2014
02.27

小ネタ×11 「グレイシーとプロムに行きたい」など

オリンピックが終わって早寝早起き。気持ちが良い。オリンピックは当分いらないね。4年はいらないわ。

*Jスポの世界選手権の放送がクレイジーな件
3月28日(金) 16:00-17:00 まもなく勝負のフリー!ISU世界フィギュアスケート選手権2014 男子シングル 最終グループ公式練習
3月29日(土) 16:00-17:00 まもなく勝負のフリー!ISU世界フィギュアスケート選手権2014 女子シングル 最終グループ公式練習
フジテレビとの放映権の兼ね合いで生放送が不可能なJスポさん、まさかの公式練習を放送という奇策に打って出ました。これは・・・凄すぎる。アイディア出した人頭ぶっ飛んでるわ。いいぞもっとやれ。Jスポさん一生ついて行きます。

*武田奈也さんが真似したもの

デッデッデッデッ エビバデダンスナウ!のエキシビションを昔滑っていた武田奈也さんですが、テサモエのバレリーナとホッケー選手のエキシから使う事を決めた模様。テサモエは偉大だなあ。

*似てますよ

オリンピックの力は強大なもので、昔から須賀健太くんに似ていると言われ続けていたデニス・テンさんについて本人がコメント!!!うおおおおおおお似てるよ!

*シブタニズが褒められる

オリンピックの力は強大なもので、シブタニズがSDでマイケル・ブーブレの曲を使っていたのが本人にも伝わったよう。これで大量ファン獲得あるで!

*アボットくんが感銘を受けられる

SPの曲を作曲した三宅純さんもオリンピックのSPをご覧になっていたようで。彼に関してはオリンピックより前にコンタクトを取って、SPの編曲を本人がやり直したそうなので、オリンピックだから~というわけでは無いのですけどね。

*来シーズンのプログラム第1号

シメクニが来シーズンのプログラムを早々に発表しました。使用する曲は「オズの魔法使い」です。ボーカルも入れるみたいです。2人にピッタリだと思いますよ。クニエリムさんかかしっぽいですもん。ブリキの木こりっぽいし、ライオンっぽいし。

*携帯電話オンアイス

モーモーの携帯電話エキシを見て、バトルさんが「ジョアニーはリハーサルの時にやっとるで」と。コラボあるで!

*味薄い

思い出話に花を咲かせる澤田亜紀さんと武田奈也さん。2006年の世界ジュニアでユナとイェジ・シンに教えてもらった韓国語は味薄い。味 薄 い これは30年後に嫁いびりに使えそうですね。

*織田さんはこちらが期待する以上のことをやってくれるから、目が離せないぜHAHAHA

オリンピックの閉会式で他のスケーターから離れて1人行動(トレーナーさんと一緒)をしていた事に触れる織田さん。アンチと信者が戦っているところに、この織田さんの一発は和みますわ。このオリンピックでの織田さんは常に泣いていたような。あとコメントが適当。でも織田さんだからOKなのです。もっとテレビに出てきて欲しい。

*オリンピックチャンピオンズ

オリンピックチャンピオンズ

タチアナ・ナフカ様がアップロードしてくださったエキシビションでの直近3組のオリンピックチャンピオン!!!頑張ったらグリプラも入れられたぜ。多分。ナフカ様さすがに老けたけれど、それでもなおお美しい。素敵な魔女になりそう。

*グレイシーとプロムに行きたい高校生

グレイシー・ゴールドさんとプロムに行きたくてしょうがない高校生ダイヤー・ペティジョンくん。その思いをYouTubeに載せています。再生回数10万回wwwwwそんなダイヤーくん


対面しちゃいましたwwwwwwwwwwwwwwピュアで可愛いね。練習拠点はカリフォルニアでしょ、この男の子はカリフォルニアの子でしょ、プロムは5月でしょ・・・これは・・・いける。

*追記
http://www.extratv.com/2014/02/26/us-olympian-gracie-gold-accepts-prom-invite-only-on-extra/
OKもらってるううううううううううううううううううう

クーシンの引退に関してはアナウンスがあってから。記事は読みましたし、なんやかんやの流れも見ましたが正式な物は出ていないので。
Comment:12
2014
02.22

クセニア・マカロワ 引退

http://www.recordonline.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20140219/SPORTS/402190306/-1/NEWS14

マカロワ引退の話を教えていただき確認したところ、今どころか休養を発表した時には引退を決意していた事が分かりました。ロシアに練習拠点を移した2010-2011シーズンあたりからは、怪我が悪化し始めていたようです。そして2012-2013シーズンが終わって、コーチの説得も受けたけれど、自分の体の方が大事だという事で引退を決意。秋に大学に入学して法科学を勉強し、現在、時間が空いた時には子供たちにスケートのベーシッククラスで教えているそう。

「スケートは校則や人に会うだけでは学べない事を教えてくれたの。」「私が人に初めて会った時に、私がスケートをやっていた事を言うと、みんな"本当!"って言うの。"プロムには行けなかったけどね"って言うと、"そんなに気になること?世界中旅できたんだからいいじゃない。"って言われるわ。」とマカロワは満足げに微笑んで、子供たちにスケートを教えに行くために席を立った。

子供たちにスケートを教えるだけだし、彼女の体は歩けなくなる可能性もあるぐらいにボロボロなので、もう彼女の演技をしている姿や将来国際大会でコーチをする姿を見る事は無さそうです。若い選手が怪我で去っていく事、これもまた寂寞の情を催させます。ロシア選手権での優勝、オリンピックの出場、世界選手権で3年連続最終滑走。十分に誇れるキャリアであります。
Comment:10
2014
02.22

ユナ・キム 引退

事前に言っていた通り、ユナ・キムも引退を発表しました。韓国の初めてを数多く作ってきた韓国スケート界のパイオニアであります。現役生活の中で出場した大会では全て表彰台に乗るという素晴らしい成績でした。世界選手権優勝2回、オリンピックは金と銀。彼女もまたレジェンドの一人となります。韓国には彼女に憧れているスケーターがたくさんいますし、世界中にも大勢います。ぜひ彼女に次ぐスケーターが出てきて、韓国も日中と張り合えるような強豪国になってくれる事を願います。彼女は結果ばかりを求められて、日本に対する韓国の国民感情も相まってか気の休まる事が無かったと思います。2018年のピョンチャンオリンピックまでは何度も目にするでしょうし、聖火も彼女が点すのでは無いかと思うので、それもまた楽しみにしています。
Comment:16
2014
02.21

ソチオリンピック 女子リザルト

女子LP
1 SOTNIKOVA Adelina(ロシア)149.95 PB
2 KIM Yuna(韓国)144.19
3 ASADA Mao(日本)142.71 PB
4 KOSTNER Carolina(イタリア)142.61 PB
5 GOLD Gracie(アメリカ)136.90 PB
6 LIPNITSKAYA Yulia(ロシア)135.34
7 WAGNER Ashley(アメリカ)127.99
8 SUZUKI Akiko(日本)125.35
9 EDMUNDS Polina(アメリカ)122.21 PB
10 MARCHEI Valentina(イタリア)116.31 PB
11 MEITE Mae Berenice(フランス)115.90 PB
12 MURAKAMI Kanako(日本)115.38
13 OSMOND Kaetlyn(カナダ)112.80
14 LI Zijun(中国)110.75
15 ZHANG Kexin(中国)98.41
16 DALEMAN Gabrielle(カナダ)95.83
17 KIM Haejin(韓国)95.11
18 HAN Brooklee(オーストラリア)94.52
19 PARK So Youn(韓国)93.83
20 GEDEVANISHVILI Elene(グルジア)92.45
21 WEINZIERL Nathalie(ドイツ)89.73
22 GJERSEM Anne Line(ノルウェー)85.98
23 UKOLOVA Elizaveta(チェコ)84.55
24 RAJICOVA Nicole(スロバキア)75.20

女子リザルト
1 SOTNIKOVA Adelina(ロシア)224.59 PB
2 KIM Yuna(韓国)219.11
3 KOSTNER Carolina(イタリア)216.73 PB
4 GOLD Gracie(アメリカ)205.53 PB
5 LIPNITSKAYA Yulia(ロシア)200.57
6 ASADA Mao(日本)198.22
7 WAGNER Ashley(アメリカ)193.20
8 SUZUKI Akiko(日本)186.32
9 EDMUNDS Polina(アメリカ)183.25 PB
10 MEITE Mae Berenice(フランス)174.53 PB
11 MARCHEI Valentina(イタリア)173.33 PB
12 MURAKAMI Kanako(日本)170.98
13 OSMOND Kaetlyn(カナダ)168.98
14 LI Zijun(中国)168.30
15 ZHANG Kexin(中国)154.21
16 KIM Haejin(韓国)149.48
17 DALEMAN Gabrielle(カナダ)148.44
18 WEINZIERL Nathalie(ドイツ)147.36
19 GEDEVANISHVILI Elene(グルジア)147.15
20 HAN Brooklee(オーストラリア)143.84
21 PARK So Youn(韓国)142.97
22 UKOLOVA Elizaveta(チェコ)136.42
23 GJERSEM Anne Line(ノルウェー)134.54
24 RAJICOVA Nicole(スロバキア)125.00

