENS / Matthew DODDS AUS 1
2 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD CAN 2
3 Julianne SEGUIN / Charlie BILODEAU CAN 2
4 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES FRA 3
5 Paige CONNERS / Evgeni KRASNOPOLSKI ISR 4
6 Kyueun KIM / Alex Kang Chan KAM KOR 5
7 Jessica CALALANG / Zack SIDHU USA 6
8 Marissa CASTELLI / Mervin TRAN USA 6

ドッズ家長男と北米拠点の皆さん。ここでヴァネシプがデュハラドを食ったりなんかするとおもしろくなりそう。

アイスダンス
1 Teodora MARKOVA / Simon DAZE BUL 1
2 Piper GILLES / Paul POIRIER CAN 2
3 Tessa VIRTUE / Scott MOIR CAN 2
4 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE CAN 2
5 Nicole KUZMICHOVA / Alexandr SINICYN CZE 3
6 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN DEN 4
7 Kate Louise BAGNALL / Benjamin ALLAIN FRA 5
8 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC FRA 5
9 Adel TANKOVA / Ronald ZILBERBERG ISR 6
10 Celia ROBLEDO / Luis FENERO ESP 7
11 Olivia SMART / Adria DIAZ ESP 7
12 Lorraine MCNAMARA / Quinn CARPENTER USA 8

カナダが無慈悲。ド1軍ではありませんか。他国のカップルの表彰台を閉店ガラガラしにいってます。KOEEEEEEEE。モントリオール拠点のカップルは5組でしょうか。多いなー。

オリンピックシーズンなので例年以上に日本人がカナダに集結しそうですね。映像を観るのオラワクワクしてきたぞ!男子だけ氷上で表彰式かな!
2017
08.29

オンドレイネペラトロフィーエントリー

http://www.isuresults.com/events/fsevent03111451.htm

いい加減にオンドレイネペラメモリアルなのか、オンドレイネペラトロフィーなのか表記を統一して欲しい。公式で表記揺れするの止めてーーー。

男子
1 Slavik HAYRAPETYAN ARM 1
2 Brendan KERRY AUS 2
3 Albert MÜCK AUT 3
4 Nicolas NADEAU CAN 4
5 Chih-I TSAO TPE 5
6 Jan KURNIK CZE 6
7 Chafik BESSEGHIER FRA 7
8 Alexander MASZLJANKO HUN 8
9 Marco ZANDRON ITA 9
10 Ryuju HINO JPN 10
11 Keiji TANAKA JPN 10
12 Jinseo KIM KOR 11
13 Dmitri ALIEV RUS 12
14 Mikhail KOLYADA RUS 12
15 Alexander SAMARIN RUS 12
16 Marco KLEPOCH SVK 13
17 Jakub KRSNAK SVK 13
18 Michael NEUMAN SVK 13
19 Lukas BRITSCHGI SUI 14
20 Engin Ali ARTAN TUR 15
21 Burak DEMIRBOGA TUR 15
22 Ivan PAVLOV UKR 16
23 Grant HOCHSTEIN USA 17

リュージュとデカ。君たちこの間も派遣先一緒じゃなかった?注目はSPで4Lz-3Tと4Tにして、4-3成功させちゃったアリエフ。ロシアの代表争い熱いですね。コリヤダもコフトゥンもまったく安全圏ではないです。裏でオータムクラシックがありますがナドーはこちらに。ドッズがいないけど、ドッズもかな?Where is my Dodds.

女子
1 Kailani CRAINE AUS 1
2 Lara ROTH AUT 2
3 Larkyn AUSTMAN CAN 3
4 Eliska BREZINOVA CZE 4
5 Aneta JANICZKOVA CZE 4
6 Danielle HARRISON GBR 5
7 Katie POWELL GBR 5
8 Karly ROBERTSON GBR 5
9 Rika HONGO JPN 6
10 Angelina KUCHVALSKA LAT 7
11 Diana NIKITINA LAT 7
12 Dabin CHOI KOR 8
13 Seoyoung YOON KOR 8
14 Alena LEONOVA RUS 9
15 Evgenia MEDVEDEVA RUS 9
16 Elena RADIONOVA RUS 9
17 Ceciliane Mei Ling HARTMANN SGP 10
18 Ema GABANIOVA SVK 11
19 Alexandra HAGAROVA SVK 11
20 Silvia HUGEC SVK 11
21 Nina LETENAYOVA SVK 11
22 Nicole RAJICOVA SVK 11
23 Isabelle OLSSON SWE 12
24 Birce ATABEY TUR 13
25 Sila SAYGI TUR 13
26 Anastasia GOZHVA UKR 14
27 Gracie GOLD USA 15
28 Caroline ZHANG USA 15

スロバキアがたくさんだー。日本からは本郷が出場。ダビンが戻ってきます。ロシアからはメドベージェワ、ラジオノワ、レオノワ。ゴールドはオフモードからどこまで戻せるでしょうか。モチベーションは戻っているでしょうか。キャロラインはパーソナルベストが認定される大会は2013年のスケートアメリカ以来ですって。ワーオ。フィアンセと一緒に出場・・・ラブパワー。

ペア
1 Natasha PURICH / Davin PORTZ CAN 1
2 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV RUS 2
3 Alisa EFIMOVA / Alexander KOROVIN RUS 2
4 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT RUS 2
5 Jessica PFUND / Joshua SANTILLAN USA 3
6 Erika SMITH / AJ REISS USA 3

ロシアが毎週のようにフルパワーで派遣してくることにはロシア以外にも恩恵があってですね、チャレンジャーシリーズは規定の出場組数を満たさないとチャレンジャーに認定されないわけですよ。ペアは3カ国以上5組以上の出場ですね。だからこれはギリギリ。ロシア様様です。ありがたや。みんな棄権すんなよ!

アイスダンス
1 Kimberley HEW-LOW / Timothy MCKERNAN AUS 1
2 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV BLR 2
3 Cortney MANSOUR / Michal CESKA CZE 3
4 Angelique ABACHKINA / Louis THAURON FRA 4
5 Shari KOCH / Christian NÜCHTERN GER 5
6 Robynne TWEEDALE / Joseph BUCKLAND GBR 6
7 Anna YANOVSKAYA / Adam LUKACS HUN 7
8 Aurelija IPOLITO / Malcolm JONES LAT 8
9 Olga JAKUSHINA / Andrey NEVSKIY LAT 8
10 Allison REED / Saulius AMBRULEVICIUS LTU 9
11 Yura MIN / Alexander GAMELIN KOR 10
12 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV RUS 11
13 Sofia EVDOKIMOVA / Egor BAZIN RUS 11
14 Betina POPOVA / Sergey MOZGOV RUS 11
15 Yuliia ZHATA / Yan LUKOUSKI UKR 12
16 Rachel PARSONS / Michael PARSONS USA 13

パーソンズとアンルイスがいるとジュニアの試合っぽい。そしてヤノルカとポポモズ。つまりヤノモズ対決。この間までジュニアだった選手が多いからやっぱりジュニアの試合っぽい。トップ勢ではボブソロが登場。編曲普通でありますように普通でありますように・・・。

オータムクラシックまだー?バンバンバンバンバン
2017
08.29

ネーベルホルン杯エントリー

http://www.isuresults.com/events/fsevent03111453.htm

2018年ピョンチャンオリンピックの最終予選となる大会です。男女シングル6枠、ペア4枠、アイスダンス4枠が決定します。また、団体戦に出場するためには3カテゴリー以上個人戦の出場枠を獲得しなければいけません。

枠を持っている国・ネーベルホルン杯で枠を獲得した国が出場枠を放棄した場合は、ネーベルホルン杯で上位になった国に出場権が回ってきます。例えば2枠を持つフランスペアが1枠放棄した場合、ネーベルホルン杯で世界選手権で枠を獲得した国(中国、ロシア、カナダ、ドイツ、イタリア、アメリカ)以外で5位になった、補欠第1位の国に出場権が与えられます。実際に日本ペアは前回のソチオリンピックで補欠第1位だったため、出場権が回ってきました。

開催国韓国の選手は開催国枠があります。仮にネーベルホルン杯で上位に入れなくても1枠保障されます。例えば男子シングルは30枠が限度ですが、韓国男子が枠を獲得できなかった場合、男子の出場は30枠+韓国で31枠となります。

