2014
03.31

ジェレミー・アボット 引退

世界選手権を終えて、ジェレミー・アボットも引退となります。彼は国際舞台に出てきたのが20代に入ってからだったので「もう?」という感じがしてしまいます。でもこの年齢まで続けてくれて嬉しく思います。彼のプログラムは好きなものがたくさんありました。純粋にスケーティングだけでここまで魅せられるスケーターというのもなかなかいなかったです。ジャンプが安定しなかったので、毎試合毎ジャンプハラハラさせてもらいました。それでも今シーズンはLPでNHK杯からジャンプが安定していたので、この不安定感を拭いきって引退できたわけですね。アメリカ伝統の「普通のボーカル曲」を滑っても魅せられる少ないスケーターですから、長く氷の上で活躍して欲しいと思います。厨二感を失わないおじさんになってください。三大功績は「ジャンプ中の恐怖の顔」、「ラビットラビットの定着」、「3年連続の僕のベストプログラム入り」でした。
Comment:6
2014
03.29

世界選手権 4日目 女子リザルト

アンチとレイシズムこじらせたらろくな人間にならないな。とあらためておもいました。

女子LP
1 Mao ASADA(日本)138.03
2 Julia LIPNITSKAIA(ロシア)132.96
3 Anna POGORILAYA(ロシア)131.24 PB
4 Ashley WAGNER(アメリカ)129.52 PB
5 Polina EDMUNDS(アメリカ)126.91 PB
6 Carolina KOSTNER(イタリア)126.59
7 Gracie GOLD(アメリカ)124.27
8 Akiko SUZUKI(日本)122.70
9 So Youn PARK(韓国)119.39 PB
10 Kanako MURAKAMI(日本)111.58
11 Gabrielle DALEMAN(カナダ)109.06 PB
12 Joshi HELGESSON(スウェーデン)107.95 PB
13 Kaetlyn OSMOND(カナダ)107.72
14 Valentina MARCHEI(イタリア)107.37
15 Nathalie WEINZIERL(ドイツ)106.90 PB
16 Mae Berenice MEITE(フランス)97.10
17 Zijun LI(中国)95.97
18 Eliska BREZINOVA(チェコ)95.81 PB
19 Brooklee HAN(オーストラリア)91.08
20 Anna OVCHAROVA(スイス)89.03
21 Natalia POPOVA(ウクライナ)84.73
22 Anne Line GJERSEM(ノルウェー)80.55
23 Hae Jin KIM(韓国)77.99

女子リザルト
1 Mao ASADA(日本)216.69 PB
2 Julia LIPNITSKAIA(ロシア)207.50
3 Carolina KOSTNER(イタリア)203.83
4 Anna POGORILAYA(ロシア)197.50 PB
5 Gracie GOLD(アメリカ)194.58
6 Akiko SUZUKI(日本)193.72
7 Ashley WAGNER(アメリカ)193.16
8 Polina EDMUNDS(アメリカ)187.50 PB
9 So Youn PARK(韓国)176.61 PB
10 Kanako MURAKAMI(日本)172.44
11 Kaetlyn OSMOND(カナダ)170.64
12 Nathalie WEINZIERL(ドイツ)167.72 PB
13 Gabrielle DALEMAN(カナダ)164.78 PB
14 Joshi HELGESSON(スウェーデン)162.91 PB
15 Mae Berenice MEITE(フランス)158.72
16 Valentina MARCHEI(イタリア)157.64
17 Zijun LI(中国)150.34
18 Eliska BREZINOVA(チェコ)145.15 PB
19 Brooklee HAN(オーストラリア)144.28
20 Anna OVCHAROVA(スイス)143.22
21 Natalia POPOVA(ウクライナ)135.05
22 Anne Line GJERSEM(ノルウェー)130.03
23 Hae Jin KIM(韓国)129.82

マッコーケルは朝の練習で怪我をしたために棄権だそうです。これが引退試合なのに・・・引き伸ばせば良いんだ。夫もよくやってたから。

マルケイ
2A-3T 3Lz 2F 2A 3S 3Lz-2T 3S-2T-2T
第一滑走から良い演技を見せてくれました。1つ目の3Lzはとても綺麗でした。えっちなマルケイさんはこれで見納め。彼女はこれからの事はまだ決めていないようですが、続けてくれるんじゃないかって勝手に思ってます。

ヤシェム
3Lo 2S-2T-2Lo 3T 3Lo fall 3T-2T 2A 3S ot 2A fall
ジャンプを一生懸命やっているんですけど、それ以外の箇所が寂しいです。2人を邪魔するものを無慈悲に蹴散らしそうなマリア。どれぐらい無慈悲かというと、北朝鮮のニュースの「無慈悲」ばりに無慈悲。

ポポワ
3F fall 3Lo 3T-2T-2T 3T ot-2T 3S-2T 3S 2A fall
転倒が残念でした。バレエのプログラムなのでもう少し美しく体を使ってキビキビと見せて欲しかったです。コレオシークエンスのスパイラルのところも、なんともいえない微妙なポジションで進んでいきました。でも「アリガトウ」ってキスクラで可愛く言ったから全然オッケーだよー!

ヘジン
3Lz-2T 3F fall 3T 3Lo df 1Lz 3F-2T 2A-2T-2Lo
ブラックスワンはクソ映画だって聞いていたのでずっと見ていなかったのですが、たまたま見る機会があったので見たらそんなことは無かったです。普通よりは良い映画でした。彼女の表現やり過ぎなぐらいなんですけど、倒錯的な映画のテーマには合っているのかもしれません。ジャンプが重そうだったので残念な結果に終わってしまいました。

ブレジノワ
2A-2T tano 3Lz 3Lo 3T 3T-2T tano 2F-2T-1Lo? tano 2A
シスターオブミハルおつ。予定構成からは少し変えてきました。3Lzと1本目の3Tの質が素晴らしかったです。とても高いジャンプを跳ぶ選手ですね。抜けてしまったのが1つありますがジャンプはきちんと回転して降りてくるので問題ないです。3Sも苦手なんですかね。もう1種類増えると良いですね。

ヨシ子さん見逃したああああああああ・・・・・でもママがめっちゃ飛び跳ねてたから良い演技だったのですね。点数もパーソナルベストをドーーーーンと超えてきました。ついにスウェーデンのエースが取って代わるのか?

ソヨン
3Lz 2A-3T 3F 3Lo 3Lz-2T-2Lo 2A 3S-2T
ノーミスうううううううううううううううううううう!!!ギリギリのジャンプが無くてマジモンのノーミスでした。ほとんどのジャンプがプラスの評価を得られそうです。ジャンプにも滑りにも癖が無いので見ていて気持ちが良いです。今16歳でこれから成長期でお肉がついてくると思いますが、それを乗り越えてがんばって欲しいです。119点とはすごい。アッと驚く為五郎。

ブルックリーはん
3Lo-2T 3Lz fall 3T-2T 3S 3T fall 2A 3S shaky
転倒が残念でした。この点数が出やすい流れでジャンプをまとめたら100点に乗ったのに。僕の愛しのキャメルスピンは今日も綺麗でした。最後のスピンからの音楽にピタッと合ったフィニッシュ好きです。ステップのところの腕の動かし方、なんだかカクカク不自然な動きに見えて、手術中の医者の腕みたいでした。だから動かす度にメス、ガーゼ、鉗子って言っておきました。楽しかった。

オフチャロワ
3Lz-2T 3F 3Lo-2T 2Lz 2A 3Lo fall 2A-2T-2Lo
抜けと転倒と、もう一つ関係ないところでの転倒がありました。コンビネーションジャンプのセカンドが低いところはもうちょっとがんばれ。オフチャロワはロシア人なのにグレン・ミラーメドレーなんで絶対使わなそうな選曲するんですね。ユーロすら選択はしなさそうですよこれ。常に笑顔の選手なのでとても似合っていました。

ジジュン
3F-2T 2A-3T 3Lz 3S-2T-2Lo 3F so 3Lo 2A
ジャンプの回転不足だからか点数が伸びません・・・可愛いだけじゃ点数は伸びませんですね。トランジションでの転倒もありました。PCSも辛辣な評価ですが、昨日は滑走順にも恵まれて出過ぎだったと思うので、これぐらいが妥当だと思います。

デールマン
3Lz-2T 2A-3T 3F-2T-2T 3Lz 2A 3S fall 3T
3Lz-3Tは最初から予定をしていなかったようです。最近珍しいコンボ前半ハイパー固め打ち構成。3Lzはとても迫力がありました。よーーーく上がりますねえ。ジャンプの後に工夫を入れたりしていますし、曲に合った滑りとスピードなのが良かった。特にコレオシークエンスはエッジで鹿の首かっ切ったるわ!的な勢いを感じました。最後のスピンも良かったです。

オズモンド
3F-2T 2A-3T so 3Lz 3S fall 3F so 2T-2T-2T 2A so
ステップアウトパラダイス・・・・・加点を得られるジャンプが3F-2Tしかありません。軸がほとんど曲がっていました。

佳菜子
3T-3T 3Lz shaky 3Lo 3F-2T 3F 2A 3S-2Lo-2Lo
ジャンプが詰まったところが多くて本調子では無かったと思います。回転も多くのジャンプが足りていません。ジャンプが全て終わった後は表情豊かになりはするのですが、ジャンプ前の待ちが曲から離れてしまっているのと、ジャンプ連続の場所は何も無いので・・・ジャンプを失敗しても見せられるようになって欲しいです。

ヴァインツィアール
3Lz 3Lo shaky 3Lz-2T 3T 3Lo-2T 3S-2T-2T 1A
八木沼さんが3Lzの前にエッジに引っかかった説明しとる時に被せてくるって頭おかしいんかおっさん。実況中は佐村河内ですか?彼女史上最もジャンプが成功しました。ただ加点を得られるようなものがほとんど無くて、3Tぐらいでしょうか。後半はスタミナ切れを起こしてステップ、コレオシークエンスまで表現はできていませんでした。

エドモンズ
3Lz-3T 3F-1Lo-3S 2A 3F 3Lz 3Lo-2T 2A
3-1-3は男子ではトレンドになっているらしい。ロシア女子たくさんやっとりますよ。全米やオリンピックでは軽くストンと転倒してしまった後半のジャンプも今日はきちんと降りました。彼女は回転足りているんだか足りていないんだか、よく分からないです。サラーっと降りていくので。他の選手ならもっと分かりやすいのに。調子で言うと前の大会2つの方がよくて、体も今回よりもよく動いていたので今大会は+1という感じ。それでもきちんと成功させてくるのはすごい。ここから半年の間に体の大きさはどうなるのか。

メイテ
2A 3Lz fall 3S-3T 3F fall 3Lo-2T 3Lo fall 2A-3T fall
おう・・・コケ祭り。久しぶりにこんな悪いメイテを見ました。こんなこともあるさ。こういう時は大会運営のせいにするよろし。ホテル遠すぎ。

アシュリー
3F 2A-3T 3S 3Lo+2A 3Lz 3Lo 3F td-2T-2T df
2Aの跳び方がりっぽんぽんみたいに思いっきり背中反らせたやつになっています。あれは軸がおかしな事になるから止めておいた方が・・・無意識になってしまうんでしょうか。シークエンスの助走無い2Aの方が綺麗なんですよ。3F-3Tには跳ぶメリットが無いので、2A-3Tで良かったです。最後の最後に足にきてしまったからタッチ癖&回転不足が発動してしまったのですが、ジャンプを全て降りてからのコレオドヤシークエンスは素晴らしかったです。GOE+2ドヤ!この時点でアメリカ3枠はどう転んでも確定。良かった良かった。そろそろアシュリーはNHK杯の恋人として戻って来てください。

カロリーナ
3Lz 2A-2T 3F-3T fall 1Lo 1F 2A 3S-2T-1Lo
あーーーーー・・・・・最近のカロリーナの中では最悪の部類の演技が。それにしても何で3Lz失敗しないんだろう。助走はめっちゃ長いんだけど、一番失敗率低いの3Lzですもん。これは来シーズンですね。ノーミスなら150点出ます、間違いなく。ということで150点出してから引退してください。

あっこちゃん
2Lz-2T-2Lo 2A-3T 3Lz 3F 3Lo 3S-2T 3S
1つ抜けてしまいましたが良い演技でした。現役最後でこれだけの演技ができるということは本当に素晴らしいです。加点を得られないであろうというところはありますが、やれることはやりきった。very Akikoでしたよ。

真央
3A 3F-3Lo 3Lz 2A so 3S 3F-2Lo-2Lo 3Lo
TES速報が76点って男かwww2A-3Tが入っていれば速報が81点とかだったわけですね。3Aは昨日より良かったと思いました。しっかりと完璧に回っていました。ドドドドドドドドとTES速報から下がってしまって残念でしたが、ジャンプ以外のところはオリンピックよりも素晴らしかったです。ステップコレオシークエンスは+3って感じでした。って3Aの回転足りてなかった。私ノメハフシアナデシタ。セカンドループもダメでした。

リプ
3Lz-3T 2A-2T-2T 3F 2A-3T 3S fall 3Lo 3Lz
ジャンプの質が芳しくなかったです。でもそもそもリプのジャンプの質って+2が並ぶ程いいか?っていう根本的な疑問が。レイバックはいつもよりよく無かったですし、コレオシークエンスもちょっとスピードが無かったですし、転倒があったけど良かった。とは言えない演技でした。

