2016
01.31

ヨーロッパ選手権 4日目 アイスダンスリザルト

満員御礼となっておりますオンドレイ・ネペラ・アイスアリーナ。ユーロでこんなに入るなんて。

アイスダンスFD
1 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)111.97
2 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)107.79 PB
3 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)105.70
4 Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV(ロシア)104.32 PB
5 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)98.90 PB
6 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND(イギリス)98.49 PB
7 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)97.71
8 Federica TESTA / Lukas CSOLLEY(スロバキア)95.81 PB
9 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN(デンマーク)90.60
10 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR(トルコ)88.90
11 Natalia KALISZEK / Maksim SPODIREV(ポーランド)87.50
12 Isabella TOBIAS / Ilia TKACHENKO(イスラエル)87.21
13 Cortney MANSOUR / Michal CESKA(チェコ)86.39 PB
14 Cecilia TÖRN / Jussiville PARTANEN(フィンランド)82.96
15 Kavita LORENZ / Panagiotis POLIZOAKIS(ドイツ)82.93
16 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV(ベラルーシ)81.46
17 Barbora SILNA / Juri KURAKIN(オーストリア)75.31
18 Tina GARABEDIAN / Simon PROULX-SENECAL(アルメニア)75.02
19 Celia ROBLEDO / Luis FENERO(スペイン)72.62 PB
20 Lorenza ALESSANDRINI / Pierre SOUQUET(フランス)67.06

アイスダンスリザルト
1 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)182.71
2 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)178.01 PB
3 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)176.50 PB
4 Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV(ロシア)172.65 PB
5 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)165.55 PB
6 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND(イギリス)162.75 PB
7 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)162.58
8 Federica TESTA / Lukas CSOLLEY(スロバキア)158.05 PB
9 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN(デンマーク)152.79
10 Isabella TOBIAS / Ilia TKACHENKO(イスラエル)151.67
11 Natalia KALISZEK / Maksim SPODIREV(ポーランド)147.07
12 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR(トルコ)145.23
13 Cortney MANSOUR / Michal CESKA(チェコ)141.36 PB
14 Kavita LORENZ / Panagiotis POLIZOAKIS(ドイツ)137.99 PB
15 Cecilia TÖRN / Jussiville PARTANEN(フィンランド)134.10
16 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV(ベラルーシ)133.71
17 Barbora SILNA / Juri KURAKIN(オーストリア)129.87 PB
18 Tina GARABEDIAN / Simon PROULX-SENECAL(アルメニア)125.19
19 Celia ROBLEDO / Luis FENERO(スペイン)122.81 PB
20 Lorenza ALESSANDRINI / Pierre SOUQUET(フランス)121.43

ロブフェネ
この2人はもーーーっと滑りが伸びなかった記憶があるので、その記憶よりは滑っていました。でもやはり女性がもう少し滑らないとですね。ストレートラインやカーブリフトはよかったんですけど、最後の股に手をやって思いっきり上に持ち上げるようなリフトはお下品な気が。

ガバブル
昨シーズンは恰幅のいい男の子と組んでいた女の子の新しいカップル、再びカナダ人。背中にティッシュ口があるから、この男は多分いいやつ。感想は・・・2人とも小顔。

アレスケ
ツイズル1つ目でアレッサンドリーニが転倒。とてもスピードを出していましたが、アレッサンドリーニの方が上手いからかちょっとバランスが・・・という感じ。スカートが短くて大変エロうございます。

キャプ翼組
プリントされた鎧を眺めるためにあるプログラム。ビエリャイエフさんが前髪を作らないから、いつもにも増して頭身がおかしく見えます。スケート靴を履くと2メートルを超えるので、先生とのハグも一苦労。演技はちょっと見てないや。

トルパル
ジョアニーのMWOのやつ、ファンド&サンティランのSP、カヌマクのEX、そしてこれ。この1ヶ月で4回もこの曲を聞くことになるとは。耳が悲鳴を上げているよ。2つ目のステップのツイズルで男性が傾いてしまったんですけど、気になるのはそれぐらいでした。

今彼組
スピードによく乗ったいい演技だった。プログラムはとてもシンプルでありふれたアメリではあるんですけど、それが全く気にならないし、つまらなくもなかったです。男性の転向からの日の浅さが話題になりますが、女性もそんなにダンサーとしてのキャリアは長くなかったかと。それなのにモタモタとホールドチェンジするようなこともなく、ほんと気持ちいい。ファビアンは点数待ちのとき左指をムニムニしがち。落ち着きのない30代。

アリアル
ルールのせいで暗いプログラムだったのを無理やり明るく変えるハメになったこのFD。でもまとまりのある感じまで仕上げられています。デトロイトに移った効果アリと考えていいでしょう。

カリスポ
ヴィンセントSP、アスロゴLP、そしてこれ。う~~~ん被るねえ。カリシェクさんは衣装にスリットを入れないと皮膚呼吸ができなくて死んでしまう族なのですか?マイアと同じですか?

マンチェシ
ステップの入りで男性がタイミングを間違えたのか、それとも踏めなかったのか定かではありませんがおかしなことになって、2人がぶつかってしまいました。転倒とかスタンブルではないのですけど。これもアスロゴのLPのように、踊り出すお人形がテーマなのでしょうね。コレオスピンの時間が長めにとられていて、ゆったりと見ることができました。

ジルクラ
バッファでよく分からなかったけど、元気に生きていました。アラビアのロレンスだからもっと雰囲気を「ああ・・・・俺はやったぜ・・・なんだよこいつら・・・」みたいにやさぐれた風にしてもよかったような。衣装の帯のようなものはなんでしょう。

トビトカ
ツイズルでトカチェンコさんがブレードを持てずに回転。カーブリフトでグラグラーっとして途中で降ろしてしまいました。非常に残念な出来でしたがトップ10には入れました。

ギニャファブ
ここまでのカップルとは格の違う演技でした。スピードが全く違いました。ここから2人が評価を上げていくにはどうすればいいのか。もう少しステップのときに2人の距離が近くなればいいでしょうか。小柄でリーチがないから、勢いを重視するがあまり離れて滑っていることも多いので。まだまだ上位との差を埋めるためにやることはありそう。でも本当に心に響くシンドラーのリストでした。

ペニコラ
最初のコレオスピン的なコレオスピンではないものと、最後のコレオスピンがいいわー。振り出しに戻るみたいな感じ。世の中はぐるぐるめぐりめぐっている的な。ぐるぐる不思議でいいプログラム&いい演技。バックランドのリフトがプルプルしてたけどいい演技。

フルソレ
ミスなくきれいな演技だったんですけど、路線が同門のカップルと被りすぎていて、いまひとつ盛り上がりどころを見つけられないです。

テスチェレ
演技開始直後から手拍子の嵐。その中でツイズルという半端なく緊張する場面できれいに成功。メンタルつええええええええええええええ。手拍子が止まない止まない歓声も止まない。そしていい演技でした。ステップに入るときに確かめるようにゆっくり入るので、いかにもエレメンツやってます!という感じが出ていました。それが解消されるとさらによくなりそうです。

カペラノ
ツイズルはいつもはもっといいと思いますが、でも+2が取れるようなやつでした。本当にミスをしないですね彼らは。トゥステップでカチャカチャする動きはそんなに難しくないのかもしれまんせけど、インパクトがあって見ていて楽しいんですよねー。ローテーショナルリフトは背中に乗せるやつをやめました。あれは回転がしづらそうで、エクステンディッドリフトとられそうだなーと思っていたので、これでよかったのかも。でもやっぱりマイナスついてる。カペラノはディダクションつく試合多すぎな気が。

ボブソロ
いつもはソロビエフの膝問題が出てくる後半の方がいかんように見えるんですけど、今日は前半の方が硬くて後半の方がよく滑っているように見えました。疲れているのはソロビエフじゃなくてボブロワなのかー。

ステブキ
ピストルツイズルはややズレでした。SDに比べるとステパノワがそんなに滑っていなかったです。キリアンホールドのときに女性が男性の後ろ側に回るような振付は「私がこの人を支えないと」という守護者と1人の男の関係を表現しているようでした。でももちょっと滑ってくれればなあ。ブキンはまたずっと笑っていた。

パパシゼ
立ちすくむようなボーーーっとした姿勢からいきなり入るストレートラインリフトが見事でした。よくこんな急にリフトに入ろうと考えつくなあ。昨シーズンはある程度パート分けされた中での強弱の表現でしたが、後半になるにつれての強くなる大きな波があって、その中で細かい強弱があって、2種類のことを同時にやっているというのがすごかった。いやーやっぱり上手すぎる。

シニカツ
今日も強烈にブレるツイズルを披露してくれたカツラさん。俺が俺が感は当然前面に押し出されていましたが、シニツィナが必死についていくというのは解消されてきました。上位の3組に比べるとドーーーーーン!ドーーーン!と力強すぎてプログラムがシンプルすぎたのかもしれません。

パパシゼは僕の気に入ったストレートラインリフトがレベル3でしたが、ステップで両方レベル4でした。リフト変えないでね。カペラノはサーキュラーだけレベル3でした。トビトカはTESが下から2番目。ツイズル1、カーブリフト、ステップ2つが2という内容でした。

パパシゼはこれでも女性が万全ではないように思えます。ということはさらにPCSを上げるかもしれないってことですね。GPSとロシア選手権では横並びだったボブソロとシニカツでしたが、今回はボブソロに軍配。明確にボブソロの方が格上だったと思います。ワールドまでにシニカツは強化できるでしょうか。

来シーズンの枠は
3枠 イタリア・ロシア
2枠 フランス・イギリス・スロバキア・デンマーク・イスラエル
です。使い切れなさそうな国がいっぱい。イギリスは来シーズンこそ兄弟で健康に出場してください。