名前の横に"D"がある選手はすでに枠を持っている国の選手です。

男子 6枠
3枠 日本・アメリカ
2枠 中国・スペイン・カナダ・ロシア・イスラエル
1枠 ウズベキスタン・ジョージア・ラトビア・オーストラリア・カザフスタン・フランス・チェコ・ドイツ

1 Slavik HAYRAPETYAN ARM 1
2 Luc MAIERHOFER AUT 2
3 Larry LOUPOLOVER AZE 3
4 Yakau ZENKO BLR 4
5 Jorik HENDRICKX BEL 5
6 Nicky OBREYKOV BUL 6
7 Patrick CHAN CAN 7 D
8 Chih-I TSAO TPE 8
9 Nicholas VRDOLJAK CRO 9
10 Aleksandr SELEVKO EST 10
11 Valtter VIRTANEN FIN 11
12 Graham NEWBERRY GBR 12
13 Harrison Jon-Yen WONG HKG 13
14 Conor STAKELUM IRL 14
15 Ivan RIGHINI ITA 15
16 Julian Zhi Jie YEE MAS 16
17 Donovan CARRILLO MEX 17
18 Thomas KENNES NED 18
19 Sondre ODDVOLL BOE NOR 19
20 Michael Christian MARTINEZ PHI 20
21 Krzysztof GALA POL 21
22 June Hyoung LEE KOR 22
23 Marco KLEPOCH SVK 23
24 Matthew SAMUELS RSA 24
25 Alexander MAJOROV SWE 25
26 Stephane WALKER SUI 26
27 Engin Ali ARTAN TUR 27
28 Yaroslav PANIOT UKR 28
29 Alexander JOHNSON USA 29 D

もちろん各国が1番手を出してきます。熱い。ジュンファンは補欠にも入っていませんが、代表決定でジュンヒョン、ジンソ、ジュンファンという順位でしたから・・・・・。1枠保障があるので誰が出ても同じなのですが、本番の代表は国内選手権の一発選考にして欲しいです。ロシアみたいに強権発動代表みたいのは止めましょう(※3次選考まであって強権ではないそうなので安心!)。6枠を争うのはベルギーのジョリヘン、イタリアのリギーニあたりはかなり固そう。あとはイギリス、マレーシア、フィリピン、韓国、スウェーデン、スイス、ウクライナの戦いでしょうか。ドキがムネムネ。枠関係ない人たちはPさんとジョンソン。

女子 6枠
3枠 ロシア・カナダ・アメリカ
2枠 日本・イタリア・カザフスタン・韓国
1枠 中国・ベルギー・スロバキア・フランス・ドイツ・ハンガリー

1 Anastasia GALUSTYAN ARM 1
2 Kailani CRAINE AUS 2
3 Kerstin FRANK AUT 3
4 Kim CHEREMSKY AZE 4
5 Isadora WILLIAMS BRA 5
6 Presiyana DIMITROVA BUL 6
7 Amy LIN TPE 7
8 Elizaveta UKOLOVA CZE 8
9 Pernille SORENSEN DEN 9
10 Kristina SHKULETA-GROMOVA EST 10
11 Viveca LINDFORS FIN 11
12 Lutricia BOCK GER 12 D
13 Nathalie WEINZIERL GER 12 D
14 Natasha MCKAY GBR 13
15 Dimitra KORRI GRE 14
16 Joanna SO HKG 15
17 Aimee BUCHANAN ISR 16
18 Romana KAISER LIE 17
19 Elzbieta KROPA LTU 18
20 Fleur MAXWELL LUX 19
21 Aina Sorfina MOHD AMINUDIN MAS 20
22 Sofia DEL RIO MEX 21
23 Niki WORIES NED 22
24 Anne Line GJERSEM NOR 23
25 Alisson Krystle PERTICHETO PHI 24
26 Elzbieta GABRYSZAK POL 25
27 Julia SAUTER ROU 26
28 Antonina DUBININA SRB 27
29 Shuran YU SGP 28
30 Dasa GRM SLO 29
31 Kathryn WINSTANLEY RSA 30
32 Valentina MATOS ESP 31
33 Joshi HELGESSON SWE 32
34 Alexia PAGANINI SUI 33
35 Thita LAMSAM THA 34
36 Birce ATABEY TUR 35
37 Anna KHNYCHENKOVA UKR 36
38 Zahra LARI UAE 37

枠関係ないのは地元のドイツの2人だけです。女子はアルメニア、オーストラリア、オーストリア、フィンランド、ノルウェー、スロベニア、スウェーデン、ウクライナあたりが有力です。ビックリしたことその1:エストニアはリーナマエじゃない。ビックリしたこと2:引退したデンマークのソレンセンが復帰している。ビックリしたこと3:マクスウェルさん引退していなかった。マクスウェルさん29歳か・・・・・12年ぶりのオリンピックなるかな。

ペア 4枠
3枠 中国・ロシア・カナダ
2枠 ドイツ・フランス・イタリア
1枠 アメリカ

1 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR AUS 1
2 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER AUT 2
3 Tatiana DANILOVA / Mikalai KAMIANCHUK BLR 3
4 Camille RUEST / Andrew WOLFE CAN 4 D
5 Anna DUSKOVA / Martin BIDAR CZE 5
6 Tae Ok RYOM / Ju Sik KIM PRK 6
7 Annika HOCKE / Ruben BLOMMAERT GER 7 D
8 Aliona SAVCHENKO / Bruno MASSOT GER 7 D
9 Zoe JONES / Christopher BOYADJI GBR 8
10 Darja BEKLEMISCSEVA / Mark MAGYAR HUN 9
11 Paige CONNERS / Evgeni KRASNOPOLSKI ISR 10
12 Sumire SUTO / Francis BOUDREAU-AUDET JPN 11
13 Goda BUTKUTE / Nikita ERMOLAEV LTU 12
14 Su Yeon KIM / Hyungtae KIM KOR 13
15 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV RUS 14 D
16 Laura BARQUERO / Aritz MAESTU ESP 15
17 Alexandra HERBRIKOVA / Nicolas ROULET SUI 16
18 Ashley CAIN / Timothy LEDUC USA 17 D

ペアは出場数が少ない大会が多いので競争できる大会に選手が集まります。カナダ、ドイツ、ロシア、アメリカからの出場があります。サフマソが楽しみですし、ブロマールトの新パートナーとの演技にも注目。スローの高さはどうかな?オーストラリア、オーストリア、チェコ、北朝鮮、日本で4枠を争うことになると思いますが、オリンピックに出られないすみオデを派遣するんですね。人それぞれ思うところはあると思いますけど、個人的には酷なことをすると感じてしまいます。でもこれをもバネに、世界選手権での飛躍に期待したい。今シーズンこそSP通過!北朝鮮は夏にカナダに行かせるという、天変地異起きたのかと思う気合の入りよう。普通に上手いから普通に通過しそう。アレクサンドロフスカヤさんは国籍大丈夫でしょうか。

アイスダンス 5枠
3枠 カナダ・アメリカ
2枠 フランス・ロシア・イタリア
1枠 イスラエル・デンマーク・ポーランド・ウクライナ・中国・トルコ・スペイン

1 Tina GARABEDIAN / Simon PROULX-SENECAL ARM 1
2 Matilda FRIEND / William BADAOUI AUS 2
3 Anastasia GALYETA / Avidan BROWN AZE 3
4 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV BLR 4
5 Haley SALES / Nikolas WAMSTEEKER CAN 5 D
6 Cortney MANSOUR / Michal CESKA CZE 6
7 Viktoria SEMENJUK / Artur GRUZDEV EST 7
8 Cecilia TÖRN / Jussiville PARTANEN FIN 8
9 Kavita LORENZ / Joti POLIZOAKIS GER 9
10 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND GBR 10
11 Anna YANOVSKAYA / Adam LUKACS HUN 11
12 Kana MURAMOTO / Chris REED JPN 12
13 Olga JAKUSHINA / Andrey NEVSKIY LAT 13
14 Allison REED / Saulius AMBRULEVICIUS LTU 14
15 Yura MIN / Alexander GAMELIN KOR 15
16 Lucie MYSLIVECKOVA / Lukas CSOLLEY SVK 16
17 Malin MALMBERG / Thomas NORDAHL SWE 17
18 Victoria MANNI / Carlo RÖTHLISBERGER SUI 18
19 Karina MANTA / Joseph JOHNSON USA 19 D

