2015
11.30

グランプリファイナル出場者

グランプリシリーズ6戦が終了しましたので、ファイナルの顔ぶれを改めて振り返ります。ファイナル進出条件はエリック杯の処遇で変更がありました。もう1度書くのはしんどいので、これを読んでください。 http://sthmytkh.blog108.fc2.com/blog-entry-2677.html

男子
1.ハビエル・フェルナンデス(スペイン) 15+15=30
2.羽生結弦(日本) 13+15=28
3.宇野昌磨(日本) 13+15=28
4.ボーヤン・ジン(中国) 13+13=26
5.パトリック・チャン(カナダ) 15+7=22
6.村上大介(日本) 11+11=22
補欠
7.ハン・ヤン 9+11=20
8.マックス・アーロン 15+4=19
9.アディアン・ピトキーエフ 5+13=18

実力と個性を兼ねそろえた6名になりました。アジア系攻めなのは2012年も2013年もなので、全然レアではない光景です。改めてスペイン人いてくれてよかった。ウルディアもいないし、なんですくんしかいない。羽生が変なことばっかり成功させるから、他の選手も構成を上げざるを得ない状況です。いくつのクワドが飛び交うのでしょう。昨年のファイナルは比較的いい演技が続いたので、クワドと氷の相性はいいのかも?

女子
1.グレイシー・ゴールド(アメリカ) 13+15=28
2.エフゲーニャ・メドベージェワ(ロシア) 15+13=28
3.宮原知子(日本) 11+15=26
4.浅田真央(日本) 15+11=26
5.エレーナ・ラジオノワ(ロシア) 11+15=26
6.アシュリー・ワグナー(アメリカ) 15*9=24
補欠
7.本郷理華(日本) 13+7=20
8.エリザヴェータ・トゥクタミシェワ(ロシア) 13+7=20
9.コートニー・ヒックス 5+13=18

仲良くロシア、アメリカ、日本で2枠ずつ分けました。6戦の中でめんどくさかった中国杯、ロステレコム杯、NHK杯のうち2戦を引いてしまったラジオノワは体系変化がある中よく進出できたなと思います。宮原とアシュリーは他の選手のミスがないと優勝は厳しいかも。他の4人はノーミスが優勝に繋がります。1位から6位までどの順位になるのか読めません。現行のポイント制度になってから、6戦別々の優勝者が全員ファイナルに進出するのは初めてです。全カテゴリーで初めてです。

ペア
1.メーガン・デュハメルエリック・ラドフォード(カナダ) 15+15=30
2.川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ(ロシア) 15+13=28
3.ウェンジン・スイ&ツォン・ハン(中国) 15+13=28
4.クセニア・ストルボワ&ヒョードル・クリモフ(ロシア) 9+15=24
5.アレクサ・シメカ&クリス・クニエリム(アメリカ) 13+11=24
6.シャオユー・ユー&ヤン・ジン(中国) 11+13=24
7.ジュリアン・セガン&シャルリ・ビロドー(カナダ) 11+11=22
補欠
8.チェン・ペン&ハオ・ジャン(中国) 9+11=20
9.ヴァネッサ・ジェームス&モルガン・シプレ(フランス) 13+5=18

史上初の7組進出のファイナルです。グループは下位4組と上位3組に分かれます。ヴォロトラが1戦だけ出て、エリック杯のSPがすごくいいイベントになったので、荒れに荒れた顔ぶれです。それでも初出場なのはシメクニとセガビロだけですが。若手・中堅・ベテランとバラけて、バチバチという感じでもなく楽しく見られそう。川スミはファイナルで5位5位5位3位6位6位という相性の悪さがあります。メダルとってくれー。シャオユーの明子の部屋でブレイクした感。

アイスダンス
1.ケイトリン・ウィーバーアンドリュー・ポジェ(カナダ) 15+15=30
2.マディソン・チョック&エヴァン・ベイツ(アメリカ) 15+13=28
3.アンナ・カッペリーニ&ルカ・ラノッテ(イタリア) 15+13=28
4.マイア・シブタニ&アレックス・シブタニ(アメリカ) 13+15=28
5.マディソン・ハベル&ザカリー・ダナヒュー(アメリカ) 15+11=26
6.エカテリーナ・ボブロワ&ドミトリー・ソロビエフ(ロシア) 11+13=24
補欠
7.ヴィクトリア・シニツィナ&ニキータ・カツァラポフ(ロシア) 13+11=24
8.パイパー・ギルス&ポール・ポワリエ(カナダ) 11+13=24
9.アレクサンドラ・ステパノワ&イワン・ブキン(ロシア) 11+9=20

アメリカのカップルが3組ファイナルに進出するのは初めてです。シブタニズは第2グループから、世界のトップグループに戻る格好のチャンス。なぜならシーズンベストが1番高いのはシブタニズだからです。アメリカの1番手争い燃える。ボブソロはここで結果を出して、国内の評価を固めておきたいところ。でもボブソロはファイナルで転倒するのが風物詩のようになっているから。プレッシャーかけすぎちゃダメですよロシア人。

スケートの大会の開催経験が少ないスペインですが、ファイナルのカメラワークがGPS開催国よりよかったので、今シーズンもそれをキープしてくれていますように。日本やロシアのように技術に溺れるようなことはしてはならない。バルセロナのお土産はサグラダファミリアまんじゅうでお願いします。
2015
11.29

NHK杯 2日目 アイスダンスリザルト

アイスダンスFD
1 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI(アメリカ)106.35 PB
2 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)103.14 PB
3 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)100.92 PB
4 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)98.68 PB
5 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND(イギリス)94.88
6 Anastasia CANNUSCIO / Colin MCMANUS(アメリカ)83.20
7 Kana MURAMOTO / Chris REED(日本)81.53 PB
8 Emi HIRAI / Marien DE LA ASUNCION(日本)71.98

アイスダンスリザルト
1 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI(アメリカ)174.43 PB
2 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)169.33
3 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)167.49 PB
4 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)160.64
5 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND(イギリス)155.88
6 Anastasia CANNUSCIO / Colin MCMANUS(アメリカ)138.41
7 Kana MURAMOTO / Chris REED(日本)134.97 PB
8 Emi HIRAI / Marien DE LA ASUNCION(日本)115.59

えみマリ
腰痛が酷いらしいマリオン。よくがんばりました。えみちゃんのインからアウトのチェンジエッジが厳しい感じ。1歩の滑りも欲しい。ストレートラインリフトは膝の上に立ってから後ろ向きで倒れるポジションの移行がスムースでよかった。+2がもらえそうです。

かなクリ
ツイズルは右回転でクリスが・・・いつものクリスではあるんですけどね。転倒が1つありましたが、巻き込まれずに2人とも転倒にならなくてよかった。振付はとてもいいと思いました。かわいさを最大限に生かして、コミカルな演技でした。サンキューマッシモ。リフトはすごく独創的というわけではないけれど、女性の腕や表情で表現していていいですね。東日本での評判が、各所芳しくはなかったので、かなり身構えていたのですが、いやいやよかった。練習を積めたのでしょう。

