2015
08.31

ジャンプの覚え方(非正攻法)

フィギュアスケートファンになっての第一関門、それはジャンプの種類を見分けること。ここで躓いてしまう方もいると思います。ジャンプの種類は全部で6種類あります。難しい順にアクセル、ルッツ、フリップ、ループ、サルコウ、トゥループ。踏み切る足と踏み切り位置によってそれは分類されますが「そんな一瞬の間に足元を細かく見られない!」というのがジャンプを覚えるときに躓く理由。そんなわけで今回は僕がどうやってジャンプを覚えたかをご紹介しましょう。これはあくまで見分けるためだけのものです。

さてまずは日本スケート連盟のホームページに乗っているジャンプの定義を見てみましょう。
http://skatingjapan.or.jp/figure/trick.html
ざっくり説明すると
アクセル:唯一の前向き踏み切りのジャンプで他のジャンプより半回転回転数が増える。
ルッツ:左足のアウトエッジで踏み切り右足のつま先をつく。
フリップ:左足のインエンジで踏み切り右足のつま先をつく。
ループ:右足のアウトサイドエッジで踏み切る。
サルコウ:左足のインサイドエッジで踏み切る。足がハの字になりやすい。
トゥループ:右足のアウトエッジで踏み切り左足のつま先をつく。
このような感じ。でもこんなの言われても分からないから覚えられないんですよーーー。永遠に覚えられませんよー。

こういう説明書きを読んでもさっぱり分からなかったんです。だから映像を見まくって選手それぞれの跳び方を覚えてしまう!という荒業を使いました。

覚えた順番は
1.アクセル・・・前向き踏み切りだから子供でも覚えられる
2.コンビネーションのトゥループ、ループ・・・うんしょとやるのがトゥループ、ビュンとやるのがループ
3.ルッツ・・・すっごい後ろ向きに長い間一直線に滑る
4.フリップ・・・ルッツと同じように一直線に滑るけどジャンプの前が忙しいやつ
5.トゥループ・・・簡単そうに足つくやつ
6.ループ、サルコウ・・・最難関。ジャンプの前がぐるぐるしてるやつら
もちろんそれぞれの跳び方があるのであくまでも傾向としてですが。

実際に演技で説明すると頭の中ではこんなことになっています。

まず覚えるために使ったのが安藤美姫先生の2006年スケートアメリカのLPの演技。ジャンプの順番は3Lz-3Lo 3S 3F 3Lz 3T-2Lo-2Lo 3F-2Lo 2Aです。まず最初のルッツです。彼女のルッツは助走が長く後ろを向いている時間が長いですよね。だからすごく覚えやすい。ルッツはずっと後ろ向きで滑るやつです。そしてループは間髪を容れずに1本足だけで踏み切るやつという覚え方。サルコウはぐるぐるしながら両足(実際は違う)で踏み切るやつ。フリップは足を前にピンピンと出してから踏み切るジャンプ。ルッツみたいにまっすぐだけど足ピンピンするのが見分けるポイント。そして後半のルッツこれも後ろ向きがながーーーい。トゥループはフリップみたいな足ピンピンしたかと思ったら違う?違う側の足で踏み切ってる!!!2つ目のフリップ、はいはいこれも足ピンピンしてから踏み切ってますね。アクセルは前向きだから大丈夫。 本当にこういう風に覚えました。これを主要な選手の分やっていけば他の選手にも共通項が見つかるのです。

次は髙橋大輔先生の2006年の全日本選手権のLPの演技。ジャンプ構成は1クワドと6種8トリプルです。ジャンプの順番は4T 3A 3A-2T 3F-3T 3Lz 3Lo 3F 3Sです。まずこの順番を覚えてしまうから何が次に来るかはすでに分かっているわけですよね。まず4T、これはもう選手によって跳ぶ4回転の種類は決まっているわけですよ。2種類ある人はさておき1種類の人はそれしかない。3A2本は前向きだから余裕。フリップは足ピンピンしてからトゥループね。男子はセカンドはほとんどトゥループだからループを頭に入れないことから始めました。ルッツはまっすぐに進んで前向いてクイッと後ろ向いて踏み切るやつ。2T-2Tはうんしょうんしょとやるし、2Lo-2Loはビュンビュンとやるし、2T-2Loはうんしょビュン。2Lo-2Tを後ろにつけるのは歴史上ほとんどないから覚える必要なし。この当時は2T-2Loが3連の主流だったからほとんど2T-2Loです。簡単そうにうんしょするのがトゥループで即座にビュンなのがループ。ループはぐるぐるしてからするやつ。2本目のフリップもなんかしてるけど結局足ピンしてる。サルコウは両足(実際は違う)で踏み切るやつ。

最近の演技でやってみましょう。

羽生結弦先生の2015年の国別対抗戦LPの演技。ジャンプ構成は4Tが3Tになったので1クワド6種8トリプルです。ジャンプの順番は4S 3T 3F 3Lz-2T 3A-2T 3A-1Lo-3S 3Lo 3Lzです。くるくるする方の4回転が4Sという覚え方。すごく厄介なのがハビエル・フェルナンデスさんであの人は4Sも4Tもくるくるしてるから別件で覚えなければいけない。くるくるしてない方の4回転(このときは3回転だけど)トゥループ。フリップは1本足でカクカクしてる。3Lzは髙橋大輔先生と同じスタイルです。まっすぐ進んで前向いてクイッと後ろ向いて踏み切るやつ。んでセカンドはうんしょだからトゥループ。前向き楽勝アクセルからセカンドはうんしょのトゥループ。2つ目も前向き楽勝アクセルからハーフループでサルコウ。表記は1Loだけど半回転ジャンプだし、特徴がありすぎるからさすがに分かるでしょう。3つ目につけられるのはサルコウかフリップですが、フリップつける選手なんてほぼいないので個別に覚えればいい話。3つ目は全部サルコウでOK。んでループは即座にビュン。ルッツは1本目と同じようにまっすぐ進んで前向いてクイッと後ろ向いて踏み切るやつ。

アシュリー・ワグナー先生の2015年全米選手権LP。彼女は逆回転の選手です。でも逆回転だろうが足元で見分けているわけではないので全く苦労はしませんでした。2A 3Lz-3T 2A-2T 3Lo-1Lo-3S 3F 3Lo 3Lzの5種7トリプルです。アクセルは前向き楽勝。ルッツはずっと後ろ向き。後ろ向きということにしか着目していないからエッジがフラットだろうがインだろうがフリップとは間違えない。そもそも横からの映像でどうやったら足元見られるんだろう。僕は絶対にできない。セカンドはうんしょのトゥループ。んで前向き楽勝2Aでうんしょ2Tです。アシュリーのループはルッツばりに助走が長いので分かりやすいです。でもルッツよりは個を描いてつま先はつかない。ハーフループだから3つ目はサルコウ。フリップはカクカクするタイプ。ループは1本目と同じように助走が長いやつ。そして最後のルッツ。やっぱりまっすぐ進んでずっと後ろ向きのやつ。エッジ判定はスロー再生のときに傾いているか見れば大丈夫。助走で何の種類のジャンプ跳ぶかほとんどは分かるので角度がよければ演技中に分かるときもあります。

この非正攻法のポイント
1.全ての種類のジャンプが入っているプログラムを選ぶ
2.好きな選手・テレビによく出る選手から
3.ジャンプの順番を頭に入れる
4.ジャンプを跳ぶ前の特徴を覚える

正攻法ではどうしても覚えられない、説明がまどろっこしいという方にはおすすめします。「そんな覚え方なんてふじこふじこ」というのはめんどくさいのでやめてください。
Comment:11
2015
08.30

JGPリガ杯 3日目 男子リザルト・アイスダンスリザルト

男子LP
1 Dmitri ALIEV(ロシア)149.82 PB
2 Deniss VASILJEVS(ラトビア)135.76 PB
3 Alexei KRASNOZHON(アメリカ)127.15 PB
4 Kevin AYMOZ(フランス)123.24 PB
5 Petr GUMENNIK(ロシア)120.35 PB
6 Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)117.69 PB
7 Nicolas NADEAU(カナダ)116.92
8 Sena MIYAKE(日本)112.85 PB
9 Se Jong BYUN(韓国)110.89 PB
10 Tangxu LI(中国)105.03 PB
11 Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)103.64
12 Paolo BORROMEO(アメリカ)100.27
13 Kazuki TOMONO(日本)96.15 PB
14 Yunda LU(中国)93.03 PB
15 Lukas BRITSCHGI(スイス)89.46 PB
16 Armen AGAIAN(ジョージア)82.20
17 Anton KARPUK(ベラルーシ)80.71
18 Glebs BASINS(ラトビア)79.90 PB
19 Mikhail MEDUNITSA(ウクライナ)78.44 PB
20 Aleksandr SELEVKO(エストニア)74.32
21 John-Olof HALLMAN(スウェーデン)73.52
22 Michel TSIBA(オランダ)70.43 PB
23 Artur PANIKHIN(カザフスタン)67.42 PB
24 Mehmet CAKIR(トルコ)66.49 PB

男子リザルト
1 Dmitri ALIEV(ロシア)209.92 PB
2 Deniss VASILJEVS(ラトビア)204.60 PB
3 Alexei KRASNOZHON(アメリカ)194.68 PB
4 Kevin AYMOZ(フランス)187.00 PB
5 Nicolas NADEAU(カナダ)184.96 PB
6 Petr GUMENNIK(ロシア)182.70 PB
7 Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)176.79 PB
8 Sena MIYAKE(日本)168.73 PB
9 Se Jong BYUN(韓国)161.25 PB
10 Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)160.70
11 Paolo BORROMEO(アメリカ)159.19
12 Tangxu LI(中国)151.80
13 Kazuki TOMONO(日本)147.93 PB
14 Yunda LU (中国)144.65 PB
15 Lukas BRITSCHGI(スイス)130.03 PB
16 Armen AGAIAN(ジョージア)124.90 PB
17 Mikhail MEDUNITSA(ウクライナ)123.63 PB
18 Anton KARPUK(ベラルーシ)122.62
19 Glebs BASINS(ラトビア)122.45 PB
20 Aleksandr SELEVKO(エストニア)118.10 PB
21 John-Olof HALLMAN(スウェーデン)116.94
22 Michel TSIBA(オランダ)109.98 PB
23 Artur PANIKHIN(カザフスタン)104.99 PB
24 Mehmet CAKIR(トルコ)101.05 PB

ジュリアン爺
3A so 3F-3T 3Lz-2T-2T 3Lo 3Lz hd 3F 3S 2A+2A
昨シーズン多分同じプログラムでした。ジャンプは抜けることなく全て入りました。抜けはコケよりですからね。スタミナにはまだまだ課題を抱えています。ジュニア男子は4分±10秒なのにポーズを決めるために音楽終わっているのに動いて4分11秒になり減点。

友野
4S fall 3A df 3A fall 3Lz-2T 3Lo so 3S shaky 3F-2T 3Lz
高難度で攻めては来ましたが成功しませんでした。力で無理やり跳ぼうとしていますが、その力がついていないのやもしれません。せっかくの踊るぜっていうプログラムなのに失敗が続くとそこまで体力が持たないという。

オドヴォルボー
2A 何か 3F-3T 1Lo 3F-2T-2Lo 2S 2A ot 3S hd
イルポスティーノ最近見たんですよ。もうイルポスティーノでてきた。オドボルボエさんはやはりスタミナがLPになると露骨に足りないなあと。

三宅
3Lz 2A 3F 3Lo ot 2S 3Lz-3T 3S-3T 2A-2T
これはHANYU?ロミジュリではなくてナザレの子でした。前半にコンボが入らなくて苦心していたところで最後3つのジャンプを全てコンボにしました。サルコウが抜けたので2回繰り返すジャンプを3Tに変更して機転を利かせました。これは頭いい。

ボロメオ
3Lo 3F-3T 3S 2A 3Lz fall 2Lz df 3F<< 1A
3Sの前にバレエやウォーレイを入れていました。彼いろんなことをやろうとはしているんですけどあまり質がよくありません。後半はスタミナが切れてジャンプが上がらず回転が回りきれませんでした。

このグループ全員スタミナが足りなかった。

アリエフ
4T-2T 3A-1Lo-3S 3A 3Lz-3T 3F 3Lz 3Lo fall 2A
4Tスパーーーン!アクセルパンパーン!3Loズコーーーはもったいない。でもジャンプの質よかった。背中に十字架背負いすぎな衣装はちょっとやりすぎですけど、それも含めてロシア。ロシアとフランス語まただ。雄大でいい滑りをしていました。TES82点!!!!!わっしょい!