ソヨン
3Lz fall 2A-3T 3F so 3Lo 1Lz 2A 3S-2T
ルッツが両方とも失敗に終わりましたが、滑りは安定していて良かったと思います。ルッツがパンクした後に2Aにリカバリーを入れられなかったのは時間的な問題でしょうか。スピンのポジションが美しくて、なんかアメリカ選手みたいなきっちりした感じでした。

ブルックリー
3Lo-2T 3Lz fall 3T-2T 3S 3T 2A 3S-2T-2T
彼女のドーナツスピンはやっぱり美しいなあ。美しい音楽なのに動きがセカセカとしてしまっているのがもったいない。1つ目の3Sを跳ぶ前のクロスをものすごい勢いでガサガサッと行ったので、雰囲気が崩れてしまいました。3Sの後の滑りも少し気になりました。コレオシークエンスのスパイラルは表情含め素敵でした。アメリカ人なので、アメリカ女子らしい美しいポジション取りですね。

デールマン
3Lz hd-3T<< 2A-1T 3F-2T-2T tano 3Lz 2A ot 3S< 3Lo so
ミスの多い演技でした。SPと同じく、あの3Lzで3Tに繋げるなんて・・・さすがに無理。男子でも無理ですよ。体の使い方のバランスが悪いのか、ガクッガクッとするような動きが。前傾するか反らし過ぎちゃうかになっているのかな。

ウコロワ
3Lo-2T 3Lz-2T-2Lo 3S Lo fall 3T 3Lz< fall 1A-2T
世界一不機嫌そうなSing Sing Singを今大会は見られませんでしたが、女子で世界一マイペースなSing Sing Singを見られました。ジャンプの前にスピードを落として垂直に上がるので、刺さるような着氷すると思いきや、ものすごいソフトな着氷するんですね。上体の動きが腕しか無いので、余計に躍動感を感じられなかったです。なぜこの選曲にしたのか戦略に疑問を感じる。

ヤシェム
3Lo 3S-2T-2Lo 3T 3Lo<-2T 2A< 3S ot-2T 2A
ジャンプで加点は付かないでしょうけど、一応は全て降りてきました。彼女の出来としてはかなり良かったと思います。フライングキャメルが最後崩れてしまったのは残念。1つ1つの動きが小さいので、曲に負けてしまっている感もありました。

ラジコワ
3Lz fall 3S<-2T 3T hd-2T 2T 3S<< shaky 1A 1A
振付はたくさん入っていたけれど、ポジションが決まりきらないうちに次の動きに移っているのが残念。筋力が足りないのか、柔軟性が足りないのか。ステップの前半部分は良かったと思いますが、後半部分足にきてしまったのか、動きが悪くなってしまいました。良いものを持っている選手なので、これからに期待。

オズモンド
3F-2T 2A-3T 3Lz 3S 2F 3T fall 2A-2T-2T
後半の2つのジャンプミス残念でした。ずーーーーーっとニコニコしてクレオパトラを滑っていたので、曲と合っていなさ過ぎてどうなんだろうと思っていましたけど、今日の彼女は少し伏し目で、憂いを込めたような瞳をしていて美しかったです。前半ジャンプパートのダイナミックさと対比が出来て素敵でした。転倒の後滑りがシェイキーになってしまって、ステップの最後だったり、コレオシークエンスで少し急いでしまったのかバレエジャンプでつまづきかけたりなんていう、小さなミスもありました。全体的には良かったのでは無いかと。

ゲデ子
3Lz-2T 3Lz< fall 3S 2A-2T 2S-2T 3T 2A<
ジャンプミスが続き、スピン、ステップ、トランジション全てにおいてシェイキーな演技でした。この体幹の全く存在しないのがゲデ子らしさ。プログラムはジゼルからドンキホーテにしました。このプログラムは評判良かったですしねー。ゲデ子24歳ベテラン。愛おしいのう。

ヘジン
3Lz<<-2T 3F-2T 3T 3Lo< 3F shaky 2A-2T-2Lo
ジャンプの回転不足がここで出てきてしまいました。3Lzへの助走のところでフェンスに引っかかって転倒してジャンプ1つが丸々無くなります。その後はよく頑張りました。なぜ前半の3Fにはアンダーローテーション付いていないのだろうか。

佳菜子
3T-3T 3Lz so 2Lo 3F-2T 3F 2A 3S-2Lo
3-3への助走で一瞬ガクッとなったけれど入りました。ルッツとループは構え過ぎてタイミングを逃してしまいました。ジャンプのミスがいくつも出てしまいました。よくまとまっていたとは思えんぜ八木沼さん。コレオシークエンスの時にジャッジ席に座っている吉岡さんの方へ腕を伸ばしていたのが面白かった。回転不足無しなのか。結構危ないと思ったのに。

クーシン
3Lz-3T< 3Lz< 3Lo 2A-3T< 3F< 3S<-2T 2A
ジャンプが高くてよく決まっていました。八木沼さんが「ステップシークエンスのキレの良さとは対照的に、コレオシークエンスでは柔らかさを~」という、突っ込んで欲しいんか!というコメントを出してくれました。ステップぬるーーーっと通り過ぎていたし、スパイラルはグラつきながらサラーっと流れて行ったように見えましたぞ。アンダーローテーションが5個も・・・ヒエエエエエエエエ。

真央
3A 3F-3Lo< 3Lz 2A-3T< 3S 3F-2Lo-2Lo 3Lo
浅田真央史上最悪の演技だったSPから、浅田真央史上最高の演技。「あたしのかんがえたさいきょうこうせい!」をやったぞおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!こっちも嬉しくて泣いてしまいましたよ。セカンドトリプル2つがアンダーローテーションを受けましたが、それでも高いTESでした。3Aは今シーズン初成功ですね。滑走順でPCS抑えんな、ここを最終グループのPCS基準にしなかったら整合性とれんぞ。最終グループで一旦リセットなんてのは許さん。回転不足無し、スピンも綺麗に回って滑走順が良ければ150点は出るのですね。
どこぞの元首相ざまあだわ。

真央642

進藤さんが引退するかも発言を知っていたのか佳菜子を「続けるよね?」的な発言で詰めて行く。これはね・・・GJですわ。続けてください。

ジジュン
3F-3T< 2A-3T 3Lz 3S-2T 3F< 3Lo 2A
ジャンプの回転が怪しいところはありますが、きちんと降りてきました。コンビネーションスピンの足換えでガッツリ動いてしまったのはいかんかったです。八木沼さんにステップやスピードを演技中に指摘されるということは、よっぽど気にされるような動きだったということでしょう。なかなかGOEを多くは得ることができませんでした。163cmになっても可愛い。多分170cmになっても可愛い。

メイテ
2A 3S-3T 3Lz 3F 3Lo fall 3Lo-2T-2T 2A-3T shaky
We will rock youの手拍子だけ見ると、とてもフィギュアスケートの演技をしているようには思えない。型にはまらない女マエ・ベレニス。転倒があったけれど、後半の3Loでしっかりリカバリーしました。最後が2A-3T-2Tの予定だったのにリスクを分散させるために3Loの方を3連にする賢さ。コレオシークエンスでのスパイラル中の指差しはあっこちゃんのキルビルの変なポーズと、羽生のヘーグルと、ジュベールのRiseの指差しと同じところにカテゴライズしておこう。

あっこちゃん
3Lz-2T-2Lo 2A-2T 3Lz shaky 3F fall 3Lo shaky 3S-2T 3S
ジャンプの失敗がいくつか出てしまいました。良い演技とは言えないのですが魅せられる演技でした。みんな4分±10秒という制限はあるんですけど、このプログラムは頭の中でその時間以上に物語を膨らませてくれると言いますか、なんというか。よく滑るのでフェンスをふっ飛ばしてどこまででも滑って行ってしまうような。すごく大きな大きな演技。派手かと聞かれると、コレオシークエンス以外はそれほど派手というわけでも無いし、なんだか不思議な演技。ミスの割りに点数が出た感がありますが、ノーミスならだいたい136点+PCSぐらい?か。そんなもんか。