Allison REED / Saulius AMBRULEVICIUS マジかよ。おいアリソンじゃないか!ビビビビったー。アンブルなんとかさんと組んだんですね。アリソンの歴代パートナーいい男ばっかだな。ペニコラは怪我明けとはいえあっさり確定と思いたい。そうなると残り4枠。ドイツ、韓国、日本。ちょっと離れてフィンランド、アルメニア、チェコあたりの戦いになると思うのですが、ほんとレベルですよね。かなクリはPCSは稼げるので、ペニコラの次いけると思うんですけどPCSがねえ・・・怖いねえ・・・。フルニエ・ボードリーが国籍取得不可の場合は1枠返上になる確率が非常に高いので、1つミスをしても絶対に諦めずに0.01ポイントでも多くとって上位にランクインしなくてはいけません。

日本はよほどの大過失がない限りは3カテゴリーは確保できるでしょうし、団体戦も決まるでしょうね。まだ出場10カ国は決定していませんが、カナダ・ロシア・アメリカ・中国・イタリア・フランス・ドイツは3カテゴリー以上あるのでいけるでしょう。ポイント抜かれて10位以下に落ちることは考えられません。そして日本、韓国、チェコかオーストラリアが現実的な顔ぶれ。スペインやイスラエルは厳しいかな。団体戦出場が決まると、個人戦の出場枠を持っていないカテゴリーでも特別に出場できます。前はイギリスがそれを使いました。

運命と運命が交差する最終予選は1ヵ月後!ドンッ!
2017
08.28

ユリア・リプニツカヤ 引退

https://rsport.ria.ru/figure_skating/20170828/1124943562.html
http://tass.ru/sport/4512853

ユリア・リプニツカヤ引退の報道が出ました。情報は誰からだというところですが、ロシアフィギュアスケート連盟の名誉会長(元会長でもある)ヴァレンティン・ピセーエフです。彼によると、リプニツカヤは4月に引退を決めたそうです。拒食症の治療を3ヶ月していたということで・・・・・ネットの人たち、リプニツカヤのことネタにすんの絶対にに止めろよ。

身長が伸びたことや怪我によってなかなか結果を残せないでいましたが、こんなに早く引退が来てしまうとは思いもしませんでした。タチアナ・タラソワがインタビューで「彼女のことを目にすると思いますか?」という問いに対して、「そうは思わない。彼女はスターである時期を終えてしまったの」と答えていたことを、ふと思い出しました。それが現実になってしまったようです。

衝撃の死にそうにないメンチ切りジュリエットでジュニアを席巻し、ソチシーズンには大暴れしました。若いうちしか滑ることのできない"シンドラーのリスト"は多くのスケートファンの心に深く刻まれることになりました。ジャンプが降りられなくなってきた時期に、演技を早く終えたいという気持ちが選考して、焦って滑っている彼女の姿を見て胸が締め付けられました。地元のエカテリンブルク開催のロシア選手権での涙も記憶に残っています。エテリ・トゥトベリーゼとのタッグで、ジャンプそのものの質はよくなくても、工夫を施すことによって点を積み上げる、今の女子の採点の流れを作り出したのは彼女でしょう。一時代を築いた素晴らしいスケーターです。

まだ19歳です。いくらでも道はあります。「引退するなんて言ってないから!」の言葉を出してくれることを祈りたいのですが、ひとまずお疲れ様でした。


2017
08.28

USクラシック&ロンバルディア杯エントリー

今更だけど、まだ2週間あるからセーフ。同じ週に開催されるチャレンジャーシリーズの開幕戦です。

USクラシック
http://www.isuresults.com/events/fsevent03111445.htm

男子
1 Andrew DODDS AUS 1
2 Jordan DODDS AUS 1
3 Liam FIRUS CAN 2
4 Bennet TOMAN CAN 2
5 Chih-Sheng CHANG TPE 3
6 Michal BREZINA CZE 4
7 Daniel SAMOHIN ISR 5
8 Takahito MURA JPN 6
9 Kazuki TOMONO JPN 6
10 Yaroslav PANIOT UKR 7
11 Max AARON USA 8
12 Nathan CHEN USA 8
13 Timothy DOLENSKY USA 8
14 Sean RABBITT 8

USクラシックに欠かせないスケーターって分かります?え、アーロン?違いますね。ドッズだよ!!!!!ドッズ家だよ!!!チャレンジャーシリーズ前半に毎週のように出場するドッズ家の面々です。次男アンドリューと三男ジョーダンが登場します。マシューアンドリュージョーダンライアンね。フィルスはみんな大好きララランド。もう飽きてきたなんて言わせないララランド。世界ジュニアで辛酸なめ子だったサモヒンは、来シーズン(今シーズンのこと)うあったるで的な意気込みだったのでそれを楽しみにしましょう。イスラエル男子はオリンピック2枠だから安心。日本からはむらむらと友野。ネイサンも出るので初戦から注目ポイントがいっぱい。ま、アイスネットワーク入ってないから見られないですけどね!

女子
1 Brooklee HAN AUS 1
2 Michelle LONG CAN 2
3 Alicia PINEAULT CAN 2
4 Stephanie Yuung-Shuh CHANG TPE 3
5 Haley YAO TPE 3
6 Aimee BUCHANAN ISR 4
7 Marin HONDA JPN 5
8 Kaori SAKAMOTO JPN 5
9 Chloe ING SGP 6
10 Mariah BELL USA 7
11 Karen CHEN USA 7
12 Mirai NAGASU USA 7
13 Paige RYDBERG USA 7

いろんな国がいると見せかけてアメリカ人がたくさんという恒例の女子。日本からは真凜と坂本。アメリカはカレン、ベルたそ、ミライ。日米の戦いが楽しみです。

ペア
1 Paris STEPHENS / Matthew DODDS AUS 1
2 Sydney KOLODZIEJ / Maxime DESCHAMPS CAN 2
3 Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO CAN 2
4 Paige CONNERS / Evgeni KRASNOPOLSKI ISR 3
5 Sumire SUTO / Francis BOUDREAU-AUDET JPN 4
6 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER USA 5
7 Chelsea LIU / Brian JOHNSON USA 5
8 Alexa SCIMECA KNIERIM / Chris KNIERIM USA 5
9 Deanna STELLATO / Nathan BARTHOLOMAY USA 5

ドッズ家長男!フォオオオオオオオ!クラスノポルスキーさんはまたパートナーが変わりました。さすらうねえ。昨シーズンは大幅に出遅れてしまったシメクニは1枠しかない代表に向けてですね。すみオデは4位は狙えそうですし、3位もないことはないですよ。

アイスダンス
1 Tina GARABEDIAN / Simon PROULX-SENECAL ARM 1
2 Anastasia GALYETA / Avidan BROWN AZE 2
3 Carolane SOUCISSE / Shane FIRUS CAN 3
4 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN DEN 4
5 Adel TANKOVA / Ronald ZILBERBERG ISR 5
6 Kana MURAMOTO / Chris REED JPN 6
7 Olivia SMART / Adria DIAZ ESP 7
8 Julia BIECHLER / Damian DODGE USA 8
9 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER USA 8
10 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE USA 8

フルソレは特例でのオリンピック出場はならず、オリンピックへはフルニエさんが国籍を取得するしか道はありません。おいデンマーク!くれ!かなクリは上に行くには勝っておかないといけないライバルがちょうど出てるんですよね。フルソレもそうですし、スマディアなんてまさにそう。ホワベイは今シーズンも愛の夢。ハベドノはいかにもマリーさんなやつ。今の上位勢の新プロを見ていない段階で無責任に予想すると、ハベドノがオリンピックの銅メダルありそう。期待値上げまくっておこう。

ロンバルディア杯
http://www.isuresults.com/events/fsevent03111446.htm

エントリーを眺める。何かが・・・何かがおかしい・・・そうだ・・・・・エントリーが多すぎる!例年の倍おるやんけ!