ユーロおもしろかった。夜更かししてよかった。
2016
01.30

ヨーロッパ選手権 4日目 ペアリザルト

ペアLP
1 Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV(ロシア)142.89
2 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)127.38
3 Aliona SAVCHENKO / Bruno MASSOT(ドイツ)125.24
4 Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK(イタリア)124.14 PB
5 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)123.45 PB
6 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)117.46
7 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV(ロシア)114.09
8 Mari VARTMANN / Ruben BLOMMAERT(ドイツ)108.40
9 Tatiana DANILOVA / Mikalai KAMIANCHUK(ベラルーシ)98.64 PB
10 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER(オーストリア)96.11
11 Goda BUTKUTE / Nikita ERMOLAEV(リトアニア)92.71
12 Bianca MANACORDA / Niccolo MACII(イタリア)85.29
13 Adel TANKOVA / Evgeni KRASNOPOLSKI(イスラエル)76.75
14 Anna Marie PEARCE / Mark MAGYAR(ハンガリー)74.55 PB
15 Marcelina LECH / Aritz MAESTU(スペイン)68.65
16 Alexandra HERBRIKOVA / Nicolas ROULET(スイス)67.09

ペアリザルト
1 Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV(ロシア)222.66
2 Aliona SAVCHENKO / Bruno MASSOT(ドイツ)200.78
3 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)197.55
4 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)185.55 PB
5 Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK(イタリア)182.61 PB
6 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)178.97
7 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV(ロシア)174.72
8 Mari VARTMANN / Ruben BLOMMAERT(ドイツ)171.30
9 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER(オーストリア)149.07
10 Tatiana DANILOVA / Mikalai KAMIANCHUK(ベラルーシ)147.36 PB
11 Goda BUTKUTE / Nikita ERMOLAEV(リトアニア)139.56
12 Bianca MANACORDA / Niccolo MACII(イタリア)130.00
13 Adel TANKOVA / Evgeni KRASNOPOLSKI(イスラエル)114.56
14 Anna Marie PEARCE / Mark MAGYAR(ハンガリー)110.55
15 Marcelina LECH / Aritz MAESTU(スペイン)109.11 PB
16 Alexandra HERBRIKOVA / Nicolas ROULET(スイス)103.47

ベルトンかわいい。夫不在。ベルトンかわいい。手拍子打つ人妻かわいい。

白鳥組
きれいな3Lzを降りました。デュハラドなら+2から3はもらえるのですけど加点しょっぱそうです。スロールッツと3Tで転倒はありましたが、いい演技だったと思います。本当にこれはいいプログラムだと思います。リアルカップルの2人にぴったり。ロマンティックなところがあって。あんまり・・・と思っていたSPが今大会よくなっていたから、元々よかったこのLPはさらによくなります。

ブトエル
2Tの3連以外ジャンプは乱れましたが、リフトがすごかったです。ぶん回して降ろしてくるリフト、あれはなんなんだ。中国映画によく出る、棒みたいな武器振り回しているみたいでしたよ。ベズマテルニフがキスクラに。

ニッコロ・マチーさん弱そうなマフィア。

ダニカミ
演技を見たのは初めてな気がします。めちゃ上手かったです。ベストスコアからは想像もつかないほど上手かったです。ビート打って無理に日本語に訳した歌詞で歌いそうな最後の音源以外とてもいいノートルダムドパリでした。スローもソロジャンプもしっかり降りたし、下位ペアっぽい動きの停滞なんかもないし。いいよいいよー。

ヴァネシプ
ツイストはコントロールする技術を習得したのですね。3T-3Tはセカンドで女性が開いてしまいました。スロークワドは両足、スロールッツは足を擦った感じ。落下しそうリフトは安定感が出ました。それでも落下しそうだから止めてもらいたいですが。リアルカップルじゃなくなってからロミジュリを滑るとは。コーチにシュデクが入ったんですね。そりゃ安定しますわな。

マルホタ
超絶グレイテストクソプロのはずなのに、GPSのときより体調がいいせいかめっっっっっっっっっっっちゃくちゃ元気に踊っているから、もうこれでいいい気がしてきました。若い頃を追憶するプログラムということは、曲からなんとなく分かるので。ルッツで少し乱れたけれど大きなミスもないですし、よかったよかった。マルケイさんのおだんご珍しい?

デラモデル
3Tで女性が転倒、スローサルコウが両足でしたが、昨シーズンまでのデラモデルならこれは神演技レベルの出来です。ものすごくスケーティングが伸びるようになって、このロミオとジュリエット(2012年ぐらいにやった最近のやつ)の美しい曲にピッタリです。技術の高さがあるからこそモデル氏のルックスのよさも映えるというもの。スケーティングスキルとトランジションはマルホタより高い評価でした。

アスロゴ
3連で少し乱れましたがしっかりと堪えて、おもしろい操り人形さんで会場を沸かせました。演技終了後にロゴノフが倒れ込むというオプションつきの演技でした。このプログラムもこれで見納めですか。グッバイ操り人形。演技終了後からTESが10点も下がりました。Oh・・・

タラモロ
いい演技ではありませんでした。ソロジャンプがダブルになりましたし、スローループはステップアウトでした。でもしっかりとした技術はあるし、スピードもあるのですごく悪いというわけでもなく。淡々としすぎてはいるけれど。情緒は生まれないのかタラモロに。

ヴォロトラ
トランコフさんの3Tのステップアウトがありました。でもスローフリップを片足で降りましたし、スピンは揃いました。苦手なところが成功した演技でした。トランコフさんのおかしなチョンマゲですけど、このチョンマゲがセレブの間で流行っているらしいので、トランコフさんもそれに乗ったのかもしれない。そうだとしたらトランコフさんをミーハー担当大臣に任命します。またキャラが1つできるな!もうキャラが大渋滞だよ!

サフマソ
3Tのシークエンスの1つ目で男性がダブルに。リフトが1つ崩れてしまい、最後の片腕で上げるリフトも落としそうでした。でも堪えました。それでも60を超えるTESを出せるということは、本気でヴォロトラに勝てる可能性が出てきたということです。うっひょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!スローの両足は解消されてきました。プログラムは変!でもおもしろいです。と思ったら速報値からTESがダダ下がりして52点になってるうううううううううう。でもPCSでなんとか2位に。マッソー泣くな!おにんにんついてんのか!男が泣くのは嬉しいときだけだぞ。

マリタイ
激堅のスローサルコウ、3T+3Tのシークエンスを確実に成功させました。がしかし後半で転倒が出て、リフト上げられなくて・・・とミスが続きました。動きもよくてロマンティックな音楽を演じるにふさわしい感じだったのに、後半になるにつれてもったいないことに。PCSにも大きく影響を与えそうな感じです。

トランコフさんのステップアウトの3Tは普通にマイナス評価でちょっと安心。10.00はなしでした。サフマソはリフト2つがノーカンでした。なので基礎点12点がブーーーーーン。レベルも結構取りこぼしています。アスロゴはリバースラッソーがノーカンでした。もったいねえ。

来シーズンの枠は
3枠 ロシア・ドイツ・イタリア
2枠 フランス・オーストリア・ベラルーシ
となりました。ベラルーシとドイツが枠を増やしました。

サフ子のぎっくり腰とは一体なんだったのか。ペアおもしろかった。川スミとストクリのことはまだ引っ張っているけどおもしろかった。ストクリはワールド代表だからいいとしても、川スミは・・・・・って初夏まで引っ張るけどおもしろかった。ワールドも楽しみだぜなー。
2016
01.30

ヨーロッパ選手権 3日目 女子リザルト

女子LP
1 Evgenia MEDVEDEVA(ロシア)142.90
2 Elena RADIONOVA(ロシア)139.03
3 Anna POGORILAYA(ロシア)123.24
4 Angelina KUCHVALSKA(ラトビア)118.00 PB
5 Roberta RODEGHIERO(イタリア)109.75 PB
6 Mae Berenice MEITE(フランス)103.88
7 Nathalie WEINZIERL(ドイツ)103.28
8 Viveca LINDFORS(フィンランド)101.57
9 Laurine LECAVELIER(フランス)99.50
10 Matilda ALGOTSSON(スウェーデン)97.35
11 Joshi HELGESSON(スウェーデン)95.16
12 Ivett TOTH(ハンガリー)95.11
13 Anastasia GALUSTYAN(アルメニア)94.12 PB
14 Fleur MAXWELL(ルクセンブルク)91.21 PB
15 Aleksandra GOLOVKINA(リトアニア)90.53
16 Giada RUSSO(イタリア)89.88 PB
17 Anne Line GJERSEM(ノルウェー)89.68
18 Nicole RAJICOVA(スロバキア)88.86
19 Helery HÄLVIN(エストニア)87.53 PB
20 Niki WORIES(オランダ)85.05 PB
21 Kerstin FRANK(オーストリア)83.23
22 Anna KHNYCHENKOVA(ウクライナ)80.90
23 Eliska BREZINOVA(チェコ)73.05
24 Isabelle OLSSON(スウェーデン)72.39

女子リザルト
1 Evgenia MEDVEDEVA(ロシア)215.45
2 Elena RADIONOVA(ロシア)209.99
3 Anna POGORILAYA(ロシア)187.05
4 Angelina KUCHVALSKA(ラトビア)176.99 PB
5 Roberta RODEGHIERO(イタリア)170.76 PB
6 Mae Berenice MEITE(フランス)161.23
7 Nathalie WEINZIERL(ドイツ)160.64
8 Viveca LINDFORS(フィンランド)155.49
6 Joshi HELGESSON(スウェーデン)153.29
10 Laurine LECAVELIER(フランス)152.34 PB
11 Ivett TOTH(ハンガリー)150.65
12 Nicole RAJICOVA(スロバキア)146.10
13 Matilda ALGOTSSON(スウェーデン)145.32 PB
14 Giada RUSSO(イタリア)143.40 PB
15 Anastasia GALUSTYAN(アルメニア)143.05
16 Aleksandra GOLOVKINA(リトアニア)139.83
17 Anne Line GJERSEM(ノルウェー)139.48
18 Fleur MAXWELL(ルクセンブルク)137.76 PB
19 Helery HÄLVIN(エストニア)135.02 PB
20 Niki WORIES(オランダ)131.87 PB
21 Anna KHNYCHENKOVA(ウクライナ)128.80 PB
22 Kerstin FRANK(オーストリア)128.08
23 Eliska BREZINOVA(チェコ)121.26
24 Isabelle OLSSON(スウェーデン)117.50