あっこちゃん284

マルケイ
2A-3T 3Lz df 3F 2A 3S 3Lz-2T 2S-1T-2T
少々ジャンプのミスはありましたが、ナショナルよりユーロ、ユーロより団体、団体より今日と表現もスケーティングもキレキレになっていきました。3T認定されないと思ったのに、プラス評価で初認定!!!!!マルケイさん27歳だよ、すごいよ!ティラミス食べるといいよ!!!!!今日のコレオシークエンスにはマジで痺れた。すごい気迫だった。

エドモンズ
3Lz-3T 3F-1Lo-3S 2A 3F< fall 3Lz 3Lo-2T 2A
転倒が1つ出ました。転倒もエレガントに。1つ1つの音の取り方が素晴らしいと思います。ステップの最後の箇所のトゥステップとか、2Aの前のトランジションできちんと音に合わせてターンを踏んでいたりとか、構成が大変優れていると思います。SPもLPも作りが大変丁寧で、タイプが違うのに両方彼女に合っているプログラムというのがすごい。クリモワすごい。彼女は良い点数が出ても全然驚かないし、声を荒げないし。彼女がそういう状況になることはあるんだろうか。

ヴァインツィアール
3Lz 1A-2T-2T 3Lz fall 2T 2Lo 3S< so 3S-2T
ジャンプのミスがたくさん出ました。それが影響してかステップやコレオシークエンスまで体力が残っていなかったです。機敏で素敵な動きをする選手なので、きちんとジャンプを降りていれば最後まで美しく演じてくれると思うのですが、なかなかジャンプをまとめられませんねえ。鳥海さんが入賞の事ばかり言ってるところ、彼女のフォローをする八木沼さん優しい。

リプ
3Lz-3T 2A-3T-2T 3F 2A 3Lo< so 3S fall 3Lz-2T
よく考えてもみよう。今シーズンはスケカナ、ナショナル、ユーロ、五輪団体と4回もノーミスしているわけで普通の選手が生涯でできるノーミスの回数ぐらいやってしまっているわけで、簡単に今回もとは行かないもんだ。地元の五輪で鉄のハートで滑られたのはこれから競技をやっていく上で良い経験になるでしょう。あーPCSリセットされた。やっぱり。

リプニツカヤ178

カロリーナ
3Lz 2A-3T 3F 3Lo shaky 3T-2T 3S 3S-2T-2T
カロリーナがやったああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ彼女がオリンピックのメダリストになる事を嫌だと思うフィギュアスケートファンは地球上に存在するのかな。美しい。素晴らしい。紛れも無いキャリア最高の瞬間。インタープリテーション9.61!!!!!!!

カロリーナ363

ソトニコワ
3Lz-3T 3F 3Lo 2A-3T 3F-2T-2Lo so 3S 2A
音楽使う競技に音入りテロップ入れるなーメダルは素晴らしいけどさ。3連の最後だけステップアウトですが、それ以外は全て綺麗でした。抜群の不安定感を誇っていた選手だったのにジャンプが全然抜けなくなりました。ナショナル、ユーロ、このオリンピックと本当に安定していました。またもや技術力でクソプロをねじ伏せましたね。コレオシークエンスでテンション上がったからか手振り出したのはワロタ。リプにばかり注目が行ったから集中して練習できたのかもしれません。良かったよソトニコワ良かったよ。良かったよ、グレートだよ、マグニフィセントだよ。149点wwwwwwwwwwwwwwwだwwwwwしwwwwwすwwwwwぎwwwww

ソトニコワ312

ゴールド
3Lz-3T 2A-3T 3Lo 3F fall 3Lz 3S-2T-2T 2A
あの演技2つの後ろで滑るのは自分だったら絶対嫌ですけど、それでも3F以外は降りました。単に降りただけではなく全て加点が得られる素晴らしいジャンプでした。3Fは元々苦手そうでも無いように思えるんですけど、eマークは付いてしまうのはしょうがないのだから、あまり考えすぎずにポーンとやっちゃった方が良いのかも。しているかは知らないけれど。それほど緊張もせずに伸び伸び滑られていたと思います。SPの点差の時点でなかなか厳しかったですね。

ゴールド265

アシュリー
3F-3T< 2A 3S 3Lo+2A 3Lz 3Lo 3F-2T-2T
3-3のセカンドは足りなかったですが、その他のジャンプは全て綺麗に降りました。プログラムをサムデリに戻した事は功を奏しました。やはりこのプログラムのステップシークエンスはあまり好きでは無いのですが、非常に流れのある演技で、コレオシークエンスのハイパードヤりタイムも見事でした。ドヤ姉さんたるべき演技でございました。ごちそうさまです。点数でねー。アンダーローテーションとタッチが1つだけど、それでもこれだけか。割り食わされた?

アシュリー403

ユナ
3Lz-3T 3F 3S-2T 3Lz 2A-2T-2Lo 3S 2A
ジャンプは素晴らしかったです。ただこのプログラムはトランジションが無いのと、ハイライトが無いのと、現役最後のプログラムとしてはかなり物足りない。プログラムの難度が落ちてしまっているではないですか。でも現役最後の演技がこれだというのは、本当に美しい形、女王として最高の幕引きだと思います。長い間プレッシャーに耐えてよく頑張りました。

ユナ385

勝ち方のトレンドはSPでリードしてLPのPCSとGOEを確保するという風に完全に変わりましたね。今大会は全カテゴリーでそれが顕著に見られました。ただこれだけ9点台が出てしまうと、もう6.0制で良いんじゃないの?って事になりますよね。今シーズンのオフ、またルールをなんやらかんやらして、正確に点数が付けられるようにして欲しいと思います。

上位勢本当に見事でした。エキシビションはトップ7全員出ればいい。5人でも6人でも7人でも大して変わんないでしょ。ケチらんと出してくれや。ソトニコワおめでとう、ユナおめでとう、カロリーナおめでとう。みなさんお疲れ様でした。

僕のメダル予想の的中率は8/15でした。今大会はパントンLP、ジュベールLP、ダイスケさんLP、ペシャブルFD、テサモエFD、真央LP。6回も泣きました。疲れた。
Comment:22
2014
02.20

ソチオリンピック 女子SP

テクニカルパネルが鬼だ。

女子SP
1 KIM Yuna(韓国)74.92
2 SOTNIKOVA Adelina(ロシア)74.64 PB
3 KOSTNER Carolina(イタリア)74.12 PB
4 GOLD Gracie(アメリカ)68.63
5 LIPNITSKAYA Yulia(ロシア)65.23
6 WAGNER Ashley(アメリカ)65.21
7 EDMUNDS Polina(アメリカ)61.04 PB
8 SUZUKI Akiko(日本)60.97
9 MEITE Mae Berenice(フランス)58.63
10 WEINZIERL Nathalie(ドイツ)57.63 PB
11 LI Zijun(中国)57.55
12 MARCHEI Valentina(イタリア)57.02
13 OSMOND Kaetlyn(中国)56.18
14 ZHANG Kexin(中国)55.80
15 MURAKAMI Kanako(日本)55.60
16 ASADA Mao(日本)55.51
17 GEDEVANISHVILI Elene(グルジア)54.70
18 KIM Haejin(韓国)54.37
19 DALEMAN Gabrielle(カナダ)52.61 PB
20 UKOLOVA Elizaveta(チェコ)51.87 PB
21 RAJICOVA Nicole(スロバキア)49.80 PB
22 HAN Brooklee(オーストラリア)49.32
23 PARK So Youn(韓国)49.14
24 GJERSEM Anne Line(ノルウェー)48.56 PB
25 McCORKELL Jenna(イギリス)48.34
26 FRANK Kerstin(オーストリア)48.00
27 HELGESSON Viktoria(スウェーデン)47.84
28 POPOVA Natalia(ウクライナ)47.42
29 GLEBOVA Elena(エストニア)46.19
30 WILLIAMS Isadora(ブラジル)40.37

グレボワ
3T-2T 3S 1A
3-3は入りませんでしたが綺麗な3-2でした。3Sの前にたくさんトランジションを入れていました。それが必須要素ではあるんですけど、必要以上にたくさんありました。レベルを取りこぼしたのが痛かったですね。慎重ではありましたが丁寧でした。滑りが浅くなってしまう選手なので、慎重ぐらいで良かったのかもしれない。彼女は頭に輪っかメッチャ巻きたがるなー似合ってる。

