2015
03.31

高橋成美&木原龍一 解散

高橋成美木原龍一は国別対抗戦には出場せず、ペアを解散することになりました。今回は木原の方から解散の話を出したとのことです。この2人のペアが解散してしまうのは残念ではありますが、2人とも新たなパートナーを探すそうなので、数ヵ月後かはたまた1、2年後かは分かりませんが、いいニュースが聞ける日を楽しみにしています。正直合わないかな・・・と思うところはありましたので、驚きはしませんでした。女性は経験があってペアのスキルも高いですし、身長もあまりないのでいい選手がでてきてくれることを願います。男性は日本人としては長身ですから、女子シングルから転向してくれる選手がいればいいですね。古賀オデがいますし、すみれちゃんもスウェーデンの男の子と新たにペアを組んだそうなので、日本のペア界が盛り上がっていけば嬉しい。

女性のソロジャンプばかりが責められている風潮を感じるのですが、これはペアなんです。点数のウェイトを占めるのはリフト、そしてスローとツイスト、その次がソロジャンプです。高トラ時代あれだけ躍進したのはペアのエレメンツとスケーティング、トランジションが上位に見劣りしなかったからです。ペアはソロジャンプだけじゃない。相性がありますから、片方がダメだと思ってしまったら、それは仕方ないことです。

今シーズンはベルホタがいなくなって、お手本がいない中での練習は難しかったことでしょう。新しいパートナーを見つけたら、アメリカなりカナダなり、他のペアがいる環境で練習を積んでもらいたいな、とそう思います。2人の未来に幸あれー。
Comment:8
2015
03.29

世界選手権 5日目 エキシビション

珍しくエキシビションの感想でも書こう。

アモディオ
今シーズン大流行のSay somethingでした。ブラジルのヘリコプター墜落で亡くなった方々への思いを込めているのでしょうか。アモディオはダンス系よりもしっとり系の方が合うと思うので、競技でも"トランジションの入った"しっとりをお願いしたい。

ラジオノワ
変なショパンのやつ。エテリチームじゃないからと言って、変な曲からは逃れることなどできない。あのもう一つの変なやつのホイットニー・ヒューストンプロは、あれで合ってるらしくで驚いた。ゴーストってそんなクレイジー映画なのか。

ワンリュウ
こちらも今シーズン大流行のジョン・レジェンドのAll of meです。競技用じゃないのにズカチャカズカチャカとビートを加える競技仕様。これは「エキシも競技と同じぐらい気合入れてるんだから!!!」ってことですか。

ニュエン
2シーズンぐらい滑っているプログラム。果敢に3Aをエキシビションに入れてきました。カナダ人なのにアクセルなんてエキシに入れなくていいんですよ。だってカナダだから。頭の中ではバンクーバーのエキシに出てた子供のままなのに、どんどん大きくなっちゃって。

ペンジャン
女美しいやろドヤーの高さのあるリフトをしているのに、その持ち上げてる男を見せなかったら高さの魅力が通じないだろ中国カメラ。ストクリよりもノートルダムパリのプログラムとしてはいいのかもしれん。

ゴールド
新しいプログラムにしました。テイラーでよかったのにビヨンセになってしまった。しかもしかもしっとり系ですよ。いかにもアメリカ人って感じ。しかも会場の照明星型ですよ、パーフェクトメリケン。プログラムは普通です。衣装は黒とピカピカなレインボー。

あたしアメリカ人

アメリカ人!

ウィバポジェ
恒例の彼シャツプログラム。エロいなーエロいなーエロいなーといううちにこのプログラムを頭を通り過ぎて行く。エロいのはダンスにとって必要なことなので、もっとエロくなってください。ケイトリン泣いてる。悔しかったのか?

彼シャツ


ハンヤン
ロンリーとペットボトルで思いつくことは僕は一つしかないんですよねー。部屋に引きこもってるってことでしょ?んでボトルってことでしょ?ボトラーですよね。これはボトラーのプログラム。部屋でひたすら自分の過去を嘆いているボトラーのプログラム。

川スミ
この会場のカルメンは自動的に手拍子が入る。中国のカルメン遺伝子なんなの。アクロバティックなのが多くてウケが非常によろしいです。

ジジュン
全く人生に絶望してなさそうな、夢やぶれて。ものすごく楽しそう。ひとまずLPよりはいいプログラムな気がする。

チョクベイ
エキシビションがクソつまらなくなるのはシュピルバンドの元に移る宿命とはいえ、こう何シーズンもつまらないと何とも言えない気持ちに。もっとイロモノを滑ってください。ベイツさん髪伸びたなー。

テンくん
テンくんのジャケット後ろから見ても前に見えるし、前から見ても前に見える。普通曲でも振付モリモリしているテンくんさん。LPでの動きしてるかもしれないけど、見ごたえあるテンくんさん。トップと中堅の表現を分けるのが普通曲の表現だよなー。

スイハン
意味が分からないけど楽しいからそれでいいじゃんプログラム。しっとりプロが多い中でやってくれると助かる。このプログラムも見納めかー来シーズンも甘えることなくイロモノをお願いしますね。

踏まれるゾンビ

踏まれるゾンビ

チンクワンタがIOCにシンクロをオリンピックの正式種目に提案するらしい。まともな仕事をするチンクワンタなんて本当に珍しい。そんなこんなで出てきたチームユニーク。

ジークァンは西野に似てるなー。

ボーヤン
4Lzをエキシビションで挑んでくるという。転倒したけど回転速度がイカつい。4Lz fall 3A fall 4T fallかーこれ来シーズンやってきたらすごいな。

ボーヤン

はにかみ

ブラウン
エキシビションとは思えない気合の入り方。コットンアイジョーでエキシだったら普通はカウボーイの格好して適当に腰回してるのに。農家の末っ子長男みたいな雰囲気で、非常に楽しいプログラム。フィニッシュは椅子に遊ばれたな。

ヴァネシプ
本日2度目のビヨンセ。しっとりプロ反対派ではあるものの、ヴァネシプはワチャワチャ系プログラムが多いし、競技プロもドラマティックだったりが多いので新鮮でいいかもしれない。シプレの動きのこなれてないところも面白いし。シプレは後姿がつくしみたいだ。しっとりでも頭乗せてクルクルするやつはやるんだ。

アシュリー
ロミジュリの最初の方の朱色の衣装での演技。Fifty shades of greyの曲なんですね。これもまた非常に北米な感じだったけれど、演技始める前の笑顔がとっても可愛かったからいいです。

かわいこちゃん


イリジガ
ロシア人大好きジュテエエエエエエエエエエエムのプログラム。またリフト失敗しちゃったけど、やはり重み的な問題なのだろうか?ジガンシンも体分厚くして持ち上げられるようになってね。

ミーシャ
おまたにベロのあるサルエルパンツのエキシビションにはサヨナラして、ブルーノ・マーズになりました。演技の途中でイリニフの乱入もございました。ジュテエエエエエエエムの10倍ぐらいイキイキしてるエレーナ・イリニフさん。自分らもこういうの滑ればいいのよ。

シメクニ
はいはい、しっとりプロでもシメカさんギラギラしてるんでしょ?と思ってたのに妙にしおらしいじゃないか。おい!これを競技で、競技でどんどん出してこんか!!!LPのコレオシークエンスと同じ動きしても、断然こちらの方が素敵だ。あのボケーっとしたような邦衛さんだって包容力があるし。来シーズンは思いっきりスウィートなプログラムにしよう。

宮原
アモディオでもなくミーシャでもなく衣装をはぎとったのは宮原大先生でした。いつもエキシビションで滑っているしっとり系よりも僕はこちらの方が好きです。恥ずかしがらずに演技できていたと思います。

カペラノ
ズエワにコーチを変更したからエキシまでつまらなくなったのか、それとも振付にズエワが関わっていないのにも関わらずつまらないのか本当に分からない。ダンス勢の中ではエキシビションが楽しい数少ないカップルだったのに。

羽生
羽生はどうしても3Lzをやっつけたいのか。でもこの演技では成功しませんでした。ここのところ過去プロ焼き直しが非常に多かったので、エキシビションプログラムを滑ってくれるだけでありがたい。LPよりも元気そうに滑っていたのは、プレッシャーないからか。羽生結弦電光パネルすげえ。このためだけに作ったのか。

パントン
世界チャンピオン経験者タイムの最後を飾るのは地元のパントン。ジジュンよりさらに夢がやぶれなそうな夢やぶれて。一言、ごちそうさまでした。

新しいチャンピオン

リーザ
横乳のはみ出そうなタンゴをようやく止めてくれて安心したけど、露骨に谷間を見せるような衣装である。少女じゃないこんなの、マダムリーザだ。あの寝転がって足を上下してるところはきっとパトロンとして囲ってる男の子を挑発してるんだろうな。

マダム

なんだかんだマダム

パパシゼ
今シーズンよく聞くTake me to churchです。パパダキスさんの2シーズン前に使ってたFD衣装はそろそろスタイル的に限界を迎えていると思うのです。

なんですくん
新しいプログラムは映画の曲で、麻薬捜査官を演じているそう。麻薬捜査官はタンクトップに帽子とサスペンダーって格好をするのか。なかなかの変態っぷりである。コミカルな要素を含みつつ、果てしなくカートっぽいからカートが振付をしたのでしょうか。

デュハラド
Say somethingで始まりSay somethingで終わる残酷なエキシビションであった。どうしてこんなことに。あのね、チャンピオンはね、しっとりしないとね、いけないってね、決まりはね、ないんですよ?今シーズン滑ったOneとかでよかったのに。1位だし。

エキシビションの主役であるミーシャ・ジーさんの自撮り再び。羽生試合のリベンジ4T、つづくなんです4S、ニュエンは4Sズコーというクリケット3兄弟。ハオ・ジャンさんがおふざけ男同士リフトとかやってくれると思ったけどなかった。

今年もそろそろまとめの時期か。
Comment:8
2015
03.28

世界選手権 4日目 男子リザルト

男子LP
1 Denis TEN(カザフスタン)181.83
2 Javier FERNANDEZ(スペイン)181.16
3 Yuzuru HANYU(日本)175.88
4 Nam NGUYEN(カナダ)164.86 PB
5 Jason BROWN(アメリカ)163.97
6 Maxim KOVTUN(ロシア)159.88
7 Misha GE(ウズベキスタン)156.37
8 Adam RIPPON(アメリカ)154.57
9 Takahiko KOZUKA(日本)152.54
10 Joshua FARRIS(アメリカ)149.52
11 Florent AMODIO(フランス)148.78
12 Takahito MURA(日本)146.81
13 Han YAN(中国)144.70
14 Ronald LAM(香港)141.70 PB
15 Michal BREZINA(チェコ)136.99
16 Alexei BYCHENKO(イスラエル)134.28
17 Sergei VORONOV(ロシア)133.71
18 June Hyoung LEE(韓国)133.01
19 Chafik BESSEGHIER(フランス)129.59
20 Michael Christian MARTINEZ(フィリピン)125.35
21 Brendan KERRY(オーストラリア)124.21
22 Jeremy TEN(カナダ)111.51
23 Alexander MAJOROV(スウェーデン)109.02
24 Yaroslav PANIOT(ウクライナ)105.43