ポゴリラヤ
3Lz-3T 3Lo-1Lo-3S 3Lz 3Lo-2T tano 2A 2A 3F
ああああああああああああああああああああ鬼門の2Aがあああああああああああああああああああああ質がいい。3Fにeマークが付く以外はジャンプは加点ではないでしょうか。2本目の3Lzがとても良かったです、ふわっとしていて。ステップは結構良かったと思いますが、コレオシークエンスが物足りなかったです。スパイラル2つをただやった!という風に見えてしまって、人魚さんがテーマなのでもう少し柔らかさも出して欲しかった。殺戮人魚かもしれないけれど、僕パイレーツオブカリビアン見たこと無いんです。

ゴールド
3Lz-3T 1A 3Lo 3F 3Lz 3S-2T-2T 2A fall
また嫌なパターンでした。「ノーミスであればメダルを狙える」という。スイハンと同じやつだ。ジャンプの質があまりよく無かったですが、失敗あってもきちんと表情作って演じたところは素晴らしいことだと思います。他の選手も見習おう。

真央が3回目の優勝、リプは初メダル、カロリーナは3つ目の銅メダルです。カロリーナがメダルとれるとはさすがにおもわなんだ。LPよりもSPの方が絶対的に大切であると、この4日間を通して思いました。転倒の減点が屁でも無いので男女シングルペアはディダクションを1.5ないし2.0にすることを考えてもいいのでは無いかと思います。ダンスはそのままで。

来シーズンの枠は
3枠 日本・ロシア・アメリカ
2枠 イタリア・韓国・カナダ
です。ロシアが3枠復活、中国が1枠減らしました。

世界選手権は終わったけれど、まだシーズンは終わっていません。ガルデナスプリング杯とトリグラフ杯があります。油断したやつ、はいダメー。
2014
03.29

世界選手権 4日目 アイスダンスリザルト

ブログのアクセス見て分かるのが、一般人気は女子・ファン人気は男子。はっきりわかんだね。

アイスダンスFD
1 Elena ILINYKH / Nikita KATSALAPOV(ロシア)108.71
2 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT(フランス)107.17 PB
3 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)106.21 PB
4 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)105.73 PB
5 Madison CHOCK / Evan BATES(アメリカ)99.88 PB
6 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI(アメリカ)95.02
7 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)94.44
8 Victoria SINITSINA / Ruslan ZHIGANSHIN(ロシア)93.24 PB
9 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND(イギリス)92.45
10 Alexandra PAUL / Mitchell ISLAM(カナダ)91.08 PB
11 Julia ZLOBINA / Alexei SITNIKOV(アゼルバイジャン)88.23
12 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)86.79 PB
13 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)86.38 PB
14 Nelli ZHIGANSHINA / Alexander GAZSI(ドイツ)86.10
15 Isabella TOBIAS / Deividas STAGNIUNAS(リトアニア)85.35
16 Alexandra ALDRIDGE / Daniel EATON(アメリカ)84.03
17 Sara HURTADO / Adria DIAZ(スペイン)82.41
18 Cathy REED / Chris REED(日本)80.95
19 Irina SHTORK / Taavi RAND(エストニア)77.35
20 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR(トルコ)70.95

アイスダンスリザルト
1 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)175.43 PB
2 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)175.41 PB
3 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT(フランス)175.37
4 Elena ILINYKH / Nikita KATSALAPOV(ロシア)174.38
5 Madison CHOCK / Evan BATES(アメリカ)167.59 PB
6 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI(アメリカ)158.57
7 Victoria SINITSINA / Ruslan ZHIGANSHIN(ロシア)155.35 PB
8 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)153.86
9 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND(イギリス)153.66
10 Alexandra PAUL / Mitchell ISLAM(カナダ)148.76 PB
11 Nelli ZHIGANSHINA / Alexander GAZSI(ドイツ)148.37
12 Julia ZLOBINA / Alexei SITNIKOV(アゼルバイジャン)145.24
13 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)141.49
14 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)140.77
15 Isabella TOBIAS / Deividas STAGNIUNAS(リトアニア)140.72
16 Sara HURTADO / Adria DIAZ(スペイン)137.47
17 Alexandra ALDRIDGE / Daniel EATON(アメリカ)137.37
18 Cathy REED / Chris REED(日本)136.13
19 Irina SHTORK / Taavi RAND(エストニア)130.38
20 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR(トルコ)124.02

ウルディア
男性がセカンド、女性がサードツイズルで失敗でした。失敗はそこぐらいで評価は高まってきています。オリンピックはハイパーインフレだったのでこれぐらいが妥当なところだと思います。今日も減点ストレートラインリフトは減点されませんでした。パトリスが五輪でのスペインジャケット着てる。シャツとパンツの組み合わせによっては日常使いできそう。ほしい。

アルイー
試合の度に良くなっているような気がするアルイー。体がデカいから慣らすまでに時間がかかるのかしら。細かい動きをするのに何回も練習してスムースにこなせるようにならないといけないから。このボリウッドはこれでいいやって結論に至りました。来シーズンは同門2組との潰し合い!

アリアル
ストリーミング死亡。トルコ応援団すごいみたいですね。国旗配ったのか。

シュトラン
衣装の配色がテサモエをパクじゃなくてインスパイアされているんですねきっと。ツイズルは女性が失敗でした。いつも男性が失敗すると思わないことね!ローテーショナルリフトは柔らかい感じで曲の雰囲気を壊さないものになっていました。後半になると男性の体力がみるみるうちに落ちてきて、映画とは別の方向にお別れみたいになりそうでした。ランドがヒゲ生やしてる。大人ニナッテルナー。

ギニャファブ
この組のロングリフト素晴らしいですねえ移動距離もそうですけどポジションチェンジのスムースさもいいです。僕ならGOE+2あげちゃう!昨シーズンの四季がとてもスピードがあって流れが止まらない良いプログラムだったので、どうしてもそれと比べてしまっていたのですが、今回の演技は本当に良い演技だったと思います。シーズン一番だったと言っても良いです。

パパシゼ
レベル取りこぼしパラダイスのパパシゼですが今日は彼ら比でしっかりレベルを取れていました。ステップはレベル3取れたみたいですし、ツイズルはレベル取れていないんですけど、回転はしっかり揃っていたのでGOEでプラスはもらえます。男女ともにスケーティングはまだまだのカップルなのでこれからに期待です。枠とかは関係ない位置にありますし、しっかりと滑れてとりあえずOKということで。

トビスタ
このプログラムは彼らのハマりプロですねホントにねえ。スピードがしっかりと出ていたので爽快感がありました。ロングリフトの前にペアのリフトでもやるんか?っていうぐらいに助走つけていたのは笑ってしまいました。後半項目はパパシゼより上だけどスケーティングスキルやトランジションは下。これは納得できますね。ちょっとシンプルでランも多かったですから。パパシゼは変なこといっぱいしますもん。

ズロシト
このプログラムはもうちょっとこうステップに変なことをしてくれたらなーと思うんですよね。ステップの時腕の動きプラプラしてるのもちょっともったいないなーって。もっと力込めてより一層変なプログラムにしていって欲しいわけですよ。演技終わってTES3点上がったー。

リード組
ツイズルはキャシーがブレてレベルが2になりました。ステップ1つレベル2になってしまったのでここだけで4点ぐらい失ってしまいました。スピードはあったので、そこは良かったと思います。現役を続けていくそうなのでまた来シーズン。今はゆっくり休んでくれー。怪我ある中ネーベルホルンからフルシーズン本当にがんばった。

ポルイス
こちらの演技もオリンピックとは別人のように良い滑りでした。ツイズルの2本目の入りで少し停滞しましたけど、きちんと流れていきました。すごくスピードがあって滑らかな滑りでした。映画のテーマには全く合っていないんですけどね。女性には既婚女性の雰囲気ないし、男性は王って言うにはおぼこすぎる雰囲気だし。というか王やるならボサボサ髪じゃなくて髪セットした方が良かったんじゃないのか・・・いいのか?

シブタニズ
最初のストレートラインリフトのひでおの頷きがすごく気になる。あれはリズムを取っているのだろうか。Man in the mirrorのところがやっぱ気になる。あそこはあまり好きじゃない。スリラーは好きなんですよね、あの導入部のサイドバイサイドの振り付け好き。もう少しスリラーに入ってからスピードを出してさらに迫力を出して欲しいのです。スタミナ的な問題なのかなんなのか。ひでおよ、ここはコロラドスプリングスじゃないぞ。

ジガガジ
ツイズルでガジさんがミスって、ローテーショナルも回し損ねて・・・・・全体的にミスが多かったです。スピードも少し足りなかったですしね。こういう時は日程とホテルのせいにすればいい。そもそも男女を夜の放送に合わせてカップル競技の日程適当にしすぎ。

ペニコラ
エレメンツの失敗は無かったです。このカップルの評価が高い理由はきちんとエレメンツを決めるところと、ぬめぬめきちんと滑られるところ。評価が突っ切れない理由は伸びるスケーティングではないところ、どうしてもペアっぽすぎるところに。これからも上がったり下がったりを繰り返しそうな。でもトップ10に入れてよかった。

パイポー
加点の嵐でした。これが僕が待っていたパイポーのプログラムの評価なのですよ。この独創性は今シーズンの全プログラムを見ても唯一無二でありますから。ツイズルの2つ目で男性が乱れましたが、きちんとレベルはとれています。0ぐらいの質で済むものだと思いますし。本当にあっという間に終わってしまいました。7点代後半の評価をもらえました。いいねー。

シニジガ
ツイズルみんな失敗しまくりの中で綺麗にスタートしました。このプログラムはペアっぽくはあるんですけど、若々しい迫力と爽快感があって僕は好きなんですよ。リフトはちょっと重そうですけど、これはこれでいいのです。解散しないでね。

ペシャブル
あああああああああああああああああああああああああああああああああああああよかったあああああああああああああああああああああ失敗しなかったあああああああああああああああああああああちょっと慎重だし、加点出しすぎだけど最後だからああああああああああああああああああああ許してええええええええええええええええええええ
んんんんんんんんんんんんん出しすぎwwwwwwwwwwwwwwwwでも許してえええええええええええええええええええ今日だけはあああああああああああああああああ

チョクベイ
最初からクライマックスのプログラムもクライマックスを迎えました。今大会は女性の滑りがいつもに比べると悪かったので、いつもにもまして曲の壮大さにかき消されてしまっていたような感じがしました。結果は残してきましたが少し戦略ミスという感じはするので来シーズンのはそろそろイロモノください。ドクトルジバコにレミゼに・・・イロモノ無いと死んじゃう。

イリカツ
昨日の失敗から一夜とても良い演技でした。ステップのレベル1つ上でもギリギリ届きませんでした。これが果たして最後になるのかどうか。モロゾフの反応の方が演技よりおもしろかった。

カペラノ
あまりにもスピードが足りなさ過ぎました。エレメンツが慎重すぎて、エレメンツやるよーな演技になっていてトランジションのスカスカやリンキングフットワークもイリカツに比べるととても目立ちました。この2組が連なって滑走すると差が見えすぎてしまうんですよね。レベル4ステップとっておきたかった。と思ったら1位きた。0.06の差。これが勝負の世界。

ウィバポジェ
最終グループで一番元気だったウィバポジェ。途中までTESがすごいことになっていて絶対優勝するっていうところだったのですが惜しかったです。ツイズルで失敗してもいました。このプログラム最後に良い形で締められました。PCSはカペラノと0.01差でした。本当に僅差でした。

長年頑張ってきた&辛酸なめ子だったカペラノと、ハイパー人格者できちんとここに照準を合わせたウィバポジェが結果を出せて良かったです。イリカツマジでどうすんだよ・・・。ペシャブルを勝たせたいというのはジャッジ側もそう思っていたとは思うのですが、こればかりはしょうがない。

点数は全組に言えますけど出過ぎも出過ぎでした。みんなへろへろなのに・・・。ボタン1つ押し違えるだけで順位の変わる点差なので順位に対しては素直におめでとう!と言いたいです。みんな4年間続けてね。ナタリーめっちゃ悲しそう。

来シーズンの枠は
3枠 カナダ・ロシア・アメリカ
2枠 イタリア・フランス・イギリス
となりました。ドイツは残念ながら枠を減らしましたが3枠の国はキープでした安心しました。
2014
03.28

世界選手権 3日目 男子リザルト

日本だとスケーターはロックスターのような扱いを受ける。という海外メディア。日本でスターというとスター錦野しか思い浮かばないからパッとしない表現である。

男子LP
1 Yuzuru HANYU(日本)191.35
2 Tatsuki MACHIDA(日本)184.05 PB
3 Javier FERNANDEZ(スペイン)179.51
4 Jeremy ABBOTT(アメリカ)166.68 PB
5 Maxim KOVTUN(ロシア)162.71
6 Takahiko KOZUKA(日本)152.48
7 Chafik BESSEGHIER(フランス)147.39 PB
8 Max AARON(アメリカ)147.34
9 Nam NGUYEN(カナダ)147.31 PB
10 Kevin REYNOLDS(カナダ)146.99
11 Han YAN(中国)145.21
12 Ivan RIGHINI(イタリア)143.66 PB
13 Alexei BYCHENKO(イスラエル)141.51 PB
14 Peter LIEBERS(ドイツ)137.90
15 Tomas VERNER(チェコ)134.06
16 Jin Seo KIM(韓国)133.24 PB
17 Elladj BALDE(カナダ)132.55
18 Jorik HENDRICKX(ベルギー)131.22
19 Christopher CALUZA(フィリピン)128.54 PB
20 Abzal RAKIMGALIEV(カザフスタン)121.78
21 Zoltan KELEMEN(ルーマニア)113.58
22 Maciej CIEPLUCHA(ポーランド)112.90
23 Stephane WALKER(スイス)99.51