ソヨン
1S 3Lz-2T 2A
左の眉毛処理ちょっとミスってないか。韓国のスケーターはみんな腕の使い方が綺麗ですね。3-3が入らなかったけれど、きちんとリカバリーを入れてきました。スピンもなかなか。ステップの導入部が素敵だったと思います。ちょっとふわっと入るんですよ。中盤からもう少しスピードに乗って、白鳥のひとあがきみたいなところが表現されたらプログラムとしても、スケーティングとしてもバリエーションが出て素敵だと思いますけど、そういうのはトップ選手じゃないと厳しいか?終盤で少しだけシェイキーになった動きがありました。

デールマン
3Lz hd-3T<< 3F 2A
3Lzで手ついてオーバーターンになってからの無理矢理3Tは凄かったけれど残念。でも3Fもそこまで綺麗ではなかったので、結果的に3Lzに付けて良かったです。3Lz-2TからのGOE-3ですけどね。一つ一つの体の動かし方が素晴らしいものがありますけど、なんかコレジャナイというのも感じたりします。顔立ちがエキゾチックなので曲には合うと思うんですけどね。レイバックスピンの前後に入れたトランジションの「とりゃああああああああああ」ってやってる感じが凄かった。カナダ選手権で滑走前にバナナ食ってた事でバナナキャラが付きました。ローリーはオリンピックには来るのね。女子の1/5はローリー振付。

ポポワ
3F-1T 3T 2A
ファーストジャンプの回りすぎでセカンドに繋げられませんでした。落ち着いて滑っていられたと思うのですが、ミスが痛かったです。今日は八木沼さんのステップのメリハリ詐欺が無かった。安心。

マシュ・パーさんとペイジ・ローレンスさんが隣に座っているという。全く接点が無さそうな組み合わせ。カナダチームはテサモエとPさん以外全員来ているのですね。仲良すぎる。なんですくんはチームメイトがいるのに今大会もカナダに混ざってたし、カナダ人スケーターは優しいなあ。

マッコーケル
3F-2T 3T 2A
3Tは少しつんのめっていましたが、他はミスはありませんでした。このプログラムはトランジションが無いですね。本当に無いです。足元は普通に滑っているだけですから。でも彼女はエレメンツをしっかりと成功させる事が重要なのでこれで良かったのだと思います。やっぱりレベルがなあ・・・。

フランク
3Lz-2T 3S hd 2A
フランクさんの滑走前に応援に来たクリスの姿抜いたらスタオベするところだったのに。顔が少し細くなったような気がしなくもないフランクさん。レベル認定とPCSが・・・本人は満足な出来だっただけに残念。単独ジャンプは大きく基礎点は少し下がるけれど確実にプラスが得られる3Tの方が良かったのかもしれないです。

ウォームアップルームで舘ひろしばりの風格を漂わせるユナ。

クーシン
3T-3T 3Lz 2A
ファーストジャンプがシェイキーだったのに綺麗にセカンド3Tを付けられたのが凄かった。3Lzはディレイドで迫力がありました。加点が付くと思いますって、ステップから入っていなかった事に言及しようよ八木沼さん。「表現力なんて項目はフィギュアスケートに無いから!」と言いつつも、彼女の表現力に大きな課題があるのは事実ですよね。インタープリテーションが低い。振付自体は結構良いと思うんですよね。だから本当に彼女がどれだけ音楽に入り込んで表現できるか、それだけなんですよ。がんばってー。

オズモンド
3T-2T 3F 2A so
ジャンプを成功しないと、演技全体がガチャガチャとした印象を受けてしまいます。コンビネーションスピンがレベル1しか取れなかったのは痛かった。

ブルックリー
3T so 3Lo-2T 2A
3Tは失敗しましたが、その後はきちんとまとめました。スピンの質が素晴らしかったです。特にドーナツスピンが素晴らしくて、これは+2が付いてもおかしく無いと思います。よく体も動いていました。ブロッコリーさんはジャンプで腕をクロスするんじゃなくて、マッチョポーズみたいなポジションで跳ぶのですね。あれで回れるものなのか。キャメル+2付いてねー。

ウィリアムズ
2Lz 3S hd 2A
開会式に出ていたのに華麗にスルーしてしまったウィリアムズさん。結構目立つ所にいたのに。マヨロフに引き続き、ロシア民謡で異様なまでに喜ぶロシアの観客。クラシックよりもやっぱり民謡ですよね。普通に考えて一般人がクラシック聞くわけねーよって話ですよ。どのエレメンツもいまひとつ・・・。

ヘジン
3Lz so 3F-2T 2A
表現の仕方が超絶ユナっている。胸焼けするぐらいにクドくていいよー。ただあれだけクドい表現をするにはユナぐらいガンガン滑っていかないとバランスが取れないということも分かりました。ストップして上半身と表情で表現し過ぎるとスケートでは無く演劇みたいですからね。

カメラで抜かれたティムシェル大先生は34歳ぐらいの風格。

エドモンズ
3Lz-3T< 3F 2A
客席で頭に変な飾り付けて応援するコリ・エイドさん可愛いいいいいいいいいいいいいいいいい。3-3のセカンドが足りなかったのと、2Aが慎重過ぎたぐらいで、他のエレメンツは全てプラスのエレメンツでした後半に入っても全くスピードが落ちずエレメンツが全て終わった後の振付のところも躍動感たっぷりでした。エレメンツでフィニッシュしないプログラムというのは大抵が間延びというか、ダラーンとした印象を受けてしまうのですが、彼女のプログラムはそういうのが全く無いですね。彼女で7点台が3項目、意外と冷静なジャッジ。

ラジコワ
3Lz-2T 3S 2A
3Tの予定を3Lzに変更して綺麗に決めてきました。ここまでの点数の出方からして、これぐらいのリスクを負わないとLPを滑る事が出来ませんからね。落ち着いてどのエレメンツもこなせていました。もう少し滑ってくれればーとは思いますが。派遣が揉めに揉めたけれど、大会に出場できて良かったですね。もし3Tで演技を終えていたら25位以下だったでしょう。

ウコロワ
3Lo 3Lz-2T tano 2A
ノーメイク戦士ウコロワさん、今日はなんとなんとなんとなんと!!!赤いリップ!!!!!!!!!!!!うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!やっぱりオリンピックは特別なのだな。エレメンツよりもメイクしてきたことに釘付けでした。そしてお辞儀が今まで見たこと無い程に短くて適当。男前だなあ。アップで見るとお肌にぽつぽつがあります。やっぱりお肌が弱いから化粧出来ないんですね。年頃でお化粧出来ないなんて酷だわ。

ヤシェム
3S shaky-2T 3Lo 2A
ジャンプはまとめました。マカロワさんのプログラムをパク・・・お手本にしたようなプログラムでした。髪型と衣装もパク・・・お手本にしたのかもしれません。ヤシェムさん首をたくさん動かしていたんですけど、動かす時には首では無くて上体全てを使わないと、首がカクンと落ちたみたいでちょっと怖い。ノルウェーがフィギュアスケートでオリンピックに出るのはアルベールビル以来なんですね。長い冬だったのだな。

ゲデ子
3Lz-2T 3S 2A
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおゲデ子の太ももとおっぱいの加減が最高レベルのバランス。痩せ過ぎなんてのはな魅力的でも何でも無いんだぞ。ジャンプは3つともにキレキレ。ステップの最後でスタンブル、レイバックのヘアカッターで回転数が足りず、コンビネーションスピン出た時にグラつき、フィニッシュポーズもグラつき。あーいつものゲデ子だ。この詰めの甘過ぎる感じがいつものゲデ子だ。安心する。レベルも全然取れていない。いつも通りだ。

ユナ
3Lz-3T 3F 2A
素晴らしい演技でした。バンクーバー後の出場した3シーズンのSPの中では一番出来が良かったと思います。ここのところミスが続いていた2Aを含めジャンプは完璧でした。ステップを見ると、それほど滑っても無いのかな?というところでした。でもやっぱり強いし上手い。ステップレベル4が出なかったんですね。スピンで+3つけているジャッジが数名はいるのですね。そんなに付く・・・?