男子リザルト
1 Javier FERNANDEZ(スペイン)273.90
2 Yuzuru HANYU(日本)271.08
3 Denis TEN(カザフスタン)267.72
4 Jason BROWN(アメリカ)248.29 PB
5 Nam NGUYEN(カナダ)242.59 PB
6 Misha GE(ウズベキスタン)234.89
7 Maxim KOVTUN(ロシア)230.70
8 Adam RIPPON(アメリカ)229.71
9 Florent AMODIO(フランス)229.62
10 Han YAN(中国)229.15
11 Joshua FARRIS(アメリカ)223.04
12 Takahiko KOZUKA(日本)222.69
13 Sergei VORONOV(ロシア)218.41
14 Ronald LAM(香港)214.36 PB
15 Michal BREZINA(チェコ)213.83
16 Takahito MURA(日本)211.74
17 Alexei BYCHENKO(イスラエル)209.26
18 Chafik BESSEGHIER(フランス)199.86
19 June Hyoung LEE(韓国)197.52
20 Brendan KERRY(オーストラリア)194.57 PB
21 Michael Christian MARTINEZ(フィリピン)192.38
22 Jeremy TEN(カナダ)183.79
23 Alexander MAJOROV(スウェーデン)176.55
24 Yaroslav PANIOT(ウクライナ)174.52

こづ
4T fall 4T df-2T 3A 3A-2T shaky 3Lz-3T 3F 3Lo 3S
回転が足りない4Tではありましたが2本入れる構成でした。ミスはありましたが、SPより滑っていたしメリハリがきいていて僕はよかったと思います。そりゃ1番滑走だし転倒はあったからPCSはちょっともらえないかもしれないけど。うん、こづの能力は素晴らしいよ。馬じゃないけど素晴らしいよ。

さいたま小塚

本日のさいたま

むらむら
4T 3Lz-3T 1A 3Lo 3A-2T 3F 3S-1Lo-2S 3Lz
4Tを1本の構成にしましたが彼もまた彼の味を出しました。ステップが今回僕はとてもよく見えました。颯爽という言葉がふさわしいです。ガチガチに力が入っているわけではなくて、男らしさがありながらもファントムが舞台の天井で駆け回っているような、そんな怪しさと雰囲気ありましたよ。僕は表現としてはこの演技がシーズンで一番好きです。ジャンプが決まったスケカナよりもこっちの方が好き。インタプリテーション7.25て後半の選手どうやって点数つけてくんだ。

ジュンヒョン
3A 3F-3T 2A-3T 3F 3Lz-2T-2Lo 3S 3Lo shaky 2A
本日4人目のオペラ座。彼にとっては会心の出来ではないでしょうか。SPであれ?と思ってた激不安定なキャッチフットスピンはショットガンに変更してSPLP両方に入れたんですね。あれは感動削ぐから外して正解。スタミナに全く問題がなくてコレオシークエンスまで元気。ファントムの後にラウルでした。

マルティネス
3A-2T 3A 3Lz-2T 2A-1Lo-3S 3Lz 3F 1Lo 2T
次のオペラ座はラムだっちゃだよな、ちょっと休憩と思ってたのに。ここもだったーーーーーーーーーーーーーーワロピョンピョリーヌwwwwwwwこのラウルは「わーい、クリスティーヌ一緒にあそぼー」とか言いそうなかわいさ。途中までものすごくよかったので最後の抜けは惜しい。最後の2Tは点数1.43しかないけどザヤっちゃったし。でも彼の持ち味の軟体スピンとイナバウアーやクリムキンイーグルなんかは見せられたし、体はよく動いてたし、得意のアクセルも入れられた。なかなかよかったのではないかと。一番いいと思ったのがフライングシットのフライングの高さですよ。あんな位置まで足上がんのかよ!って。みんなもあれぐらい飛んで!

マヨロフ
3A-3T 3A fall 2Lo so 3Lz hd 3F so とばした 2S 2A
スタミナが足りなかったのか1つジャンプを飛ばしました。コレオシークエンスの動きが重くて本来の彼の動きではありませんでした。残念。

パニオット
4T-3T shaky 3A to 2F 3Lz shaky-2T 3Lz fall 2F 3S 1A<<
いい出だしだったのにほとんど失敗してしまった。パニオットさんはウクライナの星なので覚えておいて損はないと思います。資金難で辞めるまでウクライナの星です。

ラムだっちゃ
4T so 3A 3F 3Lz-3T 3Lo 3Lz-3T-2T 3S-2T 2A
オペラ座の役員という感じの衣装。スポンサー集め上手そう。後半の3Lz-3Tを2発ってのはインパクトありますな。腕の開き方とか顔の向きとか首の使い方なんかは、まだイっちゃってない感じがするので、これからがんばれー。コーチ「パーソナールベーストヤーッハッハッハッハ」

美青年
2S 4T 3A td 3A-3T 3Lz fall 3Lo shaky 3F so 3S shaky
ほかはミスってもなぜか4Tは成功。SPLP両方で成功は初めてだったりするんだろうか。リズムの取り方が物足りないかなあ・・・と思います。アメリとかミックマックとかフランスの映画音楽を使っていて、小洒落た動きとか、思いきりぶりっ子みたいな動きしてくれれば楽しかったのに。

美青年のサービス精神

本日のサービス

ファリス
3A 4T fall 3F-2T 3Lo 3A-2T-2Lo 3Lz-1T 2Lz 3S
4Tの転倒で5点、3Tが入らなかったので3点、2Tで1点、3Lzで6点。ジャンプでの取りこぼしはこんなところでしょうか。しかし得点源のGOEがっぽり3Aが両方クリーンに入ったのは何より。四大陸よりキレキレなのにージャンプがうらめしい。

コフトゥン
4S 4T fall 4S-3T 3A-1Lo-3S 3Lz-2T 2S 2A 2A
尻すぼみ構成止めるとかいう話聞いたけど、今日はいつものジャンプ構成でした。夢と混同しちゃったかな。抜けはコケより~なのでテンプレで必ず抜けるクワドが1つも抜けずに済んでよかった、代わりに後半のサルコウ抜けた。3S2本で2Aも2本の構成は3クワドの基礎点アドバンテージ消滅させちゃうから、もう1種類でもトリプル入れられたらなあ。ステップが休憩に見えてしまうのは今日も変わらずでした。最初はこのプログラム悪くないと思ってたけど、シーズン後半になって伸びてこなかった。

Jテン
3T fall 2A df 3Lz-3T fall 3Lo fall 3Lz 3F 2A shaky 3S shaky
ほとんど失敗してしまった。3つも転倒があると滑りにも影響してくるので、失敗があっても~という感想には至らないです。スロー映像で転倒共に流れるハレルヤ哀しい。国別はどうなるんだろう。これが最後なのか?

ベセギエ
4T-3T 2T 3Lz 3A so 3A-2T-2Lo 3F-2T tano 2A 3S
お兄さん陽気にタノったけど、2T跳び過ぎですよ。こういう意味分からん系プログラムはジャンプが入ってこそなのですよ。昨シーズンの意味分からんプログラムもジャンプが入ったからこその「なんかいいじゃん」だったので。でもステップは結構好きだったりする。ザヤったけど2Tのタノも曲に合っていましたし。ザヤったけど。

ニュエン
4S 3A-3T 3S 3A 3F-2T-2Lo 3Lo 3F-2T 3Lz
フジテレビに最後の最後で裏切られた。生放送じゃねえ。ピキピキしてたから演技横目でしか見てないけど、ジャンプは全てクリーンに入りました。パフォーマンスやインタプリテーションはさすが。

ミハル
3A 2T 4S ot-2T 2S 3A-2T 3Lz 3Lo shaky 2F-1Lo-2S
4Sおかしなコケかたや抜けなくなったんだと書こうとしたら抜けた。ザヤったのかー今日はザヤ大盛況だ。この衣装にそのネックレスはやめれ。ここ3シーズンずっと言ってるけど。

ビチェンコ
3A so 4T 3Lz-1Lo-3S 3A fall 3F-2T 3Lo 3Lz-1T 2A shaky
4Tの安定感は全選手中でも上位ですね。昨シーズン入れられるようになってから、こんなにも簡単に安定してしまうものなのかと。男子って本当に何があるか分からない、だからこそ面白い。だからこそ前のグループから見ごたえもあるってもんだ。スタミナにも問題がないし、これから何年も滑ってくれそうビチェンコさん(27)

アモディオ
2S 3A 2Lo 3A-1Lo-3S 2Lz-3T 3F 3Lz-2T 2A
途中から追いついても芽吹いた不信感の種は取り除けないのだよ。もうフジテレビを信じない。ちょっとミスはあったけれど、SPに続き彼の力は出せたんじゃないかと思います。

ミーシャ
3A-1Lo-3S 3A 3Lz 3Lz-3T 3F-2T tano 3Lo 2A 2A
今日も変なステップおもしろかったー。今シーズンこれだけジャンプが安定して降りられるようになったわけですから、次目指すのはジャンプで+1から+2に上げることですね。危うくやったぜ!のキストーチャンの口にするところだった。放送事故になるとこだった。

りっぽんぽん
2Lz 3A-2T 3Lz tano 3A 3Lz tano-2T 2F-1Lo-3S 3F 3T
最初のルッツ以外は全てのジャンプを降りました。構成も変えて点数を取れるようにしておりました。中盤の間延び感が解消されたらもっと素敵なのになあ。

たのしそうなひとたち

ウズベク・中国・カナダ・熊本

ヴォロノフ
2T 3A-3T 3T-2T 3Lz 1A 3S 3Lo-2T-2Lo 2A
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああそんなに膝ヤバかったんかああああああああ抜けまくった上にザヤったぞ。養生してくれや・・・。

テンくん
4T so 4T-3T 3A-2T 3A so 3F-1Lo-3S 3Lz 3Lo 2A
クソカメラワークがジャッジ席前の腕クネクネ全部映さなかった。立ち止まっているときの足元のショットなんか誰が必要としているんだ。四大陸のキレがありすぎたんですけど、それを思うと前半はちょっと寂しかったかな?とでもチャコポコし始めたところの音楽表現はさすがでした。コレオシークエンス+3が並んでも全然文句がないです。むしろこれにつけずに何につけるっていうレベル。

羽生
2S 4T fall 3F 3Lz-2T tano 3A-3T 3A-1Lo-3S 3Lo 3Lz
やっぱり音楽の中で跳ぶにはスピードと高さが足りないよなあと。でもそこからですよね。3Lzがし強く入れられたのが本当によかった。2つ目のルッツふんわりだった。スタミナはちょっときれかかっていたけど、でも優しく収めたといいますか、スピンも回転速度はそれほどだけど抑えて抑えて綺麗にまとめた。僕の中で羽生は少年漫画の野球部員。野球部の中に一人だけいる、頭がよくて慇懃無礼って程に礼儀正しいやつ。西岡さんがシーズンベストからの引き算やってる。僕もよくやるやつだ。

プー沼

Lake Pooh

なんですくん
4T 4S fall 3A 4S-2T 3F-1Lo-3S 3Lo 3Lz-2T tano 3T
転倒はありましたが、彼の一番の課題である後半のルッツフリップをきちんと入れて、大きく荒れることはありませんでした。トランジションゴリゴリプログラムなのでスタミナが切れることもしばしばでありましたが、今日はよかったのではないかと。ヌメヌメスケーティングにはコミカルプロが一番じゃのう。

ハンヤン
3A-3T 4T fall 3A fall 3Lz fall 2Lo 3Lz-2T-1Lo 3F ot 3S
3回もコケたのに大きく演技に影響は及ぼしてはいないように見えました。もっとムカつく演技が見たかったのにムカつかないわ。

ブラウン
3A-2T 3Lo 3Lz tano 3A df 3F-3T 3Lz-1Lo-3S 2A 2A
アクセルの両足はあったけど荒れた場を綺麗に製氷してくれたみたいな演技。黄色どこ行った黄色。衣装から黄色が消えたぞ黄色が。

来シーズンの枠
3枠 スペイン・アメリカ
2枠 日本・カザフスタン・カナダ・ウズベキスタン・ロシア・フランス・中国

スペインは1枠余らせるか2枠余らせるか。頼むから2枠は使ってくれ。日本は全日本での戦いが熾烈になりそうです。選考で荒れないといいけど、1位と3位とかなったら罵り合いになりそう。ウズベクの2枠目・・・誰か移籍して。