男子
1 Brendan KERRY AUS 1
2 James MIN AUS 1
3 Samuel KOPPEL EST 2
4 Aleksandr SELEVKO EST 2
5 Daniil ZURAV EST 2
6 Valtter VIRTANEN FIN 3
7 Landry LE MAY FRA 4
8 Adrien TESSON FRA 4
9 Graham NEWBERRY GBR 5
10 Ivan RIGHINI ITA 6
11 Matteo RIZZO ITA 6
12 Maurizio ZANDRON ITA 6
13 Hiroaki SATO JPN 7
14 Shoma UNO JPN 7
15 Abzal RAKIMGALIEV KAZ 8
16 Deniss VASILJEVS LAT 9
17 Sondre ODDVOLL BOE NOR 10
18 Andrei LAZUKIN RUS 11
19 Alexander PETROV RUS 11
20 Matthew SAMUELS RSA 12
21 Alexander MAJOROV SWE 13
22 Tim HUBER SUI 14
23 Stephane WALKER SUI 14
24 Jason BROWN USA 15
25 Jordan MOELLER USA 15

さすがにドッズ家とはいえ裏の大会には出られない。でもオーストラリアからは美青年ケリーとミンくん。エストニアはいつもの顔ぶれなんですけど、補欠にヴィクトル・ロマネンコフがいるんですよ。ソチの後に引退してなかったっけ?????復帰???イタリアはトップ勢の皆様。ミーシンチームにコリちゃんチームに、チーム単位で出場が多いです。日本からは昌磨と佐藤。佐藤はNHK杯にも出場するので、本格的に世界に見つかってしまいますね。

女子
1 Anastasia GALUSTYAN ARM 1
2 Kailani CRAINE AUS 2
3 Natalie KLOTZ AUT 3
4 Lara ROTH AUT 3
5 Marika STEWARD AUT 3
6 Michaela-Lucie HANZLIKOVA CZE 4
7 Elizaveta UKOLOVA CZE 4
8 Gerli LIINAMÄE EST 5
9 Kristina SHKULETA-GROMOVA EST 5
10 Annely VAHI EST 5
11 Emmi PELTONEN FIN 6
12 Julie FROETSCHER FRA 7
13 Laurine LECAVELIER FRA 7
14 Sandra RAMOND FRA 7
15 Lea Johanna DASTICH GER 8
16 Nina POVEY GBR 9
17 Kristen SPOURS GBR 9
18 Fruzsina MEDGYESI HUN 10
19 Micol CRISTINI ITA 11
20 Carolina KOSTNER ITA 11
21 Roberta RODEGHIERO ITA 11
22 Wakaba HIGUCHI JPN 12
23 Yura MATSUDA JPN 12
24 Romana KAISER LIE 13
25 Aleksandra GOLOVKINA LTU 14
26 Elzbieta KROPA LTU 14
27 Greta MORKYTE LTU 14
28 Anne Line GJERSEM NOR 15
29 Alisson Krystle PERTICHETO PHI 16
30 Gyo Hee JEON KOR 17
31 Nahyun KIM KOR 17
32 Elizaveta TUKTAMYSHEVA RUS 18
33 Alina ZAGITOVA RUS 18
34 Antonina DUBININA SRB 19
35 Matilda ALGOTSSON SWE 20
36 Joshi HELGESSON SWE 20
37 Yoonmi LEHMANN SUI 21
38 Tanja ODERMATT SUI 21
39 Yasmine Kimiko YAMADA SUI 21
40 Amber GLENN USA 22
41 Bradie TENNELL USA 22

女子もミーシンチーム。カロリーナとリーザが出場です。カロリーナに10点出るか楽しみ。ロンバルディアってそういう大会ですからね。リーザは今シーズンの週刊リーザ創刊?そしてアリーナ・ザギトワさん降臨。いきなり140点近く出してくるのかな・・・こわいよこわいよ。日本からは新葉と松田。僕がフィンランドで好きなペルトネンさんもいる。わーい。

ペア
1 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER AUT 1
2 Anna DUSKOVA / Martin BIDAR CZE 2
3 Daria BEKLEMISHEVA / Mark MAGYAR HUN 3
4 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE ITA 4
5 Rebecca GHILARDI / Filippo AMBROSINI ITA 4
6 Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK ITA 4
7 Alisa EFIMOVA / Alexander KOROVIN RUS 5
8 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT RUS 5
9 Laura BARQUERO / Aritz MAESTU ESP 6
10 Alexandra HERBRIKOVA / Nicolas ROULET SUI 7
11 Ashley CAIN / Timothy LEDUC USA 8

イタリアはトップチーム。ザビエンは個性を見つけられたのかどうか。オーストリア、チェコというオリンピック出場枠を狙う国も出場してきます。マエストゥの新しいパートナーは2Aもあまり・・・という感じなんですけども、さてどうなるでしょうか。

アイスダンス
1 Viktoria SEMENJUK / Artur GRUZDEV EST 1
2 Cecilia TÖRN / Jussiville PARTANEN FIN 2
3 Juulia TURKKILA / Matthias VERSLUIS FIN 2
4 Adelina GALAYAVIEVA / Laurent ABECASSIS FRA 3
5 Lilah FEAR / Lewis GIBSON GBR 4
6 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE ITA 5
7 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI ITA 5
8 Jasmine TESSARI / Francesco FIORETTI ITA 5
9 Rikako FUKASE / Aru TATENO JPN 6
10 Misato KOMATSUBARA / Timothy KOLETO JPN 6
11 Aurelija IPOLITO / Malcolm JONES LAT 7
12 Olga JAKUSHINA / Andrey NEVSKIY LAT 7
13 Alla LOBODA / Pavel DROZD RUS 8
14 Lucie MYSLIVECKOVA / Lukas CSOLLEY SVK 9
15 Sara HURTADO / Kirill KHALIAVIN ESP 10
16 Victoria MANNI / Carlo RÖTHLISBERGER SUI 11
17 Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN UKR 12
18 Elliana POGREBINSKY / Alex BENOIT USA 13

カペラノに10点を出すのがこの大会ですから、それを楽しみにしておりますよ。日本からはりかあると新婚ココ。ジュニアからはロボドロが上がってきます。シニアの壁にバイーーーンと弾き飛ばされるのか、すんなり馴染むのか見物であります。ロシアは弾かれやすいんですよ。弾かれずに馴染んだポグブノは、ジュニア時代からのライバルのマクカーとパーソンズにレイクプラシッドで負けました。4~7番手争いが熾烈です。スペイン2本柱のもう一方ウルハリはこちらに。

この翌週にオータムクラシックとオンドレイネペラ。そしてその次の週がオリンピック最終予選のネーベルホルン。絶対にガチで負けられない戦いがそこにある。
2017
08.28

アンドレイ・デプタト 引退

https://rsport.ria.ru/figure_skating/20170824/1124695078.html

アンドレイ・デプタトが引退を発表しました。すでに2つの試験をパスし、引退後はジャッジに転身するそう。国内大会でジャッジデビューをするとのことです。

ワシリーザ・ダワンコワとのペアで世界ジュニア選手権で銅メダルを獲るもペアを解散し、ベラ・バザロワとの世界一美しいペア結成となりました。ロンバルディア杯での死ぬほど揃わない演技に戦慄しましたが、徐々に動きが揃っていき、2シーズン目には素敵なペアに成長し、ペアのバランスもよくなりました。ワシリエフの「わしはバザロワのジャンプ改良できる」発言は何だったのかと思う、ソロジャンプではありましたが、それでもたまに揃っていたんですよね。もっと見ていたかったけれど、こちらも解散。アレクサンドラ・プロクロワとのペアも上手くいきませんでした。これからは選手よりもかっこいいジャッジとして、リンクサイドで光り続けていくことでしょう。ボブロワの夫ですから、これからも目にする機会は多いはず。

ロシアのペアはあまり上が変わっていないから勘違いするけれど、少しずつ引退しているんだなー。
2017
08.28

アデリナ・ソトニコワ 今シーズンの試合を欠場

https://rsport.ria.ru/figure_skating/20170827/1124897447.html

コーチであるエフゲニー・プルシェンコより、アデリナ・ソトニコワの今シーズンの試合の欠場が発表されました。右足首の靭帯の怪我が治癒していないことが理由です。プルシェンコとタッグを組み、エマニュエル・サンデュの振付で滑るという非常に楽しみな布陣でしたが、これらを見られるのはまだ先になりそうです。試合間隔がこれだけ空いて、シングルのトップに戻ってくることは並大抵の努力では成し遂げられないと思います。ましてや毎年のようにモンスターが誕生するロシア女子です。でも、それが達成されるところが見たい。なぜならば、それだけソトニコワは魅力的なスケーターだからです。男らしい滑りをまた見せてください。1日も早く怪我が治りますように。