ヴァインツィアール
3T-3T 3Lz 2A
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお3T-3Tついに降りた!なんらかのジャンプの失敗があった選手なので全て降りられて良かったです。彼女のジャンプの後のトランジションは素敵ですよね。ステップの時のボディムーブメントも曲にピッタリで良かった。彼女は脚の長さが控えめで、決してスタイルに恵まれている方ではありませんが、控えめだからこそこれだけ機敏に動けるのかなと。今日は良い演技でした。ステップの加点もう少し+1が付いているジャッジがいても良いと思うのですが。

「ここでキム・ヨナ選手のインタビューです」ワロタ。インタビューしたのに日本語訳無し。これは「東京オリンピックに向けて日本人も英語力を養え」という思し召し。

ヴィッキー
3T fall 3Lo shaky 2A so
今更ながら、選手紹介テロップの中に小雪が舞っていると気が付いた。もはや安定して跳べるジャンプが1種類も存在しない状況。レイバックスピンという名のアップライトスピンでのスカートのヒラヒラすごく綺麗。スピンステップはすごく上手なんですけどね。3-3は1度も認定もらったこと無いので、3-2計算で考えてもジャンプだけで8点ないし9点は失っています。ステップでレベル4もらえませんでした。SP落ちになりますね。

佳菜子
3T-3T 1F 2A
フリップに入る前の表情ヤバくて案の定。他は良かったですけどね。ここまでフリップの調子良かったのに、こんなところで発動すんな、空気読めフリップよ。佳菜子のアイラインこんなんだったかな。コンビネーションスピンレベル1、レイバック3、ステップ3。おうふ。

マルケイ
3S-3T<< 3Lz 2A
鳥海に勝手にカロリーナの陰に隠されるマルケイさん。ずっと2人でイタリア引っ張ってきたんだから。3-3は成功しませんでしたが、よくよく考えてみると彼女は3Lzをステップから跳んでいるだけでも昔では考えられないほどジャンプが安定している証拠ですね。失敗はあったけれど素敵でした。この出場メンバーの中で7点台半ばまで行ったのはすごい。

ゴールド
3Lz-3T 3Lo 2A shaky
ジャンプは3つとも完璧ではありませんでしたが堪えられていました。スピンは全て綺麗でした。レイバックスピンの手の表現が素敵でした。ビールマンポジションは前に比べて形が良くなりました。ゴールドさんの「あたしが主役なんだからー」感は嫌いじゃない。こういうアタシアタシな子がいてもいい。

ジジュン
3F-3T< 3Lz 2A
かわいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいけど、これタンゴじゃないいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいけど、まいっかああああああああああああああああああ。シーズン前半の事を考えれば転倒無しで終える事が大切。でもジュニアでさえもっとタンゴっぽく滑る選手がいるだけに、かなり物足りない。インタープリテーション、コンポジション(コレオグラフィー)あたりはあんまり出て欲しくない感じ。コンビネーションスピンレベルB・・・ヒエエエエエ。

あっこちゃん
3T<< 3Lz-2T 2A
ああジャンプ。団体戦の時もそうでしたが、好調な時の彼女に比べてスピードが無いし慎重になり過ぎています。彼女は調子が良く無いと、直結して全て悪くなるので。ううーーーん。この鬼パネルの中でオールレベル4でした。そこは素晴らしい。

リプ
3Lz-3T 2A 3F<< fall
ほげえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ 3Lzにeマークは付かんのか?点数は結構出たと思いますけど、団体戦から引き算すればこれぐらい。そもそもがオーバースコアではありますが・・・。
韓国メディアがルッツについて質問したら「今どき誰が正確にルッツを飛ぶの」と答えたそうで。確かに。韓国メディア返り討ちで面白すぎる。もっとやれ。

カロリーナ
3F-3T 3Lo 2A
女神様は予定構成3T-3Tを3F-3Tにしてきなさった。少し慎重でしたけど、フィニッシュポーズをとって表情を綻ばせる彼女の表情を見たら、こちらもうるっときてしまいました。本当に美しい。これがフィギュアスケート。ローリーの中森明菜ばりの「I'm so proud of you」もいただきました。ローリーも自分の作品をここまで完璧に滑ってくれるスケーターがいると嬉しいでしょうね。カロリーナのこと無視してた日本のメディアざまあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!メディアにストーカーされないから、良い練習ができたのかも。ユナよりPCSは上が出ました。納得。本当に良かった。ステップレベル3ですが、加点満点ですね。レベル4なら75点出ていました。

アシュリー
3F-3T<< 3Lo 2A
団体戦と同じく3-3の回転は足りませんが、滑りはさらによくなっていたと思いました。1度滑られたのがリラックスに繋がったのかもしれません。それとリプの失敗で観客が沈んでいるのもプレッシャー無く滑られた要因でしょうか。ゴールドよりもだいぶPCS高いですが、これも分かります。団体で良い演技して喜んだ顔と、点数が出てしかめた顔がコラ素材になってるアシュリーさん。自分でもコラに使う寛大さ。

メイテ
3T-3T 3Lo hd 2A
世界チャンピオンとロシアとドヤ姉さんに囲まれるという嫌な滑走順でした。3Loでお手つき、スピン2つで少しトラベリングが見られましたが、自信の持ち味である迫力やおかしなプログラムは十分見せられたと思います。スケーティングとか、ストップするプログラム構成はやや目立ってしまいます。

ソトニコワ
3T-3T 3F 2A
ドヤアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア。リプが失敗してプレッシャーが大きかったと思いますが、よく打ち勝ちましたね。3-3完璧では無いですけど降りました。意味不明なプログラムをエレメンツの質とガツガツ氷を掴むスケーティングで討伐。ソトニコワさんの今シーズン?回目のガッツポーズ。オールレベル4でした。PCSやりすぎwwwwwwwwww

真央
3A< fall 3F< 2Lo
これはいかんですね。ジャンプ全ミスで、レベル4も揃いませんでした。インタビュアーの進藤さん空気を読んで言葉少なく。今は心を落ち着けて、明日に臨んで欲しいです。

ここまで点差が開くと日本勢のメダルは無理なので、LPは気負わず滑って欲しいです。SPの落ちのベテランたち悲しい。
Comment:3
2014
02.18

ナタリー・ペシャラ&ファビアン・ブルザ 引退

http://www.francetvsport.fr/les-jeux-olympiques/pechalat-et-bourzat-s-arretent-la-207627

ナタリー・ペシャラファビアン・ブルザも引退を発表しました。ダンサーの中では跳びぬけてキャリアが長く、2人共に30代の選手は残っていません。同世代の選手が皆怪我でリンクを去っていく中、1組だけよく頑張ってくれました。2011年の世界選手権での思わぬ転倒、2012年の鼻骨骨折からの地元世界選手権でのメダル、2013年の筋肉の部分断裂からの世界選手権の失速、そしてメダルには手が届かなかったけれど、これがキャリアハイとも言えるような今回の2つの素晴らしい演技。ジェットコースターのようでした。
衣装は趣向を凝らし、プログラムはフロアダンサーと組み他のカップルが滑らないようなプログラムをいつも滑っていました。ミュリエル先生、ズーリン、カメレンゴ、シュピルバンドとダンス界の主要なコーチからエッセンスを受け継いで、彼らにしか出来ない事をたくさんしてくれました。引退後はナタリーはフランスに戻り普通の暮らしを楽しみたいとのこと(ジャッジの資格取得にも興味あり)。ファビアンは来シーズンにもシュピルバンドの元でコーチ業を始めていきたいそう。世界選手権での金メダル獲得は叶うことはありませんでしたが、日本で最後の瞬間を迎えてくれて嬉しく思いました。
Comment:4
2014
02.18

シントン・ファン&シュン・ジェン 引退

中国のシントン・ファンシュン・ジェン組、通称ちんとんしゃんがSDの後のインタビューで引退を発表しました。ここ数年は女性の病気のために満足に試合に出られなかった事、特に昨シーズンは体調が悪かった事などが述べられていました。引退後は女性はまず体調を治す事に専念するそうで、コーチにはならないそう。男性はコーチになりたいそうです(今も振付をしている)。今まで中国のみならず、アジアのダンス界を引っ張ってきてくれました。四大陸で4位と惜しいところまで行ったこともありました。そして中華風ギリシャ、輪唱アダージョ、不倫する高校生雨に唄えば、数々の蛍光衣装と見ている物をフィギュアスケートは別の方向性で楽しませてくれるところがたくさんありました。男さんには中国の選手をたくさん育てて欲しいです。男さん、今シーズン肌めっちゃ綺麗になってますね。
Comment:0
2014
02.18

ソチオリンピック アイスダンスリザルト

テレ朝がグウェンダル・ペーゼラ様の事を「ユーロスポーツ記者」との表記。
見よ、これが日本のメディアだ!