あー疲れた。後半のほう全然演技に集中できなかった。いい演技もあったけどシーズン最悪級の演技が出た人がいたから・・・・・。なんですくんは転倒あったけど1番動けていたから全然気にならなかったです。あとよかったのがマルティネス、ジャンプはちょっと失敗したけど素敵でした。あとは国別ですか。日米加露仏中の代表誰になるんだろう。

来シーズンのグランプリファイナルがバルセロナに決まりました。またかーーーーーーーい。なんですくんは世界チャンピオンだから、今シーズン以上にプレッシャーがかかるううううう。
Comment:19
2015
03.28

世界選手権 4日目 女子リザルト

女子LP
1 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)132.74
2 Gracie GOLD(アメリカ)128.23
3 Ashley WAGNER(アメリカ)127.20
4 Satoko MIYAHARA(日本)126.58 PB
5 Rika HONGO(日本)122.41 PB
6 Elena RADIONOVA(ロシア)121.96
7 Polina EDMUNDS(アメリカ)116.12
8 Kanako MURAKAMI(日本)114.18
9 So Youn PARK(韓国)106.80
10 Mae Berenice MEITE(フランス)105.67
11 Zijun LI(中国)103.39
12 Alaine CHARTRAND(カナダ)100.94
13 Anna POGORILAYA(ロシア)99.81
14 Joshi HELGESSON(スウェーデン)99.07
15 Nicole RAJICOVA(スロバキア)98.21
16 Angelina KUCHVALSKA(ラトビア)95.80
17 Anne Line GJERSEM(ノルウェー)90.50
18 Dasa GRM(スロベニア)90.24
19 Hae Jin KIM(韓国)86.21
20 Gabrielle DALEMAN(カナダ)85.44
21 Roberta RODEGHIERO(イタリア)83.32
22 Elene GEDEVANISHVILI(グルジア)80.14
23 Nicole SCHOTT(ドイツ)78.27
24 Giada RUSSO(イタリア)76.26 PB

女子リザルト
1 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)210.36
2 Satoko MIYAHARA(日本)193.60 PB
3 Elena RADIONOVA(ロシア)191.47
4 Gracie GOLD(アメリカ)188.96
5 Ashley WAGNER(アメリカ)185.01
6 Rika HONGO(日本)184.58 PB
7 Kanako MURAKAMI(日本)179.66
8 Polina EDMUNDS(アメリカ)177.83
9 Zijun LI(中国)165.22
10 Mae Berenice MEITE(フランス)162.75
11 Alaine CHARTRAND(カナダ)161.18
12 So Youn PARK(韓国)160.75
13 Anna POGORILAYA(ロシア)160.31
14 Joshi HELGESSON(スウェーデン)155.35
15 Nicole RAJICOVA(スロバキア)152.61
16 Angelina KUCHVALSKA(ラトビア)141.54
17 Anne Line GJERSEM(ノルウェー)139.75
18 Dasa GRM(スロベニア)137.45
19 Hae Jin KIM(韓国)136.24
20 Roberta RODEGHIERO(イタリア)134.74
21 Gabrielle DALEMAN(カナダ)133.57
22 Elene GEDEVANISHVILI(グルジア)132.25
23 Nicole SCHOTT(ドイツ)127.56
24 Giada RUSSO(イタリア)120.11 PB

デールマン
3Lz-2T-2Lo ot 2A fall 3Lz 3S 3Lo ot 2A ot-2T 3S-2T tano
アクセルが不調。足痛めていたりとかするのか。でもジャンプ抜けずにきちんと2回転ないし3回転やってきたのが偉い。抜けだけはアカン。抜けの恐怖は昨日のコフトゥンでご覧の通り。動きは洗練されてきましたから、これからどんどんPCSがもらえるようになってくるでしょう。眉毛太く書きすぎな気がするけど、アランフェス仕様なら飲み込める。シーズンが終わったら吐き出す。ってザヤってじゃねえか!!!!!2Tさーんかーいめ!PCS6点台に一つも乗らないのはやべえ。

クチヴァルスカ
3F-2T ot-2Lo 3Lz 2A-3T 3S-2T 3F fall 3S 2A
ジャンプを跳ぶために存在する、ロクサーヌとロミジュリを繋げたプログラムとしては破綻傾向が見られるプログラム。ヤシェムさんやショットさんよりスケーティングスキルが高く出て困惑している。あれ歩いてたよな・・・。

ヨシ子さん
3Lz so 2A-3T shaky 3Lo 3Lz ot-2T 3T-2T-2Lo 2S 2A
ジャンプの出来はユーロとそんなに変わりません。SPより動けていなかった印象です。

ゲデ子
3Lz fall 3F hd 2A fall 2Lz-2T 3S df 3T-2T 2A-1Lo-2S
昨日のむらもそうだけどカルメンには手拍子しなければならないという法律が中国には存在するのか。5シーズンぶりに滑るカルメンでした。なぜ復活させてきたのかはよく分からない。2Aの転倒で肩を打ったようで、それを痛そうにしていました。

ヘジン
3Lz-2T 3F fall 3Lo fall 1Lz 3T 3T-2T-2Lo 2A+2A
中盤にミスがいくつか。ジャンプの助走で「さあ!私は!ジャンプ!と!ぶ!よ!」という風に入るので、それがなくなって来ればよくなるかと。単に助走なのだとしても音楽の流れに乗っていれば違和感がなくなるし、まずはそれを目指して欲しい。後半は立て直せました。THE 高校生のお肌になってます。

ウォームアップエリアに昨日の羽生のプレゼントの山が置いたままだ。

ロデギエーロ
3Lz fall 3F fall 3T+2A 3T-2T 3Lo fall 2A 3S-1T
基礎点が高いジャンプ上から3つ転倒。強いエビータを演じきれませんでした。うるさい音源に勝って欲しかった。

ソヨン
3Lz 3S-3T 3F 3Lz hd-1T-1Lo 3Lo 2A-3T<< 2A
今シーズン苦労していた3S-3Tが入ったのでこれは去年のワールドの再現くるか!と期待をした。3Lzにがんばってコンボをつけて+REPにならないようにがんばったけど、2Aのコンボの失敗と最後のスピンのキャメルでブレて大きくトラベリングしてしまったのが残念。2A前の頭抱えた振付から、胸グサーーーーーあーれーーー死んじゃうーーーロミオーーーな感じは決まれば美しかったのに。今日3人目のジュリエットでした。3人の中だと一番お嬢様っぽくて儚げ。

ラジコワ
3Lz hd-2T 3T 3Lo-2Lo 2Lz 3Lo 2A-2T-2Lo 1A
世界ジュニアよりはまとめられました。後半のジャンプを生贄に捧げ、アンナの精神がうわああああああああああああああああああとおかしくなっていくところを演じていたんだなきっと!抑揚がついてきたらもっと素敵になると思います。彼女のSPはロミジュリでしたよね。ロミジュリ多い。

ゴールド
3Lz-3T 2A-3T 3Lo 3F 3Lz so 3S-2T-2T 2A
「俺はこんな位置で燻ってるタマじゃねえんだよ!!!!!!!!!!!」と言わんばかりのパワーを感じる演技でした。ジャンプの高さがいつもよりないのと、体を絞りすぎてスタミナに問題が見られましたが、これは意地。意地で降りた。3Fは曲の盛り上がりだから降りられたらPCSが上がるでしょうね。お花の素敵なドレスやめちゃったのも絞りすぎだから?スコット・ダイヤーさんへのお誕生日おめでとうメッセージ。

メイテ
2A 3Lz-3T 3F shaky 3Lo so 2A-3T shaky 3F-2T 3S
ジャンプを回転して回ってくるのは大切。あまり流れのよくなかった3Lzにパワーで3Tをつけました。あんなもんパワーでつけられる組み合わせちゃいますよ。曲を3つ使っていて、曲における表現や滑りの雰囲気だったり、そういう変化が少ないのでそれを頑張って欲しい。チャカチャカとテンポのいい曲だから目立ってしまいます。

上品な待ち方

おじょうひん

アシュリー
2A 3Lz-3T 2A-2T 3Lo-1Lo-3S to 3F 3Lo 3Lz shaky
謎の説得力があるうるさいプログラム。これだけスカスカでうるさくて僕は本来ならこういうのは絶対NOなんですけど、このアシュリーのドヤとドヤ、それからドヤドヤドヤドヤに押されて飲み込まざるをえない。さすがドヤ姐さん。アシュリーは回転不足により絶妙に120点台後半を行ったり来たりしているな。

エドモンズ
3Lz-3T 3F-1Lo-3S 2A 3Lz 3F 3Lo-2T 2A
彼女によくあるストンと可愛らしくやらかす転倒がなくて、全てのジャンプを降りてきました。SPの滑りや表現がいつもよりキレがあってよかった分、今日は元気ないかな?と思いました。フラメンコと妖精さんで全然違うことを勘案してもね。2Aからのツイズルのみんな大好きなところも、弱かったし。

ポゴリラヤ
1Lz 3Lo-1Lo-3S 3F-2T tano 3Lz fall 2A 2A-3T fall 3Lo shaky
うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああ抜けたルッツのコンボを後半につけようとして力んだのか後半で転倒、さらにリカバリーしようとしたコンビネーションも転倒。がんばりは見られたけど、ここまで崩れてしまうとなあ。ディザスターやで。コケ方がまたものすごーーーーく痛そうで。まだ16歳だから。未来はあるよ。

シャルトラン
3Lz df-3T 3F df 3Lo so 2A-1Lo-3S 3Lz so 3S-2T 2A hd
抜けはしなかったもののほぼ全ての着氷がぐずぐずに。着氷がぐずぐずになるのは彼女の演技では珍しくはないものの、大抵後半だけとか前半の難しいコンボだけなのでね。

アメリカ人の巣窟

怖い

開催地への距離としては中国開催にふさわしい最終グループの顔ぶれ。

ジジュン
3F-3T 2A-2T fall 3S-2T 3Lo 3F fall 3Lz 2A
転倒で力を使ってしまったからか後半のスタミナが足りなくなってしまいましたかね。中国杯でもそうでしたけどスピンを回るだけのものが残っていないのでしょう。最後の怒涛のコンビネーションスピン、レイバックスピン、キャメルスピンは中国開催だからなのか?

ここ入ったらぶん殴られそう

こわい

宮原
3Lz-2T-2Lo 3F 3Lo 3Lz df 2A-3T 3S 2A-3T
画面に向かってお祈りしても僕のストリーミングはディレイで意味がないので、上海の方角を向いて舞っておりました。2A-3T2本目降りたときはガッツポーズ!!!!!僕がね。ふうううううううううううううううううううううううううううう一安心。いつもよりかなり慎重に滑っていました。でも大先生が大先生たる力を発揮ですよ。この時点で日本の10年連続のメダル確定ですか。

さいたまかな?

さいたまかな?

ラジオノワ
3Lz shaky 3F 3Lz-3T 3Lo-1Lo-3S 2A 2A so 2Lo-2T
今シーズンぜーーーーーーーんぜんミスをしてこなかったラジオノワがここにきて、ややシェイキーな出来。でもこれぐらいのミスなら普通の選手はいい方なんですけどね、これが悪い出来だというのが今シーズンの彼女の異常な安定感を示している。最初のルッツに3Tをつけられなかったのに、やっぱり3Lz-3Tは絶対入れられちゃう。さすがだねえ。えええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええPCSも出なかったあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああビックリだ。たしかによくなかったけど、なんやかんやでぶわーっと8点出すと思った。

リーザ
3Lz ot-2T-2Lo 3Lz 3F 3T ot-3T shaky 3Lo 3S+2A tano 2A tano
マダム的にはよくないけど、それでも圧倒的な存在感と占いの館感。これはまだ絶対勝利マダム~リーザ~の伝説の序章にすぎないのであった。-To be continued- リーザの空気に支配されておりました。オフアイスだとちっこいリーザなのに、氷上に出るとどうしてこんな貫禄が出てくるの?