男子リザルト
1 Yuzuru HANYU(日本)282.59
2 Tatsuki MACHIDA(日本)282.26 PB
3 Javier FERNANDEZ(スペイン)275.93 PB
4 Maxim KOVTUN(ロシア)247.37
5 Jeremy ABBOTT(アメリカ)246.35 PB
6 Takahiko KOZUKA(日本)238.02
7 Han YAN(中国)231.91
8 Max AARON(アメリカ)225.66
9 Chafik BESSEGHIER(フランス)224.19 PB
10 Tomas VERNER(チェコ)223.14
11 Kevin REYNOLDS(カナダ)215.51
12 Nam NGUYEN(カナダ)214.06
13 Ivan RIGHINI(イタリア)213.09 PB
14 Peter LIEBERS(ドイツ)211.92
15 Alexei BYCHENKO(イスラエル)211.24 PB
16 Jin Seo KIM(韓国)202.80 PB
17 Jorik HENDRICKX(ベルギー)196.78
18 Elladj BALDE(カナダ)195.39
19 Christopher CALUZA(フィリピン)193.23 PB
20 Abzal RAKIMGALIEV(カザフスタン)183.55
21 Zoltan KELEMEN(ルーマニア)176.81
22 Maciej CIEPLUCHA(ポーランド)175.97
23 Stephane WALKER(スイス)163.91

バルデ
4T 3A-2T 3F 3A 3Lz hd 3Lo-2T to 3Lz 3S
4Tは回転を綺麗に回っていたしクリーンな着氷でプラスをもらえそうです。後半に3Lzで失敗してから、もう一つの方にもリカバリーを入れませんでした。1Tでも入れておけばなーともったいない。とてもよく滑っていたのは良かったです。やはりSPと同じくトランジションが無いんですけどね。

ドルジ
3S 3F-1Lo-2S 3A 3A-2T 3F 3Lo 3T-2A 2A
3Fの後の1Loはステップアウトに見える。これ絶対ステップアウトでしょ。ステップアウトとハーフループを分けるあれはないのか。他はきちんと降りていましたけど、それでも点数が伸びない。回転が足りていないものがあったでしょうか。

チェプルハ
2T 3Lz-2T 3F 3Lo-2T 3Lz-2T fall 3S 3Lo 2A
チェプルハさん現役最後の演技だったようですが、これはどこ情報なんだろう。ガサガサ調べよう。太田胃酸、いいくすりでした。

ウォーカー
3A fall 1A 3Lz-3T-2T 3Lz so 3F fall 3S so 2Lo 2S
1本目のアクセルは回転に移るタイミングが遅く、2本目は助走が中途半端なまま上がりました。3Fの転倒がものすごい痛そうだったのでそこからさらに動きが悪くなりました。初めての世界選手権でフリーに残れただけでもすごい。

ゾルタン
1A 3Lz 3F 3A 3Lo shaky 3Lz-2T 3S-2T-2T 2A
最初の予定構成では3連続を2つという変な予定をしていました。ゾルタンも意外なことに世界選手権のフリーに出るの初めてなんですよねー。

カルーザ
3Lo 3Lz-2T 3S ot 3Lo-2T tano-2Lo tano 3F 2A 3Lz 2A
セカセカし過ぎていて曲に合わない動きこれはなんなんだろう。夏休みの宿題やらなさすぎて前日に焦る中学生か。そう考えると緊迫感があるし、最初のパートは急いで確認して埋めまくるところ。スローパートは心地よく眠気が襲ってくるところ。気が付いたら東の空が明るくなってきたあああああどうしよう!!!と再び埋めまくる。ここがコレオシークエンス。うーーーんできなかったからいいやっ!のフィニッシュ。こう考えながらプログラムを見るとめっちゃ楽しい。
チャック閉めるあざといいつものやつ無かった。見たかったのに。

ジンソ
3A-2T 3Lz 3T-3T 3A 3Lo 2F 2S-2T-2T 2A
2代目猫着氷を襲名できそうなジャンプでした。質がとても良かったです。後半2つ抜けてしまいましたけどね。音楽の雰囲気重視の少しトランジションやコレオグラフィーとしては物足りないところはありましたが、表情も使えていたしなかなか良かったのではないかと思います。表情使うのは韓国女子だけじゃなくて男子もなのか。かっこいいのかブスなのか分からない量産型アイドルよりよっぽど可愛らしい顔しておる。

チャッキー
4S 3T 3A so 4T-2T 2A 3F-3Lo 3Lz 3S-3T df
演技開始前にアウッ!って言ったやつ誰だよwwwカナダの三銃士のうちの誰かか?4Tが3Tになりましたが、しっかりと後半でリカバリーを入れました。元々の構成が4Tと3Tの2本ずつの構成なので、あまりごちゃごちゃ計算せずに入れられるのが良いですね。それにしてもカナディアンうるせえwwwステップの上体の動かし方は良かったなあ、昨シーズンのピアノコンチェルトよりも、こちらのプログラムの方が彼の表現だったり体の使い方の進歩をよく感じることができます。低評価PCSに信じられない。第2グループだからって点数出さんのはおかしいぞブーブーブー。

リギーニ
3A hd 3A-2T 3Lz tano 2A 3Lz tano-1Lo-2S 3Lo 2A-3T 3F tano
お手つきが1つあったのと3-1-3の最後がダブルになったぐらいで、あとはジャンプが綺麗に入りました。この演技はちょっとやり過ぎな小芝居的な表現のところもあったのですが、それでも前後半の音楽の演じ分けが明確でとても分かりやすかったというところは素晴らしかったです。手を合わせてお辞儀をする選手が多いので、それはタイ風だろと思いつつも「お金貸して」とアテレコすることによって楽しんでいます。

ニュエン
3A-3T 3A 3Lo 3Lz-2T 3Lz 3S 3F-2T-2Lo tano 2A
ジャンプはノーミス、ギリギリの着氷が一切ありませんでした。ジャンプで失敗しないので体力も最後までしっかり持っていて後半のトランジションもきちんと滑られていたと思います。表現も良かったです。まだまだスケーティングを改良して伸びていって欲しいです。女性の声優が出す男の子みたいな声してる。めっちゃYeah! ってい言ってるYeah! yeah yeah! 意外とPCSは冷静に評価されてるYeah! 発狂してもっと出すと思ったYeah!

ジョリヘン
3A-2T 3A so 3Lz-3T 3S-2T-2T tano 3Lz so 2F 3Lo 2A
前半のうちにプログラム終わらす勢いのおかしな編曲プログラム。冒頭の3Aは成功できて良かったです。きちんとコンボも消費しきれたのにルッツフリップで10点ぐらいロスしてしまってもったいない。スケートのタッチは滑らかなのですが、ジャンプの待ちが多いのでそういうところで評価が相殺されてしまうかもですね。ずーーーっと同じ感じで滑ってしまうのもなあ。ステップとか一部では変わるけど、そのエレメンツとかムーブメント意外の箇所でもっともっと頑張って欲しいです。

アーロン
4S hd-2T 4S to 3A so 3A so 3Lz 3F-1Lo-2S hd 3Lo 3T
ほとんどの着氷が乱れてしまった演技となりました。ジャンプを跳ぶためのプログラムなので成功させなければ助走と立ち止まることの多い見ごたえの乏しいプログラムになってしまいます。ジャンプ後半に6本入ってますよっていうのが見えすぎていました。ネイサンやリプみたいにきちんと溶け込ませないと・・・。

ベセギエ
4T 3A 3Lz 3Lo 3A-2T 3T-3T-2T 2A 3S-2T
ザンボが残した氷と思われるものをリンクサイドにサーっと転がすベセギエさん。ステップの時の体の使い方好きです。ちょっとジャンプして体を前に屈めるのとか、この変わったアフリカっぽいプログラムの雰囲気にピッタリ。前半のジャンプは少しランディングがよく無かったですが、後半はしっかりと質の良いものをおりました。ベセギエ史上最も良い演技です。この衣装腕と胸の水色とゴールドの楕円形の飾りのところに薄いゴールドを背景に置いているので、貼り付けて安っぽくなっている感が無いんですねえ。素敵です。

アボットくん
4T 3A-2T 3F 2A 3A 3S 3Lz-3T-2T 2A-2T
こんなに美しい形で競技生活を終えられるスケーターはどれだけいるのでしょうか。本当に美しいスケートでした。これがジェレミー・アボットです。感動しました、本当に感動しました。

ビチェンコ
3A-2T 4T 1A 3Lo 3F-3T-2T 3Lz-2T 3F 3S
ビチェンコさんがお茶の間に登場するとは。ビシェンコにバイチェンコに名前が安定しないなあ。4Tは引き続き成功させましたが4Tと2本目の3Aの助走が多過ぎる。トランジションも入れようというのは見られるんですけど、フロントスケーティングが多いんです。それから大きくスケートを使うところが無いので、同じテンポの音楽なので常に同じような感じに見えてしまいました。ハイライトを作れるようになるといいなって思います。

リーベルス
4T fall 3A fall 3Lz 3A-2T 3Lz-2T 3S 3Lo 3T
珍しく転倒が2つも出てしまいました。それでもその後は綺麗にまとめられましたけどね。

コフトゥン
1S 4T 3Lz-3T 3A 3A-2T 3Lz 3S-2T 2A
最初にすっぽ抜けたためか3本目は回避してきちんと点数を重ねて行きました。全くジャンプの質は問題が無かったです。ただジャンプ意外のところはほぼ見所が無かったです。体力もいっぱいいっぱいなのか、一生懸命力を入れてスピードを入れていたので表現の方も・・・壮大な曲に完全に押されていました。きちんと枠を確保する演技と心がけたのでしょうね、作戦は成功です。おかえり2枠2枠おかえり。全体的にPCSは出過ぎじゃないかなあ。

トラ
4T df 2T 1A 3F 3A so 1Lo 2Lz 3A
最後の最後が完璧なSPといつものトラ。2A-1Lo-3Sの予定を3Aのシークエンス扱いにして元より基礎点が下がるという。でもここまで失敗すると、もはや意地の方が大切。ハートのクッションもこれが最後ですね。ハートのクッションの人おつ。

まっちー
4T-2T 4T 3A-3T 3A 3Lo ot 3Lz 3F-2T-2Lo 3S
4Tと3A乱れかけましたがおさめて±0ぐらいの質にしました。3Loはマイナスが付きますが大きなミスなく演技を終えました。気持ちが入り過ぎてもはや怖いわまっちー。これからエキシビション、メディアのインタビューやテレビ出演いろいろあるでしょう。期待せざるを得なシェル。火の鳥燃え尽きた。いやむしろ燃やし尽くした。

ハンヤン
3A-3T 2T 3A<< fall 3Lo 3Lz-2T-1Lo 3F-1T 3Lz 3S
今回は4T2本ではなく3A2本という構成にしてきました。初挑戦でしょうか。3Aは回転が足らずに背中をゴーンと打ってしまったのでその後ものすごく痛そうでした。苦手なコンビネーションも抜けてしまいました。コレオシークエンスは短い時間であっという間にリンクの端から端まで行ってしまいました。僕ならGOE+2あげちゃう!やっぱりゴキゲンじゃないと表情使ってくれない。ジャンプ降りてまたゴキゲンで成功してもらおう。

羽生
4S 4T 3F 3A-3T shaky 3A-2T tano 3Lo 3Lz-1Lo-3S 3Lz
なにこれwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwなwwwにwwwこwwwれwwwwwwティムシェル大先生優勝の心持ちだったのに死ぬほどジャンプ堪え倒したwwwwwwwwwwww少年漫画かよ。転倒からの堪えまくりって少年漫画かよwwwwwwwしかも超僅差少年漫画かよwwwwwwwwwwwwwwwまっちーとのPCS差がほぼ無いところに、ちゃんと見てる感があって安心した。

なんですくん
4T 4S ot-2T 3A 4S 1Lz-2T 3Lo 3F-1Lo-3S 3S
結局なんですくんの鬼門は3Lzちゃんなのか、それはそれはいつまでも3Lzちゃんなのか。3Lzをクリーンに入れられていれば可能性はありましたね。でも相性ここまで非常に悪かった日本の試合でこれだけの演技できて良かったです。日本での試合は行かない!みたいな事にならないですから。