ライチョヴァー
2Lz 3F 3Lo-2T-1Lo 3Lz so 3Lo ot-2T 2T 2A
マイナスを免れそうなジャンプが2Aだけでした。ジャンプが崩壊しても、PCSはもう少しもらえるかな?と思ったので意外な評価の低さでした。

イヴェット
3T-2T 1F 2Lz 3Lo 2A-1Lo-3S 3S-2T 2A
トゥ系のジャンプはああ・・・後半のエッジ系のジャンプはすべて降りました。ジャンプ以外の箇所がとてもよかったです。後半もスピードが落ちませんでした。フラメンコっぽかったかは分からないですけど。そもそもこれはそういう曲なんだろうか。

メイテ
2A 3F-3T 3Lz shaky 3Lo 3S-2T 2A-3T 3F fall
脳内でブラウンがすごい移動距離のコレオシークエンスを滑ってくれる仕様となっております。ジャンプ!という演技でしたが、ユーロの中だとそれだけで個性となって目を引きます。かっこいい演技でした。

ルッソ
2A 3T fall 3T-2T 3S-2T tano 3S 2F-2Lo-2Lo 1A
ルッソさんが日本選手なら確実に熱狂的なファンがつきます。昨日のモントーヤさんに続き。このレッドヴァイオリンの演じるのが難しい音楽を、よくぞここまで振り切って演じてくれました。アシュリーやソヨンも使っていますが、ルッソさんの方がおもしろい。

ヴァインツィアール
2A-3T ot 3Lz 3Lz to 2Lo 3T 2A 3S-2T
ジャンプの高さが一時期より落ちてしまったように見えます。それは成長していくにあたり仕方のないことです。でもすごく急いで急いでジャンプを跳んでいました。失敗がたくさん出たわけではないから、これでいいのか?タイスの瞑想曲を選んだのに、ステップでこのゆったりとした音楽を生かすような振付がほとんどなくて、こちらも急いで急いで、体をしっかりと伸ばすこともなかったです。どうして?

ヴィヴェカ
3T so 2Lz-2T 3F so 3Lz 2A-1Lo-2F 3S-2T 2A
後半崩れてしまうかと思いましたが見事なカムバックでした。もっと「あたしはやったるで!」というエビータでしたのに、演技の後半に女性らしさが出せるようになっていました。リンドフォースさん進化中。

点数発表の後はメイテさんショー。

ラジオノワ
3Lz-3T 3F 3Lz shaky 3Lo-1Lo-3S 2A 3Lo-2T 2A
お嬢様というよりもマダムな衣装。ジャンプをコケそうでコケないです。リプが加点の嵐からポーンと外されたように、ラジオもジャンプ単体の質は決していいとは言えません。流れや表現ありきでの加点なので、安定しなくなると失敗したジャンプだけではなく、他のジャンプでもバッスバス引かれることになるでしょう。だから演技が終わったときに、「あたしやりました!」のアピールを重ねるのは必要なことかもしれない。演技が終わっても演技です。ジャッジの印象を絶対に下げない。

メドベージェワ
3F tano-3T 3Lz tano 3F tano 3Lo 2A tano-2T tano-2T tano 3S-3T 2A fall
ロシア選手権と同じく最後の2Aで乱れが出ました。手の上げ方があまり美しくはないですし、止めても点数が変わらない気がします。メドベさんは今は軽さでジャンプがポンポン跳べていますけど、彼女もジャンプそのものの質がすごくいいわけでもないので、大きくなったときにどうなるんでしょう。演技見すぎて感想が枯れた。

ヨシ子さん
3Lz-2T-2Lo 3F 3T-2T 3Lz 3Lo 3S fall 2A+2A fall
いいスタートを切ったんですが、演技が進めば進むほどにスピードがなくなって、ジャンプの高さがなくなりました。加点をたくさん得るはずのステップもいつもの彼女の動きのよさはなく、プラスがつけられるかどうか?という質でした。ジャンプの回転不足もありますし、SPに比べてプログラムがちょっと・・・なのでPCSもズンと下がりました。

ポゴリラヤ
3Lz-3T 3Lo-1Lo-3S 3Lz fall 2A 3Lo fall 2A 3F-2T tano
GPSほどひどくはないもののハードな転倒が2つありました。ループはコケて氷上で1回転していました。転倒の影響でコレオシークエンスがいつも以上にサラーっと終わってしまいました。2つ転倒が出ると、これはワールド代表に選ばれない材料にされそうです。転倒以外は悪くはなかったのですが。

ロデギエーロ
3Lz-2T 3F shaky 3T+2A 3F so 3Lo 3S 2A
マイナスをもらうジャンプはありますが、崩れることなくまとめました。ステップの最後、感情を込めて足を上げたまま滑って、音楽の表現をしているところが素敵だと思いました。後半は「うっし、いっちょやったりますかー」という雰囲気。

クチヴァルスカ
3Lo 3Lz-2T 3S-3T 3F 2A-3T-2T 3S 2A
音源の組み合わせもさることながら、ぶつ切りも衝撃的なプログラム。でもジャンプはすごいです。全て降りました。このプログラムはネタに出来るからいい変なプログラム。ネタにできないのはNO. インタープリテーションで7.50ももらいました。愛なんて脆いものよ・・・美しいように見えて汚かったりするのよってこと?

来シーズンの枠は
3枠 ロシア
2枠 ラトビア・イタリア・フランス・ドイツ・フィンランド・スウェーデン
となりました。スウェーデンが1つ減らして、フィンランドが1つ増やしました。リンドフォースさんはナショナル4位での選出の批判はこれで避けられそう。そんな批判があるかは知らないけれど。

メドベさんはインタープリテーションで10.00を出したジャッジがいました。クチヴァルスカさんは2つアンダーローテーションをとられたので、それがなければ120点に達していました。ヨシ子さんは3T以外の全てのトリプルにアンダーローテーションがつきました。ガルスチャンは今日は4つ、ルッソさんはトリプル全てにつきました。足りないなと感じたのは全てとられています。
2016
01.30

ヨーロッパ選手権 3日目 ペアSP

おばんどす。

ペアSP
1 Q Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV(ロシア)79.77
2 Q Aliona SAVCHENKO / Bruno MASSOT(ドイツ)75.54
3 Q Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)70.17
4 Q Mari VARTMANN / Ruben BLOMMAERT(ドイツ)62.90
5 Q Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)62.10
6 Q Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)61.51
7 Q Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV(ロシア)60.63
8 Q Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK(イタリア)58.47
9 Q Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER(オーストリア)52.96 PB
10 Q Tatiana DANILOVA / Mikalai KAMIANCHUK(ベラルーシ)48.72
11 Q Goda BUTKUTE / Nikita ERMOLAEV(リトアニア)46.85
12 Q Bianca MANACORDA / Niccolo MACII(イタリア)44.71
13 Q Marcelina LECH / Aritz MAESTU(スペイン)40.46 PB
14 Q Adel TANKOVA / Evgeni KRASNOPOLSKI(イスラエル)37.81
15 Q Alexandra HERBRIKOVA / Nicolas ROULET(スイス)36.38
16 Q Anna Marie PEARCE / Mark MAGYAR(ハンガリー)36.00

イギリスのアマニ・ファンシー&クリストファー・ボヤジが解散して16組の出場となりました。まーーーた解散かよとなるところですが、フェイスブックのアカウントを削除しているので今度は本当。

サフマソ
ぎっくり腰をやってしまったサフ子の棄権が心配されましたし、棄権すると思っていたので出てきてびっくりしました。んでもってすげえスコアですし。3Tはサフ子の軸がおかしかったのによく降りました。マッソーの衣装のシャツは中に入れた方がかっこいいような。もしくは裾をもっとヘニャヘニャにした方がいいような。チャレンジャーシリーズのままのPCS出てワロティッティティティー。

サフマソはサフゾルじゃなくてサフマソと間違えずに書けます。でもイリジガは10回に1回イリカツ。イリカツの言いやすさはトップクラスでした。

マリブロ
ンマーーー安定したもんですよ。投げ技ジャンプをちょちょいという間に成功させました。こんなのマリタイ時代やプロブロ後期には考えられなかったです。マリちゃんは男子に負けないぐらいにエッジ深いから、そういうのもペアバランスの印象のよさを上げているのかもしれないです。

マルホタ
サルコウは大丈夫でした。ツイストはトリプルでしたが抱えました。でもすっげえ悪いわけではないので、これから改善して欲しいです。スローは転倒。正直ボーカルのない普通の月光でいいと思います。何を表現したいのか全く見えてこない。LPはネタにできるけど、これは感想が浮んでこない。技術は高いですけどね。

アスロゴ
3Sの回転が途中で開いてしまったので3S<<となります。スローはふわっときれいでした。急遽出場することになったので、準備不足がジャンプに出てしまったのかもしれませんが、それを除けば悪い出来ではありませんでした。

白鳥組
GPSで見ていたときはLPに比べてこのしーしープロは中身がないかな・・・と思っていたんですけど、今日はとてもよくなっていました。特に女性のキレが素晴らしかったです。男性はもうちょっとがんばれ。ツィーグラーさん見守り隊みたいになっている。スローもソロジャンプもきれいに入りまして、こんないい2人の演技は今まで見たことがなかったです。

ヴァネシプ
ツイストOK、トゥループOK、スローOK、デススパイラル・・・・・。こう言ってはあれですけど、この大会がユーロでメダルを取ることのできる最初で最後のチャンスだと思うし、本人たちも当然狙っているだろからそれだけに残念。PCSの評価は高かったです。

タラモロ
ソロジャンプで女性がフリーレッグをタッチ?スローはお手つきでした。モロゾフがやや音楽に追われ気味かな?と思いました。ジャンプの少々のミスはあっても非常に安定しております。

ヴォロトラ
スローの着氷でタッチしましたがマイナスはつかないでしょう。ネームバリュー加点やめてー。圧倒的なエレメンツの質の高さです。バックアウトであんなに沈み込んでなんでコケないんだろうトランコフさん。スピードもあるし。ふしぎ。