本郷
3F-3T 3Lz-2T tano 3Lo 3F 2A-1Lo-3S 3Lz 2A
あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああわてたアヒルがあっあああああああああああイタズライルカがいっいいいいいいいいいいいいいいいいいルッツのエッジ直してきとるやあああああああああああああああああああああああああんルッツ2本構成になっとるやんけええええええええええええええええええちょっとステップ危なかったけど、りかのいらずらなひょうじょうがみられたで。あれ?回転不足やエッジとられたか?でもすごかったよ。

マダム相談室

マダムの部屋

佳菜子
3Lo 2A shaky 3F-2T 3Lo-2T-2Lo 3F 1S 3S
予定していたジャンプは降りられなかったけれど、今までで一番気持ちのこもった演技だったと思います。昨日のインタビューでのコメントはこれで最後なんだろうか・・・と思わせるものだったので、心が苦しくなりました。また、生き様を見せてもらったように思います。

少女リーザ

少女

ということで来シーズンの枠は
3枠 ロシア・日本・アメリカ
2枠 中国・フランス・カナダ・韓国
ということになります。カナダと韓国は2人出ているの、11+16(21)=27と12+16(19)=28で2枠獲得です。28以内なら2枠です。16位~24位は全て16位と換算されるのです。フランスと中国は枠増やせてよかった。アメリカすげーわ。

リーザはさすが。そして大先生はこのヤバめのリンクでも安定感を見せてくれました。ゴールドとアシュリーの意地は恐ろしかった。待機所の姿も迫力あった。本郷マジかっこよかった。佳菜子の演技はうるうるきました。世界選手権はひとつひとつの演技がドラマです。来シーズン表彰台の顔ぶれが3人とも変わるかもしれません。そんな時代。ロシアは国内の競争がさらに激化。ワールドチャンピオンとオリンピックチャンピオンの両方が代表落ちもありえる。ボストンで微笑むのは誰だ。
Comment:4
2015
03.27

世界選手権 3日目 男子SP

ISU世界フィギュアスケート選手権2015。この時間は男子SPの模様をお届けいたします。全滑走の適当感想。

男子SP
1 Q Yuzuru HANYU(日本)95.20
2 Q Javier FERNANDEZ(スペイン)92.74
3 Q Denis TEN(カザフスタン)85.89
4 Q Sergei VORONOV(ロシア)84.70
5 Q Han YAN(中国)84.45
6 Q Jason BROWN(アメリカ)84.32
7 Q Florent AMODIO(フランス)80.84
8 Q Misha GE(ウズベキスタン)78.52
9 Q Nam NGUYEN(カナダ)77.73 PB
10 Q Michal BREZINA(チェコ)76.84
11 Q Adam RIPPON(アメリカ)75.14
12 Q Alexei BYCHENKO(イスラエル)74.98
13 Q Joshua FARRIS(アメリカ)73.52
14 Q Ronald LAM(香港)72.66
15 Q Jeremy TEN(カナダ)72.28
16 Q Maxim KOVTUN(ロシア)70.82
17 Q Brendan KERRY(オーストラリア)70.36 PB
18 Q Chafik BESSEGHIER(フランス)70.27
19 Q Takahiko KOZUKA(日本)70.15
20 Q Yaroslav PANIOT(ウクライナ)69.09 PB
21 Q Alexander MAJOROV(スウェーデン)67.53
22 Q Michael Christian MARTINEZ(フィリピン)67.03
23 Q Takahito MURA(日本)64.93
24 Q June Hyoung LEE(韓国)64.51
25 Ivan RIGHINI(イタリア)63.05
26 Nan SONG(中国)61.69
27 Petr COUFAL(チェコ)60.31
28 Pavel IGNATENKO(ベラルーシ)58.78
29 Peter LIEBERS(ドイツ)54.28
30 Stephane WALKER(スイス)53.42

SP生放送じゃないんかーい。怪傑えみちゃんねるお休みにしたら放送できるじゃないか。

元バリエフ
3A 3F tano 3Lz shaky-2T
元バリさんのジャンプの成功率だとタノするよりも普通にジャンプを跳んだ方がいいような気がするけど、昔からタノ入れてたしこだわりもあるのでしょう。滑るというよりも踊る。インタープリテーションの評価高いけど、今日はいつもよりキレがそんなによくなかったような。

パニオット
4T 3A hd 3Lz tano-3T
世界選手権にもしっかりと出てくるベートーヴェン蹂躙系プロのスケーター。とにかくジャンプを降りますよ!っていう演技。SPから4Tできるのかー。ジュニアグランプリの演技しか見なかったから、やってくると思わなかった。というかパブロフとごちゃ混ぜになっててよく分からないや。第1グループでこんな構成すげーな。

ナンソン
4T so 3A 3Lz-2T
地元の大歓声でナンソンの存在感が掻き消されそう。ジャンプはまあまあだったけれど、ステップで転倒。プログラム最初から最後まで同じような動きで滑ったからか、あまり印象に残らなかったです。地元でも上げることはできないPCSだ。ナンソン波ありすぎだー。

ツォウファル
2A 3Lz-3T 3F
世界選手権にもしっかりと出てくるベートーヴェン蹂躙系プロのスケーター。出場者の中で唯一4Tも3Aもプログラムに入れていない選手ですね。今大会レベルが高いので3Aがないと大変厳しいです。

マヨロフ
3A 2F-3T 3Lz
フライングキャメルスピン綺麗に入れられなかった。スピン好きのチャイニーズが起こっちゃうぞ。ジャンプはユーロよりも質がよくて、高さもしっかりと出ています。ステップのときのカウンターでの動きはたどたどしかった。マヨロフの表現は僕は好きな方なので、今大会はSP通過できそうで何より。姉ゲソン、妹ゲソン、母ゲソンも応援。

ビチェンコ
3A 4T ot 3F-3T
ジャンプを堪えました。全くワルツではないけど、PCSでついに7点がついた。キレは素晴らしかったからな。ビチェンコさんは本当に安定している。この2シーズンのヴォロノフもそうだけど安定するって本当に大切。

アモディオ
4S shaky 3A 3Lz-3T
アモディオがジャンプをまとめたの8000年ぶりぐらいに見た気がします。ああああああああああああああああああああよかった一安心。このまま沈んでしまうんじゃないかとずっと心配していました。スピン中のジャンプのせいで少し荒れたところはありますし、トランジションがシンプルなんですけど、やっぱりよく滑るのでそれだけでここら辺のグループの選手とは違うなーと思わされます。このプログラムのステップの途中に工藤静香の嵐の素顔の手の動き入ってる。僕は見逃さない。アモディオもヘリコプター墜落で亡くなった3人のアスリート追悼Tシャツを着用。

ジュンヒョン
3A so 3F-3T 3Lo
いつも荒れ気味のキャッチフットのあるスピンはLPでしたか、そればかりが気になってしまうのです。四大陸のときも申しましたが、プログラムの表現が板についてきて、いい具合に力が抜けていると思います。鳥の巣みたいなパーマ。鳥の巣・・・北京オリンピック・・・はっ、北京オリンピック招致を応援?

イグナテンコ
3A shaky 3Lo 3Lz ot-2T
今のテンコさんとしてはかなりいい出来だったのではないかと思います。おかしなロックスカイフォールだったからエキシビションプログラムっぽさ強い。レベルが全然取れていないようだ。ジャケットの片方だけペローンと出たデザインなのはなぜ?トイレに入ってて敵襲がって、急いで出たらパンツに巻き込んだ?

ベセギエ
4T so 3A 3Lz-3T so
ユーロと比べればそれはもういい出来なのです。シェイキーな滑りではありましたがダンスは元気そうに踊っておりました。調子の底は抜け出せたと思っていいのかな。

美青年
4T 3Lz-3T shaky 3A so
予想を全く裏切らないでいてくれる美青年ケリー。4T降りたから四大陸みたいなズコーな展開待ってるんじゃないの?という予想の通り、シットスピンで足をついた。そして2つのシェイキーなジャンプの着氷。スピンもいつもと同じだージャンプに集中するがあまり腕の表現がお留守になってるーと思いながら見ていました。PCS結構もらえた。

美青年

サービス精神旺盛

マルティネス
3A fall 3Lz-3T 3Lo
ぎょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっと女子より上手で速いビールマンに沸く会場。中国人スピンホンマ好きですねえ。蛾の幼虫みたいな黒と紫のしましまの衣装。鉄板の3Aを失敗しましたが、その他はよかった。スローパートにピッタリな頭かかえた上向きキャメルポジションが好きです。動きも非常にキレがあってよかった。眉毛はいつもと同じ。

Jテン
3A 3Lz-3T 3F
(国別に出るか知らんけど)引退の試合でジャンプをしっかり揃えられてなによりです。ガッツポーズもそりゃそうだよなと思いますよ。思ったより点数は出なかったけれど、明日も3A決めて、ハレルヤをいい滑りで終えて欲しいです。とてもいいプログラムなので完成形が見たい。

ラムだっちゃ
4T-3T 3A 3Lz
構成はトップ選手と同じラムだっちゃ。失敗することも多いけど、準ホームである中国でしっかりと堪えられました。3Lzの着氷で腰に手を当てる振り付けがあって、ポッケに手を入れておどけているようで可愛らしい。このSP3シーズンも滑っているので、さすがにこれでお別れでしょう。いやお別れさせてくださいお願いします。

ウォーカー
3A fall 3Lz fall 3F df-2T
怪我をしてから、怪我前までの技術が戻っていないようです。彼はまた来シーズンですね。めちゃくちゃ顔が青いですけど大丈夫です?青いというドス黒いというか。ソトニコワスピンには会場沸いておりました。

ファリス
3A fall 3F-3T 3Lz df
ジャンプがねー。それ以外のところは四大陸よりはよかったと思います。アメリカ3人の中では一番メダルを狙える選手だっただけに残念でありました。お腹壊す方々が出ている中で、ファリスはアレルギー対策に自分の食べるものパックしてきているから、お腹壊す心配ないよなーと思っていた。

ニュエン
3A 3Lz-3T 3F
ジャンプの質が四大陸までよりもいいような気がします。3Aの溜めもかなり解消されてきたし、ジャンプの流れが出てきました。動きが細かいというよりは、動きのスケールが小さいのでそれが改善されてくればいいですね。リンクカバーも欲しい。

こづ
4T 3A hd 3Lz fall
あ・・・・・これはアカンやつ。4Tはかろうじて立てたけどなあ。特別滑りが悪いわけではないけど、ジャンプの軸がおかしい。PCSはさすが。パフォーマンス低いのもやむなし。

こづ日の丸

さいたまかな?