こづ
4T df 3A hd 3Lz-1T 3A hd-1T 3F 3S 3Lz-2T 2A
Jスポでニワンが「彼はインサイドエッジの使い方が上手」と言っていました。インサイドエッジでスッと伸びて行くらしいです。こづがアボットくんの下に行けばアメリカが3枠になるので「アメリカの3枠ぶっ潰せ!」という気持ちで応援していたのですが、厳しかったですね。ジャンプのミスはもちろんですが、いつものようなスピードが無かったです。2つ目の3Lzの前のトゥルルッルルルルッルルルルルルってところはもっと鳥肌が立つほどにスピードと音楽表現とがマッチするので、それが全く見られませんでした。だから準備は全然できていないんだろうなって。よくがんばったこづ。

来シーズンの枠は
3枠 日本・アメリカ
2枠 スペイン・ロシア・中国・フランス・チェコ・カナダ
となりました。カナダは1枠減らすことになりましたが、アメリカと中国とロシアは枠を増やします。アメリカは4年ぶりの3枠となります。これがアボットくんの置き土産か。フランスが2枠キープできるなんてベセギエすげーよ。

エキシビションはトップ5とこづとトラでよろしくちゃん。

羽生も大先生もなんですくんもおめでとう。演技後のまっちーと羽生のインタビュー2人で褒め合ってたのは面白いけど、まっちー足りない足りないよ・・・人間ってのは一度与えられたら継続的に与えられないと死んじゃうんです。ああああくれ、語録をくれ。
2014
03.28

世界選手権 3日目 アイスダンスSD

ここに来て時間をミスった。

アイスダンスSD
1 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)69.70
2 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)69.20
3 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT(フランス)68.20
4 Madison CHOCK / Evan BATES(アメリカ)67.71 PB
5 Elena ILINYKH / Nikita KATSALAPOV(ロシア)65.67
6 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI(アメリカ)63.55
7 Nelli ZHIGANSHINA / Alexander GAZSI(ドイツ)62.27 PB
8 Victoria SINITSINA / Ruslan ZHIGANSHIN(ロシア)62.11
9 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND(イギリス)61.21
10 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)59.42
11 Alexandra PAUL / Mitchell ISLAM(カナダ)57.68
12 Julia ZLOBINA / Alexei SITNIKOV(アゼルバイジャン)57.01
13 Isabella TOBIAS / Deividas STAGNIUNAS(リトアニア)55.37
14 Cathy REED / Chris REED(日本)55.18
15 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)55.11
16 Sara HURTADO / Adria DIAZ(スペイン)55.06
17 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)53.98
18 Alexandra ALDRIDGE / Daniel EATON(アメリカ)53.34
19 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR(トルコ)53.07 PB
20 Irina SHTORK / Taavi RAND(エストニア)53.03
21 Tanja KOLBE / Stefano CARUSO(ドイツ)52.08
22 Justyna PLUTOWSKA / Peter GERBER(ポーランド)51.99
23 Federica TESTA / Lukas CSOLLEY(スロバキア)51.56
24 Danielle OBRIEN / Gregory MERRIMAN(オーストラリア)51.06
25 Ramona ELSENER / Florian ROOST(スイス)50.64 PB
26 Henna LINDHOLM / Ossi KANERVO(フィンランド)50.61 PB
27 Gabriela KUBOVA / Matej NOVAK(チェコ)50.43 PB
28 Dora TUROCZI / Balazs MAJOR(ハンガリー)48.49 PB
29 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN(デンマーク)48.46
30 Allison REED / Vasili ROGOV(イスラエル)46.05
31 Angelina TELEGINA / Otar JAPARIDZE(グルジア)42.85
32 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV(ベラルーシ)41.08
WD Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)

ウルディア
レベルは取れていませんが、しっかりと丁寧に滑っていました。ソチでは点数が狂っているぐらいに全体に出ていたので、今回の方が納得できます。点数的には下がっていますが、インタープリテーションは上がっています。インタープリテーションだけではくてこの項目タイミングも評価されます。彼らは振付をゴテゴテと入れずシンプルにやっているので、その分エレメンツと音楽とのマッチングが出来ているわけです。だから評価されるわけです。SDではこの項目のファクターが一番大きいので良かったですね。FDはトランジションが一番高いのでメリチャリは点数が出やすいんです。

オブメリ
しっかりパターンのレベルを取れていましたが、ミッドラインがレベル2に留まりました。それでもPCSの評価は悪くはありませんね。6点も出るようになりました。ミッドラインの2人の位置が近くなっているように思いました。SDはエレメンツが詰まっているので、トランジションでの穴が見えにくいです。

シュトラン
ランドさんの調子というかテンションが高めに見える、すごく元気に見える。レベルはほぼしっかりと獲得していました。少しパターンの2つ目が元気ないかな?というところはありました。そこはスタミナの問題なのか、パターン2つ目はみんなしんどくなっちゃうやつなのか。多分どちらもか。

アリアル
アガウチャは良いにくいからアリアルって言ってます。レベルをちょっとずつ取りこぼしておりましたが、めちゃくちゃ迫力はありました。スピードを出しまくって長身と上体の動きでアピールするという戦法は彼らにピッタリですね。どうしてもシングルからの転向なので真っ向勝負だと勝てないところはありますからね。

ラモフロ
パターンのレベルをしっかりと獲得できていました。この組のSDはシーズン初めから正統派で素敵な雰囲気だなーって思っていました。問題はミッドラインです。男性のエッジが浅いですねえ・・・せっかくの素敵な雰囲気がスケートの質で壊されてしまいました。プログラムで勝負するならカメレンゴは良いけど、滑りとなるとやっぱり・・・と思います。

リンカネ
めちゃくちゃズレたツイズルからスタート。パターンはスピードあったんですけど、2つ目の2人の動きがバラバラだったのが残念。サーキュラーステップでは男性が少しバランスを崩したのと、女性はエッジが浅かったかなーと。女性のツイズルは藤森さんがいたらクイックスリーターンって言われちゃいそうな。きちんとトランジションもあってオシャレな振付でダンスらしいダンスでした。FDを見られないのは残念。見たかったのに。

ベラルシさん
シニアのカップルに混ざるとどうしても技術力が目立ってしまうなあ・・・というところ。ツイズルでブレードを掴めずに回転。それにしても長い。ひたすら長い。体長い。10センチくれ。

デンマクさん
ツイズル2本目で男性が1回転した後に足をついてしまいました。ここで4点も失ってしまいました。本当にそこが無ければ中堅カップルの中では非常に安定した滑りをしていたのでPCSももらえますし、FDに進めていたと思うのですが、いやはやもったいなかった。と思ったらPCSがそんなに伸びなかった。なんでだ、ユニゾンも良いし。なんでなんでなんで。

ポルイス
素晴らしかった。ダントツにスケートが伸びますですね。ツイズルは素晴らしい質でした。ミッドラインがとても滑らかでうっとりしました。この2人の若々しい雰囲気にピッタリのプログラムです。レベルは取りきれてはいないのですが、これがとてもオリンピックでガチガチで力を出し切れなかったカップルだとは思えません。よかったよーよかったよー。

ズロシト
ミッドラインのときのツイズルで水中で揺らぐ海草のような動きをしてシトニコフさんが少しバランスを崩すのがワロス。レベルが取りきれなかっただけではなくPCSも辛辣な評価に。少し今日の演技はスケートが滑っていなかったかもしれません。

パパシゼになってロシアに切られた!!!でもFDに行けるから何よりです!ミュリエル先生来てない。これからはアグノエルメインになるのかな。もしくは+オリビエ。

シニジガ
解散すんなと念を送りまくりながら見ておりました。特にミスはありませんでした。ミッドラインはよく滑っていたと思います。身長差的にいつもリフトを失敗しているのですが、それも大丈夫でした。日本でNHK杯のリベンジできた!演技終わってからTESがぐんぐん上がりました。

アルイー
とてもスピードがあって良かったです。四大陸からアルイーを見る目がかなり変わりました。60度ぐらい変わりました。最後のローテーショナルリフトはジャンプして入るんですけど、そこで上手く持てずに足を付いてしまったので、レベル要件としてとってもらえません。それだけではなく演技から4点もTESが下がってしまって・・・・あああ・・・。通過ギリギリでした。

リード組
良い演技ではあったけど、パターンダンスが2と1という恐らく全カップルで一番取れていない。これはアカン。途中でクリスのズボンの紐が取れてピラピラしておりました。でも演技には影響無さそうでした。と思ったら後からTES上がった。セエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエフ。

トビスタ
ツイズルでレベル取りこぼしました。今日は男性と女性の動きがチグハグしていたように思えます。特にミッドラインは揃ってなかったですねえ。男性の滑りもややシェイキーでした。きっとオリンピックの旗手して疲れたんですね。

ギニャファブ
ツイズルは女性が回転回れずに失敗してレベルを取りこぼしました。パターンもレベル取れず、ミッドラインは男性が3箇所ほどシェイキーな場所がありました。2人とも今回の滑りはよく無かったと思います。彼らもきっとオリンピックで力を使い果たしてしまったのね。

ジガガジ
少し勢いが無かったですが丁寧にエレメンツを行いました。ちょっとキモ成分が足りなかったから物足りなかったけれど、会場のテンションは上がる。すごい人気でした。大きくレベルを取りこぼしたところが無かったです。ここ2シーズンなかなかレベルをそろえることが無かったので良かったですねえ。スケーティングスキルは弟たちの方が上なのに、他は全項目こちらが勝ち。しかもかなりの差があります。さすがです。

シブタニズ
素晴らしいツイズルでした。+2をもらえていました。ミッドラインはひでおがキレキレだったのですが、はるみはちょっと後半勢いが無くなったように見えました。スケートのタッチがソフトなのと、スケーティングスキルで高評価を受けるのはまた別の話なのでスケーティングスキルのこの評価は妥当なところかと。すごーく伸びるってわけでも無いですからね。

イリカツ
途中まではとても良かったし、ミッドラインも+2が付くような素晴らしい質で距離も近くて良かったのに、ニック氏がツイズルで近寄りすぎてセカンドツイズル1回転もできませんでした。大きく点数を失ってしまいました。それでも65点出るのは凄いんですけどね。エレーナはモロをスルーしてキスクラへ。これが最後の試合にならんだろうな?解散嫌よ。

ペシャブル
クレイジーなレベルの歓声がwwwwwホームのレベル。ツイズルでナタリーが回転数足りずに失敗。ファビアンも失敗。2人仲良く失敗。ステップはバタバタしていますし、スピードも無いし、演技の質としてはシーズン最悪レベルなんですけども・・・完全な準備不足ですね。せっかくの優勝のチャンスを生かせなかったです。3点差なんて無いようなもんですし、イリカツのPCSがFDでもっと上がりますから。

チョクベイ
ダンス勢みんな元気ないんですけど、チョクベイも右にならえで元気が無い。というかエッジがとても浅かったです。ミッドライン2人ともふらふらでしたよ。でもパターンダンスで両方レベル4を取ったカップルがいなかったので、やっとか!と。

パイポー
ミッドラインはポールがよく滑っているんですけど、パイパーが目立って浅い・・・・・。ツイズルよくスピードも出て合っていたんですけど、セカンドツイズルでパイパーがスタンブルでした。オリンピックに出ていないので調整不足という感じはしませんでした。他の選手も滑りがいつもに比べると悪いので、まあまあかな?という感じ。FDがんばれー。トップ10キープできますように。

カペラノ
ソチ疲れで他のカップルが沈んで行く中全然調子が悪く無かったカペラノ。メダルどころか金メダルのチャンスでもあるので狙ってきた感じですね。プログラムが大変良いので点数も出ますからねえ。コナン君と蘭ねーちゃんもここで見納めですか。9点台3項目で、パフォーマンスはペシャブルより上でした。納得。

ペニコラ
ツイズルで少しブレたり、パターン2の最後で女性がスタンブルしたり細かいミスはありました。彼らもソチ疲れは無さそうな雰囲気。ソチでそんなによく無かったので、また「ユーロだけか」という事を言われそうだったのでここでそれなりにまとめられて良かったです。それにしてもこのフィンステップの音楽、最初から最後まで違和感しかなかった。普通のじゃいかんのか?

ウィバポジェ
ツイズルは他のカップルより弱いですが、それでも+2をもらっています。トップカップルなので+2はもらえるのです。ステップ系統の加点は芳しくないですが、きちんと雰囲気のある演技だったと思います。五輪のSDでレベルの取りこぼしはあれどあれだけのスコアだったことに疑問だった方もいるかもしれませんが、個人的にはあれは完全に他のカップルに埋もれていたと思うので、今回の方がよかったと思いました。ちゃんと個性が立ってた。

みなさんお疲れモードが演技に出まくっていました。もし仮にFDで全員が同じステップレベル3で他が4という形になった場合、もちろんイリカツがFD1位にはなるでしょう。ただ4点の差をホームアドバンテージ無しに上回れるかと思うと厳しいかもしれません。でも最終に入ったのでまだ分からない。イリカツはボブソロの棄権に助けられたと言ってもいいかも。

ペシャブルはこれで何がどう転んでも絶対引退します。という事を言っていますので優勝して欲しいです。調子はトップ5でダントツで悪いですけど・・・なんとかねえ。お願いします。ツイズル失敗しないでください。ちゃんと踏んでくださいお願いします。お願いします。お願いします・・・からのお願いします。

3枠圏内がカナダ、アメリカ、ロシアですがどうなるでしょうか。
2014
03.27

世界選手権 2日目 女子SP

えんぎちょくぜんはしずかにしようね!