ヴァシリエフス
3A<< fall 3Lz-2T 壁タッチ 3F 3Lo 3Lz 3S-1Lo-3S 3T 2A-2T tano
昨シーズンと同じトロンのプログラムでした。本当に体がよく動いてコントロールされていて気持ちいい。手足の長さが上手くプログラムの不思議さとマッチしていて、どうしてもっとPCS出ないのか?とPCS慎重派の僕ですら思ってしまうほど。

ナドゥー
3A fall 3A so 2T 3S 3Lo 3F-2T-2Lo 3Lz fall 2A+2A
カナディアンアクセルがこんな大事なところで発動してしまいました。カナダはアクセルから逃れられない運命にあるのです。ジャンプの失敗が出たからかステップのボディコントロールがしきれなかったのと、後半も勢いがないですかね?展開が非常に多いのでノってないと曲に置いていかれて悲しい。コーチの前髪ガッチガチに立てすぎなのがすっげえ気になる。

エイモズ
3Lz 3F-3T df 壁ドン 3Lo df 3F 2A 3Lz-2T tano 2A 3S-2T-2Lo
シャツがビローンと伸びる仕様。2Aは助走レスの状態からいきなり入りました。踊れるスケーターで滑りもよく振付も大変素晴らしい。フランスの踊りのセンスに北米のスケーティング足したようないいとこどり。でもジャンプの軸はポンちゃんの2006年~2008年ぐらいのマジヤバいやつに近い。ジャンプさえ降りてくれれば楽しみしかない。インタープリテーション7点出るのも分かります。

グメニク
3Lz tano-2T tano 3F 3Lz tano 2A 2A 3Lo-3Lo tano 3F tano-2Lo tano-2Lo tano 3S
メドベージェワはシニアに上がるしサハノヴィッチはまだ出てきていないから今年のtano攻め初めは彼にさせてもらいました。ウエストサイドストーリー子供バージョン。紛うことなき子供。マリアに愛を告げようとも「法律的にまだ無理」と言われる。ステップでの転倒がなければなあ。惜しかった。でもすごかった。

クラスノジョン
4Lo fall 3S 2A 3A fall 3Lz-2T 3A-2T 3Lo 3F-3T-2Lo
踊れる選手・表現の上手な選手が続いてしまったから最終滑走は動けなさが目立ちすぎました。これは滑走順の分がいくらなんでも悪すぎる。4Loは回転が足りずに転倒でした。表彰台に乗れると思っていなかったようでびっくりしていました。

アリエフとヴァシリエフスはファイナルに1歩近づきました。どちらも昨シーズンからの伸び率が高いです。2戦目も楽しみです。

アイスダンスFD
1 Betina POPOVA / Yuri VLASENKO(ロシア)86.53
2 Angelique ABACHKINA / Louis THAURON(フランス)82.87 PB
3 Melinda MENG / Andrew MENG(カナダ)79.01 PB
4 Sofia EVDOKIMOVA / Egor BAZIN(ロシア)78.28
5 Christina CARREIRA / Anthony PONOMARENKO(アメリカ)74.02
6 Emily DAY / Kevin LEAHY(アメリカ)70.44 PB
7 Hannah WHITLEY / Elliott GRAHAM(カナダ)69.55 PB
8 Anzhelika YURCHENKO / Volodymyr BYELIKOV(ウクライナ)64.00 PB
9 Xibei LI / Guangyao XIANG(中国)60.12 PB
10 Maria OLEYNIK / Yuri HULITSKI(ベラルーシ)59.27
11 Marina ELIAS / Denis KORELINE(エストニア)57.41
12 Ksenia DUBIVKA / Vadym KRAVTSOV(ウクライナ)54.92 PB
13 Jogaile ZILIONYTE / Luca MORINI(リトアニア)50.02 PB
14 Nataliya ALEKSANDROVA / Ricards EVELINS(ラトビア)48.42 PB
15 Villo MARTON / Danyil SEMKO(ハンガリー)43.40 PB

アイスダンスリザルト
1 Betina POPOVA / Yuri VLASENKO(ロシア)146.35
2 Angelique ABACHKINA / Louis THAURON(フランス)139.05 PB
3 Sofia EVDOKIMOVA / Egor BAZIN(ロシア)132.57
4 Christina CARREIRA / Anthony PONOMARENKO(アメリカ)131.25 PB
5 Melinda MENG / Andrew MENG(カナダ)130.51 PB
6 Emily DAY / Kevin LEAHY(アメリカ)115.77 PB
7 Hannah WHITLEY / Elliott GRAHAM(カナダ)115.54 PB
8 Anzhelika YURCHENKO / Volodymyr BYELIKOV(ウクライナ)107.41 PB
9 Xibei LI / Guangyao XIANG(中国)101.13 PB
10 Maria OLEYNIK / Yuri HULITSKI(ベラルーシ)99.91
11 Marina ELIAS / Denis KORELINE(エストニア)94.90
12 Ksenia DUBIVKA / Vadym KRAVTSOV(ウクライナ)86.67 PB
13 Jogaile ZILIONYTE / Luca MORINI(リトアニア)84.92 PB
14 Nataliya ALEKSANDROVA / Ricards EVELINS(ラトビア)78.36 PB
15 Villo MARTON / Danyil SEMKO(ハンガリー)77.83 PB


エミリーさんとケビンさん
インドプロなのに男の衣装が黒一色。これはどういうことでしょう。かたうやインド人の人気女優、かたや一介の映画撮影のADが恋に落ちていくという姿を描いた作品とか?カーストの差を超えて?感動した。

中国さん
イリカツのアヴェマリアのパク・・・いやなんでもない。

エフバジ
衣装から予想だにしていなかったロミジュリ。バジンのスタートダッシュは今シーズンも健在でした。カーブリフトの質がとてもよかったです。だがしかしそこでパワーを使い果たしてしまったのかツイズルの前で急にギアを落としました。そしておかしなアレンジの曲をぶち込んでのパリッとしないフィニッシュ。ネタプロとして昇華できるかな。

アンルイス
スパルタクスでした。バイオ更新してください。ツイズルは今日は成功。一番盛り上がる場所でのリフトはやはりストレートラインリフト。大いにドムシャバに影響を受けていそう。今シーズンはストレートラインリフトで高さ出すの多いホントに。いいリフトなのに原曲からピッチ上げられたからムカつく。ピッチ上げ下げホント嫌い。リズムの変化が分りにくい。

ポポブラ
クソエロ映画をそれはもうドエロに普段着衣装で演じたポポブラ。ストレートラインリフトはキスをしながらでした。保守的なジャッジ様からは好かれなさそうだけど、振付はとてもいいんです。編曲は意味不明だけど振付はいい。

カレポノ
ドエロからの若々しいジュニアっぽいプログラム。同じ人の曲を繋げたプログラムだけどそれほど一貫性のあるプログラムには見えなかったです。ステップの最後の最後で女性が転倒してしまうもったいない失敗がありました。まだまだ先があるから落ち込まないで。コレオツイズルをしていました。ロシア人やフランス人には真似できない。米米米露露仏のファイナルを予想していたので、どこが入ってくるのか次戦からさらに注意深く見ないとな。組み合わせ次第では2位4位でも行けないことはないですが。

メンズ
ノクターンフロムボヘミアンラプソディーほへへへ・・・・・これはもう飽きた。ロミジュリやプッチーニなんて足元にも及ばないわ!リフトが上げられなくなりつつあります。とにかく力を使って上げるので終わりまで兄のスタミナがキープできない。次に進むときが来てしまったのかもしれない。

次戦は天国に近い地獄、高地コロラドスプリングスです。時差は15時間なのでド深夜から昼に行われます。見づらい。
Comment:6
2015
08.29

JGPリガ杯 2日目 アイスダンスSD・ペアリザルト・女子リザルト

アイスダンスSD
1 Betina POPOVA / Yuri VLASENKO(ロシア)59.82
2 Christina CARREIRA / Anthony PONOMARENKO(アメリカ)57.23 PB
3 Angelique ABACHKINA / Louis THAURON(フランス)56.18 PB
4 Sofia EVDOKIMOVA / Egor BAZIN(ロシア)54.29 PB
5 Melinda MENG / Andrew MENG(カナダ)51.50 PB
6 Hannah WHITLEY / Elliott GRAHAM(カナダ)45.99 PB
7 Emily DAY / Kevin LEAHY(アメリカ)45.33 PB
8 Anzhelika YURCHENKO / Volodymyr BYELIKOV(ウクライナ)43.41 PB
9 Xibei LI / Guangyao XIANG(中国)41.01 PB
10 Maria OLEYNIK / Yuri HULITSKI(ベラルーシ)40.64 PB
11 Marina ELIAS / Denis KORELINE(エストニア)37.49
12 Jogaile ZILIONYTE / Luca MORINI(リトアニア)34.90 PB
13 Villo MARTON / Danyil SEMKO(ハンガリー)34.43 PB
14 Ksenia DUBIVKA / Vadym KRAVTSOV(ウクライナ)31.75 PB
15 Nataliya ALEKSANDROVA / Ricards EVELINS(ラトビア)29.94 PB

メンズ
カナダの麺族。コーチ名のクレジットにはないのにシュピルバンドがキスクラにいました。死の舞踏とボルトというコンセプトの見えない謎構成。謎構成だけど一番高い項目がコンポジション・コレオグラフィー。

中国の女の子の背が高い組
去年はピアフのラヴィアンローズでFD、今年は違うボーカルのラヴィアンローズでSD。いかんでしょ。雪ちゃんどうしてキスクラにいるの?これダンスよ?

ハンナさんとエリオットさん
女の子が152cmと非常に小柄なのでパターンダンスでフリーレッグをスウィングするのを男性以上に派手に行っていました。でもそれぐらいの方が印象に残るかも。後半スタミナが切れていました。サウンドオブミュージックをオーストリアの民族衣装で滑りました。かわいくていいよー。

エフバジ
バジンの調子がよくないのかいつも以上にスタミナが持っていませんでした。ミッドラインは大きく2人の間が空いていましたし後半になればなるほどスタミナが顕著に切れて、ポルカに変わって2人でホールド組むときもヨロヨロでした。大丈夫?

アンルイス
アンジェリークとルイ。苗字で略せないから発音しないSを加えてアンルイス。ああ無情。フランスのカップルなのにドンキホーテを選びました。選曲がアメリカナイズされてますなあ。でもワルツでバレエの曲選ぶ方が少ないからいいか。シャンソン使われたらみんなと同じになっちゃう。

ポポブラ
あああああああああああああああああポポワさああああああああああああんんんんんんん期待を裏切らないドヤドヤしさと存在感。振りがいちいち大きい。ミッドラインは他のカップルより位置が近かった。ロシア人大好きな巨匠とマルガリータに効果音いっぱい足してました。衣装もボス感半端ない。最近画像整理してたら数年前の前髪ありのブラセンコが出てきて、超芋臭かったから彼も垢抜けたのだと感動しました。

カレポノ
縦にも横にもデカくなってる息子。what is calld 成長期ですね。息子のフリーレッグの美しさは目を見張ります。きれいに上がってボトンと落ちてこない。滑らかで余裕のあるスケーティング。ミッドラインやってると男女の技術の差が大きく見えました。ポテンシャル厨・才能厨じゃないけどここまで力が抜けてると期待せざるを得ない。

ペアLP
1 Anastasia POLUIANOVA / Stepan KOROTKOV(ロシア)93.15 PB
2 Renata OGANESIAN / Mark BARDEI(ウクライナ)92.94 PB
3 Anna DUSKOVA / Martin BIDAR(チェコ)86.92 PB
4 Ekaterina BORISOVA / Dmitry SOPOT(ロシア)85.65 PB
5 Justine BRASSEUR / Mathieu OSTIGUY(カナダ)78.21 PB
6 Alina USTIMKINA / Nikita VOLODIN(ロシア)75.33 PB
7 Lindsay WEINSTEIN / Jacob SIMON(アメリカ)73.76 PB
8 Ying ZHAO / Zhong XIE(中国)64.87 PB
9 Yue HAN / Ziyu KANG(中国)54.65 PB

ペアリザルト
1 Renata OGANESIAN / Mark BARDEI(ウクライナ)144.29 PB
2 Anastasia POLUIANOVA / Stepan KOROTKOV(ロシア)138.75 PB
3 Ekaterina BORISOVA / Dmitry SOPOT(ロシア)135.42 PB
4 Anna DUSKOVA / Martin BIDAR(チェコ)134.83 PB
5 Alina USTIMKINA / Nikita VOLODIN(ロシア)122.11 PB
6 Justine BRASSEUR / Mathieu OSTIGUY(カナダ)120.27 PB
7 Lindsay WEINSTEIN / Jacob SIMON(アメリカ)114.54
8 Ying ZHAO / Zhong XIE(中国)107.40 PB
9 Yue HAN / Ziyu KANG(中国)93.04 PB

ウスティムキナ&ボロディン
みんな大好き(曲が)ウォリスとエドワーズ。どこら辺が皇太子をたぶらかしているのか、どこら辺が国を捨てるわがままな皇太子なのか、そもそもお互いを必要としていなさそうな恋愛物とは気づかないプログラム。3T-2T-2Tがきれいに入ったので、これは表彰台争い絡むぞ!と思いましたのにスローの投げ方が・・・ああ・・・。改善点は山ほどありそう。スパイラルできなかったから曲余りまくりました。

ポウリアノワ&コロトコフ
ヴィガザクのオペラ座の怪人の衣装を着ています。昨シーズンの禁止曲から今シーズンの禁止曲クイーンのボヘミアンラプソディー。禁止曲と禁止曲が交わった歴史的な瞬間と言えます。がんばった。ジャンプも降りられましたし。ガッツポーズ出ましたし。ここまで来て初めて普通のスローを投げる選手が。男の子の生え際はフレディリスペクトなのか?

