2017
01.28

四大陸選手権エントリー

http://www.isu.org/en/single-and-pair-skating-and-ice-dance/results/201617/four-continents-figure-skating-championships

エントリーが早い気がした。そんなことはなかった。時が経つのが早いだけだった。オリンピックプレイベントなので出場回避が少なく、トップ選手が揃いました。

男子
1 Andrew DODDS AUS 1
2 Brendan KERRY AUS 1
3 Mark WEBSTER AUS 1
4 Patrick CHAN CAN 2
5 Nam NGUYEN CAN 2
6 Kevin REYNOLDS CAN 2
7 Boyang JIN CHN 3
8 Han YAN CHN 3
9 Micah TANG TPE 4
10 Chih-I TSAO TPE 4
11 Leslie Man Cheuk IP HKG 5
12 Harry Hau Yin LEE HKG 5
13 Harrison Jon-Yen WONG HKG 5
14 Yuzuru HANYU JPN 6
15 Keiji TANAKA JPN 6
16 Shoma UNO JPN 6
17 Abzal RAKIMGALIEV KAZ 7
18 Denis TEN KAZ 7
19 Kai Xiang CHEW MAS 8
20 Julian Zhi Jie YEE MAS 8
21 Michael Christian MARTINEZ PHI 9
22 Jinseo KIM KOR 10
23 June Hyoung LEE KOR 10
24 Sihyeong LEE KOR 10
25 Jason BROWN USA 11
26 Nathan CHEN USA 11
27 Grant HOCHSTEIN USA 11
28 Misha GE UZB 12

今年はSPで4人落ちることになります。さて・・・・なぜ中国が2人しか派遣していないのか。それはミニマムを持っているのがボーヤンとハンヤンしかいないから!これが国際Bに全然派遣しない悲劇いいいいいいいいいいいい。これはもったいないやつです。ドルジはワールドLPのミニマム持っていないんですけど、カザフは1枠しかなかったんでした。優勝争いは羽生とクワド姐さん、Pさん、2月3月男テンくん、昌磨、ボーヤン。このあたりでしょうか。昌磨はアジア大会と試合間隔が狭いので、時差の問題がないにせよ大変。怪我だけは気をつけて。ドッズ家は1名だけの派遣です。全国8000万のドッズファンが悲しみます。

女子
1 Kailani CRAINE AUS 1
2 Brooklee HAN AUS 1
3 Alaine CHARTRAND CAN 2
4 Gabrielle DALEMAN CAN 2
5 Kaetlyn OSMOND CAN 2
6 Xiangning LI CHN 3
7 Zijun LI CHN 3
8 Ziquan ZHAO CHN 3
9 Amy LIN TPE 4
10 Maisy Hiu Ching MA HKG 5
11 Wakaba HIGUCHI JPN 6
12 Mai MIHARA JPN 6
13 Satoko MIYAHARA JPN 6
14 Elizabet TURSYNBAEVA KAZ 7
15 Dabin CHOI KOR 8
16 Nahyun KIM KOR 8
17 Suh Hyun SON KOR 8
18 Chloe ING SGP 9
19 Shuran YU SGP 9
20 Michaela DU TOIT RSA 10
21 Mariah BELL USA 11
22 Karen CHEN USA 11
23 Mirai NAGASU USA 11

シンガポールを国の略称をSINからSGPに変更したことに未だに慣れないです。SGPっていかつい。GDPみたい。四大陸はミニマムを導入してから男子より女子のエントリーの方が少ないことが多いです。今年はユーロでも女子の方が少なかったです。アシュリーが出場辞退したのを除けば各国トップ選手を送り出してきました。三原、新葉、ベルたそ、カレンあたりは世界選手権常連勢と比べると圧倒的に知名度が足りないので、ここでいい演技をして名前を売り、少しでも印象をよくしておきたいところです。それが上位進出に繋がりますもの。オズモンドが世界選手権のメダルを狙えるだけの力をつけてきました。あとは安定感です。宮原も昌磨と同じで連戦なのが気がかりです。

ペア
1 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR AUS 1
2 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD CAN 2
3 Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH CAN 2
4 Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO CAN 2
5 Cheng PENG / Yang JIN CHN 3
6 Wenjing SUI / Cong HAN CHN 3
7 Xiaoyu YU / Hao ZHANG CHN 3
8 Sumire SUTO / Francis BOUDREAU-AUDET JPN 4
9 Miu SUZAKI / Ryuichi KIHARA JPN 4
10 Minji JI / Themistocles LEFTHERIS KOR 5
11 Kyueun KIM / Alex Kang Chan KAM KOR 5
12 Su Yeon KIM / Hyungtae KIM KOR 5
13 Ashley CAIN / Timothy LEDUC USA 6
14 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER USA 6
15 Alexa SCIMECA KNIERIM / Chris KNIERIM USA 6