カヌマク
スピードをとにかく意識したかっ飛ばしステップ。でも前スピード出しすぎたがために、前レベルが取れずにTESが悲惨になっていたんでした。ツイズルでの転倒は残念。ミラーツイズルで近づいてくるときだったから、手踏まなくてよかった。手踏んだら肉千切れそう。

ペニコラ
最初の低い位置のくるくるする振付と最後のコレオスピンは、低い位置同士でまとまりがありますくるくる。スケーティングスキルはこんなもんか。絶好調のときはもっと滑りますものね。ハイスコアはユーロまでとっておきましょう。コーチは変わっても、振付までシュピルバンドにならなくて、本当に本当に本当に本当にああ本当によかった。

ステブキ
美脚リフトがたくさんであり、美脚フリーレッグステップがあり、美脚スピンがあり、美脚ショットガンツイズル、美脚ムーブメントを見せるプログラム。曲がなんか分からないまま終わってしまった。まともに見たのはこれが初めてかもしれない。

ボブソロ
カメラワークがクソなのもありますが、今回はソロビエフの滑りがパッとしないように見えました。スケートカナダの方が気持ちいいエッジの傾きを見せていましたのに。後半はスケカナと同じように疲れが出てしまったかなと。プログラムがいいだけに、もっともっとと求めてしまう。

ハベドノ
衣装が派手になりました。清潔感のある蛾ですね。マディソンは腕が短いのにこんなヒラヒラつけると、ますますつんつるてんに見えてしまう。SDに比べると、1つ1つの動きが途切れがちでまだまだかなと。

シブタニズ
落ち込んでいるのをお互いに慰め、力を取り戻し、最後は笑顔で駆けていく。シブタニズに9点台が3つも出るようになりました。シニアに上がっていきなりワールドで銅メダルを取ってから、ながーーーーーーーい停滞期間があり、どうしようもないプログラムを充てられたりしていました。このバックグラウンドと歌詞と振付とが全てが相まって、技術の向上があり、感動を呼ぶのだなと思います。

ボブロワは表彰台の上で「シズカ・アラカワって連盟の副会長なの?」って言ってたのだろうな。昨日も荒川さんがメダル授与の方が、みんなのアネキ感を見られたのに。

ファイナルはウィバポジェ、シブタニズ、カペラノ、チョクベイ、ハベドノ、ボブソロの6組になりました。終わってみればパパシゼのところがハベドノになっただけで、ド妥当な6組がファイナルに進出になりました。

今回の実況の浅井さんは素晴らしかった。来年もやってください。年明けのNHK杯エキシビションもやってください。オリンピックもやってください。どーもさんカメラ去年は日本の選手しか映してくれなかったから、今年は他の選手のも見られて嬉しい。のぶお先生が1番うれしいよのぶお。
2015
11.29

NHK杯 2日目 アイスダンスSD

誰だよ、ドア係の國分紫苑ちゃんみたいな人って思ったら本人でした。

アイスダンスSD
1 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI(アメリカ)68.08
2 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)66.57 PB
3 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)66.19
4 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)61.96
5 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND(イギリス)61.00
6 Anastasia CANNUSCIO / Colin MCMANUS(アメリカ)55.21 PB
7 Kana MURAMOTO / Chris REED(日本)53.44 PB
8 Emi HIRAI / Marien DE LA ASUNCION(日本)43.61

くまモンパーカーのおじさん見たことあるな・・・幾度となく。

かなクリ
パターンダンスはタイミング違反がとられました。哉中ちゃんは野口くんがずっと低かったし、クリスにはキャシーがずっと高かったので、お互いに身長差の不慣れというのは演技に影響したかもしれません。マーチはとても楽しそうで、表現もよかったと思います。でもホールドを組むと男女の技術差が見えてしまいますね。まだまだこれから。

えみマリ
えみちゃんのフリーレッグが迷子になるなど、小さなミスが続いてしまいました。でもプログラムの楽しそうな雰囲気は伝わってきました。オリビエが優勝したNHK杯ってもう8年前なんですね。8年前て。誕生日おめでとうって言われてた覚えがああります。

カヌマク
ローテーショナルリフトは重みが・・・すみません感謝祭なのに急遽来てくださって。パターンダンス2がレベル1になってしまいました。素人でも分かるスロー映像でのキーポイントのフラットなエッジ。スローで全部キーポイント流そうぜ。パーシャルは少しお疲れな感じ。でも変曲で笑っちゃってフィニッシュ。

ボブソロ
ドレスが白になりました。こっちの方が僕は好き。このドレスもスカートヒラヒラさせるためかスリットというか、それのための切れ込みが入っています。ロシアのスカート神になるのかボブロワ。オリンピックシーズンに、腰が引けまくっていたおかしなホールドは止めたようです。ソロビエフはもっともっと滑られると思うんですけど、今日はパッとしなかったかな?

ステブキ
もうすぐスターウォーズ公開じゃないですか?んでブキンの衣装が茶色じゃないですか?もしかして・・・もしかして・・・チューバッカ意識してます?元々髪の色茶色ですし、全身茶色にしてチューバッカ感出す作戦ですよね?頭痛があったとは思えないぐらいがんばっていました。演技終了後はしんどそうにしていました。ステパノワさんガリガリだし、脚長いし、顔も小さいのに、お胸があって寸胴じゃない。世の中とは不公平なものですね。

ペニコラ
パターンのレベルは取りこぼしましたが、バックランドの滑りがいちいちディープエッジなのが気持ちいい。スローで見ているとクームスのエッジがフラット寄りに戻ってきてしまうのに対し、バックランドはずっとディープなのをキープできているのが分かります。生え際が進行するごとにディープになる。

ハベドノ
ボーカルが強くなるにつれて、脚のスウィングを大きくさせていく工夫が見られました。歌詞と音楽の性格をよく捉えていました。マディソンの美しいインサイドエッジの滑りと、それを支える堂上の安定感のある滑り。パーシャルの最後に、2人がフリーレッグをそろえて、ゆったりと見せる。エリック杯だけではなく、本当に上手くなっているではありませんか。ハベドノが上手になっちゃうなんて・・・煮ても焼いてもどうにもならない男前こと堂上に頼りがいが出てきた。押しても引いても垢抜けなかった美人のマディソンに影が生まれた。ネタキャラにはし続けますが。

シブタニズ
しっとりの後に楽しい演技。ジャッジ席の前で顔芸しまくった演技しているなんて、気がつきませんでした。4回連続のスーパーツイズルには観客が沸きました。シブタニズはゆったりとした動きが得意でしたが、今シーズンはクイックな動きができるようになったから、そのゆったりが際立つようになったのかもしれない。八木沼さんじゃないけど、メリハリって大事ですから。基礎点が昨シーズンより2点下がったので、実質パーソナルベストみたいなものです。リラックマを叩き落すシュピルバンドはいない。