忍耐勝組
ツイストは高い。2Aで男性がお手つき。3Tは跳べないようで2Tでした。リバースラッソーはやってきたんですけど、2つ目のリフトで落下と転倒。SPで上手く行っていてもLPだと若いペアは粗が出てしまいます。

オガバル
ジャンプはなんとか。スローは両方両足着氷でした。リバースラッソーの質はあまりよくなくてプルプルしていたので落とさないか気が気ではなかったです。降ろし方もあんまり上手じゃなかった。他の組に比べるとストーリーは演じられていたかなと思います。中だるみみたいな感じもしなかったですし。でもインタビューウィズバンパイアで蛍光色ドレスはないと思うのですが。

乳首弟組
最初3Tをきれいに降りてこれは逆転優勝行くか!となりました。スローサルコウも降りましたし。でも3Sで男性が転倒、スローフリップでも転倒がありました。レオノワのはしゃぐLPの曲とウッ!のツギハギ音楽のプログラムでしたけど、なんとか滑りのよさでカバーしようとしていました。この編曲正気なのか・・・?うーん惜しかった。

女子LP
1 Maria SOTSKOVA(ロシア)121.72 PB
2 Kaori SAKAMOTO(日本)112.20 PB
3 Da Bin CHOI(韓国)111.08 PB
4 Amber GLENN(アメリカ)106.75
5 Alisa FEDICHKINA(ロシア)104.10 PB
6 Xiangning LI(中国)100.03 PB
7 Yu Jin CHOI(韓国)96.13 PB
8 Sarah TAMURA(カナダ)93.62
9 Elizaveta UKOLOVA(チェコ)90.48 PB
10 Yuna AOKI(日本)89.56 PB
11 Viveca LINDFORS(フィンランド)88.78 PB
12 Diana NIKITINA(ラトビア)88.72
13 Anastasia GOZHVA(ウクライナ)86.13 PB
14 Rebecca PENG(アメリカ)79.21 PB
15 Loena HENDRICKX(ベルギー)75.27 PB
16 Juni Marie BENJAMINSEN(ノルウェー)72.42 PB
17 Anastasia SCHNEIDER(スウェーデン)67.79 PB
18 Anastasia ZAITSAVA(ベラルーシ)64.77 PB
19 Aiza MAMBEKOVA(カザフスタン)63.68 PB
20 Cassandra PEROTIN(フランス)61.84
21 Leonora Colmor JEPSEN(デンマーク)58.71 PB
22 Amelia SADLER(オーストラリア)58.48 PB
23 Alexandra HAGAROVA(スロバキア)57.65
24 Zeynep Dilruba SANOGLU(トルコ)55.85 PB
25 Kamile LINAUSKAITE(リトアニア)52.42
26 Kristina SHKULETA-GROMOVA(エストニア)52.15
27 Anzelika KLUJEVA(ラトビア)51.23 PB
28 Viktoria SHITOVA(ラトビア)50.96 PB
29 Romana KAISER(リヒテンシュタイン)44.62 PB
30 Polina USTINOVA(キプロス)43.27 PB
31 Thuridur Bjorg BJORGVINSDOTTIR(アイスランド)42.65 PB
32 Daisy VREENEGOOR(オランダ)40.53 PB

女子リザルト
1 Maria SOTSKOVA(ロシア)184.45 PB
2 Kaori SAKAMOTO(日本)170.95 PB
3 Da Bin CHOI(韓国)168.29 PB
4 Alisa FEDICHKINA(ロシア)167.59 PB
5 Amber GLENN(アメリカ)159.96
6 Xiangning LI(中国)146.55 PB
7 Yuna AOKI(日本)146.23 PB
8 Yu Jin CHOI(韓国)141.33 PB
9 Anastasia GOZHVA (ウクライナ)139.22 PB
10 Elizaveta UKOLOVA(チェコ)134.44
11 Viveca LINDFORS(フィンランド)130.71 PB
12 Diana NIKITINA(ラトビア)130.50
13 Sarah TAMURA(カナダ)128.49 PB
14 Loena HENDRICKX(ベルギー)124.43 PB
15 Rebecca PENG(アメリカ)123.11 PB
16 Juni Marie BENJAMINSEN(ノルウェー)116.04
17 Anastasia SCHNEIDER(スウェーデン)106.03 PB
18 Cassandra PEROTIN(フランス)100.68 PB
19 Anastasia ZAITSAVA(ベラルーシ)96.73 PB
20 Aiza MAMBEKOVA(カザフスタン)95.90 PB
21 Alexandra HAGAROVA(スロバキア)94.94
22 Kristina SHKULETA-GROMOVA(エストニア)94.09 PB
23 Leonora Colmor JEPSEN(デンマーク)92.11 PB
24 Zeynep Dilruba SANOGLU(トルコ)89.28 PB
25 Amelia SADLER(オーストラリア)87.75 PB
26 Anzelika KLUJEVA(ラトビア)86.27 PB
27 Kamile LINAUSKAITE(リトアニア)82.34
28 Viktoria SHITOVA(ラトビア)79.47 PB
29 Thuridur Bjorg BJORGVINSDOTTIR(アイスランド)74.35 PB
30 Daisy VREENEGOOR(オランダ)71.04 PB
31 Romana KAISER(リヒテンシュタイン)70.20 PB
32 Polina USTINOVA(キプロス)69.39 PB

タムラ
3S to 3Lz-2T 2A 3Lo 3Lz 3S-2T-2Lo 2A-3T hd
小っちゃい&細い。軽さでジャンプを跳んでいます。スローパートの表現がそれほど得意ではなさそうでした。LPには3Fが入っていないので、今シーズンのステップからの3Fの課題は難しいのでしょうね。ジョアンのガッツポーズ男らしい。

フランスのペロタンがキスクラにやってきたときコーチの濃い顔が画面にヌッと現れてビビった。インタビューでニキティナさんがロシア語喋ってる。ニキティナさんは一番リーザにインプレッションを受けているらしい。もうそんな時代なのか。

ユジン
3Lz-2T 2A-3T 3F 3Lz so 3Lo 3S-1T-1Lo 2A
毎度のことながら韓国スケーターのISUバイオのスカスカぷり。ちゃんと書こう?ロミジュリ滑りそうなウエストサイドストーリーの衣装。でもウエストサイドストーリーは現代版ロミジュリだから間違ってはいないのか。現代にタイムスリップしてきたジュリエットとトニーの恋の物語ですね。3連コンボ1回転でもちゃんとつけたのは偉い。これで順位変わることもありますから。

シャンニン
3Lz shaky 3F 3T-2T 3S-1Lo-3S 2A 3T 2A-2T
シャンニンの3Fの踏み切りいいわーモホークがはしゃいでる。癖あるジャンプが嫌いな人はやんや言いそうですけど僕は変なの好き。思わず3Fリピートしてしまいました。SPから衣装の色味がプログラムの印象よりも明るいです。もう少しトーンを落としてもよさそうな気がします。でも瑞々しい溌剌とした動きをしていたのでそういう点では合っていましたかね。キスクラのミンシュー。現役時代より随分甘酢あんかけ肉団子みたいになった。

ウコロワ
3Lo 2Lz 2A-1Lo-3S 3T 3Lz 3S-2T 2A
昨シーズンと同じライフイズビューティフル。ちょっと軽快になった気がしなくもなく、明るくなった気がしなくもない。この幸薄そうなライフイズビューティフルは応援したくなる。90点に喜ぶウコロワさん、わしも嬉しいぞ。

ソツコワ
3Lz-3T 3F 3F-1Lo-3S 3Lz 2A-2T tano 3Lo 2A
1人のジャッジがフライングシットに-1をつけただけで他にはマイナスはつけられませんでした。ルッツフリップのエッジに問題がないのは女子では大きなアドバンテージですね。彼女の演技は上品と捉えられるか無表情と捉えられるか好みが極端に分かれると思います。音楽が変わってもまとまりが良すぎて淡々として見えることがあるのでそこは改善して欲しいかも。

坂本
3F-3T 3Lz 3S-2T 2A-3T 3F 3Lo fall 2A
このプログラムはジャンプが一連の流れの中に組み込まれているのがいいですね。3Lzにはeマークがつきませんでした。3Loの転倒は残念だけど演技の印象に影響はしませんでした。それぐらいに他の流れがよかったから。バストから上がグキッと動くので体全体でヌワワワワワーンと動けるようになればもっとPCSが上がりそうです。2戦やるうちでソツコワにもサハノヴィッチにもツルスカヤにも当たるハードモード。

青木
3Lz-3Lo 3S ot 2A 2T fall 3Lz 3F 2A fall
3-3のセカンドはアンダーローテーションでした。失敗してしまった3Tや2Aはコンビネーションをつけてやろうと力が入りすぎて軸が曲がってしまったのかもしれません。振付はいいしスピードもありました。スピンの回転数が足りなくてノーバリューになったところとか、ステップもこなしきれずあまりよくなくてパフォーマンスやインタープリテーションが下がってしまったのは仕方ないでしょう。国内の試合でしっかり立て直しましょう。

グレン
3F-3T 3Lz-3T 2A 3Lo 3Lz td 3S df 2A fall
グレーは体型がダイレクトに出てしまう危険な色。白やピンクよりも危ない。腕も覆ってボディライン強調してるのは男らしい。3F-3Tと3Lz-3Tの連発は迫力あります。後半のジャンプ3つの失敗がグラデーションのように強くなって行きました。ボーカルに負けしてしまってエキシビションみたいになっている気がします。自分の編曲を忘れて曲が終わる前に動き出してしまうグレンさん。

フェディチキナ
2A 3F-3T 3Lz 2A-3T-2T 1Lz 1Lo 3S
またロシア人のフランス語志向が。ロシア人に「フランス好きなんですか?」って聞いてみたい。メモリー一曲のみで滑るというジュニアスケーターにとっては相当なハードルの高さだとは思うのですが驚くべきエキシビションっぽくなさ。きちんと競技用プログラムとしての表現があって流れもできていて情景が浮かびます。ポニーテールにリボンをつけてさりげない猫耳。掌に肉球ついてますよ。ジャンプさえ成功していればPCSは1番をもらえたでしょうね。台には乗れなかったけどとてもよかった。これからが楽しみ。これからが楽しみだけどこれから出してもらえるのか?

ダビン
3Lz-3T 3F 3Lo 2A-3T 3Lz-2T-2Lo 3S 2A
後半の3Tと2Loがアンダーローテーションをとられただけでジャンプは全て降りました。彼女の安定感は素晴らしいです。この衣装スカートのピラピラの先っちょの方までストーン使っていてすごくきれい。腕のレースのスケスケのアシンメトリーなところもいい。胸のYの切り込みがもっと浅かったら完璧だったのに。昨シーズンのBGMアンダンテスピアナートに比べたらこちらの方が遥かにいい。遥かにいいけどもう少し視線を上にしてくれたらと思います。終始表情が暗く見えてしまうので。たか子コーチそんなに喜ばない。うわーーーきゃーーーみたいなのないのか。

場内アナウンスさん「アイスダンスの表彰式」言うた。ソロダンスかな?女子に続きペアの表彰式もありました。女の子の顔が覚えられないから男の子の髪型でペアを見分けよう。フィギュアスケートの女の子はほとんどお団子だし普段はロングで降ろしてるから覚えられない。ホワイエクとシャルトランを時々間違えるレベル。ウクライナの国歌聞くことないので調べてみたらISU主催の大会で流れるのは7年ぶりでした。

ソツコワインタビューで好きなスケーターはカロリーナと。バロック音楽滑ろう!ロシアの枠はいないぞ!!!てか世界的に不在だから!!!!!
Comment:5
2015
08.27

JGPリガ杯 1日目 女子SP・ペアSP・男子SP

女子SP
1 Alisa FEDICHKINA(ロシア)63.49 PB
2 Maria SOTSKOVA(ロシア)62.73 PB
3 Kaori SAKAMOTO(日本)58.75 PB
4 Da Bin CHOI(韓国)57.21 PB
5 Yuna AOKI(日本)56.67 PB
6 Amber GLENN(アメリカ)53.21
7 Anastasia GOZHVA(ウクライナ)53.09 PB
8 Loena HENDRICKX(ベルギー)49.16 PB
9 Xiangning LI(中国)46.52 PB
10 Yu Jin CHOI(韓国)45.20 PB
11 Elizaveta UKOLOVA(チェコ)43.96
12 Rebecca PENG(アメリカ)43.90 PB
13 Juni Marie BENJAMINSEN(ノルウェー)43.62
14 Kristina SHKULETA-GROMOVA(エストニア)41.94 PB
15 Viveca LINDFORS(フィンランド)41.93 PB
16 Diana NIKITINA(ラトビア)41.78
17 Cassandra PEROTIN(フランス)38.84 PB
18 Anastasia SCHNEIDER(スウェーデン)38.24 PB
19 Alexandra HAGAROVA(スロバキア)37.29
20 Anzelika KLUJEVA(ラトビア)35.04 PB
21 Sarah TAMURA(カナダ)34.87
22 Zeynep Dilruba SANOGLU(トルコ)33.43 PB
23 Leonora Colmor JEPSEN(デンマーク)33.40 PB
24 Aiza MAMBEKOVA(カザフスタン)32.22
25 Anastasia ZAITSAVA(ベラルーシ)31.96 PB
26 Thuridur Bjorg BJORGVINSDOTTIR(アイスランド)31.70 PB
27 Daisy VREENEGOOR(オランダ)30.51 PB
28 Kamile LINAUSKAITE(リトアニア)29.92
29 Amelia SADLER(オーストラリア)29.27 PB
30 Viktoria SHITOVA(ラトビア)28.51 PB
31 Polina USTINOVA(キプロス)26.12 PB
32 Romana KAISER(リヒテンシュタイン)25.58 PB