一部の韓国メディアは、これを嬉々として伝えることでしょう。しかしながら、ソトニコワが欠場したところで、ソチの金メダルはソトニコワなのです。はーっはっはっはっは。これからも僕は言葉の通じないソトニコワアンチを煽り続けることを高らかに宣言いたします。おいアンチ!ソトニコワがピョンチャンに出られないからって、ロシアめちゃくちゃ強いからな!どの組み合わせで3人が出ても史上最強だからな!
2017
08.26

JGPブリスベン 3日目 女子リザルト・アイスダンスリザルト

女子LP
1 Alexandra TRUSOVA(ロシア)132.12 PB
2 Anastasiia GULIAKOVA(ロシア)117.96 PB
3 Riko TAKINO(日本)113.61 PB
4 Akari MATSUOKA(日本)109.82 PB
5 Kaitlyn NGUYEN(アメリカ)107.15 PB
6 Aurora COTOP(カナダ)96.75 PB
7 Ting CUI(アメリカ)95.61 PB
8 Su Been JEON(韓国)93.00 PB
9 Eun Bi KO(韓国)86.33 PB
10 Selma IHR(スウェーデン)83.99 PB
11 Guzide Irmak BAYIR(トルコ)83.75
12 Andrea MONTESINOS CANTU(メキシコ)77.13
13 Amelia Scarlett JACKSON(オーストラリア)71.73 PB
14 Sophie ABRAMS(イスラエル)71.04 PB
15 Yi Christy LEUNG(香港)69.07
16 Amy LIN(中華民国)65.41
17 Jordan LAZARUS(オーストラリア)63.80 PB
18 Aleksandra SHLAHOVA(ラトビア)62.01 PB
19 Serena XU(オーストラリア)59.97 PB
20 Nicola KORCK(ニュージーランド)57.45 PB
21 Ching Ting SU(シンガポール)49.72 PB
22 Maria BLESSIA(インドネシア)36.29 PB
23 Bianca Arianne VINARAO(フィリピン)34.49
24 Arunima VERABELLI(インド)10.11 PB

女子リザルト
1 Alexandra TRUSOVA(ロシア)197.69 PB
2 Anastasiia GULIAKOVA(ロシア)181.43 PB
3 Riko TAKINO(日本)174.16 PB
4 Akari MATSUOKA(日本)168.05 PB
5 Kaitlyn NGUYEN(アメリカ)161.42 PB
6 Ting CUI(アメリカ)150.95 PB
7 Aurora COTOP(カナダ)140.14 PB
8 Su Been JEON(韓国)139.74 PB
9 Eun Bi KO(韓国)131.93 PB
10 Guzide Irmak BAYIR(トルコ)124.78
11 Selma IHR(スウェーデン)121.97 PB
12 Andrea MONTESINOS CANTU(メキシコ)114.79
13 Amelia Scarlett JACKSON(オーストラリア)113.86 PB
14 Yi Christy LEUNG(香港)107.88
15 Amy LIN(中華民国)101.91
16 Aleksandra SHLAHOVA(ラトビア)99.71 PB
17 Sophie ABRAMS(イスラエル)98.31
18 Jordan LAZARUS(オーストラリア)96.21 PB
19 Serena XU(オーストラリア)95.49 PB
20 Nicola KORCK(ニュージーランド)86.24 PB
21 Ching Ting SU(シンガポール)78.38 PB
22 Bianca Arianne VINARAO(フィリピン)56.37
23 Maria BLESSIA(インドネシア)51.21 PB
24 Arunima VERABELLI(インド)16.33 PB

トルコさんがレオノワのチャップリンSP風の衣装でフィーリングッド滑ってる・・・騙された。

クリスティ
3Lz-3T 3Lo fall 3F fall 1A<< 3Lz fall 3S-2T ot 2A fall
最高のスタートでしたのに残りのジャンプ全滅という結果に。とてつもなくロシアな香りがするのは昨シーズンも思ったことですが、やはりステップでのビートの利かせ方ですね。リャザノワは若いのに、DNAレベルでセンスは受け継がれているのかもしれません。

スビン
3Lz-2T 3S 3F-2T 2A 3F 3Lz 2A-1Lo
助走、踏み切り、着氷姿勢の沈み込みや前のめりの癖があります。佳菜子をさらに強くしたような感じですね。フライングシットスピンは回転できずにノーバリューになりました。韓国女子らしいコテコテの腕の動きはあるので、全体的に姿勢を修正しなければ美しさが映えないと思います。ジャンプはがんばった!

ユンビ
3F fall 3Lo 3Lz-2T tano-2Lo tano 2A 3F-1T 3S 2A
3Fの転倒が可憐。音楽が静かなので盛り上げるのが難しそうです。最後のコンビネーションスピンはウィンドミルから入りました。スカートがカーネーションのようできれい。ひらひらーっと。

オーロラさん
3F 2A-3T shaky 3Lo 3T-2T-1Lo 2A 3S-2T 2S
2A-3Tの後に音楽が途切れるハプニングがありました。一旦演技を中断しようとしましたが、すぐに鳴り始めたので再開して3Loをランディング。冷静さの勝利です。力強い月の光でした。これは月から「かぐや姫意地でも月に戻したらあ!」と地球に乗り込む使いの者たちでしょうね。オーロラさんまだ15歳・・・てっきり大学生かと。

松岡
3Lz-3T 2A 3Lz-3T 3F 3Lo 3S-2T-2Lo tano 2A
3-3の回転はどちらも厳しいものがありますが、落ち着いてジャンプを降りました。3Fのふんわりとさせた振付が素敵です。超高速スロー映像にしても高速ヘアカッタースピンは、回転速度もさることながら、センタリングも完璧でビターン!と動かないんですよね。氷にめり込んでるんでしょうね。黄昏のワルツ=西野友毬のイメージ塗り替えられるかな?

ニューエン
3Lz-1Lo-3S 3Lo 2A-3T 3F shaky 3Lz 3Lo-2T tano 2A
回転不足をザクザクと刺されてしまいそうな危ういジャンプでした。でもカレンみたいにノービス時代から刺されまくっていても、シニアで活躍する不思議パターンもあるので、まだまだ分からないです。アリスインワンダーランドなので、もっと浮世離れしたファンタジーな面を見せて欲しいと思います。

ティンシュイ
3Lz tano-1Lo-3S tano 3Lo 2A-3T tano 3F fall 1Lz 1A 3S
序盤のタノタノゾーンは回転もしっかりしておりましたのに、抜け&抜けが痛かった・・・10点さよなら。技術的にはいいものを持っているので、ぜひ2戦目も派遣してもらいたいところ。

トルソワ
4S shaky 3Lz tano-3Lo 3F tano-2T-2T 3Lz tano-3T tano 3F tano 3S 2A
リンクのドア係のお嬢ちゃんも、(いやあんたすごすぎだろ・・・)と笑いながら出迎えるすごさ。4Sは回転が足りていないんですけど、それでも転倒なしで入れてきましたからね。残りの6本は"もちろん"後半で、タノりまくりのコネクティングステップ入れまくり。はあああああああああああああああああああああん。デビュー戦で132億点とは。

makkachin.png

グリアコワ
3F tano-3T tano 3Lz-1Lo-3S 3Lo tano 3F tano 3Lz tano 2A 2A-2T tano
わーいタノがいっぱいだー。ユンビに続きゴーストを使ったんですけど、上背があって一歩が大きいので、静かな音楽でもあまり気になりません。あとは1つ1つを丁寧に磨き上げていくことが課題ですね。初戦から強すぎだろロシア。

滝野
3Lz-3T 3Lz 3Lo 1A-3T 3F-2T-2Lo 3S 2A
2Aが抜けたんですけど、冷静に3Tをつけました。織田信成さんも3Aが抜けても冷静にリカバリー(をやりすぎてしまう)するタイプだったので、信成みあります。民衆の歌に入るところのジャッジ席への笑顔と、ステップでの行進。若さゆえの無鉄砲さが表現されていて、とてもよかったです。SPは背伸びしたプログラムで、こちらは歳相応で似合ってます。

トルソワの4Sはアンダーローテーションでした。それでもGOE引いて6.73もらえました。3LzのGOE一律+1よりも点数が高いので美味しいです。残りはオールレベル4ですし、回転不足もeマークもありません。グリアコワは3Loがアンダーローテーション。滝野はシェイキー気味だった3Lzがアンダーローテーション。失敗した2つのジャンプが成功なら120点も狙えます。松岡は3つのジャンプでアンダーローテーション。

今シーズンもロシアと関西の表彰台独占で幕を開けました。どこまで続くでしょうか?

