2016
03.31

世界選手権 1日目 男子SP

スピンでミスる選手多すぎ事件簿。

男子SP
1 Q Yuzuru HANYU(日本)110.56
2 Q Javier FERNANDEZ(スペイン)98.52
3 Q Patrick CHAN(カナダ)94.84
4 Q Shoma UNO(日本)90.74
5 Q Boyang JIN(中国)89.86
6 Q Mikhail KOLYADA(ロシア)89.66 PB
7 Q Adam RIPPON(アメリカ)85.72 PB
8 Q Max AARON(アメリカ)81.28
9 Q Ivan RIGHINI(イタリア)81.17
10 Q Deniss VASILJEVS(ラトビア)81.07 PB
11 Q Michal BREZINA(チェコ)79.29
12 Q Denis TEN(カザフスタン)78.55
13 Q Maxim KOVTUN(ロシア)78.46
14 Q Jorik HENDRICKX(ベルギー)77.72
15 Q Misha GE(ウズベキスタン)77.43
16 Q Grant HOCHSTEIN(アメリカ)74.81
17 Q Brendan KERRY(オーストラリア)71.04 PB
18 Q June Hyoung LEE(韓国)70.05 PB
19 Q Alexei BYCHENKO(イスラエル)69.86
20 Q Chafik BESSEGHIER(フランス)69.23
21 Q Phillip HARRIS(イギリス)68.53 PB
22 Q Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)67.60 PB
23 Q Michael Christian MARTINEZ(フィリピン)66.98
24 Q Ivan PAVLOV(ウクライナ)65.20
25 Javier RAYA(スペイン)65.06 PB
26 Han YAN(中国)62.56
27 Nam NGUYEN(カナダ)61.61
28 Franz STREUBEL(ドイツ)57.19
29 Denis MARGALIK(アルゼンチン)52.31
30 Slavik HAYRAPETYAN(アルメニア)49.36

パブロフ
3A 3Lz-3T fall 3F
ジャンプの着氷に流れはありませんが、悪くはなかったです。3Aが長い間跳べずにいましたけど、もう大丈夫そうです。お肌が青春。

コリヤダ
4T-3T shaky 3A 3Lz
第1グループの演技じゃない。なかなか入らなかった4T-3Tを収めました。バランスを崩したのを振付のように処理していました。こういうのが±0か-1かを左右するので、とても大事なことです。あとの2本はクリーンでした。キャメルでのジャンプの足換えでスリップしかけましたが堪えました。ビートたけしが軍団の芸人をコノヤローって言いながら叩いてるときの嬉しそうな表情っぽいんだ。そうだ。すごいしっくりきた。

マルガリク
3A fall 3Lz-3T df 3F df
アルゼンチン男子として初めての世界選手権出場となったマルガリクさん。3つのジャンプすべて失敗でした。難しいねえ。

シュトロイベル
4T fall 3A fall 3Lo ot-2T
リーベルスの欠場で回ってきた出場機会。これから先チャンスが回ってくるかという状況で結果も残したかったでしょうに。力んでしまったでしょうか。キャメルスピンのフライングはきれいでしたが、キャッチフットがいまひとつ。

ホックスタイン
4T fall 3A shaky 3Lz-2T
地元の大会なので結果を出したかったでしょうが、ジャンプは3つとも失敗でした。キャロラインたむも見にきてるのに。コリヤダでPCSが出た影響か、高めに出ました。

ハイラペティアン
3A so 3Lz 3S-3T so
眉毛。サルコウの跳び方が超派手。上手いんですけど、エレメンツの準備動作が多かったり、よく分からないところで躓いたりします。コーチにウル様が入っているので、それが直ったらいいなー。ジャンプはいいものを持っている選手ですので。

1mayuge_201603311156473d1.jpg

ジョリヘン
3A 3Lz-3T 3Lo
おっぱい板が厚くなって。手形つくぐらいバチーンて叩きたい。3Aは変に構えなければ成功します。失敗するときは構えすぎて、軸が曲がって、ステップアウトというパターンです。コンビネーションスピンの足換えでバランスを崩すとは。もったいない。7番滑走でエンディング感でした。ユーレイズミーアーーーップ。

2jorihen.jpg

ジュンヒョン
3A 3F-3T so 3Lo
髪型が似合わなさすぎて、逆に似合っている。四大陸よりもさらに金髪度合いを増しました。すごく音楽と振付が合っていました。バトル振付は選手によって当たり大外れがはっきり出るんですけど、ジュンヒョンはよさげ。スピンの入りと音楽のマッチングがいい。コンビネーションスピンのポジションチェンジも音楽に合っていました。スピンそのものの質が向上できれば、もっとGOEもらえそうです。初めての70点台です。

3june.jpg

ハリス
3A 3Lz so 3F-3T df
26歳様で初出場。今はミニマムがあるので、チャンスを待っていても出場できるわけではありません。おっさんスケーターになってもレベルアップをしていかねばならないのです。軸の崩壊はいつものことなので、1ステップアウト、1両足なんて悪い方じゃないです。これでもかと回るツイズルがよかったです。婚約したのに、会社が倒産して、職を失ってしまったような雰囲気が出ていてよかったです。僕はハリス総領事って言ってます。

4harris.jpg

ラヤ
3A 3F-3T fall 3Lz fall
謎アレンジ運命の何が、アメリカ人を刺激したのか。超喜んでいるではありませんか。後半は世界一不機嫌そうなサタデーナイトフィーバー。マルホタといい。脈絡のないのが流行っているんですかね。不機嫌そうに、よーく滑っていました。もうちょっと笑ってみないか?キスクラの左側の人は、よくスペインのジャッジしてる人かなー。

ジュリアン爺
3A 3F-3T 3Lz
本日のアイプッタ担当。とても激しい動きで、明後日のアイプッタ担当ストクリ・ヴァネシプとは全然違います。妖しさがなさすぎて、これだと呪文をかけるんじゃなくて、実力行使で女をものにしそうな感じ。

ヴァシリエフス
3A 3Lz-3T 3F shaky
世界一難しいジャンプ3Lz-3T降りた!!!!!3Fの着氷は生贄に捧げましたが。ステップは前半部分が世界ジュニアに比べると抑え気味だったかなと思います。連戦がしんどいのか、単に抑えただけなのか。回転不足取られなくてよかった。PCS評価が格付け上位の選手バコ抜きしそう。

5sutagunantokasan.jpg
彼氏同伴チョックさん

美青年ケリー
4T so 3A 3Lz-3T
彼はどのジャンプも満遍なく失敗するので、どこも安心して見られません。だから例えば前2つがよくても、3つ目で失敗するのもよくあります。今日はなんと4Tで失敗しただけ!!!!!びっくり!コンビネーションスピンでトラベリングしましたけど、昔は演技後半になると、スピンが強烈に遅かったので、それを考えると今は見違えるほどよくなりました。あっこちゃんの2011年から2012年の間の謎のスピン上達と同じぐらい謎の上達。マーク・ピレイが珍しくキスクラに。

6biseinen.jpg

ベセギエ
4T-3T 3A 2Lz
フランスたった1人の代表。2人出せば、12位と16位以下でも2枠取れるのにマジイミフランス。PCSがガッツリ低評価。お気に召さないですかジャッジさん。淡々としていたかなとは思いますが。

リギーニ
3A 3F tano 3Lz tano-3T
おしゃれな真鯉みたいな衣装。こどもの日まであと1ヶ月ほどですからね。この衣装竿にぶら下げときますか。タノコケがなくてよかった。加点要素になるところで転倒してしまうとどうしようもないので。15番滑走でエンディング感でした。ガッツポーズの運動量多い。

ビチェンコ
3A shaky 4T fall 3F-3T shaky
パリピ28歳。パリピ28歳ビチェンコさんは、練習しているニュージャージーではパーティーに行かないらしい。公私混同しないタイプ。ユーロからステップが急激によくなったわけですが、一体どのような練習を経て、こんなに緩急をつけられるようになったのか。チャイト化粧濃すぎてチャイトじゃない人かと。最近のキスクラ不在は産休だったんだっけなー忘れた。

7partypeople.jpg

マルティネス
3Lz hd-2T 3A 3Lo so
ジャンプが決まらないのは成長の影響でしょうか。スピンは四大陸より戻してきたように見えます。大人の体型に慣れていくしかないですね。庶民では着られないヒラヒラ衣装。

ハンヤン
4T fall 3A to 1Lz
やーや・・・・・4Tがかわいいコケ方だなあとのんきに見ていたんですけど、3Aであれ・・・1Lzで・・・・・。これはダメなやつ。でも振付はめちゃ板についていて、かなり自然に動けていました。これをジャンプが全部降りられて気持ちが乗っているときに見たかったです。あああああああああああああああああああああああ??????????????????ミスはあっても、ここまでPCS下げるような演技ではなかったような。中国3枠復活とか、そういう話じゃなくなりました。

ミハル
3A shaky 4S fall 3F ot-3T
鉄板高品質の3Aがクリーンに決まらない。加点はついたっぽいけど。4Sはいつもの。いつものだけど、滑りにいつものキレがないです。うーーーーん。バックステージでホタレックさんとキャッチボールするミハルの腕がガリガリ。なんかおごったるから、もっと肉つけて。

ミーシャ
3A 3Lz-3T 3F
ジョニーみたいな衣装を着た草太みたいな衣装を着たミーシャ。新プロのピアノ協奏曲でした。大きなミスのない演技でした。今回も自作だと思うので、それほど革新的なものを見せたわけではありませんが、怪我明けでよくがんばりました。挨拶がしっとりしすぎて、演歌歌手ばりでした。

ニューエン
4T fall 1A 3Lz-3T
スピードがなくて、ジャンプが上がりません。成長がジャンプにダイレクトアタック。シーズンオフの間にまた感覚をつかむしかないです。時間はあるさ。スケ連から枠のために派遣されたかもしれないですけど、ただでさえ不安定な上に、プレッシャーもかけられて気の毒なだけでした。

りっぽんぽん
3F-3T 3A 3Lz tano
一般の人間の髪の色になりました。あんなの佐伯チズぐらいしかしませんからね。質は完璧ではないにしろ、このミス出まくりの中ではミスなくSPを終えるのが1番です。アメリカン発狂スタオベいただきました。こんなもんかと思いましたけど、りっぽんぽんのパーソナルベストって82しかなかったんですね。へえ意外。

