2016
06.30

スケート界にもかっこいい総称欲しい

更新が過去最高に滞っているわけですが、息抜きのネタエントリー。テニスにはBIG4だったり、四銃士だったり、かっこいい総称があるわけですが、スケート界にはそういうのないんですよー。スコット鉄太朗みたいなおもしろいやつでもいいんですけど。近年だと3M(町田、無良、村上)がありましたけど、すでにまっちーが引退しておりますし。何かかっこいいやつを考えようというエントリー。

*BIG4
テニスのBIG4といえばフェデラー、ナダル、ジョコビッチ、マレー。スケート界に当てはめると羽生結弦、パトリック・チャン、ハビエル・フェルナンデス、デニス・テン。これにはきちんと選考基準があるわけですよ。
1.世界選手権またはオリンピックのメダリスト
2.シニアのISUチャンピオンシップスの優勝者
3.グランプリファイナルのメダリスト
このうち2つ以上を満たしているのは現役では4人だけです。
羽生(2014OWG金、2014WC金、2015・2016WC銀、2012WC銅、2011・20134CC銀、2013・2014・2015GPF金、2012GPF銀)
Pさん(2014OWG銀、2011・2012・2013WC金、2009・2010WC銀、2009・2013・20164CC金、2010・2011GPF金、2013GPF銀、2012GPF銅)
なんですくん(2015・2016WC金、2013・2014WC銅、2013・2014・2015・2016EC金、2014・2015GPF銀、2011GPF銅)
テンくん(2014OWG銅、2013WC銀、2015WC銅、20154CC金)
1試合だけ飛びぬけていい演技であるとか、現役最高の演技でジャイアントキリングを達成することは時々ありますが、彼らのようにコンスタントに数年に渡って高順位を狙える選手はなかなか出てきません。テンくんが1枚落ちた印象を受けるかもしれませんが、複数回の世界選手権メダルはかなり難しいことなのでここに入れても遜色はないと思います。そしてこの4人こそが9点台の選手という感じがします。過去3シーズンはこの4人がタイトルのほとんどをさらっています。当てはまらなかったのはソチ前の四大陸だけです。

*ロシア女子
女子を席巻するロシア女子。
アデリナ・ソトニコワ 1996年7月1日生まれ
エリザヴェータ・トゥクタミシェワ 1996年12月17日生まれ
アンナ・ポゴリラヤ 1998年4月10日生まれ
ユリア・リプニツカヤ 1998年6月5日生まれ
エレーナ・ラジオノワ 1999年1月6日生まれ
エフゲーニャ・メドベージェワ 1999年11月19日生まれ
オリンピックまたは世界選手権のメダリストかつ、ヨーロッパ選手権のメダリストの6人です。1つのオリンピックサイクルに収まる範囲内にこれだけ詰まっているとは改めておかしい。スケート年齢ではソトニコワとリーザ、ポゴリラヤとリプニツカヤ、ラジオノワ、メドベージェワで1年違いになっています。ロシア人以外に共通点が全く思いつかないので、名字の頭文字で考えてみました。S、T、P、L、R、Mがつく単語を調べてみますと。
TRAMPLES」・・・踏みつぶすの複数形。踏みつぶすの複数形。これだ。踏みつぶすなんて似合いすぎる。トランプルズ。なんかかっこいいトランプルズ。ドナルド・トランプの子分みたい。tramplersという人名詞もありますけど、Rが1つ増えて納まりが悪い。eとaだけならそれぞれの名前につくんですよ。ユリアのjもyもないから無理やりですが。

*ロシア男子
次世代を担うコフトゥン、ピトキーエフ、アリエフ、ペトロフ、コリヤダの5人の名前の頭文字も繋げてみました。めっちゃダサいのができてしまった。マキシムのM、アディアンのA、ドミトリーのD、アレクサンドルのA、ミハイルのM。「MADAM」 「マダム」 マダムの5人を想像してしまって気持ち悪い。そしてダサい。サマリンを入れたいときはAを一つ増やしてマダームにすれば万事解決。でもダサい。I love you, madam! Davai madam! ふふっ。