坂本
3Lz-3T 3F 2A
ルッツにeマークがついたからかTESがそれほど伸びませんでした。しかし2番滑走にしてはかなり高いPCSをもらえています。マラゲーニャなので体の使い方がもっとキビキビしてきたらいいなー。

グレン
3Lz fall 3F 2A
随分と半年の間にお肉が・・・成長期やってきました。仕方ない。ステップの途中とかスピンの前とかジャッジに目線を向けてアピールするドヤドヤしさはアメリカ女子っぽくてよかった。トランジションはオシャレでした。フィーリンググッドはお腹いっぱい。

ソツコワ
3Lz-3T 2A 3F
きれいなルッツで3-3入りました。すごく幅や高さが出るわけではないけれど安定しています。表現的にはやや薄味のサンタナではあるのですが、すごく動きに余裕があって「あんたなんて相手にしてあげないわ」みたいな高飛車っぽい表現ができていたような気がする。多分そう。

リンドフォース
3Lz-3T hd 1F 2A
キスクラで座っていると普通の美人だけど氷上だと実身長(157cm)よりも小さく見えるのは腕が短いから?素材はいいと思うのでジャンプですね。

ベンジャミンセン
3T-3T ot 3F fall 2A
転倒はあったけれど上手っぽい選手。ステップの音の取り方が上手でした。まごつくような箇所もあったけれどノルウェーのシニアの選手たちよりも音楽表現はいい感じ。衣装の背中部分が謎。

ダビン
3Lz-3T 3F 2A
ヘアスプレーのエンディングで使われている曲をちょっとだけ笑顔で。ダビンに笑顔が宿るなんてそれだけでも一大事。めちゃくちゃBGMっぽくなってるけどクラシックでもBGMになってるから笑顔の分僕はこのプログラムでいいと思います。

ニキティナ
3Lz fall 3F 2A tano
昨シーズンガシガシとジャンプを成功させていたニキティナさん。ルッツは回転不足で転倒でした。枯葉のプログラムを山吹色の衣装で。もう少しスピードを出せた方が枯葉が風に舞って落ちてくるような様子を表現しやすいんじゃないかと思います。

フェディチキナ
2A 3Lz-3T 3F
ロシアらしいプログラム。本を読む振付がありました。詩集でも開きながら感傷に浸っているのかな?13歳で?中二病の年だからないこともない。2Aはイーグルでサンドウィッチ。某羽生のようだ。プログラムの最後のスピンもイーグルで入って最初の同じ主題を使っています。対にして見せてるんでしょうね。いい構成でした。顔は普通にかわいい。ピンク似合う。

ウコロワ
3Lz-2T 2F df 2A
苦手なフリップはダブルになってしまいました。ウコロワさんまた大きくなりました。どこまで大きくなるんだろう。曲のテンポを変えていたから違和感が。モーツァルトの華やかさ演じられるようにがんばれ。PCS低い。

青木
3Lz-3Lo 3F 1A
3Loは回転足りていない感じでしたががんばりました。3Fはふんわりとした着氷でした。アクセルウウウウウウウウウウウウウウウウウ・・・0点。DOIで見た演技よりも随分と洗練されてスピードが出て女性らしくなりました。6月あの演技を見たときは「これで点数出してもらえる・・・か?」と疑問に思っていたぐらいですけど、今回のを見たらPCSもらって当然!という演技でした。と思ったのにそんなに高くもなかった。低くもないけど。

坂本はルッツのeマークで点数を伸ばしきれませんでした。でも±0に収めているジャッジが2人いました。青木の3Lz-3Loは認定されました。ISUの大会でこのジャンプがeマークや回転不足なしで認められるのは2011年の世界ジュニアのソトニコワ以来です。

ペアSP
1 Renata OGANESIAN / Mark BARDEI(ウクライナ)51.35 PB
2 Ekaterina BORISOVA / Dmitry SOPOT(ロシア)49.77 PB
3 Anna DUSKOVA / Martin BIDAR(チェコ)47.91 PB
4 Alina USTIMKINA / Nikita VOLODIN(ロシア)46.78 PB
5 Anastasia POLUIANOVA / Stepan KOROTKOV(ロシア)45.60 PB
6 Ying ZHAO / Zhong XIE(中国)42.53 PB
7 Justine BRASSEUR / Mathieu OSTIGUY(カナダ)42.06 PB
8 Lindsay WEINSTEIN / Jacob SIMON(アメリカ)40.78
9 Yue HAN / Ziyu KANG(中国)38.39 PB

誰が誰だか分からないので暖かく見守る。

忍耐勝組
エカテリーナ・ボリソワ&ドミトリー・ソポト組。男の子の衣装に"忍耐勝"と漢字で書いてあります。忍者がテーマらしい。意味不明すぎて応援したくなります。ツイストがとても高くて上手でした。リフトは手の上に着座していました。結構点数出た。

ウスティムキナ&ボロディン
スローもツイストもしっかりしていました。リフトのポジションもよかった。デススパイラルはバックアウトでジュニアペアには難しいのはあるんですけどポジション高かったです。レベルいくつになるでしょう。男性のスタミナが足りないです。

ブラスール&オスティガイ
イザベル・ブラスールの姪っ子の組だそう。スローが低いです。リフトの女性のフリーレッグにはかなり問題がありました。フットワークは軽快で2人の動きが揃っていてよかったです。伸びるかなー。

中国の2組目、いろんなところからちょっとずつパクってきてるのが面白い。もう中国ってすごすぎ/////

ポウリアノワ&コロトコフ
今までのペアで一番エレメンツがエレメンツとして成立しているペアでした。特にデススパイラルが目立って成立していました。ジュニアペアはまず成立させるというところが難しいのでね。男の子の生え際がんばれ。今のうちに青春謳歌しとこ。

乳首弟組
逃れられない市松模様乳首兄の呪縛。滑りがダントツで滑らか。さすがチェコ。ツイストは高さがあるのに投げるタイミングがおかしい。スローはきちんと投げられていない。ステップはスピードがあってよかったです。

オガネシアン&バルデイ
昨シーズンも見たはずだけど思い出せない2人。ツイストはシニア並みの質の高さでした。余裕のあるキャッチ。リフトは上げ方も上手だし空中のポジションもばっちり。スローだけはそんなにでした。ジュニアペアはみなさんスローに苦労されている感じでツイストは上手です。みなさんスローサルコウはあまり好きではなくて、違う種類の方が得意なのかな?レースをテーマにしたプログラムでした。これはこれで有りな気がする。

知らない選手多いけど、なんやかんやで楽しいペア。

男子SP
1 Deniss VASILJEVS(ラトビア)68.84
2 Nicolas NADEAU(カナダ)68.04 PB
3 Alexei KRASNOZHON(アメリカ)67.53 PB
4 Kevin AYMOZ(フランス)63.76 PB
5 Petr GUMENNIK(ロシア)62.35 PB
6 Dmitri ALIEV(ロシア)60.10
7 Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)59.10 PB
8 Paolo BORROMEO(アメリカ)58.92 PB
9 Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)57.06 PB
10 Sena MIYAKE(日本)55.88 PB
11 Kazuki TOMONO(日本)51.78 PB
12 Yunda LU(中国)51.62 PB
13 Se Jong BYUN(韓国)50.36
14 Tangxu LI(中国)46.77
15 Mikhail MEDUNITSA(ウクライナ)45.19 PB
16 Aleksandr SELEVKO(エストニア)43.78 PB
17 John-Olof HALLMAN(スウェーデン)43.42 PB
18 Armen AGAIAN(ジョージア)42.70
19 Glebs BASINS(ラトビア)42.55 PB
20 Anton KARPUK(ベラルーシ)41.91
21 Lukas BRITSCHGI(スイス)40.57 PB
22 Michel TSIBA(オランダ)39.55 PB
23 Artur PANIKHIN(カザフスタン)37.57 PB
24 Mehmet CAKIR(トルコ)34.56 PB
WD Timothee MANAND(ベルギー)
WD Daniels ROSCIKS(ラトビア)

オドヴォルボー
3T-3T 3F 2A
ジャンプは全て入ってスピンはオールレベル4で。彼としてはやれることはできた構成でしょう。フラフラーとする振付で本当にフラついてしまったり、ステップ中のツイズルでフラつくところはありましたけど滑り込みができていけばできていけば大丈夫でしょう。この構成でTESが32点なので3Tを3Lzにすれば34点。3Aなしでワールドのミニマムを取るのはギリギリに設定されているんですね。ISUはそういう微妙なラインを攻めているのか。オドボルボエさんちょっと上手になった気がします。紫シャツに蛍光レッドほどけタイ。意味不明でいいです。オドボルボエさんはクリストファー・ウォーケンみたいな顔してる。

ナドゥー
3A 3Lz-3T 2F
フランス語か英語かはっきりしないボーカルを聞いて彼のことを思い出した。3Lz-3Tの後のジャンプでフラついていました。ステップを見ていてもすごく表現が上手なのに上体がついていってないのかな?と思うところがありました。フリップまでのトランジションと加速がすごくよくて、単なるジャンプの助走に終わっていないところが素敵でした。この世界には彼にもっと似合う髪形が存在すると思う。ブードローオデさんみたいな2ブロックにしよう。それは柔道部みたいだ。

グメニク
2A 3F tano 3Lz tano-3Lo tano
6分練習の映像で一段と子供がいると思っていましたらこの子か。体柔らかい。Y字スピンにビールマンをやっていました。3Lz-3Loで両方タノなんてすごい通り越してキモいですね。3Lz-3Loは女子以上に男子では成功しない期間が長かったです。これもまた久しぶりの光景。ドーナツスピンは女子選手よりも上手。ミーシンの生徒なんですね。ということは掬い上げるようになる?コストナーさんみたいな顔してる。

ボロメオ
2A 3Lz-3T 3F
よく聞くリベルタンゴではなくてかっこいい感じのやつ。アメリカ男子だけあって基礎がしっかりして嫌味や癖がないです。体がギュッてしてます。「ちまき!」って感じの体つき。

ヴァシリエフス
3A fall 3Lz-3T 3F
えええええええええええ後姿誰えええええええええええええええええええええええええええええ???成長期KOEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE体分厚くなってるうううううううううううううううジャンプ高くなってるううううううううううううウル様あああああああああああ。体がデカくなったのにスピンが劣化していないのはすごい。期待を全く裏切らない成長曲線を描いている。個人的にはPCSはダントツ高くてよかったです。それぐらい衝撃的な上手さでした。あーいいわーいいわーいいわー。顔の大きさと体のバランスおかしいのもいいわー。3A入れば75点以上行けます。声変わり途中の中途半端な声。今シーズンからやっとシニアも行ける年齢になりました。それでこの上手さですよ。

松たか子コーチ女子に続きいる。もう松たか子辞書登録しましたからね。韓国くんはブーブレだ。今大会もブーブレはよく出る。カナダの名産品。FaOIに出てたピアニストの福間さんに雰囲気似てる。

友野
3A 3Lz-3T fall 1F
3Aがパスーンと決まったのでノって欲しかったですが他の2つの失敗がー。ステップは全員からプラスをもらえているだけにレベルも取って欲しかった。レベル4がひとつもないというのはさすがに点数にも響きます。振付は結構好きな感じ。昨シーズンと同じプログラムですね。

棄権したベルギーの子ケビンさんとマッコーケルの生徒だったのに。キスクラで見たかったのに。お茶汲みステップをするのか確認したかったのに。

エイモズ
3A fall 3Lz-3T df 3F
エイモズさん名前は知ってたけど演技を見たことはなかった気がする。めっちゃくちゃスピン上手じゃないですか。シットスピンどんだけ体屈めて体捻ってんの?という難ポジで高速回転。そりゃ+2が並びますわな。ジャンプはちょっとアレだけど表現も上手。上手だねえ。フランスっぽくない普通にきれいな演技するスケーター。ホッケー感を取り払ったマックス・アーロン。

クラスノジョン
3A 3Lz-3T 3F
窓ガラスパリパリーンの音が最初にあったからeye滑るのかと思ったらマイコーでした。こんなに踊れてないアメリカ人(ロシア人だけど)のマイコーを見るのは初めて。清清しい位のジャンプ特化型選手です。干支一回り前のジュニアからタイムスリップしてきたようだ。LPでは4Lo降りてね。ジャンプだけで表彰台乗っちゃおう。それも面白いから。テッドインタビュー聞いたらアメリカに来てからスピンやスケーティングもがんばるようになったらしいですね。家族はサンクトペテルブルクにいるらしい。家族ロシアにいるのにアメリカ代表なのか。事情がよく分からないけどがんばって。