8rippon.jpg


ボーヤン
4Lz ot-3T 3A 4T
オーバーターン そしらぬ顔で 3トゥ ボーヤン比ではそんなにでもない演技でしたけど、ジャンプをしっかりと降りて、大きな問題はありませんでした。PCS発狂はなしで、普通のスコアが出ました。なんて妥当な。

アーロン
4S hd 3A 3Lz-3T
演技を完璧に見せることが目標らしいのに、ステップでスタンブルがありました。外国の選手が狭いリンクに不慣れでってことなら分かりますが、アメリカンがスタンブルは。ボーヤンよりトランジション下ということは、完全なるトランジション不足認定ですね。上体の動き、立ち止まっての動きだけでフィギュアスケートで点数をもらおうとするのは、挑戦ではなく無謀である。もしやろうとするなら、めっちゃ滑る→ピタッと止まる→めっちゃ滑るを格カテゴリーで1番上手い選手がやる。とかなら分かります。

9max.jpg

昌磨
4T 3A 3F-2T shaky
4Tでも3Aでもなくて3-3かーーーーーい。(見る方が)油断大敵です。とてもよく動いていましたけど、ステップの途中でスリップしかけたように見えたのは気のせいでしょうか。3-3の失敗で焦ってしまったのかも?コンビネーションスピンでのトラベリングがもったいなくて、頻繁にそれが出てしまうので、直せればいいですね。0.1点でも0.2点でも高くて困ることはないです。インタプリテーションが低めでした。

なんですくん
4T-3T 4S fall 3A
きれいな4-3が入りました。4Sは転倒ですが、回転さえ足りていれば、トリプルを入れているときと同じぐらいの点数はもらえます。本当によく滑り込まれていました。転倒がなければ106点といったところでしょうか。

テンくん
4T so 3A 3Lz-2T fall
ジャンプが決まらないです。4Tはスピードが足りないのかなと。ステップはさすがでした。前後左右上下めくるめくポジションチェンジで、動きバリエーションが豊富です。2月か3月男の力発揮できずでした。だってもう3月終わりかけですもんね。ロンドンワールドは3月の中旬でしたから。これは日程のせいだ。そうだ!メダル争いから後退。

10kun.jpg

Pさん
4T-3T 3A fall 3Lz
Pさんがリーゼントになっているではありませんか。25歳で反抗期がやってきてしまったんですか?ダイナミック4T-3Tから、ナイアガラの滝のような豪快な3A転倒。エッジコントロールはダントツに上手いですね。なんでこんなにあっちこっち行ったり来たりできるのか。

羽生
4S 4T-3T 3A
とにかく抜けがなけりゃ1回コケても大丈夫・・・と思いながら見ていました。4Sでいきなり満点で一安心。4Tは着氷が怖かったですが、3Tまで繋げました。「見たかーーー!」誰に?誰に言ったの?マモノ?修造?今回もステップがレベル3でした。マモノの呪い?

11yuzuru.jpg

コフトゥン
4S-3T 3T 3A so
3T2回。あっ・・・・・点数。ブイアノワの絶対領域が目に入る。全国3000万のブイアノワファンの皆さんお待たせいたしました。2年連続でコフトゥンの精神をズタボロにする滑走順。これからはワールド前にランキングを下げて、最終グループ回避しますか。

やはりというか、力のある選手が揃っていても、ノーミスの連続にはならず、こういう結果になってしまうものです。そういうものなんです。コリヤダが2番滑走から最終グループ入りという大健闘です。これはすごすぎます。羽生はLPで失敗する余裕が生まれたので、リラックスしてやって欲しいです。1回転倒と1回ステップアウトぐらいなら大丈夫でしょう。Pさんはこの大会で引退か決めるそうなので、オリンピックまで続ける決意に至るような演技になれー。まだトップ5の順番がどう入れ替わるかは分かりません。

なんですくんとPさんのPCSに10.00をつけているジャッジがいました。転倒のときには10.00は避けてもらいたい。転倒絶対絶対悪厨ではありませんが。全体的にシェイキーなランディングぐらいなら、プラスがつけられているようです。ガバガバシェイキー。トラベリングしたスピンとかもプラスついてますし、それでいいのか。

まさかハンヤンとニューエンがSP落ちするとは。
Comment:18
2016
03.31

世界選手権 1日目 アイスダンスSD

祭りだあああああああああああああああああああああああ!!!

アイスダンスSD
1 Q Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)76.29 PB
2 Q Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI(アメリカ)74.70 PB
3 Q Madison CHOCK / Evan BATES(アメリカ)72.46
4 Q Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)71.83
5 Q Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)70.70 PB
6 Q Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)70.65
7 Q Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)68.44
8 Q Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND(イギリス)68.23 PB
9 Q Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV(ロシア)67.68
10 Q Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)65.96
11 Q Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)63.84
12 Q Federica TESTA / Lukas CSOLLEY(スロバキア)61.75
13 Q Isabella TOBIAS / Ilia TKACHENKO(イスラエル)60.97
14 Q Natalia KALISZEK / Maksim SPODIREV(ポーランド)59.88 PB
15 Q Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN(デンマーク)59.75
16 Q Kana MURAMOTO / Chris REED(日本)59.00 PB
17 Q Cecilia TÖRN / Jussiville PARTANEN(フィンランド)56.51 PB
18 Q Kavita LORENZ / Panagiotis POLIZOAKIS(ドイツ)54.80
19 Q Barbora SILNA / Juri KURAKIN(オーストリア)54.63
20 Q Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN(ウクライナ)53.64
21 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR(トルコ)53.56
22 Shiyue WANG / Xinyu LIU(中国)52.92
23 Elisabeth PARADIS / Francois-Xavier OUELLETTE(カナダ)51.94
24 Cortney MANSOUR / Michal CESKA(チェコ)51.68
25 Rebeka KIM / Kirill MINOV(韓国)49.79
26 Celia ROBLEDO / Luis FENERO(スペイン)49.58
27 Tina GARABEDIAN / Simon PROULX-SENECAL(アルメニア)47.11
28 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV(ベラルーシ)40.82
29 Olga JAKUSHINA / Andrey NEVSKIY(ラトビア)40.80
30 Anastasia KHROMOVA / Daryn ZHUNUSSOV(カザフスタン)40.69

パラウェレ
あっちに繋いでなんやかんやしながら見ていたので、ちゃんとは分からなかったですけど、すごく動きが大きくて伸び伸びと滑っていました。演技の途中でTESカウンターが消え、スコアのバーも表示されない。

アリアル
パラウェレより高いスケーティングスキルが出ました。カナダ3番手より上が出るというのは、かなりいいですね。デトロイトに移った効果は出ているのかな?でも、パーシャルとローテーショナルリフトのスピードが少し足りなかったかと。

トビトカ
人妻になりかけトビアスさんが滑るシンデレラ。それを考えると背景としては合っているのかもしれない。トビアスさんは滑りの滑らかさが増したような気がします。トカチェンコさんは髪が伸びて、胡散臭さが増しました。

キャプ翼組
女性が大きくスタンブルしたところがありました。ツイズルでもバランスを崩しましたし、よくない出来でした。シーズンのスタートがよかっただけになあ。大きな大会で結果を出すのは難しいです。キャプ翼デカいよキャプ翼。

ヤクシナ&ネフスキー
ツイズルが上手にできました。ただ、ワールドに出ている他のカップルに比べると、根本的に技術力がそれほど・・・という印象。特に男性にそう感じました。どうして衣装でそこまでサソリをアピールしたがるのか。

カリスポ
とても2016年とは思えない空気。2人が演技するときは、1999年ぐらいになります。これは先生のせいなのか、きっとそうに違いない。上手いんですけどね。

クロモワ&ズヌッソフ
美脚ストレートラインリフトでスタート。男の子の存在感が女の子により掻き消されていました。リードができていないです。コーチやってるゲレイロのかーちゃんゲレイロっぽい。

ジルクラ
クラキンは28歳なのに、ヒゲ生やした大学生みたいな雰囲気なのは、この細さのせいでしょうか。とても187cmもあるようには見えないです。てっきり170台前半かとばかり。もうちょっと滑りのガチャっとするところが解消されたら素敵なんですけど、結構TES出ました。

シニカツ
パターンダンスのレベルが取れませんでした。現実的な順位を考えると最高6位でしょうが、この取りこぼしでは難しいです。いつもおかしなツイズルは合っているかと思わせておいて、3つ目でズレました。いつもは足の角度がバラバラで美しくないのですが、今日は合わせていました。今日は爆走せずにコントロールされた演技です。ユーロやナショナルみたいに爆走をすると、この狭いリンクだと激突しますからねー。9番滑走で9点台まで出ますか。

1katura.jpg

マンスール&チェシカ
パイポーとのプログラムの落差が理解不能な、アメリとラヴィアンローズ。どうしてこんな組み合わせになったのか。シュピルチームに移っても、特に変えるわけでもないのですね。チェシカさんジュニアの頃から見てるけど、こんな顔だったのか。チェコ人なのにハゲてないですが。

トルパル
トルンさんの身のこなしがめちゃくちゃ柔らかくてナチュラルになっているではありませんか。今シーズンすごい伸び率ですよこの2人。SDは個人的には微妙だったのに、この演技はすごくよかったです。

ロブフェネ
去年のスパニッシュと勘違いしているのではないかと思うような選曲でした。これはワルツとマーチなのだろうか。ロブレドさんはレオノワっぽい。

かなクリ
(見る方が)ドキドキのワールドデビュー。パターンダンスはやや慎重な入りでしたが、乱れなく。ツイズルはきれいに入りました。加点は少ないですけど、ミスがないのが1番です。胸張ってマーチで行進するところの振付よいなーかわいいなー。59点!!!!!7点台2つもワールドで出るなんて。やったぜ。

今彼組
ますます上手くなる転向して1年くん。リードも出来ているし、滑りもきれいなので、次はもっともっと音に合わせて演技することを意識していければPCSももらえそうです。そうだ京都へ行こう。タイムリーな曲。今週末はお花見によさそうです。

2imakare.jpg

ガラベティアン組
細い美女ガラベディアンさん。モントリオール産とは思えないほど背筋がないです。くるみ割り人形からの謎編曲でしたが、セガビロの振付の先生がコーチなので納得しました。こういう謎曲が好きなんでしょうね。男性の姿勢がリードするときにブレるのが気になりました。

テスチェレ
ユーロよりいい演技でした。でもユーロの方が点数は高いんですね。まあいいや、自分の中ではいい演技だから。僕は前の正統派のプログラムの方が、チェーレイの姿勢の美しさが際立っていて好きでした。