アイスダンスFD
1 DAVIS Meryl / WHITE Charlie(アメリカ)116.63 PB
2 VIRTUE Tessa / MOIR Scott(カナダ)114.66 PB
3 ILINYKH Elena / KATSALAPOV Nikita(ロシア)110.44 PB
4 PECHALAT Nathalie / BOURZAT Fabian(フランス)104.44 PB
5 WEAVER Kaitlyn / POJE Andrew(カナダ)103.18
5 BOBROVA Ekaterina / SOLOVIEV Dmitri(ロシア)102.95
7 CAPPELLINI Anna / LANOTTE Luca(イタリア)101.92
8 CHOCK Madison / BATES Evan(アメリカ)99.18 PB
9 COOMES Penny / BUCKLAND Nicholas(イギリス)91.78
10 SHIBUTANI Maia / SHIBUTANI Alex(アメリカ)90.70
11 ZLOBINA Julia / SITNIKOV Alexei(アゼルバイジャン)90.48 PB
12 ZHIGANSHINA Nelli / GAZSI Alexander(ドイツ)89.86
13 HURTADO Sara / DIAZ Adria(スペイン)88.39 PB
14 GUIGNARD Charlene / FABBRI Marco(イタリア)86.64 PB
15 CARRON Pernelle / JONES Lloyd(フランス)84.62
16 PAUL Alexandra / ISLAM Mitchell(カナダ)82.79
17 SINITSINA Victoria / ZHIGANSHIN Ruslan(ロシア)82.65
18 TOBIAS Isabella / STAGNIUNAS Deividas(リトアニア)82.60
19 KOLBE Tanja / CARUSO Stefano(ドイツ)76.13
20 OBRIEN Danielle / MERRIMAN Gregory(オーストラリア)75.85

アイスダンスリザルト
1 DAVIS Meryl / WHITE Charlie(アメリカ)195.52 PB
2 VIRTUE Tessa / MOIR Scott(カナダ)190.99 PB
3 ILINYKH Elena / KATSALAPOV Nikita(ロシア)183.48 PB
4 PECHALAT Nathalie / BOURZAT Fabian(フランス)177.22 PB
5 BOBROVA Ekaterina / SOLOVIEV Dmitri(ロシア)172.92 PB
6 CAPPELLINI Anna / LANOTTE Luca(イタリア)169.50
7 WEAVER Kaitlyn / POJE Andrew(カナダ)169.11
8 CHOCK Madison / BATES Evan(アメリカ)164.64
9 SHIBUTANI Maia / SHIBUTANI Alex(アメリカ)155.17
10 COOMES Penny / BUCKLAND Nicholas(イギリス)151.11
11 ZHIGANSHINA Nelli / GAZSI Alexander(ドイツ)150.77
12 ZLOBINA Julia / SITNIKOV Alexei(アゼルバイジャン)148.63 PB
13 HURTADO Sara / DIAZ Adria(スペイン)146.97 PB
14 GUIGNARD Charlene / FABBRI Marco(イタリア)144.78 PB
15 CARRON Pernelle / JONES Lloyd(フランス)142.87
16 SINITSINA Victoria / ZHIGANSHIN Ruslan(ロシア)140.66
17 TOBIAS Isabella / STAGNIUNAS Deividas(リトアニア)139.00
18 PAUL Alexandra / ISLAM Mitchell(カナダ)138.70
19 KOLBE Tanja / CARUSO Stefano(ドイツ)130.56
20 OBRIEN Danielle / MERRIMAN Gregory(オーストラリア)128.53 PB

コルカル
好きな映画だけに編曲のグチャグチャが気になるうううううう。リフト質は悪くは無いとは思うのですが、スピードと音楽とのマッチングがなあ。サーキュラーで女性がスタンブル、ダイアゴナルはいつも男性が良く無いんですけど、今日は女性もそれほど良くは無かったと思います。後半のローテーショナルリフトは結構良かったかもしれない。やはり2人ともスケーティングスキルがまだまだという印象です。女性のドレスがピンクで髪をまとめているんですけど、ジゼル姫は髪ずっと降ろしてたぞ。ウエディングドレス意識なら白で良いだろうし、なぜこの色なんだろう。

ポルイス
SDよりは演技内容が随分良かったと思います。SDで失敗したツイズルは今日も成功しました。ダイアゴナルはフリーレッグが揃っていて綺麗だったんですけど、男性のエッジが不明瞭でレベルが2しかとれていませんでした。やっぱり緊張があったんだろうなっていうのと、上手いカップルに混ざるとそれなりに落ち着くというジュニア上がりカップルと同じ感想。

トビスタ
リフト上手になりましたよね。+2が付くんじゃなかろうか?というものがたくさんありました。ローテーショナルすっごいですよね。ハイパーぶん回し。コレオリフトはコレオリフトの有効利用の素敵な降り方。このプログラムの一番好きでは無いところがサーキュラーステップでした。音楽に全然合っていないのと、出るところね普通に歩いちゃってる感じが出て一気に現実に引き戻される。プログラム構成はとっても良いですよね。評判も良いですし。

シニジガ
ツイズルはズレ&距離が飛来ていました。ステップのフリーレッグがバラバラだし、そもそも全然伸びていないからすごいもったいない。美しいスタイルがあるのに。ミッドラインの時そればっかり気になっていました。カーブリフトでプルプルしていたし、コレオリフトで掴み損ねるし、この演技失敗しまくりでした。そもそも今大会もユーロもほとんど滑ってない。ユニバーシアードとナショナルは良かったのに。

オブメリ
ツイズルのセカンドで男性が失敗。エレメンツの質は良かったと思いますがやはり今日もトランジションが気になりました。1つ1つのエレメンツが切れてしまった、トランジションが繋ぐ役割というか、それだけがまた独立した動きのようになってしまっていて、すごーーーく気になります。マッシモさん変なパーマだ。かっこいい。

ペニコラ
リフトたしかに凄いけれど、もう少しポジションチェンジや降ろし方は美しくならないものか。ペアのダンスリフトの方がまだ綺麗に降ろしてるぞ。彼らはそんなに滑らないけれど、エッジはきちんと踏むタイプ。やはりもっと伸びて欲しい。一つ一つの動きをもっとやりきって欲しい。

キャロジョン
演技冒頭からスタミナが心配になる。昨日失敗していたツイズルは今日は成功でした。サーキュラーステップあたりからはもうヤバかったです。そして次第におざなりになっていくトランジション。後半の方はまず振付自体が少ないし、入っていたとしてもやってる感出過ぎでした。後半のローテーショナルの回転が遅かったし、カーブリフトも何でこんなに加点が・・・と。コレオリフトは失敗でした。

ズロシト
彼らのトレードマークでもあるストレートラインリフトからのスタート、これはとても得意ですよね。リフトは独創的で良いんですけどねー。それ以外がねー。とにかくステップもトランジションも「ザ・普通」で。シュピルバンドの過去の生徒のダンスの上澄みを掬って煮詰めたみたいな振付。かと言ってコンテンポラリー「ダンス」を踊っていたわけでもフィギュア「スケート」の美しさを見せていたわけでもない、中途半端な出来。

ウルディア
振付の密度が決して濃いわけでは無いんですけど、1つ1つを丁寧に行っているのでエレメンツでしっかりと点数をとれますね。取りこぼし全く無い完璧な演技でした。ついに肩より上に上げているストレートラインリフトの減点を取られなかった。今日もガンガン上がっていたと思うけれど、いいのか。それでいいのか。スケーティングスキルは7点という、案外冷静な評価だったりした。

ギニャファブ
ツイズルで失敗したし、ステップ2つとも男性のエッジがしっかりと倒れていなかったし、何か調子でも悪いのかな?それとも緊張しているのかな?それともそれともイタリアの男はオリンピックで失敗して、女に睨まれるというトラウマを持たないようにするために慎重になったのかな?というようなファブリさん。後半のエレメンツの質はあんまりでした。ストレートラインリフト・・・・・アーチが美しくないし、スピードもそれほど。PCSもそれほどもらえていませんですね。

ジガガジ
スピンの後のガジさんの内股で歩く振付の気持ち悪さに一段と磨きがかかっていた。所々プルプルとしていたところはありますが。レベルの取りこぼしはありませんでしたが、エクステンディッドリフトは残念です。

シブタニズ
そういえば途中に入ってたストリングのBENが無くなっている。あれが良かったのに普通のマイケルのボーカルメドレーになってる、超つまんない。最初の滑り出しは悪く無いんですけど、滑り出しから曲が変わっても滑りがずっと同じなんですよ。ロングリフトは曲に合っていないと思いました。最後また曲調が強まるのに強くなっているのは表情だけで、足元は変わらないどころかむしろ滑りは落ちています。編曲がダメだ。ダメだーーーーーーい。

カペラノ
どのエレメンツも質が良かったです。昨日のようにズコーっと滑ってしまうところは無かったです。サーキュラーステップは音楽無視し過ぎだったように思います。ダイアゴナルは後半部分は良かったと思いますが、前半部分がこれまたレベル取りに集中し過ぎて、そんなに・・・でした。ずーっと音楽と動きがゆったりしていて、早くなるところがローテーショナルぐらいなので、動きにバリエーションが欲しいなって思いました。緊張しまくっていたユーロよりも出来は良かったと思います。