ジュリアン爺
3A ot 3Lz-2T 3F
ジュリアン・ジー・ジェイ・イー略してジュリアン爺。サマースケートで2回聞いたI Put a Spell On Youだ。でもみんな音源が違う。この曲そんなに使い勝手いいですかね?有名ではありますけど、そんなに表現しやすいとも思えない。3Aのオーバーターンのごまかし方上手でした。

三宅
3F 3Lz-3T so 2A
同じリンクに島田と三宅という可愛い人間が存在するという事実。岡山の田舎からどうしたらこんな素材が出てくるのか。衣装に天使の羽ついてるけど死の舞踏。堕天使ってこと?いやでも死神と堕天使ってちょっと違うような気がする。

アリエフ
3A fall 3F 3Lz so
気持ち縦に伸びた感じ。バイオの身長は秘密になっている。秘密にするほど低くないでしょうに。顔が大人になってきた。アクセルはともかくルッツの失敗は痛かった。3Fは膝をついてくるくるした後にすぐ踏み切りました。これはクレイジーなので僕なら+2あげちゃう!最後に足した音は玄関のチャイム?それともクイズに正解したSE?いや車の音っぽいのが最初と最後に入っていたから前者。ま、歌詞が入ってるからそのままですね。女とケンカでもしちゃって街を無気力に歩いてたけどやっぱりお前がいなきゃダメだってことで最後に家を訪ねるんですね。もし後者のクイズ解釈だったら、クイズ王としてちやほやされていた高校生がスランプに陥り悪ぶってみるも、勉強ばかりしてきてケンカは弱い。最後にバスでクイズ大会の会場へ乗り込み人生の正解を導き出すという・・・泣ける。

表現が上手な選手がいると楽しいわ。何で今回この小っちゃいリンクで4カテゴリーで大人数開催なのに、先週ユーロ開催予定のデカリンクで少人数開催だったんだろう。
Comment:3
2015
08.27

キーラ・コルピ 引退

http://www.hs.fi/urheilu/a1440640111312

フィンランドのリアル妖精キーラ・コルピがリンクを去ることになりました。世界選手権の後から続けたいのか続けたくないのかずっと考えていて、夏から練習を重ねていたけれど、もう自分がトップで戦うのに必要とされるようなモチベーションを持っていないということに気がつき引退を決意したそうです。スケートをやってきて一番良かったことはたくさんの人々に出会えたことだそう。引退後はプロスケーターに転向するそうです。国内だけではなく国外のショーも受けるキーラ、日本のショーにもたくさん参加してください。

レピストのときは「競技にこれ以上の情熱を見出せなくなってしまった」という心が締め付けられるほどの悲しい理由でした。リンドホルム&カネルヴォも怪我をしたまま引退。彼女は2008年に怪我をしてから地元のユーロで復活の兆しを見せ2010年あたりからは一気に上達。しかし2012年に怪我、2013年にも怪我、練習をしていたのにまた同じ年にに怪我をしてソチオリンピックには出場できませんでした。昨シーズンのユーロで素晴らしいSPを見せましたが棄権、ワールドはSP落ちとここ数年怪我と不運に常につきまとわれていました。フィンランドのトップ選手はどうしてこうも怪我怪我怪我に泣かされ続けるのか。

その淡麗な容姿が注目されがちでしたがシニアになって数年経ってから顕著な上達を見せる珍しい女子選手でもありました。スピンが速くなり、スケーティングが美しくなり、衣装がおかしくなくなり、足首が柔らかくなり、スケーターとしての輝きを年々大きなものにしていきました。僕は2008年の世界選手権のオペラ座の怪人の演技が彼女を最初に好きだと感じた演技でした。ジャンプはズタボロだったけれど、こんなにジャンプ以外で魅せられることができるのか!と驚いたものです。そして大ヒットの虹の彼方へ、エビータ、亜麻色の髪の乙女、極めつけのA day in the lifeで次々と素晴らしい作品を世に送り出してくれました。

いっそ「恋人との間に赤ちゃんができて結婚をするから引退します。競技に未練はあるけれど私幸せです。」ぐらいなら笑顔で引退を喜べたのに。涙を流しての引退会見を見るのは実に心苦しい。彼女のプロスケーターとしての成功を祈ります。フィンランディア杯ではオープニングセレモニーに出演するそうなので、そこで改めて言葉を聞きたいなと思います。 Kiitos Kiira. Moi Moi Kiira.
Comment:5
2015
08.26

オンドレイネペラトロフィーエントリー

うっひょおおおおおおおおおおおおwwwww

http://www.isuresults.com/events/fsevent00051639.htm

男子
1 Andrew DODDS AUS 1
2 Jordan DODDS AUS 1
3 Mario-Rafael IONIAN AUT 2
4 Manuel KOLL AUT 2
5 Albert MÜCK AUT 2
6 Pavel IGNATENKO BLR 3
7 CAN TBA 1 CAN 4
8 Matthias VERSLUIS FIN 5
9 Alexander ZAHRADNICEK (TBC) FRA 6
10 Martin RAPPE GER 7
11 Charlie PARRY-EVANS GBR 8
12 Ivan RIGHINI ITA 9
13 Takahito MURA JPN 10
14 Patrick MYZYK POL 11
15 Gordei GORSHKOV RUS 12
16 Mikhail KOLYADA RUS 12
17 Adian PITKEEV RUS 12
18 Marco KLEPOCH SVK 13
19 Jakub KRSNAK SVK 13
20 Michael NEUMAN SVK 13
21 Jason BROWN USA 14

みなさああああああああああああああああああああああああああん!ドッズの季節がやってきましたよおおおおおおおおおおおおおおお!!!ドッズドッズドッズあっちにドッズこっちにドッズ。エブリウィークドッズ。あれこれってデジャヴ?カナダのTBAって誰だ?ザラドニチェクはいつまでフランスのTBCにい続けるんだろう。ガルデナスプリング杯やプランタン杯に出てますやん。コリヤダはここで復活できるといいなあ。コリヤダ怪我してから見るのがインスタでの面積の小さい水着着て泳いでる姿ぐらいですもの。元バリさんもプッチーニだというのを知って今シーズンのプッチーニ度合いに震え上がっています。マヌエル・コールさん今年も続けるのか。毎年引退すると思っている。

女子
1 Kerstin FRANK AUT 1
2 Christina GRILL AUT 1
3 Belinda SCHÖNBERGER AUT 1
4 Gabrielle DALEMAN CAN 2
5 Eliska BREZINOVA CZE 3
6 Jana COUFALOVA CZE 3
7 Anna DUSKOVA CZE 3
8 Helery HÄLVIN EST 4
9 Sarah HECKEN GER 5
10 Julia BATORI HUN 6
11 Sara FALOTICO ITA 7
12 Roberta RODEGHIERO ITA 7
13 Riona KATO JPN 8
14 Yuka NAGAI JPN 8
15 Angelina KUCHVALSKA LAT 9
16 Maria ARTEMIEVA RUS 10
17 Julia LIPNITSKAIA RUS 10
18 Anna POGORILAYA RUS 10
19 Bronislava DOBIASOVA SVK 11
20 Alexandra HAGAROVA SVK 11
21 Nicole RAJICOVA SVK 11
22 Joshi HELGESSON SWE 12
23 Laure NICODET SUI 13
24 Mariah BELL USA 14

ヘッケンはネーベルホルンに派遣はなかったけれどまだ梯子は外されていないようだ。トリプルが入るようになっていて欲しい。アルテミエワは今シーズンはメンショフさんと同じ派遣じゃないのね。東欧のクチヴァルスカ、ラジコワの楽しみ組にも期待しよう。

ペア
1 Paris STEPHENS / Matthew DODDS AUS 1
2 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER AUT 2
3 Lubov ILIUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH CAN 3
4 Amani FANCY / Christopher BOYADJI GBR 4
5 Anna Marie PEARCE / Mark MAGYAR HUN 5
6 Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK ITA 6
7 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV RUS 7
8 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV RUS 7
9 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV RUS 7
10 Ioulia CHTCHETININA / Noah SCHERER SUI 8
11 Alexandra HERBRIKOVA / Nicolas ROULET SUI 8
12 Gretchen DONLAN / Nathan BARTHOLOMAY USA 9

ドッズ以下略。マルク・マジャルさんはアメリカの女の子と組んで試合に出ます。マルちゃんともトライアウトはしていたのですけどね。マジャルさんの名前調べたら自分のブログがヒットして過去の自分に教えてもらいました。ストクリはスロークワドよりも過去2シーズンのSPの同じ過ぎる構成・振付のプログラムからの脱却と表現に柔らかさを取り入れてくれることを期待したい。現状でも点数はもらえていますが本質的なスケーターとしての成長が見たいのです。昨シーズンはこの大会のペアは出場辞退が相次いで開催中止になったので今シーズンはみんな出てね。

1 Barbora SILNA / Juri KURAKIN AUT 1
2 Piper GILLES / Paul POIRIER CAN 2
3 Cortney MANSOUR / Michal CESKA CZE 3
4 Olesia KARMI / Max LINDHOLM FIN 4
5 Kavita LORENZ / Panagiotis POLIZOAKIS GER 5
6 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND GBR 6
7 Carolina MOSCHENI / Adam LUKACS HUN 7
8 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI ITA 8
9 Misato KOMATSUBARA / Andrea FABBRI ITA 8
10 Victoria MANNI / Saverio GIACOMELLI ITA 8
11 Olga JAKUSHINA / Andrey NEVSKIY LAT 9
12 Elena ILINYKH / Ruslan ZHIGANSHIN RUS 10
13 Federica TESTA / Lukas CSOLLEY SVK 11
14 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE USA 12
15 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI USA 12

シュピルバンドに移籍したペニコラ、不運続きだったペニコラ。ここで力を発揮できるでしょうか。サヴェリオ・ジャコメッリさんはヴィクトリア・マンニさんと組むことになったのですね、これは初情報。2人ともシングルからの転向組&前のパートナーと解散しての結成です。小松原美里さんに日本語で高度なギャグ(多分どっかで調べてきたやつ)をメールで送りつけるマルコ・ファブリさん、ファブリ家のみなさんおいでになります。美里ちゃん馴染んでて嬉しい。モスルカはシニア年齢なので今シーズンは全てシニアの大会ですね。パイポー、イリジガ、シブタニズ、ペニコラこの6番~10番手グループで誰が抜け出せるか。

オンドレイネペラもおもしろそうな顔ぶれ。

2日連続でドッズをお伝えしました。フィンランドには例年ドッズはいないからフィンランディア杯には期待できない。僕の頭の中はドッズでいっぱい。

アンドリュー&ジョーダン&マシュー


もうすぐエントリーが出そうなフィンランディアですが今シーズンもキーラ・コルピの演技は見られそうにはありません。引退報道が出ました。本人からのコメントを待ちます。フィンランディアで引退セレモニーを行って欲しいです。それだけの功績のある選手ですから。
Comment:0
2015
08.25

USクラシック&ネーベルホルン杯エントリー

やっとでたぜ!

USクラシック
http://www.isuresults.com/events/fsevent00051634.htm

男子
1 Andrew DODDS AUS 1
2 Jordan DODDS AUS 1
3 Brendan KERRY AUS 1
4 Larry LOUPOLOVER AZE 2
5 Christophe BELLEY-LEMELIN CAN 3
6 Bela PAPP FIN 4
7 Leslie IP HKG 5
8 Alexei BYCHENKO ISR 6
9 Daniel SAMOHIN ISR 6
10 Carlo Vittorio PALERMO ITA 7
11 Keiji TANAKA JPN 8
12 Shoma UNO JPN 8
13 Lukas KAUGARS LAT 9
14 Michael Christian MARTINEZ PHI 10
15 Javier RAYA ESP 11
16 Yaroslav PANIOT UKR 12
17 Timothy DOLENSKY USA 13
18 Richard DORNBUSH USA 13
19 Alexander JOHNSON USA 13
20 Ross MINER USA 13

みなさああああああああああああああああああああああああああん!ドッズの季節がやってきましたよおおおおおおおおおおおおおおお!!!ドッズドッズドッズあっちにドッズこっちにドッズ。エブリウィークドッズ。日本からは昌磨とデカが出場。アメリカで練習していないスケーターを派遣するとは。そしてラトビアにルーカス・カウガースが!!!ちみ全米選手権に出ていたじゃないか。移籍したのか。アメリカ出身、アメリカ拠点の海外スケーターがいっぱい。

女子
1 Brooklee HAN AUS 1
2 Veronik MALLET CAN 2
3 Selena ZHAO CAN 2
4 Amy LIN TPE 3
5 Maisy Hiu Ching MA HKG 4
6 Tiffany Chitring YIM HKG 4
7 Aimee BUCHANAN ISR 5
8 Netta SCHREIBER ISR 5
9 Satoko MIYAHARA JPN 6
10 Kanako MURAKAMI JPN 6
11 Elizabet TURSYNBAEVA KAZ 7
12 Frances Clare UNTALAN PHI 8
13 Sonia LAFUENTE ESP 9
14 Anastasia KONONENKO UKR 10
15 Karen CHEN USA 11
16 Angela WANG USA 11

日本からは大先生と佳菜子。佳菜子と昌磨一緒に派遣なのね。こちらもアメリカ出身の海外スケーターがたくさん。補欠にマライア・ベルが入っているんですけどアメリカは4人出せるのにWhy 出てないのか。第一どうして2人なのか。みんな断ったのか?つか全然関係ないけどザワツキーはどうなったんだ?