ペアとダンスは国内で競ってるとか、成績が拮抗している3組以上の組み合わせとか、そういうのがあまりないんですよねえ。年齢もバラバラですし、婚姻状態などの変容しうることで縛れないですし、毛根にいつ悲劇が訪れるか分からないから頭髪関連も縛りにくい。難しいなあ。

まったく浸透しなくてもスコット鉄太朗のように、さも当然であるかのように使い続けるのが広まるポイントかもしれないです。ロシア若手女子はトランプルズ、ロシア若手男子はマダム。マダムの一員としてすっかりおなじみのマキシム・コフトゥン。ふっ。

何かいいのないかなー。
Comment:0
2016
06.28

ISUコミュニケーション2019 アイスダンスのルール改定

24日に出たアイスダンスのルール変更。いまさらですけど備忘録として。
http://static.isu.org/media/344029/2019_ice-dance_various-changes-regulations-and-rules-56th-isu-congress.pdf

*グループの最初のカップルには演技前に30秒+30秒の猶予が与えられるという項目を削除。全カップル統一。
*2018-2019シーズンより、GOEを7段階から11段階に変更。
*2018-2019シーズンより、コンビネーションステップシークエンスを採用する。このステップはワンフットステップシークエンスとステップシークエンスのベースバリューの基礎点の合計で評価される。
*匿名ジャッジの廃止
*SDの時間短縮は否決。SDは2分50秒±10秒、FDは4分±10秒のまま。
*FDの滑走順をグループ内で全後半に分けて抽選。より上位のカップルが後ろの滑走順で滑る。
*SD/FDの練習時間は5分のまま。
*ショートリフトの時間が6秒から7秒へ。
*リフト中にパートナーの肩か背中に座ることを許可。
*SDのボーカルはスポーツとして適切なものでなくてはならない。
*アイスダンス技術委員会の許可があれば、SD中に手をつく振付をやってもよい。
*FD中に最低1度のテンポ、リズム、表現の変化がなければならない。(今まではテンポと表現の2つ)

*2017-2018シーズンのSDはラテンアメリカンリズム。チャチャ、ルンバ、サンバ、マンボ、メレンゲ、サルサ、バチャータなどのラテンアメリカやカリビアンのリズムを使用する。
*パターンダンスはシニアがルンバ、ジュニアがチャチャコンゲラート。

*新しい2つのパターンダンスを採用。
マーチ:パイパー・ギルス&ポール・ポワリエの2015-2016シーズンSDパーシャルステップシークエンス
フォックストロット:ナタリア・カリシェク&マクシム・スポディレフの2015-2016シーズンSDパーシャルステップシークエンス

ということで、ISU総会によりあまり驚きのない改正が行われました。この中でよかったのはリフトの時間が長くなったことです。今のルールでは動きに限界があったでしょうから、さらに自由度が高いものが見られるのではないかと楽しみです。残念な改正はFDにテンポの変化まで強制されてしまったこと。SDとの差を明確にしてほすぃー。

オリンピックシーズンはラテンということになりました。ルンバもチャチャコンゲラートも6シーズンぶりということになります。そのときのSDを思い出してみると、ロシア人黒ばっかりだったということしか浮かばなかったです。ゴールデンワルツ予想は外れました。さすがにワルツの間隔が狭すぎでしたか。

パイポーとカリスポのパーシャルが新しいパターンに選ばれたのは嬉しいです。マーチは名称にありませんが、フォックストロットはすでにあるのでかっこいい名前を考えて欲しいです。僕からは「銀婚式を迎え子供も手を離れて、これからは夫婦2人仲良くやりましょうフォックストロット」を提案します。この2つのパターンは次のオリンピックサイクルで採用されるようなので、2組にはそこまで続けてもらいましょう。

シングル・ペアに関してのISUコミュニケーション2014には大したことは書かれていなかったのでスルーしました。転倒が一律1点のディダクションから1回目2回目が1点、3回目4回目が2点、5回目以降が3点に変わったのは大歓迎です。ジャンプの跳びすぎ違反緩和も何よりです。ISU技術委員会が提案したものばかりが通りまして、各国連盟からの提案はほぼ通っていません。