実況の浅井僚馬さんは、ミヤケンの言葉をきちんとフォローして、実況アナウンサーの鑑のような方だ。素晴らしい。

シブタニズとハベドノはファイナル確定と考えて、ボブソロが2位になるか3位以下になるかです。ボブソロが2位ならシニカツのスコアを上回るのでファイナル確定。3位であればシニカツがファイナル確定で、パイポーが7位で拾われます。ステブキは2位に上がってもファイナルには行けません。

キャシーのスケート教室にきていた子供っちは「将来の夢・・・スケート選手かな。真央ちゃんみたいな選手」と言っていました。 これを「将来の夢・・・スケート選手かな。マディソン・チョックさんみたいな選手」って言ってくれたらおもしろかったのに。
2015
11.28

NHK杯 2日目 女子リザルト

女子LP
1 Satoko MIYAHARA(日本)133.58 PB
2 Mao ASADA(日本)120.49
3 Courtney HICKS(アメリカ)117.52
4 Anna POGORILAYA(ロシア)117.28
5 Ashley WAGNER(アメリカ)115.62
6 Mirai NAGASU(アメリカ)114.54
7 Kaetlyn OSMOND(カナダ)111.41
8 Mariko KIHARA(日本)108.23 PB
9 Alena LEONOVA(ロシア)106.12
10 Zijun LI(中国)105.62
11 Maria ARTEMIEVA(ロシア)102.65

女子リザルト
1 Satoko MIYAHARA(日本)203.11 PB
2 Courtney HICKS(アメリカ)183.12 PB
3 Mao ASADA(日本)182.99
4 Ashley WAGNER(アメリカ)179.33
5 Mirai NAGASU(アメリカ)175.64
6 Kaetlyn OSMOND(カナダ)168.48
7 Zijun LI(中国)166.40
8 Alena LEONOVA(ロシア)165.75
9 Anna POGORILAYA(ロシア)164.63
10 Mariko KIHARA(日本)163.19 PB
11 Maria ARTEMIEVA(ロシア)158.33

ポゴリラヤ
3Lz hd 3Lo-1Lo-3S 3Lz ot-3T 2A 3Lo-2T tano 2A 3F hd
今日は死にそうな転倒がなくて安心しました。フリップにはeマークがつく選手ですが、今日はかなり気をつけてやっていたんじゃないかと思います。手はつきましたけど、ひょっとしたらアテンションで済むのかな?ってぐらい。

木原
3Lo-2T-2Lo 2Lz 3F fall 2A-3T 3S 3Lo 2A-3T
ルッツフリップ失敗はありますが、得意な種類であろうジャンプたちはきっちり降りました。映画では後ろになるにつれて、妄想で頭がおかしくなって、踊り狂うようになっているので、映画の世界を氷の上に出すにはアヘアヘになるぐらいに動きまくれるようにならないといけません。なんだったら最初より最後の方が元気なぐらい。がんばれー。

アルテミエワ
3Lz-2T 3T-2T 3T 3S fall 2A-1Lo-2S 3Lz hd 2A
スケスケの彼シャツ衣装。こんなスケスケのシャツを着る彼とは?ポルノ俳優かな?前半の3つのジャンプはよかったですが、後半のジャンプがスタミナ不足で失敗。3Lz得意なのになかなか2本揃わないです。

オズモンド
3F-2T 2A-3T 2Lz 3Lo fall 3F 3S fall 2A-2T
ダイナミックフォールをする選手なので彼女も転倒が怖いです。でも今日の2つの転倒はそんなに怖くなかった。スケカナに比べればもう全然・・・笑顔で終われてよかったです。ネーベルホルン杯の表現や滑りがとてもよかったので、ああいう滑りができればいいなと思います。カナダ選手権はオズモンド、デールマン、シャルトランの順位が全然読めません。全員今年素敵になったから全員がんばって欲しい。

レオノワ
3T-3T fall 1Lz 2A 3F-2T 3F 3S-2T-2Lo 2A
LPになると3T-3Tが降りられない謎。パンツじゃないといかんのですか?監獄ロックのところ、いつもならもっと狂ってくれるのに、今日は狂いっぷりが足りなかった。変プロは狂って、ジャンプ降りてナンボですから、調子よくないと難しいんでしょうね。

ロシアはナショナルのガチガチの予想をするとはリーザ、メドベ、ラジオの3人なんでしょうけど、なんせロシアなのでね。ユーロがこの3人でもメドベかラジオが失敗しようものなら、容赦なくソトニコワに替えそう。ロシアだから。ナショナルドキドキします。ロシアだから。

ジジュン
3F-3T 2A-3T 3Lo 3Lz 3F 3S 2A
かわいいかわいいかわいい・・・から動きようのない感想。漕いで跳んで漕いで跳んでという演技でした。スタミナ問題は根本的に解決しないとなあ。

ミライ
3F-3T 2A-3T df 3Lo 3Lz 3S 3Lo-2T-2T 2A
ジャンプはちょいちょい危ないけれど、最後のスピンを見たらどうでもよくなってしまう感じ。スケーティングだけは、前のミライを取り戻して欲しいです。2シーズン前ぐらいの方が絶対的によかったので。スケーティングがよくないと全米でPCSモラエナーイ。

真央
2A df 3F-2Lo 3Lz 2A-3T 3S 3F so 3Lo
ジャンプは・・・まあ・・・うん。すごく悪いわけではないけど、よくもない。ちょっと動きが緩い?表情のバリエーションはもっと出して欲しいです。おおおおおおおおおおおってコレオシークエンスの前で表情変わるのに、前半と同じに戻っちゃうのはもったいない。もっとイっちゃった感じにしちゃいましょう。

アシュリー
2A 3F df 2A ot 3Lo-1Lo-3S 3F-3T df 3Lo 3Lz
今大会はジャンプがよくなくて、スケーティングと表現が絶好調。今大会に関してはパフォーマンス、インタープリテーションは真央を凌駕しています。3Lzの後のドヤドヤしい振付かっこいいな。オラオラオラ的な。3Loの着氷をイーグルでごまかすの上手い。

ヒックス
3F-3T to 3Lz fall 3Lz-2T 3Lo to 2A 3F 2A
ちょっと失敗は出たけれど、ステップはSPよりも落ち着いて滑ることができていたように思います。ホットな探検家に恋してどうしよう・・・みたいになった後、吹っ切れて「おしっ、スペインぶっ潰すか!」と戦争の決意をする強いエリザベスのようでした。フィニッシュの表情もよかったです。いろんな箇所が徐々に洗練されています。先生昨日蝶ネクタイ似合ってたのに、今日は普通のやつですね。この強豪の中でメダルはすげえ。

宮原
3Lz-2T-2Lo shaky 3Lo 3F 3Lz 2A-3T 3S 2A-3T
shakyを書き加えただけで、予定構成のまま滑ってくれる、僕の指先と手首にありがたい大先生。この周りの空気に影響されず、自分のやるべきことをしっかりできるのが、大先生たる所以。失敗しない、冷静。大先生は150cmになったのですねおめでとうございます。初恋を演じたプログラムなので、みなさんもご自分を彼女に重ねて見てみましょう。覚えていますか・・・初恋。ラズベリーのような甘酸っぱさ。ラズベリー衣装。ラズベリー宮原。このプログラムは彼女しかできないですね。