ペア
1 Paris STEPHENS / Matthew DODDS AUS 1
2 Vanessa GRENIER / Maxime DESCHAMPS CAN 2
3 Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO CAN 2
4 Adel TANKOVA / Evgeni KRASNOPOLSKI ISR 3
5 Marissa CASTELLI / Mervin TRAN USA 4
6 Gretchen DONLAN / Nathan BARTHOLOMAY USA 4
7 Tarah KAYNE / Daniel O SHEA USA 4

みなさああああああああああああああああああああああああああん!ドッズの季節がやってきましたよおおおおおおおおおおおおおおお!!!ドッズドッズドッズあっちにドッズこっちにドッズ。エブリウィークドッズ。クラスノポルスキーさんは新たな幼女と組んで試合に戻ってきます。前以上に合うのか?合うのか?

アイスダンス
1 Emily PIKE / Patrick ADDERLEY AUS 1
2 Brianna DELMAESTRO / Timothy LUM CAN 2
3 Elisabeth PARADIS / Francois-Xavier OUELLETTE CAN 2
4 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN DEN 3
5 Kimberly BERKOVICH / Ronald ZILBERBERG ISR 4
6 Isabella TOBIAS / Ilia TKACHENKO ISR 4
7 Taylor TRAN / Saulius AMBRULEVICIUS LTU 5
8 Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN UKR 6
9 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE USA 7
10 Danielle THOMAS / Daniel EATON 7

デルマエストロ&ラムがシニアの大会に!派遣されて嬉しいなあ。髪が伸びてベテランホストのようになったトカチェンコさんとトビアスさんも楽しみ。

ネーベルホルン杯
http://www.isuresults.com/events/fsevent00051637.htm

男子
1 Andrew DODDS AUS 1
2 Elladj BALDE CAN 2
3 Michal BREZINA CZE 3
4 Valtter VIRTANEN FIN 4
5 Florent AMODIO FRA 5
6 Alexander BJELDE GER 6
7 Paul FENTZ GER 6
8 Peter LIEBERS GER 6
9 Franz STREUBEL GER 6
10 Phillip HARRIS GBR 7
11 Conor STAKELUM IRL 8
12 Julian Zhi Jie YEE MAS 9
13 Artur GACHINSKI RUS 10
14 Konstantin MENSHOV RUS 10
15 Marcus BJÖRK SWE 11
16 Max AARON USA 12
17 Grant HOCHSTEIN USA 12

みなさああああああああああああああああああああああああああん!ドッズの季節がやってきましたよおおおおおおおおおおおおおおお!!!ドッズドッズドッズあっちにドッズこっちにドッズ。エブリウィークドッズ。ドイツのいつものメンバー落ち着く。アモディオはジャンプ8本跳んでください、3S4本跳ばないでください。

女子
1 Kailani CRAINE AUS 1
2 Brooklee HAN AUS 1
3 Alaine CHARTRAND CAN 2
4 Kaetlyn OSMOND CAN 2
5 Elizaveta UKOLOVA CZE 3
6 Gerli LIINAMÄE EST 4
7 Karoliina LUHTONEN FIN 5
8 Juulia TURKKILA FIN 5
9 Lutricia BOCK GER 6
10 Lea Johanna DASTICH GER 6
11 Nathalie WEINZIERL GER 6
12 Mariko KIHARA JPN 7
13 Niki WORIES NED 8
14 Julia SAUTER ROU 9
15 Alena LEONOVA RUS 10
16 Matilde GIANOCCA SUI 11
17 Tanja ODERMATT SUI 11
18 Courtney HICKS USA 12
19 Mirai NAGASU USA 12

いつも木原ドイツの試合に派遣されてる。ドイツへの派遣率3/5ですってよ。

ペア
1 Paris STEPHENS / Matthew DODDS AUS 1
2 Julianne SEGUIN / Charlie BILODEAU CAN 2
3 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES FRA 3
4 Minerva Fabienne HASE / Nolan SEEGERT GER 4
5 GER TBA 1 / GER TBA 1 GER 4
6 Mari VARTMANN / Ruben BLOMMAERT GER 4
7 Amani FANCY / Christopher BOYADJI GBR 5
8 Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV RUS 6
9 Madeline AARON / Max SETTLAGE USA 7
10 Alexa SCIMECA / Chris KNIERIM USA 7

みなさああああああああああああああああああああああああああん!ドッズの季節がやってきましたよおおおおおおおおおおおおおおお!!!ドッズドッズドッズあっちにドッズこっちにドッズ。エブリウィークドッズ。ヴォロトラが予告通りのネーベルホルン杯エントリー。コフトゥンが出てくれてたらマックスとマックスとマックスとマックスがネーベルホルンでそろったのに。新しく組んだマリブロもエントリー。ドイツはサフマソのTBAなんでしょうね・・・・・無理なんでしょうね・・・はあ。

アイスダンス
1 Lauren COLLINS / Shane FIRUS CAN 1
2 Alexandra PAUL / Mitchell ISLAM CAN 1
3 Lorenza ALESSANDRINI / Pierre SOUQUET FRA 2
4 Kavita LORENZ / Panagiotis POLIZOAKIS GER 3
5 Katharina MÜLLER / Tim DIECK GER 3
6 Jennifer URBAN / Sevan LERCHE GER 3
7 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE ITA 4
8 Natalia KALISZEK / Maksim SPODIREV POL 5
9 Katarina PAICE / Yuri EREMENKO SUI 6
10 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR TUR 7
11 Anastasia CANNUSCIO / Colin MCMANUS USA 8
12 Madison CHOCK / Evan BATES USA 8

ジガガジがいなくて寂しい。でもドイツが3組も派遣している。ドイツのポリゾアキスは最近ジョニーの元旦那と・・・・・なお方だ。それで覚えた人だ。フィルスの弟が派遣されました。カナダは国際大会の派遣が渋くて、普通ならこの辺りの選手は派遣されないはずなのに。カナダ病気なのかもしれない。カペラノとチョクベイ何気にどっちが勝つかってシーズンを占う上で大切。

オンドレイネペラトロフィー、フィンランディア杯はすでにプリミナリーエントリーは締め切られたので来週辺りに出ますかね?

以上ドッズをお伝えしました。
Comment:0
2015
08.25

JGP5戦目エントリー

http://www.isuresults.com/events/fsevent00051636.htm

コペルニクススターズとかいうオシャレな大会名。トルンはコペルニクスの出身地らしい。折り返し後1週間空いての5戦目なので入れ替えはあるでしょうが。

男子
1 Anton KARPUK BLR 1
2 Roman SADOVSKY CAN 2
3 Jiri BELOHRADSKY CZE 3
4 Jegor ZELENJAK EST 4
5 Roman GALAY FIN 5
6 Adrien TESSON FRA 6
7 Irakli MAYSURADZE GEO 7
8 Thomas STOLL GER 8
9 Graham NEWBERRY GBR 9
10 Wayne Wing Yin CHUNG HKG 10
11 Adrien BANNISTER ITA 11
12 Koshiro SHIMADA JPN 12
13 Sota YAMAMOTO JPN 12
14 Deniss VASILJEVS LAT 13
15 Sondre ODDVOLL BOE NOR 14
16 Ryszard GURTLER POL 15
17 Sebastian SZYMLOWSKI POL 15
18 Michal WOZNIAK POL 15
19 Petr GUMENNIK RUS 16
20 Vladislav TARASENKO RUS 16
21 Marco KLEPOCH SVK 17
22 Matthew SAMUELS RSA 18
23 Mikhail MEDUNITSA UKR 19
24 Tomoki HIWATASHI USA 20
25 Alexei KRASNOZHON USA 20

サドフスキーが2戦目になります。山本も2戦目になります。ヴァシリエフスも3戦目になります。あー誰かファイナル落ちになる可能性が高くなるのは嫌だなあ。イラクリはこの5戦と6戦で連戦の予定です。2試合連続でダビダビの可能性が・・・?ぐぱぐぱしてください。イラクリは昨シーズンとても小さかったですけど、どれぐらい伸びているでしょう。伸びてて欲しいなー。タラセンコはここが1戦目。1シーズン1戦・・・・・2戦目もらえるようになって欲しい。ラズーキン・・・・・未だ出ず。

女子
1 Daria BATURA BLR 1
2 Polina USTINOVA CYP 2
3 Anna DUSKOVA CZE 3
4 Vanessa SEVIDOVA DEN 4
5 Natalja GORDEEVA EST 5
6 Viveca LINDFORS FIN 6
7 Lea SERNA FRA 7
8 Nicole SCHOTT GER 8
9 Danielle HARRISON GBR 9
10 Maisy Hiu Ching MA HKG 10
11 Thuridur Bjorg BJORGVINSDOTTIR ISL 11
12 Guia Maria TAGLIAPIETRA ITA 12
13 Rin NITAYA JPN 13
14 Kaori SAKAMOTO JPN 13
15 Aiza MAMBEKOVA KAZ 14
16 Aleksandra NESTEROVA KGZ 15
17 Diana NIKITINA LAT 16
18 Elzbieta KROPA LTU 17
19 Amirah Azfariena AZHARI MAS 18
20 Kyarha VAN TIEL NED 19
21 Madeleine LINDHOLM TORGERSEN NOR 20
22 Elzbieta GABRYSZAK POL 21
23 Colette Coco KAMINSKI POL 21
24 Agnieszka REJMENT POL 21
25 Song Joo CHEA KOR 22
26 Na Hyun KIM KOR 22
27 Zselyke KENEZ ROU 23
28 Serafima SAKHANOVICH RUS 24
29 Polina TSURSKAYA RUS 24
30 Bronislava DOBIASOVA SVK 25
31 Michaela DU TOIT RSA 26
32 Thita LAMSAM THA 27
33 Anastasia GOZHVA UKR 28
34 Amber GLENN USA 29
35 Olivia SERAFINI USA 29
36 Kamila ABDULAJANOVA UZB 30

サハノヴィッチとツルスカヤ。地獄かな?他選手には地獄だね?坂本は2戦目が初戦なのでぜひそこで優勝してもらってファイナルを堅くしてほしい。アメリかはグレンとセラフィニ。セラフィニは全米の映像を見ましたが、助走が長くてタイミングでジャンプを降りているような感じでした。体系変化如何ではどうなるでしょうか。

ペア
1 Bryn HOFFMAN / Bryce CHUDAK CAN 1
2 Hope MCLEAN / Trennt MICHAUD CAN 1
3 Minori YUGE / Jannis BRONISEFSKI GER 2
4 Harriet BEATSON / Jack NEWBERRY GBR 3
5 Irma CALDARA / Edoardo CAPUTO ITA 4
6 Amina ATAKHANOVA / Ilia SPIRIDONOV RUS 5
7 Ekaterina BORISOVA / Dmitry SOPOT RUS 5
8 Anastasia GUBANOVA / Alexei SINTSOV RUS 5
9 Anastasia POBIZHENKO / Dmytro SHARPAR UKR 6
10 Jessica LEE / Brandon KOZLOWSKI USA 7
11 Chelsea LIU / Brian JOHNSON USA 7

ニューベリー家の兄ジャックさんがペアをやるのか。ほお・・・・・・・・へえ・・・。

アイスダンス
1 Kristsina KAUNATSKAIA / Yan LUKOUSKI BLR 1
2 Melinda MENG / Andrew MENG CAN 2
3 Hannah WHITLEY / Elliott GRAHAM CAN 2
4 Viktoria SEMENJUK / Artur GRUZDEV EST 3
5 Angelique ABACHKINA / Louis THAURON FRA 4
6 Sandrine HOFSTETTER / Benjamin STEFFAN GER 5
7 Lilah FEAR / Jacob PAYNE GBR 6
8 Sara GHISLANDI / Giona Terzo ORTENZI ITA 7
9 Nataliya ALEKSANDROVA / Ricards EVELINS LAT 8
10 Jogaile ZILIONYTE / Luca MORINI LTU 9
11 Alexandra BORISOVA / Cezary ZAWADZKI POL 10
12 Jenna HERTENSTEIN / Damian BINKOWSKI POL 10
13 Anastasia POLIBINA / Radoslaw BARSZCZAK POL 10
14 Betina POPOVA / Yuri VLASENKO RUS 11
15 Anastasia SKOPTCOVA / Kirill ALESHIN RUS 11
16 Ksenia DUBIVKA / Vadym KRAVTSOV UKR 12
17 Anzhelika YURCHENKO / Volodymyr BYELIKOV UKR 12
18 Chloe LEWIS / Logan BYE USA 13
19 Rachel PARSONS / Michael PARSONS USA 13

パーソンズは2戦目はポポブラとあたることに。ハードなところに入ってしまうけれどここで勝てたら世界ジュニアチャンピオンに近づけると思います。そうなるとおもしろくなりますね。ウクライナの補欠のところにダリア・ポポワさんとダリア・ポポワさんがいる。ダリア・ポポワさん多い。
Comment:0
2015
08.22