ドイツ連盟から提案された怨念こもった「スケーターが他国に移籍する場合、移籍前の国からの許可は必要ない。スケーターが他国に移籍する場合、移籍前の国は金銭を要求してはいけない。」も通らず、「不条理な理由で移籍を拒否してはならない」という曖昧な表現に留まりました。ドイツおつ。
Comment:2
2016
06.27

新プロ情報4

タラ・ケイン&ダニエル・オシェイ
SP:Will You Still Love Me Tomorrow、Back to Black

マリッサ・キャステリ&マーヴィン・トラン
SP:Fallin
LP:ジャーニーメドレー(続行)

ペニー・クームス&ニコラス・バックランド
SD:ローリングストーンズの曲

曲は何か分かりませんがインスタで発表しました。振付はディーンとのことでとても楽しみです。

ティファニー・ザホルスキー&ジョナサン・ゲレイロ
SD:クリスティーナ・アギレラの曲

サラ・アーノルド&トーマス・ウィリアムズ
SD:As Time Goes By、String of Pearls
FD:ダウントンアビー

As Time Goes Byってカサブランカで使われた有名なやつですね。ボーカルはヴェラ・リンバージョンだそうです。海外ドラマは見ないからダウントンアビーは分からないです。スカパー見てたら時々CMでやるやつや。振付はマーク・ピレイです。

アレクサンダー・ジョンソン
SP: Intro by B-Tribe、Bamboleo by Gipsy Kings
LP:道

大学で勉強するために練習拠点を変えるそうですが、ディクソンとの仕事も続けるそうで安心しました。新しいプログラムはもちろんディクソンの振付です。ジョンソンさんはアメリカのスケーターには珍しく謎の曲を発掘してくるタイプですね。関係ないけどジプシーキングス見ると殿さまキングス連想しちゃいません?

浅田真央
SP:火祭りの踊り
LP:火祭りの踊り

2つのプログラムが繋がっているというのは聞いていたし、近年よくあることですけど、バージョン違いとはいえ、まさか同じ曲を滑るとは。SPはミステリアス静か系、LPは情熱フラメンコ系。こういうのこういうのこういうの!!!ファイナルがスペインじゃない年に選んでくれてありがとう。

マディソン・ハベル&ザカリー・ダナヒュー
SD:Feeling Good

おおおおおおおおおお・・・・・みんな大好きふぃーりんぐっど。今シーズンもたくさん聞きました。でもマイケル・ブーブレ版ではなく、ニーナ・シモン版です。

アンドリュー・トルガシェフ
SP:ノートルダムドパリ
LP:ボヘミアンラプソディー

復活のシーズンをこちらのプログラムで戦います。アメリカ人らしい普通の選曲でいいよー。振付はかーちゃんとスコット・ブラウンです。

ハビエル・フェルナンデス
SP:マラゲーニャ(続行)
LP:プレスリーメドレー

評判のいいマラゲーニャを続けて滑ります。LPはコミカルではなくて、かっこよさを前面に押し出したものになりますように。

メドベージェワのSPはダニイル・グレイヘンガウスとイリヤ・アベルブフになりました。何を滑るかは分かりませんが、アベさん普通の編曲でええよ。ラジオノワはシェイリーンと振付をしたようなので期待。

ポップスの選曲が多いです。SDはテーマからしてそうなりやすいですが、それ以外でも増えてきました。エキシビションと競技の境目が曖昧なってはいないだろうか。
Comment:8
2016
06.24

小ネタ×16 「約束が果たされる」など

リア充、夏。

*ジジュン、分かっていた
http://www.goldenskate.com/2016/06/zijun-li-2/

「スタミナなしではパフォーマンスに気を配れない」としており、来シーズンへの最優先課題をスタミナだと発言したジジュン・リーさん。よかった今の自分を冷静に見ることができていて。細くいることに執着しすぎているのかと思いましたもん。来シーズンは3F-3Tを回転不足なしに降りること、-1Lo-3Sのコンボを入れること、3Lzをクリーンにすることも目標だそうです。

*しかく

ザカリー・ダナヒューさんの恋人オリヴィア・スマートさん。ダナヒューさんリア充になってよかったねと思ったところで気づいた事実。ダナヒューさんのパートナー&元カノがマディソン、マディソンの彼氏がディアス、ディアスのパートナーがスマートさん、スマートさんの彼氏がダナヒューさん。スケート界ノ人間関係狭スギンネン。

*ママの料理?