ファイナルはエリック杯優勝ゴールド、スケアメ優勝メドベージェワ、NHK杯優勝宮原大先生、中国杯優勝真央、ロステレコム杯優勝ラジオノワ、スケカナ優勝アシュリー、と各大会優勝者の6人が進出になります。連勝がいないのは、レベルが拮抗しているということですね。本郷が第1補欠なので、特例で拾われる選手はいません。

マオ・アサダ25歳の表彰式での貫禄。大物女優のようです。

明子の部屋!!!!!!!!!!!!!!!!!!!あきこおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!シャオユーこいこいこいこいこいこいこい。
2015
11.28

NHK杯 2日目 男子リザルト

男子LP
1 Yuzuru HANYU(日本)216.07 PB
2 Boyang JIN(中国)170.79
3 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)161.33 PB
4 Keiji TANAKA(日本)161.16 PB
5 Takahito MURA(日本)153.92
6 Konstantin MENSHOV(ロシア)153.79
7 Chafik BESSEGHIER(フランス)143.31
8 Elladj BALDE(カナダ)141.62
9 Michal BREZINA(チェコ)140.85
10 Richard DORNBUSH(アメリカ)139.30
11 Maxim KOVTUN(ロシア)130.36
12 Brendan KERRY(オーストラリア)116.78

男子リザルト
1 Yuzuru HANYU(日本)322.40 PB
2 Boyang JIN(中国)266.43 PB
3 Takahito MURA(日本)242.21
4 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)235.63 PB
5 Keiji TANAKA(日本)234.90 PB
6 Konstantin MENSHOV(ロシア)233.58
7 Michal BREZINA(チェコ)222.49
8 Richard DORNBUSH(アメリカ)217.50
9 Chafik BESSEGHIER(フランス)215.82
10 Maxim KOVTUN(ロシア)212.63
11 Elladj BALDE(カナダ)211.09
12 Brendan KERRY(オーストラリア)177.98

美青年
4T fall 3S 3A 3Lz 3A so 3T 3Lo 2A shaky
コンビネーションつけられそうなところも飛ばしていたケリーさん。コンビネーションゼロだと、なんか寂しい感じ。

バルデ
T 3A-2T 3A 3Lz-1Lo-3S fall 3F-2T 3Lo 3Lz 2A
このあと映像が乱れる場合があります。ご了承ください。がすでに映像を乱しているという事実。4Tかかと?が引っかかってジャンプに入れず。今回は慎重な演技でしたが、後半はしっかりとジャンプを降りて演技をまとめました。

ベセギエ
4T 4T-2T-2Lo 3A-2T 3A 3Lz<< df 3F 3S 2A shaky
4Tからの3連という、最近めっきり見なくなったレアなコンボが見られました。難しいジャンプは決まりましたが後半でパンクやeマークのつくミスがありました。未だにこのプログラムは理解できない。とりあえず新しい衣装作れてよかったねえ・・・と思いながら見ています。いつまで2シーズン前の使ってるんだろうと思っていたので。

デカ
4S 3A 3F-3T 2A 3Lz 3S-2T-2Lo 3Lo-2T 3F
うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああデカ史上最高きたあああああああああああああああああああああ3Aが2Aになった以外全部入りましたし、コンボ3つ入れました。ステップがちゃんとワルツになっていて、そこに女性の存在も感じさせるようになっておりましたよ。USクラシックよりも断然よかったです。ジャンプの加点もモリモリでしょう。観客の手拍子スキルがレベル4 GOE+3になりました。きた・・・ついにデカ覚醒きた。これまでのデカは、いいプログラム・挑戦的なプログラムをもらっても昔のものに変えてしまって、いいところで進化を止めてしまうところがあったので、この2つのプログラムはものにして欲しい。特にSPは絶対に変えずに磨き上げて欲しい。

ホックスタイン
4T 3A-2T 3Lz 3A 3Lz-1Lo-3S shaky 3Lo 3F 3T-1T
ホックスタインさん史上最高の演技きたあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!3-2が3-1になっただけで、予定通りの構成をほとんど成功させました。最後まで勢いが衰えない演技でした。Bring him homeを聞いていたときに、ダイスの笑顔が浮かんできました。ダイスよ、こういう表情であれは滑るんやで・・・笑顔は違うんやで。彼女の前でいい演技見せられてよかったですね。デカよりスケーティングスキルが下で、インタープリテーションが上。なんて妥当なんだ。

ドンブー
4T fall 3A 2Lz tano 3A fall 3Lz-2T tano-2Lo tano 3F-2T waist 3Lo 3S
大河のような悠々とした滑り。ジャンプは成功しなかったけど、中国杯と同じような本当に美しい滑り。両側を針葉樹の森に囲まれた大河の上を飛び回る、1羽のツバメのような。うん美しいなドンブーは。

メンショフ
4T-3T 3S so 3A ot 4T so 3Lz 3A-2T 3Lo-2T-1Lo 2A
なかなか3本揃わない。ジャンプよりも注目していた後半のスタミナ。スピンのジャンプでグチャグチャになってしまうケースがほとんどだったので、それを意識してか、わざとスピンの回転速度を落としてきれいにまとめていたと思います。最後にグチャるのは印象よくないですもの。32歳は数年に1人現れますが、なかなか高い32歳の壁でここを超えると本格的な「ジジイ」になります。ジジイになっても続けてね。黒真珠ウィンク3回いただきました。

ミハル
3A 3T 2S 4S fall 3A hd-2T 3Lz 3Lo hd 2F-1Lo-2S
ステップの後の立ち止まったところの表現や表情が、ものすごくランビエリスティックに。後半の4Sは成功しそうだったのになあ。コレオシークエンスはスケートカナダの方がよかったです。ちょっと疲れちゃいましたね。ミハルのバイオ見て、出場した大会確認したら偶然にも全部の試合見ていました。どおりでお前いつもいるな。

羽生が衣装を着替える、上半身裸シーンがカメラに抜かれてしまった。はい、僕は今2ちゃんねるもツイッターも見ていませんが、今羽生ファンは「キャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア」って死にそうなほど興奮していますね?