デラモデル
ソロジャンプは女性がステップアウト。スローはお手つきですが転倒ではないからオッケー。今日はデラモニカさんの滑りがいまひとつで、逆にモデルさんは絶好調。モデルさん筋肉つけすぎな気もしますけど、これで滑られるんですね。7点台をもらっても何の疑問も抱かないペアになりました。昨シーズン終了の時点で、こんな成長するなんて思わなかったです。

ヴォロトラのスローは6人のジャッジが+2でした。はい。ヴァネシプはもしデススパイラルが成立してレベル4でもとれていようものなら68ぐらいまで出ていました。もったいない。

ヴォロトラはPCSでサフマソに1項目0.3~0.5の差があります。順位が入れ替わるのはミスありきですね。サフマソはもちろん上手いんですけど、ヴォロトラはペアとしての完成度が現役のペアの中ではズバ抜けているので、ミスがあろうが変なプログラムだろうがPCSが出るのは当然かなと。僕はSPもLPも好きですけどね。

ユーロが始まる前はペアが1番楽しみで、どんなレベルの高いやり合いがあるんだろうかと思っておりました。そこから川スミ、ストクリと続けてアウトになり気持ちが完全に萎れていました。でも演技を見るとおもしろくて、マリちゃん、ヴァネッサ、デラモデルなんかのベテランになってきた選手が今までになかった魅力を見せてくれるのが嬉しかった。明日はミスが少ないといいなー。
2016
01.29

四大陸選手権エントリー

http://www.isuresults.com/events/fsevent00051687.htm

早くもエントリーが出ました。今年も台湾。台湾いっぱい。

男子
1 Denis MARGALIK ARG 1
2 Andrew DODDS AUS 2
3 Brendan KERRY AUS 2
4 Patrick CHAN CAN 3
5 Liam FIRUS CAN 3
6 Kevin REYNOLDS CAN 3
7 Boyang JIN CHN 4
8 Nan SONG CHN 4
9 Han YAN CHN 4
10 Chih-I TSAO TPE 5
11 Leslie IP HKG 6
12 Harry Hau Yin LEE HKG 6
13 Takahito MURA JPN 7
14 Keiji TANAKA JPN 7
15 Shoma UNO JPN 7
16 Abzal RAKIMGALIEV KAZ 8
17 Denis TEN KAZ 8
18 Julian Zhi Jie YEE MAS 9
19 Michael Christian MARTINEZ PHI 10
20 Se Jong BYUN KOR 11
21 Jin Seo KIM KOR 11
22 June Hyoung LEE KOR 11
23 Max AARON USA 12
24 Grant HOCHSTEIN USA 12
25 Adam RIPPON USA 12

このエントリーで1番注目なのがナンソンは本エントリーにも補欠にも名前があるということ。ナンソンってこの世に2人いたんですか?ドッズは1人だけです。残念。今シーズン試合に出ていないチーイー・ツァオさんの状態はどうでしょうか。ミーシャは足の舟状骨という箇所に痛みがあるそうで出場しません。ミーシャは今シーズンはビザの問題だったり、苦労しています。世界選手権で彼の演技が見られることを楽しみにしています。

女子
1 Kailani CRAINE AUS 1
2 Brooklee HAN AUS 1
3 Katie PASFIELD AUS 1
4 Alaine CHARTRAND CAN 2
5 Gabrielle DALEMAN CAN 2
6 Kaetlyn OSMOND CAN 2
7 Zijun LI CHN 3
8 Ziquan ZHAO CHN 3
9 Lu ZHENG CHN 3
10 Amy LIN TPE 4
11 Maisy Hiu Ching MA HKG 5
12 Rika HONGO JPN 6
13 Satoko MIYAHARA JPN 6
14 Kanako MURAKAMI JPN 6
15 Da Bin CHOI KOR 7
16 Na Hyun KIM KOR 7
17 So Youn PARK KOR 7
18 Michaela DU TOIT RSA 8
19 Thita LAMSAM THA 9
20 Polina EDMUNDS USA 10
21 Gracie GOLD USA 10
22 Mirai NAGASU USA 10

フィリピンからもブラジルからもメキシコからもエントリーがない。ミニマムのせいで選手多様性が失われている女子。

ペア
1 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD CAN 1
2 Lubov ILIUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH CAN 1
3 Julianne SEGUIN / Charlie BILODEAU CAN 1
4 Wenjing SUI / Cong HAN CHN 2
5 Xiaoyu YU / Yang JIN CHN 2
6 Tae Ok RYOM / Ju Sik KIM PRK 3
7 Sumire SUTO / Francis BOUDREAU AUDET JPN 4
8 Marissa CASTELLI / Mervin TRAN USA 5
9 Tarah KAYNE / Daniel O SHEA USA 5
10 Alexa SCIMECA / Chris KNIERIM USA 5

ワンワンは四大陸のとき冠婚葬祭でもあるのかな?ペンジャンが怪我で出られないならワンワンじゃないのか?もしかして出られると高を括って補欠を出してませんでした?四大陸に北のペアが。ミニマムとってワールドきて。アメリカきてアメリカ。

アイスダンス
1 Matilda FRIEND / William BADAOUI AUS 1
2 Piper GILLES / Paul POIRIER CAN 2
3 Elisabeth PARADIS / Francois-Xavier OUELLETTE CAN 2
4 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE CAN 2
5 Xibei LI / Guangyao XIANG CHN 3
6 Shiyue WANG / Xinyu LIU CHN 3
7 Yiyi ZHANG / Nan WU CHN 3
8 Emi HIRAI / Marien DE LA ASUNCION JPN 4
9 Kana MURAMOTO / Chris REED JPN 4
10 Anastasia KHROMOVA / Daryn ZHUNUSSOV KAZ 5
11 Rebeka KIM / Kirill MINOV KOR 6
12 Ho Jung LEE / Richard Kang In KAM KOR 6
13 Yura MIN / Alexander GAMELIN KOR 6
14 Madison CHOCK / Evan BATES USA 7
15 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE USA 7
16 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI USA 7

カザフはウズロワさんの新しいカップルが出ていない。解散したとか?中国はジャオジェンじゃないのか?超身長の高い女の子の組が出るんですね。16組もいると賑やかでいいですね。

感想:中国の派遣ってやっぱイミフ。
2016
01.29

ネイサン・チェン 今シーズンは休養

http://www.icenetwork.com/news/2016/01/28/163055214

ネイサン・チェンは世界ジュニア選手権、世界選手権に出場ができなくなりました。

全米選手権のエキシビションで痛めた左股関節を手術しました。その手術を行ったのが水曜日で、そこから8~10週間は氷上練習に制限がかかるということで、世界ジュニアが3月半ばですから、間に合わないということになります。サンディエゴやコロラドスプリングスでのリハビリを考えているそうです。世界ジュニアにはヒワタシ、世界選手権にはホックスタインが出場となります。

怪我でもどかしいシーズンを送ることが多いです。フルに万全な状態で戦えたときの方が少ないです。4回転を4度やるような選手なので、中途半端に戻ってくるともっと悪くするかもしれません。まだまだ未来がある選手なので、気を張りすぎず、自分を責めずにリハビリをして欲しいです。
2016
01.29

ヨーロッパ選手権 2日目 男子リザルト

眠くて眠くて。ユーロを日本でやってくれれば時差がないのに。

男子LP
1 Javier FERNANDEZ(スペイン)200.23
2 Florent AMODIO(フランス)162.68
3 Mikhail KOLYADA(ロシア)159.00
4 Alexei BYCHENKO(イスラエル)158.47 PB
5 Ivan RIGHINI(イタリア)154.13 PB
6 Maxim KOVTUN(ロシア)154.12
7 Alexander PETROV(ロシア)152.74
8 Daniel SAMOHIN(イスラエル)149.35
9 Jorik HENDRICKX(ベルギー)142.26
10 Deniss VASILJEVS(ラトビア)135.92
11 Franz STREUBEL(ドイツ)128.06
12 Alexander MAJOROV(スウェーデン)127.93
13 Michal BREZINA(チェコ)127.51
14 Matteo RIZZO(イタリア)125.90
15 Ivan PAVLOV(ウクライナ)120.87
16 Phillip HARRIS(イギリス)117.06
17 Paul FENTZ(ドイツ)114.62
18 Stephane WALKER(スイス)114.56
19 Felipe MONTOYA(スペイン)114.22 PB
20 Nicholas VRDOLJAK(クロアチア)108.05
21 Jiri BELOHRADSKY(チェコ)108.04
22 David KRANJEC(スロベニア)106.99 PB
23 Mario-Rafael IONIAN(オーストリア)106.41 PB
24 Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)90.48

男子リザルト
1 Javier FERNANDEZ(スペイン)302.77 PB
2 Alexei BYCHENKO(イスラエル)242.56 PB
3 Maxim KOVTUN(ロシア)242.21
4 Florent AMODIO(フランス)240.96
5 Mikhail KOLYADA(ロシア)236.58
6 Ivan RIGHINI(イタリア)236.36 PB
7 Daniel SAMOHIN(イスラエル)232.08
8 Alexander PETROV(ロシア)229.69
9 Jorik HENDRICKX(ベルギー)221.39
10 Michal BREZINA(チェコ)211.81
11 Alexander MAJOROV(スウェーデン)204.27
12 Deniss VASILJEVS(ラトビア)204.24
13 Matteo RIZZO(イタリア)200.81
14 Franz STREUBEL(ドイツ)196.17 PB
15 Ivan PAVLOV(ウクライナ)189.65
16 Paul FENTZ(ドイツ)182.59
17 Felipe MONTOYA(スペイン)181.95 PB
18 Phillip HARRIS(イギリス)180.99
19 Stephane WALKER(スイス)171.79
20 Jiri BELOHRADSKY(チェコ)168.57 PB
21 Nicholas VRDOLJAK(クロアチア)167.07
22 David KRANJEC(スロベニア)163.98
23 Mario-Rafael IONIAN(オーストリア)160.57 PB
24 Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)149.60

ヴァシリエフス
3A 2A 3F 3Lo 3Lz-3T 3Lz 2S-2T-2Lo 2A-2T tano
ジャンプはサルコウが抜けただけでした。昨シーズンからのプログラムなので完全にジュニア用だからか、シニアに無理に30秒伸ばすと不自然に見えました。アリエフのLPと同じく、これはジュニアの方がいい。SPに比べると全体的に薄味でした。