女子SP
1 Mao ASADA(日本)78.66 PB
2 Carolina KOSTNER(イタリア)77.24 PB
3 Julia LIPNITSKAIA(ロシア)74.54 PB
4 Akiko SUZUKI(日本)71.02 PB
5 Gracie GOLD(アメリカ)70.31 PB
6 Anna POGORILAYA(ロシア)66.26 PB
7 Ashley WAGNER(アメリカ)63.64
8 Kaetlyn OSMOND(カナダ)62.92
9 Mae Berenice MEITE(フランス)61.62 PB
10 Kanako MURAKAMI(日本)60.86
11 Nathalie WEINZIERL(ドイツ)60.82 PB
12 Polina EDMUNDS(アメリカ)60.59
13 So Youn PARK(韓国)57.22 PB
14 Gabrielle DALEMAN(カナダ)55.72 PB
15 Joshi HELGESSON(スウェーデン)54.96
16 Zijun LI(中国)54.37
17 Anna OVCHAROVA(スイス)54.19
18 Brooklee HAN(オーストラリア)53.20 PB
19 Hae Jin KIM(韓国)51.83
20 Jenna MCCORKELL(イギリス)50.56
21 Natalia POPOVA(ウクライナ)50.32
22 Valentina MARCHEI(イタリア)50.27
23 Anne Line GJERSEM(ノルウェー)49.48 PB
24 Eliska BREZINOVA(チェコ)49.34 PB
25 Nicole RAJICOVA(スロバキア)49.24
26 Elena GLEBOVA(エストニア)48.09
27 Inga JANULEVICIUTE(リトアニア)47.20 PB
28 Kaat VAN DAELE(ベルギー)46.05
29 Juulia TURKKILA(フィンランド)45.57
30 Anita MADSEN(デンマーク)44.15
31 Kerstin FRANK(オーストリア)44.11
32 Sonia LAFUENTE(スペイン)43.94
33 Netta SCHREIBER(イスラエル)43.39

シュライバー
3Lo 3S-3T fall 1A
第一滑走から3-3ってすごすぎ。残念ながら転倒でしたが高さのあるジャンプを跳ぶ選手ですね。すごくシャープな動きをする選手で四肢がしっかり使えています。昨日まであんだけアンスクエアダンス聞かされて、今日はテイクファイブか。

ヘジン
3Lz 3F-2T 2A
1ヶ月の間に少し丸くなってしまったような気が。これがKOREAN SEICHOKIというやつか。3Lzはステップの後に待ってしまったのでマイナスが付けられました。3Lzに限らずどのジャンプも待ちがあって、「さあ跳ぶよ~」という感じがしてそれぞれの項目から引かれてしまうような感じ。ステップは素敵でした。+1は付きそうです。滑走順も滑走順ですし、四大陸とは出る面々が違いますし、こんなもんですかね。

デールマン
3Lz-2T 3F ot 2A
今日は無理矢理3Lz-3Tをしませんでした。賢い。彼女の演技はスパニッシュというよりもインドの民族舞踊・・・というよりも村人の祭りのような雰囲気。すごく楽しそうなだけどワチャワチャして見えました。スピードが出ているだけに余計ワチャワチャ。最後のガッツポーズはあれだ。あれで覚えがある。スキーのエアリアルでメチャクチャな着地でもとりあえずガッツポーズしとけなやつ。でもこれでパーソナルベストだった。おめでとう。

フランク
3Lz-2T 2S 2A
高いジャンプを持つ選手ですがジャンプ以外が弱くてレベルも加点も取れないので、全て成功させたかったですね。ステップはスケートがフラット過ぎて進まなかったですねえ・・・プログラムの流れが途切れてしまうようなものでした。

オフチャロワ
3Lz-2T 3Lo 2A
久チャロワ。なかなかミニマムを超えられなかったというのが嘘のようにパコーンとジャンプを決めておりました。よく脚が伸びていてジプシーミュージックを滑るに相応しい溌剌とした雰囲気を出していました。止まって表現するところでめちゃくちゃ笑顔だったのがエミリー・ヒューズみたいでした。あんなにドヤってはいないけれど。オフチャロワさんのナチュラル度60%のアリガトウいただきました。

マッコーケル
3F-2T 3T 2A
ジャンプをしっかりと成功させました。レベルが全然取れていないのでそれだけでSP落ちの可能性もありますし、実際ソチではそうでしたからね・・・でもパフォーマンスで6.00が出てよかった。なんとか・・・おねがい。今日が最後なんて嫌だ。

ヤシェム
3S-2T 3Lo 2A
ジャンプをしっかり成功させました。エッジジャンプ跳びまくりー。少し動きが硬かったのと、音楽に対して表現が固かったのと2つのかたかった。でも今シーズン良い感じですねヤシェムさん。小沢真珠にちょっと似ているヤシェムさん。

ラジコワ
3Lz-2T 3S 2A
非常に落ち着いた雰囲気でございました。得意の3Lzは安定していますね彼女。落ち着いた雰囲気でしたし、アメリカ女子らしいラインも持っています。ちょっと落ち着きすぎだったかもしれませんが。

バンダーレ
3S 2A 3T-2T
3Sにコンボを付けられなかったので後半に持って来ました。どのジャンプもクリーンというわけではありませんでした。背中のヒラヒラしたプチマントみたいな布はなんだろう。引っ張りたい。

ソヨン
3S-3T 3Lz so 2A
彼女の3-3は鉄板ですねえ綺麗。白鳥らしい白鳥でした。彼女のお顔って韓国らしい強めの顔立ちじゃなくて、もわもわーってしていてこれはこれで可愛らしい。ずっと誰に似ているか考えていたんですけど、コアラに似てるんですよ。コアラ。だから可愛いんだな。

エドモンズ
3Lz-3T hd 3F 2A
3-3の回転が足りずにくにゃあとなって手をつきました。あとは良かったです。第3グループの最初に出てきたので1歩の滑りが全然違うのでスケーティングがめちゃくちゃ目立ちました。1ミスで60点も出たので失敗しなかったら64~5ぐらいは出ますね。たまにはこんなこともあるでしょう。

ブレジノワ
3Lz-2T tano 3Lo shaky 2A shaky
ジャンプはすごい高いのですが着氷が・・・2Aなんてものすごい幅でもあったのできちんと降りていれば2Aは得られたでしょうにコントロールが利いていないのかも。ジャンプ以外はがんばれー。父と兄と共に家族でキスクラ。黒衣装に黒タイツは足が余計に太く見えるから止めた方が良い。ミハルは怪我治して来シーズンまた会おう。

マドセン
3Lo fall 3S-2T 2A
いつもの抜けではなかったですがこの構成だと全て降りて、なおかつレベルもしっかり取らないといけないので厳しかったです。ストリード兄のお仕事はユーロに続いてSPで終了してしまいました。

ブルックリーはん
3T-2T 3Lo 2A
ジャンプは綺麗に入りましたし、スピンはいつも通りの素晴らしさでした。彼女のキャメルスピン大好きですから。+2付けてくれよ!っていっつも思ってるのに、なかなか付かない事が多いんです。あんなにうつくすぃーのに。

インガさん
2A 3Lz-2T 3F
構成はめっちゃゴツいインガさん。僕の大好きな3Lz-2Tと3Fの構成。とても美しい選手なのですが、サムソンを誘惑するような色香はまだ身に付けていないようですね。スケートが伸びないので演技が平面的で、少し見ごたえに欠けます。がんばれ美人。安藤美姫的に言うと回転不足はすぐにどうにかできるらしい(Jスポの世界ジュニアの解説で言っていた)。

トゥルッキラ
3T-3T 1Lo 2A
3T-3Tのセカンドが・・・3Loは成功が無いのに入れてきました。3T-3Tがあるのでそれを成功させれば3SでもSP通過はできると思うのですが、どんどん試合で入れていかないとということなのでしょうか。2シーズンこのプログラムを見ましたが、やっぱりSPで火の鳥は曲が入りきらなくてワチャワチャしちゃいますね。ダメですね。

ポゴリラヤ
3Lz-3T 3Lo 2A
体の厚みと縦の比率がおかしなことになっている。細いままでおっぱいが大きくなんて身長がビヨーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーンって伸びてる。スタイルが良すぎて怖いんですけど。3Lz-3Tと3Loは鉄板で問題の2A!抜けてノーバリューになっていたエレメンツですが今日はなんとか堪えて降りました。良かった。一つ一つの身のこなしに雰囲気が出てきました。前半のトランジションの動きが色っぽかった。ステップはもうちょっとがんばれ。お化粧も上手くなってる。良い点来た!

ラフエンテ
3F fall 3Lo-2T 2A
3Fの転倒に3Loは回転が足りていないです。ダウングレードですかね。この衣装とても好きなんでワールドで見られて嬉しいんですけど、クラシックの壮大さに淡白なスケーティングが飲まれているように見えます。TESが最下位になってしまいました。

オズモンド
3F-3T 3Lz 2A
カナダ応援団騒ぎまくってる。今シーズンから導入する予定だった高難度構成をここで入れてきました。ジャンプは全て降りたのにレイバックスピンでブレてしまって途中で終わってしまうというハイパーもったいないミスを犯しました。オリンピックの時に比べて下半身にしっかりとお肉が付いたように見えるのですが、それでもこんなにジャンプを跳べるのですね恐ろしい子。彼女3Loがダメなので、3Lzがe付きですけど入れるんですね。3Sにしても良いですけど、大した点差がありませんからね。3Sと3Tの基礎点の差が0.1っておかしいって思いますわ。第4グループで7.75まで伸びますか。

ポポワ
3F 3S-2T 2A
3Fがコンビネーションの予定だったのをリカバリーできました。一本調子だとか強弱が乏しいだとかそういうことばかり言ってきたので彼女の良いところを言いましょう。まずポポワって名前が可愛い。スピンの中間姿勢が美しい。腕がしっかり使えている。癖が無くて嫌われることの無い滑り。こんなもんでいかがでしょう。

グレボワ
3T-3T 3S so 1A
6分練習にオズモンドと尻と尻で激突したグレボワさん。3-3はとても良かったのですが3Sはまだしも2Aまで失敗してしまって・・・・・すごいキレキレで良い感じに見えたのになあ。スピンは上手でした。そして美しかったです。SP落ちになるとはソチに続いてあきませんでした。

報道席には由希奈、安藤さん、中野さんの2002年世界ジュニア3人娘。途中からは中野さんがニワンに替わりました。

真央
3A 3F 3Lo-2Lo
彼女の持ち味であるエアリーな雰囲気と柔らかいスケーティングに加え、ジャンプが成功したことによって気持ちも乗ったのがずっと笑顔で滑っていました。3Aの回転は危ないかなあ?と思いましたが、70度80度ぐらいの位置でしたかね。あまりにジャンプが軽すぎて「これシーズン通してやってきましたけど?」ぐらいなもんでした。もう一生超える選手は出てこないと思っていたユナのバンクーバーのスコア超えました。やっぱ日本の試合の相性いいなあ。

佳菜子
3T-3T 3F 2A
緊張はあったと思いますがよくまとめましたね。体がよくシェイプされていて体調は良さそうに見えます。くびれが出ているぜ。回転不足が取られてしまったからこのスコアなんですね、あの質だと仕方が無いです。PCSは良い評価をもらっているので何より。地元だから8点台乗っけられるかなー?って思ったけどそれは無くて良かった。他選手との比較でここらへんが妥当だと思います。

あっこちゃん
3T-3T 3Lz 2A
ジャンプのエントリーがかなり慎重に見えました。全日本に比べて全体的に慎重だったように感じました。ここの辺りはPCSに反映されて然るべきかと思います。トランジションとかパフォーマンスとか。ただジャンプ自体はしっかりとした質のものでしたし、安定した美しい滑りをしていたので、やっぱりそこも点数として評価していただきたいところです。現役最後の試合で71点!脅威の28歳と364日。

カロリーナ
3F-3T 3Lo 2A
フィギュアスケートの競技会史上最大の箱なのに完全に空気を支配しました。1つ1つの動きが完璧です。これぞフィギュアスケートなのです。男子よりも高いPCSが出ています。だって男子より上手いんですもん、そりゃ出ますわ。ステップがレベル4で加点が満点でした。ちょっとステップが薄い気がするんですけど、それもこのプログラムの味ですかね。日本3人の後に滑ってPCSが一番はすごいです。

ジジュン
3F so 3Lz 2A
ステップアウトがありましたがリカバリーは入れませんでした。タンゴを演じるにはたくさんの物が足りませんですね。上品さはあるんですけど、もう少し俗っぽさが欲しいし、スケートで滑るタンゴで良いプログラムを滑ったスケーターってやっぱりスケーティングが素晴らしいわけですよ。ダンス物はスケートが伸びてこそ映えるのです。

ゴールド
3Lz-3T 3Lo 2A
アシュリーが陰のドヤなら、ゴールドは陽のドヤ。アシュリーも昔は陽のドヤだったから、ゴールドもあと数年したら陰のドヤ姉さんになるのでしょうか。ジャンプはしっかりと降りました。3Loはちゃんとステップからお願いします、来シーズンは。ステップの音楽表現は良かったと思います。もう少し最後まで氷をガッと掴んで滑って欲しいです。