コフトゥン
4S 3A 1S 2A df 1Lz 3Lo+2A 3S 2A
ああ・・・抜け&抜け&抜け&ザヤ。あまりにジャンプの失敗が多すぎて、変な演技に集中できなかったです。衣装は変わってスッキリとさせてきました。お父さんの服を着て指揮者ごっこする小学生みたいでおもしろかったのに。ファイナルにかすりもしない順位に落ちてしまった。

むらむら
4T 4T-2T 3A 2S 3A-2T 3Lo so 3F<< df 3Lz shaky
おしゃれマタギではなくなりました。こっちの方がいいですね。もう少し右肩に縦方向の飾りがあればいいと思うんですけど、そんなもんあったら動けないか。上から4つ難しいジャンプを降りて、他の4つで失敗。コレオシークエンスはよくなっとりますですね。スケアメから期間が空いて、いい練習ができたのでしょう。

ボーヤン
4Lz 4S so 3A-1Lo-3S so 4T-2T 2T 3Lz-3T 3A 3F shaky
4Lz完璧。1つクワドが抜けましたがそれでも他の構成がすごすぎるから。いずれは4Lz2本にするのでしょうか。スピードは少しは落ちるけれど、バッテバテで死にそうな感じはないし、ほんと恐ろしい。スケーティングスキル8点出ました。

羽生
4S 4T 3F 4T-3T 3A-2T tano 3A-1Lo-3S 3Lo 3Lz
なんじゃこりゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ全ジャンプクリーン!ぼくのかんがえたさいきょうこうせい、ついに完成!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!1大会5クワド史上初成功!!!これはすごい。これはすごすぎる。ジャンプだけじゃなくて全てが一級品なのがすごい。それがすごい。もうすごいしか言葉が出ない。すごすぎる。ありえない。これに10点を出さずして、これから先出すときがあるのだろうか。僕たちは今、フィギュアスケートの歴史的瞬間に立ち会えているのですよ。これはもう素晴らしいことです。手が震えてキーボードが打てない。216点wwwwwwwwwwww322点wwwwwwwwwwwwGOEに0すらなく、1すらほとんどありません。6人のジャッジが10点を出しておりますがこれは当然。これこそが神演技。僕の中の公式神演技リストに加えます。

ファイナルはなんですくん、羽生、昌磨、ボーヤン、Pさん、ダイスの6人になりました。7位の選手はハンヤンなので拾われません。アーロンがあとSPの順位1つ上だったら拾われていました。コフトゥン・・・・・。

放送席の横で織田さんとボーヤンの同じ顔の競演が。夢の競演。点数出た瞬間を20回ぐらいリピートする作業に移ろう。
2015
11.28

NHK杯 2日目 ペアリザルト

ねてた。ダンスは夜に見る。

ペアLP
1 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)131.68
2 Xiaoyu YU / Yang JIN(中国)124.02
3 Alexa SCIMECA / Chris KNIERIM(アメリカ)122.23
4 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)118.29
5 Vera BAZAROVA / Andrei DEPUTAT(ロシア)117.64 PB
6 Lubov ILIUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)116.83 PB
7 Jessica CALALANG / Zack SIDHU(アメリカ)95.07
8 Amani FANCY / Christopher BOYADJI(イギリス)83.28

ペアリザルト
1 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)202.72
2 Xiaoyu YU / Yang JIN(中国)191.02
3 Alexa SCIMECA / Chris KNIERIM(アメリカ)190.66
4 Vera BAZAROVA / Andrei DEPUTAT(ロシア)181.70 PB
5 Lubov ILIUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)180.63 PB
6 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)180.20
7 Jessica CALALANG / Zack SIDHU(アメリカ)150.26
8 Amani FANCY / Christopher BOYADJI(イギリス)125.80

ファンシー親父
スロー両方転倒になってしまいました。急遽の出場決定で地球の果てまでやってくるのは大変だったでしょう。ゴーストなのにヘイユーが入っていない。これはカツラの呪いで失敗したんだ。おい、カツラ!!!

カラシ組
ソロジャンプ決まらずなのはやはり男性の怪我の影響もあるのか?インタプリテーションが下げられてるというのは、明確に「表現が足りない」というジャッジの意思表示だと思うので、お互いを意識しないロミジュリから脱却して欲しい。

ヴァネシプ
曲は違えど続くロミジュリ。タイミングはズレましたが3T-3Tを入れてきました。ツイストはいつもの感じですが、リフトがとてもよくなっていて、特にいつも安定感に欠ける落下させかねないキャリーリフトがめちゃくちゃ上達していました。これからは安心して見られそう。ステップがないから、LPは安心して見られます。2番目のエレメンツにコレオシークエンスは珍しくていいな。

イリモー
このプログラムはとても好きなんですけど、ジャンプを失敗して、次のエレメンツ成功しなきゃ・・・とあせってしまうと、抽象的な分何やりたいのかさっぱり分からなくなることが問題。結局スローはフリップじゃなくてクワドもルッツにしたらしいです。今回はやってきませんでしたが。モスコビッチさんのヒゲちょっとなくなってる。

バザデプ
酷いプログラムだなあと思っていた夏でしたが、なんとか酷いから普通にもってこられてきた。バザロワちゃんがんばったなあ・・・。スローは上がってはないけど、回転はしきっているんですね。ツイストはSPより怖かった。上手いのか上手くないのか息合っているのか合っていないのか。イマイチよく分からないペアである。2Aはかろうじて合わそうという気が見えましたが、3Tはどうしてああなる。

ユージン
スローはクワドで転倒。今日はスピードがなく、いつものユージンの力は出せていませんでした。キャリーリフトはキャリーして進行方向を変える、難しいことしてましたけど、あれは「持ってます」感が出てしまいます。だからこそスピードと移動距離欲しかった。

シメクニ
クワドツイストキャッチした!と思ったら着氷ミスった。でも3Sを成功しました。3Tは邦衛さんがシェイキーでしたけど、なんとか2Tでシークエンス。表現うんぬんかんぬんはシメクニに対しては無粋なので、エレメンツをいかに美しくこなせるかですね。だいたい邦衛さんにワイルドな探検家の役なんて無理なのです。田舎の自動車修理工のプログラムにしましょう。そういう映画ないでしょうか。

デュハラド
スロークワドルッツを回避でトリプルにしました。足はつきました。スピンは素晴らしかったですが、今日はメーガンが大不調&ラドフォードさんも最初のリフトちょっと緩かったように思います。今大会は大変な不調に見舞われていた2人ですが、消化試合消化試合。キニスンナ。

NHK杯に出場のみなさん、プログラムの滑り込みは出来ているけど不調という。地方都市でやるから移動で疲れちゃったんですよきっと。ただでさえ日本は遠いのに。

デュハラド、川スミ、スイハン、シメクニ、ストクリ、ユージン。そして特例でセガビロの7組がファイナル進出を決めました。ヴァネシプはまさかの落選。1.51点及ばずでした。カオスな顔ぶれだなー。
2015
11.27

NHK杯 1日目 女子SP

女子SP
1 Satoko MIYAHARA(日本)69.53 PB
2 Courtney HICKS(アメリカ)65.60 PB
3 Ashley WAGNER(アメリカ)63.71
4 Mao ASADA(日本)62.50
5 Mirai NAGASU(アメリカ)61.10
6 Zijun LI(中国)60.78
7 Alena LEONOVA(ロシア)59.63
8 Kaetlyn OSMOND(カナダ)57.07
9 Maria ARTEMIEVA(ロシア)55.68
10 Mariko KIHARA(日本)54.96 PB
11 Anna POGORILAYA(ロシア)47.35

オズモンド
3F ot-2T 3Lz fall 2A
ジャンプに高さはあったのですがねえ。ルッツはアウトに倒そうとして軸が歪んでしまったのでしょうか。気合を入れないと簡単にインになってしまうのでしょう。衣装の胸のところに、50円玉みたいなものが3つついていることに気がつきました。困ったときはこれでジュースを買うと。