シュトロイベル
4T 3A 3Lz 3Lo 3Lo-1T 3S-2T 3Lz hd-1Lo-1S 2A
4T、3Aと高さのあるジャンプが入りました。前半はとてもよかったんですけど、後半のジャンプの着氷がシェイキーでした。ジャンゴージャンゴー。トシちゃんじゃないよ。

ハリス
3A-2T 3Lz-1Lo-3S so 3A shaky 3Lo 2Lz-2T 2F 3T shaky 2A
最初のコンボの2Tと最後の2A以外ジャンプの軸がおかしい。ここまでくると次はどんな軸?どんな軸?とワクワクしてきます。LPで挽回パターンじゃなかった。いつものハリスさんでした。

パブロフ
3A shaky 3A so 3Lz-3T 2A 3F-2T 3Lz-1Lo-3S 2Lo 2A
3Aを2本の構成できました。いい意味で癖はなく、悪い意味だと引っかかりがない選手なので、ジャンプジャンプのところは淡々としていました。後半はバテてきてコレオシークエンスでバランスを崩しかけるところがありました。パブロフさんはまだまだジュニアの選手だなあと思わされました。

フェンツ
3A 3T 3Lz-2T 2Lo 3A so 3S-2T 2Lz 1A
ステップでコケてからルッツもアクセルも抜け、スピンが崩壊し尺余りフィニッシュんという絵に描いたような崩れ方をしました。前半はきれいなディープエッジを見せていたりしたんですけど。シュトロイベルさんもそうだけど、スタートはすごくいいのなー。ドイツの歴史や経済と一緒だわ。

モントーヤ
3T-2T 3Lo 2Lz-2T-2Lo 3S 3F 2Lz 2A 1A
モントーヤさんは元々の構成が弱いのでTESが出にくいということは分かっていたし、ジャンプがあまり・・・というのもなので抜けがたくさんなことに驚きはありません。いやーすごいセリフのうるささ。イヤホンだからダイレクトに耳に入ってきまして。セリフの部分を演じたり、メロディーの部分を演じたり、すごく難しいプログラムですね。アイスダンスのプログラムを1人でやっているような。

リッツォ
3A so 3F ot-3T 3Lz-2T 2A-1Lo-2S shaky 3F 3Lo 2A 2Lz
前半はジャンプが決まればもっと振付をキメキメでするつもりだったのでしょうが、なかなか難しいです。ウィリアム・テルはランビの史上最高のステップの1つのやつが頭に浮かんでしまうから、なんでもかんでも物足りなく感じます。

マヨロフ
4T 3Lz shaky-2T 3A-2T 3F 1A 3T-2T-2Lo 3S so 2A
4Tの質がよかったです。1本目のアクセルは弧を描いたきれいな入りでした。2本目のアクセルは昔から跳んでいるような、直進気味で後ろを向いてすぐに踏み切るようなもの。新しい方がいいのかもしれない。ザヤザヤヤ。

アモディオ
4S df 3A shaky 3A-1Lo-2S 3Lz-2T 3S-3T 3Lz 3F shaky 2A
いつもだったら堪えきれないようなジャンプを堪えきりました。3Sを4本跳ばず、コンボを3つ跳んで、ジャンプを8本跳ぶ。最高の現役生活の終え方じゃないでしょうか。メルシースパシーバありがとうセンキュー。モロゾフの方が顔グチャグチャですわ。最後に一発いいでしょうか。「滑れや!!!!!」グッバイアモディオ。

コリヤダ
4T so 3A-3T 3A 3Lz 3Lo 3Lz-2T-2Lo 2A+2A 2S
4Tはもったいないけどしょうがないとして、サルコウの失敗はもったいない。3Fを抜いた構成なので、なんとしても抜けだけはいかんのです。でもロステレコムからの安定感は今回もありました。大崩れしないというのが、今のロシアの求めている力でしょう。

ジョリヘン
3A so 3A fall 3Lz-3T-2Lo 3F-2T tano 3Lz hd 3Lo 3S-2T tano 2A
なまこみたいなヘアスタイルはやはりタイタニックに合わせたものか。今まで25回ぐらい見た軸が外に外れるステップアウトの失敗。僕は映画を観たから分かるけど、こういうプログラムはストーリーを知らない人にとってはどうなんでしょう。何、自己完結してんの?となるかもしれない。そういうときは彼の動きの美しさを見ましょう。茹でられているそうめんのように、ぬるぬるもわもわと動いていますよ。

ペトロフ
3A-2T 3A 3Lz-2T tano 3F-1Lo-3S hd 3Lz 3T 3Lo 2A
今回も4Tは入れずに確実にジャンプを降りました。LPでもフリップにはeマークはつかなかったようです。もう安定したもんよ。

サモヒン
4T-2T 4S to 1A 4T 2Lz 3Lz-2T 3S-1Lo-2S 3Lo

アクセルとルッツの13点ほどを生贄にクワド3本を召喚したんですね。つくづくクワドは他のジャンプの成功あってこそのアドバンテージですね。フリップもセカンドトリプルも入っていませんし。GPFのときみたいな悲しいお辞儀じゃなかったのはよかった。

ビチェンコ
4T-1T 3A 4T fall 3Lz-1Lo-3S 3F-3T 3Lo 3Lz 2A
この大会はビチェンコさん史上最も表現が明確に行われた大会だったでしょう。明るい未来を夢見て、それを掴み取るという感じ。なんでこんないい演技のときにチャイトいないんだYo! 去年のユーロ220点で4位、今年のユーロ242点。コポォwwwww眠くて死にそうだったけど、ちょっと目が覚めました。ありがとうビチェンコさん。

リギーニ
3A 3A-2T 3Lo 3T 3Lz tano-3T 2A-1Lo-3S 3F tano 2Lz tano-2T
アンニュイで影のある雰囲気のステップと、わーい!のコレオシークエンス。ジャンプがかなり成功したので気持ちがノっていました。4Tは回避しましたけど、4Tがなくても十分魅力的な選手です。まずはいい演技を見せてジャッジに顔と名前を売って、そこから4Tを入れればいいんですよね。名前がある程度売れれば少々のことではPCSも下がらないでしょうし。

なんですくん
4T hd 4S-3T 3A-2T 4S 3F-1Lo-3S 3A fall 3Lz 3Lo ot
前半のアクセルをコンボにした時点で、アクセル2本にするんだろうなというのは分かったんですけど、じゃあどこに入れるのか?なったときにまさかの3Tの場所でした。いやいやいやいや絶対助走足りませんよね?そりゃ立てないって。なんですたむも300点クラブ入りですか。スティッチのティッシュケースなのって、ミキ・アンドウの意だったと今更気がつきました。

コフトゥン
4S so 4T fall 2S<< 3A-3T 3Lz 3Lo+2A 3S 2A
3本のクワドは全て失敗。でも後半は1つもミスせずでした。よかったコフトゥンが立て直せるように成長をしていて。

今1位の選手のTES 106.87という無慈悲な表示。

ミハル
3A so 3T 4S fall 4S fall 1A-2T 3Lz to 2Lo 3F hd-1Lo-1S
ジャンプ壊滅。4Sの転倒数が今シーズンだけで20に到達しようかという。よかったところは・・・顔とか・・・。

なんですくん転倒あったのに10.00が4つ。転倒=完全無欠?アモディオは4Sが両足ですが7人のジャッジがプラス評価。すげー。ヒャッホーってなるのは分かるけど、今一度冷静さを持ってくれジャッジさん。

来シーズンの枠
3枠 ロシア・イスラエル
2枠 スペイン・フランス・イタリア・ベルギー・チェコ
となりました。ドイツは14位と16位なのでちょっと足りずに1枠へ。

なんですくんの4連覇、ビチェンコさんのイスラエル初のメダル、コフトゥン滑り込みセーフ。アモディオお疲れ様。自力でエキシに出られる順位に入れてよかったです。脱ぐなり脱ぐなり好きにしてください。コフトゥンとミハルはドンマイじゃなくて、マインドしてこれを糧にしてくれ。
2016
01.29

ヨーロッパ選手権 2日目 アイスダンスSD

アイスダンスSD
1 Q Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)72.31
2 Q Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)70.74
3 Q Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)68.71
4 Q Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV(ロシア)68.33 PB
5 Q Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)66.65 PB
6 Q Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)64.87
7 Q Isabella TOBIAS / Ilia TKACHENKO(イスラエル)64.46
8 Q Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND(イギリス)64.26 PB
9 Q Federica TESTA / Lukas CSOLLEY(スロバキア)62.24
10 Q Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN(デンマーク)62.19
11 Q Natalia KALISZEK / Maksim SPODIREV(ポーランド)59.57 PB
12 Q Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR(トルコ)56.33
13 Q Kavita LORENZ / Panagiotis POLIZOAKIS(ドイツ)55.06 PB
14 Q Cortney MANSOUR / Michal CESKA(チェコ)54.97 PB
15 Q Barbora SILNA / Juri KURAKIN(オーストリア)54.56
16 Q Lorenza ALESSANDRINI / Pierre SOUQUET(フランス)54.37 PB
17 Q Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV(ベラルーシ)52.25
18 Q Cecilia TÖRN / Jussiville PARTANEN(フィンランド)51.14
19 Q Celia ROBLEDO / Luis FENERO(スペイン)50.19 PB
20 Q Tina GARABEDIAN / Simon PROULX-SENECAL(アルメニア)50.17 PB
21 Misato KOMATSUBARA / Andrea FABBRI(イタリア)49.56
22 Olga JAKUSHINA / Andrey NEVSKIY(ラトビア)49.49 PB
23 Katharina MÜLLER / Tim DIECK(ドイツ)48.75 PB
24 Peroline OJARDIAS / Michael BRAMANTE(フランス)48.36 PB
25 Taylor TRAN / Saulius AMBRULEVICIUS(リトアニア)45.09
26 Valeria GAISTRUK / Alexei OLEJNIK(ウクライナ)44.44
27 Carolina MOSCHENI / Balazs MAJOR(ハンガリー)42.87
28 Katarina PAICE / Yuri EREMENKO(スイス)36.23 PB