アシュリー
3F-3T 3Lo shaky 2A
3-3のセカンドがダウングレードになってこれだけで5点近く失っています。わずかながらゴールドよりPCSが高く出ました。トランジションがゴールドの方が上なのはリンクカバーの問題なのだと思います。構成として難しいのはアシュリーの方なのでしっかりとした評価をもらえて良かったです。彼女の課題のステップの後半部分のアピールもしっかりとできていたし、オールレベル4だったので失った点数も最小限で済みました。

ヴァインツィアール
3T-3T 3Lz 2A
八木沼さんのメリハリが出現した。でも実際彼女の動きってキレがあって音楽の特性をしっかりと掴むので気持ち良いですからね。ジャンプの質は0ぐらいですけど、しっかり3T-3Tが降りられて良かった。初めての60点台めでたい。

リプ
3Lz-3T 2A 3F
曲名言う時の塩がサブイボの立つ気持ち悪さだった。気持ち悪さのテキストブック。そして演技終了後には大好きな「クリスタル」こんだけクリスタルクリスタル言って、クリスタル業界から業務妨害って訴えられてしまえばいいのに。ジャンプをしっかり成功させました。3F降りた時にニヤニヤして見えたのはオリンピックでの失敗があったからでしょうか。やはりスケート巧者たちの後に見ると、ジュニアっぽさは感じてしまいます。彼女が迷惑がっているのでメディアはストーキングを止めましょう。

メイテ
3T-3T 3Lo 2A
シーズン一番の演技でした。ジャンプで少し失敗するところがこれまで見られましたが全てクリーンでした。上手な選手が並んでも五輪の時と同じくやっぱり個性が立っています。スケーティングの滑らかさでは敵わないので正しい方向に進化をしています。

マルケイ
3S-2T 3Lz fall 2A ot
3-3は回避してきました。ここまで転倒がとても少なかったので流れに乗って欲しかった。五輪での滑りが好調だったのでそこからは一段落ちる雰囲気でした。調子が滑りにそのまま出てきてしまう選手ですね。ステップは情感豊かに素敵な音楽表現でした。タイムバイオレーションもありましたか。危なかった。残った。

ヨシ子さん
3Lz tano 3T-3T 2A
ヴィッキーも日本に来ているのでどこかで応援していることでしょう。めちゃくちゃ上手くなってる。3-3なんてコンビネーションのセカンドが低過ぎて絶対にダウングレードになるだろうっていうものなのに、それなりに高さが出るようになっているではありませんか。まあ回転は足りていないんですけどもね。もっと体が硬くて可動域の狭いイメージだったのに随分と動けるようになっていてそこも驚きました。メイクも上手くなってる。もっとグチャグチャのつけまつげだったのに。

SPの通過ラインが49点というとんでもない高さになりました。えらいこっちゃね。第3グループまでが60点台という戦いになりました。マッコーケルがLP進めて本当に良かったでもグレボワやラフエンテが落ちてしまった。明後日で引退のあっこちゃんにはマジ頑張って欲しい。メダルも狙える位置ですから。引退かよく分からない組の真央とカロリーナも良い形でシーズンを終えて欲しいです。
2014
03.27

世界選手権 2日目 ペアリザルト

ペアLP
1 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY(ドイツ)145.86
2 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV(ロシア)139.77
3 Kirsten MOORE-TOWERS / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)136.21
4 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)133.83 PB
5 Cheng PENG / Hao ZHANG(中国)123.15
6 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV(ロシア)122.03
7 Stefania BERTON / Ondrej HOTAREK(イタリア)121.55
8 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)119.89
9 Wenjing SUI / Cong HAN(中国)119.86
10 Julia ANTIPOVA / Nodari MAISURADZE(ロシア)119.44 PB
11 Marissa CASTELLI / Simon SHNAPIR(アメリカ)110.30
12 Paige LAWRENCE / Rudi SWIEGERS(カナダ)109.04
13 Maylin WENDE / Daniel WENDE(ドイツ)101.23
14 Felicia ZHANG / Nathan BARTHOLOMAY(アメリカ)94.19
15 Daria POPOVA / Bruno MASSOT(フランス)89.50
16 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)87.92

ペアリザルト
1 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY(ドイツ)224.88
2 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV(ロシア)215.92
3 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)210.84 PB
4 Kirsten MOORE-TOWERS / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)205.52
5 Cheng PENG / Hao ZHANG(中国)194.83
6 Wenjing SUI / Cong HAN(中国)192.10
7 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV(ロシア)189.44
8 Julia ANTIPOVA / Nodari MAISURADZE(ロシア)186.22 PB
9 Stefania BERTON / Ondrej HOTAREK(イタリア)184.28
10 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)183.90
11 Marissa CASTELLI / Simon SHNAPIR(アメリカ)170.90
12 Paige LAWRENCE / Rudi SWIEGERS(カナダ)168.88 PB
13 Maylin WENDE / Daniel WENDE(ドイツ)159.42
14 Felicia ZHANG / Nathan BARTHOLOMAY(アメリカ)151.78
15 Daria POPOVA / Bruno MASSOT(フランス)142.00
16 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)139.30

ウェンデズ
ソロジャンプは失敗でした。スロージャンプはそこそこ成功率が上がってはいるのですけどね。鎧プロもさすがにここで見納めでしょう。来シーズンの新たな鎧に期待しましょう。

ポポマソ
ジャンプの失敗はもちろんなんですけども、男性が前向きの状態でものすごい痛そうな転倒の仕方をしました。その後の動きもしんどそうで、演技が終わって脚を抑えていました。最後までよくがんばった。

ジャンバー
ジャンプはしっかり降りられていましたが回転が・・・?リフトを1つタイミングが合わなかったのか綺麗に上げられませんでしたし、他の2つのリフトも上げ方がよっこらしょという感じでスムースでは無いので加点をもらいにくいかもしれませんね。美しいプログラムなのですか、SPと同じく纏まりすぎて面白味という点では物足りないです。

デラモデル
3Sは男性が転倒、2Aは2人とも失敗でした。モデルさんは怪我の影響があったにせよ、今シーズンジャンプが全然成功しませんでした。スローサルコウの前のトランジション気になる。スローは転倒とダブルになりました。音楽性を反映したエレメンツというのがほとんど無いのと、曲調の変化から取り残されているので非常に違和感を覚える演技でした。再三申し上げますが選曲ミスかと。

ロースウィ
3Tは男性がダブルに、3Sは成功!!!!!!!!!!!!!やったあああああああああああああああああ!スローループは転倒でした。なかなかジャンプには苦労していますが、すごくスピードのある演技で気持ちよかったです。キャリーリフトで女性が腹を上に向けて顔をジャッジの方向に向けるポジションがありますが、すごいんだけどすごく怖い。笑顔でジャッジの方向向いてるから。女性は太ももにずっとぐるぐるテーピングしていましたけど、今回はそれが無いのでよくなったってこと?それなら嬉しい。

ヴァネシプ
3T-3Tは回避して3T-2T-2Tにしてきました。3Sは高くて綺麗でした。ツイストは身長が有り過ぎるからか彼らランディングが苦手なんですよねー。3回に1回は綺麗に降りられていないです。ここで加点取りきれないです。スローは2本ともこらえました。前半のリフトの質がとても良かったのでこのまま行ける!って思ったらキャリーリフトですごい中腰でこらえてたら、女性を背中から落として腰を強打していました。がんばれシプレさん。キスクラでは笑顔だったのでよかった。

ベルホタ
3連降りて、今日は3Sを降りました!2人ともシェイキーなランディングではありましたが-1ぐらいで済みそうです。やはり成功したのは高さがしっかり出ていたからですね。いつもすさまじく低いジャンプになっているので。ツイストの質がよろしくありませんでした。リフトも移動距離と降ろし方がいまいち。やはり本調子とは言えない状況でした。その中ではもうベストもベストの出来だったと思います。しっかり休んで来シーズンも素敵プログラムをよろしくお願いします。次は何色のパンツかな。

カスピア
ツイストがあまりよくないペアが続きます。ランディングで詰まっていました。スロークワドは転倒でした。ソロジャンプはダブったりコンボにならなかったりと・・・。すごく動きが洗練されてきて、キレとスピードがあったのでそこは良かったです。トランジションはヴァネシプより上をもらいました。

アンマイ
高杉晋作なクワドツイスト。もたれかかりました。3Sは成功しましたが3Tは2人仲良くステップアウトでした。前半の勢いに比べて、後半はミスがいくつか出ましたし、スピードも少し落ちました。女性のスケーティングがまだまだなのでバテるとそれが如実にプログラムに現れてしまいますね。

バザラリ
ジャンプはいつものなんですけど、リバースラッソーを降ろす時に男性がバランスを崩して、女性を頭から落としかけました。きちんと堪えて転倒にも怪我にも繋がらないようにしました。偉いぞ。トランジションからツイストとかところどころ素敵な雰囲気なところは増えてきているのに、他のペアに抜かれるからPCSが下がっていくという。相対評価はやめませおう。やっぱスケーティングは綺麗だ。

モーモー
ソロスピンがちょっとズレたのと、スローサルコウの流れが詰まった以外ミスはありませんでした。ジャンプはしっかり成功させました。やはり少しトランジションを考えると、シンプルで勢い任せかな?という構成ではあるんですけど、ここまでクオリティーの高いエレメンツを並べられると、唸っちゃいますねえ。良い演技でした。

ペンジャン
クワドツイストはスムースで良い質でした。3Tはなかなか女性が安定しませんね。この歳になっても男性のジャンプの安定感が微動だにしないのは凄すぎる。スローは2本とも堪えました。高さも幅もすごかったので成功していれば加点はもっと得られたかもですね。全体的に質は素晴らしいものばかりです。組んで2年目とは思えないほどスケーティングがマッチしているし、本来中国人や中国系に宛がわれるだけの黄河のプログラムをここまで美しく滑ったスケーターってかつてないような気がします。大成功のシーズンでした。

サフゾル
あああ・・・よかった。本当に良かった。2Aは抜けてしまったけれど2点ちょっとぐらいの問題です。ふんわりスローフリップもよく沈んだデススパイラルも美しいタッチのスケーティングもこれで最後。最後が日本で、最後が大歓声をもらえる場所で、最後が良い演技で良かった。サフゾルはレジェントになります。

ストクリ
スローフリップでフリーフットがタッチしてしまったぐらいで後はミスはありませんでした。今シーズンナショナル含めて試合に出続けているので疲労はあったのでしょうね。さすがにクリモフもふもふさんの体力が切れていました。五輪はキレッキレでしたから。それでもここまでミスしないってのはすごすぎる。これからのペア界を引っ張っていく存在です。

デュハラド
ルッツ今シーズンすごい降りましたよね。でも3Sが成功しなかったのは何でなんだろう。意味分からないよメーガン・OMG・デュハメルさん。やはりエレメンツの成功無いとしんどいですね。でもSPのPCSとサフゾルとストクリに引っ張られて点数は出ました。リフトとか、「私たちはリフトを行っています。これがリフトです。」みたいなやってます感強すぎて、GOEでプラス得られないんじゃないかと。もうちょっと表現ください。

スイハン
ソロジャンプ両方失敗だけではなく得意のスローフリップまでステップアウトになりました。最終滑走でメダルも狙える位置だったので気負いすぎてしまいましたかね。去年のワールドよりは良いから・・・まだ18と21なので次がある!