木原
3T-3T fall 3Lo 2A
3T-3Tは少し高さが足りなかったでしょうか。ループはテュルルンと流れるように。腕の動かし方がとても美しかったです。衣装がギンギラで、「私は日本人!!!」という主張がハンパなかった。

アルテミエワ
3T-3T 3Lz fall 2A
このプログラムは大人の女性のかわいいプログラム。部屋でおめかしして、まだ友達以上恋人未満の彼とのデートを空想するんです。ああやってこうやって、あそこに行って、最後には・・・あああ愛しいコースチャ///みたいな。シットスピンの前に腿を上げる振付かわいい。ステップでスタンブルあったけど、そのスタンブルの手前の振付とか「わーい」感が出ていてかわいかった。靴脱いでもルカヴィツィンより大きそう。

ジジュン
3F-3T 3Lo 2A
エントリーを勝手に消された2013年も含めて、実に4年連続のNHK杯となる新NHK杯の恋人ジジュン・リーさん。深夜に池にやってきて、水に映る月に向かって小石を投げた少女的プログラムなんですけど、淡々と小石を投げ続けているだけで、そこからの展開がない感じです。前半はいいとしても、ステップでの展開の薄さが、PCSにモロに影響してしまいそうな感じ。かわいいけど。

ミライ
3F-3T 3Lo 2A
久しぶりにミライのキレのある演技が見られました。エキシビションのプログラムだったのを競技プロにしましたけど、ちゃんと競技プロになっていました。ザクライチェクのところに移って、スケーティングスキルは下がってしまったと思うんですけど、気持ちが伝わってくる演技でした。インタープリテーション・・・まあね、これはりっぽんぽんプロだから。りっぽんぽんも自分が滑るような感じで人に振付けるから、ミライの感じで滑るのは難しそう。

真央
3A fall 3F-3Lo 1Lz
3Aで転倒をしたから、3F-2Loと3Loに構成を落としてくるのかと思いましたが、そのままの構成をやってきました。3Aと3Loの基礎点を考えれば、ルッツが抜けても3Lz 3F-3T 2Aの構成を滑っているようなものなんですね。そう考えると62点という点数に「あーそんなもんか」と思えてきます。3-3は認定もらえました。

ヒックス
3F ot-3T 3Lz 2A
3-3はおなじみオーバーターンではありますが、ジャンプの相変わらずの高さ。3Lzはド大量加点をもらっていることでしょう。ステップは少し音楽からズレていたのが気になりました。動きはクリエイティブなので、音楽に合うようになれば、もっと素敵になりそうです。

レオノワ
3T-3T 3F fall 2A
ものすごく体を絞ってきました。脚がものすごくなっています。3Fで転倒したのに、その直後にすぐに笑顔にできるのはさすが。大半の選手が仏頂面のまま滑ってしまうのに。転倒で肘を売ったので氷で冷やすノワ。

アシュリー
3F ot 2A 3Lo-2T
シットスピンやコンビネーションスピン、特別なことをやっているわけではないのですが、スピンでドヤれるなんて尊敬します。スケカナよりもダンスっぽさが増して、さらにいいプログラムに成長しました。ジャンプ以外はとてもいい演技でした。表情もすげえ。めっちゃ笑顔だけど、近寄ったら切り刻まれそう。

ポゴリラヤ
3Lz-3T fall 3Lo fall 2A shaky
またシーズン全欠しそうな転倒を。キャメルスピンよくないし、今回もコンビネーションスピン失敗、ステップ転倒・・・これはやばば・・・。リンクサイドでもコケそうになる。ポゴリラヤの転倒のスロー怖すぎる。

宮原
3Lz-3T 3F 2A
いたずらなえみをうかべるみやはらさとこさん。ステップの中での手を上げたツイズルは、前を見据えたままでした。強く刺すような感じ。そしてステップの最後で大先生手招き。今日はいつもよりジャンプの高さがないように感じましたが、このミスがバッコバコ続く中で、よくぞ決めてくれました。モヤモヤしたまま1日を終えずに済みます。最終滑走を想定し、時間を置いて曲かけする練習かーーーなんかすげえ。

真央とアシュリーは6位で、ヒックスが優勝してもSPの合計点で上回るのでファイナルが確定になります。ポゴリラヤは2位以内でないといけませんが、20点差は無理があります。宮原はやはり3位以内が必要になります。まだまだ気を抜けません。宮原が4位以下なおかつヒックス優勝じゃないと、本郷がファイナルです。そしてリーザも補欠第1位で拾われます。ヒックスは自分が優勝で宮原が4位以下のパターンしか、ファイナルの可能性が現実的ではありません。さてどうなるか。
2015
11.27

NHK杯 1日目 ペアSP

グランプリシリーズのカメラワークランキング決定しました。
エリック・ボンパール杯>>>>>中国杯>スケートアメリカ>スケートカナダ>>>>>>>ロステレコム杯>NHK杯
おめでとうございます。

ペアSP
1 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)71.04
2 Alexa SCIMECA / Chris KNIERIM(アメリカ)68.43
3 Xiaoyu YU / Yang JIN(中国)67.00
4 Vera BAZAROVA / Andrei DEPUTAT(ロシア)64.06 PB
5 Lubov ILIUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)63.80 PB
6 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)61.91
7 Jessica CALALANG / Zack SIDHU(アメリカ)55.19
8 Amani FANCY / Christopher BOYADJI(イギリス)42.52

イリモー
モスコビッチさんの衣装がタイト目なので、いつもよりムチムチして見えました。ヒゲ面でワイルド風味。3Tで仲良くお手つき。スロールッツはオッケー。トリプルはルッツなのに、クワドはフリップ。なんでだろう。イリがいつの間にか大人になってる。

ファンシー親父
ボヤジさんのパンツはチョコレート色だったのか。美味しそうですね。スロージャンプが低すぎる。スローで見たら投げてない。むしろ邪魔になっているぐらい。ステップでファンシーさんがスタンブルしちゃいました。

バザデプ
3Tはコケなかったからそれでいい。ツイストは明後日の方向に投げていた気もするけど、キャッチができてよかった。リフトは落ちるかと思ったけどきれいだった。変な質。笑顔で演技を終えていたのでそれでいいです。衣装には海草のようなものがたくさん描いてありました。海の中なの?

カラシ組
ソロジャンプで転倒。リフトで天井カメラを使われるから、足元の安定感や移動距離が分からなくてモヤモヤします。スロールッツで演技をピッと締める構成なので、もし転倒でもしようものならPCSをドドドドドと下げられそうです。演技中は腕のバンドみたいなの外してほすぃー。

ユージン
ここで一気にレベルが変わる。エレメンツに余裕ありすぎ祭り。フィニッシュポーズがうやむやふにゃふにゃ・・・となっていたのはなぜ?2人が離れすぎて近づくの時間がかかりましたか?だから演技終了直後に、シャオユーが「何やっとんや」みたいに笑っていたとか?