モスマヨ
モスケーニさんとマヨルさんの演技を初めて見ました。マヨルさんの腰が素人目にでも気になりすぎるぐらい引けておりました。モスルカのときのカップルバランスがとてもよかったので、それに比べると・・・でしょうか。モスケーニさんが大きくなっているから、もし続けていてもいずれは解散をしていたのかもしれませんが。

トビトカ
プリンストカチェンコチャーミング。PTCは爽やかさはないけど、昔のディズニー7のセル画アニメのキャラクターのジトーっとした感じはありますな。心なしかトビアスさんが前よりも滑るようになった気がします。前はもっとトカチェンコさんが引っ張って、トビアスさんはギコギコと漕ぐような感じがあったので。

コマファブ
ファブリの給仕感。パターンの1番最後の女性のキーポイントのところは、それに集中しすぎて表現の方が・・・。男性がいつの間にかすごく上達していました。コーチのバーバラがブラチスラヴァのユーロで優勝したことがあるので、そのパワーが注入されたのかも。

今彼組
正式名称はジョニーの元旦那の今彼組。今も続いておりますよ。156と170という小さなカップルなんですけど、組んで1年足らずのカップルがそれを感じさせないというのが信じられない。しっかりとした滑りです。エレメンツへの準備動作とか、女性を引き寄せるときの所作が初戦に比べるとかなり改善されています。もちろん最初から上手かったんですけど、いくよいくよいくよーというのは出ていたので。んで・・・ミニマム取った!ワールド出場確定です。

トルパル
パターンダンスの後のトランジションの滑り、何かしているわけではないんですけど、スーッと伸びて気持ちがいい。そこからツイズルですね。眠くなかったらストーリーが何か浮かんできそうです。トランジションからの自然な流れのカーブリフトもいい。今シーズンはこのカップルが好きになりました。

アレスケ
フランス人ぽくなったアレッサンドリーニちゃんと、濃厚さもなければアムール感もないスーケさん。これは間違いなく家庭教師とうぶな高校生のラブストーリーでしょう。パーシャルステップのところは人目もはばからず地元のストリートを歩いているんですよ。恋愛はちゃんと責任とれる年齢になってからよ?お分かり?

カリスポ
もっとかわいい衣装がありそうな気がすると試合に出る度に思う。そしてFDでも思う。来シーズンも思うだろう。全く派手な箇所がなく、膝の柔らかな滑りで魅せる匠系ユーロ地味カップル。もはやこの地味さを極めてすら欲しい。

マンスールさんとこの組のコーチがキャロル・レーンさんじゃなくてシュピルとファビアンになっている。移籍したんか。

シニカツ
パターンダンスはレベルが取れていません。ツイズルはどうしてこんなにポジションがブレるのか。回転のタイミングはそこまでズレていないのに、ものすごくズレているように見えます。おい聞こえるかカツラ!お前だああああああああああああ!!!でもまあ、このグループに入れられてしまうと上手すぎて笑えます。早く後ろのグループに行きなされ。

テスチェレ
ジモティーの登場。チェーレイさんはブラチスラヴァ民なのでガチ地元。テスチェレ上手なんですけど、片方のエッジに乗っていてもグラついていることがスローから分かります。こういうちょっとのことも上位はミスしないんだろうなと思います。楽しい演技だから地元だと盛り上がりますね。正統派よりもこっちにして正解だったのかも。

フルソレ
かなりクリーンな滑りでした。GPSよりも全然いいです。GPSのときマジでよく意味が分からなかったというか、同門のカップルと同じようなプログラムで、これなんだよ・・・とか思っていたので。世代じゃない曲ですし。滑り込みができたから、完成度がひたすら高くてシャープな滑りでした。いい演技だったー。

ステブキ
セントバーナードさんがトリミングをしました。この髪型悪くない。やや細くなったように見えるセントバーナードさん。今日はいつもよりよく滑っていました。パーシャルになると急激にスピードが落ちて、ひたすら美脚アピールに徹するという感じなんですけど、ステパノワ好調でした。上手くなって安心。

キャプ翼組
男性があまりに大きすぎて、パターンダンスは上から踏みしめているみたいだ。パーシャルで男性と女性の動きがバラバラになってしまった箇所がありました。ツイズルは演技の最後に入れて、3つめで女性がスタンブル。GOEマイナスは避けられません。

アリアル
カメレンゴと一緒という見慣れない光景です。フリーレッグがバラバラかなー?というのはあるんですけど、ステパノワと双璧を成す膝が使えない・・・の二大ダンサーだったウチャルさんが、その弱点で改善の兆しが見えました。移籍した効果なのでしょうか。

ギニャファブ
当初のTESカウンターの感じではパーシャルレベル4取れたんですけど下がってしまいました。ワルツとポルカでの演じ分けが完璧で、ポルカではよりディープエッジが楽しめました。ディープエッジなのに早い動きが鮮やかで。本当にすごかった。

パパシゼ
ツイズルは女性の技術がまだ戻りきっていないのかな?と。失敗ではないのですが。この演技はシゼロンの上手さが際立ちました。もちろん滑らかな滑りはそうなんですけど、この驚異的なリードの上手さ、ポジションやホールドチェンジの上手さ。パートナーのよくないところを補っていました。ただエッチな写真撮ってるだけの人じゃなかったんですね。

ペニコラ
プログラムも衣装も一新しました。こうもりになりました。クームスの衣装がミニスカートじゃないというのがレアです。こんなロング・・・じゃなくて普通の丈新鮮。こういうピンク似合うなあ。プログラムはまだまだ滑り込み不足かな?というのは見えました。リフトはもうちょっと上品な感じでお願いしたい。迫力はあるけど、そこまでのを一気にドンガラガラガッシャーンとひっくり返しているようだ。

カペラノ
カッペちゃんが赤から白になる。カッペちゃんは赤と白と黒以外にはお召しにならないのですか?GPFよりもかなりよくなったと思います演技が。動きが大きくなってスケーティングをカバーしておりました。ジャーンジャーンジャーン!これでもかというフィニッシュ盛り上がる。

ボブソロ
スピードを出しまくったパターンダンス。あまりにスピードを出しすぎていたので、わーーーーーーーいって外周滑って通り過ぎるかと思いました。衣装は僕は白のままの方が好きだったかなあ。PCSがボブソロ>シニカツとなりました。GPSのときはシニカツの方がよく滑っていたと思いますが、今回はソロビエフが膝が痛くないらしく好調なので、この評価は納得。

きれいに波乱なくグループが分かれました。トップ4が世界のトップグループ、8位までがセカンドグループ、10位までがサードグループ。美里ちゃんたちは今年もFDに進むことはできませんでした。がんばったんですけど、他の組もそれ以上に上手くなっていました。本当に厳しい戦いだ。
2016
01.28

ヨーロッパ選手権 1日目 男子SP

男子になって慣れてきて、スイッチングが改善され・・・てない!

男子SP
1 Q Javier FERNANDEZ(スペイン)102.54 PB
2 Q Maxim KOVTUN(ロシア)88.09
3 Q Michal BREZINA(チェコ)84.30
4 Q Alexei BYCHENKO(イスラエル)84.09 PB
5 Q Daniel SAMOHIN(イスラエル)82.73 PB
6 Q Ivan RIGHINI(イタリア)82.23 PB
7 Q Jorik HENDRICKX(ベルギー)79.13 PB
8 Q Florent AMODIO(フランス)78.28
9 Q Mikhail KOLYADA(ロシア)77.58
10 Q Alexander PETROV(ロシア)76.95 PB
11 Q Alexander MAJOROV(スウェーデン)76.34
12 Q Matteo RIZZO(イタリア)74.91 PB
13 Q Ivan PAVLOV(ウクライナ)68.78 PB
14 Q Deniss VASILJEVS(ラトビア)68.32
15 Q Franz STREUBEL(ドイツ)68.11 PB
16 Q Paul FENTZ(ドイツ)67.97 PB
17 Q Felipe MONTOYA(スペイン)67.73 PB
18 Q Phillip HARRIS(イギリス)63.93
19 Q Jiri BELOHRADSKY(チェコ)60.53 PB
20 Q Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)59.12 PB
21 Q Nicholas VRDOLJAK(クロアチア)59.02
22 Q Stephane WALKER(スイス)57.23
23 Q David KRANJEC(スロベニア)56.99
24 Q Mario-Rafael IONIAN(オーストリア)54.16 PB
25 Thomas KENNES(オランダ)53.86 PB
26 Valtter VIRTANEN(フィンランド)52.07
27 Alexei MIALIONKHIN(ベラルーシ)50.98 PB
28 Daniil ZURAV(エストニア)50.50 PB
29 Armen AGAIAN(ジョージア)49.32 PB
30 Patrick MYZYK(ポーランド)49.26
31 Slavik HAYRAPETYAN(アルメニア)46.71
32 Larry LOUPOLOVER(アゼルバイジャン)44.46
33 Alexander MASZLJANKO(ハンガリー)44.26 PB
34 Michael NEUMAN(スロバキア)42.03
35 Engin Ali ARTAN(トルコ)40.60

ベセギエさんが出ないからフランス1人。もったいな。ポンサールはアメリカいるからしょうがないとしてもオクーさんは?