ナザニキ
ナザロワの怪我明けでとても心配でしたが、演技よりもまず体つきです。スポーツ選手とは思えないほど体がガリガリになっていました。筋力が落ちてしまったのか、ご飯を食べていないのか。滑りはいつもに比べるとかなりフラットで、万全とは言いがたいです。

フルソレ
ツイズルで男性がバランスを崩して、レベルの取りこぼしがありました。今更なんですけど、マリーさんのチームだけワルツじゃなさが光り輝いていますね。このテーマの無視ほんとすごい。

キムミノ
レベッカさんのお花はあれだ、卒業式っぽいんだ。もうちょっと工夫が必要だったのかもしれない。今日の演技は勢いが足りなかったと思います。FDが好きなんですけど、SDで大会は終わりです。TCCに期待。

ワンリウ
パターンダンスは結構よかったと思うんですけど、レベルが全然取れていませんでした。個人的に身長差はだいぶ気にならなくなってきました。と言いたいところですが、パーシャルでは気になりました。

ペニコラ
とてもいい出来でした。このグループの選手は、1歩の伸びが全然違います。演技の最初とパーシャルでのバックランドのイーグルよいです。4連続はちょいズレでした。シブタニズみたいにやるのは難しそうです。演技の途中から襟がピロピロとしていたのですが、演技には影響なしでした。

ハベドノ
地元なのにコールを間違われるという。パターンのレベル取りこぼしで始まりました。大きな滑りで、演技としては悪くはなかったんですけど、もっと影みたいなものがあったのに、それが今日は感じられませんでした。暗い闇をパーンとはらうようなマーチパートだったのになー。気合が入りすぎだったのかもしれない。

4madison.jpg

ステブキ
見納めバーテンダー。なんか語呂がいい。見納めバーテンダー。AKBの曲っぽい。ユーロのSDは奇跡か何かの瞬間だったのでしょうか、そのときのFDと同じく膝の使い方が元に戻ってしまったように思います。でもパーシャルの勢いはユーロよりもよかったと思うんです。でも総合的に見るとユーロかな。

5tyubakka.jpg

ギニャファブ
スピードをビュンビュン出した演技でした。パーシャルレベル4取れたと思ったのにレビューで下がってしまいました。ユーロまではギニファブしかパーシャルレベル4がいなかったので、いつもライン上の微妙なところなんでしょう。

パイポー
ポールの入りとパイパーの2つ目のツイズルが危なかったですけど、きれいにまとめました。振付は同じで無理やりビートルズメドレーにしましたけど、会場は盛り上がっていたからきっとこれでいいんでしょう。前のは挑戦的で変なコンセプトですごく好きだったんですけど。ロシアの放送の音が遠くて、音楽に合っていたかよく分からなかったです。3歳の子供に見せても安心のプログラム。パイパーの驚き方はおもしろい。65点→70点とパーソナルベスト突き破りました。

6pipo.jpg

シブタニズ
ぷおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!さらにここでレベルが変わります。昨シーズンの時点ではパイポーに抜かれようかというところだったのに、大きな差をつけました。オールレベル4の素晴らしい演技です。ツイズルは完璧ではないけれど、それでも素晴らしい。演技がいいと、おもしろお人形さん振付も映えますねえ。

チョクベイ
滑りはとても美しいし、そこに関してはシブタニズの上なんですけど、ツイズルのミスとか、とにかくもったいないミスやレベルの取りこぼしが今シーズンは頻発しているんですよね。ステップでなら分かりますけど、それ以外の取りこぼしという、本来ならばあってはならないところで。PCSは・・・あれスケーティングスキルがシブタニズより低い。

ウィバポジェ
この大会で地元3組以上にプレッシャーがあるであろう2人。レベルが・・・ツイズルが・・・というところはありました。TESも稼げてはいないです。華はすさまじかったです。コミカル~コミカル~謎のイル・ディーヴォと続いたので。チョクベイと全く同じPCSになりました。緊張もありましたかね。

カペラノ
ツイズルが少しズレましたが、なんとかまとめました。シャシャシャーという回転のカップルが多いので、ヌルルルルルルーンという回転は目立ちます。貫禄がありました。ってあれーーーーーTESが速報より下がり、PCSも伸びずにパイポーの下にきました。最終残れず。

7luca.jpg

パパシゼ
はい、圧倒的。なんかもう、全然レベルが違いました。他のカップルが勝てないです。シゼロンのエッジの倒し方なんでしょうか、どうなってんの?ってぐらい倒していました。パパダキスも復活して、ユーロみたいな遅れて滑る感じもなかったですし。いやー強い。SDの出遅れだけが弱点だったのに、もう。クリアしちゃいました。

オールレベル4はパパシゼ、シブタニズ、パイポー、ペニコラでした。パーシャルと何か1つレベルが3になると、順位が下がってしまいます。それがウィバポジェとカペラノでした。カペラノはまさかの最終グループ漏れです。優勝争いは上位2組に絞られました。シブタニズがオールレベル4で、パパシゼがステップでレベルを取りこぼせば可能性があります。アメリカのメダルが2つになるのか1つになるのか。カナダは10年連続のメダルが途絶えてしまうのか。

kyamberu.jpg

オープニングセレモニーにウェスリー・キャンベルさんがいました。ナバボメもいました。

最近のウェスリー・キャンベルさんのした仕事貼っておきますね。15歳以上は見ていいですよ。
http://fashionablymale.net/2016/03/26/wesley-campbell-for-nothingbutjeans-by-serge-lee/
Comment:4
2016
03.30

小ネタ×13 「ピョンチャンオリンピックの時間帯」など

ワールド直前小ネタ。

*イスラエル移籍に必要なこと
http://www.goldenskate.com/2016/03/alexei-bychenko/
アレクセイ・ビチェンコさんがイスラエルに移籍したのは、ウクライナからの支援がなく、未来が見えないから。その当時のコーチが、チャイトのお父さんである、ボリス・チャイトに話を持ちかけて移籍が決まったそうな。お母さんの家系がユダヤだそうです。これにより、イスラエル移籍に必要なことがわかります。
1.シングルスケーターはユダヤの血がちょっとでも混ざっていること。
2.ペアスケーターとアイスダンサーは、片方がユダヤの血が入っていること。
3.連盟会長のチャイト父と仲良くなること。
こうすれば国籍も取れます。3が割とマジで大事。

*愛のペアでした
http://web.icenetwork.com/news/2016/03/14/167414560
アメリカのペア、エリカ・スミスさんのインタビューを読んでおりました。ネイサン・バーソロメイとのペアを解散した後、4年間競技をしていなかったけれど、競技の場に戻ってきた。韓国から養子にもらわれてきて、2018年のピョンチャンを目指しているとの言葉の中で。"As it happened, she and her boyfriend, Reiss, turned out to be a great match on the ice as well as off." どおりで。どおりで全米で口でチュッチュチュッチュしていたな。愛のペア増えてきた。

*ヨガマスター

As always, had an absolute blast shooting outside today with @dtufino_photo. Wearing @k.deer 🌟

Katrina Hackerさん(@katrinahacker)が投稿した写真 -

アメリカの超美人カトリーナ・ハッカーさん。現在はヨガマスターになっていました。アメリカ人ヨガマスターになりがち。

*独り身あるある早く言いたい

独り身あるある早く言いたい 独り身あるある早く言いたい 独り身あるある早く言いたい 独り身あるある早く言いたい 食器溜めすぎて 水切りそびえ立ちがち。 by マーヴィン・トラン

*タニス・ホワイトさん

ほう・・・・・。

*堂上さんのお食事

Dinner date with Goku! #dragonballz #lovetocook #eathealthy #athleteskitchen #imanerd

Zach Donohueさん(@everezt_91)が投稿した写真 -

ザカリー・ダナヒューさんは、ドラゴンボールを見ながら食事。でもそれよりも、怪しげなオーガニックグリーンティーが気になる。そして、アメリカ人の食事なのに不味そうじゃないことが気になる。

*ナショナルパピーデー

クリス・クニエリムさんの犬。パピー?子犬?アメリカ人の「ナショナルなんたらデー」好きは異常。

*美しさ神域

キャロル・ヘイス・ジェンキンスさんは、1940年生まれの76歳。こんなきれいなばーちゃんは、そこらにはいないでしょう。いじっているとしても、こんなにキープはできないだろうし、すごすぎる。

*すごく出たそう




チームチャレンジカップにすごく出たそうなマキシム・コフトゥンさん。なして?

*動画ゲットだぜ

メーガン・デュハメルさんは、夫が出場した2002年世界選手権の映像が見たいらしく、ツイッター民に映像提供を呼びかけていました。心優しい方が現れ、YouTubeにもアップされていました。ブルーノ若かったよ。髪が黒いよ。

*僕、ビビる

夜遅くにネタ探しに彷徨っており、タイムラインをスクロール。すると、髙橋大輔さんのこの表情がドンと出てきました。深夜にこの表情は反則だわ。ビクンッてしました。

*マディソン・ハベルさんが・・・

マディソン・ハベルさんの3着目か4着目のFDの衣装です。なんと!!!!!普通です!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!ほらーーーデコルテ出そうって前言ったから、きっと願いが届いたんですよ。まあ襦袢だけどいいんですよ。

ハベドノ19

大抵の衣装が似合わないマディソンの1番似合うのがこれだったので。これはデコルテ出ているでしょう?

*ピョンチャンオリンピックの時間帯
http://www.globetrottingbyphiliphersh.com/home/2016/3/29/exclusive-figure-skating-in-morning-at-2018-olympics
去年でシカゴトリビューンを辞めた、スケートファンにはおなじみフィル・ハーシュによると、オリンピックの競技は朝10時から始まるそうです。これは、アメリカのゴールデンタイムに合わせるためだそう。予想はしていたことですが、本当にそうなるんですね。うわあ。さすがクソアメリカメディア様。選手何時に起きるんです?5時?6時?ないわー。時差のない日本人が仕事休めずに試合見られないのは、どうでもいいんです。選手が万全のコンディションで4年に1度の大会に臨めないのがいけない。1番視聴率が取れるんだから、日本のテレビ局負けんなや。さて、みなさん。2年後の有給申請しといてくださいね。

世界選手権が間もなく始まります。Luce Waldでは、全種目を早めにお伝えします。今シーズンは更新頻度が激落ちしておりますが、大会見るためですんで。ブログはスケートに飽きるまでやめへんでー。
Comment:6
2016
03.27

あきお!!!