チョクベイ
最初のリフトで演技終わってくれれば美しく演技を終えられるのにと思うこと幾たび。音楽がやかましいことはさておき、改めて男性の滑りの美しさにうなりました。安定感がすごいなーって思いました。女性とこれだけ身長差があってホールドを組んでもしっかりと滑られるんですよー良いですねー良いですねー。ローテーショナルのレベル3もったいない。

ウィバポジェ
素晴らしい。彼らのこんなに素晴らしい演技は久しぶりに見ました。2012年の世界選手権のFDに並ぶぐらいの心揺さぶる演技でした。滑り出しから女性の表情が違いますね。サーキュラーステップいつもより目に見えてディープでグラついていませんでした。半分辺りに行ったところの足をサッサッと動かすところでゾクッとします。ローテーショナルリフトで上下する事をレベル上げの要件にしてるカップルは多いですが、上下をしているだけなんですよ。彼らは上下下上と回しているので、そこで一つ独創性が生まれていました。ダイアゴナルも素晴らしかった。ツイズルは今まででベストでした。速くなりましたね。感情を内に秘めつつも爆発させる、本当に良かったですね。スケカナは過大評価も良いとこの点数出ていましたけれど、今日の演技だと納得できます。見たか、これがアイスダンスだぞ!

ペシャブル
良かった。滑り終わった瞬間泣いてしまいました。本当に良かったんですもん。前半少し硬かったですけど、後半はしっかりスピードに乗って、スタミナも落ちずに本当に良かった。集大成としての最高の演技です。

テサモエ
変なストレートラインリフト止めてくれた。良かった。一旦涙引いたのにツイズルの後からずーっと涙が止まらなかったです。ちょっとシェイキーだったかもしれないけれど、シーズンで一番良かった。お願いだから止めないで・・・寂しい。オールレベル4でよかったあああ、本当に良かった。もう良かったしか言えない。

イリカツ
SDは点数だけでなくて演技内容も今までで一番でしたが、この演技も彼らのFDの中で一番だったと思います。スピードを落とすことなく最後まで滑りきりました。ツイズルの2本目少し怖かったけれど、きちんと堪えられていました。テンションが上がってダイアゴナルでステップで跳ねてしまわないように、抑えて滑っていました。4年前彼らが五輪でメダルを取るんじゃないか?と言われて、その後おかしなプログラムばかりで迷走してメダル圏外に落ちたのに、今シーズンは一気に戻ってきました。素晴らしかった。

ボブソロ
ツイズル失敗したのに決まりましたって言われた。さすがにこの最終の緊迫したシーンだとそのコメントは萎えるわ。滑りが少し小さかったでしょうか。後半は良かったんですけどね。ボブロワを慰めるソロビエフがいつもの5割増しでかっこよく見えた。

メリチャリ
今日も安定した素晴らしい演技でした。SDもFDも有利な滑走順ではあるんですけどプレッシャーもかかると思いますが、それでもそれを撥ね退けるクリーンな出来でした。コレオグラフィーとインタープリテーション10点出たー!ほらやっぱり10点出たよ。

FD上位5組はいずれも素晴らしい演技でした。さすがにここまで点数出しまくるというのもどうなんだろうと思いますが、どうでも良いですね。素晴らしい演技がたくさん見られたんですから。メリチャリもテサモエも引退しないで、新たなジャンルの曲を滑って欲しい。1シーズンとかGPS休んでも良いから。ペシャブルはなんとかさいたまでメダルを取って欲しい。イリカツはこれを足がかりにモロゾフから離れよう(モロと付き合ってる限り無理だけど)。ボブソロはミスんな!

良い方の意味で疲れた。女子との間1日空いて良かった。
Comment:8
2014
02.17

ソチオリンピック アイスダンスSD

詩ちゃんの「ツイズルよく揃いました」を疑念の目で見つめる会。

アイスダンスSD
1 DAVIS Meryl / WHITE Charlie(アメリカ)78.89 PB
2 VIRTUE Tessa / MOIR Scott(カナダ)76.33
3 ILINYKH Elena / KATSALAPOV Nikita(ロシア)73.04 PB
4 PECHALAT Nathalie / BOURZAT Fabian(フランス)72.78 PB
5 BOBROVA Ekaterina / SOLOVIEV Dmitri(ロシア)69.97
6 CAPPELLINI Anna / LANOTTE Luca(イタリア)67.58
7 WEAVER Kaitlyn / POJE Andrew(カナダ)65.93
8 CHOCK Madison / BATES Evan(アメリカ)65.46
9 SHIBUTANI Maia / SHIBUTANI Alex(アメリカ)64.47
10 ZHIGANSHINA Nelli / GAZSI Alexander(ドイツ)60.91 PB
11 COOMES Penny / BUCKLAND Nicholas(イギリス)59.33
12 HURTADO Sara / DIAZ Adria(スペイン)58.58 PB
13 CARRON Pernelle / JONES Lloyd(フランス)58.25
14 ZLOBINA Julia / SITNIKOV Alexei(アゼルバイジャン)58.15
15 GUIGNARD Charlene / FABBRI Marco(イタリア)58.14
16 SINITSINA Victoria / ZHIGANSHIN Ruslan(ロシア)58.01
17 TOBIAS Isabella / STAGNIUNAS Deividas(リトアニア)56.40
18 PAUL Alexandra / ISLAM Mitchell(カナダ)55.91
19 KOLBE Tanja / CARUSO Stefano(ドイツ)54.43
20 OBRIEN Danielle / MERRIMAN Gregory(オーストラリア)52.68 PB
21 REED Cathy / REED Chris(日本)52.29
22 AGAFONOVA Alisa / UCAR Alper(トルコ)49.84
23 HUANG Xintong / ZHENG Xun(中国)48.96
24 HEEKIN-CANEDY Siobhan / DUN Dmitri(ウクライナ)41.90

リード組
パターンダンスの第2セクションから見られました。最後のところが怪しかった?ミッドラインは団体戦でとても良かったですけど、今日の出来はあまり良くなかったと思います。2人の距離が少しあったし、キャシーのエッジが浅くて、グラついていました。リプレイでツイズル見たら、かつてない程に揃っていました。ミッドラインやっぱりレベル2か・・・。

キャロジョン
エッジが浅いもののよく動きは揃っていたサーキュラーでした。ツイズルはすごくズレました。パターンの2つ目の最初の動きがかなりシェイキーだったと思います。音楽が変わっても男性のスタミナが無いからか滑り分けが不明瞭でした。バテバテで最後の方クイックじゃなかった。これでスケーティングスキル6.93、あの盛大なズレでたった-0.14とは。わしには分からん。

シニジガ
ツイズルは回転速度がもう少しあればなーと、ローテーショナルは今日も回転速度が遅い、トランジションの動きが少し重い、ミッドラインは位置は近いけど距離が伸びない。地元のプレッシャーからか、どのエレメンツ、トランジションも動きがゆっくりでジガンシンさんの動きもやり切れていない感がありました。

コルカル
オリジナルフィンステップのボルサリーノ。フィンステップを作った先生の生徒なので、滑って欲しいという事だったのでしょうか。やっぱりステップとのマッチングは素晴らしいな。ミッドラインはいつものように男性の滑りが怪しかったです。こちらの男性やはり、少し技術力に問題があるかと。ツイズルはよく揃っていたと思います。

ウルディア
ツイズル成功しました。とてもスピードあって良かったと思います。上背が無いので彼らは細かい動きをたくさん入れて見せるようにしていますね。ファブリさんがミッドラインの中ごろでスタンブル、さらにその後にもう一回シェイキーになりました。このミスさえ無ければクリーンな演技でした。

ヒキドゥニ
これはアカン・・・・なレベルでした。全エレメンツがいかんかったです。今シーズンどうした?