ヴァネシプ
内乳&腿スケ&背中出しのドエロパンツ衣装のヴァネッサと、へそ透けパスポート紛失のシプレ。ツイストが抱えなかった!キャアアアアアア。恐ろしいほどにリフトがスムースだった!キャアアアアアア。スローもソロジャンプがクリーンだった!キャアアアアアア。これはハイスコアくるでーーーーーと思ったらシプレがステップでスタンブル。ステップの後半ふにゃふにゃ。ソロスピンもふにゃふにゃ。何してんだよ・・・超もったいねえよ。でもステップ以外めちゃ上手くなっていますね。ステップは中堅ペアの中では1番難ありって感じ。

シメクニ
デススパイラルの回転速度速い。腕変えるのはレベル上げには関係ないけど、なんでだろう。こんなことやってるぜアピール?3Sはお手つきぐらいだと、シメクニにはかなりいい方。情感はないけど質は高い演技。シメクニに情感を求めているのか僕は?求めてない求めてない。シメカさんのアイメイクが蛾のよう。

デュハラド
ツイストもスローもソロジャンプもリフトのランディングも微妙な今回の演技。調子がよさそうとは言えないけれど、いつもよくてもね。ちょっと力の抜きどころぐらいにしてくれればよろしいどす。演技がよくないからか、PCSが普通だ。

この順位のままですとデュハラド、シメクニ、ユージンがファイナルになります。そしてセガビロが補欠第1位で拾われるスンポー。ヴァネシプはとにかく1個順位を上げないといけません。今日みたいなミスはしないで!!!ペアスピンノーカンて。

あっこちゃんのジャケットのトーン暗すぎると思うのです。政治家かフェミニスト弁護士が着てそう。
2015
11.27

NHK杯 1日目 男子SP

男子SP
1 Yuzuru HANYU(日本)106.33 PB
2 Boyang JIN(中国)95.64 PB
3 Takahito MURA(日本)88.29 PB
4 Maxim KOVTUN(ロシア)82.27
5 Michal BREZINA(チェコ)81.64
6 Konstantin MENSHOV(ロシア)79.79
7 Richard DORNBUSH(アメリカ)78.20
8 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)74.30 PB
9 Keiji TANAKA(日本)73.74 PB
10 Chafik BESSEGHIER(フランス)72.51
11 Elladj BALDE(カナダ)69.47
12 Brendan KERRY(オーストラリア)61.20

美青年
3T so 3A td 3Lz hd-2T
4Tを成功させて、後でズコーーーではなく全部いかんじゃないですか。いろはすを飲むケリーさん。

ホックスタイン
4T shaky 3A 3Lz-2T
4T-3Tならずでしたが後半にコンボをつけてきました。今日は心なしかよく滑っていたように感じました。中国杯も調子がよさそうだったので、きっとキャロラインが来ているから気合が入っているのだ。3Aは何の問題もなく降りられるようになったのが感慨深い。

バルデ
4T<< 3A 3Lz-3T
今日は演技にスピードが欠けていたバルデさん。4Tを降りられないのはやむをえずといったところでしょうか。ステップの音の取り方はいいけど、こちらもスピードが足りない感じ。元々このステップはそんなにスピード出して滑ってはいないですけど、そもそももっと勢いが欲しいと思っていたので、なんかがんばれ。ベルトとタイの色合わせていますが、ベルトはカジュアルすぎると思うのです。もっとフォーマル寄りの堅い質感にした方が素敵になりそう。

デカ
4S 3A 2F-3T df
4Sついにいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいと思ったらフリップがああああああああああああああああああ。でも要素抜けにならなかっただけいいと思おう。ステップのときの鞭のようにしなる手足がかっこよかったです。特に最後のとこのフリーレッグかっこよすぎません?衣装は腋と腕スケスケ。体が分厚くてスケスケだとかっこよさ倍増。

ベセギエ
4T-2T 3A 3Lz
3Tのコンボはつけられなかったですけど、ジャンプをまとめられた演技でした。やはりエリック杯とはフランス男子とは相性ダメなんだ。モスクワでこの夏練習していた成果が1番出たと感じるのは、ステップを踏みながら滑られるようになったところでしょうか。もちろん今までもダンスは得意な選手でしたけど、滑りと乖離していたところもありましたので。スケートらしいプログラムになったなと思いました。

ボーヤン
4Lz-3T 3A 4T
練習からそのままやってきたようなセットを全くしていない髪で、練習でやっているようにスッポコポーンと成功。中国杯よりもジャンプの質がよかったです。ボーヤンが踊れていないとか表現力ないって言う人は、2シーズン前の演技を見てこいっつうんですよ。あれがマジで踊れないやつだから。スピンの表現もできていたし、中国杯よりもキレがあってよかったです。1つのジャンプで獲得した最高スコア更新&SPのTESの最高スコアも取りましたかね。いやーおそろしい。トランジション7.57ももらえましたよ。

ドンブー
4T shaky 3A hd 3Lz-3T
ドンブーが4Tを転倒しないとは。それだけで満足してしまう。ステップを堪能しようと思ったらカメラがおかしい。中国杯のLPでの調子がかなりよさげでした。今回もそんなに悪そうには思えない。スケーティングスキルがボーヤンより低い・・・だと?

メンショフ
3T-3T 4S 3A
4-3が3-3になったもののジャンプは入りました。ただこのプログラムがジャンプを跳ぶために組まれているので、トランジションもジャンプに行くまでの、一呼吸というぐらいの感じで、プログラムの表現を感じる暇がないかな。早くメンショフさんの髪が伸びますように。黒真珠のような瞳からのウィンクと投げキス。

喘息の吸引らしきものをする羽生。スケーターは喘息多いなあ。

むらむら
4T 3A 3Lz-3T
キャメルスピンの前のジャッジの方向にポーズ決めるのかっこいい。「俺、無良です」みたいな感じ。んでもってジャンプより心配が大きかった、速すぎてヤバいステップ。撃破!!!!!!!!!!!!!!イエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエイ!!!これで壁をひとつ越えましたよ。このステップをクリアしたのを見られただけでも、この演技を見る価値がありました。Mura is madamada tatakaeru.