ここらへんから1950年代のアニメのようなカクカク映像になった。

ハンヤン
3A 4T so 3Lz-3T
巨大な3Aを成功。アクセルついに安定する跳び方覚えられた系なのか?クロスフットスピンで沸く会場。とにかく回ればいいんだな。穴掘りしてからのステップはものすごーくスピードに乗っていて見ごたえがありました。変なプログラムがここまで成功して、ハンヤンが恥ずかしがることなく表現できるようになるとは思わなかった。4Tに成功していればあと+4点ってところでしょうか。リンク上でブラウンとハイタッチ。盟友。

ブラウン
3A 3F-3T 3Lz tano
今大会は4Tは入れないで行くコメントをしております。綺麗にプログラムをまとめました。彼の動きの多彩さは中国人も反応するようだ。キスクラでコリコリさんに甘えるブラウンに反応する観客おもしろすぎる。反応する場所が理解不能だから事故でもあったのかとビクビクする。

ミーシャ
3A 3Lz-3T 3F
うわあ歓声が大きいな、ウズベク国旗も多いな。中国系だから中国でも人気なんだ・・・・・お?国旗もってるの日本人じゃねえか!!!!!ミーシャのアクセルさんもすっかり安定しました。セカンドの回転不足もとられなくなったし、今シーズン本当に上手になった。アーベーマーリアーが終わって十字を切るミーシャダディ。中国語と英語とロシア語でお礼。

ミハル
3A 4S so 3F-3T
ミハルのプログラムの大半は男らしさを見誤っていることが多かったので、これぐらいの方がいいんだと思います。4Sの軸が曲がったからああああああああコケるううううううううううううとなったけど、お手つきステップアウトで留められたのは進化なのか。4Sのミスよりもキャメルスピンでのミスの方がいただけなかった。コンビネーションの方のキャメルもあまり質がよろしくなかった。キレキレの滑りという印象は受けなかった。動きやや緩め。今大会も後半項目はしっかり評価してもらっています。安心。

観客煽れて満足気

観客煽って満足

りっぽんぽん
4Lz 3A 3Lz tano-3T
売れないゲイの社交ダンス講師みたいなルックスになったりっぽんぽんさん(25) 4Lzはアンダーローテーションぐらいですが片足で降りてきました。ステップが全然ないのでGOEは-3でしょう。このプログラムはジャンプがないと、クロスばかりのカラッポプログラムになり果ててしまうのでジャンプ降りられて何よりでした。改めて本当にスカスカだった。スケート上手いんだからもっといろんなことしようよ。

リーベルス
3F so 3A fall 3Lz so
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああジャンプ全滅うううううううううううううううううううううううううううううううううう。ジャンプ全滅の後では大好きなデューク更家エクササイズ的な振付も楽しめない。んでもってスピンもダメだった。これは超ダメなやつ。連続でSP落ちしていたあの頃の彼の姿が蘇る。

むらむら
4T df 1A 3Lz-3T to
SPのアクセル抜けという一番怖いやつをやってしまった。手拍子はすごかった。

むら国旗

さいたまかな?

テンくん
4T fall 3A 3Lz-3T so
音楽が変なところから始まってやり直しました。ジャンプ2つ失敗ですが、スケーティングのスケールの大きさには影響がありません。だからPCSも大きくは下がらないでしょう。4Tの転倒で6点ぐらい失って、3Lz-3Tのステップアウトで2.5点ぐらい失ったから、こんなものです。

なんですくん
4S 3Lz-3T 3A
どんよりした失敗失敗の流れの中に舞い降りたスパニッシュぶりっ子エンジェルハビエル。変なガニマタからの3Aがやっとそこそこの質で入りましたか。こんなにクロスフットスピンで沸いてくれるのは世界中探しても中国だけ。立ち止まっての腕ぐるぐるも好評。完璧ではないけれどいい出来でありました。情熱エスパニョールってなんぞ、スパニッシュぶりっ子エンジェルの方がかっこいいわ。

自分の可愛さを最大限に生かす持ち方

可愛さをアピールする持ち方

ヴォロノフ
4T ot-3T 3A 3Lo
オーバーターンが入りましたがきちんと3回転をつけられました。少しウェイトが足りないような気がするのは気のせいか?プログラムが死の舞踏だから不健康に見えるのか?ああああああああああああああああああああああああ・・・・・・・・・・・・・エテリのコートが手抜きだ。春だからといって気を抜くな、エテリにはがっかりだわ。PCS思ったより出た。わーい。

羽生
4T so 3A 3Lz-3T
4Tは高さが足りないですね。鬼門の3Lz-3Tがクリーンに入ったのはよかった。本人はもう戦えると思うから来ている的な発言をしていましたが、やはり本調子ではないですね。それでもステップスピン揃えて、TES1位になるのは見事。満点が101点とかですから、4Tで取れなかった点数4点と、そんなに調子よくない点引いたらこれぐらいだ。

蜂蜜熊

はちみつ熊まみれ

コフトゥン
4S-3T 2T 1A
今日のコフトゥンはやるぞおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおからのノーバリューノーバリュー。20点も消滅した。茫然。チェルニシェフの生徒今回どっちも・・・・・。泣いちゃう。

羽生に10.00つけてるジャッジこいつ絶対日本のジャッジだろ!・・・まさかの日本はジャッジに入っていない。外国人のジャッジが10.00つけてました。3Lz-3Tと4T以外は加点すらほぼ取りこぼしてないです。りっぽんぽん4Lzはダウングレードかーーーアンダーローテーションだと思ったのに。3Lzにもアンダーローテーション。64点でSP24位って通過ラインたっか。女子と違ってPCS大盤振る舞いでハイスコア出す意思がジャッジにあるのに、ミスがとても多い男子でした。

日本3枠とれん時はとれん。「○○選手が出ていれば3枠とれたのに!」ってのはなしで。その選手も出たら失敗していたかもですよ。
Comment:11
2015
03.27

世界選手権 3日目 アイスダンスリザルト

アイスダンスFD
1 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)112.34 PB
2 Madison CHOCK / Evan BATES(アメリカ)106.87 PB
3 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)106.74
4 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)105.11
5 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI(アメリカ)102.71 PB
6 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)99.32 PB
7 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)97.33 PB
8 Ksenia MONKO / Kirill KHALIAVIN(ロシア)96.77 PB
9 Elena ILINYKH / Ruslan ZHIGANSHIN(ロシア)95.38
10 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)95.13
11 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN(デンマーク)93.83 PB
12 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)92.82
13 Sara HURTADO / Adria DIAZ(スペイン)89.51
14 Alexandra PAUL / Mitchell ISLAM(カナダ)88.21
15 Federica TESTA / Lukas CSOLLEY(スロバキア)82.22
16 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR(トルコ)80.40
17 Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN(ウクライナ)78.72
18 Carolina MOSCHENI / Adam LUKACS(ハンガリー)77.96
19 Shiyue WANG / Xinyu LIU(中国)74.39
20 Allison REED / Vasili ROGOV(イスラエル)73.20

アイスダンスリザルト
1 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)184.28 PB
2 Madison CHOCK / Evan BATES(アメリカ)181.34 PB
3 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)179.42
4 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)177.50 PB
5 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI(アメリカ)172.03 PB
6 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)165.22 PB
7 Elena ILINYKH / Ruslan ZHIGANSHIN(ロシア)164.84
8 Ksenia MONKO / Kirill KHALIAVIN(ロシア)159.13 PB
9 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)156.95
10 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)156.56
11 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN(デンマーク)156.23 PB
12 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)153.84
13 Alexandra PAUL / Mitchell ISLAM(カナダ)152.59 PB
14 Sara HURTADO / Adria DIAZ(スペイン)148.67
15 Federica TESTA / Lukas CSOLLEY(スロバキア)142.29
16 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR(トルコ)136.47
17 Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN(ウクライナ)133.80
18 Carolina MOSCHENI / Adam LUKACS(ハンガリー)131.01
19 Shiyue WANG / Xinyu LIU(中国)128.77
20 Allison REED / Vasili ROGOV(イスラエル)124.32

ウルディア
ツイズルの距離が開いていたぐらいでミスは見られませんでした。前半少し動きが悪かったんですけど、後半はそれがよくなりました。すごくスケーティングがいいというカップルではないので、最初からエレメンツキレキレで全体の印象上げないと点数は出ないですね。

ハベドノ
もうスケートカナダの衣装でさえなければ僕は何でもいい。練習着でもいいぐらい。TES48点ということは取りこぼしは全くないのでしょう。よくがんばりました。変なプログラムではありますが、映画の中のパーティーシーンを取り出すとこんな感じになるわけです。だから堂上さんはディカプリオでもなんでもないんだ。ただの踊ってる人たちだ。

テスチェレ
落下リフト最終章、いい落下でした。でもその後のツイズルで女性がスタンブルで5点ぐらい失ってしまいました。ストーリー性のある楽しいプログラムでしたけど、ちょっとやりすぎて分からなくなることもあるからツギハギプログラムは難しい。ツギハギの王者ペシャブルは偉大だった。あんな楽しいツギハギをこなせるカップルに成長して欲しいです。

ギニャファブ
SDでは女性の動きがガタガタとしていて、ひょっとして本調子ではないのかな?と思うところがありましたが、今日はとてもいい動き。彼らの持ち味であるビュンビュンスピードに乗るスケートがいかんなく発揮されておりました。いまいちノリがよくなかった中国の観客もさすがにこのリバーダンスには沸いておりました。知らない人が見ても楽しいもの。

ステブキ
美脚第2章。ステップでの女性のエッジが浅かったです。ステップにもたくさん大きな動きを入れてアピール力が大変にありはするのですが、ステップ本体でのスケーティングが伸びていかないからダンスとしては非常に物足りなくはある。自分が思っていたよりも点数が高くて、PCSがハベドノよりも高いです。スケーティングスキルはハベドノの方が絶対高いと思っていたので、かなり意外な結果でした。演技の最後のコレオスピンはどこがいいのかよく分からない。ダラーンとしているように見えてしまう。

フルソレ
夏の1日、日が暮れて、満天の星空を仰ぎ見て、日が昇ってくる。そんな若者の恋を描いたような爽やかなプログラム。良家のお嬢さんと農場で働く青年みたいな。だから男性の衣装が小汚ければ僕の妄想力をさらに掻き立ててくれていた。カペラノが昔やっていた手を繋いでからの可愛いツイズルをこの組はやってきました。かわいい。ワルツのリズム表現が少し甘い気はする。

モンハリ
滝野さんに淡々とナイトウェアみたいで競技としては~と指摘されていたモンコのドレス。滝野さんはパネル席で「あ、ナイトウェアだ」と思いながらご覧になっているに違いない。ミスのない演技で、完全に打ち破ったスタミナという課題も心配いらずで迸る演技でした。デカいピカチュウもらえてよかったねハリヤヴィンさん。絶対パチモンだけどよかったね。

パイポー
四大陸よりかなりよかったのではないかと思います。前後開脚カーブリフトはスピード出ないことが多いのに今日はスピードビュンビュンの中で実施できておりました。練習を積んで安定をしてきたのだと思います。ここまで滑ったカップルとはランクが1つ違うという感じの表現でしたし、緩急のつけ方も明確だし、フィニッシュのチュー長いし。PCS出過ぎということはなく冷静なジャッジングでした。

ポルイス
おいイスラムコケるなよスタンブルするなよちゃんと滑れよ・・・・・と思っていたらポールがツイズルシェイキーになりました。でもそこだけですね。四大陸で乱れたストレートラインリフトとかハラハラしたけど収めました。ってええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええTES死ぬほど低いいいいいいいいいいいいいいいいいい5点も下がったああああああああああああああああああああああああああああああああ。PCSもクソ低い。

シブタニズ
ツイズル4連続はいくら得意だとはいえクレイジー構成ですわ。こんなんペシャブルがやったらどうなります?死んじゃいますよ?後半の音楽とのマッチングはも少し足りない気がするし、ワルツのリズムの表現には?マークが浮かぶけど、前半の印象貯金が大きい。

ウィバポジェ
あまり得意ではないツイズルですがその中でも今日は彼らとしては質のいいものが出来たのではないかと。後半ややスピードが落ちてしまったものの、安定感はありました。ポジェが夏の配管工のような半袖から、ちょっとキモめの長袖に変更。こちらの方がファンタジー感があって僕は好きです。肌色が見えたら人臭くてダメなんだ。ディダクション1で順位を左右しそうな。

チョクベイ
格付け的にはウィバポジェの方が上なので絶対に取りこぼせないというところで、チョックさんがツイズルを失敗してレベルを取りこぼしました。SDよりはベイツさんの滑りが復活していて良かった。後半は持ち直せて安心しましたですよ。100%ウィバポジェよりPCS下だと思っていたので、ウィバポジェのいまひとつ煮え切らない滑りを見抜いたジャッジはさすがでした。

イリジガ
SDからイリニフの滑りが非常によろしくなかったですが、今日はツイズルで失敗してから動揺が出たのか、全く滑っておりませんでした。表現も全くできていなくて・・・・・残念だけどこれも経験ですかね。

パパシゼ
ツイズルはズレたけど、SD1位での圧倒的なPCSがあって格付け上だからネームバリュー加点が出ました。失敗してない顔で滑るし。でもそれがトップ選手ってこと、嫌だけど。それは置いといて素晴らしいエレメンツの数々でした。ダントツで膝の柔らかい滑りでした。膝の使い方だけでいうとシゼロンは現役の選手では1番でしょう。あのヌメヌメと伸びて行くのはあの膝があるから。112点wwwwwwwwwwwwwwwwwwワロロロロロロロッロwwwwww

カペラノ
パパシゼの後に見ると、このプログラムのインパクトのなさと滑らなさは悲しくなってしまう。でもミスしないのはさすがなあと思いました。そろそろ振付師を変更してみませんか。いつまでも同じような単純な動きのプログラム滑ってたら、どんどん抜かれて行きますぞ。

次の目標を聞かれて、パパダキスさんは次は全宇宙のチャンピオンになりたいそうです。

来シーズンの枠は
3枠 フランス・アメリカ・カナダ
2枠 イタリア・ロシア
となりました。ロシアは枠が減ってしまいましたが5年前も1度減ったし、そんなこともありますわ。フランス3枠使い切れんのか?