ペアもトップ選手が揃いました。デュハラドと中国勢の戦いになるでしょう。韓国が3組揃えてきたのはすごいですね。オリンピック後も強化を続けて、全カテ強い国になったらいいなあ。カナダが国内選手権に出ていないセガビロをワールドに送ったり、アメリカが国内選手権の結果をすっ飛ばした派遣をするあたり、オリンピックの枠がかかるシーズンは違うなと思いました。シメカさんことシメカ・クニエリムさんはクニエリムさんになって初めての試合です。スイハンがよくなっていることを祈りたいです。ペアのトップ勢は怪我が多すぎです。戦場のよう。

アイスダンス
1 Matilda FRIEND / William BADAOUI AUS 1
2 Kimberley HEW-LOW / Timothy MCKERNAN AUS 1
3 Adele MORRISON / Demid ROKACHEV AUS 1
4 Piper GILLES / Paul POIRIER CAN 2
5 Tessa VIRTUE / Scott MOIR CAN 2
6 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE CAN 2
7 Hong CHEN / Yan ZHAO CHN 3
8 Linshu SONG / Zhuoming SUN CHN 3
9 Shiyue WANG / Xinyu LIU CHN 3
10 Emi HIRAI / Marien DE LA ASUNCION JPN 4
11 Kana MURAMOTO / Chris REED JPN 4
12 Ho Jung LEE / Richard Kang In KAM KOR 5
13 Yura MIN / Alexander GAMELIN KOR 5
14 Madison CHOCK / Evan BATES USA 6
15 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE USA 6
16 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI USA 6

これは壮観ですね。パイパー・ギルスさんの歴代のパートナー勢ぞろいではありませんか。オーストラリア代表のマッカーナン、アメリカ代表堂上、そしてポール。おもしろし。GPSでの順位をひっくり返すことができるのかに注目。そしてパイポーがどこまで行けるのかが最大の注目点でしょうか。2番手のウィバポジェに勝てるのか、負けが続いているハベドノに勝てるのか。

パイパーフィギュアスケート選手権は16日開幕。
2017
01.11

マリ・ヴァルトマン&ルーベン・ブロマールト 解散

http://www.donaukurier.de/sport/weiterer/wintersport/sp-Eiskunstlauf-Berlin-Trennung-Paarlauf-Meldung-Paarlaufmeister-Vartmann-Blommaert-gehen-getrennte-Wege;art155362,3311381

マリ・ヴァルトマンルーベン・ブロマールトが解散となります。コーチのダニエル・ウェンデは「ピョンチャンオリンピックに出場できる安全な位置にいるというのに、そのチャンスをふいにするなんて考えられない」と言っています。解散は「個人的な理由」だそうで、女性は2018年まで続ける気でいたのに、コーチ、連盟からの慰留を受けても男性は解散を決めました。カップル競技の難しさですね。

マリちゃんは新しいパートナーを見つけることを諦めていない!と述べているので、素晴らしいパートナーにめぐり合えることを祈ります。オリンピックまで1年ちょっとしかないタイミングで、ドイツは国籍取得が難しいので外国人選手は自然と無理になりますし、選手層の薄さを考えるとパートナー候補も絞られます。うううううううううううう。

オリンピックプレシーズンにこんなエントリー書きたくないですよ・・・。
2017
01.10

アダム・リッポン&ポリーナ・エドモンズ 全米選手権欠場

http://web.icenetwork.com/news/2017/01/09/213149090/edmunds-rippon-withdraw-from-nationals

アダム・リッポンポリーナ・エドモンズが全米選手権を欠場します。

リッポンは金曜日の練習中に左足の第5中足骨を骨折、同時に足首も捻挫しました。8~12週間は氷に乗れないだろうとのことです。手術の必要はなく、これがキャリアを終えるような怪我ではないと述べているので、さらに美しくなった彼が戻ってくる日を楽しみにしています。

It's a sad time but smart decision for me. I'm looking forward to being healthy, and my return to the competitive atmosphere.