JGP J&Tバンカ 3日目 アイスダンスリザルト・男子リザルト

アイスダンスFD
1 Rachel PARSONS / Michael PARSONS(アメリカ)90.40 PB
2 Alla LOBODA / Pavel DROZD(ロシア)86.90 PB
3 Sofia SHEVCHENKO / Igor EREMENKO(ロシア)80.80 PB
4 Julia BIECHLER / Damian DODGE(アメリカ)77.48 PB
5 Ho Jung LEE / Richard Kang In KAM(韓国)76.16 PB
6 Nicole KUZMICH / Alexandr SINICYN(チェコ)75.56 PB
7 Audrey CROTEAU-VILLENEUVE / Jeff HOUGH(カナダ)73.92
8 Adelina GALAYAVIEVA / Laurent ABECASSIS(フランス)67.74 PB
9 Maria GOLUBTSOVA / Kirill BELOBROV(ウクライナ)63.32 PB
10 Valerie TAILLEFER / Jason CHAN(カナダ)61.52 PB
11 Anastasia TKACHEVA / Vadim DAVIDOVICH(ベラルーシ)60.70 PB
12 Olga GIGLAVA / Aleksandr SIROSHTAN(ウクライナ)58.40 PB
13 Guoste DAMULEVICIUTE / Deividas KIZALA(リトアニア)55.30 PB
14 Kimberly WEI / Illias FOURATI(ハンガリー)51.52 PB
15 Yana BOZHILOVA / Kaloyan GEORGIEV(ブルガリア)45.68 PB

アイスダンスリザルト
1 Rachel PARSONS / Michael PARSONS(アメリカ)149.42 PB
2 Alla LOBODA / Pavel DROZD(ロシア)147.38 PB
3 Sofia SHEVCHENKO / Igor EREMENKO(ロシア)138.84 PB
4 Ho Jung LEE / Richard Kang In KAM(韓国)129.28 PB
5 Julia BIECHLER / Damian DODGE(アメリカ)129.00 PB
6 Audrey CROTEAU-VILLENEUVE / Jeff HOUGH(カナダ)123.16 PB
7 Nicole KUZMICH / Alexandr SINICYN(チェコ)122.82 PB
8 Adelina GALAYAVIEVA / Laurent ABECASSIS(フランス)113.62 PB
9 Valerie TAILLEFER / Jason CHAN(カナダ)109.78 PB
10 Maria GOLUBTSOVA / Kirill BELOBROV(ウクライナ)107.22 PB
11 Anastasia TKACHEVA / Vadim DAVIDOVICH(ベラルーシ)99.34 PB
12 Olga GIGLAVA / Aleksandr SIROSHTAN(ウクライナ)97.24 PB
13 Kimberly WEI / Illias FOURATI(ハンガリー)88.80 PB
14 Guoste DAMULEVICIUTE / Deividas KIZALA(リトアニア)86.62 PB
15 Yana BOZHILOVA / Kaloyan GEORGIEV(ブルガリア)69.34 PB

ゴルブツォワ&ベロブロフ
なぜかスーパーマリオ。両方マリオ。ドレスの柄がおかしい。面進んで水の中のシーンに入って、土管に潜ってゴールしました。技術的なとこうんぬんよりも笑ってしまう。

フランスのプリティウーマンさんの衣装ザ・センターマン。

オードレーさん&ジェフさん
キャロジョンも滑ったLa chanson dees vieux amantsっていうやつです。ツバメさんリスペクトが入っているのか男性が最後の方でフラついていました。うんうん、この曲を滑るにふさわしいですね。

パーソンズ
タンゴのプログラムでした。メジャー曲をやると見ている方が感情移入しすぎて兄妹でやることに疑問を覚えてしまいますが、使われない曲なのでさらっと見られるといいますか、やらしすぎないというか。兄の方が表現をがんばっていたように見えました。ローテーショナルリフトを降ろしてそのままストップする振付があるのですが、そこはもう少しやりようというか工夫ができそうな気がします。フリーレッグ揃っていたのがよかった。PCSがインフレを。前のグループでも各項目0.5点ずつぐらい高かった気がする。

シェフチェンコ&エレメンコ
ピンクパンサータンゴバージョン?謎い。男の子の衣装は作成途中に衣装屋が死んだんじゃないかっていうカットのされ方。表現力があるカップルでステップの表情とかよかったと思います。女子のロンド・カプリチオーソ、ダンスのピンクパンサー。今シーズンは早々に課題曲をクリア。

ジュリアさん&デイミアンさん
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおボヘミアンラプソディーいつものヴァイオリン音源きたああああああああああああああああ!サーキュラーステップの音に合わせた足クイクイッがよかった。ローテーショナルリフトで女性がスプリットになるごくごく普通のポジションなんですけど、上げ方が自然でよかった。デイミアンさんには60年代の音楽が合いそう。お顔が60年代。

韓国組
マートンはイージーリスニングだから。タンゴアモーレのテンポを遅くして使っていました。この曲のいいところである疾走感を殺すという。そしてタンゴデロスエクシラドス。まだまだ組んで浅い&転向から間もないということで滑りやすくリズムも取りやすい選曲にしたんでしょうね。トランジションもシンプルな感じでした。

ロボドロ
ピンクのドレスと燕尾で素敵に演じてくれるのかと思っていました。でもよく見たら男性はタイをせずに胸元パッカーン。そしてマートンの音楽になる。急に暴れ出す、理解できずに困惑するという。構成は難しいものをやろうとしているけど滑り込み不足なのか、2人の動きがちぐはぐで振付として成立しているようには見えなかったです。

ジュニアマートン多すぎる。

パーソンズはジュニア5シーズン目でついに初優勝です。今日の内容ではこの結果は当然と言えましょう。ロボドロは次がありますから全然大丈夫です。

男子LP
1 Roman SADOVSKY(カナダ)135.23 PB
2 Vincent ZHOU(アメリカ)132.78 PB
3 Denis MARGALIK(アルゼンチン)127.89
4 Koshiro SHIMADA(日本)122.12 PB
5 Daniil BERNADINER(ロシア)118.59 PB
6 Alexander SAMARIN(ロシア)118.38
7 Daichi MIYATA(日本)112.01 PB
8 Ivan PAVLOV(ウクライナ)108.92
9 Kevin SHUM(アメリカ)104.80
10 Geon Hyeong AN(韓国)96.96 PB
11 Petr KOTLARIK(チェコ)95.33
12 Alessandro FADINI(イタリア)86.65 PB
13 Marco KLEPOCH(スロバキア)79.38 PB
14 Luc MAIERHOFER(オーストリア)79.12 PB
15 Alexander MASZLJANKO(ハンガリー)77.02
16 Nurullah SAHAKA(スイス)76.17 PB
17 Graham NEWBERRY(イギリス)75.15
18 Jakub KRSNAK(スロバキア)71.72

男子リザルト
1 Roman SADOVSKY(カナダ)203.72 PB
2 Vincent ZHOU(アメリカ)200.85 PB
3 Denis MARGALIK(アルゼンチン)191.72
4 Alexander SAMARIN(ロシア)186.25
5 Daniil BERNADINER(ロシア)175.75 PB
6 Daichi MIYATA(日本)171.90 PB
7 Koshiro SHIMADA(日本)169.89 PB
8 Ivan PAVLOV(ウクライナ)165.83
9 Kevin SHUM(アメリカ)163.54
10 Petr KOTLARIK(チェコ)144.40
11 Geon Hyeong AN(韓国)142.92 PB
12 Alessandro FADINI(イタリア)136.05 PB
13 Graham NEWBERRY(イギリス)129.29
14 Marco KLEPOCH(スロバキア)125.09 PB
15 Nurullah SAHAKA(スイス)122.63 PB
16 Luc MAIERHOFER(オーストリア)114.65 PB
17 Alexander MASZLJANKO(ハンガリー)107.84
18 Jakub KRSNAK(スロバキア)107.67

ニューベリー
3A fall 2Lz ot-3T so 3Lo hd-2T-2Lo df 3F fall 3Lz fall 3Lo fall 3S 2A df
大いなる勘違いをしている布感たっぷりの鎧のラストサムライ。ジャンプ跳び上がった瞬間に軸が消滅する。大遭難。

パブロフ
1A 3Lz-3T 3S 3Lo 3F 3Lz-1Lo-2S 2A-2T 2A
冒頭の3A以外と3連の最後の3Sがダブルになった以外クリーンに入りました。ジャンプにそれほど高さがあるタイプではないので、3Aを安定して入れられるようになるまでは時間がかかるかもですね。滑りが端正で美しい。天使と悪魔で、悪魔を演じていると思うんですけど絶対天使の方だろ!って演技でした。

ベルナディネル
3S 3F 3Lz 2A 3Lz-3T 3Lo-2T-2T 3Lo 2A-2Lo shaky
雷や小鳥のさえずり入り四季。ロシア人は変な四季が大好き。ジャンプはほぼ全て成功。コレオシークエンスのような疾走感のあるステップが印象に残りました。でも本当にコレオシークエンスっぽかったのでちゃんとターン取ってもらえるのか心配になりました。衣装の感じも結構好き。SPの無個性な感じよりいいと思いました。

島田
3Lz-3T 2A 3Lo 3F 2A-2T-2Lo 3Lz 3S 3T-2T
子供であることを最大限に生かした世界中の女性の母性を刺激しそうなあざとさを秘めたかわいいチャップリン。SPの失敗からカムバックしてきました。手の振付もとってもいいし、本当に今日は何も言うことはないですね。5点台後半まで伸びました。よかったよかった。点数見て「あたしの給料低すぎっ?」ぐらい驚いてる。

サドフスキー
4S 2A 3Lo shaky 2A-3T 3Lz 3F 3Lz 3S-2T-2Lo shaky
3Aよりも先にクワドを成功させ族ですか。少しシェイキーなところもありましたけどジャンプがんばりました。淡白なロミオでした。やはり滑り込みはまだまだのようです。プログラムの展開が突発的だったのでシニアのプログラムの方がゆとりがありそう。

シャム
2A 3Lz-3T 3F 3Lo 3Lz to 1Lo 3S fall 2A-3T df
前半はいい調子でしたが後半スピードが落ちてしまってジャンプの勢いに繋げられなくなりました。SPのタンゴよりもこういう方が合ってます。前半の勢いのままいって欲しかった。

マルガリク
3A 3Lz-2T 2A-3T 3F-2T-2Lo 3Lz hd 3Lo 2A 3F
SPよりもきれいな3Aが入りました。男子で3本目のハンス・ジマー。新しいプログラムなので前半のジャンプが終わった辺りからは必死に音楽についていってジャンプを降りるという感じで表現はまだまだでした。

宮田
3Lz-2T 3F 3Lo so 2A-1Lo-2S 3Lz 3S 3F-1T 2A shaky
ジャンプはまとめました。トランジションの強弱のつけ方が上手でジャンプよりもそちらの方が個人的にはメインでした。ステップの真ん中らへんの大きく滑るところのスケールの大きさ、丁寧な表現はジュニア選手の中で滑っていると細やかさが光ります。衣装もいい。

サマリン
4T shaky 3A fall 3F 3S 1A 3Lz-3T 3Lz 2A+2A
パールハーバーで不思議な柄のシャツ。本日4本目のハンス・ジマー。天使と悪魔、ラストサムライ、グラディエーター。次から次へと。SPの演技の落ち着きのなさを考えれば今日はかなり落ち着いていました。ステップも衝動を抑えて滑っているような。思った以上にTESが出なかった。ランの多さが悪目立ちしている。

ヴィンセント
4S df 2A 3F 3Lz-1Lo-3S 2A 3Lo 3F-2T tano 3Lz tano-3T
アメリカでは期待のアジア人選手にゴッドファーザーを滑らせないといけない法令が発布されているのかな?4Sのジャンプ以外はきちんと入りました。役を演じきっていますね。今日の演技では後半3項目はサドフスキーより上が出るかと思ったんですけど意外とパリッと採点されてしまった。スケーティングがやはりサドフスキーの方が上ってところで差がついているのか。インタビューでの喋り口が30代みたい。

優勝はサドフスキーでした。昨シーズンも初戦は優勝でした。ヴィンセント2番十分にいい結果です。マルガリクはアルゼンチンにまたひとつ歴史を作りました。

ヴィンセントもサドフスキーも4Sはアンダーローテーション、サマリンの4Tはダウングレードでした。サマリンはレベル獲得の方もよろしくなかったです。

1戦目終えて単純に物事は進まないと改めて思わされました。本命が優勝するとは限らない。だからこそ試合をする意味があります。また来週が楽しみになります。来週はポポブラが出るから来週までは生きよう。ラトビアの時差は6時間。夕方から始まりますよー。
Comment:8
2015
08.22

JGP J&Tバンカ 2日目 男子SP・女子リザルト

USクラシックのエントリー締め切りが14日。どうして出ないエントリー。

男子SP
1 Roman SADOVSKY(カナダ)68.49 PB
2 Vincent ZHOU(アメリカ)68.07 PB
3 Alexander SAMARIN(ロシア)67.87
4 Denis MARGALIK(アルゼンチン)63.83 PB
5 Daichi MIYATA(日本)59.89 PB
6 Kevin SHUM(アメリカ)58.74
7 Daniil BERNADINER(ロシア)57.16 PB
8 Ivan PAVLOV(ウクライナ)56.91
9 Graham NEWBERRY(イギリス)54.14
10 Alessandro FADINI(イタリア)49.40 PB
11 Petr KOTLARIK(チェコ)49.07
12 Koshiro SHIMADA(日本)47.77 PB
13 Nurullah SAHAKA(スイス)46.46 PB
14 Geon Hyeong AN(韓国)45.96 PB
15 Marco KLEPOCH(スロバキア)45.71
16 Jakub KRSNAK(スロバキア)35.95
17 Luc MAIERHOFER(オーストリア)35.53 PB
18 Alexander MASZLJANKO(ハンガリー)33.42 PB

オーストリアくんの衣装がなんですの変なマンボとアニメ曲の紫ジャケットと同じ。曲も後半は多分同じ。

島田
3Lz ot-3T fall 2F 2A
マートントスカ。フィギュアスケーターにとってマートンはイージーリスニングみたいなものなんですね。この音源だと自然にボブソロのメンヘラFDが流れるのでメンヘラ度合いが足りないって思えてきます。ジャンプはよくなかったですけど、勢いがあって決っして悪くはなかったです。4点台は辛いかな?でも2番滑走で実績なしだからカバーする要素がないか。

ベルナディネル
2A 3Lz-3T 3F so
名前の読み方をずっと覚えられないベルナディネルさん。すごく伸びやかに清潔感のあるラプソディーを滑ってくれました。スピンの最後のポジションはシットスピンの失敗?