よくもなければ悪くもない演技が続いていた最終グループの中でパパシゼだけがいつも以上の演技をしたので点数はとんでもないけれど優勝には納得です。ウィバポジェはスケーティングそのものの向上をしていかないと、2位3位で足踏みをして行くことになると思います。カペラノはプログラムが他のカップルに比べると大きく見劣りするので、新しい風を入れて欲しい。モントリオールチームはタッチが非常に綺麗であります。そしてプログラムは変でもズーリンチームもやはり上手いので、他のチームもそれに負けないように技術を磨いて欲しいです。ここからどれだけのカップルが拠点の変更などを行うでしょうか。

弾けろ!シゼロンの自撮り!
Comment:4
2015
03.26

世界選手権 2日目 ペアリザルト

ペアLP
1 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)144.55
2 Wenjing SUI / Cong HAN(中国)142.49 PB
3 Qing PANG / Jian TONG(中国)140.18
4 Cheng PENG / Hao ZHANG(中国)136.96 PB
5 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)130.75 PB
6 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV(ロシア)127.32
7 Alexa SCIMECA / Chris KNIERIM(アメリカ)120.25
8 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)119.06
9 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV(ロシア)118.03
10 Julianne SEGUIN / Charlie BILODEAU(カナダ)117.50
11 Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK(イタリア)111.99
12 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER(アメリカ)111.19
13 Lubov ILIUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)109.59
14 Mari VARTMANN / Aaron VAN CLEAVE(ドイツ)100.08
15 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)97.29
16 Amani FANCY / Christopher BOYADJI(イギリス)83.53 PB

ペアリザルト
1 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)221.53 PB
2 Wenjing SUI / Cong HAN(中国)214.12 PB
3 Qing PANG / Jian TONG(中国)212.77
4 Cheng PENG / Hao ZHANG(中国)206.63 PB
5 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV(ロシア)198.91
6 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)198.46 PB
7 Alexa SCIMECA / Chris KNIERIM(アメリカ)185.81
8 Julianne SEGUIN / Charlie BILODEAU(カナダ)178.03
9 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)177.34
10 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV(ロシア)173.58
11 Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK(イタリア)172.55
12 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER(アメリカ)172.51
13 Lubov ILIUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)169.91
14 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)151.77
15 Mari VARTMANN / Aaron VAN CLEAVE(ドイツ)147.84
16 Amani FANCY / Christopher BOYADJI(イギリス)130.22 PB

マリタイ
この大会をもって解散するので今宵の演技がこのペアでは最後なのです。ソロジャンプはいつもの感じでしたがスローはなんとか2本とも入れられました。スピンのシットからアップライトへの移行が綺麗だった。演技終了後に涙ぐむマリちゃん。これが2人では最後だからこみ上げるものがありましたかね。グッバイマリタイ。

アスロゴ
スロー1本目がシェイキーな着氷ではありましたがほぼほぼ完璧な内容。ロステレコムで失敗したリフトは慎重な入りでした。まだまだ降ろすのがスムースというところまでは到達していない模様。

デラモデル
ジャンプがとにかく決まらぬ・・・・・ジャンプ以外はよくなるのだがなあ。衣装も好きだし、ジャンプが入った状態での演技が見たい。

セガビロ
美しい3Sからスタート。トランジションの偽デススパイラルみたいな脚ピーンして回すムーブメントが素敵。2人が目と目を合わせて手でフニフニ振付するところも好き。目と目で通じ合うー。オシャレで素敵なプログラムでありました。シニアの年齢に入っているとはいえ、ジュニア掛け持ちでここまでできるのはすごい。久しぶりの大型新人だ。

イリモー
うわあああああああああああああああいジャンプいっぱい降りたあああああああああああああって思ったらスローの着氷後にバランスを崩し、クリムキンイーグルからのデススパイラルミスって、スピンズレて、リフトを綺麗に降ろせなくてポンポンポンと最後にミスが続いてしまった。これだけ連続になるとPCSにも影響はありそう。

マルホタ
3Lzは完璧でした。スローも両方降りられたけど、まさかのまさかアクセルラッソーが入れられませんでした。スタミナの問題か、タイミングの問題か。でも1年目でこれだけできる方が異常ではあるんですけど。

ヴァネシプ
ここのところ失敗が続いていた3T-2T-2Tが今日はしっかりと入りました。投げ技はシェイキーではあったんですけど、久しぶりにまとまった演技を見たような気がします。Tシャツはヘリコプター墜落で亡くなったスポーツ選手3名へ向けてのものですね。

デニフレ
ソロジャンプは両方失敗でした。でもそんなに珍しいことではない。このプログラムは最後の最後まで音楽が同じ感じだから、エレメンツの成功ありきだよなーと思います。エレメンツが成功しなくてもプログラムが魅せられるようになるように、インゴに変なペアに育てて欲しいです。

シメクニ
クワドツイストに沸く会場。邦衛さんが3S降りられたけどシメカさんがお手つきで、2Aは邦衛さんが両方失敗。全体的に柔らかくて軽い雰囲気は合っているけど、シメカさんのアメリカ人らしいドヤドヤしさがそれをボーンと打ち消しにかかってくる。

タラモロ
路線としてはジーザスクライストスーパースターの押しても引いてもどうしようもないゾーンに入っているプログラムなので、ひたすらエレメンツを成功させてドヤるのみである。ジュニア時代のタラモロはむしろ僕の好みの正統派の動きをするペアだったので、お友達料金だからといってトランコフさんはダメよ。ちゃんとしよう?ね?

ペンジャン
最初のジャンプズコーでしたが、それ以外は全て(スピンは中国仕様)クリーンに入りました。ペンちゃん17歳、女優。儚げな表情の使い方がたまらん。緩急のあるプログラムでなかなか難しいんじゃないかと思ったけど、いい点数もいただきました。よかったのう。

川スミ
3Tがダブルになり、スロークワドはお手つき、ツイストはいつもより抱えてしまい、デススパイラルでも崩れてしまった。極め付きはスローループの転倒。リフトのスピードなくなってしまった。アカンところが一気に出てしまった・・・・・・。こんな時にPCS高評価が。

デュハラド
このプログラムで、ついについについについについについにどうにかして僕はいいところを発見しました。トランジションのラドフォードさんのイーグルがゆったりと上品で綺麗!!!!!よし、1個見つけたからこのプログラム制覇ね。クワドのお手つきとラドフォードさんのスピンがほどけてしまったところがあったけど、基礎点が他と違い過ぎます。力で捻じ伏せました。こういう勝ち方も有りです。ペアはみんな同じような基礎点だから、基礎点で勝つのは難しいことですもの。祈るメーガンかわいい。

パントン
人生ですね、生き様ですね、滑りで語りますね。泣かせる演技というよりは、一粒の雫がじわじわと広がっていくようなそんな演技でした。有終の美です。

スイハン
昨シーズンのノーミスであればメダル取れるよ!って位置からの惨敗最終滑走から、今日はハイパーな演技の最終滑走。ノーミスのクリーンプログラムでした。エレメンツの工夫もトランジションも気持ち悪いぐらいに入れまくっておりました。高得点でも小気味のいいオモチャみたいな拍手はいつもと同じハンくんだった。

来シーズンの出場枠は
3枠 カナダ・中国・ロシア
2枠 アメリカ・フランス・イタリア
となります。ロシアはヴォロトラとストクリ出ていなくても3枠は確保できてしまうという。

デュハラドの優勝は素晴らしかった。ストクリやヴォロトラに勝つにはどうするか、とにかく技術力を上げる!そしてそれが見事に成功しての今シーズンの全勝であります。国別もまだ残っておりますが、そこでの演技にも期待しましょう。スイハンは力はありながらも世界選手権ではそれを発揮できないことが続いていたのでメダル獲得で本当によかった。パントンは有終の美で4年ぶりのメダル素晴らしかったです。こんな美しい形で現役を終えられるのは幸せなことだと思います。たくさんのありがとうを送りたい。ペンジャンはメダルに届かなかったけど上の3組があれだからしゃーない。川スミはチャンスの大会だったから・・・・・来シーズンはどうするのでしょうか。ペア楽しいよ。本当に楽しいよ。
Comment:2
2015
03.26

世界選手権 2日目 女子SP

女子SP
1 Q Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)77.62 PB
2 Q Elena RADIONOVA(ロシア)69.51
3 Q Satoko MIYAHARA(日本)67.02 PB
4 Q Kanako MURAKAMI(日本)65.48
5 Q Rika HONGO(日本)62.17 PB
6 Q Zijun LI(中国)61.83
7 Q Polina EDMUNDS(アメリカ)61.71
8 Q Gracie GOLD(アメリカ)60.73
9 Q Anna POGORILAYA(ロシア)60.50
10 Q Alaine CHARTRAND(カナダ)60.24
11 Q Ashley WAGNER(アメリカ)57.81
12 Q Mae Berenice MEITE(フランス)57.08
13 Q Joshi HELGESSON(スウェーデン)56.28
14 Q Nicole RAJICOVA(スロバキア)54.40
15 Q So Youn PARK(韓国)53.95
16 Q Elene GEDEVANISHVILI(グルジア)52.11
17 Q Roberta RODEGHIERO(イタリア)51.42
18 Q Hae Jin KIM(韓国)50.03
19 Q Nicole SCHOTT(ドイツ)49.29
20 Q Anne Line GJERSEM(ノルウェー)49.25
21 Q Gabrielle DALEMAN(カナダ)48.13
22 Q Dasa GRM(スロベニア)47.21
23 Q Angelina KUCHVALSKA(ラトビア)45.74
24 Q Giada RUSSO(イタリア)43.85
25 Natalia POPOVA(ウクライナ)43.60
26 Ivett TOTH(ハンガリー)43.47
27 Eliska BREZINOVA(チェコ)43.37
28 Aleksandra GOLOVKINA(リトアニア)43.16
29 Anastasia GALUSTYAN(アルメニア)41.84
30 Netta SCHREIBER(イスラエル)41.84
31 Kiira KORPI(フィンランド)41.11
32 Niki WORIES(オランダ)40.38
33 Eveline BRUNNER(スイス)39.69
24 Alisson Krystle PERTICHETO(フィリピン)38.75
35 Brooklee HAN(オーストラリア)35.54
WD Kerstin FRANK(オーストリア)

ゲデ子
3Lz-3T fall 3S 2A
ガリガリからいいぐらいに体を調整してきました。3Tがアンダーローテーションで転倒でしたが、他のジャンプで乱れなかったです。いつもスピードをコントロールできずにスピンもステップもトランジションですら失敗しまくっていたので、今回はそれがなかっただけでも大進歩。PCSしょっぱいかなーちょっと。第1グループだからしょうがないか。