!!!!!!!全日本のアイドル、笑顔製造者佐々木彰生が、大学への復学を決めたそうです。また、復学と共に横浜銀行アイスアリーナ(旧神奈川スケートリンク)で働き始めます。

皮膚の病気(過去のツイートから見ると、掌蹠膿疱症?)を直し、体づくり、練習を経て、いずれはプロスケーターとして滑ることを考えているそう。うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!一番プロに適していた人が、プロになる宣言!これは嬉しいニュースです。いや、ほんと。いや、ほんとに、あきおの演技がまた見たいですよ。ショーに出られるまで回復したら、プロモーターたちは早急にオファーせよ。
Comment:2
2016
03.27

イゴール・パシュケビッチ氏が死去

http://www.fsrussia.ru/news/2036-v-majami-tragicheski-pogib-trener-igor-pashkevich.html

ソ連、ロシア、アゼルバイジャン代表として大会に出場し、近年はコーチとして精力的に活動していましたイゴール・パシュケビッチの訃報が入りました。アメリカのマイアミでお亡くなりになったそうです。まだ44歳という若さでした。過去は日本の選手だと村主さん、今はリギーニのコーチとして名前があります。


お悔やみを申し上げます。
Comment:6
2016
03.20

世界ジュニア選手権 4日目 アイスダンスリザルト

終わりだよ。

アイスダンスFD
1 Lorraine MCNAMARA / Quinn CARPENTER(アメリカ)97.40 PB
2 Rachel PARSONS / Michael PARSONS(アメリカ)94.86 PB
3 Alla LOBODA / Pavel DROZD(ロシア)92.26 PB
4 Elliana POGREBINSKY / Alex BENOIT(アメリカ)87.78 PB
5 Betina POPOVA / Yuri VLASENKO(ロシア)87.65
6 Anastasia SHPILEVAYA / Grigory SMIRNOV(ロシア)87.40 PB
7 Angelique ABACHKINA / Louis THAURON(フランス)86.91 PB
8 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)84.61
9 Mackenzie BENT / Dmitre RAZGULAJEVS(カナダ)81.85 PB
10 Nicole KUZMICH / Alexandr SINICYN(チェコ)79.83 PB
11 Sara GHISLANDI / Giona Terzo ORTENZI(イタリア)78.99
12 Melinda MENG / Andrew MENG(カナダ)76.23
13 Marjorie LAJOIE / Zachary LAGHA(カナダ)75.49
14 Ho Jung LEE / Richard Kang In KAM(韓国)69.03
15 Ria SCHWENDINGER / Valentin WUNDERLICH(ドイツ)65.13
16 Anzhelika YURCHENKO / Volodymyr BYELIKOV(ウクライナ)64.99
17 Maria GOLUBTSOVA / Kirill BELOBROV(ウクライナ)63.41
18 Maria OLEYNIK / Yuri HULITSKI(ベラルーシ)61.29
19 Rikako FUKASE / Aru TATENO(日本)59.47
20 Alexandra BORISOVA / Cezary ZAWADZKI(ポーランド)57.51 PB

アイスダンスリザルト
1 Lorraine MCNAMARA / Quinn CARPENTER(アメリカ)163.65 PB
2 Rachel PARSONS / Michael PARSONS(アメリカ)162.74 PB
3 Alla LOBODA / Pavel DROZD(ロシア)151.19
4 Elliana POGREBINSKY / Alex BENOIT(アメリカ)146.83 PB
5 Anastasia SHPILEVAYA / Grigory SMIRNOV(ロシア)146.55 PB
6 Betina POPOVA / Yuri VLASENKO(ロシア)146.21
7 Angelique ABACHKINA / Louis THAURON(フランス)145.25 PB
8 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)144.26
9 Mackenzie BENT / Dmitre RAZGULAJEVS(カナダ)138.61 PB
10 Sara GHISLANDI / Giona Terzo ORTENZI(イタリア)131.18
11 Nicole KUZMICH / Alexandr SINICYN(チェコ)128.91 PB
12 Melinda MENG / Andrew MENG(カナダ)128.83
13 Marjorie LAJOIE / Zachary LAGHA(カナダ)128.06
14 Ho Jung LEE / Richard Kang In KAM(韓国)119.13
15 Anzhelika YURCHENKO / Volodymyr BYELIKOV(ウクライナ)112.65
16 Ria SCHWENDINGER / Valentin WUNDERLICH(ドイツ)109.00
17 Maria OLEYNIK / Yuri HULITSKI(ベラルーシ)106.31
18 Maria GOLUBTSOVA / Kirill BELOBROV(ウクライナ)105.90
19 Rikako FUKASE / Aru TATENO(日本)102.10
20 Alexandra BORISOVA / Cezary ZAWADZKI(ポーランド)100.31 PB

りかある
常に笑顔をキープしているのがいいです。ツイズルでミスったあともですよ。てか、まだ組んで浅いのに、なんでこんな後ろの方にツイズルを入れているのだろう。チャレンジャーすぎません?

ドイツ組
マリリン・モンローのメドレーなのに、衣装のリボンがマイフェアレディなのはどうして?マリリンでありオードリーなの?欲張りなの?リフトなんかいいと思うんですけど、女の子は強すぎてチャーミングさが足りないし、男の子は振付を必死にこなしている。まだまだやらなければいけないことはたくさんありそう。

ホジュン&リチャード
ニュージー生まれのリチャードより、普通の韓国人のホジュンの方が表現することに躊躇がないです。ステップのときに女性が前傾姿勢になったり、男性がターンを踏むうちに離れてしまうなど、ステップではまだまだ課題があります。でも表現はすごい。最後のくるくるかっこよかった。

クズミチさん組
スケ感のある衣装に、フードまでつけたカジュアルなお葬式スタイル。いや、これだと7回忌ぐらいかな。ここでちょっとレベルが変わりました。身のこなしや振付が違います。演技終わった瞬間に、クズミチさんがポンポンポンポンシニツィンを叩く。

ギスオル
素敵なプログラムがさらに素敵になっていました。よく滑るようになりました。レベルはとれていないのだけれど。

マージョリーさん組
客席から野犬の遠吠えが。アウアウアウーーン。マリパトのチームの生徒なのにSDもFDも普通であることへの違和感。懐メロじゃない。男の子が後半疲れてきていましたけど、どうにか最後まで持ちました。

ユルチェンコ&ベリコフ
ロボドロと同じパガニーニのやつでした。上手な人たちが滑っているのと頭の中で比べると、速いテンポの曲を滑る難しさが分かります。でもしっとりばかりでもおもしろくないので、ナイスな挑戦だったと思います。

ベントさん組
客席から野犬の遠吠えが。アウアウアウーーン。ダンススピン、ツイズルときれいな流れでのスタートでした。SDでは男性が女性に追いついたと思っていたんですけど、FDではやはりベントさんの方が上手くて、リードされていない感じ。それと、カーブリフトの下ろし方がもう少し丁寧だといいなあ。でもミスはなかったので、よかったです。この大会に向けて映画見たんです。長かったけど見たんです。そして見終わって気づいたんです。僕が見たの、ベン・ハーじゃなくてスパルタクスだって。ふふっ。

メンズ
客席から野犬の遠吠えが。アウアウアウーーン。この身長差なのに、どうして首の周りにまきついて、体を伸ばすという1番遠心力のかかるリフトをやるのか。兄が死んじゃう。心なしかローテーショナルの後、ギア落ちちゃいましたよ。

ロボドロ
1つも失敗しなければメダルも十分狙えるという位置からのFDでした。そんな状態で、ロボダさんがサーキュラーでスタンブル。これはもったいない。エレメンツの直前までトランジションがあって、プログラムの複雑さはさすがでした。葉加瀬太郎も見納めです。

ポポブラ
今日はポポワさんの調子がよかったのですが、あまりに調子がよすぎるのか、ツイズルで荒ぶって取りこぼしました。後半は荒ぶり過ぎてしっちゃかめっちゃかになって、音楽にあっていなかったかも。そんなカツラみたいなこと・・・。

1popovla.jpg

ここからカナダじゃなくても奇声が発生。子供は元気ダナー。

アンルイス
今大会ものすごく調子がよさそうなこの2人。氷が合っているのかな。SDと同じくスピードに乗ったいい演技でした。僕がフィギュアスケートの全エレメンツの中で1番好きな、ドムシャバのスパルタクスのストレートラインリフトには負けるけど、2人のストレートラインリフトもなかなかでした。ファビアンのストールは服に全然合ってない気が。

2anlouis.jpg

マリロマ
新婚夫婦世界ジュニアのメダルのチャンスでしたのに、夫のツイズルが崩壊しました。時代は移り変わっても、フランスはフランス、かもめはかもめ。ツイズルの弱さは変わらない。Come togetherは、プロパガンダのために入れなきゃいけないのか。どうしてやたらと入っているんだ。来シーズンは年齢的に強制シニアです。

3shpil.jpg

ポグブノ
ブノワがツイズルでコケなかった。それに尽きます。昨シーズンは、伝説の2コケを達成しましたからね。ポグレビンスキーさんの突き刺さりそうなビールマンのリフト素晴らしい。長身カップルはいいわー。

4pogubuno.jpg

パーソンズ
素晴らしかったです。兄のポジションのブレなさよ。足を前に上げても斜めに上げても上体がブレなくて、実に美しい。それが一層、余裕を持って演技しているように見せます。そんなに音楽に盛り上がりがあるわけではないのに、魅せられました。

5imouto.jpg

シュピスミ
一切性の匂いをさせないカップル。ロシアにあってこの存在は異様です。ロシアの男なんて、雄感出しまくりですからね。この性の感じのなさがこれからどう転ぶか。エロくないダンスは、ダンスじゃないみたいなところがありますからね。男女のエロだけではなく、人間そのもののエロみたいなものも含めて。傘みたいなリフトがありますけど、シェルブールの雨傘はあんまり傘関係ないんですよねー。

6syupisumi.jpg

マクカー
掴みのエレメンツなしに、いきなりステップで演技に入っても惹きつけられます。優勝を意識したのか、後半はやや慎重に見えました。でも、さすがでした。顔芸も冴え渡っておりましたよ。