来シーズンの枠
3枠 ロシア・カナダ・中国
2枠 ドイツ・イタリア・フランス・アメリカ
となりました。中国が枠を1つ増やす形となります。

ドイツ国歌表彰式で聞けて良かったです。ストクリもデュハラドもおめでとう。
2014
03.26

世界選手権 1日目 男子SP

やっぱりISUに弾かれた。明日はダメかな。はあ・・・。
岡部さんがレフェリーです。がんばってー。

男子SP
1 Tatsuki MACHIDA(日本)98.21 PB
2 Javier FERNANDEZ(スペイン)96.42 PB
3 Yuzuru HANYU(日本)91.24
4 Tomas VERNER(チェコ)89.08 PB
5 Han YAN(中国)86.70
6 Takahiko KOZUKA(日本)85.54
7 Maxim KOVTUN(ロシア)84.66
8 Jeremy ABBOTT(アメリカ)79.67
9 Max AARON(アメリカ)78.32
10 Chafik BESSEGHIER(フランス)76.80 PB
11 Peter LIEBERS(ドイツ)74.02
12 Alexei BYCHENKO(イスラエル)69.73 PB
13 Jin Seo KIM(韓国)69.56 PB
14 Ivan RIGHINI(イタリア)69.43 PB
15 Kevin REYNOLDS(カナダ)68.52
16 Nam NGUYEN(カナダ)66.75
17 Jorik HENDRICKX(ベルギー)65.56
18 Christopher CALUZA(フィリピン)64.69
19 Stephane WALKER(スイス)64.40 PB
20 Zoltan KELEMEN(ルーマニア)63.23
21 Maciej CIEPLUCHA(ポーランド)63.07
22 Elladj BALDE(カナダ)62.84
23 Michal BREZINA(チェコ)62.25
24 Abzal RAKIMGALIEV(カザフスタン)61.77
25 Yakov GODOROZHA(ウクライナ)61.53
26 Viktor ROMANENKOV(エストニア)61.14
27 Misha GE(ウズベキスタン)60.34
28 Ronald LAM(香港)60.07
29 Kim LUCINE(モナコ)58.19
30 Viktor PFEIFER(オーストリア)57.17
31 Justus STRID(デンマーク)55.62
32 Alexander MAJOROV(スウェーデン)55.61

チェプルハ
3Lz-3T 3Lo 2A
良いイベントのスタートでありました。3Aは入っていませんがしっかりとジャンプを降りられています。非常にプレーンな演技でして。楽しかったですけどね。

ニュエン
3A ot 3Lo 3Lz-3T
スタートしてすぐに転倒しました。3Aの雄大な助走のためにたっぷり時間があるので、問題なく演技に戻りまして3Aはオーバーターンでした。回転は足りていました。日本の観客は手拍子に慣れ過ぎている。そんな本日2度目のアンスクエアダンスでした。

ファイファー
3Lz df 3S-3T 2A so
ジャンプ2本失敗しました。ファイファーは意外な事に日本での試合は始めてのようです。とても丁寧で素敵な雰囲気だったのですが、この構成だとノーミスでは無いといきませんからね。次・・・があるのかどうか。年齢的に。

ウォーカー
3A df 3Lz-3T 3F
使っている曲鼓童でした。でもその鎧は日本っぽくない。ちうごくっぽい、もしくは剣闘士。3Aの前にたくさん振付をやっているのですが、3Aだけ練習時間のような助走のつけ方をしているのでそこは表現できていないなーと。あとは大きなミスなくやりきりました。演技終了後のお辞儀は手を横に揃えて日本風のお辞儀。芸が細かい。場内アナウンスではワルケルさんになっておりましたが、日本語でワルケルって書くのは違うような。ドイツ語知らんけど。

バルデ
4T hd 3A shaky 3Lz-3T?<<
ジャンプ3つが終わるまでほとんどトランジションがありません。今のポップスで滑っているので、もっともっと独創的な動きを入れないとエレメンツの入ったエキシビションのように見えてきます。ステップも足元が複雑な動きをしているわけでもなく、かと言って上半身が動いているわけでもなく、全体的に印象は悪かったです。

ストリード
3A ot 2F 3Lz-2T
あああ・・・3Aオーバーターンからのスタートは悪く無かったのに、3Fの失敗は痛かった。でもユーロよりは100倍マシか。ここに来て2シーズン滑っていたラテンのプログラムを止めてシルクドゥソレイユに。この曲はプシゲレが変な顔付けてヤンキーポルカをしていたやつです。兄おもしろかった。兄と来た試合は大抵gdgdで、ヨハンソンと来た試合は良いんですけど。東京駅でお召し列車を見たらしいストリードさん。お母さんも来てらっしゃるそうなので親子3人で旅行してってください。見たかった僕はレミゼが見たかった。

カルーザ
2A 3Lo-3Lo shaky 3Lz
僕はいつも彼の演技に対して「元気があるのは良いけど、滑りのタイプが変わらなくて音楽に合っていない」的な事を今まで申してまいりましたが、今日は比較的音楽に合った雰囲気だったのではないかと。ステップの前ぐらいまで。ステップになったら得意でテンション上がっちゃうからなのか、腕に力が入り過ぎて、明らかに音楽に合っていないようなスパスパした動きになっていました。ジャージのチャックを一番上まで閉めるっていう、このあざとさ。女はあざとい男のアピールが好き。それをよく心得ているんだな。偉いぞ。いつもやりますねあれ。

ゾルタン
3A 3F-2T 3Lz
3Aはクリーンに入りました。3Fが完璧では無かったので2Tで抑えました。しっかりとした演技だったと思います。特に引くところがありませんでしたから。もう少しスケーティングが伸びて行くといいなって思いましたけども。彼はジンソと激突してしまって、ジンソが担架で運ばれていったそうなので、精神的にどうなんだろうと心配しておりました。よかったよかった。今日は女性のコーチがついています。この懐かしい90年代の頭の髪型。肩パッド入りのスーツ着て欲しい。東京の夜を支配できそう。

ロマネンコフ
3A 3Lz-3T 1Lo
ロマネンコフさんの「なんかとりあえずSPは通過しちゃうよ」感は異常なので今回も大丈夫だと思っていたのですが、抜けは痛かったです。スピードが出ていたのでスケーティングスキルの評価はそれなりなんですけど、後半3項目がここまでの選手で最下位という厳しい評価でした。まあ・・・・分からんでもないけども。

ドルジ
3F-3T shaky 3A so 3Lo
6分練習の時の歓声がこのグループで一番大きかったような気が。このサスペンダー芸はそんなに定着をしているのだろうか。ドルジさんになったら急にストリーミングが重くなったけど、世界中のドルジガールズが一斉にアクセスを?ジャンプは2つ失敗でした。サスペンダー芸の後のスピン・・・質が悪いわけでは無いけれど、今更ながらとってつけたな感じがして。でももうこのプログラムにはsay goodbye.ツイッターのトレンドに「アブザル先輩」ってあった。外国の第2位グループで滑るスケーターがトレンド入りするってどんな国よ。

ゴドロジャ
3A 3Lz-3T 3Lo fall
2つのジャンプが綺麗に降りられたのに最後の最後で転倒。パク・・・オマージュした本田武史さんの前で、そして日本で滑るんだからマートンじゃダメ!普通のにしないと。絶対普通の音源の方が滑りやすいし演じやすいと思う。キャメルスピンが止まりそうだった以外他は大丈夫でした。

ビチェンコ
3A hd 4T 3F-3T so
クワドは綺麗にパコーンと入りました。基礎点が高いので少々の失敗はカバーできます。相変らず3F-3Tの前の反対まで行ってしまう助走はいらないだろうと思いました。でも後半ボーナス取るために時間稼ぎで入れなきゃいけないのかな。

ジンソ
3A 3Lz 3T-3T
世界選手権では得意の出遅れ芸を披露しているとSP落ちなのです。しっかりとジャンプを降りました。ものすごい膝が沈んでもジャンプを降りられるんですねえ。ベルホタと同じ曲だというのにイエローなのがパンツじゃなくてベストとは、やれやれだぜ。もっと攻めないと。激突の影響は無いようで何よりでした。今までのSPで一番良かったです。このプログラムはちゃんとマスクなんですね。音楽を使ってるだけじゃなくて、そういう振付もあったので、映画のストーリーを演じているよう。この脚の長くなさ落ち着く。

リギーニ
3A fall 3F tano 3Lz tano-3T
元バリエフさん。今シーズンの彼の演技は2回見たと思うんですけど、どちらもジャンプの軸がとっ散らかって滑りがロシア時代より劣化している印象でした。ようやくここにきて「ああバリエフだな」というような歯切れの良さが戻ってきました。ジャンプはタノってもしっかりとした軸でしたし、キビキビとした気持ちの良いステップでした。

ルシーヌ
3F-3T fall 2A 3Lz
ユーロで酷評していた岡部さんがジャッジじゃなくてレフェリーで良かったですね。レフェリーは直接点数に関係無いですから。3-3のセカンドはアンダーローテーションで転倒でした。ユーロやネーベルホルンより元気に見えるのは会場のレスポンスが大きいからテンションが上がったか?スケーティングスキルが5.93でインタープリテーションが6.54という評価。分かりやすい付け方だこと。回転寿司に行ったり、日本旅行を楽しみまくってるルシーヌさん。もっと楽しんで行ってください。

ラムだっちゃ
3F 3A hd 3Lz so
香港はホンコンチャイナってコールされるのか。3Fがとても良かったのですが、その後失敗でした。コンビネーションを後半に入れるのは改めてリスクが高いなーと思い知らされました。このラプソディーインブルーはジャズ成分が強すぎて、ブルーというよりも気だるい。土曜の2度寝の後にベッドの上でゴロゴロしながら何するか考える感じ。ちょっと楽しさもある。とりとめの無いこと書いて、特に意味の無い文章になってしまった。

ベセギエ
4T-3T 3A 3Lz
3Aと3Lzは完璧ではありませんが大きなミス無く演技を終えました。アモディオが出ないので出場するのは彼一人となってしまって心配はあったのですが、とても良かったです。スケートも上手になりましたよね。もっとガチャガチャ止まる印象だったのに。アニックはしゃぐアニック。LP好きなので楽しみです。

チャッキー
4S ot-3T 4T fall 3A
フジテレビの煽りに使われるまでに出世をしているケビン・レイノルズさん。4Sはアンダーローテーション、4Tもアンダーローテーションでしょうか。3Aもひょっとしてアンダーローテーション?すさまじい勢いでTESカウンターが下がっていく。ストップ安作ろうぜっていうぐらいに下がって行きました。スピンからの表現がとっても良かったです。ステップかっこよかったですし、インタープリテーションが一番高い評価なのは、そりゃそうだなという付けられ方でした。あのステップは+2がついてもいいなっていう質でした。

ジョリヘン
3A so 3Lz-3T 1Lo
眠すぎて記憶が飛びました。

ミーシャ
3A so 3F-3T fall 3Lz
眠すぎて記憶が飛びました。ステップの最後元気そうだったってことぐらいしか確認できていない。

アボットくん
4T fall 3Lz 3A
全米と思わせるためにGo アレキサンダーの掛け声あったのに無理だったか・・・。めっちゃ来るじゃんお父ちゃん。ジャンプはともかくスピンが悪く無かったので調子は悪く無いと思うんですけど、スケーティングがそんなに良く無いかも。音楽から浮いてしまっているような印象を受けました。固い・・・というのも違うし、なんか違うっていう感じ?明後日挽回できるといいなあ。明後日が最後ですから、心残りの無きよう。

コフトゥン
4S 4T-2T 3A
4Sはアンダーローテーションで減点を受けましたがあとはまとめました。ステップの後半の方からはそんなに印象に残らなかったですし、スピン2つ連続のところはつまらなかったです。なんだろうなああ・・・GPSの時ほどのドーーーン!が無いんですよね。もう慣れちゃったのかな。チェルニシェフの毛量うらやましい。

あータチアナ・フレイド前の方に座ってる。うらやましい。

アーロン
4S-3T 3Lz 3A so
おっぱいがすごいのはすごいけど、このプログラムは最後まで印象がラテンのダンスになることはありませんでした。挑戦としては良かったのかもしれませんが、肩で踊っている感じがするんですよ。まずはスケートなので足元、次は腰が大切!

ミハル
4S hd-2T 2F fall 1A
ああ・・・・・。TESが最下位だ。でもどうにか通過した。ミハル異常最悪の演技。

こづ
4T df3A 3Lz-3T
4Tは両足ですが他のエレメンツは全てプラスの質でした。全日本のSPはとても動きが良かったですけど、個人的にはそれよりもさらに良かったと思います。クリアで美しい演技でした。準備期間が短かったのに加え、今シーズンは調子も悪く、4回転の成功は無く、練習段階から全く良い話を聞くことが無かったので、それを思うと本当に良かったなって思います。こづかっこよかった。マジでかっこよかった。

まっちー
4T-3T 3A 3Lz
ジャンプは3つとも+2が得られそうな本当に美しいものでした。今シーズンの演技の中で一番質の高い演技だったと思います。全選手の中で見ても5本の指に入るんじゃないかっていう出来ですね。振付師のフィリップ・ミルズも来ているので、その前でこの出来だったっていうのは良かった。98点すげえええええええええええっていうよりも、98点おもしろおおおおおおおおい。っていう感じ。地元点+ノーミスボーナス+9点台の出せる2人の欠場という複合要因でこのPCSが出たというのは否定しかねるのですが、LPで少々失敗してもここから急激に落とされるってことは無いので、PCS分だけで85点~90点は確保できたと考えてもいいかも。メダルに向けてかなり良い材料。

マヨロフ
2T 3Lz-2T 3A fall
2T2本跳んだので3Lz-2Tがノーバリューです。3度目の世界選手権SP落ちでした・・・・・最下位とは。パリの散歩道の曲かけで楽しく遊んでいたマヨロフはおらんのや。

トラ
4T 3A 3Lz-3T
神演技というものはジャンプを成功させるのはもちろんの事、美しいスケーティングと表現と、それなりのステージやバックグラウンドを持ち合わせていないとそれには当てはまらないわけで。今日はまさにそれでした。彼の演技の中で一番良い演技と言っても良い過ぎでは無いですね。彼の成功を喜ばないフィギュアスケートファンはいないんじゃないかって思います。本当に良かった。本当に嬉しい。

羽生
4T fall 3A 3Lz-3T
まずはプレッシャーをかけすぎてごめんなさいしようね?メディアだけのせいにしたらあきませんよ。彼はアイドルではなくてスポーツ選手です。失敗があったからか気持ちは乗らなかったのでしょうけど、それでも質の良いエレメンツをこなしていました。

リーベルス
4T fall 3A shaky 3Lz-3T shaky
ジャンプで失敗があったのと、そこの疲労からかスピンの質もあまりよく無かったです。ピアノだけで曲調にもそれほど変化があるものでは無いので曲の助けを得られるようなプログラムではありませんから、ジャンプをしっかり成功させる必要がありました。こういう選択ってリスク高いですよねー。天野さんヒイッて言って!