フェンツ
3A 3Lz 3T-3T
若干のスポ根感を出しながら滑る曲。これはパソドブレでしょうか。昨シーズンから見ているけど未だに分からない。ジャンプは3つともきれいに入りまして、マイナスをつけるところがないという感じ。リーベルスさんが出ない場合のワールド代表争いがどうなるのかですね。

ウォーカー
3A fall 3Lz 3F-3T df
胸毛は出すけど肌着は下に着る白シャツ衣装。シャツを固定しちゃった方がいいような気が。ジャンプは戻っていないんですけど、スピンが元に戻ってきました。むしろ前よりも回転速度が増しているような気も。僕の記憶障害かもしれない。記憶を確認いたします。しばらくお待ちください・・・うん多分よくなってますね。

イジー
3Lz-3T 2A 3F
この大歓声はチェコスロバキアだからですか?未だにチェコスロバキア意識というものは存在するのか。JGPSの暗い照明じゃないと子供!!!という感じがありありと見えます。トラのカルミナ・ブラーナ、ミハルの山の魔王の宮殿にて、そしてイジーのトッカータとフーガ。原曲ぶっ壊しSPの系譜ですね。

モントーヤ
3Lz-3T 2A 3F
まるで北米選手のようなドンキホーテで、一切奇をてらっていないです。コンビネーションスピンが少しトラベリングしたぐらいで、ジャンプは全てきれいでしたしいい演技でした。SPのミニマムを超えるTESでした。ラヤさんとのスペイン2枠目をあらそ・・・わない!ワールドは3枠だから。3AがないからLPは超クリーンじゃないと厳しいんですけど、クリアして欲しいです。

ヴルドリャク
2A 3Lz-3T 3F
いいもみあげしてますね。SPが微妙にミニマムに足りないマンなので、ここでクリアして欲しかったんですが、ここでも絶妙に足りない。しかもジャンプ3つとも降りたのに足りない。常に首が前に出るような姿勢が気になりました。レミゼの民衆の歌をステップで使っているときに、ちょうどリンクサイドのフランス国旗が見えました。わーい。

パブロフ
3A to 3Lz-3T shaky 3F
体は子供で顔はおっさんになってきたパブロフさん。大先生以外に逆回転スピンを見ると「すげー!」ってなります。大先生のは見慣れてしまったから。スピンは軸が安定していてきれいです。ウクライナの選手は若いうちに引退してしまうかもしれないから、1回1回の演技を大切にみよっと。

ハリス
3A so 3Lz ot-3T ot 3F hd
ハリスさんはSPまとめてLP大崩れというパターンが非常に多いので、今回SPで失敗したからLPは大丈夫というパターンですねきっと。ショパンのノクターンと見せかけて違う曲。ハリスさんは昨シーズンナショナルを初めて獲ってユーロに出場しましたが、26歳という普通にベテラン。出場者の中でもヴィルタネンさん、ビチェンコさんに次ぐ年齢なので、フレッシュだけどフレッシュじゃない。

ハイラペティアン
3A fall 3Lz shaky 3S so
マキシム音源のゴッドファーザー。LPのフラメンコがとてもいいのに、このプログラムちょっと・・・どうなんだろう?と思いました。全然合ってない気が。

シュトロイベル
3A shaky 4T fall 3Lo-3T
サンタナの曲でこのスーツの衣装は正解なのでしょうか。踊ろうとしているステップが愛おしかったです。ちょっとビチェンコさんっぽいかもしれない。

オドヴォルボー
3F-3T hd 3Lz 2A
この音楽に乗れているのか乗れていないのかよく分からない感じを楽しむのが、オドボルボエさんの踊るリッツの夜。180cmもある男の子がピョンピョン跳ねる振付をするのを温かく見守るのです。すごく優しい気持ちになるんです。さあ大声で叫んでみましょうせーの、オドボルボエーーー!

ジョリヘン
3A 3Lz-3T 3Lo
この髪型見覚えがあったんですけど、やっと思い出しました。これなまこですね。なまこなまこ。すごくすっきりしました。ステップはしなやかでとても素敵なんですけど、もっと力強さがあれば前半との対比が出てよくなりそうな気がします。ここまでで初めての7点台です。メドベージェワ超える79点。この時点でメドベージェワ第2位になりました。

リッツォ
3A 3F-3T 3Lz
3Lzのランディングのお控えなすってポーズかっこいい。どうしようリッツォが自身をつけまくって男らしくなって垢抜け倒している。JGPSよりさらに上手になっている。今シーズンの進化のスピードすごいのお・・・。ビアンコニ先生の生徒いい演技多いからマルホタも続いてくれー。

コリヤダ
4T fall 3A so 3Lz-3T
カメラの角度が悪くて最初の表情が見えぬ。2つのジャンプミスで9点ぐらいは失っています。残念な演技ですけど、転倒があっても他のところに影響がなかったので、もっとPCSがもらえると思っておりましたが。今大会は落ち着き大会なんですかね?

アモディオ
3S 3A 3Lz-3T so
元気なアモディオの最後のSPでした。TESは取りきれませんでしたし、相変わらず立ち止まるけどアモディオですからね。元気に楽しんでいたからオッケー。上位と戦えるスコアに踏みとどまりました。トランジションの低さ気持ちいい!

マヨロフ
3Lz-3T 3A 3F
ジャンプの着氷は完璧ではないものの、マイナスを食らわないように処理していました。お腹ぷよぷよという意味ではない風格がついてきて、とてもよかったと思います。

リギーニ
3A 3F tano 3Lz tano-3T
プログラムを誰も寝てはならぬからYou raise me upに変えました。こちらの方がいいと思います。前のはそもそもボーカルが・・・と思っていたので。ステップのときめっちゃ走って行く振付に笑ってしまいました。タノジャンプで失敗することもなく、衣装もとてもよかった。元バリさん71点→82点。そりゃ点数出ますわこの演技だと。こんないいやつ見たことなかったですもん。

ヴァシリエフス
3A shaky 3Lz-3T 3F fall
あーーーーーもったいない&もったいない。フリップとステップの転倒がもったいない。ステップの転倒は特にもったいないです。確実に+2以上が狙えるようなエレメンツですのに。でも転倒がありましたがGOE-2ぐらいで収まりそうですけどね。腹から落ちる振付だと思えば・・・。変なシットスピンに名前はあるんでしょうか。パンケーキ亜種?2回コケてPCS35点もらえるなら上々のユーロデビューじゃないですか。もらえて当然の力ではあるんですが。

ミハル
3A 4S fall 3F-3T
ミハルはギリギリチェコスロバキアの存在していた頃の人間だ。最初の3Aがいつもは全員から+2がもらえそうなクリーンなやつなのに、今日のは+1に落ちてしまいそうなものでした。調子がすごくよさそうというわけではなく、悪くもなくという感じでした。ミハルは今シーズンのバトル族の中では上位レベルにプログラムを滑りこなせています。自分のものにできています。

マスコットキャラクターの表情が猟奇的なんですけど。

ペトロフ
3A 3Lz-3T 3F
昔よりは濃くなったけど、ユーロの個性の中にぶち込まれると薄く感じてしまいます。サラダ味のせんべいって感じですね。しょっぱいけどあっさり。フリップにマークはつくかーーーつかんかーってという微妙なライン。んで結局アテンションでした。ユロスポにはアレクサンドラって言われていました。性転換したんですね。

なんですくん
4T-3T so 4S 3A
カナダ選手権で見たばかりなのにもうオーサーがここにいる。お忙しいですね。去年か一昨年か変な毛刈りをしてユーロに出ていたので、今回ちょっと心配だったんですけど普通でした。でも側面短め?2クワドにしないとヤツに勝てないのでね。してきますよねー。表現の重厚さと動きの軽さと本当にバランスがよくて、しみじみいい振付だなと思います。はいSP102点きたー。

ビチェンコ
3A 4T 3F-3T
ステップのときにレンジでスッと動きを止めてから、歌の1番の盛り上がりででループターン入れてドゥドゥドゥーと進む。リンクの反対側まで行ってall aloneって歌うときにバタフライ、次の盛り上がりでツイズル。明確な強弱がついていて、すごく見やすかったです。ビチェンコさんはユーロの男になったんですね。

サモヒン
4T-3T 4S 3A fall
2クワドできました。彼にとってはこの構成の方が3Lz-3Tと3Fよりもいいと思います。アクセルでの転倒はありましたけど、非常によく動けていました。露骨にトランジションがないので、もっと低くされるかと思いましたが、よく動けていたというのはPCS全体に大きく影響を及ぼします。4Sはステップがないのでほとんどのジャッジがマイナスでした。

コフトゥン
4S-3T 4T 3A fall
ナンテコッターという絵に描いたような外国人のポーズをするコフトゥン。クワドは両方回転も足りていてよかったのに。アクセルちゃん空気読んでこの世の理的なパワーで着氷してくれや。あーーーーーコケてなかったら93点ぐらいだったのに。90点台1人もいないじゃん・・・。ミハルとほぼ同じPCSの評価でした。

おおむね順当な顔ぶれがフリーに進出します。ヴィルタネンさん・・・。

なんですくんは1人だけ9点台ですし、LPではこのPCSの差だけで10点が他の選手とつきます。25点差をTESだけで埋めるのは無理でしょう。抜け祭りにならない限りは。表彰台争いはまだまだ分かりません。今日はイタリアの2人とイスラエルの2人がよかったです。

注目は明日が現役最後の滑りとなるアモディオです。ほんとにほんとにほんとに笑顔で終わって欲しい。

そしてイスラエルの2人ですね。イスラエルはユーロのメダルは歴史上1度もなくて、チャイサフすらユーロではメダルがありません。チャイサフがとったのはワールドの銅メダルです。歴史を作るか?
2016
01.27