アイスダンスFD
1 Sofia POLISHCHUK / Alexander VAKHNOV(ロシア)84.78
2 Marjorie LAJOIE / Zachary LAGHA(カナダ)80.37
3 Eliana GROPMAN / Ian SOMERVILLE(アメリカ)75.20 PB
4 Elizaveta KHUDAIBERDIEVA / Nikita NAZAROV(ロシア)74.55 PB
5 Chloe LEWIS / Logan BYE(アメリカ)72.14
6 Natalie D'ALESSANDRO / Bruce WADDELL(カナダ)65.55 PB
7 Sasha FEAR / George WADDELL(イギリス)65.39 PB
8 Jessica PALFREYMAN / Charlton DOHERTY(オーストラリア)49.15 PB
9 Joanne CHO / Jake MEYER(オーストラリア)28.72 PB

アイスダンスリザルト
1 Sofia POLISHCHUK / Alexander VAKHNOV(ロシア)145.86 PB
2 Marjorie LAJOIE / Zachary LAGHA(カナダ)138.92
3 Elizaveta KHUDAIBERDIEVA / Nikita NAZAROV(ロシア)131.80 PB
4 Eliana GROPMAN / Ian SOMERVILLE(アメリカ)127.60 PB
5 Chloe LEWIS / Logan BYE(アメリカ)124.40
6 Natalie D'ALESSANDRO / Bruce WADDELL(カナダ)113.25 PB
7 Sasha FEAR / George WADDELL(イギリス)110.32 PB
8 Jessica PALFREYMAN / Charlton DOHERTY(オーストラリア)82.68 PB
9 Joanne CHO / Jake MEYER(オーストラリア)54.94 PB

ダレッサンドロさんのところのコーチ老けたリッポンかと思いました。オシャレだし。

ルイス&バイ
選曲がシュピルバンドらしからぬものでしたが、リフトを振り回してから上げるところとか、ストレートラインの入りとか、ムーブメントで埋めるところなんか、シュピリズムで埋め尽くされておりましたね。選曲に惑わされちゃいけねえ。セカンドツイズルのブレと、男性のスタンブルが残念。この組はミスが出やすいですね。

グロサマ
16歳同士のフラメンコです。年齢から考えると幼いのですが、ジュニアのフラメンコって何かいいですよね。なまじの実力だと中途半端な仕上がりになってしまうし、かわいいなと思えるぐらいがいい。若いけどつま先を揃えて滑るところなんかは、さすがキリアコフ&ノヴァクチームだなと思います。

クダイベルディエワ&ナザロフ
身のこなしが軽快で、ツイズルもリフトもきれいに決まっていたのですが男性の転倒という大きなミスがありました。男性が上手なだけにもったいなかったですね。ニキータ・・・ゴースト・・・なるほどね。滑りがきれいで美しい旋律とマッチするので、男性が女性の方を見つめるところを増やせば、さらにうっとりするのになと思いました。

ラジュラガ
女性の胸のアップから。ファーストツイズルのズレが残念。男性の無表情はいつも通りですが、今シーズンは衣装の透けが加わるからおもしろさが増します。ここから滑りの格が違うなと思いました。単にきれいだというだけではなく、緩急が加わります。コレオスピンで男性がシットスピンをするのもとても珍しいですね。片方がソロスピンを選択するときは、女性のレイバックが定番ですので。レアだなー。

ポリヴァク
女性はチュチュに黒タイツ、スーパーアイメイクで黒鳥になりきっております。女性の「あたしだけを見なさい」という冷たい存在感が素晴らしい。常に男性が女性を追いかけていて、女性はたまに見下すように視線を向けるわけですよ。それがたまらんですね。お股に手をやって、女性が羽ばたくローテーショナルリフトは圧巻。羽が見えました。後半の編曲は酷いですが、2人は素晴らしい。もっとパートを絞ろうよ・・・。

dance11111.png

dance22222.png
カンガルーぽいしてとった
joshiiiiii.png

tottemorota.png
せがたかいからとってもらった

来週はオーストリーです。
2017
08.25

JGPブリスベン 2日目 アイスダンスSD・男子リザルト

アイスダンスSD
1 Sofia POLISHCHUK / Alexander VAKHNOV(ロシア)61.08 PB
2 Marjorie LAJOIE / Zachary LAGHA(カナダ)58.55
3 Elizaveta KHUDAIBERDIEVA / Nikita NAZAROV(ロシア)57.25 PB
4 Eliana GROPMAN / Ian SOMERVILLE(アメリカ)52.40 PB
5 Chloe LEWIS / Logan BYE(アメリカ)52.26
6 Natalie D'ALESSANDRO / Bruce WADDELL(カナダ)47.70 PB
7 Sasha FEAR / George WADDELL(イギリス)44.93 PB
8 Jessica PALFREYMAN / Charlton DOHERTY(オーストラリア)33.53 PB
9 Joanne CHO / Jake MEYER(オーストラリア)26.22 PB

6シーズンぶりの課題チャチャコンゲラードです。6年前・・・はて・・・誰が出ていたのか。

ポリヴァク
ツイズルは美しく。パターンダンスでは恒例となったちょっと気持ち悪いテンポの変化がありました。FDでもSDと同じリフトを使っていますが、SDでは普通だなーと思うのにFDでは音楽に映えています。曲に合わせることの大切さが分かります。女子が黒ではなくピンクということに好感が持てます。あと2歳上なら両方黒のはず。

ルイス&バイ
若々しい短めのスカートがいいですね。このカップルを見て思うのが雄大な滑りはきれいなのに、それに合わせた振付があまり美しく処理できない。パターンダンスのそれなりに早い滑りはそうでもないけれど、振付は処理できている。それとあまり色気がないのもプログラムの印象にはマイナスプロモーション。特に男性に対してそう感じます。

クダナザ
19歳で濃厚風のダンサーのナザロフですが、体つきはまだまだ子供。背中の反り具合とか腰回りとか、何だか女装子みたいだ。これからもっとゴツゴツしてください。女性の滑りが大きく伸びる感じではないので、男性の技術力で引っ張っているカップルですが見せ方が上手だと思います。ローテーショナルリフトは出で停滞しました。

グロサマ
出だしですごく滑っています。だがしかし、2人の滑る間隔はかなり開き気味で、きれいな滑りとGOE相殺されてしまったのかな?と思います。ストレートラインリフトは入りがスムースでしたが、男性の腿の上でのポジションでの女性の脚の形があまり美しくなくて、上手いけど課題あるけど上手いけど課題あるなーというカップルですね。

ラジュラガ
ラジュワさんのスカートは食虫植物みたいで攻めてますね。トランジションに工夫が見られて、ツイズルの入りも素晴らしかったです。セカンドツイズルで回転がズレてしまったのが残念。152cmの女性なので、少しでも大きく見せようと、えぐれるほどに体を動かしていたのが印象的。ラガさんちょっと笑った!!!!!