手料理でも紹介するのかと思いきや、オーブンでスケート靴を温め始めたリギーニ母。足にフィットさせるの家庭用オーブンでやるものなんですか。お店じゃないんですか。この後パイ焼いたらスケート靴の香りになります?

*婚約
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/06/20/kiji/K20160620012817400.html

鈴木明子様がこの度小学校の同級生と婚約されました。前から報道はされていましたけど、出演した番組で発表とのことでした。18年ぶりに再会して・・・婚約・・・・・少女漫画かな?

*3人目!
http://ameblo.jp/oda-nobunari/entry-12172519732.html

一流タレント織田信成さん夫妻が第3子を授かりました。妊娠5ヶ月なので誕生は秋ですね。しんたろう、しんのすけに続くのは男の子でしょうかそれとも女の子でしょうか。第3子も「しん」縛りなのか、「のぶ」になるのか、名前も楽しみです。見た目は高校生なのに子供3人。

*コストナーさんトリプルを取り戻す
http://rsport.ru/figure_skating/20160621/954028487.html

アレクセイ・ミーシンの合宿に参加したカロリーナ・コストナーさんは、3Fと3Lzが再び跳べるようになったとのことです。大技化が進む今の女子では、3Lz抜きでは戦えませんからね。来シーズン最初の構成はどうなるでしょうか。まずは3Lz抜いて、3F1本で、徐々に上げていくと予想。

*U can't touch this

マディソンの小ネタ登場率の高さ。なにやってだこいつら。

*3ショット

We love our Yutaka too much :)) Bye bye Japanland. XOXOX

David Wilsonさん(@itsmedwlsn)が投稿した写真 -

デヴィッド・ウィルソン、ブライアン・オーサー、樋口豊先生の自撮り3ショット。濃いです。非常に濃いです。

*エレーナ・イリニフさんと出会いました

Black Swan 🎼☀🌿🐥

Pavel Drozdさん(@pashka_drozd)が投稿した写真 -

モスクワ動物園でコクチョウを見つけたパヴェル・ドローストさん。そして写真のタグ付けに「blackswanei」を設定していました。これはエレーナ・イリニフさんのアカウントで、そのイリニフさんから「おい、わしのこと書いとるやんけ」とコメントがありました。ドローストさんはそれに対して「ハッハー忘れるわけなかろうが!」と返信していました。

*パジャパジャアー

アンナ・ポゴリラヤさんが猫と戯れる動画。ポゴリラヤさんの猫は目つきが鋭く、ゴージャスな暗殺者のようなルックスをしております。

*約束が果たされる

小塚崇彦さんは、ゆかりとの披露宴を執り行いまして、ウェルカムボードは約束通り久保ミツロウ先生が手がけられました。律儀じゃのう。披露宴の実況は西岡さんがされたそうなんですけど、何で西岡さん?と思いましたが、そうだゆかりはフジテレビアナウンサーだ。おめでとうこづ、おめでとうゆかり。西岡さんの結婚式の実況聞きたい。

*優しい先輩

メーガン&ブルーノ夫妻優しすぎ事件簿。

*ミハル移籍
オーバストドルフを去ったミハル・ブレジナさんは、新たにカリフォルニアに移ることになりました。コーチはラファエル・アルトゥニアン。アシュリー、りっぽん、ネイサンと同じチームになります。このチームの顔面レベルがまた上がってしまうわけですか。ブサイクは移籍しちゃいけないっていうの?