7makunamarasan.jpg

8makuka-.jpg

9podium.jpg

来シーズンの枠は
3枠 アメリカ、ロシア
2枠 フランス、カナダ、イタリア
となります。

ロシアは2番手と3番手が入れ替わり、フランスは1番手と2番手がひっくり返りましたが、大荒れはなく、表彰台の順位もまったく荒れずでした。パーソンズはステップがレベル2になっていなければ優勝でした。本当に惜しかった。シニアはカップルの数もカツカツですし、ジュニアに残るのかな。ロボドロはまだジュニアに残れますけど、問題はポポブラ。もうシニアの年齢になります。国際Bには出してもらえるでしょうが、そこからが問題です。上が強すぎてどうしようもない。来シーズンどうなっているのか。
Comment:2
2016
03.20

世界ジュニア選手権 4日目 女子リザルト

女子LP
1 Marin HONDA(日本)126.87 PB
2 Wakaba HIGUCHI(日本)125.65 PB
3 Maria SOTSKOVA(ロシア)123.94 PB
4 Elizabet TURSYNBAEVA(カザフスタン)120.72 PB
5 Yuna SHIRAIWA(日本)115.36
6 Tyler PIERCE(アメリカ)110.63 PB
7 Ivett TOTH(ハンガリー)103.72 PB
8 Angelina KUCHVALSKA(ラトビア)103.37
9 Ha Nul KIM(韓国)97.99 PB
10 Lea Johanna DASTICH(ドイツ)95.96 PB
11 Amy LIN(中華民国)94.62
12 Diana NIKITINA(ラトビア)94.43
13 Sarah TAMURA(カナダ)93.21
14 Bradie TENNELL(アメリカ)88.96
15 Maisy Hiu Ching MA(香港)85.42 PB
16 Anastasia GALUSTYAN(アルメニア)81.55
17 Lucrezia GENNARO(イタリア)81.51
18 Anastasia GOZHVA(ウクライナ)81.28
19 Xiangning LI(中国)80.56
20 Kyarha VAN TIEL(オランダ)79.24 PB
21 Alizee CROZET(フランス)75.25 PB
22 Juni Marie BENJAMINSEN(ノルウェー)70.93
23 Suh Hyun SON(韓国)69.23

女子リザルト
1 Marin HONDA(日本)192.98 PB
2 Maria SOTSKOVA(ロシア)188.72 PB
3 Wakaba HIGUCHI(日本)183.73
4 Yuna SHIRAIWA(日本)171.59
5 Elizabet TURSYNBAEVA(カザフスタン)170.83
6 Tyler PIERCE(アメリカ)167.19
7 Angelina KUCHVALSKA(ラトビア)161.29
8 Ivett TOTH(ハンガリー)153.70 PB
9 Ha Nul KIM(韓国)150.36 PB
10 Diana NIKITINA(ラトビア)149.02
11 Bradie TENNELL(アメリカ)147.52 PB
12 Lea Johanna DASTICH(ドイツ)143.63 PB
13 Sarah TAMURA(カナダ)141.32 PB
14 Amy LIN(中華民国)139.14
15 Maisy Hiu Ching MA(香港)138.11 PB
16 Anastasia GALUSTYAN(アルメニア)137.35
17 Anastasia GOZHVA(ウクライナ)132.27
18 Kyarha VAN TIEL(オランダ)127.18 PB
19 Lucrezia GENNARO (イタリア)125.25
20 Xiangning LI(中国)123.94
21 Alizee CROZET(フランス)120.59 PB
22 Juni Marie BENJAMINSEN(ノルウェー)116.63
23 Suh Hyun SON(韓国)115.41
WD Alisa FEDICHKINA(ロシア)

韓国のスヒュンのアリランの衣装いい。宮廷の庭で、お菓子を食べながら梅を見ている感じの衣装。守りに入っていないカラフル衣装。韓国女子とは思えない攻め方。

シャンニンのキスクラにいるミンシューにすっかり貫禄が。現役時代はあんなに細かったのに。

イヴェット
3T-1Lo-3S 3F 3Lz-2T 3Lz so 3S+2A 1Lo 2A
イヴェットさんが1ステップアウト、1抜けでまとめるのはかなりのレア演技です。しかもこんなに3回転の質が普通なんていうのもかなりレア。失敗した2つのジャンプは力んでいたので、足をつく前から失敗が分かる感じでした。地元でいい演技ができて何よりです。初めての100点超え!!!

トゥルシンバエワ
3Lz-2T-2Lo tano 3Lz shaky 3F 3S-3T 3Lo 2A-3T 2A
タノの位置が低すぎて、台所にゴキブリが出てきて「キャッ」と驚いたぐらいになっているような。昨日の鼻血から見事にカムバックしてきました。3Lzは質が少しよくないですが、それも含め回転不足は取られませんでした。よくがんばりました。素晴らしい。

1tur.jpg

ダスティシュ
3Lz-2T tano 3F-1Lo-3S 3Lz 3F 3Lo shaky 2A-3T shaky 2A
ジャンプの着氷が多少乱れましたが、ガッツポーズの出るいい演技でした。少年が主人公の映画を演じるという、このよく分かんない選曲。赤い大人っぽい衣装が相まって、イケないストーリーみたいに思えてしまう。

2bronipple.jpg

ハヌル
3Lz-1T 3Lo 2A 3S-3Lo 3F 2A-2T-2Lo 3Lz
カンフーパンダというジュニアらしい選曲で、非常にかわいらしかったです。ジャンプの質はいいです。それ以外はほんと子供という感じでした。これからの選手です。

ガルスチャン
3Lz-3T 3F fall 2Lo 2A 3Lz 3F-2T-2Lo 3S
後半はがんばりました。でもビッグニュースは衣装の方。緑色のスライムみたいな色の衣装じゃなくなっていました。普通に素敵な感じになっているじゃないですか。やだーネタ的には見たかったのにー。回転不足のせいで49点から36点までTESが下がりました。ヒエエエエエエエエエ。

3nicemiddle.jpg
ナイスミドル

白岩
3Lz-3T 3S-3Lo 3F 2A 3Lo 3Lz-2T-2Lo 2A
ぴゃあああああああああああああああああああああああああああああ!!!全弾命中!!!!!最初の3Lzが昨日と同じような軸の曲がり方だったので、同じようになってしまうかと心配でしたが、繋げました。僕は彼女の3Loが好きで、特に単独が好きなんです。後半の曲をブワーと盛り上げるのがいいです。後半の3Lzは軸がきれいで、降りる前に「はい成功!」という感じ。いやーよかった。ステップの淡白さが解消されてもいますし、かなりいい出来でした。

4yuna.jpg

メイシー
3Lz-2T 3Lo-2T tano 2T+2A 1Lo 1S 3T 2A
最初はすごく調子がよくて、100点コースだと思ったのに、中盤の抜け抜け抜けで10点以上失いました。クセのないきれいな演技なだけにもったいない。後半は疲れが出たのか右回りのターンがかなり浅かったです。スタミナの強化も必要そうだけど、練習コロラドだからこれ以上ない環境です。ナンソンとひでおの唇を紫にする場所ですから。

ピアース
3Lz-3T 3F 2A 3Lz 2A-2T 3Lo 3S-2T-2Lo
3Lz-3Tに挑戦してきました。ルッツフリップが特に高くて加点をたくさんもらえそうでしたが、回転不足がとられてしまったようです。死の舞踏の怪しい雰囲気を出さず、肉付きのいいお姉さんが楽しく踊っている様子を見せてもらいました。これはこれでいい。だって、アメリカ人ですもの。

ニキティナ
3Lz-3T shaky 3S-1Lo-3S 3Lo 3F 3Lz fall 2A-2T 2A
ちょいちょいとミスが出ております。ジャンプ以外の場所の振付が少ないなーという印象です。何を表現したいのか、分かりにくかったです。歩いているという箇所も結構ありますし。

テネル
3Lz-3T fall 2A-3T 3Lo 3F 3Lz fall 2A 3S fall
3つも転倒があったせいで、音楽に送れてしまったのか、ステップが音楽と合っていませんでした。ポーズはかっこよく決まるんですけど、うーーーん。物足りない。

真凜
3Lz 3S-3T 2A 3F-2T-2Lo tano 3Lo 2A-3T 3F
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおフリップうううううううううううううううううううううう降りたああああああああああああああああああああああああああああああいぇいぇいぇいぇいえぇいぇいぇいいいいいいいいいいいい!!!ジュニア1年目。ジュニアナショナルでも3人中最下位、ナショナルではジュニア上位3人に入れなかった美少女が、この演技するって、これ完璧に主人公補正が効いてるじゃないですか。世界の理を動かしている。テラドラマティックシーズン。SPよりも伸びやかでリラックスできていたと思います。点数が見えず、真凜に教えてもらって喜ぶ先生。

6marin.jpg

5marin.jpg

新葉
3Lz 3S 3Lz-3T 2A 3Lo 3F-2T-2Lo 2A-3T
3Lz-3Tにならず、1本目の2Aには時間の関係上つけられなかったので、「え、1本無駄にしますの?」と思っていたら最後の最後に質のいいのぶち込んできました。シーズンが変わる前から滑っていましたけど、どうも合わないなーと思っていたんです。でも今回は素晴らしかった。演じようとしない無表情ではない、意志の強いキリリとした表情があって、かっこよかった。とてもよかった。

7wakaba.jpg

8wakaba.jpg

ソツコワ
3Lz-3T 3F 3F-1Lo-3S 3Lz 2A-2T tano 3Lo 2A
ミスをしているわけではないのですが、加点がつきにくいジャンプが多かったです。手足の長さが徐々にコントロールできなくなっているのかなと。特にステップでそれを感じまして、完全に振りをする前に次の動作に移行していて、なんとも中途半端な出来に。今シーズンのソツコワは挑戦的で、好きなだけに、余計に気になってしまいます。他のロシアの2人が棄権になってしまってプレッシャーもあったでしょうが、がんばりました。彼女の役割をしっかりと果たしました。できていないと思った今日PCSが高くて、できていると思った昨日PCSが低い。my eyes 節穴タイムです。

9masha.jpg

クチヴァルスカ
3Lo 3S-3T shaky 3Lz-2T-2Lo 2A-3T 3F fall 3S 2A
ロミジュリとロクサーヌが混ざる変プロ。これは文句なしの変プロ。おそらく墓の中で目を覚ますと、傍らにはロミオの亡骸が。でも、死のうにも死にきれず、馬に乗って町を出た。世間知らずのお嬢様の自分にはどうすることもできず、娼婦として、日々の糧を得るという。悲しみに打ちひしがれている場合じゃない、私はロミオの分まで強く生きて行くの。そんな女性の姿を描いた、人間ドラマ。2016年春公開。

マジャール語と英語と日本語が飛び交う長い優勝インタビューでした。

10marin.jpg

11podium.jpg

12marinwakaba.jpg

3枠 日本
2枠 カザフスタン、アメリカ、ラトビア、ハンガリー、韓国

ロシア・・・3枠か2枠かもう知らん!