Polina Edmundsさん(@polinaedmunds)が投稿した写真 -

そしてずっと右足の怪我に悩まされているエドモンズも、全米選手権を欠場となります。ついに今シーズンは彼女の演技を見られないまま終わってしまいます。彼女のように伸び盛りの才能豊かなスケーターが怪我で苦しむのは心苦しいです。怪我が続くケースは、心がポッキリと折れてしまったレピストの引退劇を思い出してしまい悲しい気持ちになります。早く満足のいく練習ができるまで回復できるようにと祈るばかりです。

ロシアも日本もアメリカも役者が揃わず、健康でいることがいかに大変で幸運なことかを思い知らされます。ステイのヘルシーやでホンマに。
2017
01.05

ヨーロッパ選手権エントリー

http://www.isu.org/en/single-and-pair-skating-and-ice-dance/results/201617/isu-european-figure-skating-championships

ISUのサイト微妙にリニューアル。

男子
1 Slavik HAYRAPETYAN ARM 1
2 Mario-Rafael IONIAN AUT 2
3 Larry LOUPOLOVER AZE 3
4 Anton KARPUK BLR 4
5 Jorik HENDRICKX BEL 5
6 Nicky OBREYKOV BUL 6
7 Nicholas VRDOLJAK CRO 7
8 Jiri BELOHRADSKY CZE 8
9 Michal BREZINA CZE 8
10 Daniel Albert NAURITS EST 9
11 Valtter VIRTANEN FIN 10
12 Kevin AYMOZ FRA 11
13 Chafik BESSEGHIER FRA 11
14 Moris KVITELASHVILI GEO 12
15 Paul FENTZ GER 13
16 Graham NEWBERRY GBR 14
17 Alexander BOROVOJ HUN 15
18 Alexei BYCHENKO ISR 16
19 Mark GORODNITSKY ISR 16
20 Daniel SAMOHIN ISR 16
21 Ivan RIGHINI ITA 17
22 Maurizio ZANDRON ITA 17
23 Deniss VASILJEVS LAT 18
24 Thomas KENNES NED 19
25 Sondre ODDVOLL BOE NOR 20
26 Igor REZNICHENKO POL 21
27 Mikhail KOLYADA RUS 22
28 Maxim KOVTUN RUS 22
29 Alexander SAMARIN RUS 22
30 Michael NEUMAN SVK 23
31 Javier FERNANDEZ ESP 24
32 Javier RAYA ESP 24
33 Alexander MAJOROV SWE 25
34 Stephane WALKER SUI 26
35 Engin Ali ARTAN TUR 27
36 Ivan PAVLOV UKR 28

今年の開催はチェコということで、ミハルの4年ぶりのメダル獲得に期待がかかります。ロシア勢に最低2人は勝たないといけませんが、今シーズンはこれまでのキャリアの中でも1番の当たりプロだと思うので、いい結果を残して欲しいです。なんですくんは5連覇がかかります。5連覇て。ジョージアからはやっとイラクリがユーロデビューと思いきやクヴィテラシヴィリやんけ!そっか、彼は昨シーズンのチャンピオンシップスに出ていないから移籍してすぐに出られるんですね。クヴィテラユーロとか鬼熱い。ドイツは復活リーベルスじゃなくてフェンツなのか。

女子
1 Anastasia GALUSTYAN ARM 1
2 Kerstin FRANK AUT 2
3 Loena HENDRICKX BEL 3
4 Hristina VASSILEVA BUL 4
5 Michaela-Lucie HANZLIKOVA CZE 5
6 Helery HÄLVIN EST 6
7 Viveca LINDFORS FIN 7
8 Emmi PELTONEN FIN 7
9 Laurine LECAVELIER FRA 8
10 Mae Berenice MEITE FRA 8
11 Nicole SCHOTT GER 9
12 Nathalie WEINZIERL GER 9
13 Natasha MCKAY GBR 10
14 Ivett TOTH HUN 11
15 Aimee BUCHANAN ISR 12
16 Carolina KOSTNER ITA 13
17 Roberta RODEGHIERO ITA 13
18 Angelina KUCHVALSKA LAT 14
19 Elzbieta KROPA LTU 15
20 Fleur MAXWELL LUX 16
21 Niki WORIES NED 17
22 Anne Line GJERSEM NOR 18
23 Colette Coco KAMINSKI POL 19
24 Julia SAUTER ROU 20
25 Evgenia MEDVEDEVA RUS 21
26 Anna POGORILAYA RUS 21
27 Maria SOTSKOVA RUS 21
28 Antonina DUBININA SRB 22
29 Nicole RAJICOVA SVK 23
30 Dasa GRM SLO 24
31 Valentina MATOS ESP 25
32 Matilda ALGOTSSON SWE 26
33 Joshi HELGESSON SWE 26
34 Yasmine Kimiko YAMADA SUI 27
35 Birce ATABEY TUR 28
36 Anna KHNYCHENKOVA UKR 29

女子はナショナルチャンピオンがバッコバコ入れ替わりましたので、新鮮な顔ぶれです。ロシア勢がまた表彰台独占となるのか、カロリーナが食い込むことができるのか「ロシア勢表彰台独占ほぼ確定」の状態ではない3年ぶりのユーロが楽しみです。カロリーナのプログラムが「これが芸術の極地だよな、ワールドチャンピオン・オリンピックメダリストの作品だよな」というものなので、それを味わえるのも嬉しい。ロシア勢とPCSの格付けがどうなるかも見もの。マクスウェルさんもいるよ!