ミハル
3A 4S so 3F-2T
Brezina started skating after the 1998 Olympic Games, because he wanted to play ice hockey. 長野オリンピックでホッケーが行われたこの会場にやってきました。前のNHK杯も長野でしたけどね。長野だと毎回ミハル来るんじゃないですか?4Sの後にfを押す準備をしていましたがステップアウトでした。今シーズン10回転倒しているので、ステップアウトだと戸惑います。でもキャメルで失敗して、ステップアウトで収めたところ消しちゃったじゃないですか。試合に出まくっているので、滑り込みはできています。

コフトゥン
4S-3T 4T so 3A fall
ステップアウトと転倒はあるけど、抜けじゃないから大丈夫大丈夫。変なプログラムだし、踊り心もないのだけれど、駄プロと言い切れないこの妙にクセになる感じがね。踊り心がないだけに、ジャンプで気持ちが乗って振り切って楽しそうに、ふざけきって欲しかったけど、がっくりしちゃってそれが見られなかったから残念。ジャンプ失敗しても、振り切ってPCSやGOEを取れるスケーターになってくれ。コリヤダやピトキーエフはそういうスケーターになりつつありますぞ。

羽生
4S 4T-3T 3A
なんぞこれwwwwwwwwwwwwwwwww4Sイーグルからターンやって着氷してイーグルって何?やろうとするのが頭おかしい。4Sは着氷がよくなかったけれど、イーグルに上手く繋げて、減点を受けないようにしました。ごまかすのうめえ。ごまかすのも技術のうちですからね。4-3と3Aはハイハイホーイって感じ。フィニッシュ時の顔がこれまたすごい。YUZURU HANNYAか。あーーーーーおもしろかった。すごすぎておもしろい。鼻の中切れてません?って106点wwwwwwwwwwwwwヤババババンバンバンバババババンwwwwwwwオールレベル4で、4S以外は加点が2と3しかないです。どっひゃー。

この順位のままですと羽生とボーヤンとコフトゥンがファイナル。Pさんも自力で行けますし、ダイスは補欠1位で拾われます。コフトゥンは5位になるとどうかと言いますと、それでもファイナルに行けます。ダイスが自力でファイナルとなり、補欠で拾われるのがコフトゥンになります。
2015
11.25

小ネタ×14 「ラブ&ラブ&ラブ」など

意図してないのにラブスペシャルになってしまった。寒い季節だから。寒い夜だから。

*おっさん

荒川静香さんの海外用のお財布はジップロック。銭湯に来るおっさんにこういう人いますね。おっさん→荒川さん→スケーティング上手い→Pさん→おっさん。なんかループできた。

*全米選手権へ
カレン・オイさん(25)がイースタンセクショナルで4位に入り、実に7年ぶりの全米選手権出場を決めました。オイさんはマサチューセッツ工科大学卒でイェール大の院に通っている、ド秀才でいらっしゃいます。アメリカはド秀才スケーターが多いなあ。彼の作ったStats on Iceというスケーターの成績集積サイトを頻繁に使っています。ありがとうございますオイさん。頻繁に使うくせに課金してなくてごめんね。 https://www.statsonice.com/ 宣伝するから許してね。

*薬師丸ひろ子感


韓国スポーツ協議会 in USAにエールをもらったらしい、ユラ・ミンさんとアレクサンダー・ガメリンさん。この写真のユラさんの薬師丸ひろ子感が強い。後ろの気合の入ったバナーには、ピョンチャンオリンピック候補みたいなことが書いてあるのかな。

*美少年のお知らせ

Hello there☆ How's everyone's day? #selfie #mcmartinezfight #share

Michael Christian Martinezさん(@martinezfrost3)が投稿した写真 -


マイケル・クリスチャン・マルティネスさん、ただの美少年であることのご報告。イナカクサイ、マユゲ、カムバックシテ?

*ミニマム撃破
世界選手権への大きな壁となる、クソミニマムスコアをハビエル・ラヤさんがクリアしました。アンドラオープンで67.54のTESを記録し、64.00を超えました。SPは昨シーズンクリアしていたので、世界選手権への出場が可能となります。よかった、無駄になる枠が減って。

*加藤利緒菜

加藤利緒菜

ペトティホこと加藤利緒菜。

*テイストの違うおねえさん

パパシゼとハベドノのダンスレッスン。パパダキスさんの元気な姿を見られたのはいい。でも1番右の某マディソン・ハベルさんが軍人みたいなのですが。これはもしかして、ダンスレッスンではなくてブートキャンプ?女軍人マディソン?

*トビアスさんが婚約

イザベラ・トビアスさんが婚約しました。イェルサレムの嘆きの壁の前でプロポーズを受けた模様。お相手のサミュエル・ライツさんは、NHLのホッケーチームのスカウトをしてる方です。美男美女でお金持ち同士・・・・・レベルが高すぎです。おめでとうございます。

*大山式・・・

あまりに目にうるさい広告で有名な大山式なんとか。小塚崇彦さんにより、ジャッジの間で話題になっていたと判明。ジャッジの間で流行る?ボディメイクされたジャッジが並ぶ?

*アシュリー・ワグナー師匠の恋人
http://www.icenetwork.com/news/2015/11/24/157586802
前回の小ネタで、アシュリーがミセス?というネタをお送りしましたが、そのミセスと書いてあった飛行機のチケットで向かったソチオリンピックで、今の恋人と出会いました。その恋人はショートトラックのオリンピックの銀メダリストのエディ・アルバレスさんという方で、今はホワイトソックスのマイナーで野球選手。アシュリーとアボットくんが写真撮影をしていたときに、アルバレスさんもその場にいて一目惚れをしました。そんな人目惚れをされたときのアシュリーがこちら。

アシュリー&アボットくん4

これは仕上がっていますねえ。そして選手村のカフェテリアで他の人も交えて話をしていて、最後には2人になる。一緒にご飯を食べる、ゲームをする、映画を見る・・・そして2人は恋人になるのでありました。はい、歯が浮きます。

*いちゃいちゃのやつら

長野観光中のキャロライン・ジャンさん。中国杯にも一緒に来て観光をしていた2人。ははははは。NHK杯に行く方はキャロラインチェックお願いします。

*アイスダンスはCD、OD、FDの3つです

無題

日本スケート連盟の観戦ガイドを見ると、アイスダンスの説明が、それぞれ決められた時間の中でコンパルソリーダンス、オリジナルダンス、フリーダンスを音楽に合わせて演技し、ジャッジにより採点されたその得点により順位が決まります。と書いてありました。なんだ、SDは廃止になったんですね。うんうん、やっぱりCDとODの方がいいですもんね・・・・・代理店に丸投げせんとちゃんとチェックしろーーーーーい。

*MWOの出場者
http://figureskate-mwo.com/

男子
イリヤ・クーリック、ジェフリー・バトル、ジョニー・ウィアー、織田信成、ジェレミー・アボット

女子
カロリーナ・コストナー、ジョアニー・ロシェット、安藤美姫、キミー・マイズナー、佐藤有香

ゲスト
エフゲニー・プルシェンコ

出演者は11人。1人あたりの値段を計算すると氷上アリーナ席:2545円、アリーナ席:2000円、スタンドSS:1545円、スタンドS:1363円、スタンドA:818円。ぼったく・・・ラグジュアリーだー。こんなのは需要と供給が成り立てばいいのです。じゃんじゃん稼ごう。

*もう、あの人はいない

😂😂😂

Yan Hanさん(@yanhan111)が投稿した写真 -

ハンヤンと一緒にふざけるナンソンみたいな人。これはナンソンではない。昭和スタアの面影を持つハンサムナンソンではない。これはなんそん。傍観者によからぬことを吹き込まれたのでしょう。さようならナンソン、あなたのことは胸の奥にとどめておきます。

マディソン・ハベル、ハン・ヤン、メーガン・デュハメル、マキシム・トランコフ。この4人のうち誰かが小ネタに登場する確率が高い。これが僕のネタキャラ四天王だ!
back-to-top