ああ・・・ねこファイナルが見たかった。
Comment:16
2016
03.19

世界ジュニア選手権 3日目 男子リザルト

男子LP
1 Daniel SAMOHIN(イスラエル)165.38 PB
2 Nicolas NADEAU(カナダ)150.86 PB
3 Tomoki HIWATASHI(アメリカ)147.55 PB
4 Vincent ZHOU(アメリカ)143.88
5 Alexander SAMARIN(ロシア)141.80
6 Jun Hwan CHA(韓国)132.73
7 Dmitri ALIEV(ロシア)130.44
8 Yaroslav PANIOT(ウクライナ)126.94
9 Deniss VASILJEVS(ラトビア)125.97
10 He ZHANG(中国)124.85
11 Kevin AYMOZ(フランス)122.23
12 Kazuki TOMONO(日本)121.28 PB
13 Shu NAKAMURA(日本)120.17 PB
14 Roman SAVOSIN(ロシア)117.65 PB
15 Yakau ZENKO(ベラルーシ)116.72
16 Jiri BELOHRADSKY(チェコ)116.55 PB
17 Matteo RIZZO(イタリア)116.17
18 Daichi MIYATA(日本)110.09
19 Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)105.92
20 Aleksandr SELEVKO(エストニア)105.70 PB
21 Nicola TODESCHINI(スイス)101.56 PB
22 Chih-I TSAO(中華民国)100.83
23 Josh BROWN(イギリス)99.51 PB
24 Irakli MAYSURADZE(ジョージア)97.54

男子リザルト
1 Daniel SAMOHIN(イスラエル)236.65 PB
2 Nicolas NADEAU(カナダ)224.76 PB
3 Tomoki HIWATASHI(アメリカ)222.52 PB
4 Alexander SAMARIN(ロシア)222.11
5 Vincent ZHOU(アメリカ)221.19 PB
6 Dmitri ALIEV(ロシア)211.18
7 Jun Hwan CHA(韓国)207.11 PB
8 Deniss VASILJEVS(ラトビア)204.75
9 Kevin AYMOZ(フランス)197.76 PB
10 He ZHANG(中国)195.70
11 Yaroslav PANIOT(ウクライナ)189.50
12 Shu NAKAMURA(日本)186.22 PB
13 Matteo RIZZO(イタリア)182.96
14 Roman SAVOSIN(ロシア)181.65 PB
15 Kazuki TOMONO(日本)179.61 PB
16 Jiri BELOHRADSKY(チェコ)178.51 PB
17 Yakau ZENKO(ベラルーシ)174.39
18 Daichi MIYATA(日本)169.19
19 Aleksandr SELEVKO(エストニア)166.61 PB
20 Chih-I TSAO(中華民国)164.25
21 Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)163.64
22 Nicola TODESCHINI(スイス)161.15 PB
23 Josh BROWN(イギリス)157.16 PB
24 Irakli MAYSURADZE(ジョージア)154.41

オドボルボエ抜けが・・・。ゼンコさんかわいいチャップリン。ブラウンさん後半で立て続けに転倒、ヌルヌルしたタンゴ。

友野
2S 3A ot 3F-2T 3A-3T 3Lo 3S shaky 3Lz 3F-2T
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお1個抜けたけど、軸の暴れ度がいつもより低い!!!大事なコンボは3つとも入ってなにより。SPよりよく滑っていましたし、スタミナ切れも見られませんでした。急な出場でしたが、やれることはできましたね。

宮田
3Lz-3T 4T fall 3Lo hd 1A-1Lo-2S 3Lz 2S 3F 3T so
ルッツは2本とも入りましたが、全体的にミスが。第1グループの中ではスピードは際立って出ていて、迫力を感じました。演技の最後の音楽の表現って難しいですよね。ジャーン!と盛り上がるものではないから、スピンでの表現が求められる。ムオムオっと毛穴から何かを出してこないと。

イラクリ
3A fall 3Lz fall 3F 2A-1Lo-3S 3Lz-3T fall 3Lo 2A 2F-2T
なかなかトンネルから抜け出せない。このパンツはジーンズ風になっていました。アップになると縫い目が見えます。先生の指輪でけえ。

セレフコ
2A 3Lz df 3F 3T-1Lo-2F tano 2Lo 3T-2T tano 3S-2T 1A
ジャンプ構成は弱いですが、いい演技だったと思います。パーソナルベストが74点の選手ですからね、それを思えば相当よかったことが分かります。SPと同じく手足が振られているので、激しいステップの途中でバランスを崩してしまいがち。今はまだ子供で細いけど、大人になって筋肉がつくと、スタンブル・・・転倒・・・になるかもしれないです。表現力のある選手でもありますし、これからが楽しみです。

チーイー
2A 3S-3T fall 3F shaky 2F-2T-2Lo 2Lo-2T 3Lo fall 3T fall 2A
クリーンに決まったジャンプが2Aしかありませんでした。これでは点数が出ないです。ジュリエットの亡骸(亡骸ではない)の前にたどり着く前に死んでしまいそうなロミオでした。

イジー
3F-3T 3Lz 3Lo-2T tano 3F fall 3Lo 2A-2T-2Lo 3S 2A
本日も脅威の髪の強さを見せつけたイジーさん。ワイヤーでも入っているんですか?1つ転倒はありますが、他は全てクリーンに決めました。インタープリテーションが低く出ています。これはたしかに。きれいに滑ってはいたけど、表現はときたましているかな?という印象でしたので。

1martin.jpg

トデスキーニ
3T so 3Lz ot-2T 3Lo 2A-2T 3S 3Lz so 2A-3T fall 2Lz
ルッツが得意なのか、2Lzまで入れてきました。苦手だろうがeつこうが3Fというわけにはいかないのか。動作と動作の間で、常に体がブラブラとしていたのが、ものすごく気になりました。全てはジャンプに高さを出すために存在する。そんな感じ。そしてそのジャンプが決まらない。元々それほど振付が入っていないから、失敗も相まってPCSが一気に下がる。

パニオット
4T 3A 3F 3S 3Lz tano-2T shaky 3F-3Lo so 3Lo-2T 3T
コンボの着氷が乱れましたが、4Tも3Aも入りました。シャツを着た真面目なヴァンパイア。人の血吸わなそう。後半疲れてしまっていたので、スタミナ強化がんばれー。

2usupen.jpg

サボシン
3A-2T tano 3A 3Lo tano 3F 2A-1Lo-3S 3Lz-3T 2A 3Lz
常人の思考の先にあるプログラム。言語もむちゃくちゃだし、わけがわからん。西の方から東の方に旅してきた旅の一座の子供?そして、わけがわからないうちにジャンプを成功させています。空中姿勢が意味不明なのに降りられるのがすごい。速報から10点以上TESが下がりました。

サモヒン
4T-3T 4S 3A 4T 2Lz 3Lz-1Lo-3S 2A-2T 3Lo
リンクサイドではカメラにおふざけをしていましたが、リンクに入った瞬間顔がキリッとしました。フリップで点数が取れない以上、絶対ここで決めなければなりませんでした。3クワドと3Aの両方を成功させることがなかったので、ほんとよかったです。多少のトランジションのなさは仕方ない。いやーよかった。

ふーちゃん
3A 2S 3Lz-2T 3F-1T 3Lo 3F 3Lz 2A-1Lo-2S
3Aは入りましたが、4Sが抜けました。3-3を予定していたと思われるところが入らなかった以外は、予定通りですね。決して悪いわけではないのですが、1テンポ音楽に遅れているように感じました。取ってつけたように振付がなされていて、流れの中にはない感じ。

3huchan.jpg

ジュンファン
3Lz-3T 3A 3F-1Lo-3S so 2A 1Lo 3Lz 2A-2T tano 3F
3AがSPよりもきれいに入りました。3Aクリアと。エレメンツの配置に必然性があります。3Lzの美しい着氷姿勢や、コンボの2Tでのタノからきれいに下ろされる腕、3Fもいいです。若いうちから、配置された意図を汲み取って表現できるというのは素晴らしいです。

リッツォ
3A fall 3F-2T 2Lz 2A-1Lo-3S 3F 3Lo 3Lz shaky 2T
女心の歌からカヴァレリア・ルスティカーナは、まだ曲の雰囲気や流れ的に分かるんですけど、ウィリアム・テルは絶対に違うと思う。そこになった瞬間に、「はい、ここまでリセット!」とされてしまうような気がして。3Aは転倒しましたが、これから戦っていくには必要です。バンバンやっていきましょう。

4matteo.jpg

ナドー
3A-3T 4T df 3A 3S 3Lo 3F-2T-2Lo 3Lz 2A+2A
これまで4Tは2Tになっていたので、回転が足りずとも、まずはプロトコルに4Tの文字が出ることが進歩。長身なのにジャンプがよく上がって迫力があります。彼のルッツは、すごくルッツ感のあるルッツです。うぃーーーんドーーーーーン!と上がるから。2シーズン目のプログラムなのに、狭い範囲で完結していて、SPに比べていまいちな印象が僕にはあったんですけど、今日は動きも大きくて、表現が振り切れていてよかったです。

5nicholas.jpg

中村
3A fall 3A so 3Lz-2T 3Lo 2A-1Lo-3S 3Lz 3F 3T
2本の3Aで失敗でしたが、その後からとてもがんばりました。コンボは1つ余りましたけど、そこで失敗してしまうよりはいいです。こういうエレガントなプログラムの方が、彼には合っていると思います。演技の最後まですごく丁寧で、乱れることなく、印象がよかったです。2枠セーフだぜーってことで一安心するキスクラ。

アリエフ
2T 3A hd 3Lz 3F 2A 3Lz-3T 2A-1Lo-2S 3Lo
大技が1つも入りませんでした。コンボの2Aを3Aにしようとしたのか、めちゃくちゃ勢いをつけていましたが、それもダブルになりました。リアルガチアベック優勝はなしですか。背中の十字架がなくなった時点でダメですよ。このプログラムの4割はあの十字架が見所なのに。