マルガリク
3A 3Lz-3T df 3F
3A降りたああああああああああああついにいいいいいいいいい!!!からの3Lzきれいに降りられなくて3Tがダウングレードで両足に。プログラムは昨シーズンと同じお嬢さんとならず者でした。ミニマム足りた!!!!!!!!!!!!!これが3Aの威力!!!

ヴィンセント
2A 3F 3Lz tano-3T
タミーさんのチームにいたのにいつの間にかザクライチェクのところに移っていた。すごい子供のイメージだったのにいつの間にか身長が伸びて普通の子供に成長し、演技も年相応でした。なぜ七三分けなんだ。クリスマスプレゼントにマンションもらって喜んでる中国のお金持ちの子供のようだ。

サドフスキー
2A 3F 3Lz-3T shaky
3Tのセカンドが惜しかったですが非常にいい滑りでした。洗練された動きをしていました。脚が長くてフリーレッグもきれいに決まるからジュニアの中でも目立ちます。顔が次第にELTのもっちーからいっくんに変わってきた。一人ELT。

シャム
2A 3Lz-3T 3F
ボストンチームの生徒だからか品が良すぎてブエノスアイレスの冬感はなかったです。映画のサントラの壮大な感じのを当てた方が点数がもらえそう。でもきっと矯正ギプス的なものなのでしょう。

スロバキアのヤクブ・クルシュニャクさんの衣装がジェレミー・アボットさんのスウィングの衣装の丸パク・・・リスペクト?

宮田
3Lz-2T 2A 3F
ピアノ弾いてから指揮したシンドラーのリスト。謎解釈だ。ジャンプはまとめました。スピンがんばれ。癖のない演技で曲の美しさにぴったりでした。

パブロフ
2A 2Lz-3T 3F ot
髪型は植木屋のおっさんみたいだけど、フランス語ボーカルに合わせた若々しい表現は魅力的でした。ホップするときに体が軽くポーンと動くから、ボーカル効きすぎなところを軽減してくれたかも。スピン上手だと思うのでもっともっと丁寧にやって欲しいです。

サマリン
3A 3Lz-2T 3F shaky
足元が急ぎすぎて上半身がついて行っていないです。ステップは全部そうだし、3Fの前のステップも自然な流れを作っているのにせかせかとして軸がおかしなことに。落ち着いて!!!!!!!!!!!髪型は今の方がいいや。

ニューベリー
3A fall 3Lz-3T 3F
ジュベールの衣装パクったSPでした。ジャンプおしかった。3Fはとてもフリップを跳ぶとは思えないタイミングで踏み切りました。表現力は物足りないのに体はキレキレで、めちゃ動くところが昔のジュベールみたいでおもしろかったです。

宮田がヴィンセントよりもPCSが高いです。これはLPを滑るときもいい材料になりそう。ヴィンセントのノービス時代からの成長曲線の上での演技を想像していたので、本当にアメリカによくいそうな普通の選手だなあという印象で収まった自分に対して腑に落ちない。怪我からの復帰だしなってことで。

女子LP
1 Polina TSURSKAYA(ロシア)123.42 PB
2 Mai MIHARA(日本)118.55 PB
3 Vivian LE(アメリカ)114.85 PB
4 Rin NITAYA(日本)103.16 PB
5 Emily CHAN(アメリカ)89.28 PB
6 Valeriya MIKHAILOVA(ロシア)87.88 PB
7 Lucrezia GENNARO(イタリア)86.17 PB
8 So Hyun AN(韓国)85.78 PB
9 Hee Soo CHO(韓国)80.61 PB
10 Kim CHEREMSKY(ウクライナ)78.92 PB
11 Nicole SCHOTT(ドイツ)77.17
12 Marina POPOV(フランス)71.34 PB
13 Shaline RUEGGER(スイス)68.23 PB
14 Alexandra HAGAROVA(スロバキア)67.85 PB
15 Shuran YU(シンガポール)65.29
16 Fruzsina MEDGYESI(ハンガリー)60.99 PB
17 Kristen SPOURS(イギリス)60.93 PB
18 Natalie KLOTZ(オーストリア)60.53 PB
19 Aleksandra BUTKO(ラトビア)58.47 PB
20 Amanda STAN(ルーマニア)55.86 PB
21 Elzbieta KROPA(リトアニア)54.68 PB
22 Emma JANG(中華民国)53.06 PB
23 Anna GORDIENKO(モルドバ)52.57 PB
24 Nina LETENAYOVA(スロバキア)50.40 PB
25 Jana COUFALOVA(チェコ)48.72
26 Malika SHARSHENBAEVA(キルギス)48.08 PB
27 Zhansaya ADYKHANOVA(カザフスタン)45.44 PB
28 Cindy Yu XIA(ノルウェー)41.94 PB
29 Shokhsanam TOKHIROVA(ウズベキスタン)40.27 PB
30 Louwee SHIBATA(フィリピン)36.09 PB

女子リザルト
1 Polina TSURSKAYA(ロシア)189.50 PB
2 Mai MIHARA(日本)179.36 PB
3 Vivian LE(アメリカ)176.30 PB
4 Rin NITAYA(日本)150.35
5 Valeriya MIKHAILOVA(ロシア)141.32 PB
6 Emily CHAN(アメリカ)138.88 PB
7 Lucrezia GENNARO(イタリア)129.47 PB
8 So Hyun AN(韓国)126.07 PB
9 Kim CHEREMSKY(ウクライナ)124.45 PB
10 Hee Soo CHO(韓国)124.24 PB
11 Nicole SCHOTT(ドイツ)115.56
12 Marina POPOV(フランス)109.39 PB
13 Shaline RUEGGER(スイス)108.29 PB
14 Alexandra HAGAROVA(スロバキア)105.65 PB
15 Shuran YU(シンガポール)102.07
16 Fruzsina MEDGYESI(ハンガリー)99.45 PB
17 Aleksandra BUTKO(ラトビア)96.73 PB
18 Elzbieta KROPA(リトアニア)92.11 PB
19 Natalie KLOTZ(オーストリア)90.08 PB
20 Amanda STAN(ルーマニア)89.11 PB
21 Kristen SPOURS(イギリス)89.06 PB
22 Nina LETENAYOVA(スロバキア)85.23 PB
23 Emma JANG(中華民国)84.96 PB
24 Jana COUFALOVA(チェコ)84.37
25 Anna GORDIENKO(モルドバ)83.43 PB
26 Zhansaya ADYKHANOVA(カザフスタン)75.29 PB
27 Malika SHARSHENBAEVA(キルギス)74.81 PB
28 Cindy Yu XIA(ノルウェー)70.76 PB
29 Shokhsanam TOKHIROVA(ウズベキスタン)61.42 PB
30 Louwee SHIBATA(フィリピン)54.49 PB
WD Presiyana DIMITROVA(ブルガリア)
WD Miroslava MAGULOVA(スロバキア)

ミハイロワ
3Lz-3T 3Lo 2A-1Lo-3S 3F-2T 3Lz fall 3S fall 2A
アイスクイーンなのに緑色の衣装なのか。そしてなぜか中東系の振付が施されている。ここまで曲名と衣装と振付がバラバラなのも見たことがない気がするけど、僕には理解できない崇高なテーマが・・・。今回は回転不足が男子もそうだけど結構厳しめに見えます。ちょっと危ないぐらいならアンダーローテーションになって、アンダーローテーションだ!ってやつはダウングレードになる感じ。ガム食っててグパグパしてくれないダビダビ。

新田谷
3Lz-2T-2Lo 3F 3S fall 3Lo 1Lz 2A-3T 2A-3T
スタート位置に立ってから音鳴らすのはやっ。2A-3Tを2本後半に入れて点数の取れる構成にしています。そこはしっかりと点数をもらえました。3Sはタノにしたのにもったいなかった。PCSの評価がSPから微妙でしたがなんでしょうね。腕の使い方きれいでステップのときも目を引いたんですけど、メリハリがないのかなあと。だから中盤あたりからレイバックスピンの前までぬぬぬーと進んで、いきなりレイバックスピンで盛り上がってナイフで刺すという。黄緑衣装いいね。

エミリーちゃん
3F-3T fall 1F 3Lo fall 3S 1S 1A-2T-2Lo 2A-2T
安藤さんのミッションの型にリプニツカヤの愛はまごころのグラデーション足したみたいな衣装。そしてマートンのこの謎ショパン。リズムがはっきりしているから滑りやすいんだなー。彼女にそのまま原曲の遺作あてても、キビキビしすぎで違和感を覚えそう。コンビネーションスピンきれいでした。髪の色は20世紀末の日本の女の子みたいだ。ヴィヴィアンとコーチ同じだからキスクラで一人ぼっち。

ヴィヴィアン
3Lz tano-3T 3Lo fall 2A-3T 3Lz 3F 2Lz 2A-2T-2Lo
山にかかる雲を表現したプログラムっぽい?澄み渡るような青空を見せたかと思えば、吹雪で山肌を白く染める黒い雲が立ち込めるような。たぶんきっとそんな感じ。SPよりこのプログラムの方が数段よかった。こういう情景浮かぶ系プログラム大好きなので。フライングシットのフライングがめちゃきれいでした。高いというよりもきれい。ぶれない。僕なら+2あげちゃう!ルッツはタノなのかタノじゃないのか分からないぐらい一瞬手を上げていました。てかてかてかルッツ3回のプログラムなんですね。3Sが嫌いなんだきっと。衣装に描いてあるのはシソかと思いました。

三原
3Lz-3T 3F 2A-2T-2Lo 3Lo 3Lz 2A-3T 3S
3Fにアテンションがついて少しマイナスをもらった以外は0すらほとんどないプロトコルでした。ジャンプはしっかりと回っています。3Loの後のスローパートの表現はやっぱり好きだなーいいなー上手になってるなー。後半もっと振り切ってくれたらもっとPCSがもらえるようになりそう。SPから喜び方が素直でよろしいな。

ツルスカヤ
3Lz-3T-2T 3Lz-3T 3F-2T 2A 2A 3Lo 3S
ツイズルから入るコンビネーションスピン脚が長くて制御しきれてない。ウィンドミル迫力が半端ない。ステップの最後の脚上げたとこの殺傷力高そう。3Lz-3Tを2本という点数としては全く旨みのない構成いいよいいよー。2A苦手族かというとそういうわけでもなさそう。2Aの後のバレエジャンプでけえ。SPよりこれぐらいゴリゴリに凄みのある音楽の方が彼女の演技スタイルにもルックスにも合います。シニアの選手がチェス滑るよりもハマってるしスケールがあります。あ、それとこれすごい大事なんですけどエテリチームなのに編曲まともですよ。こちらにはエテリは関わってないのか?グレイケンガウスって元バリさんだかの友達の人ですね。最近振付の仕事増えてきたなあ。

無題

お兄さんたちの超普段着にじわじわ。


ヴィヴィアン・リーさんインタビュー「最初に跳んだダブルはサルコウ、トリプルはトゥループ。コーチは私が落ち込んでるときもモチベーションを上げてくれる。将来的にはもっとスピードを出したいし、曲の解釈も深めたい。3Aやクワドも降りたい」とのこと。テッドは「もうスピードあるで!」と。

エミリーちゃんインタビュー「ジャンプより表現の方が好きで強みとも言えるかな。プログラムの中でジャンプを降りられるようにするのが改善したいところ。アメリカチームはサポートが大きくて家族みたい。好きなスケーターは(アメリカ以外だと・・・?カナダだと・・・?)ジョアニー・ロシェット」だそう。

自分で言うのもなんだけど朝起きて感想書いた方が文章まとも。SPの感想中身がない。
Comment:4
back-to-top