キーラ
3F fall 1Lo 1A
TESはしょうがないとしてもPCSが・・・・・そんなに崩壊してないですよ。よくもないけど。

シャルトラン
2A 3Lz-3T 3Lo
回転の足りないところはありますが前半がすごいだった中で空気のリセットに一役買ったかな。雑ではあるけどトランジションとかしっかり入れているんだなーということに気がつきました。もう少し丁寧にやってくれ。

ラジコワ
3Lz-2Lo 3Lo 2A
世界ジュニアに続き安定したいい演技を披露してくれました。世界選手権なのでPCSが他選手と比べられて低く出てしまうのはしょうがないか。もうちょっと出てもおかしくない出来でした。いいプログラム。ちゃんと死にそうなジュリエット。

本郷
3T-3T 3F 2A
ぴょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!氷に勝ったああああああああああああああああああああああああああああああああああああ回転不足がとられるようなジャンプではなくて、きっちりと回っております。わったーわったー62点だーパーソナルベストだー。演技が丁寧になったような気がする。

エドモンズ
3Lz-3T 3F 2A
中国杯でヤバい演技をしたこの会場。今回はその借りを返しました。シーズン前半に気になっていたステップの動きのもたつきが改善されて、歯切れのいい表現が出来るように変わりました。ポーズを止めるところはピッと止めるというのフラメンコでは大切ですものね。アテンションがついて少し点数は伸びなかったけど、eじゃないからオッケー。

ジジュン
3F-3T 3Lo 2A
そんなに得意そうでもないループを単独ジャンプに入れました。んでもって流れの中でクリーンな成功を見せました。彼女のルッツでは「はい、私のジャンプにeマークをつけてください」と言わんばかりのインサイドですから。ジジュンのお馴染みバレエ路線プログラムではありますが、いい調子のときに滑るといいなーって思います。クリアな滑りでした。ステップ中の音に合わせた小さいトゥステップがかわいい。強烈な大歓声の中ではプレッシャーも大きかったでしょうが、第1ステージ突破ということで。

佳菜子
3T-3T 3F 2A
フリップは危なかったですが。はあ・・・魅せられる。トランジションから加速して2Aでツイズルやって即座にステップに移るあの流れは本当に素晴らしい。ステップには+2が並ぶのは当然だと思うし、PCSしぶちん派の僕ですらコレオグラフィーやインタープリテーションは8点に届いても全然おかしくないと思うのです。佳菜子ってやっぱいいね、うんいい。素敵なスケーターだ。

メイテ
3T-3T 3F 2A
今シーズン、ミスがちょいちょいと出てしまっていた彼女ですが今日はしっかりとジャンプを成功させてきました。本人が思っていたよりは点数が出なかったでしょうか。

ヨシ子さん
3Lz tano 3T-3T shaky 2A
2Aの後のお手手ビラビラーの振付は露出狂みたいでいいなあ。日常で使えそうな動き。彼女は普通の回転方向の選手なのに、逆回転の選手のように見えるようになった。おそらく女子選手で逆回転の選手がスケーティング上手い選手率が高いから。動きの一つ一つが本当にオシャレで気持ちいい。シーズン初めはしっくり来なかったこのボーカル入りも、今は彼女じゃないと滑れないってぐらいになりました。

リーザ
3A 3Lz 3T-3T
ぐおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお女子史上最強のジャンプ構成いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいぐうの音もでない完璧な3A決めたあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああリーザ!リーザ!リーザ!リーザ!地元のオリンピックを逃してからの、試合出まくりで最後の試合で3A成功とかお前は少女漫画の主人公か!!!!!おったまげだわ。歴代最高出ると思ったんですけど、今大会のPCSちょっと抑え目だからなあ。でも素晴らしいことには変わりない。TES44.09って男子ですもんね。この点数男子のPCS換算だと86点ぐらいだから最終グループに入れるな。

ゴールド
3Lz to 3Lo shaky 2A
四大陸で「世界選手権に出るかはまだ決めていない」と言っていたけど、その言葉はなんとなく言ったのではなくて、きちんと理由があったのかもしれないと思わされるジャンプの崩れっぷり。滑りは素晴らしかったですけどもね。一気に女性的にで素敵になったから、挽回して欲しいですよ。思ったよりTES出たけど、ノーミスなら68~70ぐらいだったでしょうし、引き算したらこんなものか。

宮原
3Lz-3T 3F 2A
ノーブルな演技が得意というよりは、ガチノーブルスケーターである大先生。キャメルスピンの出るところとか、レイバックスピンに行く前のバレエジャンプとか、直接エレメンツの質には影響を及ぼしはしないようなところが、しなやかで美しい。PCS全て5項目に乗って一安心。

ポゴリラヤ
3Lz-3T 3Lo fall 2A
ジャンプが降りられるか一番心配だった人がああああああああああああああああああああ転倒してしまった。でも2Aの質はいいという。何で得意のジャンプ失敗したときは苦手なアクセルが綺麗に入るんだよー。肩大丈夫でしょうか。

ラジオノワ
3Lz-3T 3Lo 2A
さすがに聴き慣れはしたけれど、相変らずiPodをシャッフルしましたーみたいなおかしな編曲だ。3Lz-3Tや2Aの質がそれほどよくなかったし、PCSも長攻めなので70点に乗らないというのは納得。

アシュリー
3Lz-3T fall 2A ot 3F td
3-3の転倒はさておき2Aの失敗はアカンかったですね。焦って降りることに集中しすぎたのかタッチ癖がまた出てもいます。ジャンプ以外はいつものアシュリーでした。まさかの今回もルッツにeマークが付かなかったのでじーーーーーーっくり見てみました。確かにアウトかイン、どちらかで答えなさいと問われればアウトでありました。フラットだけど限りなくアウトっぽいフラット。eではないですねって質でした。全米の臭めのルッツを直してきたか、それはすごい。

ジャンプの判定は妥当中の妥当なものばかりで、一部の方の恐れる天野さんの厳しい判定というのは見られませんでした。3人の多数決なので1人の意見のみが突き通されるわけではないですけどね。ジャッジの方がちょっと辛いかな?というぐらい。四大陸並みで、ユーロと比べると辛い、ソチオリンピックと比べると激辛。でも僕はソチオリンピックみたいなジンバブエドルジャッジよりも、今日みたいな方がいい。本当にいい演技に点数が出るから。日本の3選手のすごいところは、点数を高く出してくれる自国の日本のジャッジが入っていないのにこの点数を出せたところ。素晴らしい。

ロシア2、日本3、中国1の最終グループではありますが、3位~9位あたりは順位が大きく変わるやもしれません。アメリカが3枠怖い位置ですが、取れなければ「あー残念だったー」でいいんですよ。もし自分の応援している選手が枠獲れなかったらどうします?「○○選手はよくがんばったよ!」って言うでしょう?それと同じ。

キーラは本当に残念。いいプログラムだっただけに余計に残念。LPは録画にすら残せないのかあ。国別が日米露加中仏だから、エキシ枠キーラにしようで・・・・・んでLP披露してもらうの。ついでに胃腸炎で引退試合出られなかったガジさんも。胃腸炎といえば棄権したフランクさんも胃腸炎とか。中国大丈夫?

男子は両方生放送で盛り上がるし、女子は3人最終グループで録画でも盛り上がるし、フジテレビはウッハウハじゃないかな?世界ジュニアの放送見たら中村アナがテレ朝の大半のアナウンサーよりも実況がよくなっていて安心しました。だから明日の早朝録画見てみよう。
Comment:8
2015
03.26

偉大な記録

僕はISU公式がツイートしたこの内容が引っかかった

この"record"という言葉は「記録」と捉えればいいのか「記録的なぐらいだよ」と捉えればいいのか。じゃあ、じゃあ調べればいいじゃないか。ということで調べた。105回の世界選手権の中で誰が一番大会に出場したのか。Wikipedia英語版にある選手を1人1人チェックしていきました。

10回 24人
カール・シェーファー(オーストリア)1927-1936
リュドミラ・ベルソワ / オレグ・プロトポポフ(ソ連)1958, 1960, 1962-1969
オンドレイ・ネペラ(チェコスロバキア)1964-1973
リュドミラ・ポホモワ(ソ連)1966-1974, 1976
イリーナ・ロドニナ(ソ連)1969-1978
ジャン・ホフマン(東ドイツ)1970-1974, 1976-1980
ゲンナジー・カルポノソフ(ソ連)1970-1972, 1974-1980
ロイド・アイスラー(カナダ)1983-1994
ペギー・シュヴァルツ(東ドイツ→ドイツ)1989-1994, 1997-2000
コルネル・ゲオルゲ(ルーマニア)1990-1993, 1995-2000
ロクサーナ・ルカ(ルーマニア)1998, 2000-2003, 2005-2009
タチアナ・マリニナ(ウズベキスタン)1993-2002
シェイ=リーン・ボーン / ヴィクター・クラーツ(カナダ)1993-1999, 2001-2003
アレクセイ・ティホノフ(日本→ロシア)1994, 1999-2007
イリーナ・ロバチェワ / イリヤ・アベルブフ(ロシア)1994-2003
イゴール・ルカニン(アゼルバイジャン)2000-2009
ケビン・ヴァン・デル・ペレン(ベルギー)2000-2005, 2008-2012
フェデリカ・ファイエラ(イタリア)2000, 2002-2010
ジェナ・マッコーケル(イギリス)2003-2005, 2008-2014
タチアナ・ヴォロソジャル(ウクライナ→ロシア)2003-2009, 2011-2013
ロビン・ゾルコビー(ドイツ)2005-2014

11回 18人
アラン・カルマ(フランス)1954-1960, 1962-1965
グレゴル・フィリポウスキー(ポーランド)1980-1982, 1984-1990, 1992
ロバート・マッコール(カナダ)1978-1988
トッド・サンド(デンマーク→アメリカ)1981-1982, 1990-1998
エルヴィス・ストイコ(カナダ)1990-1997, 1999-2001
イザベル・デロベル / オリビエ・ショーンフェルダー(フランス)1998-2008
マルタ・アンドラーデ(スペイン)1991, 1993-2002
エレーナ・リアシェンコ(ウクライナ)1994-1996, 1998-2005
マリア・ペトロワ(ロシア)1994-1995, 1999-2007
エレーナ・グルシナ / ルスラン・ゴンチャロフ(ウクライナ)1994-1996, 1998-2005
セルゲイ・サフノフスキー(イスラエル)1996-2006
マキシム・スタビスキー(ブルガリア)1997-2007
アリオナ・サフチェンコ(ウクライナ→ドイツ)2001, 2005-2014
川口悠子(日本→ロシア)2001-2003, 2007-2013, 2015
ナタリー・ペシャラ / ファビアン・ブルザ(フランス)2004-2014

12回 12人
ソニア・ヘニー(ノルウェー)1924, 1926-1936
(5位, 2位, 1位, 1位, 1位, 1位, 1位, 1位, 1位, 1位, 1位, 1位)

ユリア・セベスチェン(ハンガリー)1998-2008, 2010
(19位, 19位, 7位, 18位, 8位, 14位, 6位, 12位, 22位, 12位, 11位, 15位)

マルガリータ・ドロビアツコ / ポヴィラス・ヴァナガス(リトアニア)1992-2002, 2006
(17位, 13位, 9位, 12位, 8位, 10位, 8位, 6位, 3位, 5位, 4位, 4位)

ミシェル・クワン(アメリカ)1994-2005
(8位, 4位, 1位, 2位, 1位, 2位, 1位, 1位, 2位, 1位, 3位, 4位)