ヴァシリエフス
3A 3A-2T 3F 3Lo 1Lz-2T 3Lz shaky 3S 2A shaky
すごくいい前半とは対照的にミスが続いた後半。3Lzは昔からなかなか安定しません。3Aはやり始めてそんなに経ってない分、3Lzの苦労が。あとセカンドトリプルも。やっぱ3Lzは世界一難しいジャンプなのかな。滑りはとてもよくて、2シーズンやってる彼のこのプロで、こんなに滑っているのを見るのは初めてです。それだけにジャンプが。スケーティングスキルはもうちょっと高いと思ったんですけど。

6karadanagasugiman.jpg
頭身おかしいマン

ヴィンセント
2T 4S-3T 3A so 4S 3Lo 3F-2T 3Lz tano 3Lz tano-1Lo-3S
抜けでスタートしましたが、あとはがんばりました。単独のタノ3Lzがとてもきれいでした。1シーズンのうちにどんだけ構成上げとんねんパフォーマンス。回転不足があって81から74にTESが下がりました。回転の速さだけでは、コンスタントに降りていくのは難しいですね。

ヒワタシ
3A 3Lz 3A 3Lo 3F-1Lo-3S 3Lz-3T 3F 2A
フライングシットの前の、かかとに体重かけて止まる非常口ポーズみたいなの好き。で・・・なんでシンプルにザヤっているんだ。3A3Lz3F全部2本ずつやないかーーーーーーーい。2Aとばんのんかーーーーーーーい。「よっしゃーーーーーあーよかったーーーーー」普通の日本人の日本語でした。3Fが2Aだったらナドー抜いていました。

7tomoki.jpg

サマリン
4T hd 3A so 3F 3Lo fall 3A hd 3Lz-1Lo-3S 3Lz 2A+2A
PCSがジャンプの成功ありきのところがあるので、失敗は痛いです。抜けはしなかったので、そこまで点数は失っていませんけどね。魂が抜けているサマリン。

エイモズ
2A 2F 3Lo 3Lz 2A 2Lz-1T 3T 2S-2T-2Lo
絵に描いたような落胆した表情。ほんとジャンプが決まらないときのアモディオみたい。ルッツやサルコウの跳び方がアモディオそっくりですし、すっとスピンもアモディオそっくり。アモディオが別の人間の体に乗り移ったのかも。能力は高い選手なので、まだまだ先があります。枠も増やして、フランスへのお土産になりましたし、胸を張って帰りましょう。

8kevin.jpg

来シーズンの枠
3枠 カナダ、アメリカ、ロシア
2枠 イスラエル、韓国、ラトビア、フランス、中国、日本

カナダが1人出場で一気に3枠にしました。日本は価値ある2枠。国別順位は10位なので、来シーズンのJGPSは6大会に1人ずつです。これが11位になっていたら5大会に1人ずつでした。だからすごく意味のあることです。イスラエルはJGPSの枠を余らせまくると思うので、ロシアに回るでしょう。だからロシアにとってはそんなに痛手ではないはず。地元の大会もありますしね。

9位から1位、8位から2位、6位から3位。とんでもない逆転劇でした。1年前にどういう順位のときに勝ちやすいか調べたんですよねー。
http://sthmytkh.blog108.fc2.com/blog-entry-2435.html
んで、SP1位でメダルを獲得する確率が97%もあったんです。その3%が今回起きたんです。SP2位は82%、SP3位は61%です。SP上位者の絶対的有利を見事覆した3名のメダリストです。拍手。ちなみにサモヒンの9位からの逆転優勝は、今の採点方式になって、もっとも低い順位からの優勝という記録でもあります。昔の採点方式だと、当然こんな順位から逆転優勝は仕組み上不可能なので、歴史に残る逆転です。

9daniel.jpg

10daniel.jpg


Comment:8
2016
03.19

世界ジュニア選手権 3日目 女子SP

女子SP
1 Q Alisa FEDICHKINA(ロシア)66.11
2 Q Marin HONDA(日本)66.11 PB
3 Q Maria SOTSKOVA(ロシア)64.78
4 Q Bradie TENNELL(アメリカ)58.56 PB
5 Q Wakaba HIGUCHI(日本)58.08
6 Q Angelina KUCHVALSKA(ラトビア)57.92
7 Q Tyler PIERCE(アメリカ)56.56
8 Q Yuna SHIRAIWA(日本)56.23
9 Q Anastasia GALUSTYAN(アルメニア)55.80
10 Q Diana NIKITINA(ラトビア)54.59
11 Q Maisy Hiu Ching MA(香港)52.69 PB
12 Q Ha Nul KIM(韓国)52.37 PB
13 Q Anastasia GOZHVA(ウクライナ)50.99
14 Q Elizabet TURSYNBAEVA(カザフスタン)50.11
15 Q Ivett TOTH(ハンガリー)49.98
16 Q Sarah TAMURA(カナダ)48.11 PB
17 Q Kyarha VAN TIEL(オランダ)47.94 PB
18 Q Lea Johanna DASTICH(ドイツ)47.67 PB
19 Q Suh Hyun SON(韓国)46.18 PB
20 Q Juni Marie BENJAMINSEN(ノルウェー)45.70
21 Q Alizee CROZET(フランス)45.34 PB
22 Q Amy LIN(中華民国)44.52
23 Q Lucrezia GENNARO(イタリア)43.74
24 Q Xiangning LI(中国)43.38
25 Viveca LINDFORS(フィンランド)43.19
26 Shaline RÜEGGER(スイス)42.66 PB
27 Natalie KLOTZ(オーストリア)42.25 PB
28 Shuran YU(シンガポール)42.21
29 Kristina SHKULETA-GROMOVA(エストニア)41.68
30 Matilda ALGOTSSON(スウェーデン)41.00
31 Michaela DU TOIT(南アフリカ)40.86
32 Julia SAUTER(ルーマニア)39.67
33 Alexandra HAGAROVA(スロバキア)39.07 PB
34 Monika PETERKA(スロベニア)39.00 PB
35 Katie PASFIELD(オーストラリア)38.96 PB
36 Danielle HARRISON(イギリス)37.59
37 Elizaveta UKOLOVA(チェコ)37.57
38 Elif ERDEM(トルコ)37.39
39 Aleksandra RUDOLF(ポーランド)35.32
40 Teodora MARKOVA(ブルガリア)34.50
41 Elzbieta KROPA(リトアニア)34.34
42 Leonora Colmor JEPSEN(デンマーク)34.05 PB
43 Thita LAMSAM(タイ)33.39
44 Charlotte VANDERSARREN(ベルギー)32.30
45 Maeva GALLARDA ROSSELL(スペイン)29.65
WD Polina TSURSKAYA(ロシア)

優勝候補ツルスカヤが怪我で棄権することになりました。まさかまさかです。

1yometodanna.jpg

ヴァン・デル・ペレンの妻&マッコーケルの夫
テネル
3Lz-3T 3F 2A fall
いい感じできていたのに2Aで転倒はもったいなかった。昨シーズンと比べて・・・普通に見えます。量産型という意味での普通。なんかもっとおもろい演技をする選手だった気がしたんですけど。

フェディチキナ
2A 3Lz-3T 3F
いい出来でした。ロシアジュニア選手権のときは、もっとムチムチしていたので、ここに向けて体を絞ってきたのでしょう。何よりかわいいです。ガッツポーズもかわいい。はい、かわいい。

2alisa.jpg

メイシー3F so 3Lo-2T 2A
とてもかわいいのに、マンボの音楽が流れ出した途端に目がキッとなりました。ジュニア時代のジジュンみたいな演技。アメリカ産ではなく、ちゃんと香港出身なんですね。このかわいさは、隣の棟から男子がやってくるレベルです。

3maisy.jpg

スヒュン
3Lz-3T 3F fall 2A
韓国らしからぬ守りに入ったオシャレ衣装ではなく、ピンクの眩しい衣装です。ジャンプで転倒してもずっと笑顔をキープしている姿、そしてこの原色衣装。これはまさしく北朝鮮の天才少女が将軍様の前で歌う姿。絶対そう。間違いない。

真凜
3Lo-3T 2A 3F
ドキッ!美少女だらけの第5グループの最後を飾るのは真凜。表情が硬くて、それは最後まで続いてしまったんですけど、この氷が結構滑る感じなので、影響はなかったのかもしれません。さすがのPCS高評価でした。3Fはドキドキでした。フェディチキナと同じ点数ですが、SPはTES上位が優先なので真凜が下です。

4marin.jpg

ニキティナ
3Lz-3T 3F 2A
まだシニアに出られない年齢だとは思えないニキティナさん。でも演技が終わった後の反応は少女そのもの。まだまだエレメンツでの表現ができておらず、その点でGOEのプラスが受けられなさそうです。でもこの長身でジャンプ降りられるのすげえ。

シャンニン
3F 3Lz<< df 2A
この色黒っぷりはハーフなのか、どこかの民族の血が入っているのかな?3Fはよかったんですけど、ルッツが開いてしまいました。コンボ消滅は痛い。演技そのものはすごく丁寧になっていて、JGPSとかなり印象が変わりました。あのときは節々が粗かったように思えて。

ダスティシュ
3Lz-2T tano 3F 2A
見るたびに大きくなる。ドイツDNAの魔法。無理せず3-2でしっかりと演技をまとめました。衣装の白線が、ラズベリームースに描いた模様みたいでした。

白岩
3F 3Lz-2T shaky 2A
スタート時の30秒をオーバーしそうだったのか、少し焦ってスタート位置へ。くるくる3Fは大変美しかったです。3Lzの軸が曲がって、なんとか2Tをつけました。やはり成長の波がここにきてしまったんですね。でも成長して見栄えがよくなった方がいいわけですし、しゃーないしゃーないと前向きにいて欲しいです。

オーストリーのクロツさん美人。

エイミー
3T-3T shaky 3F fall 2A
3-3のセカンドと3Fの回転が足りていないです。LPはルッツを3本入れるぐらいなので、フリップはあまり得意ではないのでしょう。衣装は好き。ジャンプの種類の指定があると辛いです。

ピアース
3T-3T 2A 3F
3Lz-3Tは入れないんですね。でも3T-3Tでも質はよかったです。3Fはディレイをかけたのか、回転に移るタイミングが遅くなってしまったのか判断しかねますが、とにかく余裕がなくて転倒となりました。転倒の後も勢いが落とさなかったのはえらい。

新葉
3Lz-3T fall 3F 2A
体をかなり絞ってきました。でも絞った分、転倒で持っていかれる体力も多くなるでしょうか。後半はもっとスピードが出せるはずなのに。PCSで低評価を受けることはありませんでした。

5wakaba.jpg

ウコロワのジャンプほとんど決まらなかったけど、お化粧をしていることに衝撃を受けました。お肌弱そうなのに大丈夫なのか?