ヨーロッパ選手権 1日目 女子SP

ロシアジュニア選手権にはまだ手をつけていない。

女子SP
1 Q Evgenia MEDVEDEVA(ロシア)72.55
2 Q Elena RADIONOVA(ロシア)70.96
3 Q Anna POGORILAYA(ロシア)63.81
4 Q Roberta RODEGHIERO(イタリア)61.01 PB
5 Q Angelina KUCHVALSKA(ラトビア)58.99 PB
6 Q Joshi HELGESSON(スウェーデン)58.13
7 Q Nathalie WEINZIERL(ドイツ)57.36
8 Q Mae Berenice MEITE(フランス)57.35
9 Q Nicole RAJICOVA(スロバキア)57.24 PB
10 Q Ivett TOTH(ハンガリー)55.54 PB
11 Q Viveca LINDFORS(フィンランド)53.92 PB
12 Q Giada RUSSO(イタリア)53.52 PB
13 Q Laurine LECAVELIER(フランス)52.84
14 Q Anne Line GJERSEM(ノルウェー)49.80
15 Q Aleksandra GOLOVKINA(リトアニア)49.30
16 Q Anastasia GALUSTYAN(アルメニア)48.93
17 Q Eliska BREZINOVA(チェコ)48.21
18 Q Matilda ALGOTSSON(スウェーデン)47.97 PB
19 Q Anna KHNYCHENKOVA(ウクライナ)47.90 PB
20 Q Helery HÄLVIN(エストニア)47.49
21 Q Niki WORIES(オランダ)46.82
22 Q Fleur MAXWELL(ルクセンブルク)46.55
23 Q Isabelle OLSSON(スウェーデン)45.11
24 Q Kerstin FRANK(オーストリア)44.85
25 Lutricia BOCK(ドイツ)43.77
26 Dasa GRM(スロベニア)43.36
27 Julia SAUTER(ルーマニア)41.79
28 Tanja ODERMATT(スイス)41.44
29 Danielle HARRISON(イギリス)40.68
30 Charlotte VANDERSARREN(ベルギー)39.93 PB
31 Aimee BUCHANAN(イスラエル)39.79
32 Birce ATABEY(トルコ)37.55
33 Sonia LAFUENTE(スペイン)37.12
34 Pernille SORENSEN(デンマーク)34.81
25 Daniela STOEVA(ブルガリア)33.82
36 Janina MAKEENKA(ベラルーシ)27.62

スイッチングの下手さが極まっている。開催経験も少ないしょうがないか。本当に大切なのはカメラワークよりスイッチングなんだよな。

ヤシェム
2A 3S-2T 3Lo
昨シーズンと同じプログラムです。エストニアのハルヴィンさんと同じ曲で連続滑走となりました。なんだこの滑走順wwwヤシェムさんもっと丸めなイメージあったんですけど、カミラさんと同じぐらいシュッとしてる。

ヴィヴェカ
3T-3T 3Lz to 2A shaky
ヴィヴェカさんはなぜかファーストネーム呼び。呼びたくなる名前してる。3-3がきれいに入りました。ヴィヴェカさんはSPが苦手っぽいので、これぐらいだといい演技の部類だと思います。振りが中途半端なまま次の動きに移行するのが直ればいいなー。スケーティングスキル5.96でインタープリテーション5.54。なんて妥当なんだ。果たしてスオミの先輩たちのように垢抜けるのか?

マクスウェル
3S shaky 2A 3T-2T
きれいだけどよくレベルを取りこぼすスピンはレベル取れたでしょうか。そんなにミスはなかったけどTESが伸びませんでした。曲も音源もマクスウェルさんに合ってて悪くなかったです。

ラフエンテ
3F 2A 3T fall
アイプッタですか。2つ降りられたんですけどもね。前よりスピンが遅くなったのと、ちょっとびっくりするぐらいにエッジがフラットで、本当にどうしてしまったんだろうかと思いました。体は細いし、体調が悪そうには見えません。どうして。

ゴロフキナ
3T-2T tano 3Lo 2A
マイナスのつきそうなつかなそうなギリギリのラインの3つのジャンプでジャッジを試してくるゴロフキナさん(美人)。美人がきれいな衣装着て滑っている。その事実だけでいいね。

ヴァインツィアール
2A 3T-2T 3Lz
またフィーリングッドですか。3-3はファーストジャンプの軸がよくなくて入りませんでしたけど、大きなミスではなかったです。ちょっとクロスは多いですけどスピードが出ていますし、色っぽいいい感じのスケーターになってきました。いつの間にか21歳になっていました。はやいねー。萎えコーチサングラス全然似合わない。

オルソン
3Lz-2T 3Lo fall 2A so
オルソンさんといえば!のルッツを決めたのに他のジャンプが。ゴールドがアスファルトに浮いた油みたいなきれいな衣装で滑っているエキシで使ったビヨンセの曲なので、エキシっぽくなってしまうかどうか。なんですけど、そんな感じにはなっていませんでした。ああ・・・これは残念なスコア。

フランク
3T fall 3S 2A
ネスレ杯の後にクリスはウィーンに行ってフランクさんとイチャイチャしました。イチャイチャで英気を養っただろうになあ・・・コンボつけてリカバリーできなかったのがもったいない。キングダムハーツしか滑っていない気すらしてきました。

ルッソ
3T-2T 3S shaky 2A
ジャンプの難度は低いけど、ナショナルチャンピオンになるだけの力は持っているよなーと。ルッソさんはPCSが出やすいし、GOEもプラスしやすいし。コンビネーションスピンの入り方よかったです。キャメルからじゃないだけですごく新鮮。小芝居しまくってておもしろかったー。萎えコーチサングラス全然似合わない。

ゲルム
3Lz-2T 1F 2A
ルッツ入ったのにフリップがダメでした。キャメルポジションがとてもきれいでした。GPSのときから疑問だったけど、この背中の微妙な開け方の衣装と、謎切れ込みのスカートの組み合わせは正しいの?これは女性から見ると正しいものなんでしょうか。男では分からないです。

ボック
3Lz謎3T 2A 3F fall
腰の位置高すぎません?3Lzの後に1回転ジャンプみたいなものが入ったのですけど、これはコンボとして認められるのかどうか。ボックさん成長しすぎてお顔も変わってきた。顔変わってもかわいい。このTESだとコンボ認められずでしょうか。泣いちゃった。

ヨシ子さん
3Lz 3T-2T tano 2A
3-3は回避して確実に点数を取る戦法でした。ヨシ子さんは根本的にジャンプの跳び方を変えないと回転の足りた3-3を降りるのが難しそう。ステップのとき常に状態が動いていて、全く見ていて飽きませんでした。ダンスフロアでひとしきり踊った後にソファに腰下ろして、ふーーーと一息みたいな雰囲気。楽しい演技でした。

メイテ
3T-3T 3F 2A
またフィーリングッド。高いジャンプさんたちを成功させました。メイテはオリンピックシーズンに急激に上手くなったんですけど、そこをピークにスケーティングスキルが落ちてしまっているような気がします。スケーティングがよくないと、ジャンプへのスピードも出しにくいでしょうし、ジャンプの不安定はそこから来ているのかも?オリンピックシーズン安定感ありましたし。

ガルスチャン
3Lz-3T 3F 2A
軽いジャンプをポンポーンと成功させました。ドーナツスピンきれいでした。ガルスチャンってこんな選手でしたっけ。もーーーっと粗くてひらすらジャンプだけの印象があったんですけど、女性らしい雰囲気出てきましたかね?喜ばしいことです。もっともっと大人になってね。ってあれ?ジャンプの回転足りてなかったです?あれ???え?ほんと?え?マジ?

イヴェット
3T-3T df 3Lz 2A
イヴェットさんが崩れないだけでうおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおとなります。この超懐メロ感のあるプログラム。誰の趣味なんでしょう。イヴェットさん男顔だ。

ルカヴァリエ
3T 3Lz ot-2T 2A
この辛気臭い音楽はフィフティシェイズオブグレーのものだったそうで。ロシア人と同じくフランス人も好みそう。今シーズンの彼女は昨シーズンまでとまるで別人のような滑りです。もうぜーーーんぜん。このストーキングでもしそうなシリアスな音楽よかったです。彼の家を見つけた・・・郵便ポストを覗いた・・・家の合鍵作った・・・部屋に入った・・・あはははははははみたいな。ステップでの大きなスタンブルもったいない。+2も狙えたのに。

ラジオノワ
3Lz-3T 3F 2A
あれ?軌道が?ソロジャンプがループじゃなくてフリップになりました。メドベージェワに勝つためには0.1点でも点数を上げたいのでしょうね。エッジは・・・アテンションかつかないかって感じ。60点台がいないまま70点台が出たー。

ライチョヴァー
3Lz-2Lo 3Lo so 2A
今大会初めてのスロバキア人。あまりにフィーリングッドが多いからかプログラム戻してくれましたのですか?デキる女ですね。でもあのフィーリングッドはそんなに戻すほど悪いプログラムじゃなかったと思います。このSPは作りが完璧だから、それで地元でいい演技を見せたいという気持ちは分かります。ループのステップアウトは残念ですけど、この大歓声の中でコンボちゃんと入ってよかったです。最後のコンビネーションスピンはもう少しきれいに回れたらなおよかったですね。ノーミスなら60点も狙えました。

メドベージェワ
3F tano-3T 2A so 3Lo
人間味を感じる失敗でした。メドベさんは宇宙人ではなく、スケートのすごく上手な人間なので無敵感とかそういうのはないです。これぐらいの失敗たまにはあありますわな。ステップアウトがなければパーソナルベストでしょうか。

クチヴァルスカ
3Lz 3T-3T 2A shaky
たしかこれが変なプログラムだよなと思って身構えていたら普通でした。編曲は普通ではありません。ユーロ的には普通です。変なのはLPのエル・タンゴ・デ・ロミジュリですね。今のルールでは珍しくジャンプを前半に固めていました。こんなに楽しそうなトスカはなかなかないなと思いながら見ていました。ウキウキステップでした。コーチの反応楽しみにいたんですけどオーバーリアクションじゃない・・・最終グループ決まったのにいいい。

ポゴリラヤ
3Lz-3T 2Lo 2A
ああ・・・このたった1つのジャンプミスでも連盟にワールド代表に選ばれない隙になってしまう。激怖フォールがなかったのはよかったけども。いつもタイツで覆っていたから靴を出して演技するのは新鮮。ついでにメイクが濃い目。1ヶ月の間にどういった心境の変化があったのでしょう。

ロデギエーロ
3T-3T 3F 2A
もっとかっこいいイケイケな表現だと思っていたんですけど、かなり女性的な表現になっていました。エリック杯で見たのと全然違います。イタリア選手権のセレモニーでは涙を流していたギエロさん。ベテランでもやれるということを見せてくれました。このままいってくれ。

PCSがすごく普通で発狂はありませんでした。ラジオノワのフリップにはeも!もつきませんでした。ガルスチャンはルッツもトゥループもフリップもアクセルも全てアンダーローテーション。ひええ・・・・・。ボックさんは3Lzにeもついて+COMBO扱いの上、2Aにアンダーローテーションでした。

ガルスチャン衝撃的でした。女子は明後日ですね。男子が2日間続けてです。
back-to-top