シュエ・シェン / ホンボー・ツァオ(中国)1994, 1996-2005, 2007
(21位, 15位, 11位, 4位, 2位, 2位, 3位, 1位, 1位, 2位, 棄権, 1位)

ガリト・チャイト(イスラエル)1994, 1996-2006
(28位, 23位, 18位, 14位, 13位, 5位, 6位, 4位, 6位, 7位, 6位, 6位)

ブライアン・ジュベール(フランス)2002-2013
(13位, 6位, 2位, 6位, 2位, 1位, 2位, 3位, 3位, 8位, 4位, 9位)

トマシュ・ベルネル(チェコ)2002-2009, 2011-2014
(20位, 22位, 19位, QR16位, 13位, 4位, 15位, 4位, 12位, 16位, 21位, 10位)

ハオ・ジャン(中国)2002-2010, 2013-2015
(9位, 6位, 5位, 3位, 2位, 5位, 2位, 2位, 5位, 11位, 5位, ?位)

カロリーナ・コストナー(イタリア)2003-2014
(10位, 5位, 3位, 12位, 6位, 2位, 12位, 6位, 3位, 1位, 2位, 3位)

13回 3人
ウルリッヒ・サルコウ(スウェーデン)1897, 1899-1905, 1907-1911
(2位, 2位, 2位, 1位, 1位, 1位, 1位, 1位, 1位, 1位, 1位, 1位, 1位)

イワン・ディネフ(ブルガリア)1992-1993, 1996-2006
(28位, QR22位, QR13位, 23位, 21位, 14位, 18位, 12位, 17位, 14位, 15位, 13位, 19位)

ドロタ・シュデク(ポーランド)1995-2007
(16位, 13位, 8位, 5位, 3位, 5位, 6位, 6位, 7位, 6位, 7位, 9位, 棄権)

14回
ダニエル・マクグラス / スティーブン・カー(オーストラリア)1985-1998
(11位, 14位, 12位, 15位, 10位, 16位, 16位, 14位, 11位, 10位, 11位, 12位, 16位, 15位)

15回
アルベナ・デンコワ(ブルガリア)1992-1995, 1997-2007
(21位, 26位, 27位, 24位, 19位, 17位, 11位, 棄権, 10位, 5位, 3位, 2位, 5位, 1位, 1位)

デンスタ13


マリウス・シュデク(ポーランド)1993-2007
(17位, 22位, 16位, 13位, 8位, 5位, 3位, 5位, 6位, 6位, 7位, 6位, 7位, 9位, 棄権)

634149829893830000.jpg



16回
チン・パン / ジャン・トン(中国)1999-2013, 2015
(14位, 15位, 10位, 5位, 4位, 3位, 4位, 1位, 2位, 5位, 4位, 1位, 3位, 4位, 5位, ?位)

パントン337

ISUの言っていることは嘘ではなかったのです。105大会のうち16大会に出場しているパントン。世界選手権の歴史の15%に関わっていることになります。赤ん坊がオギャーと生まれてシニアの試合に出られるようになる年月なわけですよ。ISUが拠出して世界選手権で引退セレモニーやっていいぐらいの功績です。そりゃ今まで一番大会に出続けたんだからスケートファンに愛されているのも納得です。

長く続ける選手の特徴
戦前・・・世界選手権に出るだけの潤沢な資金がある選手
戦後・・・国策によるスポーツ振興。東側強くてとにかく長く続ける。アメリカも強かったがあっさり辞める。
冷戦終結・・・国が増え出場機会が増える。国内のライバルがいない。
現在・・・アイスショーで稼げる選手

長く続けるのに大切なこと
*怪我・病気なしに健康でいること
*スケートに必要な経費を差し引いても、生活ができるだけのアイスショーやメディアでの収入があること
*連盟の支援体制が強固であること
*シーズン半欠などをしても、連盟に推されるだけの力があること
*一番楽しい10代・20代を捧げる覚悟があること
*ミニマムスコアを取り続けていくこと

どれが抜けてもこれからは10回を超える出場は望めないでしょう。16回を超える可能性を論じられるのはハオ・ジャンだけ。これから連続出場してピョンチャンシーズンで15回。その次のオリンピックまで続けるとして19回。北京オリンピックが決まれば連盟に続けさせられるでしょうしね。もちろん後輩に抜かれなければの話。これからジャンプが跳べなくなることも十分あり得る。先のことは分からない。
Comment:0
2015
03.25

世界選手権 1日目 ペアSP

オープニングセレモニーで雪組が・・・・・歌っていた・・・・・口パクっぽいけど。生涯ネタに使えるレベルの面白さ。

ペアSP
1 Q Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)76.98
2 Q Qing PANG / Jian TONG(中国)72.59
3 Q Wenjing SUI / Cong HAN(中国)71.63
4 Q Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV(ロシア)71.59
5 Q Cheng PENG / Hao ZHANG(中国)69.67
6 Q Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)67.71 PB
7 Q Alexa SCIMECA / Chris KNIERIM(アメリカ)65.56
8 Q Haven DENNEY / Brandon FRAZIER(アメリカ)61.32 PB
9 Q Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK(イタリア)60.56 PB
10 Q Julianne SEGUIN / Charlie BILODEAU(カナダ)60.53
11 Q Lubov ILIUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)60.32 PB
12 Q Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)58.28
13 Q Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV(ロシア)55.55
14 Q Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)54.48 PB
15 Q Mari VARTMANN / Aaron VAN CLEAVE(ドイツ)47.76
16 Q Amani FANCY / Christopher BOYADJI(イギリス)46.69
17 Maria PALIAKOVA / Nikita BOCHKOV(ベラルーシ)46.17
18 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER(オーストリア)45.99
19 Narumi TAKAHASHI / Ryuichi KIHARA(日本)44.54

イリモー
イリが3Sをクリーンに降りました。失敗したのはモスコビッチさんの方。イリがこんなにジャンプを降りられるようになったなんて本当に嬉しい。ツイストは四大陸よりもよくなったように見えました。イリがすっかり大人になりました。そしてカナダの色になりました。毎日楽しく過ごせているのだと思います。それだけで嬉しい。

アスロゴ
3Sはビューリホー。スローは転倒。リフトが曲の盛り上がりのピッタリのところで上がるから気持ちがいい。マルロゴ時代からリフトは上手だったので安心安定。まあ、ちょっと、今シーズン?落とした?けどね?それはパートナーの体型が随分違うからこれから慣れて行くでしょう。エロ素晴らしい大人の演技でした。

ファンシー&ボヤジ
このラヴィアンローズは、昔見たフランス映画の"世界でいちばん不運で幸せな私"ってやつが頭をよぎる。映画の中で何度も流れるんです。ステップでミラーの動きでホップすうるのが可愛い。とっても可愛い映画だったから、重なる部分がありまして。

ドイツのおじさんシャカシャカ音するクルクルのやつ持ってる。ドイツおじさんって世界中にいるのですね。嫁ウェンデさん素敵なヘアースタイルになっていますね。

マルホタ
安定の3S、スローも綺麗に。練習しているというトリプルツイストは入れてきませんでした。このうるさいボーカルにも全く負けないマルケイの存在感。ユーロで吼えたのはマルケイだったけど、今回はホタレックが吼えた。インタープリテーション7.50すげー。

成龍
3Sは転倒。初めてツイストをトリプルにしましたが大きくもたれかかっておりました。動きが大きくなってきたのはいいことだったと思います。今回の出来ではSP通過できないのもしゃーなしですね。成美がショートカットに。少年みたい。

セガビロ
可愛いプログラムもこれにて見納めです。3S危なかったり、スローもバランスを崩したけどしっかりと片足で立っておりました。映画がコミカルで、ビロドーさんが演じているホテルマンも小ふざけた感じだから、それがよく似合っています。

ヴァネシプ
ソロジャンプで女性が抜けてしまいました。ツイストはいつものやや停滞ツイスト。なんだろうなーパリッとしないんだよなー。パリで練習してるのになあ。

デラモデルは2人の力関係が完全に逆転。デラモニカさん全くジャンプ止められなくなってしまったなあ。

タラモロ
エレメンツの質がどれもよかったですが、プログラムに特徴がなさ過ぎて出がらしのようなコメントさえも出せない。来シーズンのプログラムはもっといい振付がもらえますように。

川スミ
ぶんだばああああああああああああああああああああああああああああ!!!よかった。単にジャンプを降りられただけの演技ではないです。リフトが素晴らしかった。そしてステップでの息の合い方も素晴らしかった。フリーレッグの角度も合わせてきて、これぞベテランの業・これぞベテランの味。んんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんいいよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!

デニフレ
ソロジャンプのサルコウで女性がお手つき、男性が珍しく成功したように見えたけど足をタッチしておりました。だからおあいこです。コーチからジマーマンとフォンタナが抜けてインゴ一人になりました。ということ・・・あんなイロモノこんなイロモノ、イロモノばかりを滑ることにこれから相成るわけですね。

スイハン
中国の観客ノリノリで大手拍子。宴会みたいでした。ノーミスのクリーンプログラムでした。ステップでもずっと手拍子が続いていたので、テンションが上がったからかいつもよりかなりオーバーな体の使い方が見られました。この中でこの演技を出来るのは気持ちがいいでしょう。このプログラムの持ち味の小気味のいいオシャレさは少し打ち消されてしまったけども。

ペンジャン
不安定な女性のソロジャンプがクリーンに入りました。今日は男性の方が危なかったぐらいです。投げ技はいつものいい質、そしてスピンもいつものズレ具合でした。中国で中国伝統のスピンを見せ付けましたな。経験豊富なハオくんでも初めての地元ワールドは緊張したかな。

シメクニ
最初のガニマタの色気出してますポーズからして色気がないことが見えてしまうシメクニ。どうしてこうも情感が出ないのか。ステップの表現もどうしてこうも拙いのか。邦衛さんに全く色気がないのもそうだけど、シメカさんも健康的すぎるんだよなあ。妖しくもなんともないという。女性がサルコウシェイキーで男性がクリーンという珍しいパターンでした。だから平和なキスクラ

パントン
回転不足っぽいけどジャンプ降りたああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!出遅れないで済んだ!!!だからそれでいいのだ。このスイッチャーはデススパイラルの女性の表情を映すのが好きなようだ。デススパイラルの表情でも魅せるパンちゃん。後半トン兄は辛そうだったけど、なんとか明日ももって欲しい。

デュハラド
パフォーマンスは本当に素晴らしかったので、それに引き上げられて、PCSがインフレ化するのは分からないではないのですが。ジャンプを成功させること以外の見所が欲しいです。その上でPCSボーン!ってなって欲しい。昨シーズンの練られたトランジション、一昨シーズンの溌剌とした表現、良作が続いていただけに今シーズンのセボーンではないセボーンプロの造りには首を傾げてしまう。僕が好きではないだけなので、好きな人もたくさんいらっしゃると思います。ネタとしては大好きなんだけどなあセボーン。衣装も好きだし。

上位勢はさすがのミスの少なさでした。
デュハラド→いい演技、ナショナルに次ぐ出来
パントン→エレメンツはこなしたけど、男性の技術力がかなり落ちている
スイハン→いい演技、いつものスイハン
川スミ→シーズン一番の出来
ペンジャン→男性が固い
タラモロ→シーズン一番の出来、プログラムはアレ

今シーズンのペア面白いし、組み替えが成功しているケースも多いんだけど、ほとんどのペアが選曲を外しているように思えてならない。挑戦のシーズンですので、それもいいのかもしれない。僕の視野が狭いんだ、きっとそうだ。うん。

優勝はデュハラドが2ミスしない限りは堅いでしょう。残りの2つにはどこが入ってくるのか全然分からない。とりあえず分からないと言っとけというやつではなくて、本当に分からないやつ。

学徒動員をかけているらしく水曜日なのに客席パンパン。北京五輪~Winter Version~に向けてのアピールのためなのですね。そりゃお金も使いますわな。
Comment:0
back-to-top