ヴィヴェカ
3T shaky-3T ot 3F<< df 2A ot
3-3は根性で跳んだんですけど、残り2つまで失敗になりました。勢い出す系のスケーターなので、勢いが出すぎてコントロール不能になってしまったのかもしれません。試合に派遣しすぎだと思います。週刊リーザじゃないんですから。

6viveca.jpg

トゥルシンバエワ
3Lz fall 3F 2A
3Lzで転倒した後、鼻血が出てしまい、中断後ティッシュを詰めて演技を再開しました。コンボも消滅し、ディダクション6がつくので、厳しいところではありましたが、SPを通過しました。点数が発表されてもいたって冷静でした。このメンタルはすごすぎます。この鋼のメンタルで作った剣の切れ味よさそう。

クチヴァルスカ
3T-3T 3F 2A
ユーロから安定感をキープしています。でもシーズンを通して安定している選手というわけではないんです。きっと、ここ一番の強さがあるんでしょうね。ピーキングも上手いのかも。キャメルスピンの手の動きがよかったです。

ガルスチャン
3Lz-3T 3F 2A
女の子らしい選曲でとてもよかったです。回転不足をとられることが多いですが、今日は大丈夫そう・・・あ、刺さった。せっかくきれいな曲なのに、終始伏目で滑るのがもったいなかったです。もっと目線上げたら、淡々と滑る感じが緩和されると思います。キスクラで出ますように出ますように・・・とお祈りしていたけど、「あ、刺さった」とガッカリ。

ソツコワ
3Lz-3T 2A 3F
体がジャンプに少しずつ影響を及ぼしてきていますが、きちんとまとめました。スピードだったりは日本勢に比べるとないかもしれませんが、プログラムの複雑さは負けていないと思うし、むしろ上だと思います。でもそんなに高くなかった。キレキレではなかったしなーしょうがないか。

7masha.jpg

イヴェット
3T-2T 3F fall 2A
3-2でまとめましたが、フリップで転倒でした。今大会地元選手の中で1番期待されている上にSPで最終滑走。ハンパないプレッシャーだったでしょう。この曲なんかクセになる。合っているかどうかは分からないけど。イヴェットさんは男顔なのか、見る度にハンサムになっていきます。

シャンニンやエイミーが通ってよかったけど、ヴィヴェカが落ちてしまった。この後世界選手権にも出場します。嫌な気持ちはそこでポイしましょう。

フェディチキナと真凜が同点1位。ソツコワが近いところで3位です。真凜はPCSで全体1位の評価をもらっているので、ジャンプさえ降りられればですね。3F3F3Fフリップフリップうわああああああああああああああああ。アメリカは3枠復帰&JGPS最大枠のチャンスです。今日はトゥルシンバエワの日でした。鼻血のトラブルから14位になりました。ここからごぼう抜きもありえます。

上位が取りこぼさない祭りだったので、ソツコワはレベル2と3になったスピンが残念でした。それでも1位には届かないか。

ロシアが優勝を守るのか、日本が久しぶりに獲るのか。
Comment:2
2016
03.18

世界ジュニア選手権 2日目 ペアリザルト

最初の種目 is over

ペアLP
1 Anna DUSKOVA / Martin BIDAR(チェコ)117.11 PB
2 Anastasia MISHINA / Vladislav MIRZOEV(ロシア)113.10 PB
3 Ekaterina BORISOVA / Dmitry SOPOT(ロシア)110.44
4 Renata OGANESIAN / Mark BARDEI(ウクライナ)95.78
5 Chelsea LIU / Brian JOHNSON(アメリカ)93.61 PB
6 Bianca MANACORDA / Niccolo MACII(イタリア)91.96 PB
7 Justine BRASSEUR / Mathieu OSTIGUY(カナダ)90.59
8 Lindsay WEINSTEIN / Jacob SIMON(アメリカ)88.83 PB
9 Joy WEINBERG / Maximiliano FERNANDEZ(アメリカ)88.17 PB
10 Bryn HOFFMAN / Bryce CHUDAK(カナダ)85.92
11 Anastasia GUBANOVA / Alexei SINTSOV(ロシア)78.83
12 Yumeng GAO / Bowen LI(中国)70.32
13 Chloe CURTIN / Steven ADCOCK(イギリス)67.94
14 Ekaterina KHOKHLOVA / Abish BAYTKANOV(カザフスタン)62.95 PB

ペアリザルト
1 Anna DUSKOVA / Martin BIDAR(チェコ)181.82 PB
2 Anastasia MISHINA / Vladislav MIRZOEV(ロシア)172.60 PB
3 Ekaterina BORISOVA / Dmitry SOPOT(ロシア)169.00
4 Renata OGANESIAN / Mark BARDEI(ウクライナ)155.08 PB
5 Chelsea LIU / Brian JOHNSON(アメリカ)147.73 PB
6 Bianca MANACORDA / Niccolo MACII(イタリア)141.76 PB
7 Justine BRASSEUR / Mathieu OSTIGUY(カナダ)138.67
8 Bryn HOFFMAN / Bryce CHUDAK(カナダ)138.12
9 Lindsay WEINSTEIN / Jacob SIMON(アメリカ)137.58 PB
10 Joy WEINBERG / Maximiliano FERNANDEZ(アメリカ)135.71
11 Anastasia GUBANOVA / Alexei SINTSOV(ロシア)123.90
12 Chloe CURTIN / Steven ADCOCK(イギリス)112.68 PB
13 Yumeng GAO / Bowen LI(中国)112.56
14 Ekaterina KHOKHLOVA / Abish BAYTKANOV(カザフスタン)95.31 PB
WD Hope MCLEAN / Trennt MICHAUD(カナダ)

今大会最も目立っている観客アメリカおじさん。

名前長い組
ツイストは抱えました。スローサルコウが両足、2Loがシングルに。2Lzを見るに男性のジャンプも結構危ないので、高難度を入れられないのは女性だけの問題ではないのかも。

カーティン&アドコック
コンビネーションで転倒、スローでも両足と転倒、デススパイラルは女性が足をついてしまうなど、かなりミスは多かったんですけど、それでも何かいいんですよこの組。なんか上手い。なんか上手いから解散しないでね。ヴァイオリンアレンジのレミゼで、音源が変わりまくるやかましさがなくて、スッキリしていてよかった。

グバシン
スローで両方転倒したので、より一層冷え切ったキスクラに。動きが悪くて、やり合っている感がなかったです。

気になって組み立ての頃の映像見たんですけど、当時から言葉を交わしていませんでした。成長したから余計怖く見えるんですね。

ブラスール姪組
3連で少々の乱れはありましたが、無事に全てのエレメンツを入れました。スローは低く、リフトの移動距離も非常に短いので、ふたまわりぐらい小さなリンクで滑っている印象を受けました。

ワインスタイン&サイモン
スローの転倒は1本ありましたけど、かわいらしく演じてくれました。ソロジャンプではたくさんタノりました。ワインスタインさん16歳か。この組はあと2年ジュニアでいられるので、解散せずに続けてください。

ブリブラ
スローは2本とも転倒。SPでまとめられても、LPでは・・・というペアは多いです。リフトもスローもソロジャンプも倍になるわけですから。ちょっとずつ曲のいいところを持ってきた結果、何だか中途半端に見えてしまいました。

リュウ&ジョンソン
美女と野獣なのに紫。黄色じゃなくて紫。でもよく分かっている。アジア系が黄色着てしまうと、なんだかおかしな感じになるから。女性の2Aがなかなか決まらないですが、リフトはフリーレッグが落ちていたり、移動距離が少ないペアが多い中で、目立っていました。くるくる回すのが好きなんですね。コレオシークエンスもくるくる。この組も来シーズンはジュニアに残れます。よし。

マナコルダ&マチー
両方のソロジャンプで男性が失敗。脚が長くて不便そうです。2Fの着氷で氷に突き刺さりました。そう、コンパスのように。スローは両方入りましたし、これなかなかいい出来だったと思います。今回はいい大会になりました。順位が出てマチーさんがすごく喜んでいるよ。

ミーシナ&ミルゾエフ
とてもユニーク。いや変なプログラムです。3連の乱れがあったぐらいでした。ダブルジャンプでまとめるペアが多い中、3Sを入れられるのはデカいです。変なプログラムだけどミスはしないし、ミルゾエフがとにかく楽しそうなのがよかったです。変でも完璧にやれば成立するもんだ。

1mayuge.jpg

乳首弟組
エレメンツは全て慎重で、トランジションになった途端に元気になる演技でした。ジャンプの着氷がいいわけではないんですけど、しっかりとこらえていました。ソロスピンの入りで女性がめちゃ張り切っていました。でも回転がすごくズレました。男性はリフト中には舌を出しながら回る余裕を見せていました。そして演技終了とともに座り込みました。

2sit.jpg

忍耐勝組
ソロジャンプでトリプルが入れられない分基礎点では劣りますが、ぶっ飛びスローとリフトの質は抜けています。スケーティングスキルは1位ですが、他の項目が少し抑えられました。動きが慎重になってしまったのかもしれません。決して悪くはなかったのですが。

3morisoba.jpg

オガバル
女性のソロジャンプが両足とオーバーターンに。ツイストで詰まるし、スローは2つとも両足になって、GOEのプラスがことごとくもらえない感じに。ファイナルであったスピンの立ち尽くしはないですが、回転はズレていました。

4petrova.jpg

5petrova.jpg

6medalists.jpg

来年の枠
3枠 チェコ・ロシア
2枠 ウクライナ・アメリカ・イタリア・カナダ

十分な睡眠を取った後に見ればもっと楽しめたはずなのに。くそう。これだから時差は嫌なんだ。ということで、チェコから初めての世界ジュニアチャンピオンが誕生する歴史的瞬間でした。16歳と17歳でまだまだ若いですから、これから体も大きくなって、さらにエレメンツの質は上がるでしょう。怖いのが女性の成長期ですね。男性の身長は高い方ではないので、ここから伸びると厳しい。オガバルはメダルを逃しましたが、今シーズンは躍進のシーズンでした。リュウ&ジョンソンも上達しましたし、マナコルダさんたちもなかなかよかった。欠場となったアタスピもいいペアですし、来シーズンもジュニアのペアは楽しくなりそう。解散すんなよー。
Comment:3
back-to-top