男子LP
1 Alexei KRASNOZHON(アメリカ)134.33
2 Egor RUKHIN(ロシア)127.61 PB
3 Roman SAVOSIN(ロシア)127.52
4 Yuto KISHINA(日本)122.49 PB
5 Donovan CARRILLO(メキシコ)121.80 PB
6 Eric SJOBERG(アメリカ)116.85
7 Joseph PHAN(カナダ)114.37
8 Daniel GRASSL(イタリア)112.58
9 Taichiro YAMAKUMA(日本)99.16 PB
10 James MIN(オーストラリア)92.34 PB
11 Darian KAPTICH(オーストラリア)89.24 PB
12 Harrison BAIN(ニュージーランド)70.86 PB
13 Giuseppe TRIULCIO(オーストラリア)68.41 PB
14 Pagiel Yie Ken SNG(シンガポール)67.42 PB
15 Yamato ROWE(フィリピン)60.98 PB

男子リザルト
1 Alexei KRASNOZHON(アメリカ)209.37
2 Roman SAVOSIN(ロシア)196.20
3 Egor RUKHIN(ロシア)185.12 PB
4 Joseph PHAN(カナダ)183.67
5 Yuto KISHINA(日本)182.48 PB
6 Daniel GRASSL(イタリア)174.93
7 Donovan CARRILLO(メキシコ)173.41 PB
8 Eric SJOBERG(アメリカ)170.54
9 James MIN(オーストラリア)154.80 PB
10 Taichiro YAMAKUMA(日本)149.21
11 Darian KAPTICH(オーストラリア)139.23 PB
12 Harrison BAIN(ニュージーランド)111.34 PB
13 Giuseppe TRIULCIO(オーストラリア)106.96 PB
14 Pagiel Yie Ken SNG(シンガポール)103.75 PB
15 Yamato ROWE(フィリピン)95.91 PB

山隈
3A df 3Lz-3T fall 3F 3Lo 3F fall 3Lz fall 3S-1T 2A
3Aは惜しかったです。3-3はフェンスに近づきすぎて転倒でした。3本の転倒は痛かった。降りたジャンプはガシッ!としているので、加点が望めるはず。この大会でもすでに3度目?のララランドでした。今シーズン多いのでチェックしておきましょう。

カリーヨ
2A 3Lz tano-2T-2T 3F-3T ot 3Lz tano 3Lo-2Lo 3Lo 3S so 2A
昨シーズンブレークしたカリーヨさん。同じプログラムを続けて使っています。3F-3Tが回転不足になったことを除けばかなりよかったのではないかと思います。膝くるフリップならぬ膝くループはマーベラスに成功!膝くる最高。121点!!!!!やったぜ。すでにシニアの試合に出場していますが、メヒコ連盟はどの程度派遣をくれるのか。

ショーベルグ
3F 2A 3Lo 3F-3T 2A-1Lo-3S so 3Lz-2T tano 3Lz fall 2F
ジャンプで腕を締めずに突っ張ってるので、長身と相まって駒のようにクルクル回転。背が高いのに低空ジャンプにならず、高さが出ているので加点がしっかりもらえそうです。腕が長いので、スパルタカスプロおなじみの後半の忙しいテンポに動きが付いて行かず。編曲ミスった気はしなくもないけれど、若いから矯正ギプスということで、今のうちに速い動きに慣れとくれー。エレガントなパートは美しかった。

木科
3A fall 3Lz 3F 3S 3Lo-3T 3F-1Lo-2S 3Lo 2A-2T
3Aは惜しかったですけど、あとはまとめられたと思います。特に良かったのがスローパートから後半のジャンプに移るところ。くるっと回ってから助走に入っていくんですけど、恋する気持ちを高ぶらせる映画の主人公になりきっているなと。ステップのジャズっぽいところは音を取るのがとても難しそうなので、シーズン中に磨き上げて欲しい。

ルヒン
3A fall 3Lz-3T 3F-2T-2Lo 3Lz tano-2T 3Lo 3F 3S 2A
こ・・・これはっ!エテリ!ジャンプの前後の工夫もまさにエテリ。そして3Loの跳び方はメドベ。後の動きもそっくり。今は言われた通りにしているという雰囲気。13歳でこれだけできれば十分ですけどね。

グラゼル
3A fall 3Lo 2A 2A 3F-1Lo-3S 3Lz fall 3Lo-2T 3Lz-2T
2本目の2Aを跳ぶ頃にはすでに体力が切れかかっており、押して滑り、よっこらせとジャンプを踏み切っておりました。ペシャブル→ドムシャバ→プシゲレというダンスファン的には楽しい編曲。

ミンくん
3F-2T 3A so 3Lz fall 1Lz 1A df 3Lo 3F fall 3S fall
冒頭のジャンプから判断するに、これは120点コースきたあああああああ!と思ったのですが、成功したのは冒頭のコンボと3Loのみでした。うーーーーーーーん残念。でも今大会で伸び代がたくさんあることを証明してくれました。次戦に期待。

サヴォシン
4T-2T 4S 2A-3T 4T 3S 2A-1Lo-3F 3Lo shaky 3Lz tano
3Aが不調なら3クワドにすればいいじゃないの精神?おそろしい。4Sと単独の4Tは回転不足なのですが、それでもコケずに降りてくるところがすごい。このプログラムはまさにジャンプ!とにかくジャンプ!基礎点とるぜとるぜ!GOEはちょっと伸びないかもだぜ・・・と案の定TESがもらえなかった。

クラスノジョン
4Lo fall 3S 3A-3T 3F-2T-2Lo 3A 3Lz 3Lz fall 2A
昨シーズンのカウボーイがとても展開が分かりやすくていいプログラムだったので、グラディエーターのボーカル入りの曲で4分間通しきるのは淡々と滑っているように見えました。曲調が変わらないから体力切れが分かりやすいですしね。ステップきちんと踏めてなかったんじゃないかなと。4Loは惜しかった。声が高い。

ジョセフ
4T fall 3A so 3Lz fall 3Lz-2T 3F-2T 1A df 3T-1Lo-2S 1Lo
ああああ・・・メダルがかかった・・・ああ・・・これではゴッドファーザーの手先に真っ先にやられるキャラに。滑りがいいのでPCSは出ましたがTESが伸びず。まずは降りることを最優先にしないとですね。

初戦らしい試合でした!本来こういうものですから!クラスノジョンの4Loはアンダーローテーション。ルヒンは回転不足もeもなかったのがTESを伸ばせた大きな要因です。サヴォシンはジャンプの加点を全て足すとマイナスになるんですね。4T2本目はダウングレード判定でした。

russiangaippai.png

スーパー銭湯で5時間お風呂に入ったら熱出ました。良い子は真似しない方がいいです。バキバキ更新するって言った矢先にもう。
2017
08.24

JGPブリスベン 1日目 女子SP・男子SP

A級大会が始まると、シーズン始まった感強いぜええええええええええええええええええ。ふうううううううううううううううううう!

女子SP
1 Alexandra TRUSOVA(ロシア)65.57 PB
2 Anastasiia GULIAKOVA(ロシア)63.47 PB
3 Riko TAKINO(日本)60.55 PB
4 Akari MATSUOKA(日本)58.23 PB
5 Ting CUI(アメリカ)55.34 PB
6 Kaitlyn NGUYEN(アメリカ)54.27 PB
7 Su Been JEON(韓国)46.74 PB
8 Eun Bi KO(韓国)45.60 PB
9 Aurora COTOP(カナダ)43.39 PB
10 Amelia Scarlett JACKSON(オーストラリア)42.13 PB
11 Guzide Irmak BAYIR(トルコ)41.03
12 Yi Christy LEUNG(香港)38.81
13 Selma IHR(スウェーデン)37.98 PB
14 Aleksandra SHLAHOVA(ラトビア)37.70 PB
15 Andrea MONTESINOS CANTU(メキシコ)37.66
16 Amy LIN(中華民国)36.50
17 Serena XU(オーストラリア)35.52 PB
18 Jordan LAZARUS(オーストラリア)32.41 PB
19 Nicola KORCK(ニュージーランド)28.79 PB
20 Ching Ting SU(シンガポール)28.66 PB
21 Sophie ABRAMS(イスラエル)27.27
22 Bianca Arianne VINARAO(フィリピン)21.88
23 Maria BLESSIA(インドネシア)14.92 PB
24 Arunima VERABELLI(インド)6.22 PB

アメリア・スカーレット・ジャクソンさん
2Lz tano 2F tano-2Lo tano 2A
ジャンプは2Aまでの選手。でもとても美人です。美人なだけではなくて、身長に対する顔の小ささよ。スクールカーストトップ系美人。

トルソワ
3F tano-3Lo 3Lz tano 2A
4Sを跳べるだけあってジャンプの回転がとても速いです。でもジュニアの小ささを単に生かしているだけではなく、きちんと高さも出ています。特に2Aは高さも幅も十分で、GOE+2以上が間違いなくもらえます。スピンは回転もさることながら入りもスムースでした。スケートのスピードも十分で、また恐ろしいお子様が1人増えてしまいました。ロシア怖い。エテリチームなので、当然のようにジャンプは3本とも後半です。