なんですくん
4S 3A 3Lz-3T
演技開始直後の手拍子は7年前の織田さんの悲劇が蘇るから個人的には好ましくないけれど、成功して良かった。ジャンプは成功させましたけど、あまり滑りが大きくなかったのかな?と思いました。いつもの彼の滑りではありませんでした。もっとぬめぬめるすのに。

ハンヤン
3A 4T 3Lz-2T
3Aはいつも通りのすごいやつ、4Tは流れはありませんでしたが成功でした。ジャンプよりも今日はすごいんですよ。ステップ中笑ってたんですよ!!!!!!!!!!!!!!!!!それだけでうおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!ってなりました。ハンヤンが表情を使うなんて事件です。彼は滑りもいつものように良かったですし、ちゃんと表情付けてくれるとそれだけで随分演技の印象が変わってきます。茶髪にすることによって、田舎から出てきて大学デビューをしようとする子っぽくて今の季節にもピッタリ。このお茶目なプログラムにも合うわー。

まっちーのインタがつまんなかった・・・・・。なんですくんのインタは女子みたいだった。

あまりにもgdgd過ぎてミーシャの点数発表からアーロンの途中まで机で死んでました。五輪後のワールドらしい展開でした。金メダル争いは上位3名です。羽生がノーミスであれば200点出るので間違いなく優勝はしますが、どうなるかなんて分かりません。ティムシェルチャンピオンなのか、スペイン初のチャンピオンなのか。どれも楽しみです。そしてトラにもがんばって欲しいです。この点数の出方に乗らず点数が伸びきらなかったことは残念なのですが、自分の演技がLPでも出来ることを願います。あんまり枠枠というのはアレですがコフトゥンは2枠取らないと叩かれまくるので、さすがにここでは枠枠と言っておきます。アボットくんもラストなのでノーミス祈願。

もちろんソチオリンピックでのロシアのありえないぐらいのハイスコアを批判していた人は、今回の日本勢の点数にも批判的ですよね!?当然ですよね?八百長とか陰謀って言ってましたもんね!!!元気かな!?
2014
03.26

世界選手権 1日目 ペアSP

串無しでも見られたけど、普通は見られるはず無いので、ISU設定ミスったんかな?

ペアSP
1 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY(ドイツ)79.02
2 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)77.01 PB
3 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV(ロシア)76.15 PB
4 Wenjing SUI / Cong HAN(中国)72.24
5 Cheng PENG / Hao ZHANG(中国)71.68 PB
6 Kirsten MOORE-TOWERS / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)69.31
7 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV(ロシア)67.41
8 Julia ANTIPOVA / Nodari MAISURADZE(ロシア)66.78 PB
9 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)64.01
10 Stefania BERTON / Ondrej HOTAREK(イタリア)62.73
11 Marissa CASTELLI / Simon SHNAPIR(アメリカ)60.60
12 Paige LAWRENCE / Rudi SWIEGERS(カナダ)59.84 PB
13 Maylin WENDE / Daniel WENDE(ドイツ)58.19
14 Felicia ZHANG / Nathan BARTHOLOMAY(アメリカ)57.59 PB
15 Daria POPOVA / Bruno MASSOT(フランス)52.50
16 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)51.38
17 Narumi TAKAHASHI / Ryuichi KIHARA(日本)49.54
18 Amani FANCY / Christopher BOYADJI(イギリス)46.96
19 Natalja ZABIJAKO / Alexandr ZABOEV(エストニア)46.11
20 Maria PALIAKOVA / Nikita BOCHKOV(ベラルーシ)45.29
21 Julia LAVRENTIEVA / Yuri RUDYK(ウクライナ)44.20
22 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER(オーストリア)44.06
23 Elizaveta MAKAROVA / Leri KENCHADZE(ブルガリア)42.86 PB

ツィーグラー&キーファー
6分練習で失敗していたスローが綺麗に入りました。スピンが遅くてアンスクエアダンスのあのリズムには合っていなくてGOEもマイナスされそうですし、PCSも抑えられそうです。ステップでホールドのようなものをしていましたが、ポジションがちょっと・・・でした。

ファンシー&ボヤジ
あれですな。アクセルラッソー上げる前に待ちが結構あって、こういうのをすぐに上げられるのが経験のあるペアとの違いなんだなーと思いました。女性が2Aでステップアウトでした。アランフェスで前半は雄大の押し売りみたいな演技で後半からまた川井郁子が出てきた。川井郁子出て来すぎやで。

ラウレンティエワ&ルディク
スローはとても高かったけどフリーレッグがタッチしていました、もったいないです。ペアスピンのキャメルポジションはなかなか良かったのにそれほど音楽性を反映していなくて、ただ回っていただけに見えてしまったのが残念。悪くは無いのですが淡白すぎましたかね。

ウェンデズ
ソロジャンプが成功している。スロージャンプを成功している。夢のようだぜ。今シーズンすごく調子が良いですよね。オリンピックで失敗したデススパイラルもちゃんと最後まで手を掴んでおりましたよ。マイナスの付く所は一つもなさそうです。よかったよかった。最後にチュー。

ジャンバー
スロールッツ降りた直後にメガネコーチが唸ってたのがマイクに拾われててワロッシュ。3Tは女性の方が回転不足でした。失敗はそれぐらいなんですけど、もう一スパイス欲しいですね。綺麗に纏まり過ぎていて面白味が無くて。ステップもうーーーーーんあまり見所にはならないか?という風に感じました。

デラモデル
転倒までは行きませんでしたがモデルさんの3Sはお手つきになりました。スローも安定せず前につんのめりました。他は安定していたと思うんですけど、前2組に比べるとPCS出ないのもしょうがないですかね。

アンマイ
トリプルツイストがダブルのような軽さでした。高さはあるのですが降ろし方やキャッチが雑な事があったので、それが良くなっていたので良かったです。ソロもスローも質が良かったです。ステップの時に男性が女性を引っ張る動作(文字通り腕を引っ張っている)ような動きはあまり美しく無かったかも。女性も引っ張られるだけではなく、早く付いていけるようになると良いですね。でも初めで2シーズンでこれだけできれば上出来ですよホント。

成龍
3Sはステップアウトでした。ツイストは五輪から何があったのか、どういう練習をしたのか高さが出ているではないですか!!!構えは出ましたけど高さが出たのは良かった。流れはもうちょっと欲しかった。スローも高さと飛距離が前より出るようになりました。一本足で降りられました。大幅に技術が向上しておりました。良かったねえ。本当にがんばった。

パリアコワ&ボチュコフ
ソロジャンプは女性が回転不足でした。スローは高かったです。ステップの途中に元気すぎて男性がバランス崩してたのがもったいなかった。元気でロシアのダンスらしかったのは良かったです。PCSはいささか厳しすぎるような。ウクライナさんたちとおほ同じというのもなあ。男性が見た目に似合わず高くて変な声だったのが面白かった。

ザビアコ&ザボエフ
ビンタで始まりビンタで終わるDV妻プログラムかな。ジャンプに安定感のあるペアなのでスローも余裕で降りてくるのかな?って思いましたけど残念ながらステップアウトでした。ロシア民謡なのでもう少し疾走感欲しかったですけど、後半は少し疲れましたかね?さすがにPCS4点台はないわ・・・・これで平均以下ってどんなレベル高い競技になったわけ。

マカロワ&ケンチャゼ
タンゴアモーレでしたがBGMと化していました。プルシェンコ成分があるわけでもないし、かといってタンゴでもないという・・・動きがカチッと決まる選手じゃないとこの曲は使ってはいけないような気がする。というかペアみたいにリフトやなんやらがあるのに使うのがダメだったなあと。マカロワさんはちゃんと眉毛描いた方がいいと思うわ。

ポポマソ
ソロジャンプとスロージャンプの両方で転倒。最初のスピンやツイストは良かったですよー。転倒2回でSP通過というのも一見おかしく見えるかもしれませんが基礎点も全然違いますし、明らかにスピードも動きも違いますからねえ。当然という感じです。リバースラッソーの上げ方すごかった。ふわーーーって。

ペンジャン
ぴぎゃああああああああああああああああああああああああああああああああレベルが違い過ぎる。ノーミスのクリーンプログラムでした。もうどのエレメンツもプラスでしかありませんから言うことなしですね。7年前雪組が優勝した日本の世界選手権に、兄さんはコーチとして立つ。なんか感慨深いものがあります。

ロースウィ
ソロジャンプ成功したああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!クソビックリしたわけですよ。ステップはちょっと女性がバタバタしていたように思いました。スローでフィニッシュなのにそこで転倒するという最悪の展開。女性のお母さん誕生日らしい。おめでとさん。彼ら比で良い滑りというわけでは無かったのに、結構PCS出た。

スイハン
スローは幼女を投げ飛ばす感じではなくなりました。それでも飛距離はありますけどね。ソロジャンプがなぜか安定してきました。女の子に筋肉がついてきたからかな?道のプログラムなのでこれぐらいハチャメチャな演技でも全然大丈夫。ペンジャンとどちらのPCSが上か注目のところでしたがトランジション、パフォーマンス、インタープリテーションがスイハンが上でした。差がほとんどありませんですね。中国の1番手争い熾烈です。ここで勝つと負けるとでは、来シーズンの扱いが大きく違いますものね。中国3枠欲しい。

ベルホタ
3Tで女性の軸が斜めになりましたが堪えました。ただ、スローが両足になってしまったのが・・・いつもより動きも悪かったですし、PCSもガッツリ下げられています。団体戦での大きな転倒をそのまま引きずっているような。試合終わったらゆっくり観光して、オフに体休めてくれー。

モーモー
前半カクカクでよく分からなかったんですけど失敗はしていなかったです。良い演技だったと思うんですけど、そんなにTESが出ていなくて残念でありました。PCSの低評価は・・・やっぱりエッジの使い方の問題なのかなあと思います。でもそれを考えてもこのスピードとかアピール力で中国2組とほぼ同じっていうのはなあ。もしかして・・・ジャッジこのプログラムに飽きた?

バザラリ
3Tは女性がお手つきでした。あとはまあまあかなという感じ。後半項目低い・・・・・妥当だけど低いな。スケーティングスキルはこれだけしか他の組と差が付かないとは。全然違うでよ。

ストクリ
ものすごい安定感でした。彼らは失敗するという感じを全くさせなくなりましたよね。GPSの2戦目のLPからは特に。あの時は変な失敗してたけれど。ものすごいハイスコアが出ました。8.79って。世界チャンピオンになる準備はできているですね。この若さでペアのチャンピオンってなかなかいなかったですよね?なったら快挙ですよね。過去のチャンピョンの年齢調べとこっと。

ヴァネシプ
特に悪いって印象も無かったのにSPを昨シーズンのものに戻しておりました。なんでやー。ソロジャンプは少しシェイキーでしたが降りましたし、スローは高かったです。女性の滑りがクリーンは言えずややグラグラとしていましたが、ペアのステップでそれでもレベル取れるのでレベル的には大きな問題はないかなあと。

サフゾル
ああああああああああああああああああああああああああああああああああ失敗しなかったあああああああああああああああああああああああああああああああ。安心。良かった。それだけ。お願い優勝して。

カスピア
ソロジャンプで男性がダブルになりました。最近成功しまくっていたのでこれぐらいの失敗ぐらい流しましょう。たまにあることなのですよ。リフトもスローもしっかりと余裕のある出来でした。演技終了後に曲が頭に戻ってもう一度再生されるトラブルがありました。音楽係しっかりな。

デュハラド
衣装がピンクじゃないだけで僕のテンションは下がった。エレメンツはしっかりと決めてTESはトップでした。デススパイラルのこねくり回したエントリーが消滅していて残念。デュハメルさんは元気にペラペラ喋る。まさかストクリより上に行くとはおもわなんだ。75点で止まると思ったのに。ノーミス最終滑走が良い方向に進んだんですね。団体の方が良い演技だったと思うけれど、まあ点数はこうだったってことで。五輪の演技見まくって女性のフットワークはかなりヤバいということに気付いてしまったので、スケーティング磨こうぜ。あとは明日リチャードがテラテラのスーツ着てきたら間違いなくメダル獲得ですから。もちろん持ってきてますよね?今日はテラテラじゃなかったんですよ。

サフゾルはツイストで詰まったのでそこで加点をとりきれてない・・・って思ったのに+2つけてるジャッジが4人もいる。中国は2組ともステップのレベルが3で、やっぱり中国安定だった。

いよいよ明日でゾルコビーが引退、サフ子は続けるみたいですけど彼らの競技での演技を見るのはこれで最後となります。しかと目に焼き付けましょう。デュハラドに頑張って欲しいし、ストクリに五輪銀の維持見せてもらいたいし、中国のメダルも見たいし悩ましい。

ロシアと中国とカナダが3枠圏内で、ドイツも3枠に増える可能性はあります。複数枠の国が増える=参加組数が増えるという事なので全部3枠よろしくです。
2014
03.25

フ ジ テ レ ビ 覚 醒

明日から世界選手権が始まりますが、地上波の男女は後半2グループを生放送のようです。延長ありと書いているので間違いないですね。それだけでも驚きなのに

放送が無い第1グループから第4グループをストリーミングで放送。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああフジテレビがまともになってるうううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう?????ついに、ついにか。これはGreat job.

世界選手権は全部見る予定です。おうちで。
back-to-top