*隣の人

陸のダンスに挑戦する髙橋大輔さん。よりも気になるのがその横で踊るチャーリー・ホワイトさん。かつてないほど細くて、脳がチャーリーだと識別できませんでした。チャーリーはこんなんちゃうんや、チャーリーはもっとチャーシューみたいじゃないとアカンのや。

*カナダファイナルやるよ
https://skatecanada.ca/2016/06/skate-canada-announces-bid-to-host-the-isu-grand-prix-of-figure-skating-final-2018/

2018年のグランプリファイナルにカナダが立候補するらしいです。12月に決定するそうですが、まあ決まりでしょう。2016年がマルセイユ、オリンピックシーズンの2017年はおなじみ日本。そしてカナダ。カナダは2011年以来7年ぶりとなります。そろそろアメリカがくるかと思っていましたが、なかなかきません。アメリカは2003年に開催して以降1度もやっていません。

*全日本は大阪
今年の全日本選手権は大阪のなみはやドームもとい東和薬品RACTABドームで開催されます。大阪開催は2011年以来5年ぶりです。オリンピックシーズンは名古屋でしょうか、それともオリンピックで注目が集まるからさいたま?代々木第一体育館が改修工事だから東京の大会はありえないですよね。

夏はリアルカップルフォルダにジャンジャン写真が溜まっていきます。来週に控えるシメクニの結婚式、来月に控えるボブロワとデプタトの結婚式。くーーーーーっ!陰キャラには厳しい季節です!
Comment:6
2016
06.18

アンナ・ヤノフスカヤの新パートナー見つかる

http://rsport.ru/figure_skating/20160617/948673781.html

超朗報が舞い込んで参りました。セルゲイ・モズゴフさんとの意見主張が食い違う、ある意味ロシアっぽいギクシャク解散となってしまったアンナ・ヤノフスカヤさん。現役を続けるかどうかも定かではありませんでしたが、この度新パートナーが発表されました。新しいパートナーはイワン・グリャノフさんという方で、身長はモズゴフよりも高い190cmで、シングルスケーターとして滑っていたそうです。長身カップルの誕生はとても楽しみであります。コーチはステブキと同じイリーナ・ジュク先生。ナショナルで滑る姿が見たいです。モンハリ、ヤノモズ、ポポブラがいなくなり、ロシア新時代・・・・・いやこの人たち2、3年ごとに新時代迎えてんな。
Comment:0
2016
06.18

ついに/////

中国のラブ~チン・パンジャン・トンがついに結婚しました。2011年に婚約して以来約5年、「これ付き合う期間長すぎて、結婚するタイミング逃しちゃったパターン?」と思っていたのですが、ついに夫婦となりました。今シーズンからはコーチとしての活動が本格化すると思います。この溢れ出るラブで、中国のスケーターを垢抜けさせまくってください。お幸せに。
Comment:2
2016
06.17

ヘイリー・ベル&ルディ・スウィガース 引退

ヘイリー・ベルルディ・スウィガースが引退を発表していました。資金難であることを述べておりまして、ナショナルチーム入りを目指して今シーズンは戦っていましたが、ナショナルでは最下位の8位に終わってしまいました。元のソロジャンプの弱さに加え、体を戻しきれていないなというのがありましたので、この結果になってしまったのは仕方ないのかなと思います。ベルさんはメキシコにバカンスに向かわれるそうです。靴が壊れたラドウィッグさんに、自分の靴を貸してあげたナイスガイスウィガースさんがいなくなるのは寂しいです。
Comment:0
2016
06.17

ニコル・オーフォード&アッシャー・ヒル 引退

Nicole and I had an amazing year, and we are both so thankful for this second chance at skating. That being said, we would like to announce our retirement from competitive skating. Skating has given me so much. Through dedication and hard work I have been able to achieve so much in this beautiful sport. I've made lifelong friends, travelled the world, gained invaluable life experiences, priceless memories, and a posterior that can’t find pants that fit; all while competing for this great nation of Canada. Thank you to all my coaches, mentors, training mates, family, fans, and mental demons. Thank you for supporting me, pushing me, uplifting me, challenging me, and enjoying my skating; none of this would be possible without you. Nicole, my partner. There are not enough adjectives to describe you, but all of them would be synonymous with terrible. KIDDING! I would like to thank you for giving me a second chance at this sport. In such a short time together we have accomplished so much including winning our first international. Even though this partnership may have been truncated I feel like we have grown so close. I can’t imagine my life without you in it and I know we will remain very close friends. Thank you for dealing with my odd quirks, making me a better skater, and making skating fun again. BYE!!!!!