スビン
3S-3T fall 3Lz 2A
ちょっとシャンニンっぽい顔の子。衣装はユナのキスオブヴァンパイアの赤いところがピンクになった感じ。ウェストの位置が上なので脚が長く見えます。3-3はなんとかこらえようとしたのですが、3Tの回転が足りずに転倒。2Aは前向きに膝をついて直後に踏み切る難しいものでした。

ユビン
3F-3T fall 3Lz 2A
3Tが回転不足のために転倒に繋がりました。そして驚くべきことがありますよ。なんと韓国女子なのに3Lzがインサイド踏み切りなんです。あの(多分)3Lz至上主義である韓国女子スケート界でインサイドだなんて・・・ある意味レアキャラです。キスクラ落胆。

松岡
3F-3T 2A 3Lz
ジャンプはきれいに。ジャッジ席前で手を広げてエレガントにドヤるのがよかったです。圧巻は最後のレイバックスピンですね。基本ポジションでもしっかりと足が上の方まで上がっていました。そしてヘアカッターの回転速度が素晴らしい。日本女子でレイバックスピンこんなに速く回れる人いるんですね。ビビったぜ。今年の目標は「心を強くし 試合で苦手意識のある ショートで全てのジャンプを成功させる事。 そして いつもそれが出来る事。 ひと蹴りで 伸びるスケーティングを 身に付ける事。」らしいです。とりあえずクリアってことで。TESが伸びなかったです。


ティンシュイ
3T-3T tano 3Lz tano 2A
ジャンプが得意な選手ですが、スピンが苦手なようです。スピンのフライングで停滞したのと、ビールマンでポジションを崩しました。ダイナミックな動きが得意ですが、繊細な動きにはまだ粗が見えました。キビキビして印象はいいので、これから。

イスラエルのソフィーさんイーグルの開脚大きすぎてそのまま着座するかと。

エイミー
3T ot-3T fall 3Lz fall 2A
体にヘビの巻きついた衣装。でもヘビの色が黒いから巨大ヒルに襲われているようにも見えます。ジャンプがまだも℃s手いないようです。今年は得意な3Lzがソロジャンプの指定ですが、直前にステップがないので、降りてもマイナスでしょうし・・・難しい。

滝野
3F-3T 3Lz 2A
3Lzの回転が少し危なかったですが、ジャンプはよかったと思います。キビキビとエレメンツをこなしていくよさはそのままに、さらにスピード感が増しました。ステップ中の振付やターンを繋ぎ目なく行えると、さらに素敵になりそうです。

ニューエン
3F-3T 3Lz fall 2A
ケイトリン・ニューエン。名字も名前も他のスケーターと被ってしまった。ジャンプが得意でアメリカイチオシのスケーター。でも上手くいかなかった。もう少し表情に工夫が欲しかったかもしれません。転倒があったからか、集中しきれなかったでしょうか。

グリアコワ
3F tano-3T tano 3Lz tano 2A
来週お誕生日のグリアコワさん。すでに大人の風格。タノジャンプでも軸がきれいで、高さも十分。表現がまだ薄味な気はしなくもないけど、音楽が聞こえにくかったから、そのせいにしておきましょう。クリムキンはおでこと頭の境目が消滅してしまったようで。これが併合ってやつか。

トルソワは3-3で少し詰まったために加点が伸びきらず。ロシア勢はステップでレベル4を獲れなかったことがTESを取りこぼした原因でもあります。滝野は3Lzにアテンションがつけられました。松岡はセカンド3Tがアンダーローテーションで、ステップはレベル2。レイバックスピンは+1.21の高評価です。韓国勢は足りていないだろうな・・・というところで回転不足評価でした。強豪国が上からトントントトトンと入りました。ステップはレベル4がゼロで、レベル3の選手すらほとんどいません。

こんなに更新期間空けたことなかったんですけど、特に体調が悪かったわけではありません。ポケモンやってただけです。今日からバッキバキに更新していくぜいえいえいえいえい。

男子SP
1 Alexei KRASNOZHON(アメリカ)75.04
2 Joseph PHAN(カナダ)69.30
3 Roman SAVOSIN(ロシア)68.68
4 James MIN(オーストラリア)62.46 PB
5 Daniel GRASSL(イタリア)62.35 PB
6 Yuto KISHINA(日本)59.99
7 Egor RUKHIN(ロシア)57.51 PB
8 Eric SJOBERG(アメリカ)53.69
9 Donovan CARRILLO(メキシコ)51.61
10 Taichiro YAMAKUMA(日本)50.05
11 Darian KAPTICH(オーストラリア)49.99 PB
12 Harrison BAIN(ニュージーランド)40.48 PB
13 Giuseppe TRIULCIO(オーストラリア)38.55 PB
14 Pagiel Yie Ken SNG(シンガポール)36.33 PB
15 Yamato ROWE(フィリピン)34.93 PB
WD Calvin PRATAMA(インドネシア)

ジョセフ
3F-3T 3A fall 3Lz tano
カナダ4000年の歴史を誇るカナディアンアクセル発動。抜けてしまうよりはいいです。胸を開いたシャツの絶妙なダサさもカナダっぽいです。滑りはとてもよかったです。あーバトルさん振付だなーというそのまんまの小粋プログラムでした。

木科
2A 3Lz 3Lo-3T shaky
アクセルの軌道で映像が跳びましたが、リプレイ映像によると2Aでした。3-3は着氷なんとか堪えました。実況のテッドおじさんによると「日本の子のスケーティングはみんな、よう練習されとるなあ」ということでした。死の舞踏なので、もっと不健全におどろおどろしく演じて欲しいです。先生はキスクラで明日は3A1本決めよう!的なことを言ったのかな。

オージーのジュゼッペくん16歳なのに胸毛族。ボヘミアンラプソディーだから胸毛生やしたのか!

カリーヨ
3F so 2A 3Lz fall
3Fがステップアウトになり、ジュニアではコンボのリカバリーが入れられないため3Tが丸々消滅しました。2Aは笑顔でイーグルから。こちらが笑ってしまうほど笑顔です。チャックがパカパカしていたのは仕様なのかトラブルなのか。

ミンくん
3F-3T 3A so 3Lz
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお3A入れてきたああああああああああああああああああああああステップアウトだったけどおおおおおおおおお!滑りが大きくなって、わたわんだほーわーるどの歌詞にピッタリになっておりました。パーソナルベスト9点更新にも納得でした。私の年収低すぎっ?ばりに驚いておりました。

クラスノジョン
3Lz 3A ot 3F-3Lo
ロシア人なのにコロブチカの衣装よりカウボーイの方がしっくりきます。3A得意なはずなのですが今日は上手くいきませんでした。3F-3Loは曲の盛り上がりにバシッとハマっていました。軽快で気持ちがいいです。演技を終えて拍手を求めるアメリカンなロシアン。

サヴォシン
3A 3Lz tano 3Lo-3T
今シーズンも変わらず2Aを跳ぶような高さで3Aを成功させています。謎軸だなあ。選曲が不思議なのも昨シーズンと同じですが、少し演じていることが分かりにくいかな?というのが正直なところ。インタープリテーションの評価が伸びませんでした。

山隈
3A fall 3F-3T so 2Lz
すげー大人になってると思ったら175cmとな。身長が伸びて、体をコントロールしにくくなると思うので、テンポの非常に速いこのフラメンコは難しいでしょう。ステップがキツいのに加えて、その後に3Lzですから。

グラゼル
3A df 3F-3T 3Lz tano
昨シーズンかわいすぎるチャップリンを滑っておりましたが、LPからSPに作り変えての再演です。確かにかわいいんですけど、顔立ちがしっかりしてきたので、少し違います。3Aへのトライ大事よーがんばたよー。

ルヒン
3F-3T 3Lz tano 2A so
エテリの子って感じだー!という安定したジャンプ(1つミスったけど)と後半のジャンプ&これでもかというほどの工夫。まだまだ若いので個性を出せていないことと、多分他の生徒が滑っても同じようになってしまうのが課題でしょうか。これが先生にも問題ありな気もします。

クラスノジョンは3Aを成功すればパーソナルベスト更新余裕のよっちゃん(死語)でした。ミンくんが想像以上に上達していたのは嬉しいサプライズでした。3Aの回転は認定されています。木科は3Lzにアテンション、3Tがアンダーローテーションでした。本来なら6位でも最終グループなのですが、棄権が出たので5位までが最終になります。

体に優しい時間に終わってくれるって素晴らしいいいいいい!
back-to-top