ペア
1 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER AUT 1
2 Tatiana DANILOVA / Mikalai KAMIANCHUK BLR 2
3 Lana PETRANOVIC / Antonio SOUZA-KORDEIRU CRO 3
4 Anna DUSKOVA / Martin BIDAR CZE 4
5 Lola ESBRAT / Andrei NOVOSELOV FRA 5
6 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES FRA 5
7 Minerva Fabienne HASE / Nolan SEEGERT GER 6
8 Aliona SAVCHENKO / Bruno MASSOT GER 6
9 Mari VARTMANN / Ruben BLOMMAERT GER 6
10 Zoe JONES / Christopher BOYADJI GBR 7
11 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE ITA 8
12 Rebecca GHILARDI / Filippo AMBROSINI ITA 8
13 Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK ITA 8
14 Goda BUTKUTE / Nikita ERMOLAEV LTU 9
15 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV RUS 10
16 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV RUS 10
17 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT RUS 10
18 Ioulia CHTCHETININA / Noah SCHERER SUI 11
19 Renata OGANESIAN / Mark BARDEI UKR 12

怪我から2ヶ月経過したサフ子の体調はどうなのか、ストクリはツイストとスローを磨けたのか、タラモロはダサプロをさらにおもしろくしてくれたかなど不安と期待が入り混じるペアです。この3組のうちどこか優勝してもおかしくありません。タラモロがこの2組に並ぶような位置に来たことが嬉しい。ブトエルとかオガバルはどうかなーーーーー。スミルノフ先生はこないかなーーー。今年はレベル高そう。

アイスダンス
1 Tina GARABEDIAN / Simon PROULX-SENECAL ARM 1
2 Vavara OGLOBLINA / Mikhail ZHIRNOV AZE 2
3 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV BLR 3
4 Cortney MANSOUR / Michal CESKA CZE 4
5 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN DEN 5
6 Katerina BUNINA / German FROLOV EST 6
7 Cecilia TÖRN / Jussiville PARTANEN FIN 7
8 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC FRA 8
9 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON FRA 8
10 Tatiana KOZMAVA / Alexei SHUMSKI GEO 9
11 Kavita LORENZ / Joti POLIZOAKIS GER 10
12 Lilah FEAR / Lewis GIBSON GBR 11
13 Robynne TWEEDALE / Joseph BUCKLAND GBR 11
14 Hanna JAKUCS / Daniel ILLES HUN 12
15 Adel TANKOVA / Ronald ZILBERBERG ISR 13
16 Isabella TOBIAS / Ilia TKACHENKO ISR 13
17 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE ITA 14
18 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI ITA 14
19 Jasmine TESSARI / Francesco FIORETTI ITA 14
20 Olga JAKUSHINA / Andrey NEVSKIY LAT 15
21 Taylor TRAN / Saulius AMBRULEVICIUS LTU 16
22 Natalia KALISZEK / Maksym SPODYRIEV POL 17
23 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV RUS 18
24 Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV RUS 18
25 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN RUS 18
26 Lucie MYSLIVECKOVA / Lukas CSOLLEY SVK 19
27 Sara HURTADO / Kirill KHALIAVIN ESP 20
28 Victoria MANNI / Carlo RÖTHLISBERGER SUI 21
29 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR TUR 22
30 Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN UKR 23

ペニコラ間に合わずですか。弟がんばってこい!元パートナー対決ならずで、スペイン代表はウルハリとなりました。FDで使っている曲偶然にも知っていて嬉しいから応援しよっと。トップ10に入ってスペインの枠増やして欲しい。スペイン枠足りないアル。パパシゼの圧倒的な優位は揺るがないと思いますが、カペラノとボブソロがどちらが上位になるのか、これもまた注目。そしてロシアの2番手争いですね。ミスをしない限りはステブキ優位ですが、どうなることやら。

オリンピックプレシーズンになりまして、こう一覧にして眺めてみると、ゆるーりと世代交代をしているのだなということが分かります。世界選手権でオリンピックの出場枠が確定し、オリンピックシーズンに突入すれば、代表落選という残酷な現実と毎日のように引退の報が出るので、ヘラヘラと見ていられるのもあとわずか。今だけはヘラヘラしながら見よう。
back-to-top