Asher Hillさん(@asherkwacie)が投稿した写真 -


Asher and I had an amazing year, and we are both so thankful for the second chance at skating we were given. That being said, we would like to announce our retirement from competitive skating. Of course this was a very difficult decision to make, having dedicated my life to skating for so many years, but I know in my heart this is the right decision and I am excited to see where life takes me beyond skating. I am so thankful for all the incredible opportunities afforded to me by this sport, and there is no doubt I will continue to be involved in the skating community in some capacity. Skating has given me so much, through hard work and dedication I was able to achieve most of my dreams and goals. I have been able to travel the world, gained invaluable life experiences, made priceless memories and life long friends, and had the honour of representing my beautiful country. I would like to thank all of my family, friends, coaches, mentors, Skate Canada and the fans, for your support this past year and in other years with previous partners. Most of all I would like to thank Asher for helping me find my passion, joy and love for skating again. Even though our partnership was far too short, we accomplished so much in that time, and I couldn’t be more proud of us!❤️

@nicoleorfordが投稿した写真 -

大変残念ではありますが。ニコル・オーフォードアッシャー・ヒルの2人が引退を発表しました。ナショナルチームに名前がないのはこれが理由だったわけですね。一旦は引退直前までいった2人がカップルを結成することになり、素敵なダンスを見せてくれていただけに惜しい気持ちが強いです。たった1シーズンでしたから。特にヒルの抜群のダンスセンスがもう見られないというのは非常に残念に思います。オーフォードは指導者としての勉強をしていましたし、ヒルは振付の仕事をしていました。2人にはこれからもスケートの世界に携わって欲しいです。ニコトマはジュニア時代の風と共に去りぬが素敵でした。ラルヒルはタンゴのFDとエラ・フィッツジェラルドのSDが好きでした。そして2人の博士と彼女のセオリーはかわいらしさ、若々しさを存分に生かした素晴らしいプログラムでした。さよなら。
Comment:0
2016
06.13

2019年の世界選手権が・・・

http://www.isu.org/en/news-and-events/news/2016/06/provisional-allotments-of-isu-championships

ISUチャンピオンシップスの開催地が発表されております。

ロシアで決定していた2018年欧州選手権は、コロムナという都市で開催されるそうです。モスクワの南東105kmと書いてあります。移動大丈夫ですかね。2018年四大陸選手権はおなじみ台北。2011年2014年2016年2018年と開催しまくり。日本人が来られるからなのか?

2018-2019シーズンのチャンピオンシップス開催地も出ております。
欧州選手権 未定
四大陸選手権 コロラドスプリングス
世界ジュニア選手権 ザグレブ
世界選手権 さいたま

2012年以来7年ぶりとなる地獄のコロラド開催。ナンソンとひでおが死にそうだったコロラド開催。これを期にひでおがスランプに陥る恐怖。

そして予想はしていたものの残念ながら開催が決まってしまったさいたまでの世界選手権。東京のホテルから早朝の移動、休憩場所の不足で選手に多大なる迷惑をかけたさいたまでの世界選手権。2014年大会の反省を生かした運営をしてもらいたいものです。僕の大阪開催の夢潰えました。2019年・・・今の上位勢残っていないんでしょうね。

Comment:8
2016
06.10

ISUの新会長が決定

http://nos.nl/artikel/2110206-dijkema-nieuwe-voorzitter-schaatsbond-isu.html

ISUの新会長選が行われた結果、オランダ人のヤン・ダイケマが新しい会長となりました。22年間スピードスケート出身のオッタビオ・チンクワンタが会長として務めましたが、このヤン・ダイケマはスピードスケート部門のISU副会長を務めまして、再びスピードスケートからの会長が誕生することになります。ちなみにチンクワンタの前の会長もスピードスケート出身でした。

1回目の投票でダイケマが45票、ハンガリー協会の会長ジョルジュ・サラクが43票、フランス連盟の会長ディディエ・ゲヤゲが25票、イギリス出身のシンクロの技術委員クリストファー・ブキャナンが2票となりました。過半数を獲得した者がいなかったため、決選投票が行われ、63対52でダイケマが新会長に決定しました。フランスへのフィギュア票がハンガリーに流れないという結果になりました。

スピードスケート最強のオランダから会長が出たことで、オランダにとっては万々歳でしょう。フィギュアスケートの扱いはどのようなものになるでしょうか。

Comment:6
back-to-top