ちんとんしゃん
ツイズルで盛大にズレて、パターンのエッジが浅い・・・ネーベルホルンの演技はどこに行っちゃったんだ?という出来でした。

オブメリ
エレメンツはきちんとこなしました。ミッドラインは近くて良かったと思います。この組は年々エレメンツの質は向上してきていますが、トランジションの上達が見えにくいですね。エレメンツ以外になると途端に動きと姿勢とホールドが悪くなります。ナチュラルにそれを行えていないんですよねー、初めての恋人とジュニアプロムに出た高校生カップルみたいな。

トルコさん
アガフォノワさんデカい。171もあるんですよねー。ミッドライン滑ってる時迫力ありすぎて怖かったです。体型の影響からか少しリフトは苦手ではあるんですけど。ってえええええええええええええええええええええええええええええ全然レベル取れてねええええええええええええええええ・・・・・アカン。

ウルディア
ツイズルはクリア、パターンはそつなくこなしました。サーキュラーは少し物足りないボリュームだなーと思いますが失敗はしなかったので良かったと思います。レベルをしっかりと取ってきてパーソナルベストを更新!素晴らしい演技でした。

トビスタ
ツイズルは2つともシェイキーになりました。ミッドラインはもう少しフリーレッグ揃えて欲しいなーとも。このプログラムは彼らというか、女性の華やかな雰囲気にピッタリなんですよね。最後のローテーショナルリフト大好きなんですよ。エレメンツがそれほど良くは無かっただけで、全体的な滑りは良かったと思います。

NHKがここで放送中断しレジェンド氏の表彰式。この表彰システム誰も得しない。

ポルイス
映像がほぼ死んでおられたのですが、国内選手権で見られたようなキレとグライドのある滑りが影を潜めておりました。どうしてこうなっちゃったの?状態。なんだろうな、カメレンゴチーム特有のプログラムの作りの若干の甘さが見えてしまったのが・・・オブメリは技術的な問題もあるんでしょうけど、共通してトランジションで音楽性を反映させる振付を作るのが上手じゃないなーと。スケカナの時は良く滑っていたのに、今日は緊張があったのでしょうか。

ズロシト
ホールドを組んだステップから、音楽が少し変化してミッドライン。とても音楽をきちんと反映させていて素敵だと思いました。ピンクパンサーにシングシングシングを付ける意味はちょっと分からないけど。でもペシャブルのシング~よりはいいな。やっぱりメロディーラインが無いと違和感しか残らないフィンステップ。シトニコフさん髪切って、絆創膏に似てきた。

シブタニズ
冒頭のツイズルは完璧でした。とても軽快で良い滑りだったと思います。パターンダンスのイメージにもピッタリなんですけど、少しエッジが浅いなーというところ。フラットでは無いですけど浅いんですよね。単に流れがあって美しいというだけでっプログラムが終わってしまっているのも、なんというか物足りないというか。65点の壁からずっと抜け出せないのは、こういう足りないところが多いからなんだろうなとも。

チョクベイ
とてもクリーンな演技でした。パターンに入るまでにたっぷりと2人がホールドを組んでスケーティングをしていました。2人の身長差があるのでホールドは美しいとまでは言えないですが、それでもここまでダンスらしさを出してくるのはすごいなーと思います。ここまでのカップルの中で一番上手にパターンを滑っていたと思います。ツイズルの後にベイツさん小ガッツポーズ。ツイズルレベル3は痛かったですね。

カペラノ
ツイズルはラノッテさんの方が2つ目で停滞がありました、回転はよく揃っていました。音楽とちょっと合っていないサーキュラーステップですが、やはり今日もレベルを取りに来ていました。ただラノッテさんが終わりの方でエッジを滑らせてしまいました。滑り出しからラノッテさんプルプルとしていたので、そうだろうねーという出来でした。やはりサーキュラーレベル2。これが3なら69点、4なら71点ぐらいでしたか。

ジガガジ
ジガンシンジガンシンやかましい。ジガンシナじゃ!ロシア人じゃ!ツイズルは男性がバランスを崩しましたが、どうにか。団体戦の時もそうだったんですけど、動きは割りと合っているのに2人の距離が空き過ぎているんですよ。パターンの後のストップするところで男性が女性の胸の谷間を見る振付は団体の時に気が付きました。前の緑のドレスよりはこちらの方が振り付けが映えます。彼らはトランジションのステップもディープエッジできちんと滑っているのが好感を持てます。楽しいプログラムなので、もう少し動きが合っていけばなーと思う次第であります。

テサモエ
あああああああああああああああああああ完璧やでえええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!団体戦の時の滑りがクソに思えるぐらいのキレッキレ!!!テッサの調子が超超超絶好調。ミッドライン+3で良いでしょう。もう完璧。このエッジの深さ滑らかさ、誰も敵わない。これぞテサモエの真骨頂の滑り。うわーPCS抑えられてる。滑走順悪かった。セクション1がレベル3かー。

ボブソロ
ボブソロのワルツホールドは腕だけ組んで体が引っ付いてなくて、腰が引け気味から、なんだかスクラムを組んでいるように見えてしまう。ツイズルの失敗が痛かったですね。ツイズル成功と聞いたとき日本中のダンスファンは「んなわけねえよ」と盛大に突っ込みを入れたことでしょう。パターンダンスで手拍子はアカンよ、パターン2でタイミング違反取られてる。この演技で9点台3つとはいかに。パフォーマンス/エクセキューションですよ、遂行度ですよ?勢いで押し切ったようにしか・・・。

イリカツ
完璧と言っていいのではないでしょうか。ボブソロに続きパターンダンスの手拍子は勘弁してくれやと思いましたが、それでも綺麗な滑りだったと思います。ミッドラインは2人の距離がとても近かったです。2011年の世界選手権のSDのミッドライン超えました。ツイズルで失敗しなかった!失敗さえしなければすごいツイズルなんですよね。+2がたくさん付きそうな演技でした。ここまでSDを完璧に滑りきると、FDでズッコケないか心配で心配で。ミッドラインがレベル3で、あとはレベル4。9点台4つですか。ボブソロよりPCS出るのは納得です。

ペニコラ
最終グループという魔界に迷い込んだ御伽の国の住人のよう。来シーズンそういうプログラムやってくれないかなー。サーキュラーステップで離れ過ぎという問題がありましたが、今日はいつもより近くで滑っていたように感じました。サーキュラーで近くで滑るのって難しいんですよね。エクステンディッドリフトが無くても最終には届かずですか。パターンが両方2ね。

ペシャブル
基礎点はイリカツと同じで、PCSで差がつきました。ただ彼らもPCS4項目が9点台と踏ん張りました。エッジがとても深いわけではないけれど、今日はものすごい気迫で失敗はゼロ。エッジがグラグラというところも無かったです。彼らとしては出来ることは全て出し切った演技だったのでは無いでしょうか。このままの調子でFDもやりきって欲しい。観客の反応wwwwwライフゼロ。4年前と同じだな。

ウィバポジェ
ツイズル1本目はウィバポジェ比ですごくスピードを出して入っていました。1本目で勢いを出し過ぎたからか、2本目は女性が少しバランスを崩しました。ツイズルはレベル3、パターン1つ目がレベル2という取りこぼしでした。PCSがカペラノよりも高くもらえたのは・・・滑走順の恵ですね。隣合っていたら、あちらの方が上だったと思います。

メリチャリ
今日も袖ある。ズエワ絶許。ラスボスはラスボスたる役割を果たしました。日本なら場内総立ちでしょう。プログラムの密度がすごくて、エレメンツの前に構えができないのに全く失敗をしない。いやはや素晴らしかった。この密度はフィギュアスケートの理想系と言っても良いかと。

明日はメリチャリのパフォーマンスに10.00が出る事を楽しみにしておこう。史上初の10.00、歴史の目撃者になるぞ。

優勝争いよりもイリカツとペシャブルの3位争いの方が気になりますね。ペシャブルは今回メダルを取れなければ世界選手権に出場をするということですが、非常に複雑な気持ちです。だって世界選手権に出たとしてもメダルを取れる保証も無いですもん。

リード組は残念でした。世界選手権ではFDを滑る姿を見たいです。

ちんとんしゃんは恐らく今日で引退となるのですよね?また一組ベテランがリンクを去ることになります。
Comment:5
2014
02.16

トマシュ・ベルネル 引退

トマシュ・ベルネルさんが引退となりました。チェコスロバキアからチェコになって長い間選手がなかなか育たなかった中で、長い間チェコを引っ張ってきてくれました。2007年ユーロでメダルを取り、世界選手権で決めた2つの4回転、エキシビションの鉢巻(逆さ)で大ブレイクしました。勇名トラ、女装カルメン、アフロ金パンと、おかしなプログラムもたくさん滑ってくれる選手でした。
長いキャリアの割に怪我に悩まされたり、安定しないためにトップの成績をキープし続けられた事は無かったわけですが(だからトラフォルダの中身が超少ない)、今シーズンはドイツに戻って技術力も上向きになってきて昔の彼に戻ったかのようでした。これからもまだまだ氷上で見ていたいスケーターの一人です。DOIにまた来てください。引退を引き伸ばして世界選手権に来て、最後に最高のSPと日●本ハチマキのリベンジをしてくれて良かったです。
Comment:4
back-to-top